Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.78 November/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The November Grand Sumo Tournament is coming to Fukuoka City, and you will be able to spot some young sumo wrestlers on the local bus or train. We hope the wrestlers will show us their best in their schedule of bouts to reclaim the reputation tainted by some scandals.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
11月は大相撲福岡場所。バスや電車にも若い力士の方々が一緒に乗っていたりします。いろいろと世間を騒がせていますが、力のこもった取り組みを見せて欲しいものです。



FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:


1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Toll-Free Nationwide Telephone Counseling Line for Foreign Nationals
    2) English Speech Contest

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Symposium "What we can do to stop human trafficking"

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    A glimpse of Asia from Fukuoka Part I



1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, what brought his/her to Fukuoka and her vision for the future.

Date: Nov. 20 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Yuli Restiani (Lampung, Indonesia)
               Kyushu University Graduate School of Social and Cultural Studies
For more information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Toll-Free Nationwide Telephone Counseling Line for Foreign Nationals
Tokyo Immigration Information Center is operating a toll-free Nationwide Telephone Counseling Line for Foreign Nationals as of September 29. Counseling in languages other than Japanese is available. Your confidentiality is guaranteed.

Telephone Number: 0120-567-115
Service hour: 9:00-17:00 available on Saturdays, Sundays and holidays until Dec. 28
Further information: http://www.immi-moj.go.jp/english/index.html

2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today for various sessions to get a hands-on learning experience about Japanese culture.

Dates/Programs: Nov. 9 (Sun) Sumo, Dec. 7 (Sun) Kimono
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00-17:00)     Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

3) English Speech Contest
High school students residing or commuting in/to Fukuoka city will present their English skills in a four-minute speech contest. Please come and give them a warm support.

Date: Dec. 14 (Sun) 13:30
Venue: Fujin kaikan Lecture Hall (AIREF 9F)

Inquiry: Fukuoka City Sister Cities Committees
TEL: 092-711-4023     Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event.

"To Forget Palermo" ('90,105min., English)
Date/Time: Nov. 28 (Fri) 19:00
"Miracle in Milan" ('51, 96min.)
Date/Time: Dec. 8 (Mon)
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiries: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153



4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Symposium "What we can do to Stop Human Trafficking"
Let's talk about what we can do to address the issue of human trafficking or "modern slavery". Prior application required.

Date: Nov. 15 (Sat) 13:30
Venue: AMIKAS Lecture room
Fee: 500yen (for handouts)
Further information: http://www1.plala.or.jp/AWCenter/

Application/Inquiry: Asian Women's Center
TEL: 092-513-7333     Email: awc-a@atlas.plala.or.jp


