Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.76 September/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the end of this issue.
Aren't there many of us who were awakened to the joy and the power of sports through watching the Beijing Olympic games? With a cooler weather, it's a perfect season to head out and exercise outside!

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
北京五輪を見て、スポーツの面白さに目覚めた方も多いのではないでしょうか。気候もよくなり、外で身体を動かすには良い季節です。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:
1. News from the Fukuoka International Association

    1) Home Visit Program for International Student Now Open for Applications
    2) Free Consultation on Immigration, Residency and Nationality
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Fukuoka International Student Support Center
    2) Cinela "Films by Ann Hui"
    3) Focus on Asia 2008 Fukuoka International Film Festival
    4) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners

3. News from FUKU-NET Members

    1) Charity Baseball Tickets
    2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Invitation to the 8th World Habitat Day Children's Drawing Contest
    2) Multicultural Child Care Salon Open

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    A pair of different lifestyles


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp


1) Home Visit Program for International Student
This program introduces international students to Japanese families, who are living in the Fukuoka metropolitan area, giving both parties the opportunity to spend time together, to develop friendships, and to deepen mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program duration: Nov. 2008 - Mar. 2009
Eligibility: international students currently enrolled in a college, junior college, or language school etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: max. 60
Application form: available at your college or schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: October 15th (Wed)

See FIA website for more details.

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL: 092-733-2220     FAX: 092-733-2215

2) Free Consultation on Immigration, Residency, and Nationality
An Immigration Attorney from Fukuoka Prefecture Gyoseishoshi Lawyers Association will provide and answer any questions concerning status of residence, period of stay, naturalization, international marriage, and so on. Interpreters will be available in English and Chinese.

Date: Oct. 12 (Sun) 11:00 - 16:00
Venue: Rainbow Plaza (IMS Bldg. 8F)

Inquiry: Rainbow Plaza
TEL: 092-733-2220

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about her hometown and culture. Through this, we learn about the student's family, her lifestyle, what brought her to Fukuoka and her vision for the future.

Date: Sep. 21 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Hala Mahmoud (Egypt)
               Kyushu University, Graduate School of Social and Cultural Studies
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Fukuoka International Student Support Center Open
This center offers a comprehensive support system to international students in Fukuoka Prefecture, helping them achieve their educational goals and create a comfortable living by providing useful services.

Available Services: consultation services, referrals to part-time jobs, information regarding international activities and livelihood support, employment assistance, establishing a network for the alumni
Eligibility: International Students currently enrolled in universities, junior colleges, or technical colleges.
Place: Kokusai Kiroba, ACROS Fukuoka 3F
Opening hours: 10:00-19:00

Inquiry: Fukuoka International Student Support Center
TEL: 092-725-9201     Email: fissc@kokusaihiroba.or.jp

2) Cine-la "Films by Ann Hui"
Four films by Hong Kong female film director, winner of this year's Grand Prize of Fukuoka Asian Culture Prize.

Duration: thru Sep. 7 (Sun)
Fee: Free
Films:
English Subtitled
   My American Grandson ('91, 95min)
   July Rhapsody ('01, 103min.)
   Ordinary Heroes ('99, 128min.)
Japanese Subtitled
   Secret ('79, 89min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival
28 films from 16 countries and regions in Asia will be shown this year.

Duration: Sep. 12 (Fri) - 21 (Sun)
Venue: Solaria Cinema 1, Elgala Hall, Nishitetsu Hall
Tickets: Single 1,000yen (advance), 1,200yen (at door)
   A pack of five tickets 4,000yen (advance), 5,000yen (at door)
   Special pass 10,000yen (advance), 12,000yen (at door)
Further information: http://focus-on-asia.com/j/index.html

Inquiry: Asia Month Information Center
TEL: 092-733-5170

4) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today for various lectures and hands-on experience about Japanese culture!

