Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.69 February/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Eating “Eho-maki”, or uncut sushi rolls on the day of Setsubun (Feb, 3rd)— a custom in Kansai region which was first introduced by the idea of seaweed-monger—has recently been popularized all over Japan and as a result laver’s consumption has been steadily increasing. This is quite similar to the commercialized nature of chocolate sales for Valentine's Day, which is also a Japanese-born custom. How interesting!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
最近全国に普及した、節分の日に恵方巻きを食べるというのは、もともと大阪の風習でしたが、一時廃れたものを海苔屋さんのイベントで復活したのだそうです。バレンタインのチョコレートも日本独特の習慣。おもしろいですね。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) New Tenants Wanted
    2) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Cine-la "From Our Film Collection"
    2) Asia Contemporary Dance Now!

3. News from FUKU-NET Members

    1) BUNKA SHOW 2008
    2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    3) Series of Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) The H.E.L.P. in Japan 2008

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "Valentine's Day"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) New Tenants Wanted
Fukuoka International Association is inviting new tenants to move into the following International Houses this coming April. Tenants will be determined after the review of applications and interviews scheduled for late February. Please refer to the FIA website for further details.

International Houses:

1) Fukuoka International House (4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka)
    -This is a “family unit” for international students.
    -3 rooms are available.

2) Ropponmatsu International House (1-2-26, Ropponmatsu, Chuo-ku, Fukuoka)
    -This is a “single-unit” for international and Japanese students.
    -International Students: Five rooms are available for men and women each.
    -Japanese Students: One room is available for a man and a woman each.

Application forms are available at the international houses, Rainbow Plaza, Fukuoka International Association, universities’ international student sections, and Japanese language schools in Fukuoka urban area. It can also be downloaded from our website.
Application Deadline: Feb. 22 (Fri)

2) Japanese Chatting Salon
The Fukuoka Foreign Student Support Association hosts "Japanese Chatting Salon” every other week, to create an opportunity for foreign students to chat with the locals in Japanese. All participants wishing to improve and converse in Japanese are more than welcome. Please feel free to drop by, for there are many people just waiting to speak with you!

Date: Every first and third Thursday, 15:00-17:00
Place: Fukuoka International Association Conference Room
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cine-la "From our Film Collection"
Specially selected films from our collection under specific theme will be shown.

Documentary Collection
    Duration: Feb. 6 (Wed) - 17 (Sun)
    The Ants ('05, 101min., English subtitled)

Film Archive Collection Part 3
    It features American cult movies and Japanese avant-garde road movies.
    Duration: Feb. 20 (Wed) - 24 (Sun)
    Beast from the Haunted Cave ('59, 66min., USA)
    The Sadist ('63, 89min., USA)

Modern Taiwan Film Collection
    Duration: Feb. 27 (Wed) -Mar. 9 (Sun)

    English and Japanese Subtitled
    Jump! Boys ('04, 84min.)
    The Human Comedy ('01, 117min.)
    The Cabbie ('00, 94min.)
    Southbound Swallow ('02, 85min.)
    Comes The Black Dog ('04, 111min.)
    Fishing Luck ('05, 94min.)

    Japanese Subtitled
    Flowers of Shanghai ('98, 121min.)
    A One & A Two ('00, 173min.)

Fee: Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Asia Contemporary Dance Now!
Dance Wave Fukuoka will host performances of young talented dancers from Asia, as well as workshops and lectures pertaining to the culture of contemporary Asian dance.
Further Information: http://www.ffac.or.jp/news/243_index_msg.html

Dance performances:
Dates/Time: Feb. 23 (Sat) 19:00
                            24 (Sun) 15:00
Venue: Pomplaza Hall
Fee: Adult 3,000yen Student 2,000yen

Lecture (in Japanese)
Theme: Contemporary Dance in Asia
Date/Time: Feb. 8 (Fri) 19:00
Venue: Ajibi Hall
Fee: 500yen

Five-Day Workshop by Pichet Klunchun
Dates/Time: Feb. 25 (Mon) - 29 (Fri) 19:00
Venue: Practice room, Fukuoka Civic Hall
Participation Fee: 5,000yen (through the period)
Capacity: 20 (prior application required)

Inquiry: Fukuoka City Foundation for Arts and Cultural Promotion
TEL: 092-263-6265      Email: art-co@ffac.or.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) BUNKA SHOW 2008
Foreign students residing and studying in Fukuoka will perform traditional songs, dances and music to introduce their respective culture to Fukuoka citizen.

