Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.77 October/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
How about a night out during the month of October when the merchant town of Fukuoka City, the Hakata area, is illuminated with various autumn events including the light festival of old Shinto shrines and temples, candle light arts, and guided walking tour?

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
10月は、博多部の神社仏閣のライトアップ、ろうそくの明かりで絵を描き出す灯明祭りなどが開催されます。秋の夜を楽しみにでかけませんか。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Home Visit Program for International Students
    2) Free Consultation on Immigration, Residency and Nationality
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Asian Pacific Festival 2008
    2) Cinela "Indonesian Films"
    3) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
    4) Heartful Festa Fukuoka 2008
    5) Fukuoka International Student Support Center

3. News from FUKU-NET Members

    1) UK-Japan 2008 Event in Fukuoka
    2) APCC Fukuoka Music Festival

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Multicultural Child Care Salon

5.  Nobu's Footprints in Fukuoka

    A pair of different lifestyles


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp

1) Home Visit Program for International Students
This is a great opportunity for international students to exchange with the Japanese families who are living in the Fukuoka metropolitan area. Not only will you build a lasting friendship with them but you will also deepen mutual cultural understanding through a series of home visits, casual meals or conversations, and other activities.

Program duration: November 2008 - March 2009
Eligibility: international students currently enrolled in a college, junior college, or language school, etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Enrollment limit: 60
Application form: available at your college or schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: Oct. 15 (Wed)

See FIA website for more details.

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL 092-733-2220    FAX: 092-733-2215

2) Free Consultation on Immigration, Residency, and Nationality
An immigration attorney from the Fukuoka Prefecture Gyoseishoshi Lawyers Association will provide and answer any questions concerning status of residence, period of stay, naturalization, international marriage, and so on. English or Chinese interpreters will be available upon request.

Date: Oct. 12 (Sun) 11:00 - 16:00
Venue: Rainbow Plaza (IMS Bldg. 8F)

Inquiry: Rainbow Plaza
TEL: 092-733-2220

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about her hometown and culture. Through this, we learn about the student's family, her lifestyle, what brought her to Fukuoka and her vision for the future.

Date: Oct. 16 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: PIAO MEI SHAN (Jilin province, China)
               Fukuoka University of Education, Research Divisions of Education
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Asian Pacific Festival 2008
This is the main event of the Asian Month. Enjoy the traditional dance and songs, regional cuisine, and groceries from the Asian Pacific region.

Duration: Oct. 9 (Thu) - 13 (Mon/holiday) 11:00-21:00
Venue: Fukuoka City Hall Fureai Hiroba
Further information: http://www.asianmonth.com/

Inquiry: Asia Month Information Center
TEL: 092-262-0676

2) Cine-la "Indonesian Films"
A collection of Indonesian films will be shown in commemoration of 50 years of friendship between Japan and Indonesia.

Duration: Oct. 8(Wed) - 25(Sat)
Fee: Adult 500yen, Univ. & H.S. Student 400yen, J.H.S. & Elem. Student 300yen
Films:
English Subtitled
   Mr. Mamad ('73, 111min)
   Ramadhan and Ramona ('92, 87min.)
   Suddenly Dangdut ('06, 95min.)
   GIE ('05, 147min.)
   3 Days to Forever ('06, 104min.)

Japanese Subtitled
   The Long March ('50, 129min.)
   The Three Sisters ('56, 114min.)
   First Love ('73, 110min.)
   Ponirah ('83, 107min.)
   Roro Mendut ('82, 107min.)
   Naga Bonar ('87, 108min.)
   Tjoet Nja' Dhien ('88, 133min.)
   Penida Island ('89, 113min.)
   Love in a Slice of Bread ('91, 97min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609   URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today to engage in various sessions where you will get a hand-on learning experience about Japanese culture.

Dates/Programs: Oct. 19 (Sun) Noh play, Nov. 9 (Sun) Sumoh
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00a.m.-5:00p.m.)     FAX: 092-725-9102
Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

4) Heartful Festa Fukuoka 2008
Deepen your understanding of human rights issues through a series of panel exhibitions, concerts, and other various events.

