Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.82 March/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Hina Matsuri, the Japanese Doll Festival, is celebrated everywhere during this time of the year. With a variety of Hina dolls ranging from 300-year-old to modern types displayed, a resplendent atmosphere can be enjoyed.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
各地で雛祭りが開催されています。江戸時代の古いお雛様から現代的なものまで様々飾られていて、華やかな雰囲気が楽しめます。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

     1) New tenants wanted for International house
     2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

     1) Fukuoka Tower 20th Anniversary Event
     2) The ABCs of Japanese culture for foreigners

3. News from FUKU-NET Members

     1) Memorial Photo Exhibition for Mr. Kazuya Itoh
     2) Japanese Culture Seminar "Shodo"
     3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

     1) Fukuoka Asia Film Festival Events

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

     "Just Getting Warmed Up!"



1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) New tenants wanted for International house
Fukuoka International Association is looking for new tenants who are interested in moving into Ropponmatsu International House this coming April.

1. Ropponmatsu International House
    (Single-sized rooms available for both international and Japanese students)
    2-26, Ropponmatsu 1-chome, Chuo-ku, Fukuoka 810-0044

2. Applications are available at the Fukuoka International Association and Rainbow Plaza, or can be downloaded from the FIA's website.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student’s family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Mar. 19 (Thu) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Gonzalez Maximillian (San Diego, U.S.A.)
         Seinan Gakuin University, International Division
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Fukuoka Tower 20th Anniversary Event
Fukuoka Tower is organizing a commemorative event to celebrate its 20th anniversary. Includes free admission to the observation room and much more!

Date: Mar. 20 (Fri/holiday) 9:30-21:00
Venue: Fukuoka Tower (2-3-26 Momochihama, Sawaraku, Fukuoka)
Other activities: Japanese traditional games, food stands, mochitsuki (rice cake making),
                        music and comic show, etc.

Inquiry: Fukuoka Tower Inc.
Tel: 092-823-0234     URL: http://www.fukuokatower.co.jp/

2) The ABCs of Japanese Culture for Foreigners
An array of Japanese cultures will be introduced throughout the year to foster a favourable learning environment for foreigners living in Fukuoka.

Date/Program: Mar. 22 (Sun.) Budoh (Japanese martial art)
Time: 14:00-15:30
Venue: ACROS Fukuoka, 2F Seminar Room
Enrollment limit: 35, on a first-come first-served basis
Fee: Free

Inquiry: ACROS Fukuoka
TEL: 092-725-9100 (11:00-17:00)      Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Memorial Photo Exhibition for late Mr. Kazuya Itoh
Mr. Kazuya Itoh, an active member of Peshawar-Kai who worked in Afghanistan as an agricultural specialist, was gunned down last August. In the memory of his humanitarian achievement, a photo exhibition will be held during the schedule noted below.
 
Duration: Mar. 10 (Tue) - 15 (Sun)
Venue: Fukuoka Health Promotion Center (AIREF) 1F
Admission: Free
Further information: http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

Inquiry: Peshawar Kai
TEL: 092-731-2372  Email: peshawar@kkh.biglobe.ne.jp

2) Japanese Culture Seminar "Shodo"
Practice your Hiragana and Kanji through the art of Japanese calligraphy.

Date: Mar. 15 (Sun) 10:00-12:00
Venue: Iki Iki Joho Center Room 209 (Gojo, Dazaifu)
Fee: 500 yen includes a brush and an ink saucer
Inquiry: Dazaifu City International Exchange Association
TEL/FAX: 092-918-5391    Email: soumu-joho@city.dazaifu.lg.jp

3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event. This month will feature a special dedication to Mr. Vittorio Gassman who passed away on January 19, 2009.

"Riso Amaro" ('48, 109min.)
Date/Time: Mar. 27 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asia Film Festival Events
This is a film festival that introduces mainly Asian films. The planning, organizing, and interpreting (the subtitles for the films) of the films are all run by local volunteers to deepen their cultural exchanges with the people of Asia.

Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Volunteers wanted
We invite the locals to actively participate in the planning, running, interpreting the subtitles. They must be able to attend monthly meetings and pre-event to be held in May.
Festival duration: Jul. 3 (Fri) -12 (Sun)

Seinen Center Festival
Dates: Mar. 7 (Sat), 8 (Sun) 11:00-17:00
Venue: Seinen Center 1F
Contents: Exhibition of Fukuoka Asia Film Festival, films from the past, etc.

33rd Cine-Club Classique
A classical film will be enjoyed with a lecture.
"The Secret People" (England, '52, 96min.)
Date: Mar. 28 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: Advance 1,000yen, at door 1,300yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

Inquiry: Fukuoka Asia Film Festival (Office Nouvelle Vague)
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Just Getting Warmed Up!

As daylight hours become longer and you begin to witness more people donning white masks--for a preventive measure against cedar pollen, influenza, or yellow sand (usually common around February)--in the streets of Tenijn, it’s nearly a sign that winter is coming to an end and that spring is just around the corner. In other words, it’s time to say goodbye to your kotatsu and to finally close the lid on your hot nabe parties that you all have enjoyed throughout the season. However, since the month of February wasn’t as snug as a bug as I had anticipated, I was in a constant search of something extra warm that can fully awaken my dormant soul from the inside out. That’s when I received a text message saying, "Do you want to check out a sake festival in Kurume?”, so I quickly replied, "It’s a done deal!”
So the day finally came to visit the Jojima sake feast in Kurume City, and I was as excited as my friends and everybody else on the train who were all headed for Mizuma Station in Jojima as early as 10:00a.m. This was one of the famous sake-brewery towns in southern Fukuoka (Chikugo Region) and was located a mere 40-minute train ride from Tenjin. As much as it was a national holiday (February 11, National Foundation Day), it was also a festive day in Jojima where eight sake breweries opened up their cedar sake casks to the public and simultaneously celebrated the welcoming of early spring by satisfying the locals’ thirst with fresh undiluted rice wine, which was only available for a few weeks. Picturing that very moment in the back of my mind, I patiently waited in a long lineup to board the free shuttle bound for the "15th Jojima Sakagura Biraki”.
Once I arrived, an incredible number of food and sake-tasting stalls were standing side-by-side before my eyes, and the locals were all freely tasting many kinds of Chikugo sake from one cup to the next, mostly taking advantage of those free mini sake service and finger food samples offered at the vendors. A group of us first treated ourselves up with a local dish called "Genki Nabe”, or more specifically, "Healthy Soup made with lots of sake” before we initiated our tour around the vibrant fiesta. It more or less resembled the taste of miso soup with a hint of sake flavour but all without the effect of alcohol. After munching on yakitori, okonomiyaki, and a few other specialties, I strolled through the congested path and moved deeper into the festival via a small park by simply following the echoing sounds of drum music that was coming from a short distance away.
To my right, I saw many people lining up to purchase a set of tickets for nomikurabe (sake tasting), which was offered for a reasonable price at 6 cups for 500 yen. The clerk gave me a small sake cup, a sake list, and three pairs of tickets that read, "A, B, and C”; the idea was quite simple: bring the tickets to the corresponding sake tasting booth (e.g., "A” ticket for "A” booth”), select the label you wish to taste from the list, order, and drink!
Since I was an untrained sake connoisseur, most of the choices were unfamiliar to my knowledge, and I pretty much had to rely on my natural instinct and the bottle’s distinct kanji design to select the finest kind. "That green bottle on the top left please.” I took a small sip and moved it around my mouth for a few seconds until the depth of its taste and fragrance became gradually apparent. If I were to make an English catch phrase for that particular brand, it would be something like, "So stunningly rich, exquisite, and fresh that it will redefine your sake experience.”
From one after another, I circulated each booth and enjoyed the character and the subtle difference of each kind. By the time I had finished tasting six sheer sakes, my heart was beating faster than the live Hip-Hop performance that was bouncing in the background, and I was just overwhelmed by the locals’ exhaustless attitude in drinking more and more like there’s no tomorrow. Seeing that this festivity wasn’t going to end anytime soon, I regrouped with my friends to fully indulge on the gift of Jojima and to take advantage of the warm, festive atmosphere.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 学生交流会館入居者募集
  2) ホストファミリー登録説明会
  3) 留学生から学ぶ外国語教室受講生募集
  4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) アメリカ留学相談会
  2) 内閣府青年国際交流事業説明会・報告会 
  3) 福岡アジア都市研究所からのお知らせ
  4) 福岡タワー開業20周年記念FUKUOKAタワー大展望祭
  5) 外国人のための日本文化いろは講座
  6) 法廷通訳募集中

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) カンボジア料理教室
  2) 伊藤和也君追悼写真展
  3) 日本文化体験講座 書道
  4) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
  5) チェルノブイリ原発事故の被災国ベラルーシの医師による講演会
  6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  7) 社会人セミナー 英語!急がばまわれ!

