Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.86 July/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
It's already July, the second half of 2009. With summer fast approaching, lots of fun festivals and beach activities await us all!

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
早いもので2009年も後半に入りました。夏休みももうすぐ、お祭りや海水浴など楽しみですね。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:
1. News from the Fukuoka International Association

    1) Pandemic Influenza Prevention Information
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Important Notice from the American Consulate in Fukuoka
    2) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
    3) Cine-la "The Treasure of French Films"
    4) Fukuoka Urban Beautification Award
    5) City Marathon Fukuoka 2009

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
    2) Collaboration Event Between JICA & International Exchange Groups of University Students
    3) Isla de Salsa 2009

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Fukuoka Asian Film Festival
    2) Annual Workshop for Junior High School Students Whose Mother Tongue is not Japanese

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

    "One form of Internationalization"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL:www.rainbowfia.or.jp

1) Information on Pandemic Influenza Prevention
If you feel that you or your family members have contracted the virus, please call the consultation counter of your local heath centers, listen to their instructions carefully, visit the designated medical centers and take the necessary measures at your home as told.
When visiting the doctor's office, do not forget to put on your medical mask.

Telephone Consultation in English, Chinese and Korean
Tel: 092-651-0526 10:00-18:00 (everyday)
Visit FIA website for more information.
Related information in multiple languages: http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, the Fukuoka Foreign Student Support Association invites a foreign student residing and studying in Fukuoka to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we learn about the student's family, lifestyle, goal in Fukuoka, and vision for the future.

Date: July 16 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Samat Tilebaev (Bishkek, Kyrgystan)
               Faculty of Law, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Important Notice from the American Consulate in Fukuoka
The American Consulate in Fukuoka will only be offering limited consular services in the months of July and August, due to a staffing shortage. Appointments will be accepted on July 16-17 and July 30-31 for all routine services, including passport applications and notary of documents. American citizens may use the American Consulate-General in Osaka, which provides daily consular services, if time sensitive processing of passports or notarized documents is required. Consulate Fukuoka expects to resume full consular services as of August 17. We regret any inconvenience this may cause.

2) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
The British Foreign and Commonwealth Office is now encouraging ALL British Nationals travelling and living overseas to register with its new online registration service LOCATE. This will enable consular staff here in Japan or in the country where you are travelling to provide you with assistance in case of emergency including earthquakes or terrorist attacks. Registration is simple so please visit the FCO website and register now!
URL: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

Volunteer Warden System
The British Consulate-General in Osaka is eager to recruit British nationals living in each prefecture of Kyushu as VOLUNTEER WARDENS who could be contacted in the case of emergency to pass on information on conditions in their locality and on the safety of British nationals there. Equally as important, wardens are asked to encourage other British nationals living in their locality to register with LOCATE. If you would like more information, please contact the Consulate-General in Osaka.
Inquiry: British Consulate-General in Osaka
Tel: 06-6120-5600     Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk.

Notarial Services Available in Fukuoka
Mr. Warwick Gibson, the newly appointed British Honorary Consul in Fukuoka, is now providing British and Japanese nationals who require documentation for Britain with a range of notarial services, including the certification of signatures and identity documents, such as your passport, birth certificate or marriage licence, the witnessing of a signature on a will and the drawing up of affidavits and statutory declarations. To benefit from these services, you will need to make an appointment in advance.
Inquiry: Warwick Gibson
Tel: 080-6437-1554     Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk.

3) Cine-la "The Treasure of French Films"
Cine-la presents a collction of French films never showed in Japan.

Duration: until Jul. 12 (Sun.)
Fee: Adult 800 yen, Univ. & H.S. Student 700 yen, J.H.S. & Elem. Student 600 yen
Films
Japanese subtitled
  Dernier atout ('42, 105 min.)
  Donne-moi tes yeux ('43, 90min.)
  Les anges du peche ('43, 96min.)
  La Baie des Anges ('62, 82min.)
  Triple agent ('03, 115min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

4) Fukuoka Urban Beautification Award
The Fukuoka Urban Beautification Awards recognize buildings, streets, landscape planning or beautification activities that are adding to the attraction of Fukuoka. Cityscape photos also wanted. Vote your favorites today!

