Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.87 August/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchangeand cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
2009 is the Internatnional Year of Astronomy and there are several opportunities in August to watch spectacular meteor showers.
Gaze the summer night sky and feel the energy of the universe.


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
今年は世界天文年。今月はたくさんの流星群を見る事ができます。夏の夜空を見上げて宇宙を感じてみましょう。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Website Revamped!

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Pandemic Influenza Prevention Information
   2) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
   3) Cine-la "Mongolian Film Collection"
   4) Invitation to the 9th World Habitat Day Children's Drawing Contest

3. News from FUKU-NET Members

   1) Isla de Salsa 2009
   2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy -Japan Association
   3) Chernobyl Medical Support Network Charity Shop
   4) Bagladesh Curry Festival

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) Experience Noh Performance

5. Nobu's Footprints in Fukuoka

   "Learning from Translation"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: www.rainbowfia.or.jp

1) Website Revamped!
The Fukuoka International Association will relaunch its website to better service the needs of foreign residents including international students as well as citizens of Fukuoka. Visit above FIA website for informations posted in this issue.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Updated H1N1 Influenza Guidance and Support (As of July 23rd)

-Patients with suspected swine influenza can now be seen at their doctors' offices or at their nearest hospitals or medical institutions.
-However, since not all the hospitals admit infected patients, please call them prior to your visit.
-Please wear your medical mask upon seeing your physician.
-In case you do not have a family physician or are unfamiliar with medical institutions in your area, please contact the Swine Flu Consultation Hotline below for help.

Fukuoka City Swine Flu Consultation Hotline (Business hour: 9:00 -17:00)
Higashi Health Center: 092-645-1078
Hakata Health Center: 092-419-1091
Chuo Health Center: 092-761-7328
Minami Health Center: 092-559-5116
Jonan Health Center: 092-832-5210
Sawara Health Center: 092-851-6012
Nishi Health Center: 092-895-7073
Swine flu information on Fukuoka City Website in Japanese: http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/kansen/pandemicflu/p_flu_change.html

Telephone Consultation in English, Chinese and Korean: Tel: 092-651-0526   10:00-18:00 (everyday)
Related information in multiple languages: http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) A Message from the British Honorary Consul in Fukuoka
The British Foreign and Commonwealth Office is now encouraging ALL British Nationals travelling and living overseas to register with its new online registration service LOCATE. This will enable consular staff here in Japan or in the country where you are travelling to provide you with assistance in case of emergency including earthquakes or terrorist attacks. Registration is simple so please visit the FCO website and register now!
URL: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

Volunteer Warden System
The British Consulate-General in Osaka is eager to recruit British nationals living in each prefecture of Kyushu as VOLUNTEER WARDENS who could be contacted in the case of emergency to pass on information on conditions in their locality and on the safety of British nationals there. Equally as important, wardens are asked to encourage other British nationals living in their locality to register with LOCATE. If you would like more information, please contact the Consulate-General in Osaka.
Inquiry: British Consulate-General in Osaka
Tel: 06-6120-5600    Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk.

Notarial Services Available in Fukuoka
Mr. Warwick Gibson, the newly appointed British Honorary Consul in Fukuoka, is now providing British and Japanese nationals who require documentation for Britain with a range of notarial services, including the certification of signatures and identity documents, such as your passport, birth certificate or marriage licence, the witnessing of a signature on a will and the drawing up of affidavits and statutory declarations. To benefit from these services, you will need to make an appointment in advance.
Inquiry: Warwick Gibson
Tel: 080-6437-1554    Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk.

3) Cine-la "Mongolian Film Collection"
Cine-la presents a collction of Mongolian films produced in China and inner Mongolia.

Duration: thru. Aug. 16 (Sun.)
Fee: Adult 500 yen, Univ. & H.S. Student 400 yen, J.H.S. & Elem. Student 300 yen
Films
Japanese & English subtitled
   The Story of Zhula ('00, 91min.)
   The Teacher of Cyrill Alphabet ('98, 109min.)
   The Shadow ('00, 80min.)
   Words from the Heart ('01, 96min.)
   Tumur of Mountain ('04, 107min.)
   In Your Absence ('06, 90min.)
   Running Antelope ('93, 69min.)
   Ferociaous Saint Lord of Gobi ('98, 106min.)
   Alaqnii Hee ('00, 77min.)
Japanese subtitled
   On the Hunting Ground ('85, 80min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

4) Invitation to the 9th World Habitat Day Children's Drawing Contest
Let's think what we can do for the future of our cities. What needs to be done in your cities to let people live happily? Express freely your idea on the drawing.

