Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.62 July/05/2007

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.

The Hakata Gion Yamakasa festival is now in full swing. Have you been to see the Kazariyama (decorated floats), adorned with beautiful Hakata dolls, in their respective places around the Tenjin and Hakata areas? Each of these dolls is hand-crafted by skilled Hakata doll makers. Various teams begin practicing carrying their kakiyama (smaller) floats from July 10th until oiyama, the Grand Finale race, early in the morning on July 15. I'd like invite all of you to come see Yamakasa, one of the most popular festivals held in Fukuoka!


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

いよいよ博多祇園山笠が始まりました。天神や博多地区の「飾り山」は見に行かれましたか?毎年、博多人形師のみなさんが工夫をこらして作られています。7月10日からは舁き山が動き出します。そして、15日早朝の追い山へ。福岡・博多を代表するお祭りをぜひ見てください。



FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) 16th Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Japanese Garden "Shofu-en" Now Open
    2) UN-HABITAT Regional Office for Asia and the Pacific "Asian City Journalist Conference"
    3) Japanese Culture Class for Foreigners
    4) Cine-la "Thai film Collection"
    5) City Marathon Fukuoka Inviting Participants

3. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) BJT Business Japanese Test
    2) International Symposium "What is DV? What can we do to support DV victims?"
    3) Noh performance and Fireworks!

4. The Tulip Times

    "The Sounds of Summer"



1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) 16th Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month we invite foreign students living in Fukuoka to tell us about their hometown. We learn about the town’s history and lifestyle, the student’s family, what brought him/her to Fukuoka, and his/her vision for the future. We hope that the sharing of this information will contribute to the better understanding and broadening of the aid network for these students.

This Month’s Lecture:
    Date: July 19 (Thu), 18:30 -
Place:
    Fukuoka International Association
Lecturer:
    Felix Kamala (Balaka, Malawi)
    Kyushu University, Dept. of Forest & Forest Products Sciences
Further information:
    http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Japanese Garden "Shofu-en" Now Open
The Japanese Garden "Shofu-en" opened to the public on July 1st. It was constructed from a section of the residence of the late Tanakamaru Zenhachi, founder of the Tamaya Department store (now Gate’s Bldg.). The Garden hosts renovated teahouses with newly added Japanese-style rooms, where visitors can enjoy Japanese Tea Ceremonies and other cultural events.

Address:
    3-28 Hirao, Chuo-ku, Fukuoka City
Hours:
    9:00-17:00 *closed on Tuesdays. In case of a holiday, closed Wednesday instead.
Admission Fee:
    Adult 100yen, Children 50yen
Parking:
    300yen
Maccha Tea Set:
    300yen *incl. a Japanese sweet
Access:
    10 min. walk from Fukuoka City Subway Yakuin Odori station or 5 min.
    walk from Nishitetsu Kyuden Taiikukan-mae bus stop
Further information:
    http://shofuen.net/ (in Japanese)

2) The UN-HABITAT Regional Office for Asia and the Pacific "Asian City Journalist Conference"
Journalists from Asia-Pacific City Summit cities and representatives from the Fukuoka government, businesses, and academic institutions will convene for the Asian City Journalist Conference this August. The Conference seeks to enhance City-to-City cooperation in Asia through discussion on “Sustainable Urban Life”. It also provides an opportunity to improve the existing network among these cities, through information dissemination.

Date:
    Aug. 1 (Wed) 14:00-17:00
Venue:
    International Conference Hall (ACROS Fukuoka 4th Floor)
Admission:
    Free
Language:
    Japanese and English with simultaneous interpretation
Registration:
    Send your Name, Name of your University/Organization/Business, etc, Telephone number, and Email address to:
    mayumi.onizuka@fukuoka.unhabitat.org
Seating capacity:
    100 (Limited to the first 100 registration)

Inquiry: UN-HABITAT Fukuoka Office
TEL: 092-724-7121     URL: http://www.fukuoka.unhabitat.org/index.php

3) Japanese Culture Class for Foreigners
For those who want to learn about a few basic Japanese customs and more. We will introduce you to the Japanese culture in a comprehensive way with "Sado" (Tea Ceremony), and "the Spirit of Zen".

