あったか交流事業

 

 

 812-0025
 福岡市博多区店屋町4-1
 福岡市国際会館

 公財)福岡よかトピア国際交流財団内

 TEL: 092-262-1799

 時間: 8:45-18:00

福岡市国際会館へのMAP

あったかスポットギャザリング

外国人学生が福岡で生活していく上で有益な情報を提供できるような集まりを、日本人市民にも参加していただいて年1回程度実施します。

 

2017年(平成28年度)は、以下のとおり開催しました。

 

「体験と講座でまなぶ 災害がおきたとき」
「たいけん と こうざ で まなぶ さいがい が おきたとき」

日 時:2017年年2月26日(日)13:30~15:30
場 所:福岡市民防災センター
参加者:外国人7名、日本人5名

福岡(ふくおか)市民(しみん)防災(ぼうさい)センターで「体験(たいけん)と講座(こうざ)でまなぶ 災害(さいがい)がおきたとき」を開催(かいさい)いたしました。
外国人7名、日本人5名の参加者(さんかしゃ)が、震度(しんど)7の揺れや強風、火災(かさい)避難(ひなん)を体験(たいけん)しました。また、消火器(しょうかき)の使(つか)い方(かた)もまなびました。なかなかうまくいかずに、火(ひ)が燃(も)え広(ひろ)がってしまいました。
火災(かさい)を見(み)つけたら、まず「火事(かじ)だ!」と大(おお)きな声(こえ)でまわりの人(ひと)たちに知(し)らせます。そして、消火器を使って火を消すのですが、もし、火が広がってしまったら、「逃(に)げろ!」と言って安全(あんぜん)なところまで逃げましょう。
そのあと、災害がおきたら何(なに)をするかという話(はなし)を聞(き)きました。情報(じょうほう)をあつめる、避難所(ひなんじょ)について知(し)る、準備(じゅんび)するもの、などたくさんのお話しがありました。 ラジオ局(らじおきょく)のラブエフエム(らぶえふえむ)、ケーブルテレビ(けーぶるてれび)のジェイコム(じぇいこむ)の取材(しゅざい)があり、インタビュー(いんたびゅー)をうけました。放送(ほうそう)は、ジェイコムは3月1日(水)のデイリーニュース(でいりーにゅーす)、ラブエフエムは、3月10日(金)11:00から「災害の備(そな)え」という番組(ばんぐみ)です。

 

 

これまで

2016年(平成27年度)は、以下のとおり開催しました。

「護身術体験講座」

日 時:2016年2月24日(水)18:30~20:00
場 所:福岡県中央警察署武道室
参加者:外国人22名、日本人7名

福岡県 (ふくおかけん) 中央警察署 (ちゅうおうけいさつしょ) のご協力 (きょうりょく) を頂き、福岡よかトピア国際交流財団の「日常生活 (にちじょうせいかつ) アドバイス」事業 (じぎょう) と共催 (きょうさい) で「護身術 (ごしんじゅつ) 体験講座 (たいけんこうざ) 」を開催 (かいさい) いたしました。
外国人22名、日本人7名の参加者 (さんかしゃ) が、指導 (しどう) を受 (う) けながら、実際 (じっさい) にやり方を学びました。
安全 (あんぜん) 、安心 (あんしん) な日本 (にほん) と言 (い) われていますが、やはり犯罪 (はんざい) は福岡市でも起こっています。そして日本人だけでなく、外国人もまきこまれることがあります。

今回 (こんかい) は、この集 (あつ) まりを通して福岡に暮らす外国人の皆さんに自分の身 (み) を守 (まも) ることについて考えてもらいました。

           

ページトップへ