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭からのお知らせ

5. ノブが見た福岡

  「暖かい酒試し」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm


1) 学生交流会館入居者追加募集
福岡よかトピア国際交流財団では,下記学生会館の4月からの入居者を追加募集します。詳細はHP、または直接協会へお問合わせ下さい。

募集対象:六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松1-2-26)
募集対象:外国人留学生、日本人学生
申込用紙:当財団、会館、レインボープラザなどで配布。ホームページからダウンロードも可能。

2) ホストファミリー登録説明会
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける家庭を募集します。まずは説明会に参加してください。

日 時:3月15日(日)14:00-15:00
会 場:レインボープラザ会議室(イムズ8階)
申 込:電話、ファックス、メールなどで、氏名、住所、電話番号をお知らせ下さい。
    折り返し、概要を送ります。
締 切:3月9日(月)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215  Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

3) 留学生から学ぶ外国語教室
5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を募集します。お申し込みをお待ちしております。

言  語:中国語・韓国語等アジア言語を中心に21言語32教室
会  場:福岡学生交流会館及び六本松学生交流会館
申込用紙:ホームページ(http://www.asia-kotoba.net)からダウンロード
申込締切:3月17日(火)

申込・問合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
TEL: 092-734-7700  Email: gogaku@apcc.gr.jp

4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:3月19日(木) 18:30
会 場:あったかサロン
語り手:ゴンザレス・マクシミリアンさん(アメリカ・サンディエゴ出身)
    西南学院大学留学生別科
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1)  アメリカ留学相談会
目的に応じた大学の選び方、現地の最新情報など何でもご相談ください。参加無料・要事前予約。

日 時:3月15日(日)13:00-17:00
場 所:こくさいひろば
詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:こくさいひろば
TEL: 092-725-9200

2)  内閣府青年国際交流事業説明会・報告会
平成20年度に福岡県から「航空機による海外派遣」、「東南アジア青年の船」、「世界青年の船」に参加した青年が、事業で得た成果を報告します。また平成21年度の事業説明及び参加についての説明を行います。

日 時:3月15日(日)15:30-17:30
会 場:福岡市NPOボランティア交流センター(あすみん)
詳細はこちら:http://www.iyeo.or.jp/ja/index.htm

問合せ:福岡県青年国際交流機構 
Email: fukuokakaiyeo@yahoo.co.jp

3) 福岡アジア都市研究所からのお知らせ
シンポジウム  「日中経済と人材ネットワーク」
基調講演    「上海からみた九州・福岡」
パネルディスカッション「人材ネットワークの現状と課題」
日 時:3月18日(水)13:30~
会 場:福岡市役所15階講堂
申 込:ホームページまたはEmail(event@urc.or.jp)、電話、ファックスで申込
締 切:3月13日(金)
詳細はこちら:http://www.urc.or.jp/event/index.html

都市政策資料室
アジア地域を含む都市政策関連図書、各種調査・研究の成果報告書、行政資料などを広く収集し、公開しております。また、アジア開発銀行の寄託図書室の指定を受けております。レファレンスサービスも受け付けています。
開室時間:月-金、10:00-17:00
休室日:土・日・祝・年末年始・毎月最終業務日
詳細はこちら:http://www.urc.or.jp/siryou/index.html

問合せ:福岡アジア都市研究所
TEL: 092-733-5686  FAX: 092-733-5680

4) 福岡タワー開業20周年記念FUKUOKAタワー大展望祭
福岡タワーは平成元年3月17日にオープンし、今年で20周年を迎えます。これを記念して記念特別イベントを開催します。

