Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.75 August/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Finally, the 2008 Beijing Olympic Games is starting on August 8, and we're all very excited to see what sort of athlete dramas will unfold during the games!


Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
いよいよスポーツの祭典北京オリンピックが開幕します。今回はどのようなドラマが展開されるのでしょうか。楽しみですね。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Fukuoka Tourist Information Call Center for Foreign Tourists
    2) Cinela "Asia Focus Archives"
    3) City Marathon Fukuoka 2008
    4) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
    5) Focus on Asia 2008 Fukuoka International Film Festival

3. News from FUKU-NET Members

    1) Isla de Salsa 2008
    2) APCC Fukuoka Music Festival

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Cudamani Japan Tour 2008
    2) Announcement from UN-HABITAT Fukuoka

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    Bento for Thought?


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites foreign students residing and studying in Fukuoka to share information about their hometowns. Through this, we learn about the student's family, her hometown and lifestyle, what brought her to Fukuoka and her vision for the future.

Date: Aug. 21 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Alikulova Narghiza (Uzbekistan)
                Kyushu University, Faculty of Law, Political Science
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Fukuoka Tourist Information Call Center for Foreign Tourists
Phone interpreters at Fukuoka City Tourist Information Center will answer inquiries made by foreign tourists to enhance their foreign language service.

Phone number: 092-751-6904
Available languages: English, Korean, Chinese
Operating hour: 10:00~18:30

Inquiry: Economy Promotion Bureau, Fukuoka City
TEL: 092-711-4355

2) Cinela "Focus on Asia Archives"
A collection of films previously exhibited at the Focus on Asia Fukuoka International Film Festival and archived at the Fukuoka City Public Library Film Archive will be aired for public viewing. Every film except for "Of the Flesh" is subtitled both in English and Japanese.

Duration: Aug. 13 (Wed) - 29 (Fri)
Fee: Adult 500yen, Univ. & H.S. Students 400yen, J.H.S. & Elem. Students 300yen
Films:
   White Page (Cambodia-Switzerland, '91, 99min.)
   Luck Trier (Vietnam, '89, 84min.)
   Of the Flesh (Philippines, '84, 110min.) Japanese subtitled
   Thatched Memories (China, '99, 106min.)
   Mercedes, Mon Amour (Turkey, '93, 98min.)
   Down Stream (Myanmar, '89, 115min.)
   August Sun (Sri Lanka, '03, 108min.)
   Bichunmoo (South Korea, '00, 118min.)
   The Arsonist (Malaysia, '94, 70min.)
   Crossfire (India, '97, 155min.)
   So Close So Far (Iran, '05, 121min.)
   In Your Absence (Mongolia, '06, 90min.)
   The Road in the Air (Taiwan, '06, 82min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608      FAX: 092-852-0609      URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3) City Marathon Fukuoka 2008
Registration for the annual marathon event is now open.

Date: Nov. 2 (Sun) 8:00 Opening Ceremony
Venue: Yahoo! Dome
Category/Participation fee: Half marathon/4,000yen, 5km wheelchair/open J.H.S. 1,500yen, H.S.S 2,000yen
Deadline: Sep. 1 (Mon)
Further information: http://www.sports-fukuokacity.or.jp/ (in Japanese)

Inquiry: City Marathon Fukuoka Organizing Committee
TEL: 092-643-6800     Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp

4) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today for various lectures and hands-on experience about Japanese culture!

Dates/programs: Sep. 21 (Sun) Kabuki play
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00a.m.-5:00p.m.)     FAX: 092-725-9102
Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

5) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival
  28 films from 16 countries and regions in Asia will be shown this year.

