Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.73 June/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
June is the season to change clothes in Japan, and you can sense the coming of summer through people's "cool" fashion—customary in the country where the four seasons are clearly defined.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
6月は衣替えの時期です。街で見かける人々の服装が夏らしくなり、季節が変わるのがわかります。四季のある日本らしい習慣ですね。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

     1) Myanmar and China Disaster Relief Donation
     2) 2008 International Dontaku Troupe "Otsukaresamadeshita!"
     3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
     4) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

     1) Cinela "A New Tide in Malaysian Films Featuring Yasmin Ahmad"
     2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners

3. News from FUKU-NET Members

     1) Charity Baseball Tickets Available
     2) APCC Panel Exhibition
     3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
     4) Cambodia Cooking Class
     5) Discussion Meeting with Foreign Students

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

     1) Fukuoka Indonesia Bamboo Concert
     2) Business Seminar for Foreign Students
     3) Fukuoka Asian Film Festival

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

     Coming of summer?


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630     FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Myanmar and China Disaster Relief Donation
Donations for the victims of Cyclone Nargis in Myanmar and earthquake in Sichuan Province, China, are now being collected as below. They will be sent as "Fukuoka Citizen Donation" to the following organizations. Thank you for your cooperation.

Place: Rainbow plaza
Collection period:
Donation for Cyclone Nargis in Myanmar by Jun. 6 (Fri.) Japanese Red Cross Society
Donation for Earthquake in Sichuan Province, China by Jun. 13 (Fri.) Consulate-General of the People's Republic of China in Fukuoka

2) 2008 International Dontaku Troupe "Otsukaresamadeshita!"
I would like to give a warm appreciation for everyone who has come to participate for this year's Dontaku International Troupe and would like to further extend "Otsukaresama deshita!" for completing the festivity with a ton of success! Blessed under the ray of golden sun and vibrating Hakata atmosphere, we were once again able to create a memorable and joyful experience for all those who have come to watch the annual Dontaku parade.
A group of dance performers called "ODORU INDOJIN" led the troupe this year, and under the diligent guidance of Neela and Sakina, we were able to introduce a colourful Indian dance and traditional music to Hakata, as well as shake the crowd's soul in a party and jubilant mood like never before. From everyone's hearty effort, we won the award for the "Dontaku Troupe Ninki Contest" as one of the top troupes!
Needless to say, as long as there is Hakata Dontaku Parade in which our Dontaku International Troupe rests, our ambition in organizing the most vivid and mosaic troupe will never halt. Thanks to all of you once again, for your cooperation, and participation in Dontaku, and I hope that everyone had a superb day in making new friends and especially marching on the parade to show your respective culture, or engaging in one form of internationalization in Fukuoka.
I hope to see everyone in the next year's International Dontaku Troupe, for it will definitely be bigger and better! Until then, keep your "Dontaku" spirit alive!

Regards, Nobuo Gondo

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometown.

Date: Jun. 19 (Thu) 18:30
Place: Attaka Plaza, Fukuoka International Association
Lecturer: Ms. Cho EunJung (Gimhae-si, Gyeongsangnam-do, Korea)
Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

4) Japanese Chatting Salon
"Japanese Chatting Salon" welcomes all foreign students studying in Fukuoka for a chat in Japanese. Enjoy a friendly conversation with our Japanese volunteers for free!

Date: Every First and Third Thursday of the Month, 13:30-17:00
Place: Fukuoka International Association Conference Room


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cinela "A New Tide in Malaysian Films Featuring Yasmin Ahmad"
Experience the collection of Malaysia's new style of films through the director, Yasmin Ahmad.

Duration: through Jun. 8 (Sun), Jun. 18 (Wed) - 28 (Sat)
Films: (Subtitled in Japanese & English)
   Sepet ('04 107min.)
   Rabun ('03 85min.)
   Gubra ('05 113min.)
   Mukhsin ('06 97min.)
   Dancing Bells ('06 98min.)
   Love Conquers All ('06 90min.)
   The Bird House ('06 92min.)
   The Gravel Road ('05 92min.)
   Before We Fall in Love Again ('06 99min.)
   Goodbye Boys ('05 88min.)
Fee: Adult 600yen, Univ. & H.S. Students 500yen, J.H.S. & Elem. Students 400yen

The 22nd Image Forum Festival
Duration: Jun. 11 (Wed)-15 (Sun)
Fee: 1,000 yen for 1 program, 2,100 yen for 3 programs, free-pass 4,500yen
English program: http://www.imageforum.co.jp/festival/

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608      FAX: 092-852-0609      URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Throughout the year, we introduce various lectures and hands-on experience about Japanese culture to foreigners. Sign up today!