Dates:
    July 22 (Sun), August 26 (Sun), September 23 (Sun) 14:00-15:00
Venue:
    ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit:
    40 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee:
    Free

Inquiry: Kokusai hiroba
TEL: 092-725-9201     Email: info@kokusaihiroba.or.jp

4) Cine-la "Thai Film Collection"
Cine-la presents a collection of refreshing Thai films.

Duration:
    July 19 (Thu) - 29 (Sun)
Fee:
    Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen
Programs (subtitled in Japanese and English)
    Boys will be Boys, Boys will be Men ('00, 121min.)
    Once upon a Time ('95, 125min.)
    Fun, Bar, Karaoke ('96, 102min.)
    Who is Running? ('97, 105min.)
    The Moonhunter ('01, 122min.)
    Mekhong Full Moon Party ('02, 119min.)
    One Night Husband ('03, 118min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

5) City Marathon Fukuoka 2007, Participants Wanted!
Why not join the yearly Fukuoka City Marathon, starting from Yahoo! Dome, taking in the cool, Hakata Port air, and enjoying the view of the Fukuoka Cityscape.

Date:
    September 23 (Sun) 8:05 Opening ceremony
Venue:
    Yahoo! Dome, Fukuoka City
Category/Entry fee:
    Half Marathon: 4,000yen (age 18 and up)
    5km & 5km wheelchair: 2,000yen (High school students and up), 1,500yen (Junior high students)
Registration (until July 31):
A. By Post Fill in the money transfer form attached to the application (see below) and wire transfer the appropriate fee (100yen charge at counter, 60yen charge for ATM transfer)
B. Online Apply at http://www.runnet.jp (Japanese) and pay by credit card, at a convenience store.
*200yen charge.
C. Telephone call Ticket Pia 092-708-9955 from 10:00 - 18:00 to register. Entrance fee may be paid at a convenience store (Family Mart, Sankus) or Ticket Pia spot. A 300yen charge applies.
Applications can be found at ward offices, sports clubs, public gymnasiums, Rainbow Plaza and other places around Fukuoka Prefecture.
Further information: http://www.sports-fukuokacity.or.jp/ (Japanese)

Inquiry: City Marathon Fukuoka office
TEL: 092-632-2268     Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp


3. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) JETRO Business Japanese Proficiency Test
This test measures and evaluates one's business-level Japanese communication skills.

Date:
    Nov. 18 (Sun)
Eligibility:
    Individuals whose first language is not Japanese
How to apply:
    A) Online: http://www.jetro.go.jp/en/bjt/
    B) Mail: Contact JETRO Fukuoka to request the domestic version of the form.
Test fee (Tax included):
    Online application 7,000yen, by mail 7,500 yen
Application duration:
    Aug. 8 (Wed) - Oct. 10 (Wed)

Inquiries: JETRO (Japan External Trade Organization) Fukuoka
TEL: 092-741-8783     FAX: 092-714-0709
Email: nihongo@jetro.go.jp     URL: http://www.jetro.go.jp/course/bjt/

2) International Symposium "What is DV? What can we do to support DV victims?"
DV specialists from the United States and Tokyo, as guest speakers, will hold a symposium on the mechanism and context of Dating Violence as well as how we can support DV victims and their families.

Date:
    July 16 (Mon/holiday) 13:00-16:00
Venue:
    Clover Plaza (Kasuga City)
Admission fee:
    500 yen
Seating capacity:
    100 people
For more info:
    http://www1.plala.or.jp/AWCenter/

Inquiry: Asia Women's Center
TEL: 092-513-7333

3) Noh performance and Fireworks!
The Nishinihon Ohori Hanabi Taikai (Fireworks in Ohori-koen) is a summer feature in Fukuoka in which approximately 6,000 fireworks fill the summer night sky. Ohori Koen Nohgakudo is the place to view the lights and sounds up close, while enjoying classical Japanese theatre.