Date: Feb. 9 (Sat) 13:30
Venue: Fukuoka City Sawara Civic Center
Fee: Adult 500 yen, Foreign and Japanese students free
Further Information: http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/no140.htm

Inquiry: Fukuoka Overseas Students Association
TEL/FAX: 092-725-5663

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event

"California" (Italy, 97min., '77)
Date/Time: Feb. 15 (Fri) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

3) Lectures hosted by the Japan America Society of Fukuoka
Commemorating its 50th anniversary, the Japan America Society of Fukuoka will host a lecture series with prominent speakers from various fields, discussing about Japanese Soft power in Asia, Culture, Value, and Diplomatic Affairs.

Dates: Feb. 28 (Thu), Mar. 6 (Thu)
Time: 18:00-20:00
Venue: Fukuoka Building 9F No.1 Hall
Fee: 500 yen/lecture
Capacity: 40/lecture
Further information: http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

Inquiry: Japan America Society of Fukuoka
TEL: 092-734-1552      Email: jasf@nnr.co.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) The H.E.L.P. in Japan 2008
he H.E.L.P. course provided by the International Committee of the Red Cross is the most advanced humanitarian training program for health professionals who are pursuing careers in decision-making positions, emergency aid, and relief assistance for the Red Cross Society, which supports the disaster sites and conflicting zones of developing countries. Currently, ten to twelve courses are offered worldwide annually, totaling more than 70 courses to this day. In Asia, the Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing in Fukuoka is the only institute that promotes this program, and this year will be its third occasion; so far, members from 16 countries have participated.

Duration: Feb. 18 (Mon) - Mar. 7 (Fri)
Venue: Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing (1-1 Asty, Munakata City)
Further information: http://www.jrckicn.ac.jp/

Inquiry: Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing
TEL:0940-35-7005      Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Valentine’s Day

It is that time of the year again. With Christmas and New Year’s already passed, I cannot help but feel the silent pressure of the next “big day”: Valentine’s Day. In Canada, Valentine’s Day is an important aspect of our culture, spanning from exchanging Valentine cards or candies among friends to vigorously planning a romantic evening for a girl. During my high school years, many students would be buying wish roses (sold at kiosks for a few dollars) for their secret admirers, and “valentine staffs” would later deliver them to the recipients during regular class hours—usually avoiding during exams.
Although the origin of Valentine’s Day varies, there are several main legends that have been handed down to this day. One legend dates back to the Roman Empire, under the reign of Emperor Claudius II. He had a difficult time mobilizing soldiers for his military campaign and noticed that married men with wives and children were less likely to fight. Therefore, Claudius prohibited all marriages and engagements in Rome. Appalled by the injustice of this decree, a good priest by the name of Saint Valentine defied Claudius and secretly performed marriages for couples. When he was found, Claudius condemned him to death. He became a martyr on the 14th day of February, circa 270AD.
Another legend states that while Saint Valentine was jailed, he fell in love with the daughter of his jailor, who came to visit him and consoled him. On the night before his execution, he wrote a farewell letter to his lover, signing, “From your Valentine”; hence, this phrase is still widely used in Valentine cards today.
These legends –and many more- have different stories, but share a common symbol: St. Valentine as a romantic and compassionate figure who believed in love. These myths have paved way for modern society to utilize this day to celebrate and appreciate the love in their lives. In Canada, many men use this day to propose to their admirers, or surprise their significant other with a romantic getaway.
As the myths and traditions of Valentine’s Day made its way into Japan, they took a slight turn. In Japan, Christmas Eve is a night for couples to celebrate their love, whereas Valentine’s Day is just another highly commercialized day in which women hand out chocolates or homemade sweets to men. The tradition of chocolate-giving was created by chocolate companies in Japan as a marketing tool to boost their sales of chocolate. The first was Kobe Morozoff sweets company, which advertised “Valentine chocolate” in a magazine on February 12, 1936, and this became a big hit.
Moreover, there are different types of chocolate-giving: giri-choco which is given to coworkers, bosses, and male friends out of obligation, honmei-choco which is a more expensive chocolate given to a special someone, and tomo-choco which is exchanged between friends. As you can see, it is not unusual that more than half of annual chocolate sales come from Valentine’s Day, or that you see women lining up to buy boxes and boxes of chocolates from department stores.
Taking advantage of yet another potential commercial success, chocolate companies created White Day in 1980. On March 14, exactly one month after Valentine’s Day, men who received chocolates or gifts from women return the favour by giving white chocolates, marshmallows, or candies. As a society having a very intricate gift-giving system, it is no wonder that Japanese people became hooked to the new traditions of Valentine's Day and White Day.
With February 14th approaching near, I wonder if my girlfriend has adopted the Japanese version of giving me chocolates, or if she is expecting something special from me—the day is close…