Duration: Sep. 12 (Fri) - 21 (Sun)
Venue: Solaria Cinema 1, Elgala Hall, Nishitetsu Hall
Ticket: Single 1,000yen (advance), 1,200yen (at door)
           A pack of five tickets 4,000yen (advance), 5,000yen (at door)
          Special pass 10,000yen (advance), 12,000yen (at door)
Further information: http://focus-on-asia.com/j/index.html

Inquiry: Asia Month Information Center
TEL: 092-262-0676


3. News from FUKU-NET Members

1) Isla de Salsa 2008
This year celebrates the 12th year of the event, Centenary of Bilateral Relationship between Japan and Colombia, and Year of the Interchange between Japan and Brazil. The venue has been moved to a more convenient location.

Dates: Aug. 9 (Sat), 10 (Sun) 13:00
Venue: Seaside Momochi Jigyohama
Fee: Advance 4,800yen At door 5,600yen
Further information: http://www.isla-de-salsa.jp/

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
TEL: 092-762-4100     Email: eventos@tiempo.jp

2) APCC Fukuoka Music Festival
Commemorating the 20th anniversary of the Asian-Pacific Children's Convention's establishment and supporting its activities, a music concert will be held featuring singers from Japan, Korea and China.

Date: Oct. 26 (Sun) 17:30
Venue: Marine Messe Fukuoka
Fee: S 7,000yen, A 5,000yen

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
TEL: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp     URL: http://www.apcc.gr.jp/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Cudamani Japan Tour 2008
The finest members of Bali's most popular Gamelan group “Cudamani” are coming to Fukuoka!

Date: Aug. 9 (Sat) 14:00, 17:00
Venue: Fukuoka Asia Art Museum Ajibi Hall
Fee: 1,500yen
Capacity: 80

Organizer/inquiry: Indonesia no Kodomo no Kyoiku wo Suku kai
TEL: 092-738-1830     Email: teman-hati@u01.gate01.com

2) Announcement from UN-HABITAT Fukuoka
In the world we live today, one out of every five people, approximately 1.2 billion people, faces serious water shortage and suffer from insufficient supply of safe, drinkable water. In addition, another 2.6 billion people living in developing counties lack the access to proper sanitation facility such as bathrooms. In response to this crisis, UN-HABITAT launched a two-year "Water for Life" project this July to raise awareness of this issue throughout the world.

Invitation to the 8th World Habitat Day Children's Drawing Contest
Based on this year's World Habitat Day theme of "Harmonious Cities", draw freely the activities of your city/town/village regarding water and people's life.
Theme: Water for Life
Eligibility: 4th-6th graders in public/private schools mainly in Asia and the Pacific
Deadline: Sep. 12 (Fri)

UN-HABITAT "Water for Life" Lecture Series - Afghanistan
Date/Time: Aug.19(Tue) 18:30-20:00
Venue: Circular Hall, ACROS Fukuoka
Lecture Title: Water for Life Project in Afghanistan (tentative)
Lecturer: Lalith Lankatilleke (Mr.), Senior Human Settlements Officer, UN-HABITAT
Admission: Free
Capacity: 100 persons. Prior Registration is required.
                *There will be an optional gathering at Kokusai Hiroba (3rd Floor, ACROS Fukuoka) after the Lecture. (JPY500)
Pararell Event: Exhibition on UN-HABITAT in Afghanistan
Period: Aug.9(Sat)-25(Mon)
Venue: Kokusai Hiroba, ACROS Fukuoka

Inquiry: UN-HABITAT Fukuoka
TEL: 092-724-7121    Email: habitat.fukuoka@unhabitat.org
URL: http://www.fukuoka.unhabitat.org/


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Bento for Thought?

