Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.60 May/05/2007

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.

In Japan, we enjoy "Golden week", holiday-studded week in May. Fukuoka City will be vibrant with song and dance from the Hakata Dontaku festival during Golden Week. The festive atmosphere will then continue to pick up through the Hakata Yamakasa festival in July. So, how did you spend your extended holiday?

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

5月といえば黄金週間。福岡は博多どんたくの踊りや歌でにぎわい、7月の博多山笠までお祭り気分が盛り上がっていきます。みなさんの連休はいかがでしたか?


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Invitation to the Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Job Fair for International Students
    2) Bring the World to the Classroom Guest Teachers Wanted
    3) Fukuoka Citizen Yachting Classes
    4) Cine-la "Great Films of Iran"

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cambodia Mines-Remove Campaign Charity Baseball Tickets Available

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) “Understanding Asia” Seminar
    2) The Doulos -Largest Floating Book Shop

5. The Tulip Times

    What’s So “Golden” About Golden Week?


Contents:
1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Invitation to the Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a Japanese “Chatting Salon” every other week, to create an opportunity for foreign students to chat with locals in Japanese. All of the foreign students wishing to practice Japanese, or to speak with Japanese locals, are welcome. There are many friendly people in Fukuoka waiting to speak to you!

Date:
    Every first and third Thursday, 15:00~17:00
Place:
    Fukuoka International Association Conference Room

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Job Fair for International Students
The Fukuoka prefectural government will jointly hold a job fair with related organizations, for international students. No prior registration or registration fee required.

Dates:
    May 19 (Sat), 9:00-17:00
Venue:
    ACROS Fukuoka Event Hall
Contents:
    Job interviews, consultations on employment and hiring, advice from previous exchange students, etc.

Inquiry: International Economy and Tourism Division, Dept. of Commerce and Industry, Fukuoka Prefecture
TEL: 092-643-3430

2) Bring the World to the Classroom Guest Teachers Wanted
The Fukuoka International Exchange Foundation welcomes residents from foreign countries to be guest teachers for Bring the World to the Classroom program.

Eligibility
    - Be a foreigner residing in Fukuoka Prefecture
    - Have a working visa or working permit
    - Have an interest in promoting international understanding among children
    - Be able to speak Japanese to some extent
For more information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/

Inquiry: Fukuoka International Exchange Foundation
TEL: 092-725-9200      Fax: 092-725-9206      Email: kyoshitsu_kara@kokusaihiroba.or.jp

3) Fukuoka Citizen Yachting Classes
This class is for Fukuoka City residents who are yachting beginners.

Dates:
    June 2 (Sat), 3 (Sun) 10:00-16:00
Venue:
    Fukuoka City Yacht Harbor (Odo, Nishi-ku, Fukuoka)
Capacity:
    Fukuoka City residents, high school student and above, beginner level. Up to 16 people each day.
Attendance fee:
    3,000 yen
Application:
    Application will be accepted at the Harbor from May 12 (Sat) 10:00a.m.

Application/Inquiry: Fukuoka City Yacht Harbor
TEL: 092-882-2151      FAX: 092-881-2344

4) Cine-la "Great Films of Iran"
Cine-la presents cinematic masterpieces of Iran.

Duration:
    May 16 (Wed) - June 2 (Sat)
Fee:
    Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen

Programs (subtitled in Japanese and English)
    The Spring      (1985, 85min.)
    Where is the friend's home?   (1987, 83min.)
    The Cyclist     (1989, 82min.)
    The Love-Stricken (1992, 91min.)
    Bag of Rice     (1996, 80min.)
    Children of the Heaven (1997, 88min.)
    Birth of a Butterfly (1998, 100min.)
    Through Sunglasses (2000, 98min.)
    Whispers        (2000, 77min.)
    The Lizard       (2004, 116min.)
    Goodbye, Life  (2006, 93min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608      FAX: 092-852-0609      URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3. News from FUKU-NET Members

1) Cambodia Mines-remove Campaign Fukuoka, Softbank Hawks Charity Baseball Tickets
Charity baseball games will be played to support the Cambodia Mines-remove Campaign & Aid for Victims.

Games/Dates/Time:
    June 29 (Fri), 18:00 vs. Chiba Lotte Marines
    Sep.   5 (Wed), 6(Thu), 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
    Sep.   7(Fri), 18:00 vs. Orix Buffaloes
Venue:
    Yahoo! Dome
Ticket:
    2,500yen (Reserved / Third Base Side)
    *500yen from each ticket sale will be used for the charity.

