ホーム > リビングイン福岡 > 教育 > 教育

1.教育

日本の教育制度

日本の教育制度は、小学校(6年間)、中学校(3年間)、高等学校(3年間)、短期大学(2年間)または大学(4年間)、大学院(2年間~)となっていて、教育機関には国・公立と私立があります。また、小学校から中学校までの9年間(満6才から15才)が義務教育ですが、多くの子どもは、その前に保育園や幼稚園に通います。基本的に、4月から翌年3月までを1学年とし、小学校から高等学校までは、4月から7月、9月から12月、1月から3月の3学期制(ただし、大学などと同じ2学期制をとる学校も近年増加)、大学や短大は2学期制(4月~9月、10月~3月)となっています。



保育施設

保育園の特色
保育施設とは、0才児から小学校入学前の幼児を仕事や病気等の理由で家庭での保育が困難な場合に保育する場です。

保育料
保護者の市町村民税額によって決定され、また子どもの年齢・兄姉の保育施設等の利用状況によっても保育料が異なります。

入園申し込みの時期と方法
年度当初(4月)の入園については、前年の10月下旬頃から各保育施設及び各区役所で申込書の配布を開始します。規定の締切日までに必要書類を添えて各園に申込みをすると、保育施設を利用できるかどうかの発表があり、その後説明会が実施されます。申込みの締切日等は毎年異なるので注意してください。年度途中からの入園を希望する場合は、各保育所、各区子育て支援課に問合わせを。※保育施設等の申し込みにあたっては、利用を希望される保育施設を事前に見学し、面談や説明を受けてから申込みをしてください。


<問い合わせ先>
各区子育て支援課

◇(一社)福岡市保育協会
福岡市中央区荒戸3-3-39 福岡市市民福祉プラザ6F
Tel:092-713-0541
http://www.hoiku.or.jp


幼稚園

幼稚園の特色
保育園が児童福祉法に基づく施設であるのに対して、幼稚園は学校教育法に基づく施設で、幼稚園教育要領に則り、遊びを大切にした様々な教育を行っています。園児の指導には、幼稚園教諭免許を持った教員があたります。

<問い合わせ先>
福岡市教育委員会学校指導課
TEL:092-711-4639
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kyouiku/
福岡市立幼稚園 http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/kg/

※行政による経済的サポートについて
福岡市では、保護者の経済的負担の軽減と幼稚園教育の普及充実を図るため、子どもを私立幼稚園に通わせている家庭に対して入園料・保育料を減免するための「私立幼稚園就園奨励費補助」を行っています。申請の要件は、園児および保護者が福岡市内に住民登録があり、認可された私立幼稚園に通っていることで、減免の金額は、所得や幼稚園児から小学3年生までの兄弟姉妹の有無などによって異なります。
詳細については、各幼稚園または福岡市こども未来局運営支援課に問い合わせを。

<問い合わせ先>
◇福岡市こども未来局運営支援課 Tel: 092-711-4245
(ふくおか子ども情報) http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo/
◇福岡市私立幼稚園連盟 http://www.fyr.or.jp/
◇福岡県私学振興課 私学第2係 Tel: 092-643-3130
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e04/sechihaisi18-03.html#private


公立の小・中・高等学校


小学校、中学校
福岡市内に住民票がある外国籍の子どもについては、学齢期(小学校入学年齢)に達する前年の9月頃に入学希望調査(外国籍の場合は義務ではないため)を行います。「就学案内文書」及び「外国籍児童入学希望届」が9月末頃に発送され、「外国籍児童入学希望届」を「就学案内文書」に記載された期日(例年10月中旬頃)までに提出しておくと、入学年の1月中旬までに「入学通知書」が教育委員会から保護者宛に届きます。日本国籍で住民票のある子どもについては、自動的に「入学通知書」が届きます。万一届かない場合は、教育委員会教育支援課または居住区の市民課に問い合わせを。
年度途中からの入学については、まず居住区の市民課で「転入学通知書」を発行してもらい、それに転出学校が交付した「在学証明書」を添えて入学予定の学校に行き手続き(校長による面談を含む)をします。市立の小・中学校には校区が設定されているので、子どもが通う学校はどこに住んでいるかによって決まり、入学試験はありません。
市立の小・中学校については、教科書は無償で支給され、授業料も必要ありません。ただし、給食費、学用品代、修学旅行費などの実費は自己負担です。なお、経済的な理由でこれらの費用を払うことが困難な場合は、「就学援助制度」に申し込むことができます。詳しくは、各学校または福岡市教育委員会教育支援課学事係に問い合わせを。

