Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.83 April/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
April is the new fiscal year for many schools and companies in Japan, and towards the end of the month, Godlen Week holiday will also begin. More excitements will likely to come around during this season.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
4月、学校や会社では新しい年度の始まりです。そして後半はゴールデンウィークが始まります。いろいろなわくわくがありそうですね。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) New tenants wanted for Ropponmatsu International House
    2) International Dontaku Troupe Parade Application Now Open!
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Cinela "The History of Post-war Chinese Films"
    2) Disaster Prevention Info-mail "Mamoru"
    3) Fukuoka Prefecture Consultation Services
    4) Free Legal Consultation at Tenjin Attorney's Center

3. News from FUKU-NET Members

    1) APCC in Fukuoka Volunteer Staff Wanted
    2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Fukuoka Asian Film Festival Volunteer Staff Wanted
    2) Smile Child Care Salon

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "Unwritten Rules"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 TEL: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL:www.rainbowfia.or.jp

1) Ropponmatsu International House
FIA is currently looking for new tenants who are interested in moving into Ropponmatsu International House.

Room: Single-sized rooms available for both international and Japanese students
Address: 2-26, Ropponmatsu 1-chome, Chuo-ku, Fukuoka 810-0044
Application: available at the FIA office and Rainbow Plaza, or can be downloaded from the FIA's website.

2) International Dontaku Troupe Parade Application Now Open
The Hakata Dontaku Port Festival attracts more visitors than any other festivals in Japan, and hundreds of foreigners gather to march in the Dontaku Parade every year.  A few dontaku goods will be given away, so hurry up and register today!
Please feel free to wear any traditional clothing of your home country.

Date/Time: May 3 (Sun.) 12:30-15:30, Check-in begins at 12:00. Please eat lunch prior to arrival.
Who: Foreign residents in Fukuoka City (limited to first 150 participants)
Where: Fukuoka International House, 4F
Deadline: Apr. 24 (Fri.)
Application: Email your full-name, nationality, and contact information to the address below, or sign up in person at Rainbow Plaza.

Contact: International Dontaku Troupe Coordinator (Nobuo)
Tel: 092-733-5630 (weekdays 9:15 am-17:15pm)
E-mail: kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture.

Date: Apr. 16 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Ms. Nurdiana (Pahang, Malaysia)
                Faculty of Engineering, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Cinela "The History of Post-war Chinese Films"
This month, Cinela will present a collection of Chinese masterpieces of post-war period.

Duration: Thru. Apr. 29 (Wed.)
Fee: Adult 500yen, Univ. & H.S. Student 400yen, J.H.S. & Elem. Student 300yen
Films:
English/Japanese Subtitled
    Tuya's Marriage ('06, 95min)
    I Want to Dance ('06, 79min.)
    Stirring Trip to Mutuo ('03, 99min.)
    The Old Barber ('06, 104min.)
    Red Firecracker, Green Firecracker ('94, 116min.)
    On The Beat ('95, 100min.)
    Perpetual Motion ('05, 90min.)
Japanese Subtitled
    The True Hearted ('92, 97min.)
    Li Lianying, The Imperial Eunuch ('90, 107min.)
    Spring in a Country Town ('48, 97min.)
    Myriads of Lights ('48, 120min.)
    Long Live The Missus ('47, 113min.)
    Crow and The Swallow ('49, 112min.)
    In My Whole Life ('50, 109min.)
    The Lin Family Shop ('59, 86min.)
    Actress Sisters ('65, 113min.)
    One and Eight ('84, 97min.)
    Yellow Land ('84, 90min.)
    Horse Thief ('86, 87min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Disaster Prevention Info-mail "Mamoru"
This is a free e-mail service that informs up-to-date news and information related to disaster prevention on your mobile phone. Register now!