日 時:3月20日(金・祝)
内 容:展望室無料招待9:30-21:00、ステージイベント、フードコーナー、フリーマーケット、
    伝統的遊びコーナー、もちつき大会
詳細はこちら:http://www.fukuokatower.co.jp/index.php

問合せ:福岡タワー株式会社
TEL: 092-823-0234

5)  外国人のための日本文化いろは講座 
  外国人の方にもっと身近に日本文化を知っていただこうと、様々な日本文化の講義と体験を交え楽しく紹介していきます。入場無料、要予約。

日時/内容:3月22日(日)14:00 日本の武道を知る
会  場:アクロス福岡2階セミナー室
対応言語:日本語・英語
定  員:35名

申込・問合せ:福岡SGGクラブ
TEL: 092-725-9100  Email: fukuokasggclub@yahoo.co.jp


6) 法廷通訳募集中
  裁判所では、外国人刑事事件の法廷における発言を通訳するための有能な通訳人を求めています。

申込・問合せ:福岡地方裁判所
TEL: 092-781-3141


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) カンボジア料理教室
料理を楽しみながらカンボジアにふれてみませんか。

日時:3月8日(日)10:30-13:30料理教室
         13:30-14:30カンボジアの紹介
場 所:ふくとぴあ(福津市健康福祉総合センター)
定 員:先着30名
参加費:大人1,200円 小学生以下800円
締 切:3月6日(金)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/factjp2001/

申込・問合せ:明日のカンボジアを考える会
TEL/FAX: 0940-43-4618  Email: factjp2001@yahoo.co.jp

2) 伊藤和也君追悼写真展
ペシャワール会の現地ワーカーとしてアフガニスタンで働き、昨年8月に凶弾に倒れた故伊藤和也さんを偲び、追悼写真展を開催します。入場無料

期 間:3月10日(火)~15日(日)
会 場:福岡健康づくりセンター1F
詳細はこちら:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

問合せ:ペシャワール会
TEL: 092-731-2372  Email: peshawar@kkh.biglobe.ne.jp

3) 日本文化体験講座 書道
漢字・ひらがなまじりの文章を書きます。

日  時:3月15日(日)10:00-12:00
会  場:いきいき情報センター209号室
参加対象:市内または近隣在住の外国人や留学生及び一般市民20名
参 加 費:500円(小筆と墨皿は持ち帰れます)
詳細はこちら:http://www.city.dazaifu.fukuoka.jp/soumujoho_s/kokusaikouryukyoukai/kyoukai_top.jsp

申込・問合せ:太宰府市国際交流協会
TEL/FAX: 092-918-5391    Email: soumu-joho@city.dazaifu.lg.jp

4) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
APCCでは、事業の運営にたずさわるボランティアを募集しています。まずは登録会にご参加ください。予約制。

日 時:3月22日(日)12:00 
場 所:こくさいひろば(アクロス福岡)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

5)  チェルノブイリ原発事故の被災国ベラルーシの医師による講演会
  原発事故から今年で23年。現場で活動する医師を招き、現状を話していただきます。

日 時:3月27日(金)19:00
場 所:福岡市NPOボランティア交流センター「あすみん」
定 員:25名
参加費:資料代300円

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
TEL/FAX: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している、無料の上映会です。1月に亡くなったヴィットリオ・ガスマンの追悼上映会です。

「にがい米」('48、109分、イタリア)
日 時:3月27日(金)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

7) 社会人セミナー 英語!急がばまわれ! 
  ヒッポファミリークラブでは、無料セミナーを開催します。

セミナー1:4月6日(月)理論編、9日(木)実践編
セミナー2:4月14日(火)理論編、16日(木)実践編
時 間:19:00-21:00
会 場:アクロス福岡2Fセミナー室
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

申込・問合せ:ヒッポファミリークラブ
TEL: 0120-557-761    Email: manri-fuk642@hfcw.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭からのお知らせ
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進しています。
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

ボランティア募集
毎月のミーティング、5月のプレイベントに参加できる方
開催期間:7月3日(金)-12日(日)

