Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.68 January/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.

A Happy New Year! 2008 is the Year of the Mouse in oriental zodiac, which symbolizes a year of an active, prosperous and gifted with children. Hope this saying to become real for everyone!


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

新年明けまして、おめでとうございます。子年は行動力と財、子孫繁栄をあらわすといいます。みなさんの一年がその通りとなりますように。



FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Position Available
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cine-la "The Best Japanese Films from our Collection"

3. News from FUKU-NET Members

   1) APCC Volunteer Workers Wanted
   2) Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka
   3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
   4) Salsa Festival "MUEVETE"
   5) BUNKA SHOW 2008

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) Sattamo Street Broadcasting Station call for messages from International Students
   2) H.E.L.P. in Japan 2008

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

   "Why Santa Claus for Christmas?"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630     FAX: 092-733-5635     E-mail: fia@am.wakwak.com
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Position Available
FIA is now accepting applications for the following position. See FIA website for more details.

Position and Duties:
Coordinator for International Cooperation and Exchange:
     Duties associated with the international exchange and cooperation activities organized by the FIA
Application forms are available at FIA, Rainbow plaza, Ward offices, Fukuoka Information plaza or can be downloaded from the FIA website.
Application deadline: Jan. 18 (Fri)

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka
Each month the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometown. We learn about the town's history and lifestyle, the student's family, what brought him/her to Fukuoka, and his/her vision for the future. The sharing of this information is done in hopes of contributing to the better understanding of these students and their international background, as well as the broadening of their aid network.

Date: Jan. 17 (Thu) 18:30
Place: Fukuoka International Association
Lecturer: Antonio Formacion (Manila, Philippines)
               Kyushu University, Faculty of Law, International Legal Studies
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cine-la "The Best Japanese Films from our Collection"
20 of the best Japanese films from our film archive collection. All the films are in Japanese with no English subtitles.

Duration: Jan. 5 (Sat) - Feb. 2 (Sat)
Fee: Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)


3. News from FUKU-NET Members

1) APCC Volunteer Workers Wanted
The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC) is recruiting volunteers for various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing session.

Date: Jan. 11 (Fri) 18:30, 27 (Sun) 13:00
Place: APCC Office (Fukuoka City Hall North Annex 5F)

Translation Volunteers
Applications accepted year-round.
Please send an email to the address listed below with your full name. Make sure to put "translation volunteer application form" in the subject of your email. APCC will send you an application form.

Inquiries/Application: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC)
TEL: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp     URL: http://www.apcc.gr.jp/

2) Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka
Commemorating its 50th anniversary of foundation, the Japan America Society of Fukuoka will host series of lectures with prominent lecturers from various fields, discussing about Japanese Soft power in Asia: Culture, Value, and Diplomatic Affairs.

Dates: Jan. 17 (Thu), 31 (Thu), Feb. 28 (Thu), Mar. 6 (Thu)
Time: 18:00-20:00
Venue: Fukuoka Building 9F No.1 Hall
Fee: 500 yen/lecture
Capacity: 40/lecture
Further information: http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

Inquiry: Japan America Society of Fukuoka
TEL: 092-734-1552     Email: jasf@nnr.co.jp

3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a monthly movie viewing event for free.

"Tosca" (Italy, 103min., '40)
Date/Time: Jan. 25 (Fri) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

4) Salsa Festival "MUEVETE (Dance! Dance!)"
Come enjoy Salsa all-day! Witness the dance performances of professional salsa dancers, live music of well-known salsa band, mini dance lessons, and much more!

Date: Feb. 2 (Sat) 16:00
Venue: Beat Station (close to Yakuin station)
Fee: advance 3,000yen, at door 3,500yen
Further information: http://www.tiempo.jp

Inquiry: Tiempo Ibero Americano
TEL: 092-762-4100     Email: vivela@tiempo.jp

5) BUNKA SHOW 2008
Foreign student residing and studying in Fukuoka will display songs, dances and music of their home country to introduce culture of the world to Fukuoka citizen.