From what I've discovered at my workplace so far, I haven't yet seen a single colleague whose lunch is packed in a brown paper bag as I have routinely done so in Vancouver. Instead, most of them use a reusable furoshiki (wrapping cloth) to wrap a pair of chopsticks and a bento box in which an assortment of colourfully-seasoned vegetables, fish, and meat dishes are elegantly placed with a bed of steamed rice. By far, this appealed as a healthier and a more environmentally-friendly alternative than my usual slab of ham and cheese sandwich enwrapped in rumpled tinfoil, so I quickly became interested in preparing a bento of my own to get a real taste of Japanese culture.
But first things first, I needed to tap a little deeper into its history in order to grasp a few bento knowledge and seek the fundamental differences with that of a typical Canadian lunch before engaging in this endeavor.
Although bento has now become an iconic meal of Japan, it went through several different forms before becoming the home-packed or the portable lunch that we see today. It first originated in Heian period (794-1185) as dried rice called “hoshii” for vagabonds' outing meals, and transfigured into a fine meal in a wooden lacquer ware for celebrating hanami and tea parties several centuries later. Soon after entering the Edo period (1603-1868), onigiri (rice balls with pickled seaweeds, etc.) in a bamboo box became a popular light snack on-the-go for the ordinary people, and makunouchi bento (literally “between-the-acts-bento”) consisting of several onrigiri and colourful side dishes also became common to be eaten between the acts of Noh or Kabuki play.
Following the establishment of the nation's railway system in the Meiji period (1868-1912), thousands of varieties of ekiben, or literally “train station bento”, diffused amongst the students and commuters alike, and sandwiches also developed simultaneously during this time as one type of quick-fix food.
As convenience became an integral part of Japanese lifestyle during the golden era of the 80s, people began buying their bento at convenience stores, as well as utilizing microwaves and disposable polystyrene bento box to prepare their ready-to-eat meals in the least amount of time. Nowadays, you can see a wide range of frozen food selections at supermarkets including chicken karaage, dumplings, and edamame, all of which can be nuked into your microwave for a mere minute and be prepared before your very eyes.
Now that, I thought, was a brilliant idea for my menu planning. Some of you may criticize that it's not real cooking in that everything ought to be made diligently with your hands from scratch, but being a sleepy head myself, I wasn't capable of rising early in the morning and eagerly cooking like those super housewives who not only prepare their family's bento but also their breakfast consisting of rice, miso soup, and fancy side dishes.
Meanwhile, a simple turkey or tuna sandwich with an apple, baby carrot sticks, a bag of chips, and a juice box would do the trick for most Canadians and not a whole lot of time is spent on preparing one's lunch like bento (as the case with my friend who only brought a bag of raisins, celery sticks, and a jar of peanut butter for his lunch). Moreover, as a facet of multicultural society, many different authentic lunches such as an Indian curry, Italian pasta, Korean rice rolls (kimbab), Chinese fried noodles, etc. are seen on the same table and a sense of ethnic diversity can be observed from the food itself.
Surprisingly, Canadians are quite familiar with the bento culture as well, as this refers to the sushi combination at a Japanese restaurant, which usually consists of California rolls, tempura, salad, deep-fried dish, miso soup, and rice, thus closely resembling the mosaic pattern of a true bento.
As for my lunch menu these days, I've pretty much had enough of sandwich marathon for a bit, so instead, I'm bringing tuna onirgiri and a side salad as its replacement. Frankly speaking, however, adapting to an entirely different custom such as spending a fair amount of time in making a gorgeous bento doesn't just happen overnight, nor is it as easy as fixing a peanut butter and jelly sandwich. It will be quite interesting to see how the contents of my bento will change overtime, as I permeate more deeply into the Japanese culture…

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 地球市民どんたく2008当日運営ボランティア募集!
  2) 韓国語弁論大会出場者募集
  3)  外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 外国人向け福岡観光コールセンター案内
  2) シネラ「アジアフォーカス・アーカイヴス」
  3) ちきゅうを知る講座
  4) 東南アジア青年の船ホストファミリー募集
  5) 子どもも大人もケチャ!体験ワークショップ+発表会参加者募集 
  6) シティマラソン福岡2008
  7) 外国人のための日本文化いろは講座
  8) アジアフォーカス福岡国際映画祭

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) イスラ・デ・サルサ2008 
  2) 国際理解教育セミナー' 08
  3) 活用してください!NGO相談員
  4) APCC20周年記念・支援福岡ミュージックフェスティバル

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) インドネシアの影絵芝居がやってくる!
  2) 国連ハビタットからのお知らせ