Main functions of Mamoru
1. Disaster Prevention Weather Information and Evacuation Advisories for Earthquakes/Tsunamis/Typhoons, and Heavy Rains
2. Safety Confirmation Emails During Disasters
3. Local Regional Safety Information
Registration: http://www.bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jp/en/

Inquiry: International Affairs Division, Fukuoka Prefecture
TEL: 092-643-3203     Email: intrel@pref.fukuoka.lg.jp

3) Consultation Service for Foreign Residents by Fukuoka Prefecture
Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/e00top/gaikoku/soudan/soudan_2.htm
Phone Consultation
We assist and give advice on the following types of problems or concerns over the phone: Kindergarten/school admission for children, housing, change in status of residence, employment for foreigners, and so forth.
Tel: 092-441-0004
Business hours: 9:00-17:00, weekdays
Language available: Japanese, English, Chinese, Korean, etc.
Inquiry: Global Life Support Center
URL: http://www.npo-global.jp/index.html

Human Rights Counseling for Non-Japanese
If you are having a difficult life in Japan because you are not familiar with the Japanese legal system, or are troubled by human rights violations such as discriminatory treatment, please do not hesitate to consult with our human rights counseling.
Strict confidentiality is guaranteed, even in cases of illegal employment or overstaying.
Appointments are not necessary.
Time: Every 2nd Wed. 13:00-16:00
English interpreter available (Other languages can be provided by prior arrangement)
Place: Kokusai Hiroba
Inquiries: Fukuoka Legal Affairs Bureau, Human Rights Counseling Center
Tel: 092-721-9166

4) Free Legal Consultation at Tenjin Attorney's Center
The Fukuoka Bar Association provides free legal counseling for foreign residents in Tenjin. Interpreters in Chinese and English are available. Appointment required.

Counseling
Schedule: every 2nd and 4th Friday (except holidays)
Time: 13:00- 16:00
Venue: Tenjin Bengoshi Center (Tenjin Attorney's Center)
             Minami Tenjin Bldg. 5F, 5-14-12 Watanabe dori, Chuo-ku, Fukuoka
Contents: Civil Affairs, Labor, Family, Immigration, Criminal cases

Reservation
Please book your appointment in English, Chinese or Japanese on the days noted below.
Tel: 092-737-7555
Time/Language: 2nd Friday: Chinese 10:00-13:00
4th Friday: English and Chinese 10:00-13:00
Other days: Japanese 10:00-16:00


3. News from FUKU-NET Members

1) APCC Volunteer Staff Wanted
The Asian Pacific Children's Convention in Fukuoka (APCC) is looking for volunteers for its various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing sessions.

Dates/venues: Apr. 12 (Sun) 14:00~ Kokusai Hiroba
                               28 (Tue) 18:30~ APCC Office
Further information: http://www.apcc.gr.jp/e/

Inquiry: The Asian Pacific Children's Convention in Fukuoka
Fukuoka City Hall North Annex 5F, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka
Tel: 092-734-7700     Email: info@apcc.gr.jp

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"Marcellino Pane e Vino" ('55, 91min.)
Date/Time: Apr. 17 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival Volunteers wanted
As a film festival that brings a collection of Asian films to Fukuoka, we are currently seeking enthusiastic individuals who are interested in participating in the planning, running, and interpreting the subtitles of the films. (You must be able to show up for the monthly meetings as well as the pre-event screening scheduled in May to participate.)

Festival duration: Jul. 3 (Fri) -12 (Sun)
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
Tel: 092-733-0949     Email: faff@gol.com

2) Smile Child Care Salon
If you need someone to talk about how to raise children, please feel free to drop by our meeting and chat with other parents who share the same interest. Multi language interpreters are available.

Dates: every 3rd Thursday, 10:00-12:30
Venue: AMIKAS 1F Nursery room and 2F Japanese-style room
Intended participants: parents with children under preschooler

Multilanguage Hotline
Tel: 050-1492-3911
Dates: every Thursday 11:00~15:00
Language: Japanese, Chinese, Korean, English, Tagalog

Inquiry: Women's Empowerment Center Fukuoka
Tel/FAX: 092-738-0138     Email: empower_f@ybb.ne.jp
URL: http://www.geocities.jp/empower_f/index.html (in Japanese)


