Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazinevol.70 March/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
With cool water and early vernal sunshine in March, the feeling of spring is just around the corner. The longer daylight also gives us more opportunities to enjoy outdoor activities such as spotting baby cherry blossoms blooming in various locations.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
3月、水ぬるむ春。空気がなんとなくあたたかくなり、気分がウキウキしてきます。外に出る機会も増えますね。桜の開花も待ち遠しいです。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Hospital Guide Information Updated!

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Cine-la "From Our Film Collection"
    2) Kyuhaku Museum Concert
    3) Japanese Culture Class for Foreigners
    4) Counseling Services available at Kokusai Hiroba

3. News from FUKU-NET Members

    1) APCC Volunteer Wanted
    2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) International Symposium and Workshop
    2) Consular Outreach Program for Filipino residents in Kyushu
    3) Fukuoka Asian Film Festival Volunteer Wanted
    4) Plan Japan Photo Exhibition

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "One Incident"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Hospital Guide Information Updated
  "Hospital Guide in Fukuoka for Foreign Residents" on the FIA website has been updated! You can now search for medical institutions or clinics in Fukuoka City by selecting locations, hospital departments, or language preferences of interest. This guide is available in four languages: English, Chinese, Korean and Japanese.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cine-la "From our Film Collection"
  Masterpieces from our film collection will be shown covering a specific theme.

Modern Taiwan Film Collection
Duration: Thru. Mar. 9 (Sun)
English and Japanese Subtitled
   Jump! Boys ('04, 84min.)
   The Human Comedy ('01, 117min.)
   The Cabbie ('00, 94min.)
   Southbound Swallow ('02, 85min.)
   Comes The Black Dog ('04, 111min.)
   Fishing Luck ('05, 94min.)
Japanese Subtitled
   Flowers of Shanghai ('98, 121min.)
   A One & A Two ('00, 173min.)

Fee: Adults 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Kyuhaku Museum Concert "Shima kaze ni Nosete"
   In addition to the art and cultural exhibitions at the Kyushu National Museum, various other events are conducted including a mini-concert show near the Entrance Hall or inside the Cultural Exchange Exhibition room. The purpose is to entertain the visitors with a variety of live music and enhance their museum experience.

Date: Mar. 16 (Sun) 13:00, 15:30
Venue: Kyushu National Museum Entrance hall
Music: Okinawa music and dance
Further Information: http://www.kyuhaku.com/pr/event/event_080207.html (in Japanese)

Inquiry: Kyushu National Museum
TEL: 050-5542-8600 

3) Japanese Culture Class for Foreigners
  This workshop welcomes anyone who wants to learn about a few basic Japanese customs and more. Starting with a walk through lesson in “Sado” (Tea Ceremony) and “Spirit of Zen”, you will be introduced to Japanese culture in a comprehensive way.

Date: Mar. 23 (Sun) 14:00-15:00
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 40 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free
Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/

Inquiry: Kokusai Hiroba
TEL: 092-725-9201     Email: info@kokusaihiroba.or.jp

4) Counseling Services available at Kokusai Hiroba
  Do you have any concerns regarding your life in Japan? If you do, please do not hesitate to visit or contact us by phone. Appointment is not necessary and your confidentiality is guaranteed.

English: 1st & 3rd Wed., Chinese: 2nd & 4th Wed., Korean: 1st Wed., Tagalog: 3rd Wed.
Time: 11:00-15:00

Specialized Counseling Services
Human Rights Counseling: 2nd Wed., 13:00-16:00, English
Naturalization, Immigration, and Residency Consultation: 4th Sat., 13:00-16:00, English and Chinese

Inquiry: Kokusai Hiroba
TEL: 092-725-9202


3. News from FUKU-NET Members

1) APCC Volunteers Wanted!
  The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC) is recruiting volunteers for various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing sessions.

Date/time: Mar. 7 (Fri) 18:30-, 20 (Thu/holiday) 14:00-
Place: APCC Office (Fukuoka City Hall North Annex 5F 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Further information: http://www.apcc.gr.jp/

Inquiries: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC)
TEL: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event

"Le Monstro" (Italy, 112min., '94)
Date/Time: Mar. 14 (Fri) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) International Symposium and Workshop
  The current situation and policy challenges surrounding migrant care workers and nurses in Southeast Asian countries and Japan will be addressed. The policy directors of Philippines, Indonesia, Taiwan and Japan will report and discuss these issues at hand. Prior application required.

