Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.80 January/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Happy New Year! As 2009 is The Year of Ox in the Chinese zodiac, let us steadily make strides forward-much like an ox-toward our goals.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
あけましておめでとうございます。2009年丑年、目的にむかってゆっくりでも着実にすすんでいく年にしたいと思います。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) New tenants wanted for International houses
    2) Information from Attaka Fukuoka

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) The ABCs of Japanese culture for foreigners
    2) Consulting service for foreign residents
    3) Application for 3-on-3 indoor, Fukuoka City basketball competition is now open!

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    2) Seminar on employment for foreign students

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Discover traditional Japanese food!
    2) Cine-Club Classique

4. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "A List Underway"



1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: /www.rainbowfia.or.jp

1) New tenants wanted for International houses (available to international students only)
Fukuoka International Association is looking for new tenants who are interested in moving into the following International Houses this coming April.

1. International Houses
    a) Fukuoka International House ( for family )
        4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka 812-0025
    b) Ropponmatsu International House ( single-sized rooms )
        2-26, Ropponmatsu 1-chome, Chuo-ku, Fukuoka 810-004

2. Applications forms are available at universities and Japanese language schools in the Fukuoka Metropolitan Area, Rainbow Plaza, or the Fukuoka International Association, and can be downloaded from the FIA's website.

3. Application deadline: Feb. 16 (Mon)

2) Information from Attaka Fukuoka
Attaka Koryu Keijiban (exchange message board)
Attaka Fukuoka online message board service allows international students, businesses and other entities in the greater Fukuoka metropolitan area to exchange useful information with one another.

Why should I register?
Foreign students: gain free access to information on temporary jobs or events posted by businesses and other entities.
Businesses and other entities: can post wide range of information including employment opportunities or upcoming events and can contact the interested students (must be registered) directly by email.
How much does it cost?
Foreign students: free
Businesses: 10,000yen per year

Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.
Date: Jan. 15 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. HARI BAHADUR PAHARI (Nepal)
               Kyushu Sangyo University, Faculty of Engineering

Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Aiming to foster a favourable learning environment for the foreigners in Fukuoka, an array of Japanese cultures will be introduced over a one-year period through this program.

Dates/Programs: Jan. 18 (Sun.) Tea Ceremony, Feb. 22 (Sun.) Animation
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00-17:00)     Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

2) Consulting service for foreign residents
We are happy to assist you if you have any problems or concerns (counseling by phone).

Contents: Kindergarten/school admission for children, housing, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment for foreigners, etc.
Business hours: 9:00-17:00, weekdays (closed on Sundays, Saturdays and public holidays)
Language available: Japanese, English, Chinese, Korean, etc.

Inquiry: Global Life Support Center
TEL: 092-441-0004     URL: http://www.npo-global.jp/index.html

3) 3-on-3, FUKUOKA indoor basketball competition
Fukuoka City Sports Promotion Corporation is now accepting applications for this annual basketball event. In case of exceeding number of applicants, teams will be selected by lot.

Dates/categories: Mar. 14 (Sat.) Elementary school student/Junior High School Student
                                     15 (Sun.) Open
Venue: Fukuoka Kyudenkinen Gymnasium
Enrollment limit: Elem. S. student: 64 team for boys', 32 for girls'/
                           J.H.S. student 28 for boys', 20 for girls/
                           Open 120 for men, 24 for women
Fee/team: Elem.S. 3,000yen, J.H.S. 5,000yen, Open 8,000yen
Application: Forms can be found at public gymnasiums, swimming pools, Joho plaza, ward offices, kominkan,
                etc., or downloaded from the website below. Once filled out, submit them to the contact below by post or email.
Deadline: Jan. 30 (Fri.)
Further information: http://www.sports-fukuokacity.or.jp/ (in Japanese)

Application/Inquiry: Fukuoka City Sports Promotion Corporation
TEL: 092-717-8032


3. News from FUKU-NET Members

1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"A room with a view" ('86, 117min., English)
Date/Time: Jan. 9 (Fri.) 19:00
"Sogni D'oro" ('81, 105min.)
Date/Time: Feb. 13 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153

2) Seminar on Employment for Foreign Students
This two-day educational seminar provides an opportunity for foreign students to hone the necessary skills and business manners to land a job in Japan such as job-hunting skills, interview skills and language skills. Free admission but prior application is required.

Dates: Jan. 17(Sat.), 18 (Sun.) 10:00-16:00
Venue: Nishinihon City Bank (Hakataeki mae)
Application: submit application form by post or fax to the contact below by Jan. 7 (Wed).