5. Nobu's Footprints in Fukuoka


Unwritten Rules

It has already been a year and a half since coming to Fukuoka, and during this time, I have had my ups and downs in dealing with Japanese people and the culture itself. This time, I'd like to share an interesting Japanese phenomenon called "anmoku no ryoukai", or "unwritten rules".
It is a well-known fact that Japanese people place high value on group solidarity to preserve harmony (wa), so to speak. Being an island nation, it has been necessary, historically, to tolerate, compromise, and not stand out from fellow countrymen, so that they could be on a united front against outsiders. We still witness this aspect of group consciousness in the Japanese education system, where, ever since Western military and navy-style school uniforms were introduced during the modernization of education in the Meiji Period, students are dressed in identical school uniforms, taught to emphasize the group rather than the individual, and encouraged to "be like everyone else".
While such rules may be enforced in schools, I didn't expect to experience them in the working world. Of course, there are no set of legally written rules regarding workers' behaviour or appearance to "be like everyone else", but I have noticed many unwritten rules that permeate throughout the workplace as well as the society in whole, which are expected to be understood and followed.
For instance, during the job-hunting season, I often pass by an army of students heading for an interview, dressed in identically-designed black suits, all with white dress shirts, same type of shoes, and even, similar hair styles. In an interview guidebook, it often states that the interviewee be clean-cut and dressed in a professional suit. But I am guessing that it has the unwritten assumption that interviewees wear a certain type or colour of suit, shoes, and hairstyle, to the extent that there is even a haircut called "interview cut", or "mensetsu katto".
Even at the workplace, I have never seen male workers wear coloured dress shirts, an array of blue, pink, brown or black which we often see in Canada.
Another difference I noticed was the amount of vacation days the workers take. In Canada, many workers save their vacation days to go on a 2-week or 3-week vacation with their family during winter or summer holidays. In Japan, the maximum number of days off at a time seems to be somewhere between 4-5 days. Although it is not officially restricted, my colleagues note that it is difficult to take many days off because no one else does, and that it would trouble the group. This is also the similar case for overtime work, in which workers have a difficult time leaving at the scheduled time if everyone else is staying after hours; at the same time, they are often expected to stay behind like everyone else.
In a country where harmony is emphasized, foreigners often must analyze these unwritten rules to avoid conflict. When someone says, "Oh, next time, for sure," (mata kondo), it may simply be her way of refusing an offer without being blunt. Likewise, when someone says, "How about doing this?" (kore shitara dou?), he may really be saying, "You should do this." (These vague responses or suggestions of the Japanese are indeed difficult to understand and will indeed take time to get use to them such as myself.)
This is not to say that having unwritten rules don't come with advantages. People can speak politely and expect the other person to understand without directly hurting his feelings. It also enables people to always think about others to avoid confusion and trouble. For example, when you are leaving the office, you can say, "Otsukaresamadesu. Sumimasen, osakini agarimasu," or "I'm sorry but I'll be leaving first, good bye!" to your fellow colleagues who are engaged in overtime work. That way, you are reminding them in spoken words that you feel bad and wouldn't have to feel as guilty when leaving work, and hence a sense of tacit agreement is established between the two parties.
However, when such understandings are silent, misunderstandings are bound to happen for those who are unaware.

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:
1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 学生交流会館入居者追加募集
  2) 「国際どんたく隊」参加者&ボランティア募集
  3) 留学生から学ぶ外国語教室受講生追加募集
  4) あったか福岡からのお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「中国映画の戦後史」
  2) 防災メール「まもるくん」 
  3) 福岡県外国人相談窓口
  4) 外国人法律相談センター

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) JICAからお知らせ
  2) 社会人セミナー 英語!急がばまわれ!
  3) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) チェルノブイリ医療支援ネットワークからのお知らせ
  6) YWCA学生ボランティア募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭からのお知らせ
  2) Smile子育てサロン
  3) 高校生交換留学生受入プログラムホストファミリー募集

5. ノブが見た福岡

 「暗黙の了解」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
TEL:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL:www.rainbowfia.or.jp


1) 学生交流会館入居者追加募集
福岡よかトピア国際交流財団では、六本松学生交流会館の4月以降の入居者を募集しています。

募集対象:六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松1-2-26)
募集対象:外国人留学生、日本人学生
申込用紙:当財団、会館、レインボープラザなどで配布。ホームページからダウンロードも可能。

