Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.88 September/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Asian Month is here! Variety of event concerning Asia will be held throughout Fukuoka City. It is a good opportunity for all of us to discover new aspects of Asia.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
福岡の9月はアジアマンス。アジアに関する様々なイベントが開催されます。新しい発見を求めて参加してみませんか。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:
1. News from the Fukuoka International Association

    1) Home Visit Program for International Student
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Updated H1N1 Influenza Guidance and Support
    2) Fukuoka Asian Month 2009
    3) Cine-la "The Focus on Asia Archive Collection"
    4) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival
    5) Invitation to the 9th World Habitat Day Children's Drawing Contest
    6) Fukuoka Prize 2009
    7) Kite! Mite! Asia no Nuno no Ima

3. News from FUKU-NET Members

    1) Bagladesh Curry Festival
    2) Cambodia Mine-remove Campaign Charity Baseball Tickets

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

    1) Experience Noh Performance
    2) Tanoshii Origami

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    "Hello, Fukuoka!"


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) Home Visit Program for International Student
This program introduces international students to Japanese families for deepening mutual understanding through home visits.

Program duration: Nov. 2009 - Mar. 2010
Eligibility: international students currently enrolled in a college, junior college, or language school etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Application form: available at your college or schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: Oct. 15 (Thu)

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL 092-733-2220 FAX: 092-733-2215

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
Each month, a foreign student residing and studying in Fukuoka shares information about his/her hometown and culture.

Date: Sep. 17 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Daniel White (Oklahoma, U.S.A.)
             Kyushu Eisu Gakkan International Language Academy
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Updated H1N1 Influenza Guidance and Support (As of July 23rd)
・Patients with suspected swine influenza can now be seen at their doctors' offices or at their nearest hospitals or medical institutions.
・However, since not all the hospitals admit infected patients, please call them prior to your visit.
・Please wear your medical mask upon seeing your physician.
・In case you do not have a family physician or are unfamiliar with medical institutions in your area, please contact the Swine Flu Consultation Hotline below for help.

Swine Flu Consultation Hotline (Business hour: 9:00 -17:00)
 Higashi Health Center: 092-645-1078
 Hakata Health Center: 092-419-1091
 Chuo Health Center: 092-761-7328
 Minami Health Center: 092-559-5116
 Jonan Health Center: 092-832-5210
 Sawara Health Center: 092-851-6012
 Nishi Health Center: 092-895-7073
Swine flu information: on Fukuoka City Website in Japanese:     http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/kansen/pandemicflu/p_flu_change.html

2) Fukuoka Asian Month 2009
Asian Month marks its 20th anniversary this year. Various events concerning Asian culture will be held throughout Fukuoka City.

Asian Pacific Festival Fukuoka
Duration: Sep. 18 (Fri) -20 (Sun) 11:00-20:00
Venue: Marine Messe Fukuoka
Further information: http://www.asianmonth.com/

Inquiry: Fukuoka Asian Month Information
Tel: 092-262-0676

3) Cine-la "The Focus on Asia Archive Collection"
Cine-la presents a collction of films exhitbited at the Focus on Asia Fukuoka International Film Festival. All films are subtitled in Japanese and English.

Duration: Sep. 9 (Wed.) -13 (Sun.)
Fee: Adult 500 yen, Univ. & H.S. Student 400 yen, J.H.S. & Elem. Student 300 yen
Films
 Memories in the Mist ('05, 120min., India)
 Oilmaker's Family ('93, 105min., China)
 Crossing the Dust ('06, 76min., Iraq-France)
 Collective Flat ('99, 90min., Vietnam)
 Once and for All ('92, 93min., Iran)
 Once upon a Time ('95, 125min., Thai)
 Chunhyang ('00, 121min., Korea)
 Dark Night of the Soul ('95, 80min., Sri-Lanka)
 Jose Rizal ('98, 175min., Philippines)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608 FAX: 092-852-0609     URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

4) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival
In celebration of the event's 19th anniversary, new films and highly recognized films from 16 Asian countries and regions will be presented.