Dates/programs: Jun. 14 (Sat) Pottery, Jul. 12 (Sat) Gion Yamakasa (Festival)
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100      FAX: 092-725-9102
Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Softbank Hawks Charity Baseball Tickets Available
Charity baseball games will be held to support the Cambodia Mines-remove Campaign & Aid for Victims. 500yen from each ticket sale will go to the charity.

Games/Dates/Time:
Jun. 11(Wed), 12 (Thu) 18:00 vs. Chunichi Dragons
Sep. 10 (Wed), 11(Thu) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! Japan Dome
Ticket: 2,500yen (Ticket A /Reserved/Regular 4,300yen)

Application/Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign
TEL: 092-833-7676     Email: info@cmc-net.jp     URL: http://cmc-net.jp (in Japanese)

2) APCC Photo Exhibition
Photos capturing the 20 years of the activities of the Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA (APCC) will be exhibited.

Dates/venues: Jun. 9 (Mon) -15 (Sun) AIREF 1F
                           23 (Mon) - 27 (Fri) Fukuoka City Hall 1F

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
TEL: 092-734-7700      Email: info@apcc.gr.jp      URL: http://www.apcc.gr.jp/

3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event.

"Rocco E I Suoi Fratelli" (Italy, 168min., '60)
Date/Time: Jun. 15 (Sun) 13:30
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-1111

4) Cambodia Cooking Class
  A Cambodian cook will introduce and prepare an authentic cuisine.

Date: Jun. 15 (Sun) 10:30-14:30 Cooking
                             14:30-15:30 Study Tour Briefing session
Venue: AMIKAS Cooking room (Takamiya, Minami-ku)
Fee: Adult 1,500yen, Elem. S. Student and under 700yen
Please bring an apron, writing materials and containers to pack the leftovers.
Capacity: the first 20 applicants
Application deadline: Jun. 13 (Fri)

Application/inquiry: F-ACT
TEL: 090-4515-5079      Email: factjp2001@yahoo.co.jp

5) Discussion meeting with foreign students
  This is a meeting set up to support foreign residents and their families to make their life more comfortable in Japan through the gathering of foreigners or individuals who are interested in assisting them. Prior application required.

Date: Jun. 20 (Fri) 18:00-19:30
Venue: NPO Volunteer Center (Yoshizuka Godo Chosha 5F)
Eligibility: foreign residents, foreign students who are enrolled at Japanese language schools, universities and colleges, and anyone who are willing to support foreign residents.
Fee: 300yen/person

Application/inqury: Global Life Support Center
TEL: 092-441-0036      URL: http://www.npo-global.jp/ (in Japanese)


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Indonesia Bamboo Concert
In commemoration of 50th year since the establishment of diplomatic ties between Indonesia and Japan, a friendly concert will be held with dance performers from Kutai TImur, Kalimantan Timur, and Indonesia.

Date: Jun. 7 (Sat) 15:00-17:00
Venue: ACROS Fukuoka Event Hall
Fee: Adult 1,000yen, Elem. and J.H.S. Student 500yen

Inquiry: Teman Hati Indonesia no Kodomo wo Sukuu kai
TEL: 092-738-1830      Email: teman-hati@u01.gate01.com

2) Business Seminar for Foreign Students
This seminar is aimed for foreign students who are wishing to search jobs in Japan and want to learn about the Japanese office decorum. The lecture will be conducted in Japanese.

Date: Jun. 17 (Tue), 26 (Thu)
Program: 13:00-14:45 Business Seminar, 15:00-16:00 Skull meeting
Venue: JTB Business Support Kyushu (Nagahama, Chuo-ku)
Fee: 500yen for text material
Eligibility: foreign students who are enrolled at universities or vocational schools

Application/inquiry: JTB Business Support Kyushu
TEL: 092-781-8702      Email: asiajinzai@jtb.jp

3) Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival event
This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers!

