Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.74 July/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
The Group of Eight Summit will be held from July 7 to 9 in Toyako town, Hokkaido. Main theme of the Summit is "Environment and Climate Change." We should all take this occasion to review our lifestyles and consider how we can become more environmentally- friendly.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
まもなく北海道洞爺湖で、環境と気候変動をテーマにG8サミットが開催されます。これを機会に、私達も自分の生活を見直してみませんか。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Announcement and acknowledgement on Myanmar and China Disaster Relief Donations
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    3) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Cinela "Films from Egypt and the Arab world"
    2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
    3) Fukuoka Triathlon Festa 2008

3. News from FUKU-NET Members

    1) Belarus Embroidery Cafe
    2) Isla de Salsa 2008
    3) APCC Fukuoka Music Festival

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Fukuoka Asian Film Festival
    2) Workshop for Junior High School Students Whose Mother Tongue Is Not Japanese
    3) Experience Noh Performance

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    Pub crawl at Yatai


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) Announcement and acknowledgement on Myanmar and China Disaster Relief Donations
Donations for the victims of Cyclone Nargis in Myanmar and earthquake in Sichuan Province, China were collected and sent as "Fukuoka Citizen Donation" to the following organizations. Thank you very much for your cooperation.

Purpose/Collection period/Organization:
Cyclone Nargis in Myanmar, May 16 - Jun. 6, Japanese Red Cross Society
Earthquake in Sichuan Province, China, May 16 - Jun. 13, Consulate-General of the People's Republic of China in Fukuoka

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometowns. Through this, we learn about the student’s family, his/her hometown and lifestyle, what brought him/her to Fukuoka and his/her vision for the future.

Date: Jul. 17 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Nascimento Gilberto (Sao Paulo, Brazil)
Japanese Literature, Kyushu University
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

3) Japanese Chatting Salon
"Japanese Chatting Salon" welcomes all foreign students studying in Fukuoka for a chat in Japanese. Enjoy a free, friendly conversation with our Japanese volunteers!

Date: Every First and Third Thursday of the Month, 13:30-17:00
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association Conference Room


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cinela "Films from Egypt and the Arab world"
A collection of films from Egypt and the Arab world will be released with the joint opening of "Sakuji Yoshimura's New Discovery Egyptian Exhibit" which will be held at the Fukuoka City Museum until August 31. (All the films except for "West Beirut" are subtitled in Japanese.)

Duration: through Jul. 2(Wed) - 13 (Sun)
Films:
    West Beirut (Lebanon, '98, 113min.) English & Japanese subtitled
    The Kite (Lebanon, '03, 80min.)
    Terrorism & Kebab (Egypt, '92, 119min.)
    The Yacoubian Building (Egypt, '06, 172min.)
    The City (Egypt, '99, 105min.)
    Shadow of Silence (Saudi Arabia, '05, 114min.)
    Waiting (Palestine & France, '05, 93min.)
    Babel Web (Algeria, '04, 98min.)
    Bab'Aziz (Tunisia-Germany-France-UK, '04, 99min.)
Fee: Adult 600yen, Univ. & H.S. Students 500yen, J.H.S. & Elem. Students 400yen

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today for various lectures and hands-on experience on Japanese culture!

Dates/programs: Jul. 12 (Sat) Gion Yamakasa (Festival), Sep. 21 (Sun) Kabuki play
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00a.m.-5:00p.m.)    FAX: 092-725-9102
Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

3) Fukuoka Triathlon Festa 2008
Annual triathlon festival is now recruiting participants for this year.

Date: Oct. 5 (Sun) 8:30 Registration desk open
Venue: Uminonakamichi Seaside Park
Category: Japan Triathlon EKIDEN in Fukuoka (Team), Super Sprint Championships in Kyushu Okinawa
Application deadline: Aug. 22

Inquiry: FTU Office
TEL/FAX: 092-482-8204    Email: festa@ktarn.or.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Belarus Embroidery Cafe
Cross-stitch is one of the popular crafts produced at Nozomi 21, the welfare craft center in Belarus. Enjoy the embroidering activity with a cup of coffee and feel something familiar to Belarus.

