Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.85 June/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The outbreak of Novel Influenza A (H1N1) has been reported in Japan. Refering to the instructions provided in this article, gather accurate information and take the necessary preventive measures.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
新型インフルエンザ感染者が国内でも発生しました。みなさん、情報収集をすると共に、記事を参考に十分気をつけましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Pandemic Influenza Prevention Information
    2) 2009 International Dontaku Troupe
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
    2) Cine-la "A Selection of Modern Chinese Films"
    3) Japan-Korea Movie Award 2009, Now Inviting Entries
    4) Disaster Prevention Info-mail "Mamoru"

3. News from FUKU-NET Members

    1) APCC Concert
    2) Cambodia Mine-remove Campaign Charity Baseball Tickets
    3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    4) OISCA Certification Award Ceremony

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Cine Club Classique & Fukuoka Asian Film Festival
    2) Kyushu Solidarity Network with Foreign Migrant Workers

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "Domo & Sumimasen"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp/

1) Pandemic Influenza Prevention Information
Preventive measures to protect yourself and to contain the spread of Influenza
1. Gargle and wash your hands thoroughly upon returning home.
2. Follow the below "cough etiquette" :
a. Don a medical mask if you experience frequent coughs or sneezes
b. If you do not have a mask in place, face away from others and cover your mouth and nose with a tissue, or simply leave the site until you are feeling better.
c. Dipose used tissue paper into a trash can with a lid.
3. During the peak season, only go outside when necessary (e.g., work or school) and avoid places where crowds gather.
4. Use humidifiers or other similar units to reduce arid condition in your room, or ventilate it as needed.
5. Raise your immunity and physical strength by eating nutritious food and sleeping well at night.

If you feel that you or your family members have contracted the virus, please call the consultation counter of your local heath centers, listen to their instructions carefully, visit the designated medical centers and take the necessary measures at your home as told.
When visiting the doctor's office, do not forget to put on your medical mask.

Visit FIA website for more information.
Related information in multiple languages: http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) 2009 International Dontaku Troupe Otsukaresmadshita!

Message => http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/int.-dontaku.htm

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jun. 18 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Ms. Lee Sang Woo (Seoul, Korea)
              Faculty of Design, Fukuoka University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
The British Foreign and Commonwealth Office is now encouraging ALL British Nationals travelling and living overseas to register with its new online registration service LOCATE. This will enable consular staff here in Japan or in the country where you are travelling to provide you with assistance should an emergency such as an earthquake or terrorist attack arise. Registration is easy so please visit the FCO website and register now!
URL: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

Volunteer Warden System
The British Consulate-General in Osaka is eager to recruit British nationals living in each prefecture of Kyushu as VOLUNTEER WARDENS who could be contacted in the case of emergency to pass on information on conditions in their locality and on the safety of British nationals there. Equally as important, wardens are asked to encourage other British nationals living in their locality to register with LOCATE. If you would like more information, please contact the Consulate-General in Osaka.
Inquiry: British Consulate-General in Osaka
Tel: 06-6120-5600    Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk.

Notarial Services Available in Fukuoka
Mr. Warwick Gibson, the newly appointed British Honorary Consul in Fukuoka, is now providing British and Japanese nationals who require documentation for Britain with a range of notarial services, including the certification of signatures and identity documents, such as your passport, birth certificate or marriage licence, the witnessing of a signature on a will and the drawing up of affidavits and statutory declarations. To benefit from these services, you will need to make an appointment in advance.
Inquiry: Warwick Gibson
Tel: 080-6437-1554    Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk.

2) Cine-la "A Selection of Modern Chinese Films"
This month, Cine-la will present a collection of modern Chinese films.