Application/inquiry: Nishinihon Kokusai Zaidan
TEL: 092-476-2154     FAX: 092-476-2634
URL: http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/index.html


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Let's enjoy eating Japanese traditional foods
Nakamura Culinary School offers international students the perfect opportunity to learn Japanese table manners while enjoying some traditional cuisines. Prior application required.

Date: Jan. 23 (Fri.) 12:30
Venue: Nakamura Culinary School (Hirao, Chuoku)
Fee: 1,000yen
Enrollment limit: 48
Contact below by telephone or fax for application.

Application/inquiry: Nakamura Culinary School
TEL: 092-523-0411     FAX: 092-521-0951

2) Cine-Club Classique
A premier movie will be screened with a lecture.

"Das Cabinet des Dr. Caligari" (Ger., '20, 50min.)
Date: Jan. 24 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: advance 1,000yen, at door 1,300yen

Inquiry: Office Nouvelle Vague
TEL: 092-733-0949    Email: faff@gol.com


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

A List Underway

As one would expect, the first and foremost greeting on this issue should be something like, "Happy New Year to our loyal readers!", but frankly speaking, as a sluggish columnist who needs to prepare his work two to three weeks ahead of time (actually due to the editing of the whole magazine itself), it isn't all that easy to grasp the fresh feel of 2009, or the Year of the Ox, when there are still a few weeks of uncrossed days on my December calendar that displays a picture of mice donning Santa's costumes (2008 was the Year of the Mouse). I'm sure that by the time you're reading this, most of you will have spent some quality time with your family or friends and will have come up with some New Year's resolutions to fulfill for 2009. As for me, I'm just starting to scribble my things-to-do-list for my winter vacation in Vancouver as I speak; hence, the following is a short list of what I have on my mind so far.
1) Breathing the crisp Canadian air: I've longed for this ever since coming to the "Land of the Rising Pollution", as explained by its record-high greenhouse gas emission and its first official movement towards purchasing the carbon quotas from Hungary (announced last November). Although Canada is surprisingly not too far behind from Japan in winning the award for "successive failure to meet the ‘6% reduction' in Kyoto Protocol" in 2012–Canada's carbon emission has increased by 30% since 1990-British Columbia's extensive share in temperate rain forests and its wide range of mammalian species (e.g. raccoons, deer, and black bears) still seemingly convince me that air quality is somewhat pristine-at least for now. When I go back to my hometown, Port Moody, this time around, I will be sure to fill my lungs with a year's worth of fresh Canadian air before coming back to Japan; although I'm guessing it will probably be ice-cold.
2) Eating Mom's food: as much as everybody wants the taste of extravaganza in their life, when you start living by yourself and cooking your own meals, Mom's homemade food becomes more than a craving but a necessity of one's life, especially if you're not as passionate in cooking as some of the chefs you see on television. Sure, you might have to go through a few days of dull leftovers from time to time, but look on the bright side, you're not spending a dime and eating flopperoo of who knows what it is. It's just a matter of time before I get my hands on what I call real food.
3) Snowboarding: this is definitely the third on "Nobuo's hierarchy of needs" since Canada is probably the best in the world in my opinion (aside from Switzerland) for having some of the sweetest, powdery snow and trails for consuming the thrills of winter adventure. As there are twenty nine exclusive resorts to choose from, deciding which ski areas to carve your board or skis is always a cyclic concern for most Vancouverites including myself. Considering the amount of time I have for fulfilling all the things on my list, I've narrowed it down by visiting a friend in Kelowna (about 5-hour drive on Greyhound bus from my city) and boarding at Big White Ski Resort. (Visit http://www.bigwhite.com/home_showSection_ID_364_subID_542.html for more information.)
4) Greek food: if I had one choice of ethnic eatery to dine in Vancouver, it'll have to be at my all-time favourite Greek restaurant, "Stefo's" in downtown. Although Fukuoka has a dazzling cornucopia of ethnic cuisines, a plate combo of sizzling lamb souvlaki, seafood pilaf, fresh Greek salad with juicy olives, and pita breads with tzatziki sauce is no where to be found (please tell me if you do!).
"Shouldn't spending time with your family and friends be the first priority?" Well, that's already a given and therefore wasn't included in the above list among other "need-to-do-things" like shoveling the snow out of the driveway or off the roof, taking my dog for a walk, etc.-the list just goes on.