Duration: Oct. 24 (Fri), 25 (Sat) 10:00-21:00, 26 (Sun) 10:00-17:30
Venue: Hakata Riverain
Further information: http://jinken.city.fukuoka.jp/event/heart2008.html (in Japanese)

Inquiry: Heartful Festa Fukuoka Executive Committee
TEL: 092-262-8464

5) Fukuoka International Student Support Center 
  This center offers a comprehensive support system to international students who are living in Fukuoka Prefecture. Assistance for succeeding educational goals, advices on how to achieve a comfortable living, and so forth are provided here.

Available Services: consultation services, referrals to part-time jobs, information regarding international activities and livelihood support, employment assistance, establishing a network for the alumni.
Eligibility: International Students currently enrolled in universities, junior colleges, or technical colleges.
Place: Kokusai Hiroba, ACROS Fukuoka 3F
Opening hours: 10:00-19:00

Inquiry: Fukuoka International Student Support Center
TEL: 092-725-9201    Email: fissc@kokusaihiroba.or.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) UK-Japan 2008 Event in Fukuoka
Commemorating 150 years of diplomatic relations between the UK and Japan, the Fukuoka Japan British Society will invite a British pianist, Ronan Magill, for a recital.

Date/Time: Oct. 17(Fri) 19:00
Venue: Ishikura Shuzo Brewery Hakata Hyakunengura (Katakasu, Hakata)
Ticket: 3,500yen

Inquiry: The Fukuoka Japan British Society
TEL: 092-476-2155

2) APCC Fukuoka Music Festival
Commemorating the 20th anniversary of the Asian-Pacific Children's Convention's establishment as well as supporting its activities, a music concert will be held featuring various singers from Japan, Korea, and China.

Date: Oct. 26 (Sun) 17:30
Venue: Marine Messe Fukuoka
Fee: S 7,000yen, A 5,000yen

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in FUKUOKA
TEL: 092-734-7700 Email: info@apcc.gr.jp URL: http://www.apcc.gr.jp/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Multicultural Child Care Salon Open
If you need someone to talk about parental care, please feel free to drop by our office to chat with other parents. Multi language interpreters will be available. To register, please call in advance.

Dates: Oct. 16, 10:00-12:30, every 3rd Thursday
Venue: AMIKAS 1F Nursery room and 2F Japanese-style room
Intended participants: parents with children under preschooler

Inquiry: Women's Empowerment Center Fukuoka
TEL/FAX: 092-738-0138    Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/index.html (in Japanese)


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Night Out at Hojoya

Having engaged in both the Hakata Dontaku Port Festival of late Spring and the Hakata Gion Yamakasa Festival of early Summer, it was in my nature to complete the last of the three main festivals in Fukuoka: the thousand-year-old traditional festival known as "Hojoya (放生会)” that praises all living things and celebrates the bounty of fall harvest from September 12th through 18th of each year.
By the time I arrived at Hakozaki Shrine around 6:00pm, the place was completely packed with a swarm of local populace, and the over-filled walkway controlled by traffic patrols made it seemingly impossible to find my friends in time or even take some fresh air: the idea was quite simple, just keep on walking and not move against the flow of the people. As much as I expected the summer to be long gone, it was still a muggy night as I felt the effects of global warming on my skin closer than ever. Perhaps the only coolness in the ancient ambience of the shrine was the slight breeze of the crisp autumn air and the murmuring of pine leaves in the background, and of course, the thought of chugging a glass of ice-cold beer.
As I navigated through the chaotic walkway towards one of the gates, I noticed people lining up before the infinite rows of food stalls diffusing a tantalizing aroma of yakitori, takoyaki, grilled corncobs, and so forth, and I couldn't help but to order an appealing dish that piqued my interest. It was called "sha-pin" and without really finding out what it was, I handed out several coins to the man who was cooking away amidst the fierce fire. It truly wasn't a traditional Japanese dish, as it literally looked like a large, flattened sandwiched crepe with tiny bits of meat inside which I have not yet come across in Japan. Nibbling on this new taste of Asia, I finally spotted my friends who were also eating and drinking, as well as sweating excessively as if they have just gotten back from a vigorous exercise.
We continued our journey through galleries of interesting stalls such as palm reading, goldfish and turtle scooping, and eel fishing, until we turned a corner to the "haunted house" section of the festival. The atmosphere was somewhat of a mix between a Japanese summer matsuri, and a Western circus carnival, where the flashing lights, life-size ghost figures, and men shouting through microphones to attract people blurred out my sense of reality. For a hefty price of five hundred yen, we went into an eerie-looking haunted house anticipating a real-life version of a Japanese horror film. To our dismay, the haunted house was nothing but a walk through a blackened tent, occasionally being stopped by a less-than-enthusiastic guy wearing the mask from the movie "Scream". I laughed my way to the exit, even shaking hands with the "not-so-scary" ghost.
As more Asahi beer and shochu immersed into our thirsty souls, a passing shower fell from the sky, and behind the curtain of rain, I noticed the boisterous voices of children excitedly taking cover under the tent and attempting to scoop the tiny goldfish to take home. As if taking a peek at my own childhood, I recalled the very scene when my dad also took me out on a matsuri in Kobe when I was only 8 years old…