Duration: Jun. 17 (Wed.) - 27 (Sat.)
Fee: Adult 600 yen, Univ. & H.S. Student 500 yen, J.H.S. & Elem. Student 400 yen
Films
Japanese/English subtitled
    Suffocation ('04, 89 min.)
    Teeth of Love ('07, 114 min.)
    Fengming A Chinese Memoir ('07, 183 min.)
Japanese subtitled
    When Ruoma was Seventeen ('02, 90 min.)
    Deng Xiaoping ('03, 110 min.)
    The Parking Attendant in July ('03, 100 min.)
    Autumnal Rain ('04, 98 min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

3) Japan-Korea Movie Award 2009
Japan-Korea Strait Coastal Region Information Network is now inviting films for the Japane-Korea Movie Award competition that is scheduled in Fuji-machi, Saga Prefecture this coming September. The best film will be aired at the award show and the winner of the competition will be commended.

Eligibility criteria: non-commercial films produced by those residing in Japan or Korea
Deadline: Jun. 30 (Tue.)
Fujicho Furuyu Japan-Korea Film Festival
Duration: Sep. 19 (Sat.)-22 (Tue.)
Venue: Furuyu Onsen Hot Spring, Fujicho, Saga
Further information: http://www.japan-korea-strait8.org/awards/ (in Japanese)

Inquiry: Saga Pref. Film Commission
Tel: 0952-25-7296    Email: sagafc@saga-fc.jp

4) Disaster Prevention Info-mail "Mamoru"
This is a free e-mail service that informs up-to-date news and information related to disaster prevention on your mobile phone. Register now!

Main functions of Mamoru
1. Disaster Prevention Weather Information and Evacuation Advisories for Earthquakes/Tsunamis/Typhoons, and Heavy Rains
2. Safety Confirmation Emails During Disasters
3. Local Regional Safety Information
Registration: http://www.bousaimobile.pref.fukuoka.lg.jp/en/

Inquiry: International Affairs Division, Fukuoka Prefecture
TEL: 092-643-3203    Email: intrel@pref.fukuoka.lg.jp


3. News from FUKU-NET Members
 
1) APCC Concert
APCC is organizing a charity concert to support its activities.

Date/Time: Jun. 21 (Sun) 17:00
Venue: Zepp Fukuoka
Fee: 2,500yen
Further information: http://www.apcc.gr.jp/e/

Inquiry: The Asian-Pacific Children's Convention in Fukuoka
Tel: 092-734-7700    Email: info@apcc.gr.jp

2) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Ticket
Charity baseball games will be held to support the CMC and Aid for Victims. 500 yen from each ticket sale will go towards the charity.

Dates/Time/Games:
Jun. 10 (Wed.), 11 (Thu.) 18:00 vs. Tokyo Yakult Swallows
Sep. 11(Fri.) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! Japan Dome
Ticket: 2,500 yen (ticket A /Reserved)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign (CMC)
Tel: 092-833-7676    Email: info@cmc-net.jp
URL: http://cmc-net.jp/

3) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"Il Gatto a Nove a Code" ('70, 112min.)
Date/Time: Jun. 12 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153

4) OISCA Certification Award Ceremony
The Certification Award Ceremony will be held to celebrate the completion of training program at OISCA Nishi Nippon Training Center. Some of the trainees will have speeches in Japanese. After the ceremony, there will be a tea party with ethnic cuisines and more talks on the cultures of trainees.

Date/Time: Jun. 27 (Sat.) 13:30
Venue: OISCA Nishi-nippon Training Center 2F Hall
Fee for tea pary: 300 yen (incl. food)

Inquiry: OISCA Nishi-nippon Training Center
Tel: 092-803-0311    Email: oiscantc@oisca.org


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
  
1) Cine-Club Classique & Fukuoka Asian Film Festival
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
Cine-Club Classique
A premier movie will be screened with a lecture.
"Sois Belle et Tais-toi" (F., '58, 103 min.)
Date: Jun. 6 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: advance 1,000yen, at door 1,300yen

Fukuoka Asian Film Festival
This is a film festival featuring mainly Asian films, that is organized and managed by all volunteers.
Festival duration/venue: through July 5 (Sun.) French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
                                                    10 (Fri) -12 (Sun) Yume Tenjin Hall
Fee: advance 1,400 yen, at door 1,800 yen

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival/Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) Kyushu Solidarity Network with Foreign Migrant Workers
The current financial crisis has had a serious impact upon the lives of migrants worldwide. Migrant workers and their families will share their experiences at a meeting, and there will be an opportunity to exchange your opinions at separate workshops.