Application deadline: Jul. 15 (Wed)
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/fuba/ (in Japanese)

Inquiry: City Design Section, Urban Planning Dept., Fukuoka City
Tel: 092-711-4395     Email: citydesign@city.fukuoka.lg.jp


5) City Marathon Fukuoka 2009
  Registration is now open!

Date: Oct. 4 (Sun)
Start: Fukuoka Yahoo! Dome
Registration deadline: Jul. 31 (Fri)
Further information: http://www.sports-fukuokacity.or.jp/

Inquiry: City Marathon Fukuoka Executive Committee
TEL: 092-712-3068     Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"La Voce Della Luna" ('90, 121min.)
Date/Time: Jul. 17 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153

2) Collaboration Event Between JICA & International Exchange Groups of University Students
This is a good opportunity to hear talks on international cooperation from people on the front line of this field.

Date: Jul. 11 (Sat) 13:00
Venue: International Hall, Kyushu Univ. Hakozaki Campus
Further information: http://sky.geocities.jp/icevent_in_kyudai090711/

Inquiry: Event Executive Committee
Tel: 080-1749-2817     Email: icevent_in_kyudai090711@yahoo.co.jp

3) Isla de Salsa 2009
The biggest latin festival in Japan welcomes various musicians from all over the world.

Dates: Aug. 8 (Sat), 9 (Sun) 13:00
Venue: Seaside Momochi Jigyohama
Fee: Advance 8th 4,500yen 9th 4,800yen
Further information: http://www.tiempo.jp/

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100     Email: isla@tiempo.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Fukuoka Asian Film Festival
This is a film festival featuring mainly Asian films, organized and managed by all volunteers.

Festival duration/venue:
Through July 5 (Sun.) French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
                   10 (Fri) -12 (Sun) Yume Tenjin Hall
Fee: 1,800 yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) Annual Workshop for Junior High School Students Whose Mother Tongue is not Japanese
The consultation and provision of information on high school admission in five languages: Japanese, Chinese, Spanish, English and Korean.

Date: Aug. 2 (Sun.) 13:00-17:00
Venue: International Hall, Kyushu Univ. Hakozaki Campus
Fee: Free for interested students and their families
Contents: High school preparatory guidance, exchange time, group work by language