2) 「国際どんたく隊」参加者&ボランティア募集
福岡在住の留学生や外国人による「国際どんたく隊」を結成し、毎年恒例の博多どんたく港祭りに参加します。お持ちであれば、母国の民族衣装などを着て参加しませんか?参加者にはどんたくグッズを差し上げます。
参加者募集
日  時:5月3日(日・祝)12:30-15:30
    (12:00受付開始 昼食は済ませて集合してください)
対  象:福岡にお住まいの外国人
会  場:福岡学生交流会館4階(冷泉公園となり)
申  込:メール(kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp)で、氏名、国籍、連絡方法をお知らせ下さい。
     レインボープラザでも受け付けています。
締  切:4月24日(金)先着150名で締め切ります。

運営ボランティア募集
国際どんたく隊事業の円滑な遂行のために、ご協力が必要です。4月末に事前説明会を予定しています。

日  時:5月3日(日・祝)10:45-16:00(予定)
集合場所:福岡学生交流会館4F(冷泉公園横)
対  象:国際交流に興味のある高校生以上の方
定  員:20名・先着順
申 込 み:氏名、年齢、連絡先、住所、メールアドレスをメール(fia-cir@rainbowfia.or.jp)
     又は電話でお申込み下さい。

3) 留学生から学ぶ外国語教室受講生追加募集
5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を追加募集します。

会  場:福岡学生交流会館及び六本松学生交流会館
申込用紙:ホームページからダウンロード
申込締切:4月13日(月)必着
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

申込・問合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
Tel: 092-734-7700  Email: gogaku@apcc.gr.jp

4) あったか福岡からのお知らせ
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

専任スタッフ募集
福岡外国人学生支援の会では、有償ボランティアを募集します。
勤  務:6月1日より3ヶ月(更新あり)
応募締切:5月7日(木)17:00必着

外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:4月16日(木) 18:30-
会  場:あったかサロン
語 り 手:ヌル・ディアナさん(マレーシア・パハン出身)
     九州大学工学部機械航空工学科


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ「中国映画の戦後史」
戦後の中国映画60年の歴史を近年の作品を中心に特集。

会  期:4月29日(水・祝)まで
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

2) 防災メール「まもるくん」
災害時の情報等をメールでお知らせするものです。

機  能:1.防災気象情報、避難勧告など 2.災害時の安否情報通知 3.地域の安全の情報
詳細・登録はこちら:http://www.bousai.pref.fukuoka.jp/mamorukun/

問合せ:福岡県消防防災課
Email: shobo@pref.fukuoka.lg.jp

3) 福岡県外国人相談窓口
困った事があればサポートします(電話相談)
相談内容:子供の入園・進学、住居を借りる、大学事情・卒業後の進路、在留資格の変更、外国人の雇用など
対応日時:平日(土・日・祝休み)9:00-17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語ほか
相談先・問合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0004

人権相談(面談)
弁護士資格をもった人権擁護委員が対応し、英語の通訳が同席します。予約不要、相談無料で秘密厳守です。
相 談 日:毎月第2水曜 13:00-16:00
場  所:こくさいひろば(アクロス福岡3階)
対応言語:日本語、英語 *その他の言語を希望する場合は事前にご相談ください。
問合せ:福岡法務局人権擁護部第一課
Tel: 092-721-9166

4) 外国人法律相談センター
外国人のための無料法律相談を、弁護士が通訳とともに行っています。要予約。予約は基本的に日本語ですが、下記の相談日は中国語、英語での予約も可能です。

相 談 日:毎月第2・4金曜日 13:00-16:00
場  所:天神弁護士相談センター(福岡市中央区渡辺通5-14-12南天神ビル5階)
予約電話番号:092-737-7555
予約受付:月-金10:00-16:00日本語、
     第2金曜日10:00-13:00中国語、第4金曜日10:00-13:00中国語、英語
詳細はこちら:http://www.fben.jp/whats/gaikokujin.htm

問合せ:福岡県弁護士会
Tel: 092-741-6416


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAからお知らせ
地球で働こう!!青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集
青年海外協力隊は全国で3万人、福岡からは1400人を超える人が、世界の人々と共に働いてきました。アナタの疑問にお答えする説明会を福岡各地で開催します。
募集期間:5月18日(月)まで
募集説明会:4月8日(水)、16日(木)、26日(日)18:30-アクロス福岡7階会議室

JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日  時:毎週木曜日11:00-17:00
場  所:レインボープラザ
内  容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相 談 員:稲森 千佳(元青年海外協力隊員・タンザニア派遣)
予約・問合せ:JICAデスク福岡
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

JICA国際協力出前講座
開発途上国の実情を知り、国際理解と国際協力の必要性を理解していただくため、JICA職員や青年海外協力隊OB/OGを講師として学校等へ派遣します。
申込・問合せ:JICA九州 市民参加協力課 開発教育担当 後藤
Tel:093-671-8205  Email:jicakic-de@jica.go.jp

2)  社会人セミナー 英語!急がばまわれ!
ヒッポファミリークラブでは、無料セミナーを開催します。

セミナー1:4月6日(月)理論編、9日(木)実践編
セミナー2:4月14日(火)理論編、16日(木)実践編
時  間:19:00-21:00
会  場:アクロス福岡2Fセミナー室
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

申込・問合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761  Email: manri-fuk642@hfcw.jp

3) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
APCCでは、事業の運営にたずさわるボランティアを募集しています。まずは登録会にご参加ください。予約制。

日時・場所:4月12日(日)14:00 こくさいひろば(アクロス福岡)
        28日(火)18:30 APCC事務局
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

4)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「マルセリーノ~パーネ・ヴィーノ」('55、91分、イタリア)
日  時:4月17日(金)19:00
会  場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

5)  チェルノブイリ医療支援ネットワークからお知らせ 
  ロシアのとなりの小さな国、ベラルーシについて様々な活動でご紹介します。要予約。
詳細はこちら:http://www.cher9.to/
ベラルーシ料理教室
日  時:4月26日(日)12:00-15:00
場  所:古賀市中央公民館
定  員:15名
参 加 費:1,000円

チェルノブイリ交流会
日  時:4月26日(日)16:00-18:00
場  所:チェルノブイリ医療支援ネットワーク事務所
参 加 費:1,000円(資料、料理代)

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel/FAX: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

6) YWCA学生ボランティア募集
  福岡YWCAでは、下記事業のお手伝いをしていただける学生ボランティアを募集しています。

募集内容
・日本語を母国語としない小・中・高校生のための日本語クラスでの学習支援ボランティア
・日韓ユース・ボランティア・キャンプでの大学生リーダー
・お母さんのときめきプログラムポップコーンくらぶでの託児ボランティア

申込・問合せ:福岡YWCA
TEL: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭ボランティア募集
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進しています。

条  件:毎月のミーティング、5月のプレイベントに参加できる方
開催期間:7月3日(金)-12日(日)
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) Smile子育てサロン&多言語ホットライン
女性エンパワーメントセンター福岡は世界の女性を応援しています。


Smile子育てサロン
多文化、多言語の子育てサロンです。相談や座談会もやります。
日  時:毎月第3木曜日10:00-12:00
場  所:福岡市男女参画推進センターアミカス
対  象:0歳児から未就学児のいる親子

多言語ホットライン
相談無料でプライバシー厳守です。
Tel: 050-1492-3911
毎週木曜 11:00-15:00 日本語・中国語・韓国語・英語・タガログ語
第3木曜 ベトナム語・タイ語・ポルトガル語・スペイン語・インドネシア語

問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
Tel/FAX: 092-738-0138  Email: empower_f@ybb.ne.jp

3) 高校生交換留学生受入プログラムホストファミリー募集
福岡県内の高校へ通学する交換留学生の受入をしていただけるホストファミリーを募集しています。ご希望の方は、各団体にお問合せ下さい。

日本国際交流振興会(JFIE)
英語圏からの留学生を受け入れます。
日 程:3月下旬来日-来年1月下旬帰国
ホストファミリー受入期間:3ヶ月間または3ヶ月以上
問合せ:株式会社アイ・エス・エイ福岡支店
TEL: 092-713-7007  Email: fk@isa.co.jp

YES国際青年交流委員会
福岡地区には、オーストラリア・タイの学生が日本文化を学ぶ目的で来日します。
日 程:12月下旬まで
問合せ:YES国際青年交流委員会福岡地区委員 村上
Tel: 090-9597-7063