Date: Jun. 7 (Sun.) 13:00
Venue: Daimyo Catholic Church
Further information: http://www.asahi-net.or.jp/~na5r-wkmt/

Inquiry: Kyushu Solidarity Network with Foreign Migrant Workers
Tel: 092-431-1419    Email: netkyushu@axel.ocn.ne.jp


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Domo, sumimasen

If you've lived in this country long enough, you'll know that some of its languages such as "domo" and "sumimasen" are frequently used in a number of situations. While they are often used together as in "domo sumimasen" to express one's sincere apology to others, they can be spoken individually to indicate a whole range of different meanings. Let me give you several different circumstances where the above is true.
Domo: I guess this is one of the first Japanese words any foreigner can learn as it's not all too difficult to enunciate or master its complete use. Meaning "much" or "very" in literal context, it's an informal way of saying "thank you" to those who deserve, and is also used as a greeting to say a casual "hey" or "hello" to someone whom you meet in your neighbourhood or at the office.
You may wonder how Japanese people differentiate such word in different situations, for both of them usually require a customary bow upon saying the word. From what I've seen and heard, people usually repeat the word twice if they are greeting as in "domo, domo…," or just a single "domo" if they are giving an appreciative comment to others.
However, when talking to others over the phone, this single domo (to mention "thank you") is almost never heard or becomes incomplete unless you are using it for greeting purposes, in which case, it must be followed by your name such as "domo, Gondo desu." Hence, a complete phrase of "domo arigatogozaimasu" or "domo sumimasen" will be ideal during a phone conversation to specify its full meaning, for just saying "much" or "very" wouldn't get you that far, where in a person-to-person scenario, it's a different story.
Sumimasen: While this is a commonly used word for saying "excuse me", "sorry" or "my apologies" to others in Japan, it also shares a similar meaning with that of "domo", that is, saying "thank you". For example, when a Japanese person receives a gift in Japan especially at a formal setting, the very first word you often hear coming out of the person's mouth is "sumimasen". This is highlighted in the following example.
Gift giver: "Kore tsumaranai mono desuga, douzo."
"It's nothing too big, but here you go!"
Gift receiver: "A, sumimasen, arigatogozaimasu."
"Oh, I'm sorry, but thank you."
While the above English translation may not necessarily reflect the understanding of true Japanese people, for foreigners who have just arrived in Japan, receiving such a comment after giving a gift may make them wonder why the gift receiver was apologizing when he/she has done nothing wrong. To my understanding, this is just one politeness of the Japanese in which they say "sorry" to extend further consideration to those who have went out of their way to prepare a gift.
Although it's contradicting, when you hear "sumimasen" in such a scenario, don't take it as an apology, but instead, think of it as an extra "thank you" for your service. In that sense, this word can be used in place of the long and formal "arigatogozaimasu" to express your appreciation casually, and for that matter, you can even say "domo sumimasen" to imply a more formal gratitude towards others.

Nobuo Gondo


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 新型インフルエンザについて
  2) USオークランド青少年交流訪問団ホストファミリー募集
  3) 国際どんたく隊報告
  4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
  2) 教科書にのっていないアフリカ
  3) グローバル・ウィング2009参加者募集
  4) 国際緑化推進センター助成金
  5) シネラ現代中国映画特集
  6) 日韓ムービーアワード2009作品募集
  7) 防災メール「まもるくん」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) アジア太平洋こども会議・イン福岡コンサート
  2) カンボジア地雷撤去キャンペーンチャリティ野球チケット
  3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  4) 講演会・体験会「7カ国語で可能性を広げる。」 
  5) オイスカ基礎研修修了式
  6) JICA国際協力出前講座

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) クラシック・シネクラブ&福岡アジア映画祭
  2) 移住労働者と共に生きるネットワーク・九州
  3) トルコ文化講座
  4) CIEE海外ボランティア説明会