Date/Time: Jul. 27 (Sun) 14:00
Venue: Fukuoka Jinken Keihatsu Center (Hakata Riverain Office 10F)
Fee: 600yen for pincushion and potpourri sack

Inquiry: Chernobyl Medical Support Network
TEL/FAX: 092-944-3841    Email: jimu@cher9.to    URL: http://www.cher9.to/ (in Japanese)

2) Isla de Salsa 2008
This year celebrates the 12th year of the event, “Centenary of Bilateral Relationship between Japan and Colombia, and Year of the Interchange between Japan and Brazil”. The venue is moved to more convenient location.

Dates: Aug. 9 (Sat), 10 (Sun) 13:00
Venue: Seaside Momochi Jigyohama
Fee: Advance 4,800yen At door 5,600yen
Further information: http://www.isla-de-salsa.jp/

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
TEL: 092-762-4100    Email: eventos@tiempo.jp

3) APCC Fukuoka Music Festival
Commemorating the 20th anniversary of the Asian-Pacific Children's Convention’s establishment and supporting its activities, a music concert will be held featuring singers from Japan, Korea and China.

Date: Oct. 26 (Sun) 17:30
Venue: Marine Messe Fukuoka
Fee: S 7,000yen, A 5,000yen

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
TEL: 092-734-7700    Email: info@apcc.gr.jp    URL: http://www.apcc.gr.jp/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival
This is a film festival featuring mainly Asian films organized and managed by all volunteers!

Duration/Venue: Jul. 4 (Fri) -6 (Sun) French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
                              11 (Fri) -13 (Sun) NTT Yume Tenjin Hall (IWATAYA 7F)
Fee: At door Adult 1,800 yen, University student 1,500yen, J.H.S & H.S. Student 1,000yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
TEL: 092-733-0949    Email: faff@gol.com

2) Workshop for Junior High School Students Whose Mother Tongue is not Japanese
This is an annual workshop which provides high school preparatory guidance (in five languages) for junior high school students whose mother tongue is not Japanese, as well as for their parents, guidance counselor at junior high schools, and teachers at high schools accepting those students.

Date: Aug. 3 (Sun) 13:00-17:00
Venue: The International Hall on Hakozaki Campus, Kyushu University
Available Languages: Japanese, English, Korean Chinese, Spanish

Inquiry: Council for Career and High Education in Fukuoka
TEL: 092-712-4174


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Pub Crawl at Yatai?