Date: Feb. 9 (Sat) 13:00
Venue: Fukuoka City Sawara Civic Center
Fee: Adult 500 yen, Foreign and Japanese students free
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/no140.htm

Inquiry: Fukuoka Overseas Students Association
TEL/FAX: 092-725-5663


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) SATTAMO Street Broadcasting Station calling for messages from International Students
Our new Internet Broadcasting Station, "Machikado Housoukyoku" in Sawara Ward, has just launched last October, and we share the latest news on the "local life" of Fukuoka in both Japanese and English. The program features local news, news from correspondents worldwide, Ryugakusei's information (foreign student), and much more!
One of the programs, "Ryugakusei Now" is currently accepting messages from international students about their hometown, life in Fukuoka, event announcement, etc.

URL: http://www.sattamo.jp/
Broadcasting hour: 12:00-13:00
Ryugakusei Now: every Tuesday 12:45-13:00

2) H.E.L.P. in Japan 2008
The H.E.L.P. course offered by the International Committee of the Red Cross is the most advanced humanitarian training course foremost for health professionals holding decision-making positions in assistance or emergency programs. Annually, 10 -12 courses are offered world-wide. The course at Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing, Fukuoka is the only continuous one in Asian region.

Duration: Feb. 18 (Mon) - Mar. 7 (Fri)
Venue: Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing
(1-1 Asty, Munakata City)
Further information: http://www.jrckicn.ac.jp/ 

Inquiry: Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing
TEL:0940-35-7005     Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Why Santa Claus for Christmas?

Merry belated Christmas and Happy New Years! How were your winter holidays? New Years is considered a very special occasion in Japan and people celebrate this moment by engaging in traditional pine decorations, visiting local shrines, and pounding rice cakes with friends and families. In Canada, however, Christmas is actually the biggest event of the year (next to Canada Day on July 1st), and it's not too surprising to see homes with Christmas lights and trees until early January—preserving the jolly atmosphere for as long as they could. Having lived in Vancouver for the past thirteen years, I also have a lingering Christmas spirit that just won't go away—unless, of course, I share some of it with you all.
"Joy to the world~! The Lord is come~!" A season where many children around the world anticipate for the arrival of a white-bearded man on their rooftops, who flies across the sky to bring many dreamy gifts for those who have been "good". This folktale has been engrained in my memory every since I was a child, but for most of us, the 24th of December—the day in which Santa Claus' celebration occur concurrently with the eve of Lord's birthday, is a divine holiday, where families and couples exchange gifts with each other to show their love for one another. The real big question is when and how a jolly visage and rotund character became a symbol of Christmas, and how the Japanese celebrate this occasion?
Dating back to the third century in Turkey, a bishop named Saint Nicholas was renowned for his act of philanthropy in which he provided dowries for three poor prostitutes and reclaimed their life of vice. Afterwards, this act of "gift-giving" has been incorporated into Dutch folktale, and a character named "Sinterklaas" was born. From thereon, the tale spread all over the countries with each culture forming its own Santa Claus—slightly altering the character's visage and the story along the way.
In particular, the "Father Frost" in Russia, which has a long-white beard with red fur, has been believed to be the origin of our modern look of cherry-cheeked Santa, and Coca-Cola Company utilized this icon as one of their winter advertisement campaigns in 1930s, when the demand for cold beverages was low. Since then, it popularized internationally as the common Santa Claus figure, or the American perception of "Sinterklaas" we see every December.
Most people in Japan celebrate Christmas on the eve by dining out, eating cake at home or exchanging presents, while the westerners cherish the moment with decoration of Christmas trees and Christmas lights, and Turkey dinner throughout the holidays (Christmas is a national holiday in Canada). As I walked on the streets in Tenjin 3 weeks ago, various illumination displays were shone in harmony with some familiar carols. During this time, I found that a lot of small retail shops were marketing their products with a Santa theme in which the staffs dressed in scarlet-coloured outfits to appeal to the consumers. Indeed, many original Santa clerks were busy alluring children and families to purchase the "Merry" items for the holidays.
I guess this commercialized nature can also be witnessed in Vancouver, where malls will be packed with people rushing to buy gifts for their significant other. Interestingly, in Canada, the busiest day for any shop is actually the 26th of December known as Boxing Day (national holiday), or the biggest sale day of the year. And you will witness many young, enthusiastic shoppers standing in huge line-ups outside the stores with pillows, sleeping bags and even tents on Christmas night, so that they can get a head start in getting the ultimate present for themselves.
I guess many people expect handsome presents, but as Saint Nicholas, or the father of Santa Claus has taught us, Christmas is not just about "receiving" but more about "giving"—won't you think?