5. ノブが見た福岡

  「どうもすみません」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm


1) 新型インフルエンザ対策について
日本国内でも感染者が発生しました。感染予防に気をつけて拡大を防止しましょう。

福岡市発熱相談センター及びインフルエンザに関する情報はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/pflu/index.html
多言語での情報はこちら:http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) USオークランド青少年交流訪問団ホストファミリー募集
姉妹都市アメリカ・オークランドからの訪問団を受け入れるホストファミリーを募集します。

滞在日程:7月24日(金)~8月3日(月)10泊11日
ゲ ス ト:青少年8名および引率者2名
募集家庭数:最大10家庭
申込方法:Eメール(kokusai04@rainbowfia.or.jp)または電話でご連絡ください。追って申し込み用紙を送ります。
締め切り:6月30日(火)必着

3) 2009年国際どんたく隊 お疲れ様でした!

メッセージはこちら → http://www.rainbowfia.or.jp/japanese/bulletin/news/int.-dontaku.htm

4) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:6月18日(木) 18:30
会 場:あったかサロン
語り手:李 相雨さん(韓国・ソウル出身)九州大学芸術工学部
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
九州在住の英国人の所在情報を把握し、災害などの非常事態の際に適切な対応をするため、英国外務省の最新オンライン・サービス、LOCATEに登録をされるようお願いします。
LOCATE: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

ボランティアワーデン募集
  大阪英国総領事館は、九州各県で英国国籍をもっている方々に、ワーデン募集をしています。
詳細はこちら:http://ukinjapan.fco.gov.uk/en/
Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk

公証手続き
在福岡英国名誉領事として、福岡でさまざまな公証手続きの援助を担当しています。まずはご連絡ください。
問合せ:在福岡英国名誉領事 ウォーリック・ギブソン
Tel: 080-6437-1554    Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk

2) 教科書にのっていないアフリカ
アフリカの子どもたちがおかれている現実をビジュアルとサウンドで体験できるイベントです。入場無料。

期 間:6月7日(日)まで
会 場:アクロス福岡1階円形ホール、コミュニケーションエリア

主催・問合せ:福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9204

3) グローバル・ウィング2009参加者募集
企業やNPO団体等の先進的社会貢献活動を学ぶことにより、国際的視野を備え企業や団体等の中核となって地域社会に貢献する青年リーダーを育成することを目的に実施いたします。

派遣期間:11月15日(日)~ 22日(日)6泊8日
訪 問 国:アメリカ合衆国
対象・定員・参加費:18~35歳 40名 132,000円
締  切:6月12日(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f18/globalwing2009.htmll

申込・問合せ:福岡県青年の翼実行委員会(福岡県青少年課内)
Tel: 092-463-3386 

4) 国際緑化推進センター助成金
熱帯林の造成など国際緑化に関する実践的な活動を行っている林業NGOの活動を促進する目的で「緑の募金国際緑化公募事業」を受け付けます。

応募締切:6月15日(月)
詳細はこちら:http://www.jifpro.or.jp/

申込・問合せ:国際緑化推進センター
Email: toshimasa@jifpro.or.jp

5) シネラ「現代中国映画特集」
バラエティに富んだ内容の作品が製作されるようになった現代中国映画を特集。

期 間:6月17日(水)~27日(土)
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

6) 日韓ムービーアワード2009作品募集 
  日韓海峡沿岸8県市道は、9月に佐賀県富士町で日韓海峡圏映画祭を開催するにあたり、映像作品コンペティションの作品を募集します。優秀作品は映画祭で上映し、表彰します。

募集内容:日本、韓国に居住する個人、団体が撮影、制作した映像作品(商業作品を除く)
応募締切:6月30日(火)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f17/nikkan.html

問合せ:佐賀県フィルムコミッション
Tel: 0952-25-7296  Email: sagafc@saga-fc.jp

7)  防災メール「まもるくん」
  災害時の情報等をメールでお知らせするものです。

機 能:1.防災気象情報、避難勧告など 2.災害時の安否情報通知 3.地域の安全情報
詳細・登録はこちら:http://www.bousai.pref.fukuoka.jp/mamorukun/