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 学生交流会館入居者募集
  2) 国際交流活動助成募集
  3) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 内閣府青年国際交流事業
  2) シネラ「収蔵作品特集」
  3) アジア・コンテンポラリー・ダンス・ナウ!
  4) アメリカ留学相談会
  5) 英国留学説明会
  6) "ちきゅう"を知る講座

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) BUNKA SHOW 2008
  2) NGOカレッジvol.9 
  3) くるんて~ぷの会学習会
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) 福岡日米協会設立50周年記念連続講演会
  6) APCCホストファミリー募集
  7) 第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin福岡

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) EU文化セミナー
  2) 福岡医療外国語講座受講生募集
  3) The H.E.L.P. in Japan 2008

5. ノブが見た福岡

  「バレンタインデー」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 学生交流会館入居者募集
福岡よかトピア国際交流財団では、下記会館の4月からの入居者を募集します。詳細はホームページか、または直接お問合わせ下さい。

福岡学生交流会館(世帯者用宿舎)(福岡市博多区店屋町)
募集対象:外国人留学生(3世帯)

六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松)
募集対象:外国人留学生(男女各5名程度)、日本人学生(男女各1名程度)

申込用紙は、各会館、福岡都市圏の大学・短大の留学生担当課、日本語学校、福岡よかトピア国際交流財団、レインボープラザなどにあります。ホームページからもダウンロードできます。
申込締切:2月22日(金)必着

2) 国際交流活動助成募集
よかトピア記念国際財団では、福岡都市圏の民間団体が実施する国際交流活動に対し助成を行っています。詳細はHPでご確認ください。

手 続 き:事前説明、用紙の交付 2月29日(金)まで
     申請受付:2月1日(金)~29日(金)

3) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)とボランティアが気軽におしゃべりする場所です。学校で学習した日本語を使ってみたい方、あるいは日本人と話してみたい方はご参加ください。

日  時:毎月第1・第3木曜日 15:00~17:00
場  所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)

参加無料、できれば事前にお電話ください。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 内閣府青年国際交流事業
日本と世界各国の青年の交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を身につけた時代を担うにふさわしい青年を育成するための事業です。

事業概要
・国際青年育成交流
・日本・中国青年親善交流
・日本・韓国青年親善交流
・世界青年の船
・東南アジア青年の船
詳細はこちら:http://www.cao.go.jp/koryu/index.html

問合せ先:福岡県生活労働部青少年課育成係
TEL: 092-643-3386

2)  シネラ「収蔵作品特集」
収蔵作品の中から、テーマごとに名作・秀作をセレクトして上映。

「ドキュメンタリー映画特集」
 期  間:2月6日(水)~17日(日)
「アーカイヴ・コレクションPart3」
 期  間:2月20(水)~24日(日)
「現代台湾映画特集」
 期  間:2月27日(水)~3月9日(日)