Symposium
Date: Mar. 8 (Sat) 9:20-16:30
Venue: Fukuoka Kokusai Hall (Tenjin, Nishinihon Shimbun Kaikan)

Workshop
Date: Mar. 9 (Sun) 9:00-17:00
Venue: Kyushu University Nishijin Plaza (Nishijin 2-16)

Inquiry: Kyushu University Asia Center
TEL:092-642-4433     Email: asia@isc.kyushu-u.ac.jp
URL: http://asia.kyushu-u.ac.jp/top/index.html (in Japanese)

2) Consular Outreach Program for Filipino residents in Kyushu
  Filipinos and Friends in Fukuoka (FFF), a non-political, non-religious and non-profit organization, will be hosting a consular outreach program of the Philippine Consulate General Osaka-Kobe. The following services will be rendered.

Date/time: Mar. 9 (Sun), 13:00-17:00
Venue: Daimyo Catholic Church 3rd floor
Services: passport renewal, consultation on travel and legal documents
Object person: Filipinos

Inquiry: The Filipinos and Friends in Fukuoka
TEL: 090-1923-7836     Email: pooh@fukuoka.vip.co.jp

3)  Fukuoka Asian Film Festival Volunteer Wanted
  This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers!
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html 

Festival duration: Jul. 4 (Fri) -13 (Sun)
Application deadline: Apr. 30 (Wed)

Pre-festival event
Date: May 17 (Sat) 12:00, 14:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: 1,000 yen Advance, 1,300 yen at door
Films: "Kim Ki-duk: Cineaste of the Wild Beauty" France/Korea, 2007, 60min.

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
TEL: 092-733-0949    Email: faff@gol.com

4) Plan Japan Photo Exhibition
  Plan is a non-profit, non-governmental organization headquartered in the United Kingdom. Plan Japan will hold a photo exhibition in Fukuoka to commemorate the 25th anniversary of its foundation.

Duration: Mar.16 (Sun) - 20 (Thu)
Venue: Solaria Terminal Lion Plaza

Inquiry: Plan Japan
TEL:0120-400-422  Email: hello@plan-japan.org
URL: http://www.plan-japan.org/home/


5. Nobu's Footprints in Fukuoka
 
One Incident

I guess it takes about half a year for any person to adapt to his new life and to grasp the general feel of his office environment, whether it be work, social, or personal related. As for me, living in Fukuoka has been generally satisfying in all terms—having the luxury to adventure in a scuba trip to Okinawa, shopping spree in Busan, etc. while occasionally having a blast with my colleagues in a seasonal enkai, to name a few. However, even under those seemingly balanced lifestyle between business and pleasure, I also undergo stressful events (i.e. physical and emotional) that become an obstacle for my day-to-day routine; for example, a flu week, a fight with my girlfriend, losing important things, and so forth. Specifically, there was an incident last month in which I experienced a sense of disappointment and indignation—let me share with you what happened.
The night I returned from Beppu onsen with my friends, I went out for grocery shopping to stock up my empty and abandoned fridge with that week's supplies. Upon arriving at the bicycle parking lot on the ground level, I noticed one unusual scene—my 6-month-old bike had gone missing and the only remaining part was its unclenched lock! Though I didn't incur a significant loss in monetary terms (ironically, it was the same amount that I spent for the onsen trip), it was the first time in a long time that something had been stolen from me so abruptly—a total let down. Actually, I should have seen this one coming, for it was a cheap 100yen lock and my bike had been misplaced by someone a block away from where it was parked just a couple of weeks ago, not to mention heaps of empty beer bottles and plastic wrappers in the proximity of the parking lot every weekend—probably the work of local youngsters having late evening parties at the site.
As I have mentioned earlier, 6 months is also the period in which you really find out the degree of security and the sort of people that dwell in the area—a foolish mistake to not have doubled the lock and registered for the ‘bicycle theft prevention', I sincerely thought. In other words, I was furious about the situation and at myself.
First thing in the morning, I visited the police station to report a theft while carefully planning out the budget for my next bike. Luckily, since I had a year warranty, half the cost was to be reimbursed upon the purchase of a new ride. Even then, it still took about two weeks before I was pedaling and not walking. In fact, a bike was the most expedient means of transportation to travel around my neighbourhood; quite a different story in Vancouver where cars are most convenient and bikes are used for leisure and recreation purposes only. Thus, two weeks without wheels meant expending triple the amount of time for going to the gym, train station, nearest shopping avenue, etc.
Facing this wretched reality ahead, I came out of the police box at noon exact (took a little longer due to an unexpected chitchat with the officer on duty) and right when I exited the door, he called me in and escorted me to the shed where several bicycles were parked. Suddenly he asked, "Why don't you take my bike until you get your new one?" Without thinking twice and respecting his generosity, I took his bighearted offer and promised that I would return it as soon as possible: frankly speaking, the possession of a police property made me feel quite uneasy in that I was always under constant watch; on the other note, however, I felt the kindness of the Japanese like never before and the weight of my stress was gone like a wind.
A few weeks later, I dropped off the bike with a small present (Japanese cake) as a token of appreciation. Sure enough, the warranty came into effect, so I bought a new bike with a sturdier lock; only this time, I'm riding on a compact, convertible type that can be stored inside my closet-a closure of this problem once for all.

