Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.71 April/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Fukuoka has a grant mother nature for you to enjoy such as mountains and beaches for hiking and surfing in the proximity of downtown Tenjin area. How about go on an outing on your days off?


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
福岡には自然を楽しめる場所がいろいろあります。山も海もすぐ近くにあります。お弁当を持って出かけませんか。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

     1) International Dontaku Troupe Parade Application Now Open!
     2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

     1) Cine-la "Korea: 60 Years of Film History"
     2) Brazil-Japan Friendship Year Photo Exhibition
     3) Kyuhaku Museum Concert
     4) Umi no Nakamichi Flower Picnic 2008
     5) Fukuoka International Women's Tennis 2008

3. News from FUKU-NET Members

     1) APCC Volunteer Wanted
     2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
     3) Tiempo Marukajiri

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

     1) Fukuoka Asian Film Festival Pre-event

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

     "The Effect of Advertisement"



1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) 2008 International Dontaku Troupe Parade Application Now Open!
Got any ultimate plans during the Golden Week?
How about a blast of excitement with the International Dontaku Troupe? The Hakata Dontaku Port Festival attracts more visitors than any other festivals in Japan and hundreds of foreigners gather to march in the Dontaku Parade every year. This is your golden opportunity to represent your home pride and indulge in the Hakata culture! Well what are you waiting for? All you need is your national spirit and we'll provide you with some Dontaku goods to take home! Space is limited, so hurry up and register today!
*Please feel free to wear any traditional clothing of your home country!
**Please eat lunch prior to arrival.

Date/Time: May 3 (Sat.) 13:00-16:00, Check-in begins at 12:30
Eligibility: Foreign residents living in Fukuoka City
Place: Fukuoka International House, 4th Floor
(Hakata-ku, Tenya-machi, 4-1 next to Reisen Park)
Deadline: Apr. 25 (Fri)
Application: International Dontaku Troupe Coordinator (Nobuo Gondo or Nagao)
TEL: 092-733-5630 (weekdays 9:00am-17:30pm)
E-mail: kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp
Or sign up in person at Rainbow Plaza.
Registrations by e-mail must include full name, nationality, and contact information.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometown. We learn about the town's history and lifestyle, the student's family, what brought him/her to Fukuoka, and his/her vision for the future. The sharing of this information is done in hopes of contributing to the better understanding of these students and their international background, as well as the broadening of their aid network. The lecture will be conducted in English.

Date: Apr. 17 (Thu) 18:30
Place: Attaka Plaza, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Pradeep Rao (Bangalore, India)
Institute of Systems & Information Technologies KYUSHU
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cine-la "Korea: 60 Years of Film History"
A retrospective collection of modern films featuring six decades of korean film history from the post war period.

Duration: Thru. Apr. 29 (Tue/holiday)
Time varies by film.
Venue: Movie Hall Cinela (The Fukuoka City Public Library)
Fee: Adult 500yen, H.S. and Univ. student 400yen, J.H. and Elem. school student 300yen
Films (Subtitled in English and Japanese):
Gilsodom ('85, 101min.)
Mapodo ('05, 109min.)
301・302 ('95, 99min.)
Christmas in August ('98, 97min.)
Mayonnaise ('99, 103min.)
Chungyang ('00, 121min.)
Barking Dogs Never Bite ('00, 110min.)
If You Were Me ('03, 110min.)
Cracked Eggs & Noodles ('05, 116min.)
All For Love (The Most Beautiful Week of My Life) ('05, 131min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Brazil-Japan Friendship Year Photo Exhibition
This year 2008 is the centennial anniversary for Japanese having left for Brazil to immigrate. About 50 pictures collected from Japanese Overseas Immigration Museum and local Japanese-Brazilian associations in Brazil are displayed. Admission free.

Theme: Centennial Anniversary of Japanese Immigration to Brazil
Duration: Thru. Apr. 13 (Sun)
Venue: Communication Area, ACROS Fukuoka 1F

Inquiry: ACROS Fukuoka Cultural Information Center
TEL: 092-725-9100

3) Kyuhaku Museum Concert "Haru no Mai- Spring dance"
In addition to the art and cultural exhibitions at the Kyushu National Museum, various other events are conducted including mini-concert shows near the Entrance Hall and inside the Cultural Exchange Exhibition room. The purpose is to entertain the visitors with a variety of live music and enrich their museum experience.