Inquiry: Tomo ni Ikiru Fukuoka no kai
Tel: 090-5739-3988


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

One form of "Internationalization"
I wouldn't be surprised if the above title doesn't ring a bell, for I was also unfamiliar with its meaning until I defined it with my very own experience as a CIR (Coordinator for International Relations) working in Fukuoka City. So, what exactly do us CIRs do in relation to the so called "internationalizing" activities in Japan? Well, rather than providing a hazy detail that leads to more confusion, how about I give a concrete example that actually took place about a month ago in Okagaki-machi, a quiet town located in Onga District of northern Fukuoka, where a gang of active CIRs from the prefecture gathered at Utsura Elementary School to host the one and only, "Kokusai Eco-ryu Event".
The idea of linking the theme of "eco" with "international exchange" was first suggested by Lucy Gibson, the New Zealand CIR, whose concept was to introduce environmental consciousness to children through the fun of sports activities that were unique to Japan. "But for us to really get involved in the community and to conduct a two-way exchange, how about we also participate in 'Love Earth Event' prior to ours, and make it a duo?" she said. (This is an annual event hosted by the collaborative work of both public and private organizations, in which the participants collect garbage left at beaches, lakes and parks in various locations around Kyuhsu to basically "clean up the Earth".) With everyone's unanimous favour to the plan, we assigned each CIR to his/her task for the upcoming event and prepared the necessary "green" items.
Arriving to JR Ebitsu Sta. at nine o'clock in the morning on Sunday June 7th, all eleven CIRs from Korea, China, Canada, New Zealand, America and England were welcomed by Mr. Hatabu (Lucy's supervisor)'s beaming smile, and he gave us all that energy we needed to awaken our souls for a full-day exchange with the children. By the time we had arrived to Hatsu Beach where the first event was held, many young kids with their families and friends were already picking up rubbish and were separating them into either bags of "combustible" or "non-combustible" garbage. We quickly scattered across the long shoreline in search of these tins, cans and plastics to remove them from the beach, and simultaneously engaged in our very first exchange with the locals by greeting in English and bowing in Japanese, whenever we reached for the same find.
Immediately following this eco-activity against the backdrop of the dazzling coastal view, CIR members navigated through a trail of bushes from the beach to head to Utsura Elementary School's gymnasium—the next venue in which our main event was due to begin in less than an hour in time. A large blue plastic sheet was spread on approximately a third of the gym floor to prepare for the making of eco-bags crafted with old newspapers. Gu-san, a Korean CIR, led an easy-to-follow instruction as 40 adults and children began cutting and gluing a mix of different foreign language newspapers in an orderly fashion, and by the time everyone had assembled a bag of their own, it was time for lunch—the second set of koryu where each CIR randomly sat with a family to peek into their boxed bento as well as introduce the contents of his/her bagged lunch.
The rest of the afternoon was packed with exciting sports activities including "Dr. Dodge Ball" in which one player from each team donned a newspaper hat to serve the role of a doctor who has the power to spawn his teammate from the dead (the game ends whenyou're your teammates are out), and "Newspaper Hockey" in which a numbered player on each team (composed of 10 or more) dashed to the center of the gym—when his/her number is called by the referee—to pick up the newspaper stick and score the puck into his/her opponent's net.
While all the participants were divided into four geographical regions of Asia, Europe, North America, and Oceania, they all came together in the end to play "Capture the Flag", one of the very first North American sports games that I learned in Canada. After I explained the rules to everyone, one kid came up to me and said that this game resembled a game of "kei-doro", roughly translating to "police and thieves". And as the title reads, its mission was to capture the so called "flags" (empty PET bottles) placed at the deep end of your opponent's side and to safely bring it back to your zone without getting caught, for doing so would put you in prison.
At the end of the day, it was clear that the children had fully enjoyed the activities we had arranged for them, since most of them didn't seem to want to leave the site despite the tired look of their parents. Seeing their hand-held eco-bags on their way out, we were all confident that the children had grasped some sense of "recycling" and "international awareness" in the back of their minds. And to fully complete the day, we visited a nearby luxury bathhouse/restaurant facility to engage in our own mode of "internationalizing" before the pristine scenery of Hatsu Beach.

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 新型インフルエンザについて
  2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
  2) シネラ「フランス映画の秘宝」
  3) わたしのまちの景観賞
  4) シティマラソン福岡2009
  5) こくさいひろばからのお知らせ
  6) いろはカルチャー文楽

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  2) 日本語教室ボランティア・スタッフ勉強会
  3) JICA×国際協力系学生団体コラボイベント
  4) オイスカ集まれ!地球体験村
  5) イスラ・デ・サルサ2009

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 福岡アジア映画祭
  2) 英語でクッキング
  3) 日本語を母語としない中学生の高校進学を考える会
  4) ボランティア通訳制度

5. ノブが見た福岡

  「一つの国際交流」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp

1) 新型インフルエンザ対策について
感染予防に気をつけて拡大を防止しましょう。

英中韓での相談はこちら
Tel: 092-651-0526 10:00-18:00(土日祝含む)
福岡市発熱相談センター及び新型インフルエンザの情報はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/pflu/index.html
多言語での情報はこちら:http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) 外国人が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:7月16日(木) 18:30
会 場:あったかサロン
語り手:Samat Tilebaevさん(キルギス出身)九州大学法学府
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
九州在住の英国人の所在情報を把握し、災害などの非常事態の際に適切な対応をするため、英国外務省の最新オンライン・サービス、LOCATEに登録をされるようお願いします。
LOCATE: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