会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609

3) アジア・コンテンポラリー・ダンス・ナウ!
アジアの若いアーティストによる公演のほか、レクチャーやワークショップを開催します。
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

公  演
日  時:2月23日(土)19:00
       24日(日)15:00
場  所:ぽんプラザホール
料  金:一般3,000円 学生2,000円

レクチャー
テ ー マ:アジアのコンテンポラリーダンス-いま何が起こっているのか
講  師:武藤大祐(ダンス批評家)
日  時:2月8日(金)19:00
場  所:あじびホール(福岡アジア美術館)
参 加 費:500円

「ピチェ・クランチェンによる5日間のワークショップ」
日  時:2月25日(月)~29日(金)19:00
場  所:福岡市民会館練習室C
参 加 料:5,000円(通し)
定  員:20名(要事前申込)

問合せ先:福岡市文化芸術振興財団
TEL: 092-263-6265   Email: art-co@ffac.or.jp

4) アメリカ留学相談会
アメリカ留学に関心のある方、何でもご相談ください。要事前申込。参加無料。

日  時:2月10日(日)、3月9日(日)13:00-17:00 
会  場:こくさいひろば交流室

申込・問合せ:福岡県国際交流センターこくさいひろば
TEL: 092-725-9201   URL: http://www.kokusaihiroba.or.jp/

5) 英国留学説明会
ブリティッシュ・カウンシル留学専門スタッフによる説明会および英国文化セミナーなどを行います。要予約。参加無料。

日  時:2月16日(土)13:00-18:00
場  所:こくさいひろば交流室
詳細はこちら:http://www.britishcouncil.org/jp/japan-educationuk-events-otherareas.htm

申込・問合せ先:ブリティッシュ・カウンシル大阪センター
TEL: 06-6342-5301   Email: educationuk.osaka@britishcouncil.or.jp

6) "ちきゅう"を知る講座
3回にわたり、NPOとの連携講座を開催します。

第1回 3月 8日(土)16:00 こくさいひろば交流室
第2回 3月 9日(日)14:00 アクロス福岡2F セミナー室
第3回 3月29日(土)13:00 同上
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  BUNKA SHOW 2008
福岡県内で学ぶ留学生が、出身国の歌やダンス、楽器の演奏などを披露します。市民のかたに、楽しみながら世界各国の文化を紹介するものです。

日  時:2月9日(土)13:30
場  所:福岡市早良市民センターホール
入 場 料:一般 500円 留学生、就学生、日本人学生は無料
チ ラ シ:http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/no140.htm

主催・問合せ:福岡県留学生会
TEL/FAX: 092-725-5663

2) NGOカレッジvol.9
国際理解・国際協力に関心のある方、これから関わろうと考えている方を対象に、3回にわたり、講演、ワークショップ等を開催します。先着順。

日時・場所:2月9日(土)西南学院大学コミュニティセンター
       17日(日)福岡学生交流会館 大会議室
       24日(日)福岡学生交流会館 大会議室
時  間:14:00-17:00
会  費:全回参加2,500円 1回につき1,000円
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

申込・問合せ:NGO福岡ネットワーク
TEL/FAX: 092-405-9870    Email: funn@mbk.nifty.com

3) くるんて~ぷの会学習会
近現代の東南アジアの歴史について講演を開催します。事前申込不要。

テーマ:激動の時代(19~20世紀)、東南アジアの群像
日  時:2月17日(日)14:30
場  所:福岡市青年センター5F「あすみん」セミナールーム
資 料 代:500円

申込・問い合せ:くるんて~ぷの会
TEL/FAX: 092-566-7607   Email: h-kimiko@mvc.biglobe.ne.jp

4)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品「ジェンマの復讐の用心棒」(伊・97分・1977年)
日  時:2月15日(金)19:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