Nobuo Gondo




FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生ホームビジット交流外国人学生募集
  2) 地球市民どんたく2008
  3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) アジア太平洋フェスティバル2008
  2) シネラ「インドネシア映画特集」
  3) 外国人のための日本文化いろは講座
  4) ハートフルフェスタ福岡2008 
  5) ちきゅうを知る講座
  6) 福岡県留学生サポートセンター

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 講演会「夢はあきらめきれず」
  2) 日英外交関係150周年イベント
  3) カンボジアスタディツアー2008報告会
  4) APCC20周年記念・支援福岡ミュージックフェスティバル

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 多文化子育てサロン
  2) 「花の夢ある中国残留婦人」上映会
  3) 北京風雷京劇団訪日公演
  4) 外国人留学生のためのホストファミリー募集

5. ノブが見た福岡

  「放生会の夜」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生ホームビジット交流外国人学生募集!
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

対 象 者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
募集人数:60人程度
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。
申込締切:10月15日(水)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215

2) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2008」
広く市民の皆さんに国際協力・交流への関心・理解を深めてもらうためのイベントです。入場無料。

NGOなどの活動紹介ブース展示およびワークショップ(入場無料、申込不要)
(アジア太平洋フェスティバルと同日・同会場)
日 時:10月9日(木)~13日(月・祝)11:00-18:00
場 所:福岡市役所西側ふれあい広場北側緑地(福岡市中央区天神1-8-1)

国際協力セミナー
外務省職員、国連職員やNGOの方などを招き、国際協力について一緒に考えます(入場無料、要申込)。
テーマ:あなたもできる国際協力~自分が変わる・自分を変える~
日 時:10月11日(土)13:00-16:30
場 所:福岡国際ホール「志賀の間」(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16F)
定 員:先着順100名
申 込:Eメール、FAX、またはハガキで協会まで申込。

外国人のための入国・在留・国籍に関する無料相談会
日本での生活に必要な在留資格や在留期間、家族の呼び寄せ、国籍、永住、帰化、国際結婚などの問題について、法律と手続きの専門家である行政書士が質問に答え、アドバイスをしてくれます。(予約不要、相談無料)
日 時:10月12日(日)11:00-16:00
場 所:レインボープラザ
通 訳:英語、中国語

3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:10月16日(木)18:30~
場 所:福岡よかトピア国際交流財団 あったかサロン
講 師:朴 美善さん(中国・吉林省)
    福岡教育大学大学院教育学研究科


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) アジア太平洋フェスティバル
アジアマンスの看板イベント。アジア太平洋地域の伝統芸能、屋台、マーケットなどが楽しめます。