Application/Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign
TEL: 092-833-7676      FAX: 092-833-7677
Email: info@cmc-net.jp      URL: http://cmc-net.jp (in Japanese)


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Understanding Asia Seminar
Focusing on the new system in the Philippines to promote "Organ Trade", as well as situation in Thailand and India, panels will discuss the issues and prospects of organ transplantation. Prior registration required (FAX or Email).

Theme:
    Ethical, Legal and Social Issues of "Organ Trade": Current Trends, Future Prospects
Date:
    May 27 (Sun) 10:00-17:30
Venue:
    Centennial Hall Kyushu University School of Medicine

Inquiry: Kyushu University Asia Center
TEL: 092-642-4433      FAX: 092-642-4435      Email: asia@isc.kyushu-u.ac.jp
URL: http://asia.kyushu-u.ac.jp/

2) The Doulos - Largest Floating Book Shop
The world’s largest floating bookshop, with over 92 years of ocean voyage experience, is coming to Fukuoka this May. More than 6,000 books are on board and other events will be held.

Duration:
    May 12 (Sat) -21 (Mon)
Venue:
    Hakata Port
Events:
    Onboard book fair, international cafe, English conversation lounge, ship tour, etc.
For more info:
    http://www.doulos.mydns.jp/index.html

Inquiry: The Doulos Project Fukuoka Office
Email: doulos.fukuoka@gbaships.org


5. The Tulip Times

    What’s So “Golden” About Golden Week?

Ever wonder why there is a golden week in Japan? Or why there isn’t a silver, or bronze, or rainbow week, for that matter?
On July 20th, 1948, following WWII, the Japanese government declared the National Holiday Laws and established nine national holidays. The government established these laws stating, “In the continual pursuit of freedom and happiness, we, the people of Japan, in order to continue the development of our beautiful culture, better society, and build a richer life, hereby name these “Kokumin no Shukujitsu” [national holidays] to celebrate, thank, and commemorate the citizens of Japan”. Among these nine holidays, several were established during a week spanning from the end of April to the beginning of May. During this week, quite a few leisure-based businesses saw a gain in revenue.
Supposedly in 1951, the Japanese film, “Jiyu Gakkou” made record ticket sales during this week of holidays, even beating out the New Years and Obon holiday seasons. The managing director of Daiei Films was ecstatic and declared that week “Ogon Shukan ” (week of gold). And just how did this turn into ‘Golden Week’?”
Well, in Japan prime time TV/Radio (times with the highest number of viewer/listener ratings) is called “Golden Time”. Seeing as how the movie industry made record sales during this week, it seemed only appropriate to name it after the most popular times on TV and radio.

Golden Week is…
April 29th – is the birthday of the late Emperor Showa, who passed away in 1989. The day was originally established as “Emperor’s Birthday” [Tennou Tanjoubi], but following his death was renamed “Greenery Day” [Midori no Hi], as the late Emperor was quite passionate about nature and the environment. As of 2007, this day will now be known as “Showa Day” [Showa no Hi], bumping “Greenery Day” to the 4th of May.
[April 30th]– is a “substitute holiday”. According to the National Holiday Laws, if a holiday falls on a Sunday, the following non-holiday will subsequently become one (in other words, if Monday is also a national holiday, the following day will then become a holiday).
May 3rd – “Constitution Day” [kenpo kinenbi]. This day celebrates the establishment of the Japanese constitution in 1947, following WWII.
May 4th – Once known as “Citizen’s Day” [Kokumin no Hi], it will as of this year be known as “Greenery Day”. According to the National Holiday Laws, if a non-holiday falls between two holidays, then it too will be considered a holiday (this year, since May 3rd and 5th are both holidays, May 4th will also become a holiday).
May 5th – Prior to the war, this day was called “Boys’ Festival” [Tango no Sekku]. From 1948, the day was renamed “Children’s Day” [Kodomo no Hi], to celebrate the healthy growth and happiness of all children, and to show appreciation for mothers.

- Emiko
Questions? Comments?




Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:
1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) USオークランド青少年交流訪問団ホストファミリー募集
  2) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) グローバル・ウィング2007参加者募集
  2) 福岡市少年の翼団員募集
  3) 留学生のための合同就職面談会
  4) ワーキングホリデー説明会
  5) 「教室から世界をのぞこう」ゲスト講師募集
  6) 福岡市アクティブ・シニアボランティア募集
  7) 第1,2回市民ヨット教室
  8) シネラ「イラン映画傑作選」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集
  2) カンボジア地雷撤去キャンペーン チャリティ野球チケット

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 九州大学ホストファミリー募集
  2) 九州大学アジア理解講座シンポジウム
  3) 日韓子どもシンポジウム参加者募集
  4) 国際ボランティアプロジェクト
  5) 船上ブックショップドゥロス号

5. ザ・チューリップ・タイムズ

  「ゴールデンウィークはなぜ「ゴールデン」なの?」



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  (財)福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm


1) USオークランド青少年交流訪問団ホストファミリー募集

福岡市の姉妹都市であるアメリカ・カリフォルニア州オークランド市から青少年交流訪問団が来福します。青少年(14歳~17歳)15名と引率者2名を受入れられるホストファミリーを募集します。

期  間:7月27日(金)~8月6日(月) 10泊11日
申込締切:5月31日(木)
受け入れ希望者は、Eメール(ssc01@fukuoka-sistercities.jp)または電話で協会へお申し込みください。申込用紙を送ります。


2) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)とボランティアが気軽におしゃべりする場所です。日ごろ、学校で学習した日本語を使ってみたい方、あるいは日本人と話してみたい方はご参加ください。

日  時:毎月第1・第3木曜日 15:00~17:00
場  所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)
参加無料、できれば事前にお電話ください。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) グローバル・ウィング2007参加者募集
福岡県では、国際的な視野を備えた地域活動の青年リーダーを育成するため、地域活動に意欲を持った青年を海外に派遣します。

訪問期間:10月13日(土)~21日(日)
訪 問 国:イギリス、オランダ
対 象 者・定員・参加費:リーダー(30歳~39歳)  6名 68,000円
           メンバー(18歳~29歳) 54名 119,000円
申込締切:5月10日(木)

申込・問合せ:福岡県青年の翼実行委員会事務局(福岡県青少年課内)
TEL: 092-643-3387

2) 福岡市少年の翼交流事業団員募集
韓国・釜山広域市の少年少女との相互ホームステイを通して、お互いの文化や歴史を理解し、友情を深めるとともに、市民レベルでの交流を推進する事業です。

募集人員:35人(小学校5年生から中学校3年生まで)
条  件:市内在住であること。事前研修を含む全日程に参加でき、健康で団体活動に協調できること。
     韓国でのホームステイ及び韓国少年少女の受け入れができること。
事前研修:6月24日(日)、7月8日(日)10:00~16:00 婦人会館9階大研修室
     宿泊研修・交歓交流:7月26日(木)~28日(土)海の中道青少年海の家
受入期間:7月26日(木)~30日(月)
韓国訪問期間:8月17日(金)~21日(火)
申込方法:区役所や市民センターで配布している参加申込書で申込。または、福岡市サイトよりダウンロード。
URL: http://www.city.fukuoka.jp/index.html
申込締切:5月16日(水)

申込・問合せ:福岡市こども未来局こども未来課
TEL: 092-711-4114  Email: k-mirai.CB@city.fukuoka.jp

3) 留学生のための合同就職面談会
福岡県などが主催でおこないます。予約不要。入退場自由。入場無料。

日  時:5月19日(土)9:00~17:00
場  所:アクロス福岡地下2階「イベントホール」
内  容:留学生のための就職面談会、外国人の雇用・就職等相談会、留学生OBによる相談会

申込・問合せ:福岡県商工部国際経済観光課
TEL: 092-643-3430

4) ワーキングホリデー説明会
ワーキングホリデー制度の説明、渡航アドバイス、現地情報等の案内、体験者談など。要予約。

日  時:6月16日(土) 14:00~16:00
場  所:こくさいひろば 交流室A
申  込:5月14日(月)より予約受付開始。

申込・問合わせ: こくさいひろば
TEL: 092-725-9201

5) 「教室から世界をのぞこう」ゲスト講師募集
福岡県内の小・中・高等学校における国際理解教育にご協力いただける外国人講師と日本人講師を募集します。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

外国人講師
  ・福岡県在住の外国人であること
  ・労働可能なビザ、あるいは資格外活動許可書を持っていること
  ・子ども達と国際理解のための交流を行うことに積極的であること
  ・日本語が話せること
日本人講師
  ・青年海外協力隊やNGO活動など、海外における国際協力やボランティア活動の経験がある方
  ・留学や企業からの派遣による長期海外滞在経験がある方
  ・国際協力・国際交流に関する仕事に携わっている方
  ・子ども達と国際理解のための交流を行うことに積極的であること

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200   FAX: 092-725-9206   Email: kyoshitsu_kara@kokusaihiroba.or.jp