Thanks to all the readers for tuning into Rainbow's Magazine throughout 2008; I'll be sure to share some of those experiences in the next issue of "Nobu's footprints in Fukuoka".

Happy New Year Everyone!

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 嘱託職員(中国語・韓国語)募集
  2) 地球市民講座
  3) 学生交流会館入居者募集
  4) あったか福岡からお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 外国人のための日本文化いろは講座
  2) ちきゅうを知る講座 
  3) あすみん交流会
  4) 外国人相談窓口(福岡県) 
  5) 福岡市スポーツ振興事業団杯FUKUOKA indoor 3on3参加者募集

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  2) 外国人留学生のための就職支援セミナー
  3) 福岡国際交流会館レジデント・アシスタント(RA)募集
  4) ティエンポ・イベロアメリカーノスタッフ募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 外国人留学生のためのホストファミリー募集
  2) 音楽で旅するEU
  3) 日本料理を食べて学びましょう
  4) クラシック・シネクラブ
  5) HIV対策短期研修コース

5. ノブが見た福岡

  「書き始めたリスト」




1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp/


1) 嘱託職員(中国語・韓国語)募集
福岡よかトピア国際交流財団では嘱託職員を募集します。詳細はHPをご覧ください。

募集区分:国際交流相談員(中国語担当1名、韓国語担当1名)
職務内容:レインボープラザにおいて、中国語または韓国語及び日本語による相談・情報提供サービス、
     中国語または韓国語情報紙の編集、情報・資料の整理及び作成など
募集案内・申込書:福岡よかトピア国際交流財団、レインボープラザ、各区市民相談室、情報プラザなど 
     ※HPからもダウンロードできます。
申込締切:1月16日(金)必着

2) 地球市民講座
世界の国・地域の現状や地球上で起こっている様々な問題等への理解をより深めるため、専門家の方々をお招きし、シリーズで開催する講座です。(全4回)

テ ー マ:「イスラム社会のいま」
日  時:2月3日(火)、10日(火)、24日(火)、3月3日(火) 18:30~20:30
会  場:都久志会館 4階会議室
受 講 料:3,000円(4回通し)
定  員:120名
詳細はHPでご確認ください。

3) 学生交流会館入居者募集
福岡よかトピア国際交流財団では,下記学生会館の4月からの入居者を募集します。
詳細は1月中旬以降HPでご確認いただくか、または直接協会へお問合わせ下さい。

募集対象
福岡学生交流会館(世帯者用宿舎)(福岡市博多区店屋町4-1)
募集対象:外国人留学生(家族での入居に限る)

六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松1-2-26)
募集対象:外国人留学生、日本人学生

申込用紙:各会館当財団、レインボープラザ、大学、日本語学校、などで1月中旬より配布予定。
     ホームページからダウンロードも可能。
応募締切:2月16日(月)必着

4) あったか福岡からのお知らせ
あったか掲示板開設
福岡都市圏に事務所をおく企業や団体と外国人学生の皆さんとの交流の機会を提供する、インタ-ネット掲示板システムです。
詳細はこちら→http:// attaka-fukuoka.jp/

外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:1月15日(木) 18:30
会  場:あったかサロン
語 り 手:ハリ・バハドゥル・パハリさん(ネパール共和国出身)
     九州産業大学工学部電気工学科


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時/内容: 1月18日(日)14:00 日本の茶の湯を知る
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名


2) ちきゅうを知る講座
様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日  時:1月18日(日)14:00
テ ー マ:多文化共生
場  所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

3) あすみん交流会ななくさ・かふぇ
NPO・ボランティアに関わるたくさんの方々と出会える絶好の機会です!参加無料。

日  時:1月24日(土)17:30
場  所:あすみん(福岡市中央区大名 青年センター5階)

問合せ:福岡市NPO・ボランティア交流センター
TEL: 092-724-4801  Email: info@fnvc.jp

4) 外国人相談窓口(福岡県国際交流センター委託事業)
困った事があればサポートします(電話相談)

相談内容:子供の入園・進学、住居を借りる、大学事情・卒業後の進路、在留資格の変更、外国人の雇用など
対応日時:平日(土・日・祝休み)9:00~17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語ほか

相談先・問合せ:グローバルライフサポートセンター
TEL: 092-441-0004

5) 福岡市スポーツ振興事業団杯FUKUOKA indoor 3on3 参加者募集
  例年開催のバスケットボール大会です。申込対数の場合は抽選で参加チームを決定します。

