ホーム > リビングイン福岡 > ライフライン > 電気

1.電気

使用を開始するとき

転入先の室内等に置いてある「電気ご使用申込書」に、契約者氏名/連絡先/使用開始年月日/使用開始指示数/支払方法を記入のうえ、同封の返信用封筒で九州電力に送り、申込み手続きをします。申込み後は、分電盤のスイッチをすべて「入」にすると使用できます。もしスイッチを「入」にしても電気がつかない場合は最寄りの当社営業所(コールセンター)へお電話ください。電気給湯器がある場合は、電気給湯器本体のブレーカーも「入」にします。(ただし、お湯は、ブレーカーを「入」にした翌日からしか使用できないため、使用する前日から「入」にしておく必要があります。)

※万一、申込書がない場合には、コールセンターに電話して下さい。

使用を停止するとき

転出の日取りが決まり次第、九州電力の営業所(コールセンター)に連絡して、お客さま番号/住所/氏名/引越し日時/最終の料金の支払方法/引越し後の連絡先を知らせてください。転出の日もしくは翌日に係員が来て、必要な処置を行います。

※使用開始・停止の手続きは、インターネットでも可能です(ただし、日本語のみ)。

料金と支払い

検針と料金の通知
毎月1度、検針員が電気メーターの検針のため各戸を訪れ、その結果(使用量と料金)を記載した「電気使用量のお知らせ票」を郵便受けに入れて行きます。
お知らせ票見本

支払い方法
転出の日取りが決まり次第、九州電力の営業所(コールセンター)に連絡して、お客さま番号/住所/氏名/引越し日時/最終の料金の支払方法/引越し後の連絡先を知らせてください。転出の日もしくは翌日に係員が来て、必要な処置を行います。 ※使用開始・停止の手続きは、インターネットでも可能です(ただし、日本語のみ)。

停電

停電かなと思ったら次の手順に従ってください。

1. 近所も電気が消えているかどうか調べる。
2. 近所が消えていない場合は、分電盤を調べる。
3. 電気機器のプラグをコンセントから外す。
4. リミッターやブレーカーが落ちている場合は「入」にする。
5. 切れていない場合は、リミッターやブレーカーのつまみを一度完全に「切」にしてから1つずつ「入」にする。
6. コンセントから外した電気機器を再接続する。
7. それでも電気が戻らない場合は、九州電力へ連絡する。

※電線が切れてたれ下がっているのを見つけたら、絶対に触らずにその場を離れ、すぐに九州電力に連絡する。


 <九州電力株式会社>

http://www.kyuden.co.jp/   携帯版 http://kyuden.jp/
営業時間: 月~金 9:00~17:00 
※但し、12/29~1/3は休み

◇福岡東営業所
Tel: 0120-986-204 (東区名島2-19-12)
◇福岡営業所
Tel: 0120-986-205 (中央区渡辺通2-1-82)
◇福岡西営業所
Tel: 0120-986-206 (西区姪浜駅南1-9-20)
◇福岡南営業所
Tel: 0120-986-207 (筑紫野市二日市西1-6-5)

2016年4月から電力の小売りが全面自由化され、一般家庭でも電力会社やサービスを自由に選べるようになりました。