Every Friday afternoon, I patiently wait and bite my lower lip as the hour and minute hands steadily race towards "five fifteen", or as I truly see it, a privileged time to which I can officially shutdown the Microsoft for a weekend hibernation and startup the early nomikai (drinking festivity) with spirited associates. Well, the other Friday was one such occasion where my girlfriend and I met up with our good friend for a dinner at one stylish Izakaya restaurant situated in Nishidori, the bustling street of Tenjin. Feasting on the exquisite dishes and drinks prepared before us with a mix of laughter in between, time was the least of my worries until one of us suggested, "Should we wrap up here and head to Yatai for a second round?" --yes, the good old Yatai!
Food stalls, or "Yatai", as they call it, usually appear on the streets after six thirty as indicated by the enticing savory odor of tonkotsu and oden filling the corners of Tenjin. Indeed, this barrow restaurant is a well-represented character of Fukuoka that shares approximately 40 percent of all Yatais found in Japan. As a precursor of modern fast food restaurants, Yatai originated as a casual sushi and tempura stand for ordinary people during the Edo period and was popularized after WWII, though their numbers fell by roughly 70 percent in the last three decades. While bearing this reality in my mellow mind, I felt like a bloated balloon and wanted to drift to wherever the night breeze directed. However, as soon as I noticed the rouge-lit lantern in the nightscape, I spontaneously recalled the very fact that every Yatai has an exclusive aura which works up one’s appetite afresh even after completing a lavish meal (similar to women and their dessert stomachs). I just had to take a visit there and test this superstition.
Of the 180 choices in the city, we stepped into the vendor located literally 50 feet away from where we had been dining, and lifted the shop curtain to enter the Okinawa-style Yatai. To our surprise, my friend's husband was occupying one of the ten seats, and we joined him to catch up with his evening drink. While we made several rounds of kanpai in a cramped space, a friendly lady staged just over the counter was performing a live cooking show in a speedy fashion, pan-frying and juggling some mixed vegetables and noodles (much like angel-hair pasta) together into an original yaki-ramen—a fantastic selection of Yatai cuisine. As more gourmet finger food (e.g. mimiga-fry: pan-fried julienne of sow's ear) and shochu were ordered one after another, the ambience was enriched with the owner's delightful personality and our ceaseless talk into the night --a superb experience.
While Yatai is more or less a popular scene in Japan, especially in Fukuoka, Vancouver has nothing comparable to that other than hotdog or chestnut stands which are also limited in number and are popular amongst the Japanese tourists. However, once a year from July thrugh August, we have what's called "night market" in the city of Richmond, where many Asian Canadians (mostly Japanese, Chinese, Taiwanese, Koreans, etc.) set up rows of ethnic food, accessory, and original confectionary booths in a large, isolated area to satisfy the local enthusiasts who crave the tasty delicacies of takoyaki, dimsum, pineapple fried rice, etc. at a relatively cheap price (e.g. usually a few to several dollars for a plate of dish).
As for eating ramen at Yatai that evening, I was way too full to speak and order the so called "shime" (last dish to eat, usually ramen), and it surely would take several more challenges before I can slurp that soup into my belly (after pub crawl) and find out exactly why so many Japanese love eating ramen at the end of their drinking night.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) ミャンマー・中国四川省災害義援金の報告とお礼
  2) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
  3) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「エジプト・アラブの映画」
  2) 外国人のための日本文化いろは講座
  3) 福岡アジア都市研究所シンポジウム
  4) 福岡トライアスロンフェスタ2008

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) ワーキング・ホリデーミニ説明会
  2) カンボジアスタディツアー2008
  3) ベラルーシ刺しゅうカフェ
  4) イスラ・デ・サルサ2008
  5) APCC20周年記念・支援福岡ミュージックフェスティバル

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭
  2) 母国語(韓国語)による保育園児・小学生の"保護者の集い"
  3) 日本語を母国語としない中学生の高校進学を考える会
  4) 能楽を体験しよう

5. ノブが見た福岡

  「屋台でハシゴ?」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630  FAX:092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) ミャンマー・中国四川省災害義援金の報告とお礼
レインボープラザに設置した義援金箱に次の義援金が集まり、それぞれ被災者への義援金として寄付させていただきました。皆様のご協力ありがとうございました。

対象・募集期間・寄付先
ミャンマー・サイクロン被害 5月16日~6月 6日 日本赤十字社
中国・四川省大地震被害   5月16日~6月13日 中華人民共和国駐福岡総領事館

2) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:7月17日(木)18:30
場  所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかサロン
講  師:ナシメント・ジルベルトさん(ブラジル・サンパウロ)
     九州大学日本文学専攻

3) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)の日本語の上達を目的としたサロンです。ボランティアのみなさんと気軽におしゃべりしましょう。

日  時:毎月第1・第3木曜日 13:30~17:00
場  所:あったかサロン(福岡よかトピア国際交流財団内)
参加無料、出入り自由。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1)  シネラ「エジプト・アラブの映画」
アラブ映画の中心地エジプトの映画とアラブ諸国の映画を紹介

期  間:7月2日(水)~13日(日)
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人 600円 高・大学生 500円 小中学生 400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時・内容:7月12日(土)祭り(祇園山笠)から博多を知る
      9月21日(日)日本の古典芸能(歌舞伎)を知る
時  間:14:00~15:30
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

3) (財)福岡アジア都市研究所シンポジウム
設立20周年を記念し、海外・国内から専門家を招きシンポジウムを開催します。

テ ー マ:東アジアのダイナミズムと地域交流拠点都市の新たな可能性を求めて
日  時:7月31日(木)13:30~17:00
会  場:福岡市役所15階講堂
内  容:来賓挨拶、基調講演、パネルディスカッション
申込・詳細はこちら→http://www.urc.or.jp