5. ノブが見た福岡

  「今日のランチは?」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 地球市民どんたく2008当日運営ボランティア募集!
国際協力・交流を行うNGO等の団体活動を紹介するイベント「地球市民どんたく2008」では、当日会場で運営を手伝っていただけるボランティアの方を募集しています。

日  時:10月9日(木)~13日(月・祝) 11:00~18:00
会  場:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地および周辺会場
     (アジア太平洋フェスティバルと同日・同会場)
活動内容:・イベント総合案内ブース及び会場内での来客案内、その他事務
     ・セミナー、ワークショップ等の運営作業の補助(設営、記録、受付など)
募集期間:8月20日(水)~9月10日(水)
申込、詳細は、協会HPを参照又はお問合せください。

2) 福岡韓国語弁論大会出場者募集
福岡都市圏の韓国語学習者のみなさん、日ごろの学習の成果を発表してみませんか。

日  時:11月16日(日)14:00~17:00
会  場:あいれふ9階 福岡市婦人会館 大研修室
テ ー マ:自由
発表者数:15名程度
応募方法:出場申込書を郵送またはFAX、持参する
申込締切:8月18日(月)※出場が決定した場合、原稿提出締切は9月30日(火)
詳細は、協会ホームページでご確認ください。

問合せ・申込先:大会事務局(福岡県日韓親善協会)
TEL: 092-471-0904  FAX:092-483-2677

3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:8月21日(木)18:30~
場  所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかサロン
講  師:アリクロバ・ナルギザさん(ウズベキスタン出身)
     九州大学大学院修士法学部政治学専攻


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 外国人向け福岡観光コールセンター
福岡市・観光案内所と通訳オペレーターが外国人観光客からの問合せに電話でお答えします。

電話番号:092-751-6904
対応言語:英語・韓国語・中国語
営業時間:10:00~18:30

問合せ:福岡市経済振興局誘致宣伝課
TEL: 092-711-4355

2) シネラ「アジアフォーカス・アーカイヴス」
アジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映され、図書館で保存している作品のアンソロジー。

期  間:8月13日(水)~29日(金)
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人500円 高・大学生400円 小・中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3) ちきゅうを知る講座
様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日時・テーマ:
    8月24日(日)14:00~16:00世界の民族衣装と遊び
              16:30~18:30フェアトレード
場  所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

4) 子どもも大人もケチャ!体験ワークショップ+発表会参加者募集
本場バリ島から講師を招き、インドネシアの民族舞踊「ケチャ」の体験ワークショップを開催、最終日にアジア美術館内(あじびホール)にて参加者全員で発表会をおこないます。

日時・会場:
ワークショップ 
  8月27日(水)13:30~16:00 別府公民館
  8月28日(木)18:30~21:00 奈良屋公民館
  8月29日(金)14:00~16:30 南市民センター
発表会
  8月30日(土)12:00~16:00 あじびホール(福岡アジア美術館8F)
対  象:小学生から大人まで
参 加 費:500円(保険料)
締  切:8月13日(水)必着
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/news/279_index_msg.html

問合せ:(財)福岡市文化芸術振興財団 事業係
TEL: 092-263-6265  FAX: 092-263-6259  Email: art-co@ffac.or.jp

5) 東南アジア青年の船ホストファミリー募集
  「東南アジア青年の船」参加青年が福岡に滞在します。相互の友好と理解を促進するため交流してみませんか。

滞在期間:10月24日(金)~26日(日)
締  切:8月22日(金)

応募・問合せ:福岡県青少年課育成係 松延
TEL/FAX: 092-643-3386  Email: ukeire2008@yahoo.co.jp

 
6) シティマラソン福岡2008
  毎年恒例のマラソン大会への参加者を募集します。

日  時:11月2日(日)8:00 開会式
会  場:ヤフードーム
カテゴリー・参加料:ハーフマラソン(4,000円)、5km車イス・一般(中学生1,500円、高校生2,000円)
申込締切:9月1日(月)
詳細はこちら:http://www.sports-fukuokacity.or.jp/