Theme: What we can do for our urban future
Qualification: 4th through 6th grade pupils of public/private schools (mainly in Asia and the Pacific)
Deadline for submission: Sep. 11 (Fri.)
Drawing materials: no restrictions
Size: Drawing paper (542mm×382mm) or (382mm×271mm). If you are submitting drawings (382mm×271mm), paste it on a 542mm×382mm size paper.
*Write a short introduction paragraph/message in English about the drawing.
Other remarks:
-The original drawings will not be returned to the applicants.
-Submitted drawings will belong to UN-HABITAT ROAP-Fukuoka and may be used for its promotional materials.
Exhibition: The selected drawings will be exhibited in late October or November in Fukuoka City.
For further information: http://www.fukuoka.unhabitat.org/index.php.

Inquiry: UN-HABITAT Regional Office for Asia and the Pacific-Fukuoka
Tel: 092-724-7121    Email: yumi.kumagai@fukuoka.unhabitat.org


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Isla de Salsa 2009
The biggest Latin festival in Japan welcomes various musicians from all over the world.

Dates: Aug. 8 (Sat), 9 (Sun) 13:00
Venue: Seaside Momochi Jigyohama
Fee: Advance 4,500yen (8th), 4,800yen (9th)
Further information: http://www.tiempo.jp/

Inquiry: Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100    Email: isla@tiempo.jp

2) Cinema Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free, monthly movie-viewing event.

"The Italian Job" ('68, 99min.)
Date/Time: Aug. 21 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
TEL: 092-476-2153

3) Chernobyl Medical Support Network Charity Shop
Find lovely handicrafts (30% off) at a special one-day charity sale hosted by "Nozomi 21", a Belarusian welfare workshop.

Date: Aug. 22 (Sat) 14:00-17:00
Venue: Chernobyl Medical Support Network (Koga City, 3 min. walk from JR Koga Sta.)

Inquiry: Chernobyl Medical Support Network
Tel: 092-944-3841    Email: jimu@cher9.to


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Experience Noh Performance
Learn how to dance, sing and play musical isntruments for the classical Noh performance (interpreteres provided). Enrollment is free but application is required.

Duration: Aug. 26 (Wed) - Jan., 2010
Venue: Ohori Koen Nohgakudo
Note: On your first session, 3,000 yen will be charged as a rental fee for a pair of Tabi socks and an Ohgi fan.

Inquiry: Ms. Harumi Yamaoka (Ichii-kai)
Tel: 090-5479-3780


5. Nobu's Footprints in Fukuoka

Learning from Translation

With a long-held aspiration to advance my Japanese skills ever since leaving Japan at the age of eleven, I enrolled in a 3rd year Japanese reading and writing course during my first year in university as a part of my language elective and after passing the required 1st and 2nd year placement tests. Shouldering senior students by my side, I sat there listening to Professor Kim as she gave her insight into this field of academia: "While it is nearly impossible to fully translate one language to another (for every culture is never the same), one can come close to it by deepening his/her understanding of the sociocultural elements in question." And today, after two years of living in Fukuoka, that message seems to apply not only to my job as a junior translator, but also to my social life outside the office as well.
Since I was never a trained translator or an Asian studies major before coming to work for this Association, my debut on "Fukuoka and Asia" for the monthly Rainbow Newsletter gave me all the challenges that I'd anticipated. With historical information on the Gold Seal (Kin-in), Fukuoka's overseas relations with the East, the Mongol invasions, among others circulating through my head in both languages daily, it was a matter of time before the synapses in my brain exploded due to information overload. But as the CPUs for computers can instantly process and command a wide range of information with the right program, so too can our brains with the right motive.
Rather than seeing it as an assigned duty to receive one's salary, I began to see it as a unique opportunity to learn more about Fukuoka's history, culture and people. By realizing that, it really wasn't too different from where I'd been before: I was once again a student full of ambitions, ready to research into unknown areas for personal growth. Moreover, translation became more or less the essential tool for me to continuously rediscover different aspects of Japanese culture and to communicate that information with the rest of foreigners in Fukuoka.
After gradually grasping Fukuoka's character as an international gateway to Asia filled with a blend of distinct customs and traditions (read the past Rainbow for reference), I began to interact with the locals at work and outside the office to further my cultural exploration. However, as much as I thought the region was an internationalized hub, they took on a puzzled look every time I told them that I was from Canada. From my understanding, I didn't fit the typical Westerner profile or that of a European descent with my Asian appearance, and similarly, the foreigners also seemed to have assumed that I'm pure Japanese unless told otherwise.
In order to clarify the difference between one's ethnicity and nationality, I began introducing myself in Japanese with an explanation about my Korean background, childhood in Kobe, and the year in which my family immigrated to Canada as well as the day that I received my Canadian citizenship. And all this would have not have been possible without the daily practice of translating between Japanese and English texts, for I believe a written language also improves one's interpretation ability, inevitably.
Upon returning to Canada this August, many memorable and interesting tales from Fukuoka will be shared to my family and friends, as I've done the same throughout the past issues on this e-mail magazine. In doing so, the acquired translation skills will be of great use especially when explaining the subtle contents of bowing, zangyo, aiseki, and so on that require a holistic, cultural assessment.
Thanks to all the readers for following "Nobu's Footprints in Fukuoka" for the past two years and the FIA/Rainbow's staff for allowing me to freely express my thoughts on a dedicated column. It's been a pleasure to have seen Fukuoka and I'll definitely miss all the tasty food, festivities and people's friendly character that drive the soul of the city. Arigato Everyone!