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 福岡よかトピア国際交流財団嘱託職員募集
  2) 地球市民講座参加者募集
  3) 国際交流活動助成募集
  4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「日本映画名作選」
  2) 福岡アジア都市研究所セミナー

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) APCCボランティア登録会
  2) 福岡日米協会設立50周年記念連続講演会 
  3) タイ料理教室のお誘い
  4) ごみを糧にして生きる子どもたち インターン報告会
  5) 国連講演会
  6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  7) サルサの祭典MUEVETE
  8) BUNKA SHOW 2008
  9) カナダフレンドシップ大使募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) マレーシア・スタディツアー参加者募集
  2) バングラ料理教室
  3) 外国人政策に関する講演会
  4) 公開シンポジウム参加者募集
  5) サッタモまちかど放送局留学生からのメッセージ募集
  6) H.E.L.P. in Japan 2008

5. ノブが見た福岡

  「サンタクロースとクリスマスの関係」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635   E-mail: fia@am.wakwak.com
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 福岡よかトピア国際交流財団嘱託職員募集
福岡よかトピア国際交流財団では嘱託職員を募集します。詳細はHPをご覧ください。

募集区分:国際交流専門員(協会において、協会が実施する国際交流・国際協力事業に関する業務に従事します。)
募集案内/申込書の配布:福岡よかトピア国際交流財団、レインボープラザ、各区市民相談室、情報プラザなど 
※HPからもダウンロードできます。
申込締切:1月18日(金)必着

2) 地球市民講座参加者募集
地球市民講座は、世界の国・地域の現状や地球上で起こっている様々な問題等への理解をより深めるため、専門家の方々をお招きし、シリーズで開催する講座です

テ ー マ:隣人、ロシア~新しいロシアと日本の関係
日  時:2月6日(水)、13日(水)、27日(水)、3月5日(水) 18:30~20:30
会  場:都久志会館 4階会議室
受 講 料:4,000円(4回通し)
定  員:120名
詳細はHPでご確認ください。

3) 国際交流活動助成募集
よかトピア記念国際財団では、福岡都市圏の民間団体が実施する国際交流活動に対し助成を行っています。詳細はHPでご確認ください。

手 続 き:事前説明、用紙の交付 1月10日(木)~2月29日(金)
申請受付:2月1日(金)~29日(金)

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」聴講者募集
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:1月17日(木)18:30
場  所:福岡よかトピア国際交流財団
講  師:アントニオ・フォルマションさん(フィリピン・マニラ)
     九州大学大学院法学府国際関係学専攻


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ「日本映画名作選」
収蔵作品の中から、福岡ゆかりの映画を中心に名作・秀作をセレクトして上映。

期  間:1月5日(土)~2月2日(土)
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はこちら:URL: http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608 FAX: 092-852-0609