申込・問合せ:シティマラソン福岡実行委員会事務局
TEL: 092-643-6800  Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp

7) 外国人のための日本文化いろは講座
  外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日  時・内容:9月21日(日)日本の古典芸能(歌舞伎)を知る
時  間:14:00~15:30
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

8) アジアフォーカス福岡国際映画祭
  今年は、アジア16カ国・地域の28作品が上映されます。作品や上映場所はHPをご覧下さい。

期  間:9月12日(金)~21日(日)
会  場:ソラリアシネマ1、エルガーラホール、西鉄ホール
チケット:1作品 前売1,000円、当日1,200円
     5作品 前売4,000円、当日5,000円
     フリーパス券 前売10,000円、当日12,000円
詳細はこちら: http://focus-on-asia.com/j/index.html

問合せ:アジアマンスインフォメーションセンター
TEL: 092-262-0676


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) イスラ・デ・サルサ2008
今年は日本・コロンビア外交樹立100周年、日本ブラジル交流年を記念し、会場を地行浜海浜公園に移して開催します。

日  時:8月9日(土)、10日(日)13:00
場  所:シーサイドももち・地行浜
料  金:前売り4,800円 当日5,600円
詳細はこちら: http://www.isla-de-salsa.jp/

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: eventos@tiempo.jp

2) 国際理解教育セミナー'08
国際理解教育って? どうやってやるの!? やってみたいけど時間がない!そんな先生方に必見! 実践をお土産に、今日からさっそく国際理解教育に取り組んでみませんか。

日  時:8月21日(木)13:00~16:45
会  場:アクロス福岡3F交流室
定  員:35名
参加無料、要申込。 
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/event/index.html

申込・問合せ: JICA国際協力推進員 稲森 
TEL: 092-733-5635  FAX: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3) 活用してください!NGO相談員
国際協力のことなら、NGO相談員におまかせください。出前OK、相談無料。

問合せ: NGO福岡ネットワーク
TEL/FAX: 092-405-9870  URL: http://funn.npgo.jp/

4) APCC20周年記念・支援 福岡ミュージックフェスティバル
アジア太平洋こども会議・イン福岡の20周年を記念し、その事業を支援するため、日本、中国、韓国からの出演者を迎えコンサートを開催します。

日  時:10月26日(日)17:30
場  所:マリンメッセ福岡 
入 場 料:S席7,000円 A席5,000円
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:こども会議支援コンサート事務局
TEL: 092-844-8837
アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) インドネシアの影絵芝居がやってくる!
人気・実力ともにインドネシア・バリ島で1、2を争うガムラングループ「スダマニ」から精鋭メンバーがやってきます。

日  時:8月9日(土)14:00~、17:00~
場  所:福岡アジア美術館あじびホール
料  金:1,500円
定  員:80名

主催・問合わせ:インドネシアの子供の教育を救う会
TEL: 092-738-1830  Email: teman-hati@u01.gate01.com

2) 国連ハビタットからのお知らせ
現在、世界の5人に1人(約12億人)が安全な水を飲めず、また、開発途上国に住む約26億人がトイレなどの衛生施設を利用できない危機的な状況です。国連ハビタットは、今年7月から2年間、「いのちの水」プロジェクトを推進し、この深刻な問題への認識を高めていく予定です。
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/

第8回世界ハビタット・デー記念絵画コンクール作品募集
今年の世界ハビタット・デーのテーマ「調和のとれた都市」にちなみ、大切な「水」と共に暮すために、あなたの「まち」が取り組んでいる様々な活動を自由に表現してください。
テ ー マ:いのちの水
応募資格:アジア太平洋を中心とする小学生4~6年生
締  切:9月12日(金)

国連ハビタット「いのちの水」講演会
国連ハビタットが実施する「いのちの水」プロジェクトからアフガニスタンのケースを取り上げます。入場無料。
日  時:8月19日(火)18:30~
会  場:アクロス福岡1階円形ホール

申込・問合せ:国連ハビタット福岡本部
TEL: 092-724-7121  Email: habitat.fukuoka@unhabitat.org


5. ノブが見た福岡

今日のランチは?

