Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.84 May/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
What are your plans for Golden Week holidays? Some of you might be working hard during this time, but hopefully, you will get to enjoy your own long holidays.

Japanese:

5月の大型連休はどのようにお過ごしですか。お休みの方も逆にお仕事が忙しい方もいらっしゃるでしょう。連休後に自分だけゆっくりするのもいいですね。
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Free Counseling Services for Foreign Residents
    2) New tenants wanted for Ropponmatsu International House
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Japan-Korea Movie Award 2009, Now Inviting Entries

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cambodia Mine-remove Campaign Events
    2) APCC Volunteer Staff Wanted
    3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    4) Chernobyl Medical Support Network Charity Shop

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival event
    2) Palestine film "Rainbow"

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "Why April?"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel.: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp

1) Free Counseling Services for Foreign Residents
Rainbow Plaza offers the following free services for foreign residents in Fukuoka. Confidentiality guaranteed.
See FIA website for further information.

Legal Counseling
Lawyers from the Fukuoka Bar Association give legal advice. Reservation required.
Dates: every 1st and 3rd Saturdays 13:00, 13:45, 14:30, 15:15
Time: 45 min./session *includes translation time.
Interpretation: Interpreters will be provided upon request. If you require interpretation in languages other than English or Chinese, please contact Rainbow Plaza ahead of time.

Personal Counseling
Counseling with English-speaking Japanese professional is available. Reservation required.
Dates: Mon. 10:00-18:00, Thu. 10:00-12:30, Sat. 15:00-19:00, 1st and 3rd Sat. 16:15-19:00

Consultation on Immigration, Residence and Nationality
Gyoseishoshi Lawyers, specializing in laws regarding Entry and Residency and its necessary procedures, will provide advice or answer any questions concerning your status of residence, period of stay, alien registration, and so on.
Date/Time: every 2nd Sunday 13:00-16:00
Interpretation: English and Chinese interpleters are available on site. For other languages please contact Rainbow Plaza at least a week in advance.

Health consultation
A volunteer doctor will provide advice and information regarding your health concern. Note that this is only a consultation service and no medical treatments or prescriptions are provided. No prior appointment necessary.
Date: Every Wednesday 17:00-19:00

2) New tenants wanted for International House
FIA is currently looking for new tenants who are interested in moving into Ropponmatsu International House.

Room: Single-sized rooms available for both international and Japanese students
Address: 2-26, Ropponmatsu 1-chome, Chuo-ku, Fukuoka 810-0044

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.

Date: May 21 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Ms. Carley Louise RADFORD (Derbyshire, England)
               Faculty of Humanities, Fukuoka University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Japan-Korea Movie Award 2009
Japan-Korea Strait Coastal Region Information Network is now inviting films for the Japane-Korea Movie Award competition that is scheduled in Fuji-machi, Saga Prefecture this coming September. The best film will be aired at the award show and the winner of the competition will be commended.

Eligibility criteria: non-commercial films produced by those residing in Japan or Korea
Deadline: Jun. 30 (Tue)
Fujicho Furuyu Japan-Korea Film Festival
Duration: Sep. 19 (Sat)-22 (Tue)
Venue: Furuyu Onsen Hot Spring, Fujicho, Saga
Further information: http://www.japan-korea-strait8.org/awards/ (in Japanese)

Inquiry: Saga Pre. Film Commission
Tel: 0952-25-7296    Email: sagafc@saga-fc.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Cambodia Mines-remove Campaign Events
CMC is organizing a photo exhibition and a lecture concerning the present state of Cambodia.