Nobuo Gondo



Japanese:
福岡レインボーマガジン(日本語)
  
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 医療機関ガイド更新しました
  2) 留学生から学ぶ外国語教室受講生募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「収蔵作品特集」
  2) "ちきゅう"を知る講座
  3) きゅーはくミュージアムコンサート
  4) 内閣府青年国際交流事業
  5) 外国人のための日本文化いろは講座
  6) こくさいひろば外国人相談窓口

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) APCCボランティア募集 
  2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  3) グローバルライフサポートセンター
  4) JICA青年海外協力隊、シニア海外ボランティア体験談・説明会
  5) 第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin福岡

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 国際シンポジウム、国際ワークショップ開催
  2) 福岡アジア映画祭ボランティア募集
  3) プラン・ジャパン写真展

5. ノブが見た福岡

  「ある日の出来事」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm


1) 医療機関ガイド更新しました
  当財団サイトの医療機関ガイドを更新しました。詳細は上記HPでご確認ください。

2) 留学生から学ぶ外国語教室受講生募集
  中国語・韓国語等アジア言語を中心に18言語29教室を開講予定です。言葉だけでなく、文化、習慣なども学びます。

開講期間:2008年5月~2009年2月
場  所:福岡学生交流会館、六本松学生交流会館
募集締切:3月12日(水)必着
募集要項:情報プラザ、レインボープラザ、各区役所で配布またはHPからダウンロード可
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net/

申込・問合せ:留学生外国語教室実行委員会(アジア太平洋子ども会議事務局内)
TEL: 092-734-7700  Email: gogaku@apcc.gr.jp


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ「収蔵作品特集」
  収蔵作品の中から、テーマごとに名作・秀作をセレクトして上映。

「現代台湾映画特集」

期  間:3月9日(日)まで
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ先:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2) "ちきゅう"を知る講座
  3回にわたり、NPOとの連携講座を開催します。

第1回 3月 8日(土)16:00 こくさいひろば交流室
第2回 3月 9日(日)14:00 アクロス福岡2F セミナー室
第3回 3月29日(土)13:00 同上
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200

3) きゅーはくミュージアムコンサート「島風にのせて」
  九州国立博物館では、展示活動はもちろんのこと、多様なイベントも積極的に実施しております。このイベントは、エントランスホールや文化交流展示室にてミニコンサートを展開し、来館者の皆様に様々なジャンルの音楽を楽しんでいただいております。

日  時:3月16日(日)第1回13:00~ 第2回15:30~
場  所:九州国立博物館1階エントランスホール
参 加 料:無料
内  容:鮮やかな琉球衣装を身につけ、島唄を歌い踊ります。
詳細はこちら:http://www.kyuhaku.com/pr/event/event_080207.html

問合せ先:九州国立博物館
TEL: 050-5542-8600

4) 内閣府青年国際交流事業
  日本と世界各国の青年の交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を身につけた時代を担うにふさわしい青年を育成するための事業です。

説明会・報告会
日  時:3月16日(日)16:00~18:00
会  場:福岡市NPOボランティア交流センター(あすみん)5Fセミナールーム
詳細はこちら:http://www.cao.go.jp/koryu/index.html

主催・問合せ先:福岡県青年国際交流機構(福岡IYEO)
Email: fukuokaiyeo@yahoo.co.jp
福岡県生活労働部青少年課育成係
TEL: 092-643-3386

5) 外国人のための日本文化いろは講座
  基本的な日本の習慣をはじめ、日本文化を「禅の精神」・「茶道」などを通してわかりやすく丁寧に紹介していきます。

テ ー マ:冠婚葬祭編(結婚式・葬儀と服装)
日  時:3月23日(日) 14:00~15:00
場  所:アクロス福岡2F セミナー室
申込先着順、受講無料
詳細はこちら→http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9201  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