Duration: Sep. 18 (fri.)-27 (Sun)
Venues: Nishitetsu Hall, Elgala Hall, Fukuoka Kokusai Kaigijou
Tickets: single film ticket: 1,000 yen in advance; 1,200 yen at the door
           600 yen for international students (present student ID at the door)
Furthert information: http://www.focus-on-asia.com/index.html

Inquiry: Fukuoka Asian Month Information
Tel: 092-262-0676

5) Invitation to the 9th World Habitat Day Children's Drawing Contest
  Let's think what we can do for the future of our cities. What needs to be done in your cities to help people live happily? Express your ideas freely through drawing.

Theme: What we can do for our urban future
Qualification: 4th through 6th grade pupils of public/private schools (mainly in Asia and the Pacific)
Deadline for submission: Sep. 11 (Fri.)
For further information: http://www.fukuoka.unhabitat.org/index.php.

Inquiry: UN-HABITAT Regional Office for Asia and the Pacific-Fukuoka
Tel: 092-724-7121     Email: yumi.kumagai@fukuoka.unhabitat.org

6) Fukuoka Prize 2009
  Fukoka Prize celebrates its 20th Anniversary this year.

Award Ceremony
 Date: Sep. 17 (Thu.) 18:20
 Venue: Fukuoka Kokusai Kaigijou
Public Forum
 Dates: Sep. 16 (Wed), 19 (Sat), 20 (Sun)
Deadline: Sep. 10 (Thu)
Further information: http://www.asianmonth.com/prize/

Inquiry: Fukuoka Prize 2009
Tel: 0120-164-290

7) Kite! Mite! Asia no Nuno no "Ima"
  A variety of fabrics from Southeast Asian region will be exhibited to touch and wear for a hands-on experience.

Duration: Sep. 19 (Sat) -25 (Fri) 10:00-18:00
Venue: ACROS Fukuoka Exchange Gallery
Further information: http://www.acros.or.jp/

Inquiry: ACROS Fukuoka Cultural Tourism Information Hiroba
Tel: 092-725-9100


3. News from FUKU-NET Members

1) Bangladesh Curry Festival
A month-long festival featuring an introduction to ketoy.jp, goods from Bangladesh, and live Jazz music.

Duration: Sep. 1 (Tue) -30 (Wed)
Venue: Asia Mingei Roman no Michi
Further information: http://ketoy.npgo.jp/ketoy_event_info.html

Inquiry: Ketoy.jp
Tel: 092-714-0756     Email: ketoy@npgo.jp

2) Mine-remove Campaign Charity Baseball Tickets
Charity baseball games will be held to support the CMC and Aid for Victims. 500 yen from each ticket sale will go towards the charity.

Dates/Time/Games:
Sep. 11(Fri.) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Yahoo! Japan Dome
Ticket: 2,500 yen (ticket A /Reserved)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign (CMC)
Tel: 092-833-7676     Email: info@cmc-net.jp
URL: http://cmc-net.jp/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Experience Noh Performance
Learn how to dance, sing and play musical instruments used in classical Noh performance (interpreters provided). Enrollment is free but application is required.

Dates: Sep. 9, 30, Oct. 14, 28 (Wednesdays)
Venue: Ohori Koen Nohgakudo
Note: On your first session, 3,000 yen will be charged as a rental fee for a pair of Tabi socks and an Ohgi fan.

Inquiry: Ms. Harumi Yamaoka (Ichii-kai)
Tel: 090-5479-3780

2) Tanoshii Origami
Are you interested in origami? Let's have fun and make friends through creating art with paper.

Date: Sep. 12 (Sat) 13:30
Venue: Fukuoka NPO Volunteer Center (5F, Fukuoka Youth Center)

Inquiry: Tanoshii Origami
Tel: 090-5944-1513     Email: CYJ01275@nifty.ne.jp


5. Emily's Notes from the Nakagawa

Hello, Fukuoka!