6) 福岡市アクティブ・シニアボランティア募集
元気な高齢者の皆様の活力や知識・経験を、ボランティア活動やNPO活動に生かしてもらい、ご自身の生きがいづくりや社会参加に役立ててもらうためのきっかけづくりとして、ボランティア活動に関する様々な情報を提供する「アクティブ・シニアボランティア」登録事業を実施しております。

応募資格
  1.60歳以上で、福岡市内に居住していること
  2.ボランティア活動に関心があり、活動を希望していること
  3.ボランティア活動に際し、健康面などに特段の支障がないこと
申込方法・期限
  情報プラザなどで配布している登録申込書を5月18日(金)必着でファックスまたは郵送にて申込。
  (締め切り延長は所管課の承認済み)

申込・問合せ:福岡市保健福祉局高齢施策推進課
TEL: 092-711-4881   Email: koreisesaku.PHWB@city.fukuoka.jp

7)  第1,2回市民ヨット教室
市内在住の方を対象にヨット教室を開催します。

日  時:6月2日(土)、3日(日)10:00~16:00
会  場:市立ヨットハーバー(西区小戸)
定  員:市内在住の高校生以上の方でヨット初心者、各日とも16名
参 加 費:3,000円
申込:5月12日(土)10時から下記へ直接来所の上、申込。

申込・問合せ:福岡市立ヨットハーバー管理事務所
TEL: 092-882-2151 FAX: 092-881-2344

8) シネラ「イラン映画傑作選」
巨匠キアロスタミ監督の児童映画を含めイラン映画の珠玉の名作を特集。

期  間:5月16日(水)~6月2日(土)
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はホームページで。URL: http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集開始
開発途上国の人々のために、自分の持っている技術や経験を活かしてみませんか。協力隊について知りたい方は募集説明会、OG、OBと話してみたい方は応募相談会へご参加ください。毎週木曜日には、国際協力相談コーナーも開催中。

募集説明会
日  時: 5月8日(火)18:30-20:45
会  場:アクロス福岡
応募相談会
日  時: 5月16日(水)14:00-21:00
会  場:アクロス福岡
詳細は九州海外協力協会 http://www.joca-kyushu.or.jp/

国際協力相談コーナー
日  時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00-18:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:青年海外協力隊や、国際協力一般
問 合 せ:JICA福岡市国際協力推進員
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp   電話:092-733-5638

JICAボランティアを知る一日
日  時:5月12日(土)14:30-18:00
会  場:JICA九州2Fセミナールーム(北九州市八幡東区 九州国際センター内)

問合せ先:JICA九州
TEL: 093-671-8349   Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jo
URL: http://www.jica.go.jp/worldmap/kyushu.html#kyushu

2) カンボジア地雷撤去キャンペーン 福岡ソフトバンクホークスチャリティ野球チケット
皆さんの100円玉1枚で1平方メートルの地雷原をきれいにすることができます。チケット料金の中から500円がチャリティにあてられます。

日  程:
    6月29日(金) 千葉ロッテマリーンズ
    9月 5日(水)、6日(木) 東北楽天ゴールデンイーグルス
    9月 7日(金) オリックス・バファローズ
    試合開始 18:00
料  金:A指定席3塁側引換券 2,500円(通常4,000円)

申込・問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp URL: http://cmc-net.jp/


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 九州大学ホストファミリー募集
九州大学が開講するサマーコース「Asia in Today's World -ATW-」参加留学生のホームステイ受入家庭を募集します。

募集対象地域:九州大学留学生センター(福岡市東区箱崎)まで公共交通機関を利用して1時間以内に通学可能な地域
期  間:
   後 半 7月28日(土)~8月11日(土)か12日(日) 2週間
   全期間 6月30日(土)か 7月1日(日)~8月11日(土)か 12日(日) 6週間
締め切り:5月18日(金)
詳細はこちら http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

申込・問合せ:九州大学国際交流推進室
TEL: 092-642-4275 FAX: 092-642-4273

2) 九州大学アジア理解講座シンポジウム
フィリピンの臓器売買を推進する新制度やインド、タイなどを含めたアジアにおける臓器売買のシンポジウムを開催します。FAXかEmailで要申込。参加無料。

テ ー マ:臓器売買が問いかけるもの-アジアの苦悩-
日   時:5月27日(日)10:00~17:30
会   場:九州大学医学部百年講堂中ホール
詳細はこちら: http://asia.kyushu-u.ac.jp/home/ajiarikai/main.html

