Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.65 October/05/2007

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Following the Asian Pacific Festival in September, Tenjin's October is continuingly in festive mood with Music City Tenjin and Tenjin Picnic project. All kinds of music are playing and open-air cafes are placed in Tenjin, so you can relax and enjoy the time in Tenjin much more!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
9月のアジア太平洋フェスティバルに続き、10月の天神はMusic City Tenjinや天神ピクニックで盛り上がります。街中に音楽があふれ、オープンカフェが設置され、のんびり過ごせる場所になります。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)

Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Home Visit Program for International Students Now Taking Applications
   2) Japanese Language Speech Contest
   3) Attaka Fukuoka Program

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cine-la "Indian Film Panorama"
   2) Tomyo Watching and Dance
   3) Experience Bangladesh in Films
   4) Thai Culture Seminar
   5) Japanese Volunteer Coordinators Wanted

3. News from FUKU-NET Members

   1) Charity Hair Salon "Snowman"
   2) Spirits of African Musical Concert
   3) Bangladesh Fair
   4) Latin Festival "Animate"

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) Gamelan Workshop

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

   "Customer Service and Convenience in Japan"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635   E-mail
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1)Home Visit Program for International Students Application Deadline approaching
This program is organized to introduce international students to Japanese families living in the Fukuoka metropolitan area in order to give both parties the opportunity to spend time together, develop friendships, and deepen understanding about each other through home visits, enjoying meals/conversations, and other activities.

Program duration:
    Nov. 2007 - Mar. 2008 (planned)
Eligibility:
    International students currently enrolled in a college, junior college,
    or language school etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Number of applicants:
    Up to 60
Application form:
    Available at colleges/schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply:
    Fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Application deadline:
    Oct. 15th (Mon)

See FIA website for more details.

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL 092-733-2220   FAX: 092-733-2215

2)Japanese Language Speech Contest
Foreign residents and students learning Japanese will speak about their hometown, their impression of Fukuoka, or their interest about Japan in Japanese.

Date:
    Oct. 28 (Sun) 13:00
Venue:
    Fujin Kaikan Kenshushitsu (Airef 9F)

3)Attaka Fukuoka Program
Welcome to Fukuoka Event
We welcome all foreign students who are new to Fukuoka!

Date/Time:
    Nov. 3(Sat) 10:00-17:00
Meeting Place:
    Dazaifu Seicho-atochi (The Site of Dazaifu Government Office)
What to bring:
    Lunch, Drinks, and Student ID or Certificate of Alien Registration
Program:
    10:00 Recreation
    12:00 Lunch
    13:00 A walking tour to the Kyushu National Museum
    14:30 Exploring the Kyushu National Museum
    17:00 Dismissed
Application deadline:
    Oct. 26 (Fri)

Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
A foreign student living and studying in Fukuoka will tell us about their hometown.
Date:
    Oct. 18 (Thu) 18:30
Place:
    Attaka Salon (Fukuoka International Association)
Lecturer:
    Mohammad Akharuzzaman (Dhaka, Bangladesh)
Kyushu University, the Graduate School of Human-Environment Studies, Dept. of Urban Design, Planning and Disaster Management

Inquiry: Fukuoka Foreign Student Support Association
TEL: 092-733-5630   Email: info@attaka-fukuoka.jp   URL: http://attaka-fukuoka.jp/


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1)Cine-la "Indian Film Panorama"
A collection of wide variety of Indian films is offered to commemorate the Japan-India Friendship Year 2007.

Duration:
    until Oct. 28 (Sun)
Fee:
    Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen
Films:
    (Subtitled in Japanese and English)
    Love is God ('03, 155min)
    A peck on the Cheek ('02, 136min)
    The Terrorist ('98, 100min)
    Bombay ('95, 142min)
    A Breath ('03, 107min)
    The Island ('02, 137min)
    The Last Dance ('99, 119min)
    The Flight ('96, 98min)
    Manasarovar ('04, 94min)
    In the Forest...Again ('03, 125min)
    Mr. and Mrs. Iyer ('02, 123min)
    The    Duo ('97, 166min)
    Melody ('97, 154min)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609   URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2)Tomyo Watching and Dance
On the occasion of Hakata Tomyo Watching, votive candle art decorated on the grounds of four school districts in Hakata area, Korean choreographer and dancer Jung Young-doo will perform with Fukuoka Citizens.

