Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.72 May/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
What are your plans during the Golden Week holidays? Since Rainbow plaza is open throughout the period, we will be expecting many visitors from all across Japan and abroad seeking tourism information. Thus, a busy day is ahead of us!

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。レインボープラザは連休も開いています。観光情報を聞きに来られるお客さまが多くなります。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    2) Japanese Chatting Salon Change in hours of opening

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Fukuoka International Women's Tennis 2008
    2) Job Fair for International Students

3. News from FUKU-NET Members

    1) APCC Volunteers Wanted
    2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    3) Charity Baseball Tickets Available

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Fukuoka Asian Film Festival Pre-event
    2) Let's come together and talk!
    3) Fukuoka Indonesia Bamboo Concert

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    Tense Shoulders


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometown. We learn about the town's history and lifestyle, the student's family, what brought him/her to Fukuoka, and his/her vision for the future.

Date: May 15 (Thu) 18:30
Place: Attaka Plaza, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Wickramasinghe Navinda Kithmal (Colombo, Sri Lanka)
               Mechanical and Aerospace Engineering, Kyushu University
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2) Japanese Chatting Salon Change in hours of opening
"Japanese Chatting Salon" now opens longer hours. Please come and go freely and enjoy talking in Japanese with volunteers! No admission fee.

Date: Every first and third Thursday, 13:30-17:00
Place: Fukuoka International Association Conference Room


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Fukuoka International Women's Tennis 2008
This is an annual tournament approved by the International Tennis Federation, ITF. Ranked as the world's second best, Ana Ivanovic was the winner of 2004 tournament. Come and witness the world-class tennis players compete for the best!

Duration: Qualifying Thru. May 6 (Tue), Main Draw May 6 (Tue) -11 (Sun)
Venue: Hakata no Mori Tennis Stadium
Fee: Main draw (valid throughout the tournament) Adult 1,000yen,
Elem., J.H.S. and H.S. student 300yen

Inquiry: Fukuoka International Women's Tennis Office (Kyushu Tennis Association)
TEL: 092-722-1605

2) Job Fair for International Students
This is an annual job fair in which international students and businesses from Kyushu come to meet and exchange references with each other. In addition to job interviews, mock interviews and job counseling are also conducted. Admission is free and no appointment is necessary.

Date: May 11(Sun)10:00-17:00
Venue: ACROS Fukuoka Event Hall
Contents: 10:00-11:00 career seminar for international students
               11:00-17:00 job interviews
Further information: http://www.fukuoka-ics.jp/ (in Japanese)

Inquiry: International Economic and Tourism Section, Fukuoka Prefecture
TEL: 092-643-3430

3. News from FUKU-NET Members

1) Volunteers Wanted!
The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC) is calling for volunteers for its various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing sessions.

Dates/venues: May 15 (Thu) 18:30 Fukuoka City Hall North Annex 4F Conference room
                            25 (Sun) 14:00 Nishinihon Shimbun Kaikan

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
TEL: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp     URL: http://www.apcc.gr.jp/

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event

"Sotto Il Vestito Niente" (Italy, 95min., '85)
Date/Time: May 23 (Fri) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

3) Softbank Hawks Charity Baseball Tickets Available
Charity baseball games will be held to support the Cambodia Mines-remove Campaign & Aid for Victims. 500yen from each ticket sale will go towards the charity.

Games/Dates/Time:
Jun. 11(Wed), 12 (Thu) 18:00 vs. Chunichi Dragons
Sep. 10 (Wed), 11(Thu) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! Dome
Ticket: 2,500yen (ticket A /Reserved)

Application/Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign
TEL: 092-833-7676     Email: info@cmc-net.jp     URL: http://cmc-net.jp (in Japanese)


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival event
This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers!
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Film: "Kim Ki-duk: Cineaste of the Convulsive Beauty" France/Korea, 2007, 60min.
Date: May 17 (Sat) 12:00, 14:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: 1,000 yen Advance, 1,300 yen at door

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
TEL: 092-733-0949     Email: faff@gol.com

2) Let's come together and talk!
Issues facing migrant workers and their families in Japan are the topic of this month. Let's discuss and exchange suggestions on improving their lives. Admission is free.

