Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.79 December/05/2008

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
There were a lot of gloomy news both in the economy and society in 2008; we hope the coming year will begin with bright news. We wish everyone a Merry Christmas and a happy New Year. See you in 2009!

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
経済、社会ともに暗いニュースが多かった2008年ですが、来年は明るいニュースで始まることを期待したいと思います。来年もレインボーマガジンをよろしくお願いします


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Information from Attaka Fukuoka

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cinela "Japan as seen by Asia", "Films from the Philippines"
   2) The ABSs of Japanese culture for foreigners
   3) English Speech
   4) Dance Life Festival 2008
   5) URC Library Information

3. News from FUKU-NET Members

   1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
   2) Christmas Party Information
   3) Tiempo en Vivo "Recuerdos"

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) Multicultural Child Care Salon

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

   A glimpse of Asia from Fukuoka Part 2


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) Information from Attaka Fukuoka
Attaka Koryu Keijiban (exchange message board)
Attaka Fukuoka recently launched a message board service on its website to provide opportunities for international students, businesses and other entities to exchange information.
Aspects:
Foreign students: gain free access to information on temporary jobs or events posted by businesses and other entities.
Businesses and other entities: can post various information such as job opportunities or upcoming events and can contact the registered students directly by email.
Fee: free for foreign students, 10,000yen per year for businesses entities.

Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, her lifestyle, what brought her to Fukuoka and her vision for the future.
Date: Dec. 18 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Marte Winston (The Dominican Republic)
                Kyushu University Graduate School of Bioresource and Bioenvironmental Sciences

Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cinela "Japan as seen by Asia", "Films from the Philippines"
"Japan as seen by Asia": A selection of Asian films depicting Japan
Duration: Thru. Dec. 7 (Sun)
Subtitled in Japanese and English
    "Hiroshima28" ('74, 99min., Hong Kong)
    "Let's Sumo" ('07, 144min., Malaysia-Japan)
Subtitled in Japanese
    "The Genealogy" ('78, 106min., Korea)
    "Sayonara, Good-by" ('86, 100min., Taiwan)
    "Three Years Without God" ('76, 124min., Philippines)

"Films from the Philippines": A selection of major Philippines films from our film archive collection.
Duration: Dec. 10 (Wed) -24 (Wed)
Subtitled in Japanese and English
   "Modonna and Child" ('96, 121min.)
   "Child" ('00, 120min.)
   "American Adobo" ('02, 104min.)
   "Then and Now" ('03, 127min.)
   "La Vista Loca" ('05, 107min.)
   "Yesterday's Promise" ('94, 135min.)
Subtitled in Japanese
   "Insiang" ('76, 93min.)
   "The Ruins" ('56, 119min.)
   "True Mother" ('39, 96min.)
   "Sister Stella L" ('84, 104min.)
   "I Carry the World on My Shoulder" ('87, 127min.)
   "Leah's Story" ('99, 109min.)

Venue: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. Student 400yen, Elem. and J.H.S. Student 300yen
Further information: http://www.cinela.com (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609

2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Sign up today for various sessions and grasp a hands-on learning experience on Japanese culture.

Dates/Programs: Dec. 7 (Sun) Kimono, Jan. 18 (Sun) Tea Ceremony
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00-17:00)     Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

3) English Speech Contest
High school students residing or commuting in/to Fukuoka city will present their English skills in a four-minute speech contest. Please come and give them a warm support.

Date: Dec. 14 (Sun) 13:30
Venue: Fujin kaikan Lecture Hall (AIREF 9F)

Inquiry: Fukuoka City Sister Cities Committees
TEL: 092-711-4023     Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

4) Dance Life Festival 2008
This is a nationwide project carried out by a professional dance company, the Liz Lerman Dance Exchange, which offers various dance workshops; its motto is: "deliver dance to everyone; dance for life, dance for community." .

Workshops
Duration: Jan. 15 (Thu) -24 (Sat)
Venue: Fukuoka Shimin Kaikan and Ajibi Hall
Fee: 50 years or older: 500yen, others: 3000yen
Deadline: Dec. 26 (Fri)

Performance Show
Date: Jan. 25 (Sun) 16:00
Venue: Fukuoka Asian Art Museum
Free
Further information: http://www.ffac.or.jp/

Application/inquiry: Fukuoka City Foundation for Arts and Cultural Promotion
TEL: 092-263-6265  Email: plan-d@ffac.or.jp

5) URC Library Information
  This library has a broad collection of books on urban policy, reports on various studies and research programs, and government documents. Asia-related books and documents donated by the Asian Development Bank are also available.