Date:
    Oct. 20 (Sat) Tomyo 18:30-21:00 Dance 19:20
Venue:
    Hakata Elem. School Ground

Inquiry:
    Fukuoka City Foundation for Arts and Cultural Promotion
TEL: 092-263-6265   Email: art-co@ffac.or.jp
URL: http://www.ffac.or.jp/index.html (in Japanese)

3)Experience Bangladesh in Films
In association with Contemporary Asian Artist 4 "Niloofar Chaman" exhibition, movies depicting the culture of Bangladesh people will be shown.

Date:
    Oct. 27 (Sat)
Program:
    13:00 Lalon ('04, 132min, Bangladesh, Subtitled in Japanese and English)
    15:30 Lecture "Mystic Saint Lalon Fakir" (in Japanese)
    17:30 The Alienation ('04, 91min, Bangladesh, Subtitled in Japanese and English)

Inquiry: Fukuoka Asian Art Museum
TEL: 092-263-1100   URL: http://faam.city.fukuoka (in Japanese)

4)Thai Culture Seminar
Five Thai students learning Japanese at Rajamangala University of Technology will visit Fukuoka to experience Japanese culture and lifestyle. As a part of international exchange, they will introduce Thai culture to citizen of Fukuoka on this occasion.

Date:
    Oct. 27 (Sat) 14:00
Venue:
    Kokusaihiroba Koryu room A

Inquiry: Fukuoka International Exchange Foundation
TEL: 092-725-9204   Email: general@kokusaihiroba.or.jp

5)Japanese Volunteer Coordinators Wanted
Briefing session on Japan Outreach Initiative will be held in Fukuoka. This program offers a grassroots opportunity to develop a deeper understanding of Japan by sending Japanese nationals to U.S. communities as volunteer coordinators. Come join the experiences of past participants and learn the program details. Prior registration is required.

Date/Time:
    Oct. 28 (Sun) 11:00-12:30
Venue:
    Conference Room #501, ACROS Fukuoka
More Information:
    http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/boshu/

Inquiry: The Japan Foundation Center for Global Partnership
TEL: 03-5562-3543   Email: cgpshimin@jpf.go.jp


3. News from FUKU-NET Members
 
1)Charity Hair Salon "Snowman"
Have your hair-cut done by professional hairstylists and help raise money towards the medical aid for the victims of Chernobyl.

Date/Time:
    Oct. 8 (Mon/holiday) 10:00-15:00
Venue:
    Omura Hair Dressing College, OMUNIS Studio
    (2F Tryent Yamasaki, 2-1-35, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Charge:
    1,500yen (with shampoo, haircut and hair blow) *no perm or coloring
Reservation recommended.

Inquiry/Reservation: Assistance movement to Chernobyl
TEL/FAX: 093-203-5282   E-mail: jimu@cher9.to URL: http://www.cher9.to/

2)Spirits of African Musical Concert
Nine members of the Nigeria National Performing Arts Group will perform with local performing arts groups to introduce African culture.

Date/Time:
    Oct. 13 (Sat) 18:00
Venue:
    Fukuoka Nishi Civic Hall
Tickets:
    Adult 3,500yen, Elem. to High School Student 1,500yen

Inquiries: African Japanese Cultural Exchange Group
TEL: 092-822-1347   Email: support@ajceg.com URL: http://www.ajceg.com

3)Bangladesh Fair
Fair trade goods including handcrafts and tea imported from Bangladesh will be sold, while Bangladesh culture will be introduced as well.

Date/Time:
    Oct. 20 (Sat), 21 (Sun) 11:00-15:00
Venue:
    KETOY.JP (Yakuin, Chuoku, Fukuoka)

Inquiry: KETOY.JP
TEL/FAX: 092-714-0758

4)Latin Festival "Animate"
Commemorating the 10th anniversary of Tiempo Iberoamericano’s establishment, they will host the Latin Festival to introduce Iberoamerica Culture to the people of Fukuoka.