僕は、バンクーバーでよくランチを茶色い紙袋に入れて通学・通勤していたが、日本ではあまりこの光景はお目にはかかれないというか、いまだに見た事がない。その代わりに、殆どの人は再利用可能な風呂敷でお弁当とお箸を包み、色とりどりの野菜、魚、肉類等のおかずを真っ白なご飯と一緒に頂いている。僕がいつも持参するクシャクシャのアルミに包まれた分厚いハムとチーズのサンドイッチに比べれば、誰が見てもより健康的で環境的にも優しい食事だということは一目瞭然である。より幅広い視野で日本文化に触れたい僕は、自分でも弁当を作ろうと決心し、その歴史を探求する中、カナダで食べるランチとの根本的な違いに興味を抱いたのであった。
今では日本の庶民的な食べ物の一つとして愛されている弁当だが、その姿が完成されるまでには、いくつかのエピソードがある。弁当らしき物が初めて作られたのは、鎌倉時代に「干し飯」と呼ばれる旅人向けの携行食品といわれている。その後300年の時を経て、漆器箱が考案され、花見や茶会の席を楽しむ豪華な料理へと形を変えた。江戸時代に入ると、竹の笹に包まれた梅干入りのおにぎりが幅広く普及し、握り飯と色鮮やかなお惣菜が添えられた「幕の内弁当」も歌舞伎や能の幕間に食べられる様になった。明治時代になって鉄道が繋がると、各地方に駅が設けられ、通学・通勤向けに色々な「駅弁」が出始めた。同時にサンドイッチという新しい西洋の軽食も売られるようになり、人々の間で弁当が大衆化していった。
日本経済黄金期の80年代になると、働く日本人にとって、物事の利便性がより追求されようになり、電子レンジやプラスチック製の弁当箱が導入され、和・洋・中を活かした弁当がコンビニンスストアで買えるようにった。現在では、スーパーマーケットの冷凍食品売り場にも、数多い種類の弁当のおかずがあり、ほんの数分で熱々のから揚げ、餃子、枝豆等が出来る便利な世の中になった。「こんな方法で弁当を作るのは真の料理では無い!」と周りから批評を受けても当然の話だが、なにより寝起きの悪い僕にとってこれは唯一の弁当の作り方になっている。この点において、早朝からごはんを炊き味噌汁をつくり、家族一同の弁当まで作り上げるお母さん達は、「本当にすごいな~」と最近改めて実感している。
一方カナダ人にとって一般的なランチはターキー(七面鳥のハム)やツナのサンドイッチに、リンゴ、人参スティック、ポテトチップス、フルーツジュース等で、日本の弁当作りみたいにそう時間は費やさない。現に僕は、友達がランチにピーナッツバターをセロリスティックに付け、その上にレーズンを乗せて美味しそうに食べている姿を何度か目撃した事がある。又、カナダは多文化国だけあって、同じカフェテリアの食卓の上でパスタ、中国式炒麺、韓国の海苔巻、インドカレー等様々な民族の多様性が「弁当」を通じて伝わってくる。最近ではバンクーバーの現地の人も、日本食レストランで気軽に食べられる寿司コンボや「Bento Box」(カリフォリニア巻、サラダ、揚げ物、味噌汁、ご飯等を含む)をランチに注文する等、弁当の味に親しみを感じている人は増えている。
最近自分のランチメニューを見直す中、ツナおにぎりとサラダをサンドイッチの替わりに持参しているが、やはり何かと新しい習慣、すなわち見事な弁当を作り上げるには、(ピーナッツバターとジャムのサンドイッチみたいに)容易な事ではない。これからどんどん日本文化に浸透していく中、弁当の中身がどう変わっていくのが実に楽しみだ。

権藤 ノブオ



English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/