2) 福岡アジア都市研究所セミナー
参加無料のセミナーです。どちらも逐次通訳がつきます。
詳細はこちら:http://www.urc.or.jp/

「模倣から創造へ~ブームに沸く中国の文化創意産業~」
日  時:1月18日(金)18:30
場  所:あじびホール(福岡アジア美術館)
定  員:120名

「高齢者の住みやすい地域コミュニティを考える」
日  時:1月28日(月)13:30
場  所:アクロス福岡 国際会議場
定  員:200名

問合せ先:福岡アジア都市研究所
TEL: 092-733-5686  Email: event@urc.or.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) APCCボランティア登録会
アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)では、関連イベントを企画運営するボランティアスタッフを募集します。まずは登録会にご参加ください。

日  時:1月11日(金) 18:30、27日(日) 13:00
会  場:アジア太平洋こども会議・イン福岡(福岡市役所北別館5F)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ先:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700 Email: info@apcc.gr.jp

2) 福岡日米協会設立50周年記念連続講演会
文化、価値、外交 アジアにおける日本のソフトパワーと題し、多彩な講師による講演会を連続して開催します。要事前申込。

講 演 日:1月17日(木)、31日(木)、2月28日(木)、3月6日(木)
時  間:18:00~20:00
会  場:福岡ビル9階 1ホール
会  費:1回500円
定  員:各回40名
詳細はこちら:http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

問合わせ:福岡日米協会(西鉄総務内)
TEL: 092-734-1552   Email: jasf@nnr.co.jp

3) タイ料理教室のお誘い
ピリッと辛いスープ、ココナツミルクは甘く優しい香りで食欲を誘います。要申込。

日時:1月20日(日) 10:30~14:00
場所:福岡市男女共同参画推進センター アミカス
材料費:1,800円(材料、会場、講師料を含む)
メニュー:カオマンガイ、クンオップウンセン、ほか3品
定員:24名

主催・申込:くるんて~ぷの会
TEL/FAX: 092-566-7607  Email: h-kimiko@mvc.biglobe.ne.jp

4) ごみを糧として生きる子どもたち インターン報告会
フィリピンのスモーキーマウンテンでインターンとして働く講師による報告会です。

日  時:1月20日(日)14:00
場  所:古賀市サンフレアこが 2F視聴覚室
資 料 代:300円 高校生以下無料
詳細はこちら:http://www.salt.or.tv/index.html

問合せ先:ソルト・パヤタス・ファウンデーション
TEL: 092-939-3633  Email: contact@salt.or.tv

5) 国連講演会
国連憲章の理念に沿って、世界平和の確立と、国際問題についての知識の普及徹底を図るため、1963年(昭和38年)にスタートし、毎年6回開催しています。

テ ー マ:国連大使の任務を終えて
講  師:大島賢三(独立行政法人国際協力機構副理事長、前国連大使)
日  時:1月23日(水)15:30
会  場:ホテルセントラーザ博多
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

申込・問合わせ:日本国際連合協会福岡県本部
TEL: 092-713-8115  Email: unaj-fukuoka@nifty.com

6)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品「トスカ」(伊・103分・1940年)
日  時:1月25日(金)19:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ先:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

7) サルサの祭典「MUEVETE」
一日かけてサルサを満喫できるイベントです。来日ダンサーのパフォーマンスやサルサバンドのライブ、ダンスのミニレッスンもあります。

日時:2月2日(土)16:00
場所:Beat Station(薬院駅近く)
料金:前売3,000円 当日3,500円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/index_jp.html

主催・問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: vivela@tiempo.jp 

8) BUNKA SHOW 2008
福岡県内で学ぶ留学生が、出身国の歌やダンス、楽器の演奏などを披露します。市民のかたに、楽しみながら世界各国の文化を紹介するものです。

日  時:2月9日(土)13:30
場  所:福岡市早良市民センターホール
入 場 料:一般 500円 留学生、就学生、日本人学生は無料
チラシ:http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/no140.htm