問合せ:福岡県消防防災課
Email: shobo@pref.fukuoka.lg.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) アジア太平洋こども会議・イン福岡コンサート
昨年も好評だったYellow Rock Festival vol. 2が今年も開催されます。

日 時:6月21日(日)17:00
会 場:Zepp Fukuoka
料 金:2,500円(ドリンク代500円別)
詳細はこちら: http://www.apcc.gr.jp/

申込・問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
TEL: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2) カンボジア地雷撤去キャンペーン チャリティ野球チケット
福岡ソフトバンクホークスの協力により、チャリティ野球チケットを販売します。チケット料金の中から500円がカンボジア地雷撤去キャンペーンのチャリティにあてられます。

日時・対戦相手
   6月10日(水)、11日(木)vs東京ヤクルトスワローズ
   9月11日(金)東北楽天ゴールデンイーグルス
時間・場所:18:00開始 ヤフードーム
料 金:2,500円(A指定席引換券)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp

3) 国連講演会
聴講無料の国際情勢講演会です。要申込。

テーマ:ソマリア沖の海賊対策と海上安全保障政策
日 時:6月11日(木)18:30
会 場:アクロス福岡円形ホール
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

申込・問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: unaj-fukuoka@nifty.com

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「わたしは目撃者」('70、112分、イタリア)
日 時:6月12日(金)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

5) 講演会・体験会「7ヵ国語で可能性を広げる。」
  講師が、ヒッポファミリークラブの活動を通して数ヵ国語が話せるようになった体験をふまえ話します。

日 時:6月12日(金)10:30、13日(土)、 14日(日)14:00
会 場:アクロス福岡
詳細はこちら:http://hfcw.jp/index.htm

申込・問合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761

6) オイスカ西日本研修センター基礎研修修了式
  基礎研修を終えた研修生の修了証授与、日本語スピーチを行います。終了後、研修生が作った民族料理や各国の文化などの話が聞ける茶話会もあります。

日 時:6月27日(土)13:30
会 場:オイスカ西日本研修センター2Fホール
茶話会参加費:300円(民族料理あり)
詳細はこちら:http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/

研修生のホームステイ先募集
毎年、お盆とお正月の時期に「日本」を味わってもらうためホームステイをお願いしています。ぜひお問い合わせください!

問合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org

7) JICA国際協力出前講座
  開発途上国の実情を知り、国際理解と国際協力の必要性を理解していただくため、JICA職員や青年海外協力隊OB/OGを講師として学校等へ派遣します。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/enterprise/kaihatsu/demae/

申込・問合せ:JICA九州 開発教育担当
Tel:093-671-8205   Email:jicakic-de@jica.go.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) クラシック・シネクラブ&福岡アジア映画祭
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

第34回クラシック・シネクラブ
映画史に残る古い名作映画を講演付きでみます。
「黙って抱いて」(’58、103分、フランス)
日 時:6月6日(土)13:00、16:00
会 場:九州日仏学館5Fホール
会 費:1,300円

第23回福岡アジア映画祭2009
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。
期間・会場:7月5日(日)まで 九州日仏学館5Fホール
         10日(金)~12日(日)NTT夢天神ホール
料 金:前売り券 1作品1,400円 当日券1,800円

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会/オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) 移住労働者と共に生きるネットワーク・九州
世界金融恐慌は移住労働者の生活のうえに深刻な影響を及ぼしています。最もホットな問題を当事者から語ってもらい、分科会ではテーマごとに意見交換を行います。

日 時:6月7日(日)13:00
場 所:大名カトリック教会4階
詳細はこちら:http://www.asahi-net.or.jp/~na5r-wkmt/

問合せ:美野島司牧センター
Tel: 092-431-1419

3) トルコ文化講座
トルコとその周辺諸国の文化について、言語や音楽といった側面からお話を聞きます。要予約。参加無料。

日 時:6月13日(土)14:30
場 所:福岡女学院天神サテライト
    第1部「トルコ系の人々の言葉と暮らし」
    第2部「音楽が奏でる文化」
詳細はこちら:http://ameblo.jp/tr-fuk