Date:
    August 1 (Wed) 17:30 Noh performance, 20:00 Fireworks
Fee:
    10,000 yen incl. bento (lunchbox) and tea

Inquiry: Ohori Koen Nohgakudo
TEL: 092-715-2155

4. The Tulip Times

The Sounds of Summer

Summer has set in. Although things are being kept slightly cool with the “rainy season”, I’m sure most of us are suffering from the horrible humidity and what the Japanese call Natsu-bate, or “Summer Blues”. When a person mentions “summer”, each of us has a distinct flux of images come to mind. The same goes for sounds. When we hear a certain sound it reminds us of special memories. So just what are the “sounds” of Summer? Let’s take a look at how two countries, Japan and America, differ in their representing sounds.
July, specifically July 4th, in the United States stands for Independence. Americans usually celebrate Independence with… you guessed it, a barbeque! Since it is a national holiday, many have the day off work and will spend time with friends and family at the beach or on some other outing. In my family, we would visit our friends who lived in the countryside each year and ride their horses, play horseshoes (where you throw horseshoes from a distance and see who can get the most around a pole in the ground), have a big barbeque, and take turns between their pool and hot tub. In the evening, of course, we’d have s’mores (roasted marshmallow sandwich) and fireworks in the fields.
Another sound of American summer is the sound of sprinklers. Most children have both July and August off from school, so you can often see them playing in parks and running through sprinklers in their yard. I would often volunteer to wash my parent’s car as a child, just so I could play with water. Children often also join recreational sports teams and travel to amusement parks, so one could say that the sound of children playing outdoors is a strong representative of summer. Although maybe these sounds are not heard as often in Japan, it is safe to say that Summer in both countries carries a nuance of carefree, Summer fun.
In Japan’s case, perhaps the sounds are a bit more specific. One of the first sounds that comes to my mind is the sound of the cicada. In any Japanese movie or drama, the sound of the cicada is purposefully added so that viewers instantly know it is Summer. The noise a large group of cicadas makes can at times become borderline annoying, but on the other hand, given the right atmosphere the gentle and constant buzz can become quite relaxing.
Another Summer sound in Japan is the sound of the Japanese wind chime, or, fuurin. At times when there is no natural wind to blow the chime, you can hang out in front of your fan. The soft ring of these glass bells is soothing, and makes one feel the laziness and comfort of summer.
At last, in Japan, Summer is the season of festivals. All across the nation, August is filled with firework displays of all sizes. Many areas will have local festivals where one can enjoy the smells, tastes, and sights of yatai (food stalls), have fun opening bottles of ramune (Japanese carbonated drink), and participate in fun games like kingyo-sukui (goldfish catching).
Although Japanese summers can be painfully hot and humid, try taking some time to listen for the various sounds and see what kind of thoughts come to mind. Also, don’t miss out on any of the Summer festivities!

Questions? Comments?
- Emiko




Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 地球市民どんたく2007ボランティア募集
  2) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 日本庭園「松風園」開園
  2) 国連ハビタット「アジア都市ジャーナリスト会議」聴講募集
  3) エコアジア2007開催記念講演会&映画上映会
  4) 留学説明会
  5) 外国人のための日本文化いろは講座
  6) シネラ「タイ映画特集」
  7) シティマラソン福岡参加者・ボランティアスタッフ募集

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 明日のカンボジアを考える会 講演会・スタディツアー参加者募集
  2) JICAエッセイコンテスト・国際協力勉強会参加者募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) BJTビジネス日本語能力テスト
  2) 国際シンポジウム「デートDVって何?被害者への支援とは?」
  3) 能と花火を楽しもう

5. ザ・チューリップ・タイムズ

  「夏の音」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 (財)福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2007」ボランティア募集
国際協力・交流を行うNGOなどの団体活動を紹介するイベントで、当日会場で運営を手伝っていただけるボランティアの方を募集します。
詳細は、ホームページをご覧下さい