Photo Exhibition "Devil's Weapon" Antipersonnel Landmines
Duration: Unitil May 10 (Sun)
Lecture "Landmine Damage and the present situation in Cambodia"
Date: May 10 (Sun) 14:00
Venue: Fukuhara Gakuen Tenjin Satellite Campus (IMS 5F)

Charity Baseball Ticket
Charity baseball games will be held to support the CMC and Aid for Victims. 500yen from each ticket sale will go towards the charity.
Dates/Time/Games:
Jun. 10(Wed), 11 (Thu) 18:00 vs. Tokyo Yakult Swallows
Sep. 11(Fri) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! JAPAN Dome
Ticket: 2,500yen (ticket A /Reserved)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign (CMC)
Tel: 092-833-7676    Email: info@cmc-net.jp
URL: http://cmc-net.jp/

2) APCC Volunteer Staff Wanted
The Asian Pacific Children's Convention in Fukuoka (APCC) is looking for volunteers for its various events and activities. Contact APCC for details on newcomer's briefing sessions.

Dates/Venues: May 10 (Sun) 14:00 Kokusaihiroba (ACROS Fukuoka 3F)
                                22 (Fri) 18:30 APCC Office
                                31 (Sun) 14:00, Jun. 5 (Fri) 18:30, 14 (Sun) 14:00 VenuesTBD.
Further information: http://www.apcc.gr.jp/e/

Inquiry: The Asian Pacific Children's Convention in Fukuoka
Tel: 092-734-7700    Email: info@apcc.gr.jp

3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"It Started in Naples" ('60, 100min.)
Date/Time: May 22 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

4) Chernobyl Medical Support Network Charity Shop
Find lovely handcrafts from Nozomi 21, welfare workshop in Belarus, at special one-day charity shop. Everything sold at 30% off.

Date: May 23 (Sat) 14:00-17:00
Venue: Koga shi Chuo Kominkan (Koga City, 3 min. walk from JR Koga Sta.)

Inquiry: Chernobyl Medical Support Network
Tel: 092-944-3841    Email: jimu@cher9.to


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival Event
This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers!
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

"Bollywood Remixed: Indian Cinema Conquers the West" ('04, 77min.)
Date: May 16 (Sat) 13:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: 1,000 yen Advance, 1,300 yen at door
Festival duration: July 3 (Fri) -12 (Sun)

Cine-Club Classique
A premier movie will be screened with a lecture.
"Sois Belle et Tais-toi" (F., '58, 103min.)
Date: Jun. 6 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: advance 1,000yen, at door 1,300yen

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival/Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949    Email: faff@gol.com

2) Palestine film "Rainbow"
Learn about the current affairs in Palestine by watching a documentary film and hearing the stories of a Fukuoka resident whose husband and familiy live in Gaza.

Date: May 30 (Sat) 14:00, 17:00
Venue: Salon de Sofia (Nagazumi, Minami-ku, Fukuoka)
Further information: http://www.tyrolschool.com/index.htm

Inquiry: Network Cosmopolitan
Tel: 092-214-7007    Email: tyrolschool@jcom.home.ne.jp


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Why April?