ボランティアワーデン募集
大阪英国総領事館は、九州各県で英国国籍をもっている方々に、ワーデン募集をしています。
詳細はこちら:http://ukinjapan.fco.gov.uk/en/
Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk

公証手続き
在福岡英国名誉領事として、福岡でさまざまな公証手続きの援助を担当しています。まずはご連絡ください。
問合せ:在福岡英国名誉領事 ウォーリック・ギブソン
Tel: 080-6437-1554  Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk

2) シネラ「フランス映画の秘宝」
日本未公開のフランス映画の傑作を上映。

期 間:7月12日(日)まで
会 場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人800円、大学生・高校生700円、中学生・小学生600円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

3) わたしのまちの景観賞
福岡のまちの魅力をつくりだしている建物や通り、企画や活動などを表彰します。あなたのお気に入りの景観を紹介してください。また、福岡市のまちの写真も募集。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/fuba/

申込・問合せ:福岡市都市景観室
Tel: 092-711-4395   Email: citydesign@city.fukoka.lg.jp

4) シティマラソン福岡2009
参加者を募集します。

大会日:10月4日(日)
場 所:ヤフードーム
応募締切:7月31日(金)
詳細はこちら:http://www.sports-fukuokacity.or.jp/

申込・問合せ:シティマラソン福岡実行委員会事務局
Tel: 092-712-3068  Email: rujust-2@siren.ocn.ne.jp

5) こくさいひろばからのお知らせ 
  こくさいひろばで7月、8月に開催されるイベントです。要事前予約。参加無料。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

インターネット版TOEFL(R)テスト(TOEFL(R) iBT)説明会
日 時:7月16日(木)17:00

日本文化塾
講 師:立命館アジア太平洋大学学長モンテ・カセム氏
日 時:7月18日(土)15:00

アメリカ留学説明会&個人相談
日 時:8月2日(日)12:00~説明会、13:30~個人相談

ちきゅうを知る講座
日 程:8月8日(土)、9月12日(土)、10月10日(土)
時 間:10:30~

問合せ:こくさいひろば
Tel: 092-725-9200  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

 
6) いろはカルチャー文楽
  日本が誇る伝統芸能「文楽」をレクチャーと体験で楽しみませんか。

日 時:8月11日(火)19:00、12日(水)14:00、19:00
会 場:アクロス福岡円形ホール
料 金:一般1,000円
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

問合せ:福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6265  Email: plan-b@ffac.or.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「ボイス・オブ・ムーン」('90、121分、イタリア)
日 時:7月17日(金)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

2) 日本語教室ボランティア・スタッフ勉強会
主催する日本語教室のボランティア・スタッフとして参加する人のための学習会です。

日 時:第1・第3水曜日(15:00)または金曜日(18:00)
会 場:ココロンセンター(博多リバレイン)

問合せ:小さな国際交流の会
Tel: 092-662-7690  Email: nihongonoguchi@u01.gate01.com

3) JICA×国際協力系学生団体コラボイベント
国際協力についての話や、国際協力に携わっている人たちの「生の声」を聞けるチャンスです。

日 時:7月11日(土)13:00
会 場:九州大学箱崎キャンパス国際ホール
詳細はこちら:http://sky.geocities.jp/icevent_in_kyudai090711/

申込・問合せ:JICA×国際協力系学生団体コラボイベント実行委員会
Tel:080-1749-2817  Email:icevent_in_kyudai090711@yahoo.co.jp

4) オイスカ集まれ!地球体験村
アジア・太平洋各国からの研修生と共に、環境問題、農業体験などをテーマに地球を体感してみませんか。

日 時:7月31日(金)~8月2日(日)2泊3日
会 場:オイスカ西日本研修センター
対象者:小学校4年~高校3年(多少の前後は対応可能)
参加費:6,000円
詳細はこちら:http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/

研修生のホームステイ先募集
毎年、お盆とお正月の時期に「日本」を味わってもらうためホームステイをお願いしています。ぜひお問い合わせください!