Date: Apr. 12 (Sat) 13:00, 15:30
Venue: Kyushu National Museum Entrance hall
Music: Japanese Harp and Piano with a Soprano singer
Further Information: http://www.kyuhaku.com/pr/event/event_080307.html (in Japanese)

Inquiry: Kyushu National Museum
TEL: 050-5542-8600

4) Uminonakamichi Flower Picnic 2008
Witness the mosaic of various and colorful flowers inside the huge park with exciting events. Free admission on some days.

Further information: http://www.uminaka.go.jp/index.html
Duration: Thru. May 6 (Tue/holiday)
Time: 9:30-17:30
Fee: 15-year-old and above 400yen, Elem. and J.H.S Student 80yen,
    Free for children under school age
    Admission-free days: Apr. 27 (Sun), May 4 (Sun/holiday), 5 (Mon/holiday)
Events
Uminonakamichi Global Village
International Students (mainly from Asia) residing in Fukuoka will perform songs and dances on stage. Traditional food stands and folk arts will also be available.
Dates: Apr. 26 (Sat), 27 (Sun) 10:30-16:00
Environmental Festival in Uminaka
Display booths for environment issues as well as stage shows and bazaar will be organized.
Dates: Apr. 19 (Sat), 20 (Sun) 10:00-16:00

Inquiry: Uminonakamichi Seaside Park
TEL: 092-603-1111

5) Fukuoka International Women's Tennis 2008
This is an annual tournament approved by the International Tennis Federation, ITF. Ranked as the world's second best, Ana Ivanovic was the winner of 2004 tournament. Come and check out the world class tennis competitions.

Duration: Qualifying May 4 (Sun) -6 (Tue), Main Draw May 6 (Tue)-11 (Sun)
Venue: Hakata no Mori Tennis Stadium
Fee: Main draw (valid throughout the tournament) Adult 1,000yen (800yen), Elem., J.H.S. and H.S. student 300yen (200yen)* inside () shows advance ticket

Inquiry: Fukuoka International Women's Tennis Office (Kyushu Tennis Association)
TEL: 092-722-1605


3. News from FUKU-NET Members

1) Volunteers Wanted!
FUKU-NET member organizations are calling for volunteers for their activities. Please contact each organization for further information.

NGO Fukuoka network
Volunteers who can help prepare the shipment of April's Newsletter
Date/time: Apr. 12 (Sat) 15:00-
Inquiry/Office: Komori BLDG. 4-A, 3-6-1 Hakataekimae, Hakata-ku
TEL: 092-405-9870 URL: http://funn.npgo.jp/

Salt Payatas Foundation
Recruiting office assistants for PR, accounting, and clerical works
Inquiry/Office: 372 Haramachi, Kasuya
TEL: 090-1395-3645 URL: http://www.salt.or.tv/index.html

The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC)
Volunteers for APCC's various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing sessions.
Dates/venues: Apr. 13 (Sun) 14:00- APCC Office (Fukuoka City Hall North Annex 5F 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
23 (Wed) 18:30- Fukuoka City Hall North Annex 4F Conference room
Inquiry: TEL: 092-734-7700    Email: info@apcc.gr.jp    URL: http://www.apcc.gr.jp/

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event

"Porcile" (Italy, 98min., '68)
Date/Time: Apr. 22 (Tue) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

3) Tiempo Marukajiri
Free classes offered for people who would like to learn more about Tiempo Iberoamericano and what they do.

Date: Apr. 9 (Tue)
Venue: Tiempo Iberoamericano, Elle Taller
Further information: http://www.tiempo.jp/evento/evento_news_english.html

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
TEL: 092-762-4110    Email: info@tiempo.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival Volunteer Wanted
This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers!
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Festival duration: Jul. 4 (Fri) -13 (Sun)
Application deadline: Apr. 30 (Wed)

Pre-festival event
Date: May 17 (Sat) 12:00, 14:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: 1,000 yen Advance, 1,300 yen at door
Films: "Kim Ki-duk: Cineaste of the Wild Beauty" France/Korea, 2007, 60min.