Duration/Venue: Jul. 4 (Fri) -6 (Sun) French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
                             11 (Fri) -13 (Sun) NTT Yume Tenjin Hall (IWATAYA 7F)
Fee: Advance ticket 1,400 yen/film
At door Adult 1,800 yen, University student 1,500yen, J.H.S & H.S. Student 1,000yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
TEL: 092-733-0949      Email: faff@gol.com


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Coming of summer?

It almost feels like yesterday when I felt the spring's cool zephyr running through my skin and the climate was pleasantly warm for going out. However, now, the gray and gloomy days of tsuyu season are seriously making me consider whether my blue umbrella is my next best friend in town. I'm sure that everyone is feeling somewhat sticky in a greenhouse-like environment, where the rising humidity is quickly eating up our pocket change for cold drinks (Kirin for beer lovers) at conbini or vending machines. So, how do you combat this annoying heat and rain? Well, here are some practical suggestions which I can offer.
I guess the hot weather and rainy days are not as dreadful as they seem, if you take certain measures before
and after leaving your house. For instance, these days in the morning, I try to leave a little early for work when the humidity is conditioned by the morning breeze. This way, my newly-ironed shirt is not drenched with sweat and stays crisp when arriving at my office. Besides, I get to enjoy a comfortable and virtually an empty bus ride while tuning into cool music to meditate my brain, and it definitely makes my day productive as the saying, "朝起きは三文の徳" or "early to bed and early to rise makes a man healthy, wealthy, and wise". Believe it or not, taking a hot shower in the morning also helps you to climatize and reduce the drops of your perspiration; however, this is given the fact that your body's temperature is higher than the outside temperature (i.e. The Second Law of Thermodynamics: heat spontaneously flows from high to low temperature environment).
Another tactic to consider is what to eat for lunch. Eating ramen is perhaps the worst choice on the list, for not only do you have to work in a dripping condition at work after (from both the sweat and the drizzle), but the high carbohydrates contained in the noodle and the tonkotsu (pork bone broth) soup make you drowsy after a few hours of digestion, in which case a canned coffee becomes the seemingly only available solution to stay focused (or your supervisor's sound scolding to wake you up!). How about fixing sandwiches or bento? Though this could be a frustrating task at sunrise for a single male who is a gourmet but not a home cook, it is actually a very effective solution in overcoming heat and saving money.
Basically, at the comfort of your air-conditioned office, a healthy lunch is ready, right in your eyes, without having the trouble to wait in a line of umbrellas outside, or having to sit beside an unacquainted person at a stuffy restaurant with whom you share no interests (the culture of aiseki which I've mentioned in the past issue).
Once you step outside the cool building, however, the world is a different place with stickiness surrounding you swiftly from all angles. Though there really isn't a universal panacea to counter this (unless you can convince "Theoi Ouranioi": the gods of sky), Tenjin has a great escape route such as the Tenjin Underground Mall, which has a cooler environment than above the ground. Since it's virtually connected to most of the major department stores and subway stations, it's also a gateway to grocery shopping, a desired bus stop, or a cooler place called "home"! The only concern is "eye shopping" in which I occasionally end up coming back home late with an extra bag of "something".
Needless to say, most of the buildings in Japan are air-conditioned fairly well from the beginning of June or even a lot earlier; thus, as long as you stay in the shade with your handkerchief, and avoid fatty foods which add extra heat into your system (unless you release it via exercising), I think you can survive June and hopefully July, but the real summer lethargy is, as you know, just around the corner.

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) ミャンマー・中国四川省災害義援金募集
  2) 国際どんたく隊おつかれさまでした!
  3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
  4) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「ヤスミン・アハマドとマレーシア映画新潮」
  2) 福岡県青年の翼「グローバル・ウィング2008」
  3) 福岡県「女性研修の翼」
  4) 外国人のための日本文化いろは講座

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) チャリティ野球開催 
  2) APCCボランティア募集、パネル展開催
  3) ヒッポファミリークラブイベント開催、ホストファミリー募集
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) カンボジア料理教室
  6) 外国人留学生・就学生との懇談会
  7) ワーキング・ホリデーミニ説明会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡・インドネシアバンブーコンサート
  2) 留学生向けビジネス研修
  3) 福岡アジア映画祭

5. ノブが見た福岡

  「夏の前兆」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) ミャンマー・中国四川省災害義援金募集
ミャンマー・サイクロン被害および中国四川省大地震被害への義援金箱を設置しております。集まりました義援金は、福岡市民義援金として下記贈呈先に届けます。
皆様のご協力よろしくお願いします。

場  所:レインボープラザ
募集期間・贈呈先:
ミャンマー・サイクロン被害 6月 6日(金)まで 日本赤十字社
中国・四川省大地震被害    6月13日(金)まで 中華人民共和国駐福岡総領事館

2) 国際どんたく隊おつかれさまでした!

