Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.67 December/05/2007

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Season's greetings! Only a month left till New Years, and now is the time to reflect the year 2007. What impressed me the most about this year was the beastly hot, prolonged summer!
We sincerely appreciate your continuing support for our e-mail magazine, Fukuoka Rainbow Magazine. We wish you a Merry Christmas and we will see you in 2008!

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
とうとう今年もあと1ヶ月。一年を振り返る時期になりました。やはり、いつまでも暑かった夏が一番印象的な一年でした。来年もメールマガジンをどうぞよろしくお願いします。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Year-end through New Year holidays
   2) English Speech Contest
   3) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cine-la "The Kenji Mizoguchi Film Festival"
   2) Japanese Culture Class for Foreigners

3. News from FUKU-NET Members

   1) APCC Volunteer Workers Wanted
   2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
   3) Series of Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka
   4) UN HABITAT Calendar 2008

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) International Quilt Week Fukuoka 2007
   2) Sattamo Street Broadcasting Station call for messages from International Students

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

   "The Four Seasons"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Year-end through New Year holidays
Fukuoka International Association and Rainbow Plaza will be closed from December 29 to January 3.

2) English Speech Contest
High School Students from Fukuoka City will perform and test their English-speaking ability to the public.

Date: Dec. 16 (Sun) 13:30
Venue: Fujin Kaikan Daikenshushitsu (AIREF 9F)

3) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association holds a Japanese “Chatting Salon” every other week, to create an opportunity for foreign students to chat with the locals in Japanese. All foreign students who are wishing to practice Japanese or wanting to speak with the locals are more than welcome. There are many friendly people in Fukuoka waiting to meet and speak to you!

Date: Every first and third Thursday, 15:00-17:00
Place: Fukuoka International Association Conference Room


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cine-la "The Kenji Mizoguchi Film Festival"
15 films directed by Kenji Mizoguchi and his documentary will be presented. Though all the films are in Japanese (no English subtitles), you should be able to enjoy and appreciate the beauty of his works.

Duration: Dec. 5 (Wed) - 24 (Mon/Holiday)
Fee: Adults 600yen, Univ. & H.S. Students 500yen, J.H.S. & Elem. Students 400yen

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Japanese Culture Class for Foreigners
For anyone who’s interested in learning a few Japanese customs, we will introduce a Japanese culture in a comprehensive way with "Sado" (Tea Ceremony), "the Spirit of Zen", and much more!

Dates: Dec. 16 (Sun) 14:00-15:00
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 40 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free
Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/

Inquiry: Kokusai Hiroba
TEL: 092-725-9201     Email: info@kokusaihiroba.or.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) APCC Volunteer Workers Wanted
The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC) is recruiting volunteers for various events and activities. Contact APCC for details on newcomer’s briefing session.

Date: Dec. 7 (Fri) 18:30, 22 (Sat) 13:00, Jan. 11 (Fri) 18:30, 27 (Sun) 13:00
Place: APCC Office (Fukuoka City Hall North Annex 5F)

Translation Volunteers
Applications accepted year-round.
Please send an email to the address listed below with your full name, address, occupation, self-introduction and purpose of application. Make sure to put “translation volunteer application form” in the subject of your email. APCC will send you an application form.

Inquiries/Application: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC)
TEL: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp     URL: http://www.apcc.gr.jp/

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a monthly movie viewing event for free.

"La Leggenda Del Santo Bevitore" (Italy/France, 129min., '88 in English)
Date/Time: Dec. 11 (Tue) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

3) Series of Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka
To commemorate its 50th anniversary of foundation, the Japan America Society of Fukuoka hosts series of lectures with prominent lecturers from various fields, regarding Japanese Soft power in Asia: Culture, Value, and Diplomatic Affairs.

Dates: Jan. 17 (Thu), 31 (Thu), Feb. 28 (Thu), Mar. 6 (Thu)
Time: 18:00-20:00
Venue: Fukuoka Building 9F No.1 Hall
Fee: 500 yen/lecture
Capacity: 40/lecture
Further information: http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

Inquiry: Japan America Society of Fukuoka
TEL: 092-734-1552     Email: jasf@nnr.co.jp

4) UN-HABITAT Calendar 2008
The 2008 calendar features children's drawings, which were awarded in the World Habitat Day Drawing Contest, and is available to everyone for a donation of 1,000yen. The proceeds will be used towards the rehabilitation and reconstruction projects in Asia and the Pacific Region.