問合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org

5) イスラ・デ・サルサ2009
  今年も日本最大のラテンの祭典が、世界中からのミュージシャンを迎えて開催されます。

日 程:8月8日(土)、9日(日)13:00
会 場:シーサイドももち地行浜
入場料:前売り8日 4,500円 9日 4,800円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
Tel: 092-762-4100  Email: isla@tiempo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 福岡アジア映画祭
アジアの映画作品を中心に展開している映画祭。

期間・会場:7月5日(日)まで 九州日仏学館5Fホール
       10日(金)~12日(日)NTT夢天神ホール
料 金:1,800円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

主催・問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

2) 英語でクッキング
外国人のゲストを招待し、英語で会話しながら料理が学べる料理教室です。シニア初心者向けです。エプロンをご持参ください。要事前申込。

日 時:7月15日(水)、29日(水)10:00
場 所:アミカス2F料理実習室
対象・定員:60歳以上 20名
会 費:1,500円

問合せ:インターナショナル・クッキングクラス
Tel: 090-4599-2030

3) 日本語を母語としない中学生の高校進学を考える会(進路ガイダンス)
日本語を母語としない中学生の高校進学や進路選択が円滑に進むことを願って、説明ガイダンスを行います。

日 時:8月2日(日)13:00
会 場:九州大学箱崎キャンパス国際ホール
参加費:当事者は無料
内 容:全体会(高校進学に必要な事項)、交流会、言語別の分散会(質疑応答、教員・先輩からのアドバイスなど)

問合せ:ともに生きる街ふくおかの会
Tel: 090-5739-3988

4) ボランティア通訳制度
日本語学校で行われるイベント等にボランティア通訳として参加します。是非あなたの英語力をお役立てください!
詳細はこちら:http://www.fcc-english.co.jp/