Theme: Towards an age of settlement
Date: May 25 (Sun) 13:00-17:00
Venue: Minoshima Pastoral Center

Inquiry: Kyushu Solidarity Network with Foreign Migrant Workers
TEL: 092-431-1419     Email: netkyushu@axel.ocn.ne.jp
URL: http://www.asahi-net.or.jp/~na5r-wkmt/ (in Japanese)

3) Fukuoka Indonesia Bamboo Concert
In commemoration of 50th year since the establishment of diplomatic ties between Indonesia and Japan, a friendly concert will be held with dance performers from Kutai TImur, Kalimantan Timur, and Indonesia.

Date: Jun. 7 (Sat) 15:00-17:00
Venue: ACROS Fukuoka Event Hall
Fee: Adult 1,000yen, Elem. and J.H.S. Student 500yen

Inquiry: Teman Hati Indonesia no Kodomo wo Sukuu kai
TEL: 092-738-1830     Email: teman-hati@u01.gate01.com


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Tense Shoulders

Following last month's talk about my unhealthy diet in Japan (in which I explained about the effect of advertisement on food, etc.), I have come to realize yet another daunting problem which needs serious attention and a solution: a severe stiffness on both of my shoulders which have gotten worse over time.
Indeed, April's hectic schedule has made me spend most of my days at the office sitting in front of the computer and punching in the keyboard (probably the most active part of my body while sitting at the office), and I believe this, along with my stooped posture, has inevitably resulted in a chronic stress on my left shoulder and upper neck area.
Seeking several options to alleviate this ache without spending a large sum of money, I began going to a local onsen to relax in sauna and applying a cold compress (relatively cheap compared to Vancouver), as well as exercising and stretching out parts of my body whenever possible. However, once I was back at the office, a discomforting ache on my upper shoulder would promptly return, and by the end of the day, it would be as hard as a brick. In fact, it was so tense at one point that I was using an empty beer bottle to relieve its stiffness.
After having enough days with this stress and being unable to solve the problem on my own, I decided to pay a visit to "seikotsuin (整骨院)", a clinic where traditional Japanese massage, acupuncture, judo-orthopedics, osteopathy and others are offered to patients with back, joint, and muscle aches or any sports injuries. In fact, I've seen many of these in various corners of town, and I was really curious to find out what really went on inside, since they were not as common in Vancouver.
Luckily, one clinic was just below my apartment, so one afternoon after an early leave from work, I went in and consulted the practitioner, "What do you suggest I do to relieve this stiffness?" Well, after a two-minute explanation of basic muscle anatomy using a mini homunculus, he put me onto one of the beds and placed several wired pads on my upper back and along the—an interferential current therapy. A moment later, about a 1000Hz of electricity ran through my body, and I laid there thinking whether this treatment was going to have any effect other than a tingly sensation that was twitching my deltoid muscle.
Afterwards, an assistant took out a vibrating instrument by the name of "T-7000" (shaped much like a shoe box with several revolving balls on the bottom) and rolled it thoroughly from my head to toe not missing an inch of skin. Lastly, the doctor gave me a full massage with his hands and cracked a few joints on my neck to fix them into its original alignment.
This seemed more or less like a chiropractic treatment for those who incurred car accidents, not for an individual with only a shoulder ache; however, I felt an ease on my shoulder as if a ton of weight had magically disappeared. Fortunately, the medical fee was cheaper than I had originally thought, and the doctor reassured me that a regular exercise coupled with moderate treatment would improve my condition.
So, about two weeks have gone by already, and while I'm in the crunch time of delivering my project to completion at work, my shoulders are not as stiff as before. In addition, I constantly remind myself to sit upright and stretch my back whenever I'm morphing into the Hunchback of Notre Dame. I guess time will tell before my shoulders are stress-free, but in the land where exchanging bows is a customary body language (or the inclination of the body to various degrees which also puts a strain on my neck and back overtime), I don't think I'll become a shoulder stress-free salary man in Japan anytime soon.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
  
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 地球市民どんたく2008参加団体、企画運営ボランティア募集
  2) 福岡市青少年交流訪問団員募集
  3) ホストファミリー登録説明会開催
  4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
  5) 日本語おしゃべりサロン時間変更

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡国際女子テニス2008
  2) 留学生のための合同就職面談会
  3) 福岡県青年の翼「グローバル・ウィング2008」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) APCC交流キャンプ参加者募集 
  2) ワーキング・ホリデーミニ説明会
  3) JICAボランティア募集、セミナーのお知らせ
  4) 開発問題セミナー
  5) 外国人に部屋等を賃貸するオーナー及び不動産管理会社向け相談会
  6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  7) チャリティ野球開催