Date/Time/Programs: Sep. 21 (Sun) 14:00-15:30 Kabuki play
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35 *Applications accepted on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100     FAX: 092-725-9102
Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Softbank Hawks Charity Baseball Tickets Available
Charity baseball games will be held to support the Cambodia Mines-remove Campaign & Aid for Victims. 500yen from each ticket sale will go to the charity.

Game/Date/Time: Sep. 10 (Wed), 11(Thu) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! Japan Dome
Ticket: 2,500yen (Ticket A /Reserved/Regular 4,300yen)

Application/Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign
TEL: 092-833-7676     Email: info@cmc-net.jp     URL: http://cmc-net.jp (in Japanese)

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event

"Il Ferroviere" ('56,115min.)
Date/Time: Oct. 2 (Thu) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Invitation to the 8th World Habitat Day Children's Drawing Contest
Based on this year's World Habitat Day theme, "Harmonious Cities", draw freely the activities of your city/town/village regarding water and people's life.

Theme: Water for Life
Eligibility: 4th-6th graders in public/private schools mainly in the Asia and the Pacific
Deadline: due NLT Sep. 12 (Fri)

Inquiry: UN-HABITAT Fukuoka
TEL: 092-724-7121    Email: habitat.fukuoka@unhabitat.org
URL: http://www.fukuoka.unhabitat.org/

2) Multicultural Child Care Salon Open
If you need someone to talk about how to raise children, please feel free to drop by and enjoy chatting with other parents. Multi language interpreters will be available. Please call for registration.

Dates: every 3rd Thursday from Oct. 16, 10:00-12:30
Venue: AMIKAS 1F Nursery room and 2F Japanese-style room
Intended participants: parents with children under preschooler

Inquiry: Women's Empowerment Center Fukuoka
TEL/FAX: 092-738-0138     Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/index.html (in Japanese)