Hours: Mon. - Fri. 10:00-17:00
Lending Service: up to five books per person for two weeks. ID required.
Inquiries: Reference service is available on telephone and Email.

Inquiry: Fukuoka Asian Urban Research Center Library
TEL: 092-733-5707     Email: library@urc.or.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event.

"Miracle in Milan" ('51, 96min.)
Date/Time: Dec. 8 (Mon)
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153

2) Christmas Party Information
Christmas party with foreign residents will be jointly hosted by YMCA Fukuoka and Global Life Support Center. Prior registration is required.

Date: Dec. 12 (Fri) 17:00-19:00
Venue: YMCA Fukuoka (Nanakuma, Jonanku, Fukuoka)
Capacity: 50
Fee: J.H.S. Student and over: 500yen, Elem. S. Student and under: 300yen
Further information: http://www.npo-global.jp/

Application/Inquiry: Global Life Support Center
TEL: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

3) Tiempo en Vivo "Recuerdos"
With this great show, you will be able to treat yourself to all our arts for a modest sum: tango, salsa, flamenco, languages and art.

Date: Dec. 27 (Sat) 19:00, 28 (Sun) 19:00, 21:30
Venue: Cafe Restaurante "Sancho Panza"
Ticket: Advance 2,800yen At door 3,300yen
Further information: http://www.tiempo.jp/evento/news_jp.html

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
TEL: 092-762-4100    Email: eventos@tiempo.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Multicultural Child Care Salon Open
If you need someone to talk about parental care, please feel free to drop by our office to chat with other parents. Multi language interpreters will be available. To register, please call in advance.

Dates: every 3rd Thursday, 10:00-12:30
Venue: AMIKAS 1F Nursery room and 2F Japanese-style room
Intended participants: parents with children under preschooler

Inquiry: Women's Empowerment Center Fukuoka
TEL/FAX: 092-738-0138    Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/index.html (in Japanese)


5. Nobu's Footprints in Fukuoka
 
A Glimpse of Asia Part 2: The Real Deal

Beep, beep, beep, when the morning alarm went off quite annoyingly by my pillow, I woke up feeling groggy, and hesitated momentarily as I saw nothing of the ordinary through my blurred peripheral vision. Huh, where am I? There were unfamiliar mahogany chairs and tables, a huge Samsung T.V., and rows of mini-alcohol bottles on the cabinet in the room. "Wait a minute, but I have a Sony T.V., and I have been easy on hard booze for some time now!" That's when I flashed into consciousness that I was at a local hotel in Busan, Korea and instantly jumped out of the cozy bed to get ready for the main objective of this journey: participating at the Global Gathering 2008 to introduce my second hometown, Fukuoka City to its people, and thereby strengthening the sister-city relations with Busan and internationalizing with people from Asia and beyond.
As this was our Association's second occasion (my first) to partake in the international cultural festival that has been gaining world-wide acclaim since its inception in 2005, our mission was simple and easy—distribute an array of Fukuoka-style confectionary to the locals and have them fill out a questionnaire in exchange regarding Fukuoka. We were shooting for one thousand copies within approximately a six-hour time frame. Overlooking the city's waterfront surrounded by modern, commercial high-rises, exhibit booths from 32 countries were preparing to display traditional arts and music, costumes, and tantalizing ethnic delicacies just outside the Busan Exhibition and Convention Center (BEXCO), and my gosh was I ever startled by the scale of this grand event that was about to take place before my eyes.
As we began to get tied up with the decoration of our own booth just an hour before the opening ceremony (11:15a.m.), diverse members of other booths as well as early comers walked passed and peaked inside our Japanized space filled with floating paper lanterns, bamboo screens, colorful curtains, and a large tapestry representing the cityscape of Hakata including a map of Korea and Japan, which was boasting an outlook of our firm Fukuoka-Busan friendship, right behind our happi coats (traditional uniforms worn during ceremonial occasions in Fukuoka).
"What are these?" one of them pointed to the aqua green snack we had prepared on the table. "They're called 'uso-no-mochi' ; you should try it, it's our signature treat from Fukuoka!" Her initial reaction was not as beaming as I had expected–as most of us are when trying an unaccustomed ethnic food—but a few seconds later, she gradually began to nod her chin as its distinct flavour stimulated one of her good receptors in the taste buds. "This is delicious!", as if that had triggered the beginning call of the festival, a swarm of locals from children to elders surrounded the booth, and we were caught in the melee of "Fukuoka's gigantic sale".
Fortunately, we had local university volunteers backing us up with language support, thus explaining of the need for the visitors to complete a survey (takes no more than a minute) before they can be presented with a tasty token of appreciation. In hopes of generating a greater appeal of our city to its overseas partners, we held a lottery which consisted of several gorgeous prizes such as a travel package to Fukuoka, hotel accommodations, and many gift giveaways. Furthermore, to capture the visitors' and their families' delightful moments, we arranged a picture station inside the booth and printed the photos for each one of them. Now, that was a hectic task at hand, for even the most advanced Cannon portable printer (printing one photo every 40 seconds) could not keep up with the soaring number of people waiting in line; this was only an hour into the event.
At the end of the day, the salty sea breeze which felt dry and cold at the port of Busan (refer to last issue) had somewhat become pleasantly cool, and it was just what all of us needed to soothe our minds crammed with two days worth of work and amazing experiences to take back home. Having a bag full of questionnaires in my hand, I waved to the supporters and organizers of the event, as they kindly asked from a short distance away, "Mekchu choha hamnika?", meaning, "Are you thirsty for beer?"

