Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.81 February/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
February 3rd, or Setsubun, is the closing of winter in Japan; once those plum and peach blossoms bloom, it's nearly spring.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
2月3日の節分を境に暦上は春。梅や桃の花が咲き始めると、春が近いことが感じられます。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:
1. News from the Fukuoka International Association

    1) New tenants wanted for International houses
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) The ABCs of Japanese culture for foreigners
    2) Cinela "Vietnamese Films focusing on film director Dang Nhat Ming"
    3) Consulting service for foreign residents

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "Crossing off the list"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) New tenants wanted for International houses
Fukuoka International Association is looking for new tenants who are interested in moving into the following International Houses this coming April.

1. International Houses
a) Fukuoka International House (available for international students with family)
   4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka 812-0025
b) Ropponmatsu International House
      (Single-sized rooms available for both international and Japanese students)
     2-26, Ropponmatsu 1-chome, Chuo-ku, Fukuoka 810-004

2. Application forms are available at universities and Japanese language schools in the Fukuoka Metropolitan Area, Rainbow Plaza, or the Fukuoka International Association, and can be downloaded from the FIA's website.

3. Application deadline: Feb. 16 (Mon.)

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Feb. 19 (Thurs.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Cheung Hoi Chang (Hong Kong, China)
          Seinan Gakuin University, Department of English Language
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
Aiming to foster a favourable learning environment for the foreign residents of Fukuoka, an array of Japanese cultures will be introduced throughout the year.

Dates/Programs: Feb. 22 (Sun.) Animation; Mar. 22 (Sun.) Budoh (Japanese martial art)
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis.
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00-17:00)     Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

2) Cinela "Vietnamese Films focusing on film director, Dang Nhat Ming"
This month, Cinela presents a collection of Vietnamese materpieces.

Duration: Feb. 4(Wed.) - Mar. 1 (Sun.)
Fee: Adult 500yen, Univ. & H.S. Student 400yen, J.H.S. & Elem. Student 300yen

Films:
English/Japanese Subtitled
    The Girl on the River ('87, 94min)
    Hanoi, Winter 1946 ('96, 94min.)
    Guava House ('00, 103min.)
    Story of Pao ('06, 102min.)
    Wild Field ('79, 94min.)
    The Quiet Town ('86, 73min.)
    Bom, The Fool ('87, 84min.)
    Sandy Lives ('99, 90min.)
    Hai Nguyet ('98, 90min.)
    There was Once a Time When... ('02, 108min.)
    Hanoi 12 Days and Nights ('03, 127min.)
    U14, Dream Team ('04, 89min.)
Japanese Subtitled
    How I Long For October ('84, 85min.)
    A Town within Reach ('82, 79min.)
    Mrs. Tu Hau ('63, 78min.)
    Have a Date in Time ('74, 108min.)
    Mrs. Dau ('81, 86min.)
    The 17th Parallel Days and Nights ('75, 184min.)
    Luoi Dao ('95, 90min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
TEL: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3) Consultation Service for Foreign Residents
We assist and give advice on the following types of problems or concerns (counseling by phone): Kindergarten/school admission for children, housing, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment for foreigners, etc.
Business hours: 9:00-17:00, weekdays (closed on Sundays, Saturdays and public holidays)
Language available: Japanese, English, Chinese, Korean, etc.

Inquiry: Global Life Support Center
TEL: 092-441-0004     URL: http://www.npo-global.jp/index.html


3. News from FUKU-NET Members

1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"Sogni D'oro" ('81, 105min.)
Date/Time: Feb. 13 (Fri.)

"Marcellino Pane e Vino" ('55, 91min.)
Date/Time: Mar. 27 (Fri.)

Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153


4. Nobu's Footprints in Fukuoka

Crossing off the list

A period of 16 months isn't all that long especially if you're working in a hectic place like Japan and living its fast-paced lifestyle; I mean, it seems just like yesterday that I wrote my very first column on this E-mail magazine. As much as I expected a sense of reverse culture shock upon arriving at the Vancouver International Airport on New Year's Eve, nothing came to me as a surprise other than the fact that the aerial view of the city (from the airplane) looked whiter than I had ever imagined.
"That's unusual," I thought, for it usually snows less than 40 cm and doesn't pile up to knee deep as this time around. Believe it or not, the city had received up to 89 cm of snow by this day, and it was a mere centimeter away from beating the record of 89.7 cm in the winter of 1964. Returning home on this snowiest December ever, I began to worry about whether I can fulfill all the things on my list (refer to the last issue), or even go out for that matter.
Fortunately, the partially sunny weather had melted most of the snows on the main roads, and I was able to safely return to my hometown of Port Moody that day. However, with so much snow as far as the eye can see, the whole town seemed more or less like a ski resort of its own, or simply just not the Vancouver that I knew. As you can probably guess by now, my first activity was indeed shoveling the snow out of the driveway, despite the fact that I was sleep-deprived for more than 24 hours.
Holding a heavy spade against the rigor of winter, my two-week holiday began with two excruciating hours of cold labour and bloody blisters on both of my palms. "How welcoming," I thought. However, after breathing the fresh Canadian air and drinking my Mom's extra spicy soup, the soreness on my hands and back were gone like the wind. Hence, two of the four things on my to-do-list were already completed.
As time was of the essence, I decided to take the Greyhound Bus to Kelowna to meet my best friend and to snowboard at Big White Ski resort after spending a few days with my mom and my beloved pet, Luca (mixed breed of Yorkshire terrier and miniature Dashhound), which was a lot bigger than I had remembered. Shortly after the bus departed, the driver announced that the arrival time to Kelowna was to be delayed by two hours due to bad road conditions, resulting in a total of a six-hour bus ride. Moreover, since there were no stops on the way other than boarding new passengers at designated stations, I pretty much had to feed off the gum that I was chewing for the next several hours.
Amidst such circumstance, a man seated at the front approached me with a bright red apple and said, "You're hungry right? I heard you talking on your cell phone. Here, take it." I knew that you shouldn't trust any strangers on the road, but given the severity of the situation, I had no choice but to cautiously take his offer. (Unlike the tragic scene of the Snow White fairy tale, I didn't collapse after my first bite into the apple, but I did fall asleep right afterwards from the fatigue of travelling far distances.) At that very moment, I was reassured that Canadians were indeed friendly people and that there was clearly no poison in his gift. The next time I woke up, I saw a familiar face waving at me with a big smile.
Although my friend and I were hung over from our reckless drinking the night before, we droved up to the Big White Ski Resort early in the next morning. As soon as I got off the Bullet Express lift, my five senses were fully awoken as I witnessed the breathtaking vista of British Columbia up at an altitude of 5800 feet. Branding that majestic scene on my mind, I took a deep breath and dove into to the winter adventure of Canada—the rest is pretty much history.
Ten days later, I was waiting at Gate 53 for my 12:30 flight bound for Narita. Referring back to my list one last time, I was sure that I fulfilled most of the things I wanted to fulfill, if not all, and yes, that also included eating the most anticipated meal of the trip, the "Greek roast lamb souvlaki" for my last supper.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 学生交流会館入居者募集
  2) ホストファミリー登録説明会
  3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡アジア文化賞嘱託員募集
  2) 国際化推進活動助成金募集 
  3) 外国人のための日本文化いろは講座
  4) シネラ「ダン・ニャット・ミン監督とベトナム映画」
  5) ちきゅうを知る講座
  6) 外国人相談窓口(福岡県)
  7) アメリカ留学相談会
  8) 行政書士による交通事故無料相談会