Date/Time:
    Nov. 4 (Sun) 14:00, 18:30
Venue:
    Zepp Fukuoka
Ticket:
    3,500yen
Further information:
    http://www.tiempo.jp/

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
TEL: 092-762-4100   Email: eventos@tiempo.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1)Gamelan Workshop -Enjoying Asian Music Together-
A leading Gamelan player will lecture on the basic knowledge of the traditional Java concert music with bronze instruments. Prior application required.

Date/Time:
    Oct. 21 (Sun) 10:00
Venue:
    Skarvati Hall, Hisho Hall 3F, Chikushi Jogakuen Univ.
Room Capacity:
    30

Inquiries: Chikushi Jogakuen Univ. Shogai Gakushu Center
TEL: 092-925-9685   URL: http://www.chikushi.ac.jp/ (in Japanese)


5. Nobu's Footprints in Fukuoka
Customer Service and Convenience in Japan

The other day after work, I stopped by the post office to send a birthday card for my sister’s 26th birthday (sadly, the pop-up Snoopy and Woodstock filled the whole card and left me with only a few lines for writing best regards). As soon as I stood in line, a lady in the front counter called me up in a very nice tone, greeted, and asked me to wait a few moments. It probably took less than 20 seconds before she attended back and said, “Taihen nagaraku omatase shimashita, soryou wa choudo 100 yen ni narimasu.” I found the silver coin in my right pocket and gave it to her as she bowed and proceeded with shipping the mail. I took this message as, “Thank you very much for your long patience, the postage will be 100 yen sir,” and I was puzzled as to why she thanked me so graciously for only 2 min. of my time.
I don’t think I’ve ever been appreciated like this in Canada for just a dollar service, where “Have a nice day,” and “Can I help the next person in line?” would be the usual courtesy. Perhaps their high-spirited generosity in service is a reflection of their inherent nature, or maybe they are simply following the operation manuals of their organizations. Whichever the answer might be, the post office service was clearly a top-class service; it’s only a shame they didn’t have jars to put in tips.
Although the Japanese are praised for providing outstanding customer service, there are times when I feel a little awkward from some of the unusual ones. For example, at a restaurant last week, I had to sit in the same table with a fellow whom I didn’t know, as I was convinced by one of the servers that I would get my service quicker this way. Apparently, this is called “aiseki”, and it’s one way to make sure that all the seats are filled, while satisfying the appetites of cool biz businessmen who are usually rushed with time. Thus, I had no choice but to sit in a shoulder-to-shoulder fashion and slurp my Udon only a tangible distance away from another man’s chopsticks. Before taking in the last sip of my soup, I caught a site of a huge line-up near the entrance, so I had to get up and offer my seat to the next customer as fast as I could.
In addition, I was very surprised when I went to a place called, “Ringer- Hut”, a Nagasaki Champon restaurant, where I had to line up to get a meal-ticket from the Kenbaiki (ticket machine) before ordering. I didn’t see the purpose of having a ticket machine when in fact you can order in person and save the unnecessary use of ink, paper, and electricity. It was a very strange experience, but you can’t complain once you indulge in the fantastic blend of Chinese and Japanese dish that they serve. I think the restaurant owners are working very hard to reduce the amount of waiting time for the Japanese who are known to be “Sekkachi” (disliking to wait); convenience is surely an integral part of Japanese life.
In Vancouver, convenience is not valued as highly as here in Fukuoka. Although we have 24-hr. 7-Eleven stores scattered across the city, we have to drive a bit of distance to get there (approx. 3km from my house), and we nearly don’t have the same number of clerks as Lawson in the morning; it could be due to the fact that a larger land-to-population ratio exists in Canada than in Japan. At the same time, people need not be hasty in their work, for most clients are not so picky with time and are satisfied as long as their services are properly met. However, time is essential in conducting smooth businesses in Japan, as customers can always look for another competitive firm, who can provide the same service at a faster pace.
In most cases, the customers and workers in Canada will build friendly relationships with each other. For example, I often invited my gardener to my house for a cup of coffee, chitchat, and lunch during his break. In doing so, the worker would build a personal attachment with clients, and this may ultimately determine the quality of service provided.
When I had my house repainted, for example, I asked one of my mother’s acquaintances from church whom she had known for a few years. Between works, the contractor and I shared some subjects of interest while sipping away on herbal tea. The job was completed on time and after-care service was also provided without having to pay extra. In Japan, however, there is always a clear distinction between the worker and the customer, for the latter will always be treated as “God-like” by the former, who will appease them in anyway given the time and the ability. In other words, the customers are always right, and the likelihood of them becoming friends is close to zero.
As seen above, the level of expectation in customer service is completely different in Japan and Canada. It would be interesting to see how my values in both customer service and convenience will change as time passes by here in Fukuoka.