申込・問合せ:福岡トルコ友好協会
Email: tr_fuk@yahoo.com

4) CIEE海外ボランティア説明会
  最短1週間から参加できます。詳細は説明会にご参加ください。予約不要、無料。

日 時:6月19日(金)17:00、27日(土)16:30
会 場:こくさいひろば交流室
詳細はこちら:http://www.cieej.or.jp/

問合せ:国際教育交換協議会(CIEE)
Tel: 092-736-6742


5. ノブが見た福岡

どうもすみません

この国で長く生活していれば、日本語の「どうも」と「すみません」と言う言葉にはシチュエーションに応じて色々な使い方があると言うことが分かるだろう。一般的に「どうもすみません」は相手に謝罪をする時に用いられる連語だが、それぞれを個別に使いわければまったく違う意味が生まれるのである。具体的には次の通り。
どうも:初めて外国人が学ぶ日本語でもっとも覚えやすく発音のしやすい言葉。文字通りに訳せば「大変」とか「とても」と解釈されるかもしれないが、実際は気軽に相手に「ありがとう」と言う時に使い、また近所の人や会社の人と挨拶を交わす時にも使える実に便利な挨拶言葉だ。どちらの場合にも大抵軽い会釈が必要なので日本人がこれをどう使い分けるのが気になっている外国人も中にはいると思う。僕の経験上、相手に挨拶をする時の「どうも」は2回続けて言う事が多い。「あ~どうも、どうも」と言う風に。一方、感謝の意を表す時の「どうも」は通常1回のみ。
しかし、相手と電話で話す時の「どうも」は又少し使い方が違う。例えば「ありがとう」を表す際に「どうも」だけを言うと、不完全な意味合いとして把握されてしまうので、この場合は「どうも、ありがとう」と言わなければ相手に自分の意思がはっきりと伝わらない。また相手に挨拶をする時も「どうも」の後に自分の名前を付けて「どうも、権藤です」と言わなければ、電話の声だけでは相手に自分が誰なのか分からない場合もある。つまり電話会話での「どうも」の一言は、副詞/形容詞の「大変」や「とても」を言っているのに過ぎないのである。しかしこれが直接接触する一対一のコミュニケーションの場合は、何の問題もなく「どうも」の一言で相手に自分の気持ちが通じるのである。
すみません:「済まない」の丁寧語として人とぶつかった時等に使う謝罪用語の一つで、上記の「どうも」と関連性が高く感謝の気持ちを表す時にも使える。例えばプレゼントをもらった日本人が最初に発する言葉は「ありがとう」ではなくて「すいません」。
プレゼントを渡す人:「これつまらない物ですが、どうぞ。」
(英語):It's nothing too big, but here you go!
プレゼントを貰う人:「あ~、すいません、ありがとうございます!」
(英語):Oh, I'm sorry, but thank you."
上記の英語訳が必ずしも日本人の心を捉えた解釈ではあるとは言い難いが、少なくとも、外国人が理解する日本語の「すみません」は、何かに対して謝っていると言う印象が強いので、「何故、プレゼントを貰うのに謝らなければならないのか」とか「何か悪い事でもしたのだろうか」と勘違いする場合がある。僕の理解上これは日本人の礼儀正しさの現れで、「わざわざ、自分のためにプレゼントを準備してくれてありがとう」と相手の事を配慮し、その上で感謝の気持ちを伝えているのである。この敬意を表す気持ちが、最初の「すみません」に含まれていると考えれば、そう何も難しく考える事はない。次に日本の方にプレゼントを渡した際に「すみません」と返事がきたら、「謝罪」と勘違いするのではなく、「ありがとう」と認識した方が良いだろう。またその直後に「ありがとうございます」と言われるかもしれないが、御礼を繰り返して言われるのに越した事はない。
この言葉は「ありがとうございます」に比べ覚えやく言いやすいので、感謝の気持ちを伝えるには非常に便利な言葉である。さらに言えば、最初の「どうも」と上記の「すみません」を繋げる事によって、より気持ちがこもったお礼も出来るのである。「どうもすみません」と言う具合に。

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/