大会日程:3月14日(土)小学生の部、中学生の部
       15日(日)オープン
場  所:福岡市九電記念体育館
申  込:専用の申込用紙に必要事項を記入し、郵送・FAXもしくは直接持参。
締  切:1月30日(金)必着
詳細はこちら:http://www.sports-fukuokacity.or.jp/

申込・問合せ:福岡市スポーツ振興事業団
TEL: 092-717-8032


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している、無料の上映会です。

「眺めのいい部屋」('86、117分、英語版)
日  時:1月9日(金)19:00
会  場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

2) 外国人留学生のための就職支援セミナー
日本の企業に就職を希望される留学生のみなさまへ就職活動に向けての基本的な知識や内定後の対応、就職面接等で求められるビジネスマナーや日本語のスキルなどを学び将来の就職活動へのたすけとなるよう、2日間にわたり開催します。参加無料。

日  時:1月17日(土)、18日(日)10:00~16:00
場  所:西日本シティ銀行本店別館3F会議室(博多駅前)
締  切:1月7日(水)

申込・問合せ:西日本国際財団
TEL: 092-476-2154  FAX: 092-476-2634

3) 福岡国際交流会館レジデント・アシスタント(RA)募集
外国人留学生の相談に応じ、生活上の指導・助言等を行う日本人学生を募集します。

募集人数:2名(男女各1名)
採用期間:4月1日から平成22年3月31日
締  切:1月23日(金)
詳細はこちら:http://www.jasso.go.jp/s_kyushu/index.html

申込・問合せ:日本学生支援機構九州支部福岡事務所
TEL: 092-262-1010

4) 事務局運営スタッフ募集
設立12周年を迎えるラテン文化センターティエンポ・イベロアメリカーノでは、やる気のある明るいスタッフを募集しています。

応募方法:郵送又はメール("採用について/岡 宛"と件名に入力)にて、履歴書、職務経歴書、志望動機書を送付
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/OTROS/empleo_jp.html

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
TEL: 092-762-4100  Email: conta@tiempo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 外国人留学生のためのホストファミリー募集
福岡市内の高校に通学する交換留学生を受け入れてくださるホストファミリーを募集しています。

期  間:4月~12月下旬
詳細はこちら:http://yes.gr.jp/main.asp

主催・問合せ:YES国際青年交流委員会
TEL: 092-844-4572

2) 音楽で旅するEU
福岡EU協会会報誌のコラム執筆者をゲストに音楽の話と福岡で活動するグループの生演奏を楽しみます。要申込。

日  時:1月23日(金)18:30~20:30
場  所:アクロス福岡1F円形ホール
参 加 費:1,500円(協会会員は無料)
締  切:1月16日(金)
詳細はこちら: http://www.kokusaihiroba.or.jp/eu/

申込・問合せ:福岡EU協会
TEL: 092-725-9204  Email: knagao@kokusaihiroba.or.jp

3) 日本料理を食べて学びましょう
留学生の方を対象に、お座敷での食事のマナーを学びながら日本料理に触れる会を開催します。要申込。

日  時:1月23日(金)12:30
場  所:中村調理製菓専門学校(中央区平尾)
定  員:48名(電話またはファックスで申込。)

申込・問合せ:中村調理製菓専門学校
TEL: 092-523-0411  FAX: 092-521-0951

4) クラシック・シネクラブ
映画史に残る古い名作映画をトーク(講演)つきで観るイベントです。

「カリガリ博士」ドイツ、'20、50分、日本語字幕
日  時:1月24日(土)13:00、16:00
場  所:九州日仏学館5Fホール
会  費:前売1,000円 当日1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/

主催・問合せ:オフィス・ヌーベルヴァーグ
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

5) HIV対策短期研修コース -アジア諸国に学ぶ、地域に根ざした効果的なHIV対策-
  マクファーレン・バーネット医療保健研究所(オーストラリア)と本学が共催で行うHIV対策のための短期研修コースで、アジア諸国で効果をあげているコミュニティレベルでの様々な対HIV活動の事例を紹介し、最新の動向と方針を提示します。また、地域で予防と治療を行なう方法、そのための働きかけの手段など、感染予防と感染者ケアのための方法を具体的に学びます。

日  時:2009年2月23日(月)~28日(土)
会  場:日本赤十字九州国際看護大学(宗像市アスティ1-1)
詳細はこちら:http://www.jrckicn.ac.jp/