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

A pair of different lifestyles

How fast do you think a full year passes by when you're 5000 miles away from your home, best friends and family, and are working in a completely different society with many unknowns and infinite possibilities? Well, believe it or not, the past year of my life in Fukuoka was more than a blast and as fast as greased lightening, for it seems like just yesterday that I came to live in Japan. But, why do I feel as though my pace of life is faster than before? Is it because of Japan's busy and speedy society, or was the Canadian life simply too relaxed and dull for my age? In answering all these questions, I sought out the fundamental differences of lifestyles between the above two countries.
As known to the world, Japan had long been famous for having many workaholics whose extraordinary work ethics were devoted chiefly for the colossal success of their companies, even to the point of sacrificing their own personal lives. Today, as a result, it is the second largest economy in the world after the United States, sitting at a real GDP of 4.22 trillion in 2006. However, some optimistic economists now believe that younger generations of Japanese are increasingly placing more time on emotional needs (i.e. leisure, family, etc.) than materialistic rewards, and are choosing a career that provides them with more free time.
Skeptics, on the other hand, argue that their economic reality (Japan's economic growth is not nearly as spectacular as the 80s) does not completely give them the leeway to reduce neither their overtime nor stress from work. In other words, the concept of "Time is money", which was prevalent during the bubble economy, still seemingly governs their work ethics, and perhaps this notion is more deeply engraved into their minds as they're now pressured to invest more hours to compete not only domestically, but also globally. Interestingly enough, even if the workload is not all that heavy, some Japanese may feel, out of respect, to stick around the office until their supervisors are fully done their work (though I'm usually the first one off work!).
As seen above, the dedication of the Japanese to work is so remarkable that I've found it as a good learning experience while living in Fukuoka. Looking through the glittering neon lights of the city's nightscape, I even spotted one izakaya that advertised "Open 25-hrs", demonstrating its competitiveness in the industry, not to mention a myriad of 24-hr karaoke bars and convenience stores that are open all night. And the amount of noise and light beaming out of pachinko shops and arcades show just how much electricity is used in their businesses, and how much this place stands as one of the sleepless cities in Japan.
However, working in such environment, I sometimes feel as though I'm also competing in the same rat race, cycling through the four ingredients of my life which are work, eat, sleep, and occasional leisure. By the time you know it, a whole year has gone by like the wind and this social behaviour (or just my mindset) could be the underlying reason why I felt the fast-pace of life in Japan.
So, what's Canada like? Well, though there is a fewer entertainment and no pachinko in Canada, people enjoy themselves in the rich verdurous nature such as camping and barbecue in the summer at lakes nearby or even just gardening at home until the sun sets around 10:00pm. And as much as people value their work (maybe not as religiously as the Japanese) they also place a greater importance on cherishing their time with family and friends. In addition, many Canadians are not as concerned about following fashion trends as seen in Japan, for there are many diverse ethnic groups of people who bring and represent distinct cultures from abroad; thus, each of them has their own outlook on what constitutes as an "acceptable fashion".
As for me, a polo-shirt and a pair of jeans would be more than enough while others may wear something with more "pizaazz" to accentuate their originality. For example, I was quite surprised when I saw a punkish dude in the restroom of one café in downtown, acuminating his perfectly spiked, foot-long Mohawk with more hair gel to give it a sharper look, not to mention chains of piercings on his ears, nose, and tongue, and hieroglyphic tattoos all over his arms. Perhaps the most interesting part of this story is that he was a clerk at the café! Maybe this would be of something extreme in Japan (maybe even considered a social outcast) for everyone seems to belong to a category of groups that follow certain trends in fashion.
All in all, I can say that by living in Japan for the past year, I feel that Canadian lifestyle is more laid-back than here in Japan with no hassle for competition or doing more than you can do in a given day. As there is an array of attractive qualities in both countries, it is difficult to say which country I enjoy more at the moment. But one thing is for certain, good times surely do slide by fast.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:
1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集
  2) 国際交流活動助成
  3) 地球市民どんたく2008参加者募集
  4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡県留学生サポートセンター
  2) シネラ「アン・ホイ監督特集」
  3) ちきゅうを知る講座
  4) アジアフォーカス福岡国際映画祭
  5) 外国人のための日本文化いろは講座 

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) チャリティ野球チケット 
  2) グローバルライフサポートセンター相談会
  3) 福岡日伊協会映画鑑賞会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 海を越える看護団講演会
  2) 世界ハビタット・デー記念絵画コンクール作品募集
  3) SIA-DAY高樹のぶ子と浸るモンゴル!
  4) 多文化子育て支援者セミナー&子育てサロン
  5) クラシック・シネクラブ

5. ノブが見た福岡

「異なるライフスタイル」



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp


1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

○ホストファミリー
対象家庭:福岡都市圏在住の日本人家庭
募集数:60家庭程度
交流期間:平成20年11月~平成21年3月
申込方法:レインボープラザ、情報プラザ、各区役所、各市民センターなどにおいてある所定の申込書に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又はご持参ください。
申込締切:9月30日(火)

○外国人学生
対象者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
募集人数:60人程度
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。
申込締切:10月15日(水)

申込・問合せ先:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215

2) 国際交流活動助成
(財)よかトピア記念国際財団では、地域の国際化を推進すべく、民間団体が福岡都市圏で実施する国際交流・国際理解・国際的な人的ネットワークの構築等に寄与する国際交流関連事業に対して助成を行います。本年度は該当項目の一定額内の1/2以内で、最高30万円までの収支差助成です。今回の予算枠は100万円。

申請受付締切:9月30日(火)

3) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2008」
広く市民の皆さんに国際協力・交流への関心・理解を深めてもらうためのイベントです。入場無料。

○NGOなどの活動紹介ブース展示およびワークショップ(申込不要)
日時:10月9日(木)~13日(月・祝) 11:00-18:00
場所:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地(福岡市中央区天神1-8-1)
(アジア太平洋フェスティバルと同日・同会場)