期 間:10月9日(木)~13日(月・祝)11:00~21:00
会 場:福岡市役所西側ふれあい広場
詳細はこちら: http://www.asianmonth.com/festival/index.html

問合せ:アジアマンスインフォメーションセンター
TEL: 092-262-0676

2) シネラ「インドネシア映画特集」
日本インドネシア友好年を記念し、図書館収蔵作品からインドネシア映画史の代表的作品を特集。

期 間:10月8日(水)~25日(土)
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日 時:10月19日(日)14:00
内 容:日本の古典芸能(能)を知る
会 場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定 員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

4) ハートフルフェスタ福岡2008
NPOやNGO団体のパネル展示やコンサートなど様々なイベントを通じて人権問題への理解を深めましょう。

日 時:10月24日(金)~26日(日)10:00
場 所:博多リバレイン
詳細はこちら:http://jinken.city.fukuoka.jp/event/heart2008.html

問合せ:ハートフルフェスタ福岡実行委員会
TEL: 092-262-8464

5) ちきゅうを知る講座
  様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日 時:10月26日(日)17:00
テーマ:国際協力
場 所:アクロス福岡7階大会議室
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

6)  福岡県留学生サポートセンター  
  当センターは、福岡県内の留学生が安心して学問に集中できるよう、在学時のアルバイト、生活支援及び交流事業に係る情報提供、日本企業への就職を促進するための支援、さらには卒業後のネットワーク構築に至るまで留学生に対する総合的な支援を行います。

場 所:アクロス福岡3Fこくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1)
時 間:10:00-19:00
TEL: 092-725-9201  Email: fissc@kokusaihiroba.or.jp
URL: http://www.fissc.net


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 講演会「夢はあきらめきれず」
地域の国際化と多言語活動の拡大化を目的とし、アジアマンス公式認定事業として講演会を開催します。参加無料。

日 時:10月9日(木)~11月22日(土)
会 場:福岡市内各市民センター、市外近郊コミュニティセンター他
詳細はこちら:http://hfcw.jp/index.htm

問合せ:言語交流研究所ヒッポファミリークラブ九州
TEL: 092-715-3859  Email: kyushu@lexhippo.gr.jp

2) 日英外交関係150周年イベント
日英外交関係150周年を記念し、英国人ピアニスト、ローナン・マギルのリサイタルを開催します。

日 時:10月17日(金)19:00
場 所:石蔵酒造博多百年蔵(博多区堅粕)
料 金:3,500円
詳細はこちら:
http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_ei_kyokai/index.html

申込・問合せ:福岡日英協会
TEL: 092-476-2155   Email: fjbs.tomoike@dolphine.ocn.ne.jp

3)  カンボジアスタディツアー2008報告会
8月に実施されたスタディツアーの報告会です。どうぞご参加ください。

日 時:10月19日(日)16:00
場 所:福岡学生交流会館(博多区店屋町)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 090-4514-5079  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

4) APCC20周年記念・支援 福岡ミュージックフェスティバル
アジア太平洋こども会議・イン福岡の20周年を記念し、その事業を支援するため、日本、中国、韓国からの出演者を迎えコンサートを開催します。

日 時:10月26日(日)17:30
場 所:マリンメッセ福岡 
入場料:S席7,000円 A席5,000円
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:こども会議支援コンサート事務局
TEL: 092-844-8837
アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1)  多文化子育てサロン
誰でも気軽に集まれる子育てサロンです。相談や座談会もあります。多言語通訳サポートもあります。

日 時:10月16日(木)~ 毎月第3木曜日10:00-12:30
場 所:アミカス1F保育室&2F和室
対 象:0歳児から未就学児のいる親子

申込・問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
TEL: 092-738-0138  Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/

2) 「花の夢 ある中国残留婦人」上映会
中国残留婦人を題材にした作品の上映会です。

「花の夢 ある中国残留婦人」(日・'07・97min.)
日 時:11月1日(土)11:30、13:30、15:30
場 所:福岡YWCA会館3階(中央区舞鶴)
会 費:前売1,400円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