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 地球市民講座
  2) あったか福岡からお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「アジアが描いた日本」「フィリピン映画特集」
  2) ワーキングホリデー説明会
  3) アメリカ留学相談会
  4) 青少年フロンティアプログラム参加者募集
  5) 外国人のための日本文化いろは講座
  6) ちきゅうを知る講座
  7) 英語弁論大会
  8) ダンスライフフェスティバル2008
  9) 都市政策資料室のご案内

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  2) クリスマスパーティーのご案内
  3) 舞踊劇「Tiempo en Vivo 追憶」
  4) 日本語教室ボランティア・スタッフ勉強会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 外国人留学生のためのホストファミリー募集
  2) 多文化子育てサロン
  3) HIV対策短期研修コース

5. ノブが見た福岡

  福岡から覗くアジア(後編)




1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp


1) 地球市民講座
世界の国・地域の現状や地球上で起こっている様々な問題等への理解をより深めるため、専門家の方々をお招きし、シリーズで開催する講座です。

テーマ:「イスラム社会のいま」(仮題)
日 時:平成21年2月3日(火)、10日(火)、24日(火)、3月3日(火) 18:30~20:30
会 場:都久志会館 4階会議室
受講料:3,000円(4回通し)
定 員:120名(24日から受付開始)
詳細は、20日以降にHPでご確認ください。

2) あったか福岡からのお知らせ
あったか掲示板開設
福岡都市圏に事務所をおく企業や団体と外国人学生の皆さんとの交流の機会を提供する、インタ-ネット掲示板システムです。

[特徴]
外国人学生の皆さん:企業や団体から掲示されるアルバイトやイベント参加などに、自由に問合せや応募を
          することができます。
企業や団体の皆さん:アルバイト募集やイベント参加などの様々なお知らせを掲示できるほか、システムに
          登録している外国人学生に対して、直接電子メ-ルにより連絡や案内などをすることが
          できます。

[利用料]
外国人学生:無料
企業:年額1万円
詳細はこちら→http:// attaka-fukuoka.jp/

外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。
日 時:12月18日(木) 18:30~
会 場:あったかサロン
語り手:マルテ・ウィンストンさん(ドミニカ共和国出身)
    九州大学大学院生物資源環境科学府


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ「アジアが描いた日本」「フィリピン映画特集」
  「アジアが描いた日本」
アジア各国で作られた日本をテーマにした映画の特集。
期 間:12月7日(日)まで
「フィリピン映画特集」
図書館収蔵のフィリピン映画から、近年の作品を中心に映画史に残る代表作を上映。
期 間:12月10日(水)~24日(水)
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2) ワーキングホリデー相談会
  ワーキングホリデーについて知りたい方への相談会です。要申込。

日 時:12月14日(日)14:00~16:00
場 所:こくさいひろば交流室
参加費:500円(資料代)
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:ワーキング・ホリデー協会
TEL:092-713-0854

3) アメリカ留学相談会
  目的に応じた大学の選び方など、自分にあった自分の人生に役立つ留学を見つけませんか。要申込。

日 時:12月21日(日)13:00~17:00
場 所:こくさいひろば交流室
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9200

4) 青少年フロンティアプログラム参加者募集
  福岡県在住の青少年を福岡県出身者が移住した国に派遣し、国際感覚豊かな青少年を育成することを目的として実施します。