○国際協力セミナー
外務省職員、国連職員やNGOの方などを招き、国際協力について一緒に考えます。
テーマ:あなたもできる国際協力~自分が変わる・自分を変える~
日時:10月11日(土) 13:00-16:30
場所:福岡国際ホール「志賀の間」(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16F)
定員:先着順100名 (入場無料)
申込:Eメール,FAX,またはハガキで協会まで申込。
募集期間:9月1日(月)より受付開始。

○外国人のための入国・在留・国籍に関する無料相談会
日本での生活に必要な在留資格や在留期間、家族の呼び寄せ、国籍、永住、帰化、国際結婚などの問題について、法律と手続きの専門家である行政書士が質問に答え、アドバイスをしてくれます。予約不要、相談無料。

日時:10月12日(日)11:00-16:00
場所:レインボープラザ
通訳:英語、中国語

4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:9月18日(木)18:30~
場所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかサロン
講師:ハ-ラ・マハム-ド・アブデルアジ-さん(エジプト・バナハ出身)
   九州大学 比較社会文化学府 日本社会文化専攻


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡県留学生サポートセンター
当センターは、福岡県内の留学生が安心して学問に集中できるよう、在学時のアルバイト、生活支援及び交流事業に係る情報提供、日本企業への就職を促進するための支援、さらには卒業後のネットワーク構築に至るまで留学生に対する総合的な支援を行います。

場所:アクロス福岡3Fこくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1)
時間:10:00-19:00
TEL: 092-725-9201  Email: fissc@kokusaihiroba.or.jp
URL: http://www.fissc.net

2) シネラ「アン・ホイ監督特集」
福岡アジア文化賞大賞受賞を記念し、香港とそこに生きる人々の"今"をみすえる4作品を無料上映。

期間:9月7日(日)まで
会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3) ちきゅうを知る講座
様々なテーマで月に1回開催する講座です。参加無料。要申込。

日時:9月20日(土)14:00-16:00
テーマ:水と保健医療
場所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

4) アジアフォーカス2008福岡国際映画祭
今年は、アジア16カ国・地域の28作品が上映されます。

期間:9月12日(金)~21日(日)
会場:ソラリアシネマ1、エルガーラホール、西鉄ホール
チケット:1作品 前売1,000円、当日1,200円
     5作品 前売4,000円、当日5,000円
     フリーパス券 前売10,000円、当日12,000円
詳細はこちら: http://focus-on-asia.com/j/index.html

問合せ:アジアマンスインフォメーションセンター
TEL: 092-262-0676

5)  外国人のための日本文化いろは講座
  外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時・内容:9月21日(日)日本の古典芸能(歌舞伎)を知る
時間:14:00-15:30
会場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) チャリティ野球開催
福岡ソフトバンクホークスの協力により、カンボジア地雷撤去および地雷被害者救済のチャリティ野球チケットを販売します。チケット料金の中から500円がチャリティにあてられます。

日時・対戦チーム:9月10日(水)、11日(木)18:00 東北楽天ゴールデンイーグルス
場所ヤフードーム
料金A指定席(通常4,300円)2,500円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

申込・問合わせ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676

2) グローバルライフサポートセンター相談会
外国人向けに住居の提供をしているオーナーの方や管理業者の方、外国人に部屋を賃貸する時に対して不安をお持ちの企業からの個別相談を受け付けます。事前に相談内容などをご連絡ください。相談料無料。相談時間約20分。

日時9月26日(金)10:00~16:00
場所グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前2丁目)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
TEL: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催の無料の鑑賞会です。

「鉄道員」('56, 115min.)
日時10月2日(木)19:00~
場所あじびホール(福岡アジア美術館)
先着120名

問合せ:福岡日伊協会(西日本シティ銀行内)
TEL: 092-476-2153


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 海を越える看護団講演会
ミャンマーを活動拠点とし、「医療が届かないところへ医療を届ける」をコンセプトに保健医療活動をしています。活動内容や5月に発生したミャンマーサイクロンの支援活動などについてお話します。