主催・問合わせ:福岡県留学生会
TEL/FAX: 092-725-5663

9) カナダフレンドシップ大使募集
学校交流、英語研修、環境保護研修、ホームステイなどをします。事前研修があります。

期  間:3月26日(水)~ 4月3日(木) 8泊9日
研修場所:バンクーバー市、リッチモンド市など
費  用:247,000円
詳細はこちら:http://homepage2.nifty.com/canada-friend/

問合せ先:カナダ友好協会
福岡市東区箱崎5-11-5-703


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) マレーシア・スタディツアー参加者募集
マレーシアの子供たちとともに体感する自然及び仕事体験による自分発見研修です。事前研修として13回程度の語学および異文化理解ワークショップがあります。

期  間:3月22日(土)~29日(土)7泊8日
参 加 費:85,000円
定  員:中学卒業~20歳 15名、21歳~30歳のスタッフ補助 2名
選 考 会:1月20日(日)10:30~
会  場:福岡市NPO・ボランティア交流センター
詳細はこちら:http://www.esperanzahp.jp/index.html

申込・問合せ先:箱崎自由学舎ESPERANZA
TEL: 092-643-8615  FAX: 092-643-8625

2) バングラ料理教室
バングラデシュの料理をつくりながら、文化にふれてみませんか。要申込。

日  時:1月27日(日)10:30
場  所:あいれふ
参 加 費:1,000円
定  員:30名

主催・問合わせ:バングラデシュと手をつなぐ会
TEL: 092-872-1136

3)  外国人政策に関する講演会
"ミスター入管"坂中英徳氏が日本の外国人政策を熱く語ります。また、パネルディスカションも行います。

テ ー マ:変わるの?日本の外国人受け入れ政策
日  時:2月1日(金)13:00
場  所:アクロス福岡国際会議場
参 加 費:無料 ※申し込み先着順
詳細はこちら:http://www.gyosei-fukuoka.or.jp/

申込・問合わせ:福岡県行政書士会
TEL: 092-641-2501  FAX: 092-641-2503

4) 公開シンポジウム参加者募集
米国のNPOの実地研修を経て、日本の各分野のNPOで活躍中の関係者を迎え、米国のNPOの活動から、組織運営のエッセンスを学ぶシンポジウムです。

テ ー マ:米国NPOの知見を地域に紹介するシンポジウムin福岡~組織を強くする人材・資金・情報・ネットワークのあり方とは~
日  時:2月2日(土) 10:30
会  場:アクロス福岡会議室606
参 加 費:800円
定  員:50名程度
詳細はこちら:http://www.jpf.go.jp/cgp/fellow/npof/sympo/index.html

申込・問合わせ:ふくおかNPOセンター
TEL: 092-751-6042 Email: info@npo-an.com

5) サッタモまちかど放送局留学生からのメッセージ募集
サッタモまちかど放送局は、10月に放送を開始した、福岡市早良区にあるインターネット放送局です。留学生のみなさん、あなたのふるさとのことや福岡についてメッセージを出しませんか。あなたに代わってパーソナリティが読みます。

U R L: http://www.sattamo.jp/
放送時間:12:00-13:00
留学生NOW 毎週火曜日 12:45-13:00

6)  H.E.L.P. in JAPAN 2008
赤十字国際委員会の人道援助研修で開発途上国、紛争地域及び自然災害被災地での援助対応能力を高めるためのもの。1986年の第1回開催から、毎年、世界で10-12コース、今までに70回以上開催されていますが、アジアで継続的に開かれているのは、日本赤十字九州国際看護大学のみで、今回が3回目。今まで16カ国から参加しています。

日  時:2月18日~3月7日
場  所:日本赤十字九州国際看護大学(宗像市アスティ1-1)
詳細はこちら:http://www.jrckicn.ac.jp/ 

問合わせ:日本赤十字九州国際看護大学
TEL:0940-35-7005  Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp



5. ノブが見た福岡

サンタクロースとクリスマスの関係

新年あけましておめでとうございます。年末年始どのように過ごされましたか。日本人にとってお正月は一年で最も大切な日であり、新しい年を迎えるために門松の飾り付けや、初詣や、家族で餅つきなど、様々な行事がありますが、私が住むカナダでは、元旦よりクリスマスの方が大きな意味を持ちます。実際、一月に入ってもクリスマス・ツリーや照明などがそのまま飾られていることもあり、最後の最後までクリスマス気分を味わいます。現に私も13回、クリスマスをカナダで過ごしていますので、あっという間に過ぎ去る日本のクリスマスには、少しむなしさを感じています。もうすでに一月だという事は承知ですが、この気持ちをすっきりさせるために、少しクリスマスの事について語りましょう。
「迎えまつれ~久しく待ちにし~」と聞こえるのがクリスマス。白いひげを生やしたおじさんが、ソリに乗って夜空を飛び回り、屋根の上から、世界中の良い子にしていた子供たちに、夢のような贈り物をすると言う話は、誰もが幼い頃から知っている童話です。また、サンタクロースがやって来る12月24日が、イエス・キリストの誕生日を祝う喜ばしい日である事も事実です。多くの家族やカップルは、この日、愛情表現の一つとしてプレゼント交換をしますが、なぜ赤いコートを羽織ったサンタクロースがクリスマスの代表的な表象なのでしょうか。今回はその由来と日本でのクリスマスについて迫りたいと思います。
三世紀頃、トルコの司教、二コラスは、慈善心で3人の貧しい売春婦に持参金を渡し、罪を悔い改め、正しい道に歩ませました。後にこの「博愛の行い」を物語ったオランダ民話が誕生し、「Sinterklass」(シンタークラス)と言う主人公が登場します。それ以降、各国はそれぞれの文化に適した独自のサンタクロースを生み出しました。現代の真っ赤な頬のサンタクロースも、赤いコートと白く長い髭が特徴のロシアの「Father Frost」に由来していますが、実際、印象的なサンタのイメージを世に広めたのはコカ・コーラ社だと言われています。1930年、冷たい飲料水の売上が厳しい冬の季節、シンタークラスは広告キャンペーンのイメージキャラクターとして活用され、コカ・コーラの莫大な人気を広めると共に、12月の世界的なクリスマス・シンボルとなりました。言わば、私たちが知っているサンタクロースの特徴は、アメリカ風のシンタークラスだったのです。
日本ではクリスマス・イヴに、外食したり、友達や家族で一緒にケーキを食べたり、プレゼントを交換したりしますが、欧米では24日と25日(カナダでは祝日)に、クリスマス・ツリーとクリスマスライトを飾り付け、またオーブンで焼いた七面鳥でパーティをしたり、家族と暖かく過ごすのが一般的です。三週間前の天神にも様々な光のディスプレーと聞き覚えのあるキャロルが町を照らしていました。さすがに、赤いサンタの帽子と服を着た店員さん達が一生懸命、働いている姿を見かけた時は、何故かふしぎな気持ちになりました。おそらく、子連れの親子達に効率良くクリスマス商品を販売するためでしょう。
このような商業化されたクリスマスの風景はカナダでも同じで、この時期になると、ショッピングセンターにはプレゼントを買い求める客が殺到します。また、26日は「Boxing Day」(一年で最大のバーゲンの日)と言われる休日で、前夜から、町のあらゆるお店の前に、長蛇の列ができているのをよく見かけます。若い人はクリスマスの夜にもかかわらず、枕や寝袋を持参し、テントまで張って翌日の目玉商品を狙います。まあ、自分達で本当に欲しい物を入手する最適な手段とも言っていいでしょう。
多くの人は「私にもすてきなプレゼントが待っているのかな~」と期待に胸を膨らませますが、やはり、クリスマスというのは、かつて二コラス司教が教訓したように、「貰う」と言う事よりも「相手を喜ばすために渡す」と解釈した方がいいかもしれませんね。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/