Nobuo Gondo



FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
  2) ホストファミリー登録説明会
  3) マレーシア・イポー青少年交流訪問団ホストファミリー募集
  4) 日本語、韓国語弁論大会聴講者募集
  5) あったか福岡事業のお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 中国語弁論大会参加者募集
  2) シネラ「インド映画パノラマ」
  3) ワーキングホリデー説明会、アメリカ留学相談会
  4) 福岡県民セミナー日韓・語り合う「書」
  5) 灯明ウォッチングとダンス
  6) 映画で観るバングラデシュ
  7) タイ文化ミニ講座
  8) 日米草の根交流コーディネーター募集説明会

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) FUKU-NET講演会聴講者募集
  2) チャリティヘアサロン・スネガビーク2007
  3) JICAボランティア平成19年度秋募集
  4) ネパール帰国留学生親善訪問の旅参加者募集
  5) スピリッツオブアフリカンミュージカルコンサート
  6) バングラデシュ・フェア
  7) カンボジア スタディツアー07報告会
  8) ラテンフェスティバル「Animate」

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 筑紫女学園のアジアマンスイベント
  2) 郷土の偉人・明石元治郎を識る講演会

5. ノブが見た福岡

  「日本のサービス」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635   E-mail
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1)外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。詳細は協会のHPへ。

対 象 者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
募集人数:60人程度
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に
     必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。
申込締切:10月15日(月)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215

2)ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける日本人家庭を募集します。

日  時:10月28日(日) 14:00
会  場:レインボープラザ会議室
申込:住所、氏名、電話番号を、電話、ファックス、Eメールのいずれかでご連絡ください。
締  切:10月22日(月)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215  Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

3)マレーシア・イポー青少年交流訪問団ホストファミリー募集
福岡市の姉妹都市イポー市から青少年交流訪問団が来福するにあたり、ホストファミリーを募集します。

滞在期間:12月5日(水)~13日(木) 8泊9日
申  込:Eメールまたは電話で申し込み。追って申込票を送ります。
締  切:10月31日(水)

4) 日本語、韓国語弁論大会聴講者募集
外国人による日本語スピーチコンテスト
福岡で日本語を学んでいる外国人によるスピーチコンテストです。

日  時:10月28日(日) 13:00
会  場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

福岡韓国語弁論大会
福岡で韓国語を学んでいる人たちが日ごろの学習成果を披露します。
日時:11月18日(日)14:00
会場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

5)あったか福岡事業のお知らせ
10月に新たに入学された外国人学生を歓迎する事業です。外国人学生、日本人の参加者を募集します。

日  時:11月3日(土)10:00~17:00
集合場所:大宰府政庁跡地
申込期限:10月26日(金)17:00

外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
日  時:10月18日(木)18:30
語 り 手:モハメド・アケルザマンさん(バングラデシュ ダッカ出身)
     九州大学大学院人間環境学府都市共生デザイン専攻
会  場:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)
参 加 費:500円

申込・問合せ:福岡外国人学生支援の会(福岡よかトピア国際交流財団内)
URL: http://attaka-fukuoka.jp/

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1)中国語弁論大会参加者募集
副賞として福岡市の姉妹都市広州市への航空券もあります。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.jp/