5)  福岡日米協会設立50周年記念連続講演会
文化、価値、外交 アジアにおける日本のソフトパワーと題し、多彩な講師による講演会を連続して開催します。要事前申込。

講 演 日:2月28日(木)、3月6日(木)
時  間:18:00-20:00
会  場:福岡ビル9階ホール
会  費:1回500円
定  員:各回40名
詳細はこちら:http://www.nnr.co.jp/JASF/jasf_j.htm

問合せ:福岡日米協会(西鉄総務内)
TEL: 092-734-1552   Email: jasf@nnr.co.jp

6) APCCホストファミリー募集
アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)では、アジア太平洋の約40の国・地域から約350名のこどもたちをこども大使として福岡に招へいしています。このこども大使をボランティアでご家庭に迎えてくださるホストファミリーを募集します。また、引率者(成人)、ピース大使(青年)のホストファミリーも同時に募集します。

ホームステイ期間:7月16日(水)~23日(水)・24日(木)・25日(金)
募 集 数:367家庭
申込締切:3月3日(月)必着
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700   Email: info@apcc.gr.jp

7) 第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin 福岡
経済のグローバル化やWTO、FTAに関心を持つ人・NGOが集まって課題を共有し、今後の動きをどう作るかを話し合うフォーラムを合宿で開催します。

テ ー マ:グローバル時代の私・農工商 つながっているワタシのクラシ
日時・場所:1日目 3月15日(土)13:00-18:30 博多パークホテル
          ワークショップ「グローバリゼーション入門」、分科会
      2日目 3月16日(日)9:00-12:00 福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」
          会議「行き過ぎたグローバリゼーションに対して、問題点や取り組みについて」
料  金:1日目500円 宿泊3,000円
詳細はこちら:http://blogs.yahoo.co.jp/wto_fta_fuk/998730.html

申込・問合せ:第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin 福岡実行委員会
FAX: 092-473-1222  Email: wto_fta_fuk@yahoo.co.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) EU文化セミナー
EUの国々の文化・お菓子の話とその国の音楽を楽しむ夕べです。お話と演奏の後は、講演者と演奏者を囲んでお菓子をいただきます。要申込。

テ ー マ:おかしなお菓子の話
講  師:原田浩司(千鳥饅頭総本舗)
日  時:2月25日(月)18:30-20:30
場  所:アクロス福岡1F円形ホール
参 加 費:1,000円 (福岡EU協会会員は無料)
締  切:2月15日(金)
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/eu/j00top/event/event_15.htm

申込・問合せ:福岡EU協会
TEL: 092-725-9204  FAX: 092-725-9205

2) 福岡医療外国語講座受講生募集
福岡市の外国人居住者、訪問者が増加するにともない、医療現場での対応も増えています。今期は英語だけでなく中国語、韓国語のコースも新設しました。詳細は下記へお問合わせ下さい。

期  間:平成20年4月~平成21年2月(8月は休講)
会  費:前期分
医療英語コース  25,000円(入会金3,000円 月会費5ヵ月分20,000円 教材費2,000円)
医療中国語コース 35,000円(入会金3,000円 月会費5ヵ月分30,000円 教材費2,000円)
医療韓国語コース 35,000円(入会金3,000円 月会費5ヵ月分30,000円 教材費2,000円)
申  込:当研究会へ請求または情報プラザにある申込書で、2月末日必着で申し込む。

主催・問合せ:福岡医療外国語研究会
TEL/FAX: 092-262-8580

3) The H.E.L.P. in JAPAN 2008
赤十字国際委員会の人道援助研修で開発途上国、紛争地域及び自然災害被災地での援助対応能力を高めるためのもの。1986年の第1回開催から、毎年、世界で10-12コース、今までに70回以上開催されていますが、アジアで継続的に開かれているのは、日本赤十字九州国際看護大学のみで、今回が3回目。今まで16カ国から参加しています。