Nobuo Gondo



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) ウェブサイト変わります!
  2) ホストファミリー登録説明会
  3) 福岡韓国語弁論大会出場者募集
  4) 地球市民どんたく2009開催

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 新型インフルエンザについて
  2) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
  3) シネラ「モンゴル映画特集」
  4) こくさいひろばからのお知らせ
  5) いろはカルチャー文楽

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) さあ!みんなでNGO!
  2) イスラ・デ・サルサ2009
  3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  4) OISCA研修生ホームステイ先募集
  5) チャリティショップ、ベラルーシ料理教室
  6) バングラデシュのカレーフェスティバル
  7) 「アジアを考える」論文・作文募集
  8) 環境と多文化を学ぶ英語研修参加者募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 日本の伝統芸能能楽を体験しよう

5. ノブが見た福岡

  「翻訳を通じて」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: www.rainbowfia.or.jp

1) ウェブサイト変わります!
福岡よかトピア国際交流財団のサイトがより見やすくなります!アドレスはそのままで、協会からのお知らせをぜひ、新しいサイトでチェックしてください。

2) ホストファミリー登録説明会開催
ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける日本人家庭を募集します。

日  時:9月6日(日)14:00~
場  所:レインボープラザ会議室
申  込:9月1日(火)までに下記へお申し込みください。詳しい案内を送ります。

申込・問合せ:レインボープラザ
Tel: 092-733-2220  Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

3) 福岡韓国語弁論大会出場者募集
福岡都市圏の韓国語学習者を募集します。詳細、応募用紙はFIAサイトで。

日  時:11月15日(日)14:00
会  場:あいれふ9階福岡市婦人会館大研修室
応募締切:8月17日(月)

応募・問合せ:福岡県日韓親善協会
Tel: 092-471-0904

4) 地球市民どんたく2009開催
「小さな一歩で広がる世界」をテーマに、国際協力・交流イベントを行います。11回目となる今年は、アクロス福岡に場所を移しての開催です。

日  時:10月10(土)、11日(日)11:00~17:00
会  場:アクロス福岡1階・2階・7階
詳細はFIAサイトで。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 新型インフルエンザの対応体制が変わりました
市民のみなさまが安心して身近なところで診察や入院治療が受けられるよう、体制が変更されました。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/kansen/pandemicflu/p_flu_change.html
英中韓での相談はこちら:Tel: 092-651-0526 10:00-18:00(土日祝含む)
多言語での情報はこちら:http://homepage3.nifty.com/amdack/

2) 在福岡英国名誉領事館からのお知らせ
九州在住の英国人の所在情報を把握し、災害などの非常事態の際に適切な対応をするため、英国外務省の最新オンライン・サービス、LOCATEに登録をされるようお願いします。
LOCATE: http://www.fco.gov.uk/en/travelling-and-living-overseas/Locate/