今年の「国際どんたく隊」に参加していただいた皆さん、充実感に満ち溢れた体験ができたことを深く感謝しています。本当にお疲れ様でした!当日は好天に恵まれ、博多の町も大いに賑わい、「国際どんたく隊」を通じて、沿道の観衆にも素晴らしい体験を満喫していただいたと確信しています。
今年の国際どんたく隊は、「ODORUいんどじん」を先頭に、サキーナさんとニーラさんが率いる約40名のダンサーが伝統音楽にのって華麗なパフォーマンスを繰り広げ、かつてないほどに私たちのパワーが観衆に伝わったと思います。その結果、平成20年度のどんたく隊賞人気コンクールに「国際どんたく隊」が受賞しました!
どんたく港まつりがある限り、私たち「国際どんたく隊」は、常に色鮮やかで明るい国際的な一座を目指していきますので、今年も皆様が国際交流の一環として、それぞれの文化を福岡にアピールし、新しいお友達ができたら幸いです。皆様のご協力とご参加に対し心より御礼申し上げます。
また来年、多くの国々からのご参加をお待ちしています。お疲れ様でした!
権藤ノブオ

3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6月19日(木)18:30
場所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかプラザ
講師:ジョ・ウンジョンさん(韓国・慶尚南道金海市)
   九州大学比較社会文化学府研究生

4) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)の日本語の上達を目的としたサロンです。ボランティアのみなさんと気軽におしゃべりしましょう。参加無料、出入り自由。

日時:毎月第1・第3木曜日 13:30-17:00
場所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1)  シネラ「ヤスミン・アハマドとマレーシア映画新潮」
マレーシア映画の新星ヤスミン・アハマド監督と時代を切り開く若い監督達
期 間:6月4日(水)-8日(日)、18日(水)-28日(土)
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人 600円 高・大学生 500円 小中学生 400円

イメージフォーラム・フェスティバル2008
期 間:6月11日(水)-15日(日)
観覧料:1,000円(当日1回券)、2,100円(3回券)、4,500円(フリーパス券)

詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2)  福岡県青年の翼「グローバル・ウィング2008」
地域活動に意欲を持った青年を海外に派遣し、テーマ別に研修、ボランティア活動、ホームステイなどの多彩なプログラムを通し、国際的な視野を備えた地域活動の青年リーダーを育成する「グローバル・ウィング」を実施します。

派遣期間:11月15日(土)- 22日(日)
訪 問 国:ドイツ・スウェーデン
対象・定員・参加費:リーダー(30-39歳) 4名  77,000円
           メンバー(18-29歳)36名 128,000円
締  切:6月13日(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e05/globalwing2008.html

申込・問合せ:福岡県青年の翼実行委員会(福岡県青少年課内)
TEL: 092-643-3387

3) 福岡県「女性研修の翼」
地域や企業等で活躍する女性の皆さん。「女性研修の翼」に参加し、国際的視野を広げ、今後の活動に活かしてみませんか。事前・事後研修、報告会があります。

研修国:スイス、ベルギー
期 間:10月19日(日)-26日(日)
人 数:20名程度
参加費:22万5千円程度
申 込:申込書は、市役所、町村役場の男女共同参画担当、また、ホームページから入手できます。
締 切:6月20日(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f17/tubasabosyu2008.html

申込・問合せ:福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」実行委員会
TEL: 092-643-3391

4) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時・内容:6月14日(土)日本の焼き物文化を知る
      7月12日(土)祭り(祇園山笠)から博多を知る
時 間:14:00
会 場:アクロス福岡2階セミナー室
定 員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  チャリティ野球開催
福岡ソフトバンクホークスの協力により、カンボジア地雷撤去および地雷被害者救済のチャリティ野球チケットを販売します。チケット料金の中から500円がチャリティにあてられます。