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  2) アジア太平洋こども会議・イン福岡からお知らせ
  3) 「カナダフレンドシップ親善大使」募集
  4) チェルノブイリ原発事故の被災国ベラルーシの医師による講演会
  5) 福岡YWCA学生ボランティア募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 九州大学アジア理解講座、アジア塾
  2) YES高校交換留学プログラム参加者募集

5. ノブが見た福岡

   「リストを実行」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 学生交流会館入居者募集
福岡よかトピア国際交流財団では、下記学生会館の4月からの入居者を募集します。
詳細はHPでご確認いただくか、または直接協会へお問合わせ下さい。

募集対象
福岡学生交流会館(世帯者用宿舎)(福岡市博多区店屋町4-1)
募集対象:外国人留学生(家族での入居に限る)

六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松1-2-26)
募集対象:外国人留学生、日本人学生
申込用紙:各会館当財団、レインボープラザ、大学、日本語学校、などで配布予定。ホームページからダウンロードも可能。
応募締切:2月16日(月)必着

2) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。まずは説明会に参加してください。

日 時:3月15日(日)14:00~15:00
会 場:レインボープラザ会議室(イムズ8階)
申 込:電話、ファックス、メールなどで、氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。
    折り返し、概要を送ります。
締 切:3月9日(月)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215  Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

3) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:2月19日(木) 18:30~
会 場:あったかサロン
語り手:張 凱翔さん(中国・香港出身)
    西南学院大学文学部外国語科
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡アジア文化賞嘱託員募集
福岡アジア文化賞担当では、下記の通り嘱託員を募集します。

職  名:アジア文化情報発信推進員
職務内容:受賞者選考関係資料の作成・整理など福岡アジア文化賞に係る業務
     福岡アジア文化賞や本市のアジア文化施策の市民及び国内外への情報発信
     その他、アジア文化の情報収集
締  切:2月20日(金)必着
任用期間:平成21年4月1日から平成22年3月31日
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/prize/staff/index.html

申込・問合せ:福岡市国際部(福岡アジア文化賞担当)
TEL: 092-711-4930

2)  国際化推進活動助成金募集
福岡県国際交流センターでは、県内の草の根交流として民間団体が行う国際協力・多文化交流等の活動を支援するため、その活動に要する経費の一部を助成しています。募集概要は下記のとおりです。

申請期限:第1期(4月~翌年3月に実施する事業が対象) :2月28日(土)
     第2期(10月~翌年3月に実施する事業が対象):6月30日(火)
助成金額:1件あたりの助成金額は、助成対象経費合計の1/2以内の額で、且つ、30万円が限度。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/shien/joseikin/joseikin_9.htm

問合せ:福岡県国際交流センター地域国際課 
TEL:092-725-9200(毎日10:00~19:00)

3) 外国人のための日本文化いろは講座
外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え1年間にわたって楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時/内容:2月22日(日)14:00 日本のアニメ文化を知る
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp

4) シネラ「ダン・ニャット・ミン監督とベトナム映画」
ベトナムを代表するダン・ニャット・ミン監督を中心にベトナム映画の名作を特集。

期 間:2月4日(水)~3月1日(日)
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
TEL: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

5) ちきゅうを知る講座
  様々なテーマで月に1回開催する講座です。どなたでも無料で参加できます。要申込。

日 時:2月21日(土)14:00
テーマ:国際交流
場 所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
TEL: 092-725-9200  Email: rkimura@kokusaihiroba.or.jp

6) 外国人相談窓口(福岡県国際交流センター委託事業)
  困った事があればサポートします(電話相談)

相談内容:子供の入園・進学、住居を借りる、大学事情・卒業後の進路、在留資格の変更、外国人の雇用など
対応日時:平日(土・日・祝休み)9:00~17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語ほか

相談先・問合せ:グローバルライフサポートセンター
TEL: 092-441-0004

 
7) アメリカ留学相談会
  目的に応じた大学の選び方、現地の最新情報など何でもご相談ください。参加無料・要事前予約。

日 時:3月15日(日)13:00~17:00
場 所:こくさいひろば
申 込:2月15日より電話で予約を受付。
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9200