日時:9月7日(日)14:00-17:00
場所:福岡県NPOボランティアセンター(福岡県吉塚合同庁舎5F)
参加費:500円
詳細はこちら:http://www.nurses-os.org/

申込・問合わせ:海を超える看護団
TEL/FAX: 03-3734-6206  Email: japan@nurses-os.org

2)  第8回世界ハビタット・デー記念絵画コンクール作品募集
今年の世界ハビタット・デーのテーマ「調和のとれた都市」にちなみ、大切な「水」と共に暮すために、あなたの「まち」が取り組んでいる様々な活動を自由に表現してください。

テーマ:いのちの水
応募資格:アジア太平洋を中心とする小学生4~6年生
締切:9月12日(金)必着
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/

申込・問合せ:国連ハビタット福岡本部
TEL: 092-724-7121  Email: habitat.fukuoka@unhabitat.org

3) 第6回SIA-DAY 高樹のぶ子と浸るモンゴル!
今回は、世界の平和を祈りながら児童文学を書き続け、その作品がいまや世界16カ国で翻訳されているダジドンドクさんが対談映像で登場されます。

日時:9月20日(土)13:30-16:30
場所:アクロス福岡円形ホール
テキスト代:1,000円
申込締切:9月8日(月)必着
詳細はこちら:http://blog.goo.ne.jp/websia

主催・申込:九州大学アジア総合政策センター
TEL: 092-642-4433  Email: asia@isc.kyushu-u.ac.jp

4) 多文化子育て支援者セミナー&子育てサロン
現在、福岡県の外国籍住民は約4万7千人。その中には地域で結婚、妊娠、出産し、子育てしている女性が少なくありません。移住女性の子育て支援について理解を深め、地域での取り組みについて考えます。参加無料。

○セミナー
日時:9月25日(木)13:00-16:30
場所:アミカス2F視聴覚室
申込締切:9月15日(月)

○子育てサロン
誰でも気軽に集まれる子育てサロンです。相談や座談会もあります。多言語通訳サポートもあります。
日時:10月16日(木)~ 毎月第3木曜日10:00-12:30
場所:アミカス1F保育室&2F和室
対象:0歳児から未就学児のいる親子

申込・問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
TEL: 092-738-0138  Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/

5) クラシック・シネクラブ
  クラシックな名作をきちんとフィルムで、しかもトーク(講演)付きで見ようという試みです。

「野生のエルザ」(米・'65・95min)日本語吹替版
日時:9月27日(土)13:00、16:00
場所:九州日仏学館5Fホール
会費:前売1,000円 当日1,300円
詳細はこちら→http://www2.gol.com/users/faff/

主催・問合せ:オフィス・ヌーベルヴァーグ
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. ノブが見た福岡