6) こくさいひろば外国人相談窓口
  日本の生活で困っていることはありませんか。お気軽に来館、お電話ください。4ヶ国語で対応します。

英  語:第1・3水曜、中国語:第2・4水曜、韓国語:第1水曜、タガログ語:第3水曜
時  間:11:00~15:00

専門相談窓口(面談)
予約不要、相談内容に関する秘密厳守。
人権相談(就労、住宅、婚姻、離婚、帰化、入国管理等):第2水曜、13:00~16:00 英語
国籍・入国・在留等手続き等相談:毎月第4土曜、13:00~16:00 英語、中国語
※その他の言語での相談を希望する場合は事前にご相談ください。

問合せ:こくさいひろば
福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡3F  TEL: 092-725-9202


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  APCCボランティア募集
  アジア太平洋こども会議・イン福岡では、事業のボランティア活動に携わるメンバーを募集しています。まずは、登録説明会にご参加ください。

日  時:3月7日(金)18:30~、20日(木・祝)14:00~
場  所:APCC事務局(中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品「ロベルト・ベニーニのMr.モンスター」(伊・112分・1994年)
日  時:3月14日(金)19:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

3) グローバルライフサポートセンター
  外国人に住宅を斡旋する際や、入居後に、言語の問題、生活習慣などの違いから起こるさまざまなトラブルの相談に応じます。

問合せ:特定非営利活動法人グローバルサポートセンター
TEL: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

4) 青年海外協力隊・シニア海外ボランティア体験談・説明会
  開発途上国の人々のために、自分の持っている技術や経験を活かしてみませんか。参加費無料、予約不要です。毎週木曜日には、国際協力相談コーナーも開催中。

青年海外協力隊(20~39歳)
日  時:4月9日(水)、18日(金)、24日(木)18:30~20:45

シニア海外ボランティア(40~69歳)
日  時:4月9日(水)、25日(金)18:30~20:00
会  場:アクロス福岡
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/enterprise/volunteer/setsumei/index.html

国際協力相談コーナー
日  時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00~18:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:青年海外協力隊や、国際協力一般
問 合 せ:JICA福岡市国際協力推進員
メ ー ル:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp  電話:092-733-5638

問合せ先:国際協力機構JICA九州
TEL: 093-671-8349  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp

5) 第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin 福岡
  経済のグローバル化やWTO、FTAに関心を持つ人・NGOが集まって課題を共有し、今後の動きをどう作るかを話し合うフォーラムを合宿で開催します。

テ ー マ:グローバル時代の私・農工商 つながっているワタシのクラシ
日時・場所:
  1日目 3月15日(土)13:00~18:30 博多パークホテル
      ワークショップ「グローバリゼーション入門」、分科会
  2日目 3月16日(日)9:00~12:00 福岡NPO共同事務所「びおとーぷ」
      会議「行き過ぎたグローバリゼーションに対して、問題点や取り組みについて」
料  金:1日目500円 宿泊3,000円
詳細はこちら:http://blogs.yahoo.co.jp/wto_fta_fuk/998730.html

申込・問合せ:第13回WTO・FTA-NGOフォーラムin 福岡実行委員会
FAX: 092-473-1222  Email: wto_fta_fuk@yahoo.co.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 国際シンポジウム、国際ワークショップ開催
  日本と東南アジア諸国との経済連携協定(EPA)締結に伴って、外国人の看護師・介護士が早ければ年内に日本にやってきます。こうしたケアワーカーの国際移動はアジアの近隣諸国はじめ世界中で加速しつつあります。こうした国内外の動向を踏まえて、市民向けのシンポジウム、ワークショップを開催します。参加無料、要事前申込。
詳細はこちら:http://asia.kyushu-u.ac.jp/top/index.html

国際シンポジウム
「グローバル化する看護と介護-医療・福祉分野への外国人労働者参入をめぐって」
日  時:3月8日(土)9:20~16:30
場  所:福岡国際ホール大ホール(西日本新聞会館16階)

国際ワークショップ
「越境ケア・スタディーズ」
日  時:3月9日(日)9:00~17:00
場  所:九州大学西新プラザ(国際研究交流プラザ)大会議室(早良区西新2-16)

申込・問合せ:九州大学アジア総合政策センター
TEL: 092-642-4433  FAX: 092-642-4435
Email: asia@isc.kyushu-u.ac.jp

2) 福岡アジア映画祭ボランティア募集
  アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進し、21回を数える長い歴史と実績、422本にものぼるアジア映画を紹介してきました。

只今、ボランティア募集中!
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
開催期間:7月4日(金)~13日(日)

プレイベント
日  時:5月17日(土)12:00~、14:00~、16:00~
会  場:九州日仏学館
作  品:フランス・韓国合作『キム・ギドク:激情の美のシネアスト』
会  費:1,300円