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

A glimpse of Asia from Fukuoka Part I

There I was, standing in a long queue before the immigration check at the port of Busan in South Korea, waiting patiently for my passport clearance as my stomach growled noticeably louder each and every minute. This was my third visit to this city, and I swear the lineup just gets longer each time, or there are simply not enough officers on duty. Either way, it was already past one o'clock in the afternoon, and my mouth was quickly drying up as more salty sea breeze seeped through the open windows.
Amidst such a situation, I decided to go over a few Korean expressions that I have learned prior to leaving for this trip, and spoke them silently out of my memory, "Mekchu chuseyo", or "Give me beer". In spite of this poor Korean, I managed to get around the city for three days, encountering a few interesting situations here and there. The following highlights some of these scenes.
The long weekend of October has led many Fukuokans to travel to their closest sister city, Busan, for it was probably the best timing of the year, and also the quickest and the easiest way to spend their unusually high, appreciating yen in a foreign country. Having sat the last three hours in a fully-crowded Beetle, it seemed quite certain that there were going to be many tour guides waiting by the gate. As expected, many vigorous ladies, distinguished by their black-suits, were holding out signs of their guest's names in a large Japanese font, and were making eye contact with every Japanese traveler as they gradually popped out of the exit.
At this point, my colleagues and I felt a sense of ease and belonging from the locals' casual use of Japanese inside the terminal (e.g. the guides, flyer distributers, the clerks at the currency exchange office). However, this notion was shattered as soon as we realized outside the terminal that getting a cab for five adults with giant luggage was not an easy task, thus encountering our first language barrier.
As this was not everyone's first time in Korea, some of us were surprised by the fact that all the written letters looked like gibberish; as much as they believed it was a nation that incorporated Chinese characters into their language, they were nowhere to be seen out the windows of our mini-van taxi. Having visited here twice in the past, I firmly believed that nothing would come by as a surprise and reassured to the rest that there's absolutely nothing to worry about. "Showing respect to elders is quite serious in Korea, and this holds true in every situation, Nobuo," is what my Korean-Canadian friends in Vancouver used to say to me, after discovering that I'm also one of their kind, or more precisely, that I'm a Korean-Japanese-Canadian.
However, as we were walking towards our hotel from the busy downtown district of Seomyun, we were astonished to witness a street brawl between a young man and an old man who was probably in his early 70s. What's going on here? All of us were puzzled by this situation and peaked through the crowd to see what all the fuss was about. To our surprise, we saw the young man seizing his hands around the old man's collar recklessly, and the most interesting part of it was the fact that the grandpa didn't give up on his right of the road even a slightest bit (the situation seemed more or less like a minor car accident between the two parties). While this experience sort of defied my previous belief about Korea's Confucianist traditions, it also taught me that Korean elders are powerful beings themselves and that they can really voice their rights!
It could have been the spicy kimchi of my lunch or the inner excitement of being in one's true homeland, but after seeing this unexpected incident, my soul was bursting with energy like never before.

To be continued…

(Dear readers, due to the length of this essay and limited page for my column, the rest will be discussed in the next issue. Thank you.)

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) フリーダイヤル「外国人相談全国専用ダイヤル」
  2) 市民青少年交流助成
  3) 外国人のための日本文化いろは講座
  4) 文化政策とCCDセミナー 
  5) ちきゅうを知る講座
  6) 英語弁論大会

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) オイスカ茶話会のご案内
  2) 学習会とタイ・スタディツアー報告会
  3) 青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集中
  4) 第10期NGOカレッジ
  5) 森本喜久男さん"森の恵み"を語る
  6) 福岡日伊協会映画鑑賞会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) アメリカ留学相談会
  2) シンポジウム「人身売買をなくすために市民ができること」

5. ノブが見た福岡

  福岡から覗くアジア(前編)


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp


1) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:11月20日(木) 18:30~
会 場:あったかサロン
語り手:ユリ・レスティアニさん(インドネシア、ランプン州出身)
    九州大学比較社会文化学府 日本社会文化専攻


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) フリーダイヤル「外国人相談全国専用ダイヤル」
全国から入管手続きに関する相談を電話代無料で受け付ける専用ダイヤルができました。相談内容の秘密は厳守。日本語以外の言語も対応可能。

電話番号:0120-567-115
時  間:9:00~17:00
期  間:12月28日(日)まで土日祝も受付。
詳細はこちら:http://www.immi-moj.go.jp/


2) 市民青少年交流助成
国際交流基金では、日本と海外の市民レベルにおける相互理解を促進するため、日本国内の団体が実施する事業に対し、経費の一部を助成するプログラムを実施しております。

申請資格:日本国内の非営利団体(任意団体を含む)
申請締切:平成20年12月1日(消印有効)
     (平成21年4月~平成22年3月実施の事業を対象)
詳細はこちら:http://www.jpf.go.jp/j/program/culture.html

問合せ:国際交流基金 文化事業部 市民青少年交流課
TEL:03-5369-6060  FAX:03-5369-6036

3) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時/内容:11月9日(日)14:00 日本の国技(相撲)を知る
      12月7日(日)14:00 日本の着物文化を知る
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


4) 文化政策とCCDセミナー
   CCD(コミュニティ・カルチュラル・ディベロップメント)とは、コミュニティが抱える課題や社会的問題に対して、アートを通してアプローチし、創造的解決をめざす方法です。

日 時:11月16日(日)13:30
会 場:あじびホール
参加費:一般1,000円 学生500円
申 込:氏名、電話、Email、勤務先、学校名などを明記のうえ、下記まで
締 切:11月9日(日)