日 時・対戦チーム:6月11日(水)、12日(木)6:00 中日ドラゴンズ
          9月10日(水)、11日(木)6:00 東北楽天ゴールデンイーグルス
場 所:ヤフードーム
料 金:A指定席(通常4,300円)2,500円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

申込・問合わせ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676

2) APCC交流ボランティア募集、パネル展開催
アジア太平洋子ども会議・イン福岡では、事業を運営するボランティアを募集します。また、過去20年の活動を振り返る写真パネル展を行います。

ボランティア登録説明会
日時・場所:6月6日(金)18:30 福岡市役所北別館4F2号会議室
       15日(日)14:00 西日本新聞会館14F
       25日(水)18:30 福岡市役所北別館4F2号会議室 
写真パネル展
日時・場所:6月9日(月)-15日(日)あいれふ1Fロビー
       23日(月)-27日(金)福岡市役所1Fロビー
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ:アジア太平洋子ども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) ヒッポファミリークラブイベント開催、ホストファミリー募集
いくつものことば「多言語」を「自然習得」しながら、世界の人たちと交流する多言語活動を行っています。
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

講演会「7か国語で話そう。」参加無料
日時・場所:6月6日(金)10:30 筑紫野市文化会館
        7日(土)14:00 クローバープラザ(春日市)
        8日(日)14:00 アクロス福岡

ホストファミリー募集
福岡で80名の高校生のホームステイをボランティアで受け入れてくださるホストファミリーを募集します。
滞在期間:7月4日(金)-7日(月)3泊4日
申  込:所定の申込用紙に必要事項を明記の上、郵送で申込。申込書はHPからダウンロード可能。
締  切:6月10日(火) 

申込・問合せ:ヒッポファミリークラブ西日本
TEL: 092-715-3859

4)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月無料で上映しております。今回は上映100回記念です。先着順。

上映作品:若者のすべて(伊・168分・1960年)
日  時:6月15日(日)13:30
会  場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
定  員:先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-1111

5) カンボジア料理教室
  本物の味を楽しんでいただくために今回初めてカンボジア人講師を招きました。スタディツアー説明会も開催します。

日 時:6月15日(日)10:30-14:30 料理教室 
           14:30-15:30 スタディツアー説明会
場 所:アミカス料理実習室
参加費:大人1,500円 小学生以下700円
    *エプロン、筆記具、料理が余ったときの持ち帰り容器は各自で準備
定 員:先着20名
締 切:6月13日(金)

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 090-4514-5079  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

6) 外国人留学生・就学生との懇談会
外国人の方、外国人支援に興味のある方、実際に困っている外国人の方やその家族に集まっていただき、少しでも日本の生活に慣れ親しんでもらえるように企画しました。要事前申込。

日 時:6月20日(金)18:00
場 所:NPOボランティアセンター(博多区吉塚合同庁舎内)
参加費:300円
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルサポートセンター
TEL: 092-441-0036

7) ワーキング・ホリデーミニ説明会
ワーキング・ホリデーについて基本的な説明を少人数で行います。

日時:7月4日、8月1日 15:30
場所:ワーキング・ホリデー協会九州支所(中央区天神5-4-12地方自治センタービル6階)

申込・問合せ:ワーキング・ホリデー協会九州支所
TEL: 092-713-0854  URL: http://www.jawhm.or.jp/


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1)  福岡・インドネシアバンブーコンサート
日本インドネシア国交樹立50周年記念イベントを開催します。インドネシア・カリマンタン島・東クタイより舞踊団が出演します。

日時:6月7日(土)15:00
場所:アクロス福岡イベントホール
料金:一般1,000円 小・中学生500円
詳細はこちら:http://hw001.gate01.com/teman-hati/

問合せ:インドネシアの子供の教育を救う会
TEL: 092-738-1830  Email: teman-hati@u01.gate01.com

2) 留学生向けビジネス研修
日本の職場マナー、挨拶などを学びます。日本語での研修です。

日時・内容:6月17日(火)、26日(土)
      13:00-14:45 ビジネス研修
      15:00-16:00 意見交換会
場 所:福岡市中央区長浜1-1-35 新KBCビル6階
参加費:500円(テキスト代、会場費)
対象者:大学、専門学校に在籍中の留学生