ボランティアワーデン募集
大阪英国総領事館は、九州各県で英国国籍をもっている方々に、ワーデン募集をしています。
詳細はこちら:http://ukinjapan.fco.gov.uk/en/
Email: warden-network.osaka@fco.gov.uk

公証手続き
在福岡英国名誉領事として、福岡でさまざまな公証手続きの援助を担当しています。まずはご連絡ください。
問合せ:在福岡英国名誉領事 ウォーリック・ギブソン
Tel: 080-6437-1554  Email: warwick.gibson-honco@fconet.fco.gov.uk

3) シネラ「モンゴル映画特集」
モンゴルと中国・内モンゴル自治区で撮影された作品の特集。

期  間:8月16日(日)まで
会  場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観 覧 料:大人500円、高・大学生400円、小・中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

4) こくさいひろばからのお知らせ
こくさいひろばで開催されるイベントです。要予約。参加無料。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

ちきゅうを知る講座
日  程:8月8日(土)、9月12日(土)、10月10日(土)
時  間:10:30~

アメリカ留学個人相談
日  時:10月25日(日)13:00~17:00

問合せ:こくさいひろば
Tel: 092-725-9200  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

5) いろはカルチャー文楽
  日本が誇る伝統芸能「文楽」をレクチャーと体験で楽しみませんか。

日  時:8月11日(火)19:00、12日(水)14:00、19:00
会  場:アクロス福岡円形ホール
料  金:一般1,000円
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

問合せ:福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6265  Email: plan-b@ffac.or.jp

6) 世界ハビタット・デー記念絵画コンクール作品募集
  皆さんは未来の「まち」のために何ができるか考えてみましょう。人々がずっと安心して暮らしていけるような「まち」にするには、何が必要でしょうか?様々な活動を自由に表現してください。

締  切:9月11日(金)
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/event/docs/EVN_090630163638.pdf

問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121  Email: habiat.fukuoka@unhabitat.org


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) さあ!みんなでNGO!
話を聞くだけでなく、ゲームをしながらNGOについて考える入門講座です。要事前申込。

日  時:8月8日(土)14:00
場  所:福岡市NPO・ボランティア交流センター5F「あすみん」打ち合わせコーナー
参 加 費:300円(コーヒー・資料代)
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

申込・問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

2) イスラ・デ・サルサ2009
今年も日本最大のラテンの祭典が、世界中からのミュージシャンを迎えて開催されます。

日  程:8月8日(土)、9日(日)13:00
会  場:シーサイドももち地行浜
入 場 料:前売り8日4,500円 9日4,800円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/

問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ
Tel: 092-762-4100  Email: isla@tiempo.jp

3)  福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「ミニミニ大作戦」('68、99分)
日  時:8月21日(金)19:00
会  場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
TEL: 092-476-2153

4) OISCA研修生ホームステイ先募集
毎年、お盆とお正月の時期に「日本」を味わってもらうためホームステイをお願いしています。ぜひお問い合わせください!
詳細はこちら:http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/

問合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org

5) チャリティショップ、ベラルーシ料理教室
  チェルノブイリ支援のチャリティショップや、世界3大スープの一つ、ボルシチなどベラルーシの家庭料理に挑戦してみませんか。

チャリティショップ
日  時:8月22日(土)14:00~17:00
場  所:チェルノブイリ医療支援ネットワーク古賀事務所(JR古賀駅徒歩3分)

ベラルーシ料理教室
日  時:9月26日(土)12:00~15:00
場  所:古賀市中央公民館調理室(JR古賀駅徒歩6分)
参 加 費:1,000円(要予約)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

6) バングラデシュのカレーフェスティバル
  活動紹介や物販、ジャズライブなどもあります。

期  間:9月9日(火)~30日(水)
場  所:アジア民芸ろまんの道
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/ketoy_event_info.html
 
問合せ:Ketoy.jp
Tel: 092-714-0756  Email: ketoy@npgo.jp

7) 「アジアを考える」論文・作文募集
  中学生・高校生を対象に、「アジアを考える」というテーマでの論文、作文を募集します。

締  切:9月4日(金)当日消印有効
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/index.html