申込・問合せ:九州大学アジア総合政策センター
TEL: 092-642-4433  FAX: 092-642-4435  Email:asia@isc.kyushu-u.ac.jp

3) 日韓子どもシンポジウム参加者募集
事前学習会やホームステイなどを通して韓国の子どもたちと相互理解を深め、シンポジウムの場で発表、討論します。

期  間:10月6日(土) 
     6,7月に事前学習会、夏休みにホームステイと文化体験キャンプあり
場  所:福岡市および韓国・釜山市
対  象:福岡都市圏に住む小学5,6年生 10名
料  金:49,000円
申  込:レインボープラザ、各区役所などで配布する申込書を郵送またはメールで申込。
詳細はこちら:http://members2.jcom.home.ne.jp/1638250811/

申込・問合せ:地球市民を育てる会
TEL: 090-8400-3161  Email: furu.m.@jcom.home.ne.jp

4) 国際ボランティアプロジェクト
古城の修復・中世の祭りの企画・海がめの保護等あなたオリジナルの経験を作りましょう。

説明会(予約不要)
 日 時:5月12日(土) 13:30~14:30
 会 場:こくさいひろば交流室A
詳細はこちら:http://www.cieej.or.jp/index.html

主催・問合せ:国際教育交換協議会(CIEE)
TEL: 092-736-6742

5) 船上ブックショップドゥロス号
92年間の航海歴を持つ世界最大の海上ブックショップが5月に福岡へやってきます。6,000冊以上の本が集まるブックフェアなどイベントも開催します。

期  間:5月12日(土)~21日(月)
会  場:博多港
内  容:船上ブックフェア、インターナショナルカフェ、英会話ラウンジ、船内ツアーなど
詳細はこちら:http://www.doulos.mydns.jp/index.html

問合せ先:ドゥロスプロジェクト福岡オフィス
Email: doulos.fukuoka@gbaships.org


5. ザ・チューリップ・タイムズ

ゴールデンウィークはなぜ「ゴールデン」なの?

日本にゴールデンウィークがあることをご存じですか。なぜゴールデンなのでしょうか。シルバーウィーク、ブロンズウィーク、レインボーウィークでないのはどうしてでしょうか。
第二次世界大戦後の1948年7月20日、日本政府は祝日について定めた「国民の祝日に関する法律」を公布しました。当初、祝日は9日間で、のちにその日数が増えています。この法律では政府が第一条で趣旨を宣言しています。それによると、自由と平和を求める日本国民が、美しい風習を育て、よりよい社会やより豊かな生活を築くために皆で祝い、感謝し、記念する日を定めてこれを『国民の祝日』にするということです。 
法律で規定された祝日のうち数日が、4月末から5月初めに集中していて、この期間はレジャー産業の稼ぎ時になっています。
1951年のこの時期には、日本映画「自由学校」が上映され、記録的な興行収入となったそうです。これは、年末年始やお盆の頃の収入をしのぐ勢いでした。映画会社の大映の専務は喜びのあまり、この週を「黄金週間」と呼びました。では、なぜ「黄金週間」から「ゴールデンウィーク」という言葉になったのかと思うでしょう。
日本では、テレビやラジオで視聴率が特に高い時間帯は「ゴールデンタイム」と言われています。もうおわかりでしょう。映画業界がこの時期には記録的に稼げるので、テレビやラジオのゴールデンタイムにあやかってこんな名前をつけたようです。

ゴールデンウィークとは…
4月29日-昭和天皇の誕生日です。ご本人は1989年に亡くなられました。もともとは「天皇誕生日」という祝日でしたが、昭和天皇ご逝去後は、故人が自然をお好きだったことにちなんで「みどりの日」という名の祝日に改められました。2007年からは、この日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に変わります。
4月30日-今年は振替休日となります。法律によると祝日が日曜日と重なる場合、翌日が休日となります(月曜日も祝日に当たるときは、その翌日が休日となります)。
5月3日- 憲法記念日。これは第二次世界大戦後の1947年に日本国憲法が公布され、翌年に施行されたことを記念する日です。
5月4日- かつては「国民の日」でしたが、今年からは「みどりの日」となります。法律によると、前日が祝日で、翌日も祝日の場合、間にはさまれた日も休日になります(5月3日と5月5日はともに祝日なので5月4日は休日になります)。
5月5日-  第二次世界大戦前は「端午の節句」と呼ばれていました。1948年には「こどもの日」と改められています。こどもの健やかな成長と幸福をはかるとともに、母に感謝する日です。

-えみこ
質問やコメント歓迎です。



English:
How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/