異なるライフスタイル

母国の友達や家族から約8,000キロ離れ、分からない事が山程あり、無限の可能性が広がる全く新しい社会で一年を過ごすのは、どれほど長く感じるものだろうか?驚くべき事に、僕にとって福岡で過ごしたこの一年は、まるで電光石火のように過ぎ去り、来日したのがほんの昨日の様な気がして仕方がない。しかし、何故日本で過ごす時間がこんなに早く感じるのだろう。やはり忙しくてスピーディな社会で暮らしているせいなのか?それとも、カナダの生活があまりにも自由で平凡すぎたのか?これらの疑問を追及するべく、それぞれの国のライフスタイルの根本的な違いを見出したのであった。
日本は、昔から働き蜂の国として世界に知られていて、個人の時間を削ってまでも、「会社の成功のために」と熱心に働いてきた。その結果、現在では世界第2位の経済大国となり、実質GDPは2006年で4.22兆円。 ある楽観的なエコノミストによると、日本の若い世代は昔と比べ、仕事から得られる物質的利益よりプライベート(家族、趣味など)に目を向け、又キャリアの選択においても、より自由な時間がもてることを第一の条件としているそうだ。
しかし、その一方で懐疑論者は、現在の回復基調にある日本の経済状況(80年代のバブル期とは程遠く)からでは、残業時間を無くすのはおろか、個人の時間を増やす事は難しいと唱えている。言い換えれば、バブルの時代から「時は金なり」と称えられていた考えは、今でも若者の労働意識として機能している。そして、国内のみならず国際的な競争に打ち勝つために、より多大な労力と時間を費やさなければならないというプレッシャーを感じているのだ。非常に興味深い事だが、いまだに日本では、仕事量がそう多くなくても、上司より先に帰宅するのを拒み、敬意を払ってまで残業をする習慣があるそうだ(僕は常に一番に帰宅しているが)。
上記で述べたように、日本人の熱心な働きぶりには非常に感心するし、自分にとっても大変貴重な体験となっている。この町の夜景にきらめくネオンを見れば、その事実をいっそう伺う事が出来る。例えば、「25時間営業」と看板を構える居酒屋等からは、その企業内でトップを狙うビジネスセンスが伝わってくるし、又、無数に散らばる24時間営業のカラオケ店やコンビニでは好きな時に歌い、食べ物を買う事が出来る。さらに、パチンコ店やゲームセンターから放出される光と騒音を聞けば、どれだけの電気量が日本のビジネスに使われているのかがわかる。まさにここは「眠らない社会」といっても良いぐらい忙しい。
しかし、このような環境で毎日生活を送っていると、いつの間にか、自分も同じ競争社会で生きている一人の人間で、毎日「働く」、「食べる」、「寝る」、「遊ぶ」といった人生の四大要素を繰り返す、単純な「動物」のように思える時がある。そして、これを幾度か繰り返していく内に、一年は風のように過ぎ去っているのだ。(おそらく、このような発想が、前述で語った「日本での早い時間」の隠れた理由なのかもしれない。)
一方、カナダの生活様式はどうなのだろう?率直に言うと、日本よりは娯楽が少ない。そのかわりに人々は周りにある大自然を活かし、様々なレクリエーションを通して自由な時間を楽しむ。例えば、夏場は湖の近くでキャンプとバーベキューをしたり、又日が沈む夜の10時ごろまで家で家族と一緒にガーデニングをしたりする。そして仕事に精を出す以上に(日本人には敵わないが)、家族や友達との付き合いを大事にしている人が少なくない。
一方で、カナダ人は日本人ほどファッションにあまり目をむけない。その理由は、多様な民族性を持つカナダの人々は、それぞれが独自の個性や文化を主張しているので、周りの目を気にせずに、好きなスタイルで町を歩く事が出来る。僕は基本的にポロシャツとジーパンで十分だが、中にはもっと洒落た格好をしたがる人もいる。例えば、鋭く尖ったモヒカンスタイルの男性と、ダウンタウンの喫茶店のトイレで境遇した時の事だ。その人はピアスだらけの顔で両腕に象形文字の様な刺青を彫っており、ありったけのジェルを頭につけて、髪をさらに鋭く整えていた。後で一番驚いた事は、その人が喫茶店の店員だったという所だ。おそらく日本では、このようなファッションは社会にふさわしくない格好と判断され、同じ流行の枠に入りたがる日本人の間では、あまりお目にかかる事はないであろう。
この一年を振り返って見てみれば、カナダの生活の方がゆったりで、競争意識も無く、自由に生きていけると感じるが、日本の居心地良さや便利性等色々な事に対して魅力を感じる僕にとって、「どちらの国が良い?」と言う質問には、すぐに答えられない。ただ今の僕に分かるのは、楽しい時はあっという間に過ぎて行ってしまうという事だ。

権藤 ノブオ

English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/