日  時:平成19年9月13日(木)~17日(月・祝)のうち、希望日
場  所:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地および周辺会場
締  切:平成19年8月1日(水)

2) 第16回外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:7月19日(木) 18:30
場  所:福岡よかトピア国際交流財団
講  師:フェリックス・カマラさん(マラウイ、バラカ出身)
     九州大学大学院森林資源環境科学木質資源科学専攻


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 日本庭園「松風園」開園
7月1日に、日本庭園「松風園」を開園しました。中洲にあった老舗デパート玉屋百貨店の創業にかかわった、故田中丸善八氏の旧宅の一部を整備したものです。
 庭園、茶室があり、茶会や文化体験イベントも予定されています。

住  所:福岡市中央区平尾3丁目28
開園時間:9:00-17:00
休 園 日:火曜日(休日の場合はその翌日)
入 園 料:大人100円、小人50円
駐車料金:1回300円
抹茶セット:1服300円から(お菓子付き)
交  通:地下鉄七隈線「薬院大通駅」から徒歩10分、「九電体育館前」バス停から徒歩5分
詳細はこちら:http://shofuen.net/

2) 国連ハビタット「アジア都市ジャーナリスト会議」聴講募集
アジア太平洋都市サミット参加都市のジャーナリスト及び福岡の首長・経済人・学識経験者が一堂に会し、「持続可能な都市生活」について、自由に議論します。質の高い相互関係の確立及び情報発信の機会を提供し、ひいてはアジア地域の都市連携に寄与します。

テ ー マ:持続可能な都市生活~アジアの都市連携を求めて~
日  時:8月1日(水)14:00-17:00
場  所:アクロス福岡4階 国際会議場
定  員:100名(先着順)
同時通訳あり(英語・日本語)
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/index.php

申込・問合せ:国連ハビタット福岡事務所
TEL: 092-724-7121 FAX: 092-724-7124
Email: mayumi.onizuka@fukuoka.unhabitat.org

3) エコアジア2007開催記念講演会&映画上映会
第15回アジア太平洋環境会議(エコアジア2007)の福岡市開催(9月)を記念して、講演会、映画上映をします。受講無料、要申込。

日  時:7月22日(日) 13:30-16:40
場  所:エルガーラホール8F
講  演:「環境から見たアジアの将来」環境省大臣官房審議官 谷津龍太郎氏
      環境漫才
映  画:不都合な真実
詳細はこちら:http://kankyo.city.fukuoka.jp/

申込・問合せ:西日本新聞社企画推進部「エコアジア」
TEL: 092-711-5491   Email: ecoasia@nishinippon-event.co.jp
福岡市環境局アジア太平洋環境会議開催支援担当
TEL: 092-711-4368

4) 留学説明会
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

英国留学相談会
体験留学授業やIELTSデモレッスンもあります。
日  時:7月16日(月・祝)、17日(火)10:00~
場  所:こくさいひろば交流室A
申込・問合わせ:ブリティッシュ・カウンシル
TEL: 03-3235-8031   Email: educationuk.tokyo@britishcouncil.or.jp

アメリカ留学説明会
説明会と個別の相談も行います。要事前予約。
日  時:7月22日(日)11:00~
場  所:こくさいひろば交流室
申込・問合せ: こくさいひろば
TEL: 092-725-9201

5) 外国人のための日本文化いろは講座
基本的な日本の習慣をはじめ、日本文化を「禅の精神」・「茶道」などを通してわかりやすく丁寧に紹介していきます。

日  時:7月22日(日)、8月26日(日)、9月23日(日) 14:00-15:00
場  所:アクロス福岡2F セミナー室
申込先着順、受講無料
詳細はこちら→http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9201   Email: info@kokusaihiroba.or.jp

6) シネラ「タイ映画特集」
斬新な作品の登場により、急速に評価を高める新しいタイ映画を特集。

期  間:7月19日(木)~29日(日)
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はホームページで。URL: http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609