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 国際ボランティアプロジェクト
  2) 九州大学サマーコースホームステイ受入家庭募集
  3) 福岡アジア映画祭プレイベント開催
  4) かたらんね、しゃべらんね -外国籍住民との集い-
  5) 福岡・インドネシアバンブーコンサート

5. ノブが見た福岡

  「肩凝り」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 地球市民どんたく2008参加団体、企画運営ボランティア募集
  10月に行われる国際協力のイベントに出展する団体と、イベントの企画運営をおこなう企画運営ボランティアを募集します。詳細は上記サイトをご覧下さい。

活動期間:5月下旬~10月中旬
申込締切:5月8日(木)
イベント
日  時:10月9日(木)~13日(月・祝)
場  所:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地および周辺会場

2) 福岡市青少年交流訪問団員募集
福岡市の姉妹都市であるアメリカ・オークランド市とマレーシア・イポー市へ派遣する訪問団員を募集します。詳細は上記サイトをご覧ください。

アメリカ・オークランド市
日  程:7月25日(金)~8月5日(火) 12日間(うちホームステイ10泊)
参 加 費:120,000円
マレーシア・イポー市
日  程:8月4日(月)~13日(水) 10日間(うちホームステイ7泊)
参 加 費:70,000円

対  象:福岡市在住または市内の学校に通学する高校生(20歳未満)
締  切:5月16日(金)午後5時(必着)

3) ホストファミリー登録説明会
  ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。まずは説明会に参加してください。

日  時:6月1日(日)14:00~15:00
会  場:レインボープラザ会議室(イムズ8階)
申  込:電話、ファックス、メールなどで、氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。
     折り返し、概要を送ります。
締  切:5月27日(火)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215 Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」聴講者募集
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:5月15日(木)18:30
場所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかプラザ
講師:ビクラマシンハ・ナビンダ・キトマルさん (スリランカ・コロンボ)
   九州大学機械航空工学専攻

5) 日本語おしゃべりサロン時間変更
   外国人学生(留学生・就学生)とボランティアが気軽におしゃべりする場所です。開設時間が長くなりました。

日  時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00
場  所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)
参加無料、出入り自由。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡国際女子テニス2008
  国際テニス連盟(ITF)公認の国際大会です。現在世界ランク2位のアナ・イバノビッチは2004年大会優勝者です。世界クラスのプレーを観戦にきませんか。

日  時:予選~5月6日(火)、本戦5月6日(火)~11日(日)
会  場:博多の森テニス競技場
入 場 料:本戦6日間通し 一般1,000円、小中高生300円
     予選無料

問合せ:福岡国際女子テニス事務局(九州テニス協会)
TEL: 092-722-1605

2) 留学生のための合同就職面談会
  企業と留学生の出会いの場を提供する、年に一度の面談会です。企業との面談のほか、模擬面接指導や就職相談会も行います。入場無料、予約不要。

日  時:5月11日(日)10:00~17:00
会  場:アクロス福岡地下1階イベントホール
内  容:10:00~11:00 留学生のための就職セミナー
     11:00~17:00 合同就職面談会
詳細はこちら:http://www.fukuoka-ics.jp/

問合せ:福岡県国際経済観光課
TEL: 092-643-3430

3) 福岡県青年の翼「グローバル・ウィング2008」
  地域活動に意欲を持った青年を海外に派遣し、テーマ別に研修、ボランティア活動、ホームステイなどの多彩なプログラムを通し、国際的な視野を備えた地域活動の青年リーダーを育成する「グローバル・ウィング」を実施します。

派遣期間:11月15日(土)~ 22日(日)
訪 問 国:ドイツ・スウェーデン
対象・定員・参加費:リーダー(30~39歳) 4名 77,000円
           メンバー(18~29歳) 36名 128,000円
締  切:6月13日(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e05/globalwing2008.html

申込・問合わせ:福岡県青年の翼実行委員会(福岡県青少年課内)
TEL: 092-643-3387


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) APCC交流キャンプ参加者・ボランティア募集
  アジア太平洋子ども会議・イン福岡では、各国のこども大使と交流するキャンプに参加する日本のこども大使および、事業を運営するボランティアを募集します。

日  時:7月11日(金)~13日(日)2泊3日
場  所:海の中道青少年海の家
締  切:5月8日(木)18:00
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

ボランティア登録説明会
日  時:5月15日(木)18:30 福岡市役所北別館4F2号会議室
       25日(日)14:00 西日本新聞会館(予定)