テ ー マ:自由。ただし、自作で未発表であること。
資  格:福岡都市圏の大学学部及び短期大学・専門学校に在籍する日本人学生
締   切:10月12日(金)
開催日時:12月8日(土)14:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館)

申込・問合せ:福岡市総務企画局国際部
TEL: 092-711-4023  Email: okuda.s01@city.fukuoka.jp

2)シネラ「インド映画パノラマ」
映画大国インド。インド全域からバラエティに富んだ作品を公開。

期  間:10月28日(日)まで
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はこちら:URL: http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3)ワーキングホリデー、アメリカ留学説明会
ワーキングホリデー説明会
参加無料、要事前予約。

日  時:10月13日(土)14:00~16:00
会  場:こくさいひろば交流室A
定  員:50名

アメリカ留学説明会
10月9日から先着順受付
日  時:11月3日(土) 11:00-17:00
場  所:こくさいひろば

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9201  URL: http://www.kokusaihiroba.or.jp/

4)福岡県民セミナー日韓・語り合う「書」
福岡県国際交流センターと九州大学韓国研究センターが開催する県民セミナーの受講者を募集します。無料。

「水墨画を通した文化交流」
日  時:10月15日(月)13:30
会  場:アクロス福岡円形ホール
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9204  Email: exchange@kokusaihiroba.or.jp

5)灯明ウォッチングとダンス
博多のまちの秋の風物詩「博多灯明ウォッチング」の中で、一般の方と韓国の振り付け家兼ダンサーが作り上げたダンスを披露します。鑑賞無料。

日  時:10月20日(土)19:20ころ
会  場:博多小学校校庭
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/index.html

申込・問合せ:福岡市文化芸術振興財団
TEL: 092-263-6265  Email: art-co@ffac.or.jp

6)映画で観るバングラデシュ
映画と講演でバングラデシュを探ります。

日  時:10月27日(土)
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8階)
時間・作品:13:00 ラロン  
      15:30 講演「聖者ラロン・フォキルをめぐる謎」
      17:00 ぼくはひとりぼっち
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円

問合せ:福岡アジア美術館
TEL: 092-263-1100  URL: http://faam.city.fukuoka (in Japanese)

7)タイ文化ミニ講座
タイ国立ラジャマンガラ・ラタナコシン科学技術大学で日本語を学んでいる学生5人が福岡の方々にタイの文化をご紹介します。

期  間:10月27日(土)14:00
会  場:こくさいひろば交流室A
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9204  Email: general@kokusaihiroba.or.jp

8)日米草の根交流コーディネーター募集説明会
アメリカで日本を伝えるボランティアをしてみませんか?過去の参加者の体験談もご紹介します。日米交流を深める活動にご関心のある方、ふるってご参加ください。要事前申込、参加無料。

日  時:10月28日(日)11:00-12:30
会  場:アクロス福岡501会議室
詳細はこちら:http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/joi/boshu/

申込・問合せ:国際交流基金日米センター
TEL: 03-5562-3543  Email: cgpshimin@jpf.go.jp

3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)FUKU-NET講演会聴講者募集
FUKU-NET設立20周年を記念して、フェアトレードをはじめとする様々な国際協力のアプローチについて語っていただきます。参加無料。要事前申込。

テ ー マ:気軽に国際協力~フェアトレード
講  師:胤森なお子(たねもりなおこ)氏
   ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ 常務取締役/広報ディレクター
日  時:11月2日(金)18:00
会  場:ガーデンパレス 3階 阿蘇の間
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/top/index.htm

申込・問合せ:FUKU-NET事務局(福岡よかトピア国際交流財団内)

2)チャリティヘアサロン・スネガビーク2007
プロのスタイリストに髪を切ってもらい、収益はチェルイノブイリ事故で被害を受けた人たちへの医療支援になります。東欧雑貨などの販売もあります。

日  時:10月8日(月・祝)10:00-15:00
会  場:大村美容専門学校オムニス・スタジオ
メニュー:1,500円(シャンプー、カット、ブロー)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
TEL/FAX: 093-203-5282  Email: jimu@cher9.to