問合せ:NPO法人まる
TEL: 092-562-8684  Email: info@maru-web.jp

5) ちきゅうを知る講座 
  様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日 時:11月16日(日)14:00
テーマ:貧困と教育
場 所:こくさいひろば交流室
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/oshirase/oshirase_109.htm

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

6) 「英語弁論大会」聴講者募集
  福岡市内在住もしくは市内の高校に通う高校生が英語でのスピーチに挑戦します。ぜひ聞きに来てください。

日 時:12月14日(日)13:30
場 所:婦人会館大研修室(福岡市中央区舞鶴 あいれふ9階)

問合せ:福岡市姉妹都市委員会(福岡市国際部内)
TEL: 092-711-4023  Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) オイスカ茶話会のご案内
今年度の研修生も、入所して半年が経ちました。少しずつ日本語も上達し、地域の皆様とコミュニケーションがとれるようになってきたようです。ぜひ、ご参加ください。

日 時:11月7日(金)18:45~20:15
会 場:オイスカ西日本研修センター(早良区小笠木)
参加費:300円(研修生が作ったお菓子がでます)
詳細はこちら:http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/

問合せ:オイスカ西日本研修センター
TEL: 092-803-0311  Email: oisca@mx6.tiki.ne.jp

2) 学習会とタイ・スタディツアー報告会
タイ族の故郷中国雲南省について学んだ後は、スタディツアーの参加者による報告会です。

日 時:11月8日(土)14:30
場 所:福岡市人権啓発センター研修室
資料代:500円

申込・問合せ:くるんて~ぷの会
TEL: 092-566-7607  Email: h-kimiko@mvc.biglobe.ne.jp

3) 青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集
開発途上国の人々のために、自分の技術や経験を活かしてみたいという強い意識を持つ青年、シニア世代を派遣し、支援しています。

募集締切:11月10日(月)
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/index.html

国際協力相談コーナー
日 時:毎週木曜日(第2木曜日を除く)11:00~18:00
場 所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内 容:青年海外協力隊や、国際協力一般

申込・問合せ:国際協力機構JICA九州
TEL: 093-671-6311  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp
JICA福岡市国際協力推進員
TEL: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4) 第10期NGOカレッジ
国際理解、国際協力に関心のある方、これから関わろうと考えている方、一緒に学んでみませんか。

日時・場所:
  第1回 11月15日(土)、第2回 22日(土)アクロス福岡2階セミナールーム
  第3回 29日(土)・30日(日)福岡市人権啓発センター
時 間:14:00~17:00
受講料:一般4,000円
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

申込・問合せ:NGO福岡ネットワーク
TEL: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

5) 森本喜久男さん"森の恵み"を語る
  カンボジアの伝統染織の復興により環境を復元し、自然とともに生きる生活そのものを取り戻そうというクメール染色研究所代表の森本さんをお招きします。

日 時:11月20日(木)19:00
場 所:木香庵(福岡市中央区谷)
参加費:一般500円 学生300円
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/info08_11_20.htm

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL: 090-4514-5079  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している、無料の上映会です。

「パレルモ(血と掟)」
日 時:11月28日(金)19:00~

「ミラノの奇蹟」
日 時:12月8日(月)19:00~

会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) アメリカ留学相談会
アメリカ大学・大学院留学について詳しく知ろう。TOEFLテスト説明会も同時開催。
 
日 時:11月8日(土)13:00~17:00
場 所:こくさいひろば交流室
詳細・申込はこちら:http://www.fulbright.jp/study/event/sodan_d.html

申込・問合せ:フルブライト・ジャパン(日米教育委員会)
TEL: 03-3580-3231  Email: eas@fulbright.jp
こくさいひろば
TEL: 092-725-9200

2) シンポジウム「人身売買をなくすために市民ができること」
「現代の奴隷」ともいえる人身売買について、市民にできることは何か、一緒に考えましょう。要事前申込。

日 時:11月15日(土)13:30~
場 所:福岡市男女共同参画推進センターアミカス研修室
資料代:500円
詳細はこちら:http://www1.plala.or.jp/AWCenter/