実施期間:平成21年3月5日(水)~14日(土)8泊10日
参加者負担金:16万円
締  切:12月15日(月)必着
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9204  Email: general@kokusaihiroba.or.jp

5) 外国人のための日本文化いろは講座 
  外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時/内容:12月7日(日)14:00 日本の着物文化を知る
      平成21年1月18日(日)14:00 日本の茶の湯を知る
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

6) ちきゅうを知る講座
  様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日 時:12月13日(土)14:30
テーマ:世界の食文化
場 所:えーるぴあ久留米
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

7) 「英語弁論大会」聴講者募集
  福岡市内在住もしくは市内の高校に通う高校生が英語でのスピーチに挑戦します。ぜひ聞きに来てください。

日 時:12月14日(日)13:30
場 所:婦人会館大研修室(福岡市中央区舞鶴 あいれふ9階)

問合せ:福岡市姉妹都市委員会(福岡市国際部内)
TEL: 092-711-4023  Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

8) ダンスライフフェスティバル2008
  「あらゆる人にダンスを届ける 生きるためのダンス、地域のためのダンス」を目的とした全国的なプロジェクトです。プロのダンスカンパニー、リズ・ラーマン・ダンスエクス・チェンジのワークショップおよび発表会を行います。

ワークショップ
期 間:平成21年1月15日(木)~24日(土)
場 所:福岡市民会館、あじびホール
参加料:1.50歳以上の方 500円  2.その他 3,000円
申込締切:12月26日(金)必着

発表会
日 時:平成21年1月25日(日)16:00~
場 所:福岡アジア美術館
鑑賞無料
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

申込・問合せ:福岡市文化芸術振興財団 事業係
TEL: 092-263-6265  Email: plan-d@ffac.or.jp

9) 都市政策資料室のご案内
   アジア地域を含む都市政策関連図書、各種調査・研究の成果報告書、行政資料などを幅広く収集し、公開しております。また、アジア開発銀行の寄託図書室の指定を受けております。

開室時間:月~金 10:00~17:00
貸出:1人5冊まで2週間以内
レファレンスサービスも行っています。
詳細はこちら:http://www.urc.or.jp/

問合せ:㈶福岡アジア都市研究所
TEL: 092-733-5707  Email: library@urc.or.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している、無料の上映会です。

「ミラノの奇蹟」('51、96分)
日 時:12月8日(月)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

2) 地域在住の外国人との交流会&クリスマスパーティー
福岡YMCAと共催で楽しい交流会を開催します。要申込。

日 時:12月12日(金)17:00~19:00
場 所:福岡YMCA本館(福岡市城南区七隈)
定 員:50名
参加費:中学生以上500円 小学生以下300円
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
TEL: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

3) 舞踊劇Tiempo en Vivo「追憶」
映画「マディソン郡の橋」から着想を得たオリジナルストーリーで、ダンスミュージカルです。

日  時:12月27日(土)19:00、28日(日)19:00、21:30
場  所:カフェレストランサンチョ・パンサ
チケット:前売券2,800円 当日券3,300円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/news_jp.html

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: eventos@tiempo.jp

4) 日本語教室ボランティア・スタッフ勉強会
日本語支援の勉強に意欲的で、ボランティアとして継続できる方を募集します。

日時:第1、第3水曜日15:00~17:00、第1、第3金曜日18:00~20:00
場所:福岡市人権啓発センター(博多リバレイン)
詳細はこちら:http://nihongo.npgo.jp/staff/index.html

申込・問合せ:小さな国際交流の会
TEL: 092-662-7690  Email: nihongonoguchi@u01.gate01.com


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 外国人留学生のためのホストファミリー募集
福岡市内の高校に通学する交換留学生を受け入れてくださるホストファミリーを募集しています。

期 間:4月~12月下旬
詳細はこちら:http://yes.gr.jp/main.asp

主催・問合せ:YES国際青年交流委員会
TEL: 092-844-4572

2)  多文化子育てサロン
誰でも気軽に集まれる子育てサロンです。相談や座談会もあります。多言語通訳サポートもあります。

日 時:毎月第3木曜日10:00~12:30
場 所:アミカス1F保育室&2F和室
対 象:0歳児から未就学児のいる親子

申込・問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
TEL: 092-738-0138  Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/

3) HIV対策短期研修コース -アジア諸国に学ぶ、地域に根ざした効果的なHIV対策-
マクファーレン・バーネット医療保健研究所(オーストラリア)と本学が共催で行うHIV対策のための短期研修コースで、アジア諸国で効果をあげているコミュニティレベルでの様々な対HIV活動の事例を紹介し、最新の動向と方針を提示します。また、地域で予防と治療を行なう方法、そのための働きかけの手段など、感染予防と感染者ケアのための方法を具体的に学びます。