Hello everyone! My name is Emily Rosenberg and from this issue onwards I will be writing the monthly column in place of Nobuo, who has returned to his native Canada. I realize that I have some pretty big shoes to fill, but I'm looking forward to meeting the challenges of my new job. Just like Nobuo did two years ago when he arrived in Fukuoka, I would like to use my first column to introduce myself a bit.
I have lived most of my life in a town called Shaker Heights, a small suburb of the much larger city of Cleveland, in the Midwestern state of Ohio, USA. So where exactly is Ohio among all 50 of those states? If you can find the mitten of Michigan among all the Great Lakes, Ohio is directly southeast, bordering on Lake Erie along its northern edge. The Cleveland area is located right on the lakeshore, in the eastern part of the state. Cleveland is probably best known for being home to the Rock and Roll Hall of Fame and the Cleveland Indians baseball team (Go Tribe!). For many reasons, including the presence of the expansive Cleveland Clinic, which draws in doctors and patients from all over the world, Cleveland is a very diversely populated city. I am sure growing up in that area contributed to my interest in foreign languages and cultural exchange.
This past May, I graduated from Columbia University in New York City, with a major in East Asian Studies. For three of my four years at university, I experienced the thrill of living and studying in the incredibly cosmopolitan city that is New York. During my third year, I studied abroad in Kyoto for 11 months. There, I was able to work hard at improving my Japanese, build a close relationship with my host family, and experience some of Japan's rich history first hand. Kyoto is of course very different from New York City, but I have come to love both cities dearly. Although I was able to travel quite a bit around Kansai during my year abroad, I had never been to Kyushu until now. I have only heard good things about living in Fukuoka, and I cannot wait to get to know this city better. I am also looking forward to sampling local delicacies and soaking in the hot springs of this magnificent island!
When I meet new people, they usually ask me why I am so interested in Japan. This is in some ways easy, other ways difficult to answer. Ever since I was a small child, I have been intrigued by other cultures. I remember reading mythology stories from all around the world and being fascinated by the uniqueness of each. My father, who traveled abroad a few times each year for work, always brought me back a doll from each new country he visited, and the beauty of my ebony-haired, kimono-clad Japanese doll seemed to outshine the others. I discovered my love of languages when I began studying Latin in middle school, and I soon yearned to study a "living" language as well. A friend's older sister was taking Japanese classes at that time, and after poring over her class notes, I decided that I too would study Japanese. From that point on my interest in and love of Japan grew organically as I learned more about the language, people, culture, and history.
The above is the easy part of the explanation, however. Because whenever I am asked, what in particular is it about Japan that you like so much? I have no simple answer. Japan has been a major focus in my life for around ten years now, and so I have a hard time pinpointing exactly what it is that so sparked my interest. All I know is that as I continue to study Japan, there is always something new for me to taste or experience, always a new linguistic hurdle to tackle (in recent days, this has been office lingo and keigo in particular!), and always a new piece of the Japanese spirit, nihon no kokoro, for me to appreciate. My relationship with Japan has been a constant learning process, and a constant effort to reconcile my American manners and mindset with that of another culture. I am so thrilled to have the opportunity to deepen my understanding of Japan, while hopefully succeeding at promoting cultural exchange between the English-speaking world and Japan, here in Fukuoka. Now, it is my turn to give back!
Like my predecessor did before me, and his predecessor before him, I am including a few links for those interested in learning more about my native Shaker Heights http://www.shakeronline.com/ or who would like to see a map of the Greater Cleveland area http://www.mapquest.com/maps?city=Cleveland&state=OH.
Please feel free to email me with any questions or comments, or if you just want to drop a line and say hello! Also, since I'm new to Fukuoka, I would be very happy if you could share your knowledge about little-known Fukuoka gems (stores, restaurants, parks, etc.) with me. Yoroshiku onegaishimasu!