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
TEL: 092-733-0949    Email: faff@gol.com


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

The Effect of Advertisement

Just a few weeks ago, my family paid a visit from Canada to see how I was doing and how well I was adapting to my new life in Japan. It's been nearly 7 months since the last time I saw them in Vancouver, and my anticipation level was at its peak when I saw them coming out of Hakata Station. I guess the first thing they noticed in me was the change in my physical appearance―a little more round on the edges with several more pounds on the flank. "It's all the gourmet food in this town I tell you!" is what I explained, but without much convincing, I received an unanimous boomerang comment of "pure lack of exercise, prolonged laziness, excessive eating and drinking"; the list went on.
Then suddenly, as I gazed through the scenery of busy Hakata afternoon, I found the true cause of my parents' astonishment: an array of food and commercial advertisements including flashy neon posts, signs, and flyers which were bombarding my peripheral vision, 360 degrees from all direction. Ever since coming to Fukuoka, I've dined at many restaurants from traditional to modern to even exotic. One incident stands out in which I dined at a Mongolian restaurant where native Mongolian robes were free to wear, and I was chosen to dress as a Mongolian wrestler. I gladly agreed to dress out of courtesy for the other guests, but it left me with no clothes except for a loincloth similar to those worn by sumo wrestlers, a hat, and a vest
This place has been introduced by a colleague, but frankly speaking, most of the places have either been introduced to me through leaflets with discount coupons or other forms of advertisement that triggered my appetite. Walking on Nishidori after 5:30pm for example, you witness many part-timers handing out a handy tissue package inserted with coupons to every passer―basically, dangling an enticing carrot to attract that day's revenue if you ask me. In the midst of a busy walkway, my irresistible hands will very often grab one of those flyers and only a few moments later, I will be sitting in that restaurant, waiting for my food and an ice-cold Asahi (i.e. simply fat causing agents) to arrive at my table and eventually praising "down the hatch!" Even at home, my mail box is constantly flooded with tons of flyers and both recycling them and avoiding them are unceasing concerns especially on the weekends when I crave for a pizza delivery.
However, not all the advertisements should be ignored, for a pocket Kleenex has a versatile use such as blowing your nose to relieve your pollen allergy, and it can also be a useful toiletry item in some public train stations' washrooms where toilet papers are not provided; in fact, they're usually sold in vending machine for 50 yen or so. In addition, rows of advertisements hanging on the top center of every train are quite informative if you're a regular commuter (but not a newspaper fan) and want to touch on current issues fussing the media or to expand your personal interests. Interestingly, the publication's title is indicated on the bottom of the flyer so that people standing from a far distance could recognize the title if they every wish to purchase it―a genius marketing strategy of the Japanese.
In contrast, Canada is not so big on handing out tissues on the streets (this will tick some environmentalists) or even hanging posters on a commuter train, but there are a few noteworthy advertisement examples that are quite similar to Japan. For example, there are free daily publications called "24" and "Metro" handed out in front of sky train stations every morning to commuters. Though it was packed with interesting local, world, and celebrity news for the first little while, it quickly became filled with commercial advertisements taking up large sections in the paper including discount coupons for retails to name a few.
As for food, I sometimes make a use of flyers dropped in my mailbox for A&W burgers and delivery for pizzas, but they are only delivered maybe once every month or during the holidays when families stay in and not daily like here in Japan; advertisement companies are a lot smarter than you think.
These days, I've learned to prepare a simple lunch for work and dine at home whenever possible to not only limit my daily expenses but to also stay in shape; however, as much as I love Japanese food, resisting temptations for beer after work and food that goes along won't be an easy challenge.

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 2008国際どんたく隊パレード参加者募集
  2) 地球市民どんたく2008参加団体、企画運営ボランティア募集
  3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 平成20年度国際化推進活動助成金
  2) シネラ「韓国映画の60年史」
  3) 「新世界に渡った日本人」写真展
  4) きゅーはくミュージアムコンサート
  5) アメリカ留学説明会&個人相談
  6) 海の中道フラワーピクニック2008
  7) 福岡国際女子テニス2008

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) ボランティア募集 
  2) JICAボランティア募集、セミナーのお知らせ
  3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  4) ティエンポまるかじり
  5) ワーキング・ホリデーミニ説明会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭プレイベント開催

5. ノブが見た福岡

 「宣伝効果」



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 (財)福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 2008国際どんたく隊パレード参加者募集
あなたの国を代表して、華やかなパレードに参加しましょう!福岡在住の留学生や外国人による国際どんたく隊を結成し、毎年恒例の博多どんたく港祭りに参加します。福岡・博多の伝統文化に触れる絶好の機会ですので、ぜひ一緒に参加してみませんか?参加者にはどんたくグッズを差し上げます。お持ちであればご自分の国の伝統衣装等を着て参加してくださいね!
上記サイトで、昨年の様子を動画で見ることが出来ます。