Inquiry/Order: Japan Habitat Association
TEL: 092-724-7121     URL: http://www.habitat.or.jp/ (in Japanese)


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) International Quilt Week Fukuoka 2007
This is the exhibition of the award winning quilts and handiworks from Taiwan, Australia and Korea.

Dates: Dec. 6 (Thu) - 8 (Sat) 10:00-17:00
Venue: Yahoo! Dome
Entrance fee: 1,600 yen 15 years and under: Free

Inquiry: International Quilt Week Executive Committee
TEL: 03-3816-5529     URL: http://www.rkb.ne.jp/quilt/

2) SATTAMO Street Broadcasting Station inviting messages from International Students
Our new Internet Broadcasting Station, “Machikado Housoukyoku” in Sawara Ward, has just launched last October, and we share the latest news on the “local life” of Fukuoka in both Japanese and English. The program features local news, news from correspondents worldwide, Ryugakusei’s information (foreign student), and much more!
One of the programs, "Ryugakusei Now" is currently accepting messages from international students about their hometown, life in Fukuoka, event announcement, etc.

URL: http://www.sattamo.jp/
Broadcasting hour: 12:00-13:00
Ryugakusei Now: every Tuesday 12:45-13:00


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

The Four Seasons

With summer long gone, autumn in season, and winter fast approaching, I have sensed that Japan’s seasonal change highlights wonderful things other than chilly wind, Pacific typhoons and tropical storms that sweep across the nation during the months of September and October. Perhaps this is quite evident when you walk into a supermarket and find many different kinds of seasonally-limited fruits, seafood, and vegetables that pique your curiosity, or when you take a walk outside and see the palette of green, rouge, and golden leaves of late autumn.
The so-called “Shiki” or the “Four Seasons” has known to bring distinct climatic patterns across the archipelago of Japan due to the East Asian monsoon, extratropical cyclone, seasonal rain fronts, etc. occurring throughout the year. Thus, resulting in cold and dry weather in the winter, and hot and humid weather in the summer—all of which create peculiar qualities to Japan’s natural resources.
In particular, some will regard “fall” in Japan as “Aki no Mikaku”, simply because there’s plenty of goodies available during this time. For example, highly praised matsutake mushrooms, sugary chestnuts, sweet potatoes, mellow pears, bright oranges, and persimmons are some of the popular ones, and they are usually harvested from early September. As soon as these food hit the shelves in the market, I can hardly refrain myself from buying them and binging on those fantastic selections of natural bounty—though eating matsutake might make me stone-broke after. For those seafood lovers, lightly salted and grilled sanma or Pacific saury is also the delicacy of the season or as they call it “shun”, and it’s a perfect dish eaten with hot sake. Moreover, sanma contains rich sources of nutrition such as vitamin B2, vitamin D, Calcium, Iron, Dehydroacetic acid, and Eicosapentaenoic acid; in particular, the last two nutrition have been known to improve your memory and academic performance by activating your brain, while also preventing you from getting arteriosclerosis and thrombus. In other words, this katana-shaped fish—the name sanma “秋刀魚” literally means “Autumn-Katana-Fish”—satisfies the condition for the proverb, “isseki nichou” or “kill two birds with one stone”, for your IQ may unknowingly rise while you regale on them.
Another beauty of shiki is reflected in the koyo or crimson foliage of Japan. Usually during this season, holiday seekers will plan for a trip up the mountains to witness the breath-taking scenes of colorful mosaic leaves and to soak deep in steaming natural hot springs—a supreme plan for those wishing to be fully indulged with the Japanese spirit. Similarly, Vancouver also has vast koyo of its own, as abundant maple trees covering the mountains will gradually turn into amber and scarlet colours, whispering the wild animals to prepare for the cold winter ahead. In my hometown Port Moody, families of black bears will often appear in the middle of the night and prowl around the garbage cans for scraps of fruits and vegetables, indicating that winter is just around the corner. For this reason, morning clean up is always a “seasonal headache” in my neighbourhood.
I have discovered that Japanese lifestyle revolves around the four seasons not only in its climate, but also in its gift from nature, which they derive their immediate pleasures from. As I embark on a journey from south to north (assuming I have sufficient time and money to do so) throughout the year, I anticipate learning more about the unique food, lifestyle, and culture that are present in each region. The only concern is gaining a few pounds…