青年センター祭
日 時:3月7日(土)、8日(日)11:00-17:00
場 所:青年センター1階
内 容:映画祭活動の展示、過去作品などの上映

第33回クラシック・シネクラブ
映画史に残る古い名作映画を、トーク付きでフィルムでみるイベントです。
「オードリー・ヘップバーンの初恋」('52、96分、イギリス、日本語字幕)
日 時:3月28日(土)13:00、16:00
会 場:九州日仏学館5Fホール
会 費:1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

主催・問合わせ:福岡アジア映画祭実行委員会(オフィス・ヌーヴェルヴァーグ)
TEL: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. ノブが見た福岡

少し温まってから

日照時間が次第に長くなり、白いマスクを被る人(主に花粉症、インフルエンザ、黄砂等の予防対策)を天神のあちらこちらで見かければ、春はもうそこまで近づいている。言い換えれば、コタツを押入れにしまう時期でもあり、フーフーとおいしく食べた鍋も、次の年までお預けという所だ。しかしながら、2月の天気はまだそう暖かくもなく、正直に言えばまだ少し寒い。よって、僕は長い間眠っていた体を芯から暖めてくれる何かをひたすら探し求めていた。ちょうどそんな時、友達から一通のメールが届いた。内容は次の通り:「久留米の城島酒祭りに行かない?」返答はズバリ「Yes!」
ようやくその日になると、久留米行きの電車内はまだ朝の10時だと言うのに混雑していた。友達も他の乗客も皆、目的の三潴駅に近づくにつれ嬉しさが倍増しているのか、車内には心地よい雰囲気が感じ取れた。後で知った事だが城島は筑後地方を代表する酒蔵町で、毎年2月11日に盛大な酒蔵開きで市民をもてなしているそうだ。この日は建国記念日であると同時に、城島町の8つの蔵元の新酒を初春の到来と共に祝う日でもあった。しかもわずか2週間しか味わえない原酒と聞いたらなおさらだ。そんな膨れ上がる期待を抱きながら、「今か、今か」と、「第15回城島酒蔵開きメインステージ」行きの無料シャトルバスを根気よく僕達は待っていたのであった。
会場に到着すると数多い食べ物と角打ち等の露店がズラリと並んでいて、賑わう地元の人々で辺りは埋め尽くされていた。特に、試飲や試食のコーナーは人で一杯。お酒を味わう前に僕らは、その日の目玉でもある筑後酒をふんだんに使った「元気鍋」を頂く事にした。ベースは味噌味で、ほのかな酒の香りがしたが、アルコール分は殆ど飛んでいてごく普通の味噌汁とそう変わりは無かった。そして引き続き焼き鳥、お好み焼、出来立てのマル天等を食べながら、音が弾む祭りの奥の方にどんどんと足を運んで行った。
より活気がある場所に出たとき、右側に「飲み比べ」と書いた案内を見かけた。値段は思っていたよりも安く、お猪口6杯分でなんと500円!料金と引き換えに、小さなお猪口を一つ、酒の銘柄が記載されたリスト、「A、B、C、」と書かれたチケットを各二枚ずつ手渡された。内容は至って簡単。まずチケットの表示するブースに行って(例:AチケットはAブース)、チケットを渡し、銘柄を選択して飲むと言う流れ。日本酒の知識がまだ浅い僕は、自分の本能と名前の響きだけを頼りに、飲みやすそうな酒を選んでいった。「あの左にある緑色でお願いします。」まずは軽く一口、口の中で転がすように味わった。もしそのお酒に英語のキャッチフレーズを付けるなら、「So stunningly rich, exquisite, and fresh that it will redefine your sake experience」だろう。訳すと、「今まで味わった事の無い絶妙な新鮮さと奥深さ」。
その調子で僕は次から次へと各ブースを回りながら、それぞれ違う酒を試飲していき、最後の一杯を飲み終わった時には、鼓動がバクバクと、ステージから鳴るヒップホップの音楽よりも激しく弾んでいた。周りの人達はどうかと四方八方見回すと、皆休む暇も無くどんどんと酒を飲んでいき、地元の酒好きの執念にはただただ唖然とするばかりであった。「この勢いは当分終わりそうにないな-」と察した僕は、一緒に来た友達と城島の酒を再び堪能するため先ほどの場所へと舞い戻った。気付いた時には体の中はポカポカと温くなり、その時、この春一番のぬくもりを感じたのであった。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/