日  時:5月3日(土・祝)13:00-16:00(受付開始12:30)
     (昼食は済ませてから集合して下さい。)
対  象:福岡都市圏内にお住まいの外国人200名
集合場所:福岡学生交流会館4F(福岡市博多区店屋町4-1)
締め切り:4月25日(金)
     レインボープラザ窓口での申し込みもOK!
     Eメールでの申し込みの場合、氏名、国籍、連絡先をお知らせください。

申込先:上記 国際どんたく隊担当(ゴンドウ・長尾)
Email:kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp

2) 地球市民どんたく2008参加団体、企画運営ボランティア募集
10月に行われる国際協力のイベントに出展する団体と、イベントの企画運営をおこなう企画運営ボランティアを募集します。
詳細は、4月10日以降に上記サイトをご覧下さい。

活動期間:5月下旬-10月中旬
イベント
日  時:10月9日(木)-13日(月・祝)
場  所:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地および周辺会場

3)  外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」聴講者募集
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。今回は英語でのスピーチとなります。

日  時:4月17日(木)18:30
場  所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかプラザ
講  師:プラディープ・H・ラオさん(インド・バンガロール)
     (財)九州システム情報技術研究所研究員


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 平成20年度国際化推進活動助成金
福岡県国際交流センターでは、県内の民間団体が行う国際交流・国際協力活動の振興を図り、地域の国際化推進に資することを目的として、その活動に要する経費の一部を助成します。

詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/shien/joseikin/joseikin_1.htm
第1期応募締め切り:4月30日(水)必着

問合せ:福岡県国際交流センター企画交流課
TEL: 092-725-9200

2) シネラ「韓国映画の60年史」
戦後の韓国映画約60年の歴史を、近年の収蔵作品を中心に回顧する韓国映画特集。

期  間:4月29日(火・祝)まで
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 500円 高・大学生 400円 小中学生 300円
上映作品、時間はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3) 「新世界に渡った日本人」写真展
日伯交流年ブラジル日本移民百周年記念写真展を開催します。サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を中心に、ブラジル各地の日系団体から収集した貴重な写真資料で、百年にわたる日本人移民の歴史を紹介します。入場無料。

期  間:4月13日(日)まで
場  所:アクロス福岡1F コミュニケーションエリア

問合せ:文化観光情報ひろば
TEL: 092-725-9100

4)  きゅーはくミュージアムコンサート
九州国立博物館では、展示活動はもちろんのこと、多様なイベントも積極的に実施しております。このイベントは、エントランスホールや文化交流展示室にてミニコンサートを展開し、来館者の皆様に様々なジャンルの音楽を楽しんでいただいております。

「春の舞」筝とソプラノとピアノが奏でる雅な世界
日  時:4月12日(土)第1回13:00~ 第2回15:00~
場  所:九州国立博物館1階エントランスホール
参 加 料:無料
詳細はこちら:http://www.kyuhaku.com/pr/event/event_080307.html

問合せ:九州国立博物館
TEL: 050-5542-8600

5) アメリカ留学説明会&個人相談
留学について漠然と考えている方、具体的な情報を知りたい方など、アメリカ留学に関することなら何でもご相談下さい。参加無料、要事前申込。

日  時:4月20日(日) 説明会11:00-12:30 個人相談13:00-18:30
場  所:こくさいひろば交流室(アクロス福岡3F)
詳細はこちら→http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9201  Email: info@kokusaihiroba.or.jp


6) 海の中道フラワーピクニック2008
広い公園いっぱいに植えられた花々と、楽しいイベントがみなさんをお待ちしています。入園無料の日もあります。

詳細はこちら:http://www.uminaka.go.jp/index.html
期  間:5月6日(火・祝)まで
時  間:9:30-17:30
入 園 料:15歳以上400円、小中学生80円、小学生未満 無料
入園料無料の日:4月27日(日)、5月4日(日・祝)、5日(月・祝)
イベント
海の中道グローバルビレッジ
福岡在住のアジアを中心とした留学生たちによるステージイベントや飲食、民芸品の販売。
日  時:4月26日(土)、27日(日)10:30-16:00
環境フェスタinうみなか
楽しみながら環境について学べるブースのほか、ステージショー、バザールなど。
日  時:4月19日(土)、20日(日)10:00-16:00