主催・問合わせ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

3) プラン・ジャパン写真展
  日本フォスター・プラン協会は、イギリスに国際本部を置き、世界49カ国の途上国で活動する、子どもたちとともに地域開発をすすめる国際NGOです。今年で創立25周年を迎える当団体では、日本6都市を巡回するパネル展を福岡・天神を皮切りに3月から開催し、合わせて団体の説明会を実施いたします。

写真展
期  間:3月16日(日)~20日(木)
場  所:ソラリアターミナルライオン広場
説明会
日  時:3月20日(木)14:00~15:30
場  所:アーバン・オフィス天神 C会議室(天神1-3-38天神12ビル13階)

詳細はこちら:http://www.plan-japan.org:80/home/header/explan/ 

問合せ:日本フォスター・ジャパン協会
TEL:0120-400-422  Email: hello@plan-japan.org


5. ノブが見た福岡
 
ある日の出来事

人は新しい生活、環境、仕事に慣れるのには、少なくとも半年はかかると思います。福岡に住み始めてからちょうど6ヶ月がたった今、僕の生活は決して優雅とは言えないが、暇を見つけては、沖縄でスクーバダイビングしたり、釜山で観光をしたり、2ヶ月に一度は旅行に行ける時間の余裕があります。もちろんときには同僚との飲み会にも欠かさずに参加しています。しかし、そんな平和な日常生活でも、何らかの形で問題が起こり、頭を悩まされる日があります。例えば、インフルエンザにかかったり、彼女と大喧嘩したり、又大切な物を無くしたりといったことで、僕は精神的にも肉体的にも参ってしまいます。具体的に言うと、先月ある出来事によって僕は物凄い憤りと失望を感じたのです。
別府温泉旅行から帰宅したその日、冷蔵庫に何も入ってない事に気付いた僕は、一週間分の食料を調達しに、近所のスーパーに行こうと一階の駐輪場に降りたその時、思いも寄らない光景を目の当たりにしました。「自転車が盗まれた!」と心で叫んだ僕は、周りを探しましたが、唯一発見したのは、無残にこじ開けられ置き去りにされたロックのみ。まだ新品同様だったのに!金銭的な損失は低かったものの(皮肉な事に別府温泉の費用とほぼ同額)、不意の自転車の紛失に大きなショックを感じました。前にも一度、誰かのいたずらか自転車の場所が変わっていた事がありました。現場の辺りには、よく酒缶やお菓子のゴミが散らかっているのに気付きながらも(おそらく近所に住む若者の仕業と思う)、百円ロックだけをかけていたのが不覚。先ほど述べたように、半年という期間は近所の治安やそこにどんな住民が暮らしているのかが分かる時期でもあります。「ロックを二重にして、防犯登録もすれば良かった」とつくづく後悔することとなり怒りが収まりませんでした。
翌朝、盗難届を出すために近くの交番へと向かいました。運良く、一年間保証があったので、「元の購入額の半分は戻ってくるな」と肯定的に考えていましたが、「その自転車が買えるのも2~3週間後か」とため息が止まりませんでした。バンクーバーは基本的に車社会なので、自転車はレクリエーション以外には殆ど乗りませんが、今すんでいる東区では、自転車無しの生活は足が無いのと同じで、徒歩では、最寄りのJRの駅へ行くにも、ジムに通うにも、商店街に買い物をしに行くにもかなりの時間がかります。
こういった心境で交番での届けを終え、警察官と思いがけず世間話が長引いて、腕時計を見た時にはもう正午を過ぎていました。慌てて外に出ると、後ろからさっきの警官に呼ばれ、交番の裏にある車庫へと案内されました。そして何台か並ぶ自転車の前に立ち、「新しいのが見つかるまで、巡査用の自転車を借りていいですよ」と言われました。彼の優しい配慮を尊重し、「ありがとうございます」と即答したのは良いのですが、正直に言うと、警察から物を借りるなんて、その後2週間、常に監視されているような気がして不安でしょうがありませんでした。しかしながら、日本人の寛容な心には改めて感心するばかりで、カッとした気持ちもその時は、風のように消えていました。
それから2週間後、手土産の饅頭を持って、借りていた自転車を交番へ返しにいきました。予想通り保証が効いて新しい自転車を買う事ができ、防犯対策も兼ねてもっと頑丈なロックも同時に購入。前回よりはやや小さめですが、折りたたみ式でちょうど自宅の押し入れに入るサイズですので、当分は駐輪場には置かないつもりです。これで一件落着。

権藤 ノブオ


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/


福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/