As the new fiscal year and the academic year both commence under the umbrella of full blooming cherry blossoms, shiny red and black satchels shouldered by elementary school students may reflect a sense curiosity amongst some foreigners—including myself—as to why their academic year starts in April and not in September. Any ideas as to why this might be?
A Google search on "Why do Japanese schools start in April?" returned a few solid results, one of which was printed by the Mainichi Daily News that described, "According to Article 59 of the Ordinance for Enforcement of the School Education Law, ‘The elementary school year shall start on April 1, and end on March 31 of the following year,' and junior high and high schools match the elementary schedule." But seeing that this was too dull of an answer for the pursuit of such socio-cultural interest, I retyped the above inquiry as "何故日本の新学期は4月に始まるの?" to dig into its history from the inside out.
Although its exact roots still remain a mystery today, it is commonly understood that the Japanese educational system was originally based on the British system during the late 19th century. In other words, at least for the first phase of the Meiji era, a period in which Japan reopened trade with the Western nations and began importing heterogeneous cultures, its initial academic year indeed began in September, and not at all, during the Sakura season.
However, this all changed in 1884 when the Meiji Government standardized public schools' new academic year as "April" to match the newly formed fiscal year of "April 1st to March 31st". Essentially, this was established a year earlier as a result of numerous amendments that were taking place between the years 1869 and 1884 regarding the appropriate fiscal year (e.g., the fiscal year of 1874 was from July to June) for the nation's new governance. Moreover, since these schools were largely funded by the government, they were more or less obliged to coincide the date of their academic year with that of the government's interest, so as to ease its budget planning and taxation work, among other day-to-day businesses. And gradually, this "government-run" academic system permeated throughout the rest of the country thereafter.
In comparison, the first semester of school in Canada starts on the first week of September and is just right after the long summer vacation that begins on the final week of June for high school students or mid-May for post-secondary students. While Japan's summer vacation is said to be roughly two months on average for both high schools and universities, some universities have final exams scheduled in September, in which case, the students will need to devote their last bit of summer holidays towards exam preparations. This is quite a surprising fact for a North American person like me whose first week of school is nothing more than just catching up with your friends or simply getting to know where all your classes are.
However, perhaps one drawback to starting your fall semester in Vancouver is the rainy winter season that starts as early as late September and extends throughout March, and it's especially worse during the midterm weeks of November when wet, fallen leaves of maple trees fill every corner of the campus, making the ground quite slippery to walk on. In other words, the whole campus spirit dramatically changes from the "party mode of summer" to the "great depression of winter" in just a few months, and it remains so until the following spring when the second term ends and summer vacation is just around the corner.
In that respect, the first day of April in Japan seems quite an appropriate time to begin a fresh school year for students alike, and the short-lived cherry blossoms in the air make it all the more special to sprout your knowledge in full bloom—just like my first day of school in Japan 19 years ago.



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) レインボープラザでの外国人のための無料相談
  2) 六本松学生交流会館入居者募集
  3) 地球市民どんたく参加団体募集
  4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) アメリカ留学説明会&個人相談
  2) グローバル・ウィング2009参加者募集
  3) 日韓ムービーアワード2009作品募集
  4) 法廷通訳募集中

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) カンボジア地雷撤去キャンペーンからお知らせ
  2) JICAからお知らせ
  3) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) チェルノブイリ医療支援ネットワークからのお知らせ
  6) NGO入門講座「さあ!みんなでNGO!」
  7) カナダフレンドシップ親善大使派遣

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭プレイベント
  2) 九州大学サマーコース参加留学生ホームステイ受入家庭募集
  3) 留学フェア
  4) パレスティナのこと一緒に考えませんか?
  5) トルコ文化講座開催

5. ノブが見た福岡

   「春の新学期」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 外国人のための無料相談
レインボープラザでは、福岡地域に居住の外国人むけに下記の無料相談を開催しています。詳細は、HPでご確認ください。

無料法律相談
福岡県弁護士協会の協力で法律相談を開催しています。秘密厳守です。必ず予約してください。
実 施 日:毎月第1、3土曜日
時  間:1回45分(通訳時間を含む)
通  訳:ご希望により通訳を手配します。英語、中国語以外は手配に時間がかかりますので、早めに予約してください。

無料心理カウンセリング
英語、日本語でのカウンセリングをしています。秘密厳守。予約してください。
実 施 日:月、木、土 時間など詳細はHPへ。

無料行政書士相談
日本での生活に必要な在留資格や在留期間、家族の呼び寄せ、国籍、永住、帰化、国際結婚などの問題について法律と手続きの専門家である申請取次行政書士が質問に答え、アドバイスしてくれます。
実 施 日:毎月第2日曜日 13:00~16:00
言  語:日本語、英語、中国語での相談は予約はいりませんが、他の言語は1週間前までにお問い合わせください。

無料健康相談
ボランティア医師が健康に関する相談に応じます。処方箋作成等の診療行為は法的規制があるのでできません。
実 施 日:毎週水曜日 17:00~19:00