問合せ:海の中道海浜公園
TEL: 092-603-1111

7) 福岡国際女子テニス2008
国際テニス連盟(ITF)公認の国際大会です。現在世界ランク2位のアナ・イバノビッチは2004年大会優勝者です。世界クラスのプレーを観戦にきませんか。
キッズテニス教室などの参加イベントもあります。

日  時:予選5月4日(日)~6日(火)、本戦5月6日(火)~11日(日)
会  場:博多の森テニス競技場
入 場 料:本戦6日間通し 一般1,000円(800円)、小中高生300円(200円)
     予選無料

問合せ:福岡国際女子テニス事務局(九州テニス協会)
TEL: 092-722-1605


3. FUKU-NET団体からの情報
1)  ボランティア募集
FUKU-NET団体では、活動のお手伝いをしてくださるボランティアを募集しています。詳細はそれぞれの団体へお問合わせ下さい。

NGO福岡ネットワーク
4月発行の会報発送ボランティア
日  時:4月12日(土)15:00~
場  所:福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4-A
問 合 せ:TEL: 092-405-9870  URL: http://funn.npgo.jp/

ソルト・パヤタス・ファウンデーション
週に1日、半日以上、広報、事務、経理などの業務のお手伝い
場  所:糟屋郡粕屋町原町372
問 合 せ:TEL: 090-1395-3645  URL: http://www.salt.or.tv/index.html

アジア太平洋子ども会議・イン福岡
事業のボランティア活動に携わるメンバーを募集。まずは、登録説明会にご参加ください。
日時・場所:4月13日(日)14:00~ 事務局(中央区天神1-10-1福岡市役所北別館5階)
        23日(水)18:30~ 市役所北別館4階会議室
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/
申込・問合せ:TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2)  青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集、セミナーのお知らせ
春の募集が始まります。説明会は参加費無料、予約不要。毎週木曜日には、国際協力相談コーナーも開催中。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/index.html

募集期間:4月8日(火)-5月23日(金)
体験談&説明会
青年海外協力隊(20-39歳)
日  時:4月9日(水)、18日(金)、24日(木)18:30-20:45
シニア海外ボランティア(40-69歳)
日  時:4月9日(水)、25日(金)18:30-20:00
会  場:アクロス福岡
国際協力相談コーナー
日  時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00-18:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:青年海外協力隊や、国際協力一般

国際協力セミナー「クロスロード~国際協力への道~」
「環境」を焦点に国際協力について考えてみよう。参加無料、要申込。
日  時:5月12日、19日、26日 19:00-20:30 全3回 月曜日
場  所:福岡市立青年センター
対  象:高校生から35歳までの国際協力に興味のある人 40-50名程度
締  切:5月7日(水)必着

申込・問合せ:国際協力機構JICA九州
TEL: 093-671-6311  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp
JICA福岡市国際協力推進員
Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp  電話:092-733-5638

3)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品:パゾリーニの「豚小屋」(伊・98分・1968年)
日  時:4月22日(火)19:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

4) ティエンポまるかじり
体験講座をはじめ、インストラクターによるダンスデモンストレーションなどイベロアメリカ文化を感じてもらえるイベントとなっています。無料、予約制。

日  時:4月29日(火・祝)
会  場:天神ティエンポ本館、別館エル・タジェール
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/index_jp.html#

申込・問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: clases@tiempo.jp

5) ワーキング・ホリデーミニ説明会
ワーキング・ホリデーについて基本的な説明を少人数で行います。

日  時:毎月第1金曜日 4月25日、5月9日、5月23日、6月6日 15:30-16:30
場  所:ワーキング・ホリデー協会九州支所(中央区天神5-4-12地方自治センタービル6階)

申込・問合せ:ワーキング・ホリデー協会九州支所
TEL: 092-713-0854  URL: http://www.jawhm.or.jp/

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭プレイベント開催
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進し、21回を数える長い歴史と実績、422本にものぼるアジア映画を紹介してきました。

プレイベント
日  時:5月17日(土)12:00~、14:00~、16:00~
会  場:九州日仏学館
作  品:フランス・韓国合作「キム・ギドク:激情の美のシネアスト」('07、60min)
会  費:1,300円