申込・問合せ:JTBビジネスサポート九州 営業部事業開発室
TEL: 092-781-8702  Email: asiajinzai@jtb.jp

3) 福岡アジア映画祭
22年目を迎える今年は初公開のコンペティション作品、多彩なゲストを招いて開催します。

日程・場所:7月4日(金)- 6日(日)九州日仏学館5Fホール
       11日(金)-13日(日)NTT夢天神ホール(岩田屋本館7F)
料  金:一般1,800円 大学生1,500円 高中生1,000円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. ノブが見た福岡

夏の前兆

春の暖かい気候と涼しくて心地よい風はあっという間に過ぎ去り、今はちょうど陰気で憂鬱な梅雨。私の使っている青い傘は「相棒」と呼んでもいいぐらい使い込んでいて、日々上昇するこの蒸暑さ(まるで窮屈なビニールハウスに閉じ込められた感じ)には耐え難い気持ちでいっぱいです。皆さんもおそらく同じような事を最近感じていると思いますが、対策として冷たい飲み物(又は仕事の後の一杯)をコンビニまたは自販機で買うとすぐにお金無くなって行きますよね。ではどうやって、このじわじわと始まる蒸暑さと雨季に対抗すればよいのでしょうか。それぞれ個人性はあると思いますが、私は次の策を取る事によってこの問題を解決しています。
湿度が上がり絶え間なく続く雨ですが、きちんと家を出る前と出た後の対策を考えていれば、意外にこの悩みから解消されます。例えば、なるべく早朝の涼しい時間帯に合わせて出勤する事によって、アイロンしたてのワイシャツを汗だくにする事無く、さわやかな状態でオフィスに辿りつく事が出来ます。むしろ、空いたバスでゆったりと涼しげな音楽を聴く事も可能に。あえて言えば「朝起きは三文の得」。さらに、熱いシャワーを浴びると、外に出たときの涼しさが倍増します(熱力学第二法則:熱は高温物体から低温物体に伝わると言う原理、上記の場合は体温が外の温度より高いのが条件)。
もう一つ、蒸暑さをしのぐために、欠かせない策は昼食に秘められています。ラーメン等のコッテリ系の熱いスープは食べている時は絶妙ですが、食後、顔から汗が滴り落ちてくるので(外が小雨なら尚更)仕事に戻っても熱い状態が続きます。それもそうでしょう、豚骨の油を消化するのにエネルギーを消費し、熱で発散しているのですから。そして、しまいには眠気が襲って来るので、缶コーヒーで目を覚まさざるを得なくなります(でも、一番目覚めに効く薬はやはり上司からの注意でしょう)。では、お弁当やサンドイッチ等を持参するのはどうでしょうか?この案は、料理に全く興味の無い一人暮らしの男性には少しきつい試練だと思いますが、実はこれが最も効率的な解決策なのです。基本的に、お弁当を早朝に作っておけば、昼食時間には涼しいオフィスでおいしいマイ・ランチを味わえることが出来ます。逆に言えば、外に行って並ばずに済むし、見知らぬ人を正面に(特に席数が少ない人気店)ご飯を食べなくても済むのです。
ただし一歩外に出ると、そこはビルの中の冷房が効いた空間とは程遠い、蒸暑い世界。四方八方から迫る湿気は、ギリシャの「空の神々」と讃えられる「Theoi Ouranioi」でない限り、実際にはどうにもする事は出来ない。ただし、逃げ道の一つとして、天神地下街があります。地上よりはるかに涼しいし、天神内のデパートや地下鉄にも繋がっているので、買い物はもちろん移動手段にも幅広く活用できます。僕も、仕事場からバス停までこの抜け道を利用していますが、たまに、気になるお店の前を通ると寄ってしまい、挙句には帰宅時間が遅くなる日もあります。
もちろん、日本の殆どの建物は5月下旬から6月上旬には冷房が入るので、ハンカチを片手に、日差しを避け、脂っこい食べ物を控え目にさえすれば(適度な運動をするなら別だが)、6月はおろか、7月の暑さにも耐え抜いて行けるでしょう。ただ、今年の暑さはまだ序の口に過ぎない事を忘れなく。


権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/