2)  学生交流会館入居者追加募集
六本松学生交流会館の入居者を募集しています。詳細はHPでご確認いただくか、または直接協会へお問合わせ下さい。

募集対象:六本松学生交流会館(単身者用宿舎)(福岡市中央区六本松1-2-26)
募集対象:外国人留学生、日本人学生

3) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2009」参加団体募集!
10月に行われる国際協力イベントへのブース出展団体を募集します。

日  時:10月10日(土)、11日(日)11:00~17:00
会  場:アクロス福岡2階 交流ギャラリー
申込締切:5月29日(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/top/index.htm
申込・問合せ:Email:chikyushimin@rainbowfia.or.jp

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日  時:5月21日(木) 18:30~
会  場:あったかサロン
語 り 手:カーリー・ラッドフォードさん(イギリス・ダービシャー出身) 福岡大学人文学部交換留学生

詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
  
1) アメリカ留学説明会&相談会
アメリカ留学の魅力、大学の選び方、現地の最新情報など役立つ情報を提供します。お気軽にご参加ください。要事前予約。

日  時:5月17日(日)12:00~13:30 説明会
            13:30~18:45 個人相談(1人15分程度)
場  所:こくさいひろば

申込・問合せ:福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200

2) グローバル・ウィング2009参加者募集
企業やNPO団体等の先進的社会貢献。活動を学ぶことにより、国際的視野を備え企業や団体等の中核となって地域社会に貢献する青年リーダーを育成することを目的に実施いたします。

派遣期間:11月15日(日)~ 22日(日)6泊8日
訪 問 国:アメリカ合衆国
対象・定員・参加費:18~35歳 40名 132,000円
締  切:6月12日(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f18/globalwing2009.htmll

申込・問合せ:福岡県青年の翼実行委員会(福岡県青少年課内)
Tel: 092-463-3386

3) 日韓ムービーアワード2009作品募集
日韓海峡沿岸8県市道は、9月に佐賀県の富士町で日韓海峡圏映画祭を開催するにあたり、映像作品コンペティションの作品を募集します。優秀作品は映画祭で上映し、表彰します。

募集内容:日本、韓国に居住する個人、団体が撮影、制作した映像作品(商業作品を除く)
応募締切:6月30日(火)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f17/nikkan.html

問合せ:福岡県交流第一課
Tel: 092-643-3202

4) 法廷通訳募集中
裁判所では、外国人刑事事件の法廷における発言を通訳するための有能な通訳人を求めています。

申込・問合せ:福岡地方裁判所
Tel: 092-781-3141


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) カンボジア地雷撤去キャンペーンからお知らせ
"悪魔の兵器"地雷写真展とカンボジアの今を伝える講演会を開催します。ぜひ、ご覧下さい。
写真展
日  時:5月10日(日)まで
講演会「地雷の被害とカンボジアの現状」
日  時:5月10日(日)14:00
場  所:福原学園天神サテライトキャンパス(イムズ5F)

チャリティ野球チケット(福岡ソフトバンクホークス)
日時・対戦相手
     6月10日(水)、11日(木)vs東京ヤクルトスワローズ
     9月11日(金)東北楽天ゴールデンイーグルス
時間・場所:18:00開始 ヤフードーム
料  金:2,500円(A指定席引換券)500円がチャリティにあてられます。

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp
URL: http://cmc-net.jp (in Japanese)

2) JICAからお知らせ
地球で働こう!!青年海外協力隊・シニア海外ボランティア募集
募集期間:5月18日(月)まで
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/activities/jocv/setumei/kyushu.html

国際協力セミナー:クロスロード~国際協力への道~
日時・内容:5月 9日(土)国際協力を知ろう
        16日(土)国際協力実践者と出会おう
        23日(土)私にできる国際協力を見つけよう
場  所:福岡市立青年センター
申込締切:5月7日(木)

JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日  時:毎週木曜日11:00~17:00
場  所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内  容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相 談 員:稲森 千佳(元青年海外協力隊員・タンザニア派遣)
予約・問合せ:JICAデスク福岡
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3) アジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア募集
APCCでは、事業の運営にたずさわるボランティアを募集しています。まずは登録会にご参加ください。予約制。

日時・場所:5月10日(日)14:00 こくさいひろば(アクロス福岡3F)
        22日(金)18:30 APCC事務局
        31日(日)14:00 天神周辺
       6月5日(金)18:30 天神周辺
        14日(日)14:00 天神周辺
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「ナポリ湾」('60、100分、アメリカ)
日  時:5月22日(金)19:00
会  場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

5) チェルノブイリ医療支援ネットワークからお知らせ
  ベラルーシの福祉工房「のぞみ21」の手作り雑貨を通常の30%引きで販売する1日限りのチャリティショップを開催します。

日  時:5月23日(土)14:00~17:00
場  所:古賀市中央公民館(JR古賀駅東口より徒歩3分)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel/FAX: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

6) NGO入門講座 さあ!みんなでNGO!
  NGOに興味のある方へ、簡単なゲームに参加しながらNGOについて考えます。

日  時:毎月第2土曜日 14:00~16:00
場  所:福岡市NPOボランティア交流センター5F
参 加 費:300円(コーヒー、資料代)
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

申込・問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

7) カナダフレンドシップ親善大使派遣
  英語研修(多文化理解と環境について)を通して国際的視野を高め、国際交流・親善につとめます。

派遣期間:7月25日(土)~8月8日(土)
場  所:カナダ・バンクーバー市
料  金:317,000円
定  員:25名
募集締切:7月5日(日)
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 092-934-3553  Email: Canada@mba.nifty.ne.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭プレイベント
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。アジアの人々と文化や交流を深めることを基本姿勢に、企画・運営・作品選択・字幕通訳など、すべて市民ボランティアで推進しています。
「ボリウッド・リミックス/インド映画の魅力」
日  時:5月16日(土)13:00、16:00
会  場:九州日仏学館5Fホール
会  費:1,300円

第34回クラシック・シネクラブ
「黙って抱いて」
日  時:6月6日(土)13:00、16:00
会  場:九州日仏学館5Fホール
会  費:1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会・オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) 九州大学サマーコース参加留学生ホームステイ受入家庭募集
サマーコースに参加する留学生を受け入れて下さる家庭を募集します。

期  間:後 半 7月25日(土)~8月8日(土)か9日(日)約2週間
     全期間 6月27日(土)~8月8日(土)か9日(日)約6週間
募集締切:5月15日(金)予定数に達しない場合は順延します。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/index.htm

問合せ:九州大学国際交流推進室
Tel: 092-642-4275

3) 留学フェア
ワールド留学フェア
世界6カ国から厳選された46校が来日する、大使館協賛のフェア。
日  時:5月14日(木)15:30~19:30(14:00~セミナー)
場  所:アクロス福岡7F大会議室
詳細はこちら:http://www.ryugaku.co.jp/
問合せ:留学ジャーナル
Tel: 0120-890-987

オーストラリア留学フェア
オーストラリアから約20校(小中高校、大学、大学院、専門学校、英語学校)が来日。
日  時:5月27日(水)16:00~21:00
場  所:ソラリア西鉄ホテル8階
詳細はこちら:http://study.australia.or.jp/fair/
問合せ:在福岡オーストラリア総領事館
Tel: 092-734-5055

4) パレスティナのこと一緒に考えませんか?
ドキュメンタリー映画の鑑賞とガザ地区に家族が住んでいる福岡市在住の方のお話を伺います。

日  時:5月30日(土)14:00、17:00
場  所:サロン・ド・ソフィア(福岡市南区長住)
詳細はこちら:http://www.tyrolschool.com/index.htm