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 年末年始休みのお知らせ
  2) 英語弁論大会聴衆募集
  3) 地球市民講座参加者募集
  4) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「溝口健二監督映画祭」
  2) 中国語弁論大会聴衆募集
  3) こくさいひろばのちきゅうめぐり
  4) 外国人のための日本文化いろは講座

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) APCCボランティア登録会
  2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  3) カンボジアスタディツアー参加者募集
  4) カナダフレンドシップ大使募集
  5) 福岡日米協会設立50周年記念連続講演会
  6) ハビタット・カレンダー2008

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) インターナショナル・キルトウィーク福岡2007
  2) 多文化共生の地域社会をめざす講演会
  3) 九州大学アジア理解講座
  4) サッタモまちかど放送局留学生からのメッセージ募集

5. ノブが見た福岡

  「四季」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 (財)福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 年末年始休みのお知らせ
福岡よかトピア国際交流財団とレインボープラザは、12月29日(土)から1月3日(木)までお休みします。

2) 英語弁論大会聴講者募集
市内在住または市内の高校に通う高校生が日頃の英語学習の成果を披露します。どうぞ、聞きに来てください。

日 時:12月16日(日) 13:30
会 場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

3) 地球市民講座参加者募集
地球市民講座は、世界の国・地域の現状や地球上で起こっている様々な問題等への理解をより深めるため、専門家の方々をお招きし、シリーズで開催する講座です

テーマ:隣人、ロシア~新しいロシアと日本の関係
日 時:平成20年2月6日(水)、13日(水)、27日(水)、3月5日(水) 18:30~20:30
会 場:都久志会館 4階会議室
受講料:4,000円(4回通し)
定 員:120名(12月20日から受付開始)
詳細は、12月10日以降にHPでご確認ください。

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)とボランティアが気軽におしゃべりする場所です。学校で学習した日本語を使ってみたい方、あるいは日本人と話してみたい方はご参加ください。

日 時:毎月第1・第3木曜日 15:00-17:00
場 所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)
参加無料、できれば事前にお電話ください。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ「溝口健二監督映画祭」
没後50周年を記念し、世界で最も美しいと言われる溝口芸術の真髄にせまります。

期間:12月5日(水)-24日(月・祝)
会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人 600円 高・大学生 500円 小中学生 400円
上映作品、時間はこちら:URL: http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2) 中国語弁論大会参加者募集
福岡都市圏の大学生、専門学校生に所属する日本人学生が、中国語でスピーチします。ぜひ、応援に来てください。

日 時:12月8日(土)14:00
会 場:あじびホール(福岡アジア美術館)

申込・問合わせ:福岡市総務企画局国際部
TEL: 092-711-4023

3) こくさいひろばのちきゅうめぐり
世界の遊び体験や、世界の現状を知る講座に、子どもから大人まで一緒に参加できる楽しいイベントです。親子連れも大歓迎!参加無料。

日 時:12月8日(土)14:00-18:00
場 所:福岡タワー2F タワーホール
定 員:先着順200名
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

問合せ先:福岡県国際交流センター(こくさいひろば)
TEL: 092-725-9200

4) 外国人のための日本文化いろは講座
基本的な日本の習慣をはじめ、日本文化を「禅の精神」・「茶道」などを通してわかりやすく丁寧に紹介します。

日 時:12月16日(日) 14:00-15:00
場 所:アクロス福岡2F セミナー室
申込先着順、受講無料
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合わせ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9201  Email: info@kokusaihiroba.or.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) APCCボランティア登録会
アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)では、関連イベントを企画運営するボランティアスタッフを募集します。まずは登録会にご参加ください。