日  時:2月18日~3月7日
場  所:日本赤十字九州国際看護大学(宗像市アスティ1-1)
詳細はこちら:http://www.jrckicn.ac.jp/ 

問合せ:日本赤十字九州国際看護大学
TEL:0940-35-7005  Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp


5. ノブが見た福岡

バレンタインデー

クリスマスとお正月があっという間に過ぎ去り、「もう2月のバレンタインデーか」と呟く自分に驚いています。一年とは長いようでやはり短いですね。カナダのバレンタインデーは、仲の良い友達とカードやお菓子の交換や、好きな人と一緒に食事をするのが一般的であると共に、文化の面でも大きな重要性があります。 思い出せば、高校時代に校内のキオスクで色々なバラを生徒に売っているのをよく見かけました。 好きな生徒の名前・クラスを名簿に書き、授業中にその人にお花が配られるという素晴らしいシステムです。さすがに、試験中のクラスには届かない場合がありますけど。
そもそもバレンタインデーの由来についてはいくつもの伝説があり、そのひとつはローマの第二代クラディウス皇帝の帝国時代にさかのぼります。その当時、軍事行動に力を注いでいた陛下は、動員する軍隊の少なさに深く頭を悩ませていました。後に妻子がいる男達が戦いを拒んでいる事に気付いたクラディウスは、全ての婚約・結婚を禁止しました。このいかにも不法な制令に唖然としたバレンタイン司教は、皇帝に反し、影で愛しあう者たちの結婚を祝福しました。しかし、この真実が皇帝の耳に入ると、ただちにバレンタインは死刑を宣告され、紀元前270年頃の2月14日に帰らぬ殉教者となりました。
さらに、もう一つの説によると、バレンタインは投獄されている間、慰めにくるある看守の娘と恋に落ち、死刑日の前夜に、気持ちを込めた一通の手紙を彼女に書いたそうです。その時に署名したのが、”From your Valentine” (訳:敬愛なるバレンタインより)。この名言は今でも良くバレンタインのカードで使われています。
まだ他にも色々な説がありますが、バレンタインが情熱的で慈しみ深い人物だった事は言うまでもありません。この神話が時を越え、現代社会の表象的な「愛を祝う」日となりました。この日を機に、カナダの若者(西洋は一般的に男性)は片想いの相手に思い切って告白したり、恋人を誘い旅行に出かけたりします。
しかし、バレンタインデーが日本に入ると、クリスマスと同様に商業化され、本来の習慣がガラリと変化してしまいます。具体的には、女性達が手作りのチョコレートを気になる相手に渡すというのがごく一般的です。そもそもバレンタインデーにチョコレートの習慣を取り込んだのは、ある日本のチョコレート会社のマーケティングがきっかけです。神戸の「モロゾフ」と言う製菓会社が1936年の2月12日に、チョコレートの売上を上げるため、「バレンタイン・チョコレート」と書いた広告を雑誌に載せところ一気に売れ行きが上昇。
さらに、この商業文化は拡大し今では色んな形のチョコレートの贈答があります。例えば、会社でお世話になっている同僚や上司に義務として渡す「義理チョコ」や、特定の人だけに渡される高級な「本命チョコ」、友達同士で交換する「友チョコ」等です。多くの女性達はバレンタインデーに備えて、デパートでたくさんのチョコレートを買い求めます。おそらく日本の一年で最もチョコレートが販売される日と言っても過言ではありませんね。
この社会現象とも言える光景は底を知らず、1980年の3月14日にホワイトデーを設けます。バレンタインデーにチョコを貰った男性が、ホワイトチョコやお菓子等を女性にお返しするという設定です。とにかく日本では、お歳暮やお中元といい人とのお付き合いを大事にする上で、お土産の交換は欠かせないものです。バレンタインデーもホワイトデーも、その一種ではないかと思います。
果たして僕と同じカナダ育ちの彼女は日本の習慣に順応して、チョコレートをくれるのでしょうか。あるいは欧米式にこちらが動くべきなのか、2月14日まであと時間もごくわずか!

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/