8) 行政書士による交通事故無料相談会 
  予約申込、料金は不要です。直接ご来場ください。

日  時:2月14日(土)10:00~16:00
場  所:福岡市和白地域交流センター(コミセンわじろ)
相談内容:示談書・交通事故に係る保険請求手続き及び損害賠償請求の書類作成について

問合せ:福岡県行政書士会
TEL: 092-641-2501  FAX: 092-641-2503


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している、無料の上映会です。

「監督ミケーレの黄金の夢」('81、105分、イタリア)
日 時:2月13日(金)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

2) アジア太平洋こども会議・イン福岡からお知らせ
第21回目を迎えたAPCCでは、ボランティア、ホストファミリーを募集しています。
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

ボランティア登録会
日時・場所:2月13日(金)18:30、28日(土)14:00 APCC事務局
3月22日(日)12:00 こくさいひろば

ホストファミリー
受入予定期間:7月15日(水)~22日(水)
募集家庭数:349家庭
締切:3月2日(月)必着

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
中央区天神1-10-1 福岡市役所北別館5階
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) カナダフレンドシップ親善大使募集
バンクーバー市及びリッチモンド市内の小・中・高校での交流を通して、多文化理解と環境問題について学びます。

日 時:3月26日(木)~4月3日(金)
対象者:小学5年生以上一般まで
定 員:20名
料 金:247,000円
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

申込・問合せ:カナダ友好協会
TEL: 092-934-3553  Email: canada@mba.nifty.ne.jp

4) チェルノブイリ原発事故の被災国ベラルーシの医師による講演会
原発事故から今年で23年。現場で活動する医師を招き、現状を話していただきます。

日 時:3月27日(金)19:00
場 所:福岡市NPOボランティア交流センター「あすみん」
定 員:25名
参加費:資料代300円

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
TEL/FAX: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

5) 福岡YWCA学生ボランティア募集
  福岡YWCAでは、下記ボランティアを募集しています。

・日本語を母国語としない小・中・高校生のための日本語クラス学習支援ボランティア
 外国人児童・生徒への学校教科の学習支援と遊び相手、話し相手
・日韓ユース・ボランティア・キャンプ大学生リーダー
 日本人と韓国人の小・中・高・大学生と一緒に、福祉施設でのボランティア活動
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

申込・問合せ:福岡YWCA
TEL: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 九州大学アジア理解講座、アジア塾
いずれも参加無料ですが、事前申込が必要です。

アジア理解講座
テーマ:アジアを変革する社会情報基盤:バングラデシュの挑戦
日 時:2月20日(金)18:30
場 所:九州大学箱崎キャンパス九州大学国際ホール

アジア塾
テーマ:東アジアのビジネス連携と人材育成~地域連携の人材をどう育成するか~
日 時:2月25日(水)13:30
場 所:西日本新聞会館16階福岡国際ホール志賀の間