日 時:12月7日(金) 18:30、22日(土) 13:00
会 場:アジア太平洋こども会議・イン福岡(福岡市役所北別館5F)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ先:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品「聖なる酔っ払いの伝説」(伊・仏・129分・1988年 英語)
日 時:12月11日(火)19:00
会 場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定 員:先着120名

問合せ先:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

3) 債務と貧困を考えるジュビリー九州 講演会参加者募集
南米エクアドルは4人に1人が極貧の状況にあり、定職に就けません。こうした状況を改善する活動に関わる海外ゲストを迎えて一緒に考えます。

テーマ:世界の貧困をなくすために
日 時:12月16日(日) 14:00
会 場:福岡県NPOボランティアセンター(福岡県吉塚合同庁舎5F)
資料代:一般1,000円
詳細はこちら→URL: http://jubilee.npgo.jp/

申込・問合わせ:債務と貧困を考えるジュビリー九州
TEL/FAX: 092-623-8444  Email: jubilee@npgo.jp

4) カンボジアスタディツアー参加者募集
このスタディーツアーでは、地雷撤去現場、被害者救援を行っている病院などを視察します。

期  間:2008年2月17日(日)-26日(火)10日間
締  切:12月25日(火)
参加費用:福岡発 188,000円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

申込・問合わせ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp

5) カナダフレンドシップ大使募集
学校交流、英語研修、環境保護研修、ホームステイなどをします。事前研修があります。

期  間:2008年3月26日(水)-4月3日(木) 8泊9日
研修場所:バンクーバー市、リッチモンド市など
費  用:247,000円
詳細はこちら:http://homepage2.nifty.com/canada-friend/

問合せ先:カナダ友好協会
福岡市東区箱崎5-11-5-703


6) 福岡日米協会設立50周年記念連続講演会
文化、価値、外交 アジアにおける日本のソフトパワーと題し、多彩な講師による講演会を連続して開催します。要事前申込。

講演日:1月17日(木)、31日(木)、2月28日(木)、3月6日(木)
時 間:18:00~20:00
会 場:福岡ビル9階 1ホール
会 費:1回500円
定 員:各回40名
詳細はこちら:http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

問合わせ:福岡日米協会(西鉄総務内)
TEL: 092-734-1552  Email: jasf@nnr.co.jp


7) ハビタット・カレンダー2008
日本ハビタット協会は、世界ハビタットデー記念絵画コンクールの優秀作品で構成した「ハビタット・カレンダー2008」を製作し、1口1,000円の募金で、もれなく進呈いたします。
 これらの浄財は、国連ハビタットのアジア・太平洋地域における「紛争・災害後のまちづくり」再建復興事業に使用されます。

問合わせ:日本ハビタット協会福岡支部
TEL: 092-724-7121  URL: http://www.habitat.or.jp/


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) インターナショナル・キルトウィーク福岡2007
キルトウィーク2007作品コンテストより、グランプリキルトをはじめ各部門の入賞・入選作品や韓国、オーストラリア、台湾からの作品を一同に展示します。

期 間:12月6日(木)-8日(土)10:00-17:00
会 場:ヤフードーム
入場料:1,600円
詳細はこちら:http://www.rkb.ne.jp/quilt/

申込・問合せ先:インターナショナル・キルトウィーク実行委員会
TEL: 03-3816-5529

2) 多文化共生の地域社会をめざす講演会
お隣の国、韓国での事例を聞いて、日本ではどうするべきか考えます。

講 演:韓国の多文化共生をめざす地域社会の現状と課題
講 師:キム・ヨンジュ(韓国・忠清南道女性政策開発院研究員)
日 時:12月8日(土) 13:30-16:30
場 所:美野島司牧センター(博多区美野島)
参加費無料
詳細はこちら:http://www.asahi-net.or.jp/~na5r-wkmt/index.html