申込・問合せ:アジア太平洋子ども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2) ワーキング・ホリデーミニ説明会
  ワーキング・ホリデーについて基本的な説明を少人数で行います。

日  時:毎月第1金曜日 5月9日、7月4日、8月1日 15:30~16:30
場  所:ワーキング・ホリデー協会九州支所(中央区天神5-4-12地方自治センタービル6階)

申込・問合せ:ワーキング・ホリデー協会九州支所
TEL: 092-713-0854  URL: http://www.jawhm.or.jp/

3) JICA青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集、セミナーのお知らせ
  春の募集は今月まで。毎週木曜日には、国際協力相談コーナーも開催中。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/index.html

締  切:5月23日(金)
国際協力相談コーナー
日  時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00~18:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:青年海外協力隊や、国際協力一般

国際協力セミナー「クロスロード~国際協力への道~」
「環境」を焦点に国際協力について考えてみよう。参加無料、要申込。
日  時:5月12日(月)、19日(月)、26日(月)19:00~20:30 全3回
場  所:福岡市立青年センター
対  象:高校生から35歳までの国際協力に興味のある人 40~50名程度
締  切:5月7日(水)必着

申込・問合せ:国際協力機構JICA九州
TEL: 093-671-6311  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp
JICA福岡市国際協力推進員
TEL:092-733-5638  Email:jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4) 開発問題セミナー
  政府の開発援助に対する政策提言に関わってこられた講師をお招きします。

テ ー マ:地域で国際協力の活動をするNGOが果たせる役割
     ―新しい社会資本としてのNGO―
日  時:5月17日(土)18:00
場  所:ココロンセンター研修室(福岡市人権啓発センター)
講  師:高橋良輔氏(佐賀大学講師)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/newpageseminar08.html

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 092-851-2001  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

5) 外国人に部屋等を賃貸するオーナーおよび不動産管理会社向け相談会 
   外国人向けに住居の提供をしているオーナーの方や管理業者の方、外国人に部屋を賃貸する時に対して不安をお持ちの企業からの個別相談を受け付けます。事前に相談内容などをご連絡ください。相談料無料。相談時間約20分。

日  時:5月23日(金)9:00~17:00
場  所:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前2丁目)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
TEL: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

6)  福岡日伊協会映画鑑賞会 
   毎月無料で上映しております。先着順。

上映作品:ドレスの下はからっぽ(伊・95分・1985年)
日  時:5月23日(金)19:00
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

7) チャリティ野球開催
  福岡ソフトバンクホークスの協力により、カンボジア地雷撤去および地雷被害者救済のチャリティ野球チケットを販売します。チケット料金の中から500円がチャリティにあてられます。

日時・対戦チーム:6月11日(水)、12日(木)6:00 中日ドラゴンズ
         9月10日(水)、11日(木)6:00 東北楽天ゴールデンイーグルス
場  所:ヤフードーム
料  金:A指定席(通常4,300円)2,500円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

申込・問合わせ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 国際ボランティアプロジェクト
  世界中から集まる仲間と一緒にボランティア活動をし、共同生活を送ることで、文化を超えお互いを理解することが目的のプログラムです。

説明会
日  時:5月10日(土)、17日(土)13:00~14:00
場  所:アクロス福岡3Fこくさいひろば交流室

問合せ:国際教育交換協議会
TEL: 092-736-6742  URL: http://www.cieej.or.jp/

2) 九州大学サマーコースホームステイ受入家庭募集
  九州大学が開講する外国人留学生のためのサマーコースには、毎年海外の有名大学の学生が参加しています。

期  間:後半 7月26日(土)~8月9日(土)、10日(日)2週間
     全期 6月28日(土)、29日(日)~8月9日(土)、10日(日)約6週間
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/study/homestay-tutor-partner/outline.htm

申込・問合せ:九州大学国際交流推進室
TEL: 092-642-4275

3) 福岡アジア映画祭プレイベント開催
  アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進し、21回を数える長い歴史と実績、422本にものぼるアジア映画を紹介してきました。

日  時:5月17日(土)12:00~、14:00~、16:00~
会  場:九州日仏学館
作  品:フランス・韓国合作「キム・ギドク:激情の美のシネアスト」('07、60min)
会  費:1,300円