Emily Rosenberg


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集
 2) 地球市民どんたく2009セミナー参加者募集
 3) ホストファミリー募集
 4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

 1) 新型インフルエンザについて
 2) アジアマンス2009福岡
 3) シネラ「アジアフォーカス・アーカイブス」
 4) アジアフォーカス・福岡国際映画祭2009
 5) 世界ハビタット・デー2009福岡国際シンポジウム、絵画コンクール
 6) ちきゅうを知る講座
 7) 福岡アジア文化賞
 8) 着て!見て!アジアの布の“今”

3. FUKU-NET団体からの情報

 1) バングラデシュのカレーフェスティバル
 2) カンボジア地雷撤去キャンペーンチャリティ野球チケット
 3) 環境と多文化を学ぶ英語研修参加者募集
 4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
 5) ベラルーシ料理教室
 6) 福岡・マレーシア友好協会ボランティア募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

 1) 日本の伝統芸能能楽を体験しよう
 2) たのしいおりがみ
 3) 九州大学留学生サポートネットワーク「そら」メンバー募集

5. エミリーの那珂川ノート

 「福岡、こんにちは!」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/


1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

・ホストファミリー
対象家庭:福岡都市圏在住の日本人家庭
申込方法:レインボープラザ、情報プラザ、各区役所、各市民センターなどにおいてある所定の申込書に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又はご持参ください。
申込締切:9月30日(水)

・外国人学生
対象者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。
申込締切:10月15日(木)

申込・問合せ:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215

2) 地球市民どんたく2009セミナー参加者募集
「国際協力~小さな一歩、いま、ここから~」をテーマに様々な方面で活躍される方々を招き、国際協力について一緒に考えます。

日時:10月11日(日)13:00~16:30
場所:アクロス福岡7階 大会議室(中央区天神1-1-1)
申込:(1)住所、(2)氏名、(3)年齢、(4)性別、(5)TEL番号を記入の上、電話かファクス、Eメールにて協会へ。
入場無料。定員100名、定員になり次第締め切り。

地球市民どんたく
日時:10月10(土)、11日(日)11:00~17:00
会場:アクロス福岡1階・2階・7階

3)  ホストファミリー募集
福岡市の姉妹都市であるイポー市から来福する青少年(12歳~17歳)8名と引率者2名をご家庭に迎えてくださるホストファミリーを募集します。

期間:12月8日(火)~15日(火)7泊8日
条件:期間中の朝夕に福岡市役所への送迎ができる、同世代の青少年のいる家庭
締切:10月16日(金)
申込方法:電話、FAX、Emailにて協会へ。追って申込用紙を郵送します。

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:9月17日(木) 18:30
会場:あったかサロン
語り手:ダニエル・ホワイトさん(アメリカ・オクラホマ州出身)
    九州英数学館国際言語学院
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 新型インフルエンザについて
市民のみなさまが安心して身近なところで診察や入院治療が受けられるよう、福岡市の体制が変更されました。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/pflu/index.html

2) アジアマンス2009福岡
今年20周年を迎えるアジアマンス。様々なイベントが福岡市内各地で開催されます。

アジア太平洋フェスティバル
日時:9月18日(金)~20日(日)11:00~20:00
会場:マリンメッセ福岡
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/

問合せ:福岡アジアマンスインフォメーション
Tel: 092-262-0676

3) シネラ「アジアフォーカス・アーカイブス」
アジアフォーカス・福岡国際映画祭で上映され、図書館で保存している作品のアンソロジー。

期間:9月9日(水)~13日(日)
会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人500円、高・大学生400円、小・中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608 FAX: 092-852-0609

4) アジアフォーカス・福岡国際映画祭
19年目を迎える今年は、アジア16カ国地域の新作・話題作を上映します。

期間:9月18日(金)~27(日)
会場:西鉄ホール、エルガーラホール、福岡国際会議場
チケット:1作品 前売り1,000円(当日1,200円)
     留学生は、当日料金を600円に割引。学生証の提示が必要。
詳細はこちら:http://www.focus-on-asia.com/index.html

問合せ:福岡アジアマンスインフォメーション
Tel: 092-262-0676

5) 世界ハビタット・デーイベント
  詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/
福岡国際シンポジウム
経済成長とともに都市化が進むアジアが直面するさまざまな都市問題について、研究者達が意見交換を行います。
日時:10月5日(月)13:30~16:00
会場:アクロス福岡4階国際会議場
申込締切:9月30日(水)