問合せ:日本赤十字九州国際看護大学
TEL: 0940-35-7005  Email: t-morishita@jrckicn.ac.jp


5. ノブが見た福岡

書き始めたリスト

この場において一番ふさわしい挨拶は「読者の皆様、明けましておめでとうございます。」だと誰もが思うかもしれないが、いつも二週間前に原稿を書くのろまなコラムニストにとって(メールマガジンの作成にはそれなりの時間が必要)、新年はおろか、「丑年を迎えた」という実感は無いというかまだ理解しきれない。デスクに置かれた12月のカレンダーを見ればなおさらだ。年内の日付がまだ13日分もあり、あと両脇に描かれたサンタ帽のネズミもこちらを警戒している。おそらくこのコラムを読む頃には、殆どの人はお正月をゆっくりと過ごし、新年の決意もそれなりにしたと思う。僕はと言えば、ついさっき、大晦日に旅立つバンクーバへの旅行計画をたて始めたばかりだ。手書きのリストにあるのは次の様なことだ:

1)カナダの新鮮な空気を思い存分吸う:これは昨日今日で思い付いた事では無くて日本に上陸してからずっと思っている事である。日本は現時点で世界第4位のCO2排出国を誇り、昨年の11月には過去最大の排出レベルまで達している。これに伴い日本政府はハンガリーから温室効果ガス排出権(炭素クレジット)を購入すると明らかにした。一方カナダも1990年から比べると、CO2排出量が3割も増しており、京都議定書が定める2012年までの6%削減は無理だと正式に表明しているが、ブリティッシュ・コロンビア州の広大な温帯雨林とその自然に住む様々な野生動物たち(例:アライグマ、シカ、ブラック・ベア等)の世界を覗けば、ある程度の大気環境が守られている事が十分肌に伝わる。森に囲まれたポートムーディ市に戻ったときは、新鮮な空気を胸いっぱいに味わいたい。ただ、氷のように冷たいのは仕方ないが。
2)おふくろの味: 毎日ゴージャスな食事をしたい気持は皆同じだと思うが、実際一人暮らしをして外食や自炊をし始めると、何故かおふくろの味が恋しくなるものだ。特に料理番組みたいにニコニコしながら料理できない人にとっては、「生きてゆく上で不可欠なサービス」と言っても過言ではない。必ずしもお目当ての食事が毎回出されるとは断言できないが(例:二日連続のカレー等)、お金はかからないのはもちろん自分が作った失敗作を無理して食べる必要もなくなるので、まさにメリット溢れんばかりのメニューだ。この瞬間を実現するまでほんのあとわずか!
3)スノーボード: これだけは確実に「ノブの欲求階層」で3番目を占めるものであって、「カナダ無くして世界のウィンタースポーツは始まらない」とまで僕は信じている(スイスには劣るかもしれないが)。延々と続く絶景と新雪のパウダースノーは、BC州の29箇所のリゾートで堪能できるので、地元の人がスキー場の選択に困るのも無理も無い。僕もその一人で今迷っている最中。限られた時間内でより多くの目的を成し遂げたい僕は、友達の住むKelowna(バンクーバ市から長距離バスで約4時間)という町からそう遠くない「Big White」スキーリゾートに行く事に決めた。詳しい情報はこちら:http://www.bigwhite.com/home_showSection_ID_364_subID_542.html。
4)ギリシャ料理: 「バンクーバで一番食べたいものは何ですか」と聞かれたら、ダウンタウンの一角にあるギリシャ料理店の「Stefo's」のボリュームたっぷりな「Souvlaki Combo」と答えたい。多種多様なエスニック料理が味わえるここ福岡でさえも、羊肉のスベラキ(炭火焼)、シーフドピラフ、ギリシャ風サラダ(コテージチーズ、キュウリ、トマト、レッド・オニオン等)、ピタブレッド(ザジキソースで食べる)をいただける地中海料理店はさすがに無い(しっているなら教えて!)。

「自分の家族や友達と一緒に過ごす時間の方を優先するべきでは?」と声が挙がるかもしれないが、それはもうリストを書く前から頭にはいっているのでご心配なく。他にもドライブウェイや屋根の雪かき、犬の散歩等、リストの内容はカウントダウンにつれてどんどん増えて行きそうだ。

2008年もレインボーマガジンを読んで下さってありがとうございます。また来月号の「ノブが見た福岡」、「一年ぶりのカナダ」をよろしくお願いします。

今年も良い年でありますように。


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/