3)JICAボランティア平成19年度秋募集
海外ボランティアの秋募集です。説明会もありますのでご参加ください。

募集期間:11月9日(金)まで
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/branch/kic/vol_top.html

国際協力相談コーナー
日  時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00-18:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:青年海外協力隊や、国際協力一般

申込・問合せ:JICA福岡市国際協力推進員
TEL: 092-733-5638  FAX: 092-733-5635  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4)ネパール帰国留学生親善訪問の旅参加者募集
九州大学留学生で、帰国した方々を訪問します。

日  程:11月25日(日)~29日(木)5日間
旅行代金:198,000円
締  切:10月31日(水)

主  催:福岡帰国留学生交流会
申込・問合せ:シーアンドシーツアーズ
TEL: 092-731-9301  FAX: 092-731-9302

5)スピリッツ・オブ・アフリカン・ミュージカル・コンサート
ナイジェリア国立舞踊団に所属する9名が来福し、福岡の劇団と共演します。

日  時:10月13日(土)18:00
会  場:福岡市立西市民センターホール
前売り券:大人3,000円 小中高生1,000円
詳細はこちら:http://www.ajceg.com

問合せ:アフリカ日本文化交流団体
TEL/FAX: 092-822-1347  Email: support@ajceg.com

6)バングラデシュ・フェア
バングラデシュからフェア・トレードで輸入した紅茶などを販売、バングラデシュの文化についてもご紹介します。

日  時:10月20日(土)・21日(日)11:00~15:00
会  場:KETOY.JP(中央区薬院2丁目)

問合せ:KETOY.JP
TEL/FAX: 092-714-0758

7)カンボジアスタディ・ツアー07報告会
参加者がそれぞれの視点から見聞きしたカンボジアの文化、自然、人々について報告します。

日  時:10月27日(土)17:30
会  場:あすみん(福岡市中央区大名)
参 加 費:一般500円 学生300円
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/

主催・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 092-851-2001  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

8)ラテンフェスティバル「Animate」
設立10周年を記念して、イベロアメリカ諸国の文化を紹介するフェスティバルを開催します。

日  時:11月4日(日)14:00、18:30
会  場:Zepp Fukuoka
チケット:3,500円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: eventos@tiempo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1)筑紫女学園のアジアマンスイベント
詳細はこちら:http://www.chikushi.ac.jp/

ガムラン・ワークショップ
ジャワ島に伝わる青銅楽器による合奏音楽ガムランを、第一人者が基礎から説明します。要事前申込。
日  時:10月21日(日)10:00
会  場:筑紫女学園大学飛翔会館3階スクワーヴァティーホール
定  員:30名

アジア塾「交感するアジアと日本」
アジアに対する理解を深める講座です。無料。
日  時:10月11日(木)、18日(木)、25日(木)19:00~21:00
会  場:福岡市男女共同参画推進センターアミカス
定  員:各回30名 はがき、ホームページで申込。