申込・問合せ:西日本国際財団
Tel: 092-476-2154

8) 環境と多文化を学ぶ英語研修
  英語のレベルにあわせて、楽しく多文化や環境保護について学ぶ英語研修です。

日  時:9月20日(日)~22日(火)
場  所:海の中道青少年海の家
対  象:小学5年生以上 20名
料  金:19,000円

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 092-934-3553  Email: canada@mba.nifty.ne.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 能楽を体験しよう
着物、袴を着て、能楽の舞、謡、笛、太鼓を体験、習得します。受講料無料。要申込。

日  時:8月26日(水)~来年1月 月2回水曜日18:00~
場  所:大濠公園能楽堂
初回のみ、扇、足袋借り料として3,000円

申込・問合せ:櫟会 山岡晴美
Tel: 090-5479-3780  Fax: 092-541-3612


5. ノブが見た福岡

翻訳を通じて

日本を離れた11歳の時から常に「日本語力を磨く」意思が強かった僕は、大学一年の選択科目を上級日本語クラスにした。卒業間近の上級生を周りに僕は、キム教授の洞察に耳を傾けた。「一つの言語を別の言語に100%翻訳することは、それぞれの文化が異なるため不可能に近い。しかし、両方の社会文化的な視野を広げればそれなりに近い事は出来るはずだ。」そして今日、このメッセージは、僕の仕事を表すそのものであると共に、生活においても必然的に当てはまる一つの事実となった。
翻訳技術やアジア学の背景が全く無い僕が、最初に任されたのが英文レインボー誌の「福岡とアジア」の翻訳。「金印」、「蒙古襲来」、「東洋と外交関係」等、想像以上にその内容は難しく、日々日本語と英語の情報交換をする僕の脳内シナプスがいつオーバーヒートしてもおかしくなかった。とはいえ、人間の脳はコンピューターのプロセッサーと同様に、優れたメカニズムが働いているので、あらゆる情報を一瞬にして整理する力がある。ただ必要なのはその原動力となる個人の動機、コンピューターで言えばプログラムにあたる部分だ。翻訳を「働いてお金を貰う」当たり前の仕事とは思わず、逆に福岡の事情を知る「最適な手段」と考えるようになった僕は、学生時代に抱いていた野心が再び舞戻り、未知なる世界を追求する楽しさを感じるようになった。さらに言えば、翻訳は知られざる日本文化・歴史を再発見するのに欠かせないツールとなり、又その情報を福岡在住の外国人に発信する一つの伝達手段となった。
徐々に福岡の地域性を「特有な歴史と文化がゆきかうアジアへの玄関口」と認識し始めた頃、僕は地元の人々と接する機会を仕事以外でも持ち始めた。しかし、「カナダ人です」と自己紹介する毎に必ず驚かれるので、表面では見えない福岡の国際化の実態が分かる様な気がした。おそらく彼らにとってカナダ人、つまり欧米人とはアジア系では無くヨーロッパ系なので、何のアクセントもなく日本語をこなす僕に戸惑いを感じたのも無理も無い。そして、福岡で出会う外国人も、僕が英語で喋らない限りカナダ人とはまず信じてくれない。このような実態に前向きに対処するため、僕はあえて「国籍」と「民族性」の説明を自己紹介に取入れている。例えば、「僕は神戸生まれの在日三世で、小学生の時にカナダに移民し、その後カナダの市民権を取得しました。なので、今はれっきとしたカナダ人です」と言う具合に。この説明力の基礎となっているのが日々続いた日本語と英語の翻訳だ。レインボーの文書作成を重ねる事によって、それぞれの言語・文化・社会に対する理解力が向上し、今では脳の「言語切替スイッチ」がマニュアルでは無く、オートに設定されている。
この8月にカナダに帰国するが、これまでメールマガジンで紹介してきたように、福岡での多くの思い出や経験は、私の家族や友人へのみやげ話となるだろう。特に「お辞儀」や「残業」、「相席」といった微妙な文化的側面を説明するときは、これまでに得た翻訳技術が活躍するにちがいない。
2年間続いた「ノブが見た福岡」もこれにて完結となりましたが、人生のチャプターはまだ幕を開いた所でございます。読者の皆様、並びに協会及びレインボーのスタッフ、今までコラムを楽しく読んでくれてありがとうございます!福岡の食・文化・人から貰ったあふれんばかりの元気を胸に、又新たなる世界に飛び込む気持ちで一杯でございます。
Thanks Everyone!

権藤 ノブオ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/