詳細はこちら:http://asia.kyushu-u.ac.jp/top/index.html

申込・問合せ:九州大学アジア総合政策センター
TEL: 092-642-4433  FAX: 092-642-4435

2) YES高校交換留学プログラム参加者募集
日本人高校生がアメリカでボランティア家庭にホームステイしながら現地の高校に通学します。

期 間:7・8月~2010年6月
詳細はこちら:http://yes.gr.jp/main.asp

申込・問合せ:YES国際青年交流委員会
TEL: 092-844-4572


5. ノブが見た福岡

リストを実行

日本という多忙な環境で働けば16ヶ月なんてあっと言う間に過ぎる。現にこのコラムを最初に作成した日もつい昨日のように思えて仕方ない。そんな思いの中、大晦日にバンクーバーに帰国したら、「逆カルチャーショックを受けるかな」とやや期待していたが、実際はそう驚く事も無く、しいて言えば、着陸する機内から見えたいつも以上の白い雪景色だった。「こんなに白く覆われたバンクーバーなんて初めてだ」と少し我が目を疑った。(冬は積もってもせいぜい40センチ程度で、今回の様に膝上まで積もる事はまず無い。)後で知った事だが、僕が帰国した昨年の12月末までにはなんと89センチの雪が積もり、1964年の89.7センチの記録を上回るほんのそこまで来ていたのであった。このかつて無いほどの厳しい冬に帰国した僕は、先月号で述べた「やることリスト」を完結させるのはおろか、外へ出かける事さえも制限されるのではないかと不安になり始めた。
幸運な事に、道路の雪はわずかな日差しを浴び、溶け始めていたので、その日無事に地元のポートムーディ市まで帰宅する事が出来た。辺り一面が白く結晶化していたので、町全体がスキーリゾートの様にも思え、僕が知るバンクーバーとはほど遠い世界に居る事を改めてその場で感じた。この時点でもう分かるかもしれないが、僕が家に帰って最初にとった行動は私道の雪かきだった。丸一日寝ていないにもかかわらず、重いシャベルを手にし、ありったけの新雪をひたすらかき始めた。こうして約2時間に上る重労働で僕のカナダの休暇が始まったのであった。全てが終わった頃には、手のひらはしびれ複数のまめが出来ていたが、カナダの新鮮な空気を思う存分に吸い、お母さんの辛い手作りスープを飲んだ後は、さっきまでの痛みは自然と消えていた。これでリストに書いた4つの内2つは達成された。
限られた時間がどんどん過ぎていく中、僕は家族と一回りでかくなったペットのルカ(ヨークシャーテリアーとミニチュア・ダッシュハウンドの雑種犬)と家で充実した時間を過ごした。2日後、昔の友達に会って一緒に「Big White Ski Resort」でスノーボードをするために、ケローナ行きのグレイハウンド・バスに乗った。
出発してほどなく、「道路状況が悪いため2時間ほど到着が遅れる」と言うアナウンスが流れた。こうして所要時間は計6時間となった。さらに、バスは到着まで指定されたバス停にほんの数分しか止まらなかったので、途中で軽食を取る余裕すら無かった。唯一所持している食べ物はガムのみ。永遠に続くとも思えたその時、前方に座っていたある男性が近寄り、「さっき電話で腹が空いていると言うのを聞いたよ。良かったらこれを食べてくれ、ほら遠慮はいらないよ。」とリンゴを差し出した。旅先の知らない人と関わるのはどうかと迷ったが、状況が状況だったので、恐る恐るそれを受取った。この時、僕はカナダ人の暖かい優しさを改めて肌に感じた。食べ終えると、旅の疲れが一気に出たのか、僕はまるで白雪姫がリンゴを食べて倒れるかの様に深い眠りに落ちた。もちろん毒は盛られていなかったが(笑)。目覚めた時には、見覚えのある顔が窓の向こうで大きく手を振っていた。
翌日はかなりの二日酔いではあったが、僕と友達はスキー場に向かって険しい雪道を省みずに運転した。やっとの思いで「Bullet Express」のスキーリフトを降りた僕は、目の前に広がる見事なBC州の景色に言葉を失い、五感が今まで以上に目覚めている自分に興奮した。標高約1800mの絶景を心に焼き付け、胸の奥まで空気を吸った後、僕はカナダの冬のアドベンチャーへと飛びこんだ。その後の体験は言うまでも無いだろう。
10日後、僕は53番ゲートで12:30発の成田行きの便を待つ中、念のために「やる事リスト」をもう一度上から順に確認した。「ほぼ達成だな」と満足すると同時に、最後の夜に食べたギリシャ料理の柔らかいラム肉が再び頭に浮かんできた。

権藤 ノブオ

English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをお読み下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/