主催・問合わせ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

4) かたらんね、しゃべらんね 外国籍住民との集い
  今回は、移住動労者とその家族が主役です。今、何をどう取り組むか、共に考えていきます。参加無料。

テーマ:定住化時代を迎えて
日  時:5月25日(日)13:00~17:00
場  所:美野島司牧センター(カトリック美野島教会)
詳細はこちら:http://www.asahi-net.or.jp/~na5r-wkmt/

問合せ:移住労働者と共に生きるネットワーク・九州
TEL: 092-431-1419  Email: netkyushu@axel.ocn.ne.jp

5) 福岡・インドネシアバンブーコンサート
  日本インドネシア国交樹立50周年記念イベントを開催します。インドネシア・カリマンタン島・東クタイより舞踊団が出演します。

日  時:6月7日(土)15:00~17:00
場  所:アクロス福岡イベントホール
料  金:一般1,000円 小・中学生500円
詳細はこちら:http://hw001.gate01.com/teman-hati/

問合せ:インドネシアの子供の教育を救う会
TEL: 092-738-1830  Email: teman-hati@u01.gate01.com


5. ノブが見た福岡

肩凝り

先月お話した日本の宣伝効果と僕の悪い食生活の関係に引き続き、今月はさらにもう一つ、僕が日本で抱えている深刻な問題について語りたいと思います。それは日ごろから重なるように溜まる肩凝りの悩み。
4月になると急に仕事の量もふえ、毎日職場に来ては、一日中コンピューターの前に座り、長期におよぶ硬直状態の姿勢が続きました。体を動かすと言えば、素早くキーボードを打つ10本の指程度。少し上半身が猫背だと言う事もあって、気づいた時にはすでに左肩と首筋の辺りがたんまり凝っていました。治療にあまりお金を使いたくなかった僕は、近所の温泉に通い、疲れを癒すためにサウナに入ったり、冷シップを張ったり(カナダに比べて安い事に驚き)、暇を見つけて運動や柔軟体操をしたり等、色々な方法で肩凝りを改善しようと試みましたが、職場に戻るとたちまち首の付け根から鋭い違和感が再発し、帰宅頃には石みたいに硬くなっていました。一時あまりにも硬くなりすぎて、家にあったビール瓶を肩たたきとして使った事もあったりました。
これはさすがに自分でも解決出来ないと判断した僕は、あん摩・針・柔道整・整体等様々な療法を専門にする整骨院に出向かいました。実を言うと、日本に来て以来、あらゆる場所で整骨院の看板を見かけていたので、一度どういう所なのか覗いてみたい気持ちがありました(バンクーバーではあまり見かけないので)。
運良く今住んでいる団地の一階に整骨院があったので、午後にお休みを貰ったある日、そこへ行きました。「肩凝りがなかなか治らないので、どうしたら良いですか」と尋ねると、医者が少し小さめの人体模型の各部分を指さしながら、二分程度で筋肉の構造及び肩凝りの主な原因等について説明してくれました。
そして間もなく、寝台の上にうつ伏せ状態。幾つかのパッチを首筋と肩辺りの経穴に当てられ低周波治療が始まりました。周波が低かったせいか(1000ヘルツ以下)、気持ちいいと言うよりは、三角筋がピクピクと動くだけで、少しかゆくなる程度でした。「本当に効くのかな」と半信半疑で様子を伺っていると、別の助手がやって来て、「T-7000」と言う振動式のあん摩道具(箱型で底部に回転するボールが付いたもの)で、僕の後頭部から足のつま先までを徹底的にマッサージしてくれました。最後に、手技・整体療法でずれた首の部分を元の位置に、「コキッ」と一ひねり。ただの肩凝りを抱える患者には少し大げさな療法メニューとは言え(交通事故のリハビリなら分からないでもないが)、治療終了後には不思議と両肩にのしかかっていた重みがスーッと消えていました。驚く事に、治療費も思ったより安く、持続療法及び適度な運動と柔軟体操が早期治癒につながるでしょうとお医者さんが念を押してくれました。
ちょうど二週間がたった今、仕事はまさに試練の場でファイルの山。最後のプロジェクトを成し遂げるために忙しい毎日を過ごすなか、以前よりは肩が凝らなくなりました。なるべく正しく座る事を意識し、背筋を伸ばすように心掛けています。(でないと、ノートルダムのせむし男みたいな体型になってしまう恐れが。)しかし、日本の生活でお辞儀という習慣がある限り(これも僕にとっては一つの肩凝り要因)、肩凝りの完全解消の日は何故か近いようで遠い気がします。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/