問合せ:(財)福岡アジア都市研究所
TEL: 092-733-5686  Email: event@urc.or.jp

4) 福岡トライアスロンフェスタ2008
毎年開催のトライアスロンフェスタの参加者を募集します。

日  時:10月5日(日)8:30受付開始
会  場:国営海の中道海浜公園
カテゴリー:ジャパントライアスロンEKIDENイン福岡(団体戦)、スーパースプリント九州・沖縄選手権大会
申込締切:8月22日

申込・問合せ:FTU事務局
TEL/FAX: 092-482-8204  Email: festa@ktarn.or.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) ワーキング・ホリデーミニ説明会
ワーキング・ホリデーについて基本的な説明を少人数で行います。

日  時:7月4日(金)、8月1日(金) 15:30~16:30
場  所:ワーキング・ホリデー協会九州支所(中央区天神5-4-12地方自治センタービル6階)

申込・問合せ:ワーキング・ホリデー協会九州支所
TEL: 092-713-0854  URL: http://www.jawhm.or.jp/

2) カンボジアスタディツアー2008
クメール伝統織物研究所(シェムリアップ)のプロジェクト地で作業の手伝いや交流を通して伝統染織の復興による地域開発の取り組みを学びます。

期  間:8月17日(日)~24日(日)7泊8日
旅行代金:約18万6千円
募集人数:9人
締  切:7月12日

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 090-4514-5079  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

3) ベラルーシ刺しゅうカフェ
ベラルーシの福祉工房のぞみ21の手作り雑貨でもおなじみのクロスステッチ。コーヒーを飲みながら刺しゅうをして、ベラルーシをちょっと身近に感じてみませんか?

日  時:7月27日(日)14:00~16:00
場  所:福岡市人権啓発センター交流室(博多リバレインオフィス10F)
参 加 費:600円(要予約、定員10名)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
TEL/FAX: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

4) イスラ・デ・サルサ2008
12回目を迎える今年は、会場を地行浜海浜公園に移し、日本・コロンビア外交樹立100周年、日本ブラジル交流年を記念して開催します。

日  時:8月9日(土)、10日(日)13:00開場
場  所:シーサイドももち・地行浜
料  金:前売り4,800円 当日5,600円
詳細はこちら:http://www.isla-de-salsa.jp/

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: eventos@tiempo.jp

5) APCC20周年記念・支援 福岡ミュージックフェスティバル
  アジア太平洋こども会議・イン福岡の20周年を記念し、その事業を支援するため、日本、中国、韓国からの出演者を迎えコンサートを開催します。

日  時:10月26日(日)17:30
場  所:マリンメッセ福岡
入 場 料:S席7,000円 A席5,000円
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:こども会議支援コンサート事務局
TEL: 092-844-8837
アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭
22年目を迎える今年は初公開のコンペティション作品、多彩なゲストを招いて開催します。

日程・場所:7月4日(金)~6日(日)九州日仏学館5Fホール
       11日(金)~13日(日)NTT夢天神ホール(岩田屋本館7F)
料 金:一般1,800円 大学生1,500円 高中生1,000円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) 母国語(韓国語)による保育園児・小学生の"保護者の集い"
母国語で、子育てのこと、日ごろの関心や疑問について話し合いませんか。九州大学でカウンセリングを専門とするスタッフが中心となって月に1回開催します。参加無料。

日  時:7月16日(水)10:00~12:00
場  所:九州大学国際交流会館1階和室

問合せ:九州大学総合臨床心理センター
TEL/FAX: 092-642-3154  Email: noji-edu@mbox.nc.kyushu-u.ac.jp

3) 日本語を母国語としない中学生の高校進学を考える会
高校進学を希望する外国人(帰国)子女、国際結婚家庭の子女やその家族、中学校進路指導担当者、受入高校の教員などを対象に、進路ガイダンスを開催します。参加無料。

日  時:8月3日(日)13:00~17:00
場  所:九州大学国際ホール(箱崎キャンパス理系地区)
内  容:高校進学のため知っておく事の説明及び言語別分散会での質疑応答
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語