3) 北京風雷京劇団訪日公演
日中平和友好条約締結30周年、日本中国友好協会創立58周年を記念し、京劇公演を開催します。

日 時:11月3日(祝)16:00
会 場:福岡市民会館
料 金:前売券A¥5,000、B¥4,000、C¥2,500
    学生、留学生は割引あり

主催・問合せ:日中友好協会福岡県連
TEL: 092-761-0604

4) 外国人留学生のためのホストファミリー募集
福岡市内の高校に通学する交換留学生を受け入れてくださるホストファミリーを募集しています。

期 間:4月~12月下旬
詳細はこちら:http://yes.gr.jp/main.asp

主催・問合せ:YES国際青年交流委員会
TEL: 092-844-4572


5. ノブが見た福岡

放生会の夜

5月の博多どんたくと7月の博多祇園山笠を体験した僕は、博多三大祭の全てを完結すべく、先月筥崎宮の「放生会」へ出向いた。この祭は約千年前から秋の訪れと、生きとし生けるものに感謝する祭で、9月12日から18日まで行われる。
夕方の6時頃筥崎宮に到着すると、すでに交通整理がされる程人が集まっていて、正直、約束の時間に友達と会うのがやや難しそうにも思えた。夏の終わりと言うのに、蒸し暑さはまったく消える気配が無く、人の流れに逆らわずに進むのが合理的な手段だと悟った。唯一その歴史ある神社で感じる涼しさと言えば、ほのかに聞こえる竹のささやきとわずかに感じる秋のそよ風であった。あと強いて言うなら、先ほどから脳裏に浮かぶキンキンに冷えたビール。
混雑する道をさらに進んで鳥居方面に向かっていくと、両脇から食欲をかきたてるソースの香ばしい香りや綿菓子の甘い匂いが漂ってきた。焼きとうもろこし、たこ焼き、焼き鳥等色々な定番が客の足を止め、僕も気づいた時には、「シャーピン」と言う今まで一度も聞いた事の無い食べ物に目を光らせていた。300円を渡して作って貰ったアジアンチックなそのお菓子は、単にでかいギョーザを平たく焼いただけの物であって、中にはひき肉が少し隠れて入っていた。「汗をかきながら必死で作ってくれたのに、味のほうはイマイチだな」と一人でつぶやきながら、祭り気分を味わい始めたその時、向こうの方から友達が歩いてくるのが見えた。彼らは激しい運動から帰ってきたかのように、額一面に汗をかきながら何かを食べている様子で、またしても肌に暑さを感じる夜となった。
合流した後、様々な露天(手相、金魚・うなぎ釣り等)を皆と一緒に覗き、お化け屋敷の辺りまで来ると、見覚えのある空間に遭遇した。明るく点灯されたブースから聞こえてくる客の呼び込みや(又は叫び声等)、実物大のお化けの飾り等、その雰囲気にはカナダのサーカスや遊園地で見られる光景が反映されていた。少し高いとは思ったが、500円の入場料を払い、「日本ホラー映画そのものを実際に味わえる」と信じ、恐る恐る不気味なドアの向こうへ入ったが、結局、内容はごく単純なもので、ただ暗いテントの中の迷路を2~3分歩き回るだけで、恐怖感はゼロ。唯一見た物と言えば、2~3度出現する、白い仮面を被り黒いマントを羽織った(映画「スクリーム」に良く似た)、やる気のない「雇われお化け」程度。怖いと言うよりは、笑いが止まらず、最後にはその人と握手を交わして外へ出る始末であった。
笑いで乾いた五臓六腑を焼酎とビールでふたたび潤していると、急に雨が降りはじめ、回りにいた子供達は僕たちがいるテントの中に飛び込むように入ってきた。土砂降りの雨にもかかわらず、元気な子供達はワイワイと金魚すくいで盛り上がり、その様子には郷愁をそそる雰囲気が出ていた。まるでお父さんと昔、神戸で行った祭の夜を振り返るかのように、幼少時の日本での思い出が夏の終わりをきっかけに再び蘇って来た。

権藤 ノブオ


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/