主催・問合わせ:移住労働者とともに生きるネットワーク九州
TEL: 092-431-1419  Email: netkyushu@axel.ocn.ne.jp

3) 九州大学アジア理解講座
シルクロード地域における国際協力・社会開発シリーズとして、講演をおこないます。参加無料。

テーマ:激動する現代中国の流動人口と社会政策
日 時:12月19日(水)18:30
会 場:九州大学国際ホール(箱崎キャンパス・留学生センター内)
ファックスまたはEmailで下記まで申し込み。
詳細はこちら:http://asia.kyushu-u.ac.jp/top/index.html

申込・問合わせ:九州大学アジア総合政策センター
FAX: 092-642-4435  Email: asia@isc.kyushu-u.ac.jp

4) サッタモまちかど放送局留学生からのメッセージ募集
サッタモまちかど放送局は、10月に放送を開始した、福岡市早良区にあるインターネット放送局です。留学生のみなさん、あなたのふるさとのことや福岡についてメッセージを出しませんか。あなたに代わってパーソナリティが読みます。

URL: http://www.sattamo.jp/
放送時間:12:00-13:00
留学生NOW 毎週火曜日 12:45-13:00


5. ノブが見た福岡

四季

夏が過ぎ、秋を迎え、冬を待つ中、私は日本の季節変化というものが、単に9月から10月にかけて日本列島を横切る台風や嵐だけではない事に気づきました。例えば、スーパーに買い物に出かけると、よく季節限定のフルーツ、野菜、海産物等、色々な産物が目に入ってきます。又、外に散歩に出かけた時も、四季折々の紅葉の風景を目の当たりにします。「四季」とは日本特有の気候の事で、北西季節風、温帯低気圧、梅雨前線、秋雨前線などの現象で、冬は乾燥し寒くなり、夏は蒸し暑くなります。これによって春夏秋冬に応じた天然資源が日本に存在しているのです。
日本では秋になると、よく「秋の味覚」と言う言葉を耳にします。それは、この時期になると、豊富な山と海の幸に恵まれるからです。主に、マツタケ、甘栗、さつま芋、梨、みかん、柿などが人気あり、九月上旬から収穫されています。こうした食欲をそそる食べ物がスーパーの売り場にズラリと並んでいるのを見かけると、思わず買ってしまいたくなりますね。さすがにマツタケを買う時は、お財布との相談が必要になりますが。
更に秋の旬を代表する食べ物があります。それは皆さんがよく知っている秋刀魚です。お魚好きには欠かせない一品で、塩焼きにして日本酒と一緒に食べると最高です。秋刀魚にはビタミンB2、ビタミンD、カルシウム、鉄分、EPA、DHAなどが豊富に含まれており、特にEPAとDHAは、人間の脳を活性化し、記憶力や学習能力の向上につながる他、血栓や動脈硬化を防いでくれます。刀の様に鋭い形をした秋刀魚は、美味しいだけではなく知能さえも高めてくれる、現代人にとって欠かせない食の一部です。まさに「一石二鳥」とはこの事でしょう。
また、日本の秋は紅葉の季節としても知られ、10月上旬から温泉旅行の一環として幅広く楽しまれています。暖かい温泉に浸かり、大自然に広がる紅葉の景色を眺めれば、心身ともに日本の秋を満喫することができ、日本文化に触れる絶好の旅行プランになります。バンクーバーでもこの時期になると、同じように山々に立つ楓の葉が徐々に琥珀色と深紅色へ変わり、野生動物に冬の始まりを告げます。私の地元のポートムーディ市では、11月ごろに入るとブラックベアの家族ずれが、フルーツや野菜や残飯などを求め、真夜中にゴミ箱の周辺をうろついているのをよく見かけます。翌朝、散らかったゴミを掃除することは、絶え間ない「秋の頭痛」となり、改めて冬の兆しを実感させてくれます。
日本の蒸し暑い夏、秋の涼しさ、冬の北風を体験したこの3ヶ月間、日本人はやはり、四季に応じた食や楽しみを、うまく生活に取り入れているのが分かりました。これから、全国を旅する中(時間とお金に余裕があればの話)、それぞれの地方でしか味わえない郷土料理や、暮らし、文化などを深く知りたいものです。ただし、食べすぎには気を付けないと。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/