7) シティマラソン福岡参加者・ボランティアスタッフ募集
ヤフードームを出発し、博多湾のさわやかな風をうけながら福岡の市街地を走ります。

日時:9月23日(日) 8:05 開会式
場所:ヤフードーム
申込先着順
詳細はこちら:http://www.sports-fukuokacity.or.jp/

ボランティアスタッフ
希望される方は下記事項を記入の上、大会事務局まで往復はがきでお申し込みください。
記載事項:郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、連絡先、当大会におけるボランティア回数、過去の担当業務場所、上着のサイズ(S-XO)

申込・問合せ:シティマラソン福岡実行委員会事務局
TEL: 092-632-2268   Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 明日のカンボジアを考える会 講演会・スタディツアー参加者募集
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/

国際協力を考える集い2007
染色作家の田村佐和子さんをお迎えし、長年携わってこられたカンボジアの藍染め復興への取り組みをお聞きします。事前申込不要。
日  時:7月28日(土)14:30-16:30
場  所:アクロス福岡606会議室
テ ー マ:「カンボジアの藍はよみがえるか?自然との循環に生きる暮らしの復元をめざして」
入 場 料:一般1,000円 学生500円

スタディツアー2007
シェムリアップのクメール伝統織物研究所(IKTT)のプロジェクト地に宿泊し、作業の手伝いを通して現地の人々と交流するとともに伝統染色の復興による地域開発をめざすIKTTの活動を学びます。
期  間:8月19日(日)~26日(日) 7泊8日
旅行代金:約16万円
締め切り:7月19日(木)

申込・問合せ: 明日のカンボジアを考える会
TEL: 092-851-2001   Email: factjp2001@yahoo.co.jp

2) JICAエッセイコンテスト・国際協力勉強会参加者募集
エッセイコンテスト
JICAでは、次の世代を担う全国の中学生・高校生を対象に、開発途上国の現状と国際協力の必要性について理解を深め、国際社会の中で日本は何をすべきか、また、自分たちひとりひとりがどう行動すべきかについて考えてもらうことを目的として、国際協力に関するエッセイコンテストを実施しています。
テ ー マ:世界のみんなが幸せになるために~私ができること、考えること~
締 切 日:9月12日(水)当日消印有効
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/hiroba/join/sanka/essay/index.html

国際協力勉強会
輪になって現場の声をきこう!'07 In くるめ アジア・ラテンアメリカ編
  第1回 7月12日(木) 「バングラデシュの現場で学んだこと~豊かさと貧しさの意味~」
  第2回 8月 9日(木) 「世界の中のあなたと私~カンボジアの活動から感じること~」
  第3回 9月13日(木) 「日本とメキシコのお産の現場から見えてきたこと」
時  間:18:30-20:30
会  場:久留米市市民活動サポートセンター(久留米市六ツ門町)
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/worldmap/kyushu.html#kyushu

申込・問合せ:JICA福岡市国際協力推進員
TEL: 092-733-5638   FAX: 092-733-5635   Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) BJTビジネス日本語能力テスト
BJTは、日本語によるビジネス場面でのコミュニケーション能力を客観的に測定・評価するテストで、日本語を母語としないビジネス関係者や学生を主な対象者としています。

実 施 日:11月18日(日)
申込期間:8月8日(水)~10月10日(水)
詳細・申込はこちら:http://www.jetro.go.jp/course/bjt/

問合せ:日本貿易振興機構(ジェトロ) 福岡
TEL: 092-741-8783   FAX: 092-714-0709   Email: nihongo@jetro.go.jp

2) 国際シンポジウム「デートDVって何?被害者への支援とは?」
アメリカ、東京から専門家をゲストに迎え、デートDVが起こる仕組みやその背景を学び、被害者やその家族のための支援を考える講演・シンポジウムを開催します。

日  時:7月16日(月・祝) 13:00~16:00
会  場:クローバープラザ(春日市原町)
参 加 費:500円
定  員:100名
詳細はこちら:http://www1.plala.or.jp/AWCenter/