5. ノブが見た福岡

暗黙の了解

福岡市に住み始めてからもうすでに一年と半年。日本の社会とその文化により染まる一方で、幾つか身にしみて感じた事がある。その一つは、日本人は常に「暗黙の了解」という目に見えないルールに縛られているという事だ。
日本人の国民的な特徴として「グループ主義」を挙げれば、誰もが「うん」とうなずくはずだ。歴史を振り返ってみれば、日本は小さな島国である以上、部外者から祖国を守るために同士達の統一戦線は不可欠であり、そして、その基盤ともなる「和」を築くためには、お互いが我慢し、和解し、そして目立つ行動を控えると言うことが大切であったに違いない。このような集団意識は今の日本の教室や生徒の様子を見れば一目瞭然。具体的には、明治時代から近代化に向けて取り入れられた(欧米軍隊や海軍をモチーフにした)制服は、着る誰もが同じように見え、また個人の主張があまり強調されない日本の教室においても、「皆と同じ様に振舞う」という一種の暗黙の了解が働いているのではないだろうか。
そのようなルールが教育の面で義務付けられているとしても、「まさか実社会では」と思ったのが大間違い。もちろん、必ずしも皆と同じ服装や振舞いをしなければならないという掟がある訳ではないが、職場や社会全体において浸透する決まり事は幾つかある。
就職シーズンの例をとって見よう。この時期はよく町で黒のスーツを身に着けた若者の大群を見かけるが、何故か皆、白いワイシャツに黒靴そして同じような髪型。面接マニュアルを読めば「清潔感」や「スーツ」等その手の関連用語が見つかるが、「面接者は必ず黒系の身だしなみ」とはまず書かれていない。にもかかわらず、何故か働きアリの群れの様に黒が目立つ就活シーズン。「面接カット」まであると聞けばなおさらで、歩く誰もが同一人物に思えるのである。
実際の職場においても、周りの同僚で、派手なブルー、ピンク、茶色、黒等のシャツを着こなす人はカナダ人に比べると比較的少ない。さらに言える事は、一年間で取れる休みの長さ。カナダの多くの人は年に一度、2-3週間の休みを取っては、家族と一緒に夏又は冬の旅行に出かけるが、日本ではせいぜい長くても4-5日といった所だ。それぞれ個人の理由があるのはわかるが、ある人に聞けば「他の人が休まないのに、自分だけが休むと迷惑がかかる」とやや罪悪感があるように述べている。同様の理由で「残業」というものをせざるを得なくなるらしい。具体的には、定時のチャイムがなってもなかなか現場を離れないのは、残業をする同僚や上司と同じ立場にいたいゆえに、先に帰ることができないからだ。言い換えれば先ほど述べた「皆と同じように」という根本的な概念が、より深く日本人のライフスタイルに組み込まれている事がここでも理解できる。
こういった調和を重んじる社会に、外国人が溶け込み文化的な衝突をなるべく避けるためには、あらかじめ「暗黙の了解」を知る事が大切である。例えば「また今度」というのは丁重にお断りをしているのであって、必ずしも「次は絶対に」と解釈しない方が良いだろう。同じように、「これしたらどう?」というのは、「これをやった方が良いよ」と認識すべきである。白黒はっきりする外国人からみれば、これはかなり分りにくい事だ。
しかしながら、「暗黙の了解」をうまく理解できれば、有利と言える。例えば、相手と話す際に、ある程度丁寧な言葉をうまく使えば、相手の気持ちを損なう事無く(例:誘いの断り等)、自分の気持ちや意思を伝える事が出来るし、又相手に気配りをする際にも大いに役立つ。例えば、仕事帰りに「すみません、お先に失礼します」と、同僚に一言断れば、相手の気持ちを配慮すると同時に、先に帰る事に対して、そう罪悪感を覚えなくて済むのである。(実際は表面的な礼だけで「悪い」とはだれも思ってない。)すなわち、ここで一種の「暗黙の了解」が成立しているのである。
けれども、実際言葉を使わない種類の「暗黙の了解」は日本の様々な文化に潜んでいるので、外国人が当たり前だと思って取った行動に、戸惑いを感じるのは無理もないだろう。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   TEL: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/