<就学援助制度についての問い合わせ先>

福岡市教育委員会 教育支援課 学事係
Tel: 092-711-4693
教育支援課 学事係
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kyouiku/

※進路ガイダンス

福岡市の日本語を母語としない子どもとその保護者を対象に、高校への進学や就学、進路選択が円滑に進むことを願って、毎年8月に、NPO法人「ともに生きる街ふくおかの会」が就学?進路相談会を行っています。詳細は、「とも生きふくおか」事務局にお問い合わせください。
E-mail: tomoikifukuoka@gmail.com  電話:090-5739-3988(和田)又は
090-5921-7798(吉谷)

高等学校(高校)
福岡市内には、県立15校、市立4校の高等学校があり、入学するためには選考試験に合格する必要があります。試験を受けるためには、日本の中学校を卒業(または見込み)証明、または外国で9年間学校に通ったことの証明が必要です。詳しくは、福岡県または福岡市の教育委員会に問い合わせを。

<問い合わせ先>

福岡県教育委員会 高校教育課
Tel:092-643-3903
福岡県教育委員会
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/2131109.html
福岡県教育関係情報
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/life/5/


私立の小・中・高等学校

公立と異なり、小・中学校の場合も入学試験に合格する必要があり、授業料その他の費用も高額になります。詳しくは福岡県私学振興課または各学校に直接問合わせを。高校入学については、前述の進路ガイダンスに参加して情報を得るのも良いでしょう。

<問い合わせ先>
福岡県私学振興課 私学第1係
Tel:092-643-3129
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/211301/


英語での教育

福岡には、WASC (Western Association of Schools and Colleges)の認定を受けた「福岡インターナショナルスクール」があり、幼稚園から高校までの教育を全てアメリカのシステムで、英語を使って行っています。また、同校は「国際バカロレア資格」参加校でもあります。詳しくは直接問い合わせを。

<問い合わせ先>
福岡インターナショナルスクール
Tel: 092-841-7601
(早良区百道3-18-50)
http://www.fis.ed.jp/


日本語クラス

福岡には、数多くの日本語学校やボランティアによる日本語教室などがあり、その内容は様々です。従って、日本語を学ぶ目的などに合わせて選択することが出来ます。ボランティアによる日本語教室は、通常週に1回数時間のレッスンで、費用は教材など実費程度、中には小・中・高校生を対象にしたものもあります。就学・留学の在留資格が取れる日本語学校は、財団法人日本語教育振興協会の認定校のみです。また、日本語と日本文化を学ぶ短期コースなどを開催している学校もあります。日本語教室・学校のリストはレインボープラザで入手が可能です。詳しくは、直接それぞれの学校、教室に問い合わせを。

<問い合わせ先>
◇にほんごクラスマップ(ボランティアによる日本語教室)
http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/pdf/jp-volunteer-class.pdf

◇日本語教育振興協会
http://www.nisshinkyo.org/

※日本語能力試験
http://www.jlpt.jp/


小・中学校での日本語サポート


福岡市では、市立の小・中学校に通う日本語が不自由な子どもに対して、一定期間専門の指導員を派遣して、日常会話や学習に必要な基礎的日本語の学習をマンツーマンで行う制度があります。また、特に外国人住民の多い地域の小学校9校、中学校4校には「日本語教室」が設置され、そこで日本の学校生活への適応指導や学習言語の指導を行っています。詳しくは、各学校または福岡市教育委員会に問い合わせを。

<問い合わせ先>
福岡市教育委員会教育支援課
Tel: 092-711-4636