申込・問合せ:アジア女性センター
TEL: 092-513-7333

3) 能と花火を楽しもう
福岡の夏の風物詩「西日本大濠花火大会」。約六千発の花火が夏の夜空を彩ります。この音と光の祭典を間近で堪能できる贅沢な場所「大濠公園能楽堂」。今年も能と花火の鑑賞を開催します。

日  時:8月1日(水)17:30開演~食事・休憩19:20~花火大会鑑賞20:00~
場  所:大濠公園能楽堂
入 場 料:10,000円(弁当、お茶代含む)
内  容:解説・舞囃子「屋島」・狂言「寝音曲」・能「船弁慶」

申込・問合せ:大濠公園能楽堂
TEL: 092-715-2155   URL: http://www.ohori-nougaku.jp/index.cgi

5. ザ・チューリップ・タイムズ

夏の音

夏がやってきました。梅雨のおかげで温度は幾分低いものの、湿度がかなり高いので「夏ばて」になっている人が多いのではないでしょうか。「夏」という言葉からは、いろいろなことが連想されますね。音についても同様のことが言えます。ある音を聞くと特別な思い出がよみがえることがあるでしょう。それでは「夏の音」とは一体何でしょうか。日本とアメリカで代表的なものを見てみましょう。
7月といえば、アメリカ合衆国の独立記念日が7月4日です。アメリカ人がこの記念日をどのように祝うのでしょう。もうご存じのとおり、バーベキューを食べるのです。この日は国の祝日なので、多くの職場や学校が休みとなり、友達や家族と一緒に浜辺で過ごしたり、ピクニックに出かけたりします。私の場合は家族とともに毎年、田舎の友人の家を訪れ、乗馬、馬蹄ゲーム(離れた場所からポールめがけて馬蹄を投げる輪投げのようなゲーム)、バーベキューで楽しむほか、プール遊びや入浴をして過ごしました。もちろん、夜には「スモア」というマシュマロ・サンドウイッチを食べながら、花火をします。
さらに、アメリカの夏の音と言えばスプリンクラーを思い出します。7、8月は学校が休みなので、多くの子どもたちが公園で遊び、庭にあるスプリンクラーの間を走り回って水ゲームなどします。私は子どもの頃、すすんで親の車を洗いましたが、実は水遊びをしたかっただけでした。子どもたちはもっぱら、短期のレク・スポーツチーム(教室)に入ったり、遊園地に行ったりするので、彼らが屋外で元気に動き回り、叫んでいる声などは夏を代表する音と言えるでしょう。こういう音は日本ではそれほど耳にすることはないかもしれません。いずれにせよ、日本・アメリカ両国とも夏は無邪気に楽しくすごせる季節なのです。
日本では、夏の音はもっと独特のようです。真っ先に思い浮かぶのは蝉の鳴き声です。日本の映画やドラマでは意図的に蝉の鳴き声が挿入され、映像シーンが夏だとすぐに分かるようになっています。蝉の大群がいっせいに鳴いたら耳障りでしょうが、ゆったりとした風景の中で優しく鳴き続けたとしたら、とても心地よい響きとして聞こえます。
ほかにも日本の夏の音としては風鈴の音があります。自然の風が吹いていない時は扇風機の前につるす方法があります。このガラス製の鈴が奏でる優しく穏やかな音が眠気を誘い、夏でも心地よく感じます。
おわりに、日本の夏は祭りの季節です。日本全国、8月には様々な規模の花火大会が開催されます。各地で祭りが行われ、屋台のにおい、味や風景を楽しむことができます。炭酸飲料のラムネの栓を開けたり、金魚すくいをしたりするのも、とても面白いですよ。
日本の夏はとても蒸し暑いけれど、しばし色々な音に耳をすませ、音に関してどんな思い出が心に浮かぶのかを確かめるのもよいでしょう。それに、やっぱり夏祭りははずせませんね。

質問やコメント歓迎です。
-えみこ

English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/