申込・問合せ:筑紫女学園大学生涯学習センター
TEL: 092-925-9685

2)郷土の偉人・明石元二郎を識る講演会
福岡市出身の明石元二郎は第7代台湾総督として台湾近代化に尽くし、数々の功績は今もなお台湾において語り継がれています。

日  時:10月14日(日)13:00
会  場:福岡市立早良市民センター
入 場 料:一般1,000円 高校生以下無料

主催・問合せ:台湾研究会
TEL: 080-5602-1586  FAX: 092-885-7145


5. ノブが見た福岡

日本のサービス

先週、26歳の姉に誕生日カードを送るため、仕事帰りに中央郵便局に足を運びました。残念な事に、飛び出すスヌーピーとウッドストックの絵がカードの全面を占めていたので、肝心なメッセージが二行程しか書けませんでした。列に並ぶとすぐに、カウンターの女性スタッフに呼ばれ、丁重な挨拶とお辞儀をされ、しばらくお待ち下さい、と言われました。列に並んで2-3分すると、カウンターの女性スタッフが丁重に挨拶とお辞儀をしました。郵便物を渡すと、優しい声で「もうしばらくお待ちくださいませ」と言われました。20秒もたたずに、「大変長らくお待たせしました、送料はちょうど100円になります」と言われ、ポケットの中から見慣れた100円硬貨を出した時にも、「ありがとうございます」とお礼を受けました。
なぜこのように、日本人は何度もお辞儀をし、お礼を言うのか。たった二分間しかかからなかったのに。比較して、カナダでこのような光景はあまり目にしませんし、たとえ店員が気遣ったとしても、「良い一日を」とか「次のお客さま、どうぞ」程度です。おそらく、このふるまいは、日本人が本来持っている特質かも知れませんし、あるいは職場の接客マニュアルに従った対応なのかも知れません。どちらにしろ、この日郵便局で受けたサービスの良さは言うまでもなくすばらしかったです。最後にチップを渡せなかったのが残念でした。
日本人のサービスは、丁寧でしかもあまり客を待たせないと一般的に知られていますが、中では、慣れないのもあります。例えば、先週、昼食に入ったお店で、「あそこの席ならならございますけど」と言われ、見知らぬ方と相席をしたエピソードです。これは、正午に決まっていっせいに出てくる、クールビズを羽織った会社員をもてなす方法の一つとして、頻繁に飲食店で行われている方法です。私も、両脇のお客さんと肩を並べ、うどんを食べました。とても窮屈な感じがしたし、待っているお客が何人もいたので、うどんの最後のスープを飲みほさずに出てしまいました。
又、長崎チャンポンが自慢の「リンガーハット」に行った時も、驚いたことがありました。まず、券売機で食券というものを買い、その後に、席について注文するというシステムです。仮に店員さんに直接注文していれば、「無駄なインクや、紙や、電気代を省けたのに」と思い、納得いきませんでしたが、肝心のチャンポンを頂いた後には、そういった考えが、美味しさのせいでしょうか、消えていました。しかも、5分も待たずに出てきたので、本当にビックリ。おそらく、せっかちな日本人客のために導入された新しいサービスなのかもしれません。この点において、やはり日本人はより良いサービスを日々追求している事がわかります。
バンクーバーでは、日本と比べ、あまりサービスや便利さにはこだわってはいません。カナダは土地面積が広い割には人口が少ないので、お店と家の間の距離がかなりあります。実際に、私の自宅から最寄りのセブンイレブンまで、車で最低4分はかかります(3km位)。しかも、福岡の朝のローソンとは比べられないほど、店員の数が少ない。その上、カナダ人は、頼んだ仕事さえきちんとして貰えれば、大抵、時間は大目に見てくれます。反対に、サービス業の競争が激しい日本では、時間との勝負が仕事面において重視されますので、お客をあんまり待たせてしまうと、その店の常連客にはならず、違う店に行ってしまいます。
又、バンクーバーでは、お客さんが常にお世話になっている人達には、友達並の扱いをします。例えば、毎月庭の手入れをして貰っている庭師には、休憩時間に、一緒にお茶をしたり、世間話をしたり、食事をします。こうする事によって、徐々にお互いの緊張がほぐれ、結果的に、庭師にとっても働きやすい仕事場になり、より良い仕事をしてくれます。以前、家のペンキ塗りをした時も、母が通っている教会の知り合いの方にお世話になりました。休憩時間に、その方とお茶をしながら色々な話をしたところ、予定より早く仕上がり、さらに、無料でアフターケアもしてくれました。さすがに日本では、田舎の方に行かない限り、こういった形でお客に接するのは、あまり多く見かけません。日本人は、「お客様は神様」という意識があり、第一にお客が偉いのであって、その形式を強く守っています。つまり、これから仕事をする人が、馴れ馴れしくお客の家で食事なんて、日本では考えられない話なのです。
やはり、カナダと日本とでは、お客が求めるサービスがはるかに違っています。これから、福岡で過ごすと共に、今まで自分の思っていた理想のサービスと便利さが、どう変わっていくのかが楽しみです。

権藤 ノブオ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
 ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
 ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/