問合せ:FCC福岡コミュニケーションセンター
Tel: 0120-78-2234


5. ノブが見た福岡

一つの「国際交流」

読者が上記のタイトルを読んでピンとこなくても無理もない。僕だって国際交流員(CIR)として福岡で働くまではこの言葉に全く精通していなかったのだから。そもそも僕達の仕事は「国際交流」の推進に携わっていると言うが、一体どういった活動が貢献しているのだろうか?あやふやな説明で余計な混乱を招いてはいけないので、先月実際にあった例をあげてその真意を追求してみる事にしよう。それは福岡県内で活動する11人のCIR(韓、中、カナダ、ニュージーランド、米、英等)が福岡県北部に位置する遠賀郡岡垣町の小学校で実施した「国際エコうりゅう」という催しだ。
「エコ」と「国際交流」の二つのテーマを一つに結びつけたのは、岡垣町地域課に所属するニュージランド出身のCIR、ルーシー・ギブソンさん。発想の基は「子供達に海外のスポーツを楽しんでもらうに当たってエコ的な要素を取りいれ、さらには毎年日本各地で行われている「LOVE EARTH」にCIRが積極的に参加すればより多くの地域の人々と密接な交流が出来るのでは?」という流れからだ。(このイベントは市民、企業、行政が連携して海岸、川、山等を清掃する地域環境美化活動の事で、毎年多くの人々が参加している。)全員が賛成すると、各CIRが当日に必要なグッズの準備やプログラム作成に取り掛かった。
午前9時頃にJR海老津駅の改札口を出た僕達は、ルーシーさんと旗生さん(ルーシーの担当者)の明るい笑みに迎えられ、やや曇り空ではあったが一日分のエネルギーが湧き上がってくるのを感じた。 現地に着いた時にはすでに多くの家族連れが淡々とゴミ拾いをしていて、僕達も後を追うように「燃えないゴミ」と「燃えるゴミ」の袋を両手に海岸沿いを散策し始めた。空き缶やプラスティックの破片などを探す中で、地元のボランティアと同じゴミに目がいくと、気軽に英語で挨拶をし、そして地元の人も軽い会釈で答えてくれた。これがその日最初の国際交流となった。
ビーチの大掃除が終ると僕達はその美しい景色を楽しむ暇も無く次の会場に足を運んだ。海岸沿いの林をテクテクと歩く事約10分、目の前に今回のメインイベントが行われる内浦小学校の体育館が見えてきた。中に入るとすぐに会場の準備に取り掛かかり、体育館三分の一に巨大なブルーシートを広げ、最初の活動「エコ・バッグ作り」が韓国出身のCIRグ・ミヒョンさんの合図で一斉に始まった。古い外国語の新聞紙を利用したクラフト作りに小学生達は皆興味津々で、簡単な説明とのりとはさみを使って徐々にそれらしい形に仕上げていった。様々な言語がデザインとして活かされたオリジナル・バッグが出来上がった頃には丁度お昼過ぎ、僕達はそれぞれ用意してきた独自のランチを手に、地元の子供達や家族達と一緒に交わり、お弁当の中身やそれぞれの出身地等についてお互いを紹介し始めた。
そして午後はいよいよお待ちかねの「国際スポーツ・ゲーム」。子供達と保護者、CIRを4つのチーム(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア)に分け、最初に遊んだのが「Dr. Dodgeball」。日本のドッジボールとルールはほぼ一緒だが、名前の通り各チームにはドクターの役割をする人(新聞紙で作った帽子が目印)が必ず一人いるので、万が一チームの一人がボールに当たってもドクターによって蘇る事が出来る(ボールに当てられた人はそのままフロアに伏せ、ドクターがコートの外に引っ張り出すまで再開不可能)。ただし、ドクターがアウトになるとチームメイトはもう復活出来なくなるので、ドクターを「相手チームのボールから守る」と言う戦略もこのゲームの面白さでもある。
そして次は「Newspaper Hockey」。まず2チームに分かれ、両サイドにならんだ各チームの選手は1人ずつ番号を振られる。中央に新聞紙とテープで作った2本のホッケースティックとボールが置いてあるので、自分の番号を呼ばれたら、急いでスティックを取りに行きボールを相手ゴールにシュートしなければならない。スティックはテープでガチガチに固めてあるので、最初はそれなりに問題なくプレイ出来るが、ルール上各チームにはスティック1本しか配られないため、後半に呼ばれる選手はボロボロになったスティックで試合に挑まなければならない。かなりのエネルギーを消費するが、それなりの笑いも出てくるので場を盛り上げるにはもってこいだ。
そして最後は「Capture the Flag」。僕がカナダの小学校で遊んだ最初のスポーツ・ゲーム。説明を終えると近くに座っていた男の子が、自分達の遊ぶ「ケードロ」とよく似た遊びと親切に教えてくれた。このゲームを日本語に訳すると「旗取りゲーム」といったところだろう。ルールはいたって簡単。相手チームの奥に並べてある幾つかの「旗」(今回はエコがテーマなのでリサイクルしたPETボトルを使用)をタッチされずに奪い、自分のチーム側に持って帰ってこられれば1ポイント獲得。制限時間内により多くの旗を取ったチームが勝ち。しかし、旗を取りに行った際に、相手チームにタッチされると刑務所行きとなる。
最終ゲームを終えた後CIRと保護者はへとへとだったが、子供達はまだ遊び足らない表情で、彼らが自らの手で作ったエコ・バッグを誇らしげに抱える姿にも、「リサイクルを利用した遊び」や「外国との交流」に対する意識が伺えた。そして次なる「国際交流」を目指すため、僕達はその付近にある入浴施設及びレストランへ出向き、その向こうに見える波津海岸が今朝以上に美しい事に喜びを感じたのであった。

権藤 ノブオ

 

English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/