申込・問合せ:ネットワークコスモポリタン
Tel: 092-214-7007  Email: tyrolschool@jcom.home.ne.jp

5) トルコ文化講座開催
  トルコとその周辺諸国の文化について、言語や音楽といった側面からお話を聞きます。要予約。参加無料。

日  時:6月13日(土)14:30
場  所:福岡女学院天神サテライト
     第1部「トルコ系の人々の言葉と暮らし」
     第2部「音楽が奏でる文化」
詳細はこちら:http://ameblo.jp/tr-fuk

申込・問合せ:福岡トルコ友好協会
Email: tr_fuk@yahoo.com



5. ノブが見た福岡

桜の新学期

ちょうど桜の時期になれば日本の財政は新年度を迎え同時に学生達も新学期に入る。しかし9月の新学期が身近な欧米人の目には、ピカピカのランドセルを背負う小学生の姿は、はたしてどう映っているのだろうか。僕にとっては少し不思議な光景であり、「何故日本の新学期は4月なの?」と直接彼らに聞きたくなる。何か隠された事情があってのことなのだろうか?皆さんはこの理由ご存知ですか?
グーグル検索で「Why do Japanese schools start in April?」と入力すると、毎日新聞社(毎日jp)が編集する次の英文記事が出てきた。学校教育法施行規則の第59条に「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる」とあり、中学・高校も、これに合わせているそうだ。あまりにもあっさりと答えが返って来たため、僕はその歴史を深くたどろうと、上記の検索内容を日本語で再度入力した。
未だにはっきりとした理由は不明であるが、19世紀後半までの日本の教育制度は主に英国式だったと言われている。それもそのはず、すでに開港していた明治時代初頭の日本には西洋諸国から様々な文化が輸入されていて、教育方針もその一つであった。現に1880年代後半までの日本の入学式は9月で、桜の舞う4月ではなかった。しかし、1884年になると明治政府側が会計年度を「4月1日から3月31日」と改正し、学校側もこれにちなんで新学年の始まりを4月に変更したそうだ。政府から資金を賄ってもらっている以上、学校側は義務的にその制度に加わるしかしょうがなく、逆に政府側からしても、一年の予算計画や徴税(例:秋の収穫で3月末までの税金を納める)等の都合上、この会計スケジュールがいちばんふさわしかったらしい。ちなみに、1869年から1884年の会計年度は何回も変更されていて、例えば、1874年は7月~6月だったそうだ。次第にこの「役所」絡みの教育制度はその後日本各地にある学校に浸透していき、今で言う「春の新学期」が生まれたのであった。
一方カナダの新学期は9月の第一週目で、6月末から続く2ヶ月以上(大学生は5月中旬から)の夏休みを終えてから始まる。日本の高校生や大学生の夏休みもおよそ2ヶ月だが、大学によっては9月早々に期末試験を行う所もあるので、夏休みの後半を試験勉強に取組む生徒も中にはいる。
このような場面をカナダ人に見せたらさぞ驚くだろう。それもそのはず、新学期の最初の週の殆どは友達と会い、新しい科目のスケジュール(クラスの場所等)に慣れるのに精一杯で、実際勉強をする学生はそう多くはない。しかし、バンクーバーは基本的に9月末から3月にかけて雨季なので、地元大学のキャンパス内の地面は常に湿った楓の落葉で埋めつくされている。そのせいか、よく滑ったり転んだりする学生を僕も大学で何度も見かけたものだ。特に、中間試験がある11月と2月はバケツをひっくり返したような雨で、キャンパス内での移動は本当に困った。また新学期早々に見られた生徒の楽しげな表情も、秋口になると徐々に消えうせていき、2学期が終わる翌年の春過ぎ(夏休みの直前)まで、暗いムードがキャンパス全体に漂うのである。
そういった点からすると、やはり日本の4月1日の新学期は温暖ではかない桜の開花時期だけあって、新しい知識を開花させるには特別な日なのかもしれない。19年前に迎えた初めての入学式が何故か今懐かしく思うのであった。


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/