日 時:2009年2月23日(月)~28日(土)
会 場:日本赤十字九州国際看護大学(宗像市アスティ1-1)
詳細はこちら:http://www.jrckicn.ac.jp/

問合せ:日本赤十字九州国際看護大学
TEL: 0940-35-7005  Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp


5. ノブが見た福岡

福岡から覗くアジア(後編)

「ビーッ、ビーッ、ビーッ」と鳴り響く目覚まし時計がしつこく枕元で朝を告げた。まだ意識がもうろうとする中、僕は視野に入る周辺の様々な物が普段とは違う事に戸惑いを感じた。「ここは一体?」まず、見覚えの無いマホガニーのテーブルと椅子、Samsungの大型テレビに続き、キャビネットに並ぶ数列のアルコール。「落ち着け、僕のテレビは小型のソニーで、リキュール系の強い酒は最近控えめだ」と我に返り、韓国の釜山市にいる事に気付いた。ただちに暖かいベッドから抜け出すと、今回の旅の目的へと駆け出した。それは3年前から毎年行われ、世界から注目を浴びている「グローバル・ギャザリング」という国際文化フェスティバルだ。姉妹都市である福岡市にとって、このイベントに参加する事は大きな意味があり、相互友情関係の発展やアジアと世界への国際化においても多大なるメリットがある催しである。
今年で二度目となる当財団の参加には一つ明確な目的があった。それは、福岡の銘菓を地元の人々に味わってもらうと共に、福岡についてのアンケートに協力してもらう事だ。目標は6時間内で1000部回収。海辺を前に高層ビルが立ち並ぶBEXCO(釜山広域市・展示・コンベンションセンター)の野外会場に到着した時には、すでに32ヵ国の参加団体がブースの準備をしていて、独自の飾りつけ、音楽、衣装、伝統料理等でそれぞれの国をアピールしていた。まさかこんなに規模の大きいイベントとは知らず、僕も作業に取り掛かった。
ブースの設営で忙しくなり始めた午前9時頃(開会式は11時)、他の外国人参加者及び早期来場者達が僕達のブースへと寄ってきた。スタッフの黄色い法被、宙に浮かぶ提灯、涼しげなすだれ、色鮮やかな壁掛け等で装飾された空間の背後には、釜山広域市と福岡市の親密な友情の証として、韓国と日本の地図(及び博多の風景)が描かれたタペストリーが掛けられた。「これは何ですか?」とテーブルの上に置かれたアクアブルーの色をしたある物に一人のロシア人が指をさした。「福岡名物の鷽の餅です、よかったらどうぞ!」(対応言語は英語)。最初にそれを口にした彼女の表情は少しけげんそうだったが、徐々に思い当たる味蕾を刺激したのか、数分後には「美味しいです」と嬉しいコメントを言ってくれた。この第一声が開会式の合図を告げたかのように、次第に多くの家族連れや高齢者の方々が福岡ブースを囲み始めた。一言で言えば「福岡市の特大バーゲン」とも言える程の賑わいであった。
幸運にも、日本語を流暢に話す地元の大学生ボランティアが手伝ってくれたので、来場者とのやり取りや重要なアンケートの説明(つまり、お菓子を貰える条件等)は問題なく円滑に進める事が出来た。より多くの海外の人達に福岡市の魅力を知ってもらうため、パックツアー、ホテルの宿泊券、キャラクターグッズ等様々な賞品を含む抽選会を実施した。さらに、それぞれの来場者が見せる笑顔を形として残すため、写真撮影のサービスも行った。しかし、キャノンの高速プリンター(現像時間:1枚約40秒)を使ってさえも、長蛇の列には遠く及ばず、この日で一番手が掛かる仕事となった。この時僕の腕時計はちょうど正午、開会式からほんの一時間しか経ってなかった。
日没が見えた頃、優しい潮風が僕達の疲れを和らげるかのように会場内に入ってきた。昨日釜山港で感じた冷たい風とは違い(11月号を参照)、その日得た素晴らしい経験を暖かく包んでくれた。回収したぶ厚いアンケートの束をカバンに、僕は今回お世話になった主催者や関係者に手を振った。すると、親切にも「メックチュ チョワハンムニカ?(ビールは好きですか?)」と誘われた。

権藤 ノブオ



English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
    810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
    TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/