問合せ:福岡地区進路保障協議
TEL: 092-712-4174

4) 能楽を体験しよう
日本の伝統芸術「能楽」を学習し、本式の能舞台に上がってみよう。通訳もいます。要申込。

日  時:平成20年8月~平成21年1月 毎月第1・3水曜日 18:00~20:30
場  所:大濠公園能楽堂
内  容:能楽の舞・謡・笛・太鼓を体験習得し、平成21年1月12日に発表会を行います。
受 講 料:無料

申込・問合せ:櫟会(いちいかい) 山岡
TEL: 090-5479-3780  FAX: 092-541-3612

5. ノブが見た福岡

屋台でハシゴ?

毎週金曜日の午後になると、時計の針が「5時15分」になるのが待ち遠しくて下唇を噛まずにはいられない。定時になると、速やかに作動し続けたマイクロソフトを休止状態にし、気が合う仲間に出会っては一緒に飲み会をするのが私のフライデーナイト。この前の金曜日もそんな具合で、仕事帰りに彼女と一緒に友人と合流し、賑やかな西通りの外れに立つ洒落た居酒屋に足を運んだ。次から次へと出てくるご馳走と酒を笑いと一緒に味わい、時を忘れ上機嫌になっていたその時、「そろそろ屋台に行きましょうか?」と一声提案が。もちろん答えは、「レッツゴー!」。
夕方の6時半頃から天神の所々に出現する屋台は、町を歩けば嫌でも豚骨やおでんの香りが漂ってくる。日本の屋台の約4割を占める福岡市は、まさに「屋台の楽園」だ。そもそも現代のファーストフードの親とも言える屋台文化は、江戸時代に「庶民が立ち寄る気軽な天麩羅や寿司の売店」から発展し、戦後に普及していったものの、ここ30年で同業者の数は7割も減ってしまった。こういった豆知識をほろ酔い状態で思い浮かべる最中、お腹の膨らみは風船と化していて我が身は夜風の導くままに流れた。しかし、向こうの夜景に揺らめく赤いちょうちんが目に止まると、ある記憶が自然に蘇って来たのである。それは、どんなに腹が一杯であろうと、屋台には食欲を再び引き起こす魅力があるという仮説(女性が良く「デザートは別腹」と断言するように)。これを確かめるために出向いたのであった。
市内で180前後ある屋台の中から選んだのは、 事実上さっきの店から15メートル先にあり, 友人によればそこは沖縄風のご飯がおいしいとか。のれんをくぐると、何と驚く事に友人の旦那さんがすでに晩酌をしているではないか!少し窮屈ではあったが(10席程)、お互いに顔を合わせて乾杯をする余裕はあり、カウンター内の鉄板焼きを調理する様子には家庭的な気分を味わえた。店主は慣れた手つきで素早く野菜と細麺を焼き、出てきたのが「沖縄風焼きラーメン」(代表的な屋台食)。さらにはミミガーのポン酢あえも出され、焼酎の水割りも入り、時間を忘れて楽しいひと時が味わえた。
一方、私の出身地バンクーバーでは、屋台はあまり一般庶民の生活には浸透していない。しいて言えば観光客の間で人気がある数少ないホットドッグや焼き栗の売店といった所だ。しかし年に一度、7月~8月にかけて、アジア系カナダ人(日本人、韓国人、台湾人、中国人等を含む)の間で屋台フェスティバルが開催される。大きな駐車場を利用して設営されたブースには、エキゾチックな軽食、お菓子、アクセサリー等色々な物が地元の客を引き寄せ、特に、たこ焼き、飲茶、パイナップル焼き飯(名前の通りパイナップルの中にギッシリと焼き飯が入っている料理)は安くて好評だ。
結局その晩、屋台でラーメンを食べるのはおろか、満腹過ぎて注文をする余力すら残ってなかった。やはりもう何度か屋台のハシゴをしない限り、「日本人がラーメンをシメに食べる」と言う習慣は理解しきれないであろう。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

Japanese:
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/