只今、ボランティア募集中!
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
開催期間:7月4日(金)-13日(日)

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. ノブが見た福岡

宣伝効果

ちょうど2週間前、僕が福岡での生活に慣れたかどうかを心配して、カナダから姉と親が会いに来てくれました。バンクーバーで最後に会ってから約7ヶ月経っていたので、博多駅で会うまでの間、僕の胸は緊張でいっぱいでした。改札口から出てくる様子には嬉しさと微笑ましさが感じ取れましたが、僕の体形を観察すると少し驚いていました。それもそうでしょう、前回会った時より顔が丸くなり脇腹も数センチはつかみやすくなっていたのですから。「日本食がうまいせいだよ!」と言ったものの、信じてもらえず、それぞれが同じようなことを言うのです。「運動不足、長期の怠惰、暴飲暴食」と傷つくコメントを次から次へと。
言い訳も出来ないまま、日中の博多のオフィス街を見渡した時、僕はハッとある物に気づきました。それは四方八方から視界に飛び込んでくる無数のグルメ広告のサインや張り紙。おそらくこれが僕の贅肉の主な要因ではないかとその時実感したのでした。
福岡に来て以来、日本食、創作料理、エスニック料理等色々な食を体験していますが、特に印象に残っているのは、モンゴル衣装を自由に着られるモンゴル料理店に行った時の事です。同席していた知人と店のオーナーに勧められてモンゴル相撲の衣装を着たのは良いのですが、本当に関取みたいな格好になってしまい、民族帽子とベストを着ていても少し肌寒かったのを覚えています。ここは同僚に紹介してもらいましたが、行く殆どの店はチラシや、食欲を誘うグルメパンフレットから得た情報がきっかけです。
夕方5時半頃西通りを歩けば、飲食店の人達が点々と歩く人々に割引クーポン入りのティッシュを配っていているのを良く見かけます。僕から言わせれば、大きな獲物を捕らえるために(要するに商売を引き寄せるために)餌をばら撒いて魚釣りをしているのと同じように見えます。とは言うものの、僕もその罠にかかる一人で、チラシを受取って数十分後には、その店で冷えたビールと肴で晩酌しています。外に限らず家でも同じで、郵便受けはいつも無数のグルメちらしがあふれていて、後でチラシを見ずにリサイクルする事がどれだけ大変か。特に、週末にピザが無性に食べたい時があるのですごく困っています。
しかし、全ての広告が悪影響を及ぼすとは限りません。例えばティッシュペーパーは花粉症等で鼻をかむ時に役立ちますし、駅のトイレにおいても大いに利用出来ます。ティッシュ自動販売機で50円払うよりは効率的といっても過言ではありません。また電車の中吊広告も、新聞を定期的に読まない通勤・通学者にとっては興味をそそる情報源でもありますし、現代社会を取り巻くニュースに触れる機会でもあります。興味深い事に、遠い位置からでも一目で分かるようにと、ポスターの下に出版名や雑誌名が記載され、お客様に対するサービスかあるいは販売戦略の知恵が表われています。
それに比べ、カナダでは道端でティッシュを配ったり(環境問題に問われる可能性あり)中吊広告を電車の中にぶら下げたりする習慣はあまりありませんが、日本と似た広告の例がいくつかあります。それは「24」と「Metro」と呼ばれる無料の朝刊です。毎朝スカイトレイン(日本で言うモノレール)の各駅前で通勤・通学者に手渡され、僕も大学時代によく通学時間に読んでいました。初めは地元、世界、芸能ニュースの記事がメインでしたが、次第に一般企業の宣伝が大部分を占めるようになり、今では記事より広告が中心となっています。一方グルメクーポン(例えばハンバーガーやピザの宅配等)はカナダでも活用されますが、郵便受けにそのチラシが届くのはせいぜい多くても1ヶ月に1回か祝祭日(いわゆる家族が自宅で揃う日)の時だけです。ですから日本みたいにそう頻繁には届きません。これも広告会社が意図的に工夫したマーケティング戦略の一環だと思います。
こういった生活の中、僕は健康と出費に配慮して、なるべくお弁当を持参して仕事に行くよう心がけています。しかし、日本食及び外食好きな僕に、仕事の後の一杯を我慢するには相当な時間がかかりそうです。

権藤 ノブオ



English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/