申込・問合せ:アジア女性センター
TEL: 092-513-7333  Email: awc-a@atlas.plala.or.jp


5. ノブが見た福岡

福岡から覗くアジア(前編)

先ほどからグウグウと鳴り止まないお腹を押さえながら、僕はその日、釜山港で入国審査を待つ長蛇の列の中にいた。今回で三度目だが、来るたびにパスポートチェックの待ち時間が長くなっているように思えた。或いは職員が不足しているのか。いずれにせよ、時計の針はすでに昼の一時を過ぎ、ターミナルの窓の隙間から入ってくる冷たい潮風が、僕の喉を一層乾かしていた。そんな中、出発前に覚えたハングルの練習をしようとしたとき、記憶の奥底からある表現が浮かび上がった。"メックチュ チュセヨ"。訳すと、"ビールを下さい"。実際この程度のレベルでも、滞在した3日間は言葉でそう困る事は無く、思い出せば色々と興味深いシーンがいくつもある旅となった。次の物語はその本の一部を記録したものである。
10月の連休は円高の時期とあいまって、釜山市(福岡市の姉妹都市)を訪れる観光客は予想以上に多かった。言い換えれば、ここは福岡人にとって最も近場で、すぐに円が使える外国だ。満席のビートル(JR高速船)におよそ3時間乗っていた僕は、なんとなく「出口には大勢のガイドさんが待っているのだろうな」という気がしてしょうがなかった。予想通り、ゲートの向こうには、黒いスーツを着た生き生きとした女性のガイド達が出迎えていて、分かりやすく書かれたネームボードを頼りにゾロゾロと日本人観光客が近付いていった。この時点では、日本語で話しかけてくるチラシ配りや、普通に日本語をこなす両替屋やガイドがいたので、僕と一緒に来ていた同僚達も少しほっとした気分になっていた。しかし、この甘い考えは一歩外に出たとたんに打ち砕かれ、大人5人と重い荷物を乗せてくれるタクシーがなかなか手配出来ない事に、改めて言葉の壁を感じたのであった。
今回韓国に初めて来た人もいて、看板や全ての表示がいきなり韓国文字になったという事実に興味津々であったが、やはり彼らの一番の驚きは、日本と比べるとあまりにも漢字の表記が少ないことであろう。このチンプンカンプンな眺めを大型タクシーから眺めながら、僕達はホテルへと向かった。釜山市には以前プライベートで2回遊びに来たことがあったので、僕はそう簡単にカルチャーショックを受けないと言う確信さえあり、その自信を前提に、「心配しなくても大丈夫ですよ」と気休めに声を掛けた。「韓国では上下の関係は絶対で、どの場においても目上の人を敬なければならない」と、よくバンクーバーにいる韓国系カナダ人の友達が言ってくれたものだ。僕自身も在日韓国人のカナダ人であるから、僕に親近感を持って教えてくれたのだと思う。
しかし、西面区からホテルへ向かっている途中、思いも寄らない光景を目の当たりにした。それは、ある若い男性と70代前後の男性が少し向こうの交差点で口論をしている模様であった。「一体これは?」と思い、群集を通り抜けて近くまで来ると、その20代の男性がお爺さんの襟首をつかみ、激しく喧嘩を売っているではないか!これに対し、お爺さんもお爺さんで、一歩も引く様子は無く、むしろ、相手に負けない位の声を張り上げ自分の権利を主張していた。状況から察すると、どちらも車をアイドリングしていたので、おそらく軽い交通事故・事情等が喧嘩になったものと悟った。この体験によって、僕が今まで信じていた韓国に対する概念はやや覆されたが、韓国の目上の人達の圧倒的なパワーを肌で感じたのも正に事実であった。
昼食に食べた辛いキムチのせいか、それとも自分の祖国にいる事によって湧き上る内なる興奮のせいか、先ほどの出来事に直面してから僕の気持ちは今まで以上に燃え上がっていた。

来月号へ続く。
(読者の皆様へ:今回のコラムは通常より長いので、後半は次号に掲載します。来月も「ノブが見た福岡」よろしくお願い致します。)

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/