絵画コンクール作品募集
皆さんは未来の「まち」のために何ができるか考えてみましょう。人々がずっと安心して暮らしていけるような「まち」にするには、何が必要でしょうか?様々な活動を自由に表現してください。
締切:9月11日(金)

問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121 Email: habiat.fukuoka@unhabitat.org

6) こくさいひろばからのお知らせ
  こくさいひろばで開催されるイベントです。要予約。参加無料。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

ちきゅうを知る講座
日時:9月12日(土)、10月10日(土)10:30~

アメリカ留学個人相談
日時:10月25日(日)13:00~17:00

問合せ:こくさいひろば
Tel: 092-725-9200 Email: info@kokusaihiroba.or.jp

7) 福岡アジア文化賞
  アジア文化への貢献を讃える「福岡アジア文化賞」は今年で20周年を迎えました。

授賞式
 日時:9月17日(木)18:20
 会場:福岡国際会議場
市民フォーラム
 日程:9月16日(水)、19日(土)、20日(日)
申込締切:9月10日(木)
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/prize/

問合せ:福岡アジア文化賞公式行事受付係
Tel: 0120-164-290

 8) 着て!見て!アジアの布の“今”
  東南アジアの各地で、普段着として今も愛用されている多彩な布を実際に見て、触れて、着て!魅力を体感してください!

日時:9月19日(土)~25日(金)10:00~18:00
会場:アクロス福岡交流ギャラリー
詳細はこちら:http://www.acros.or.jp/

問合せ:アクロス福岡文化観光情報ひろば
Tel: 092-725-9100


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) バングラデシュのカレーフェスティバル
活動紹介や物販、ジャズライブなどもあります。

期間:9月30日(水)まで
場所:アジア民芸ろまんの道
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/ketoy_event_info.html
 
問合せ:Ketoy.jp
Tel: 092-714-0758 Email: ketoy_jp@yahoo.co.jp

2) カンボジア地雷撤去キャンペーンチャリティ野球チケット
福岡ソフトバンクホークスの協力により、チャリティ野球チケットを販売します。チケット料金の中から500円がカンボジア地雷撤去キャンペーンのチャリティにあてられます。

日時・対戦相手:9月11日(金) 18:00 東北楽天ゴールデンイーグルス
場所:福岡ヤフードーム
料金:2,500円(A指定席引換券)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
TEL: 092-833-7676 Email: info@cmc-net.jp

3) 環境と多文化を学ぶ英語研修
英語のレベルに合わせて、楽しく多文化や環境保護について学ぶ英語研修です。

日時:9月20日(日)~22日(火)
場所:海の中道青少年海の家
対象・定員:小学5年生以上20名
料金:19,000円
締切:9月15日(火)

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 092-934-3553 Email: canada@mba.nifty.ne.jp

4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
安心して外国人を雇いたいと考えている企業にたいし、相談会を開催します。要予約。

日程:9月15日(火)、10月20日(火)、11月10日(火)
時間:10:00~15:00
会場:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0036 Email: support@npo-global.jp

5) ベラルーシ料理教室
  世界3大スープの一つ、ボルシチなどベラルーシの家庭料理に挑戦してみませんか。

日時:9月26日(土)12:00~15:00
場所:古賀市中央公民館調理室(JR古賀駅徒歩6分)
参加費:1,000円(要予約)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841 Email: jimu@cher9.to

6) 福岡・マレーシア友好協会ボランティア募集
  マレーシアに興味のある方、留学生と交流したい方、参加しませんか。

問合せ:福岡・マレーシア友好協会(福岡県中小企業経営者協会内)
Tel: 092-451-8593 Email: sha@chukeikyo.com


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 能楽を体験しよう
着物、袴を着て、能楽の舞、謡、笛、太鼓を体験、習得します。受講料無料。要申込。

日時:9月9日、30日、10月14日、28日 月2回水曜日18:00~
場所:大濠公園能楽堂
初回のみ、扇、足袋借り料として3,000円

申込・問合せ:櫟会 山岡晴美
Tel: 090-5479-3780 Fax: 092-541-3612

2) たのしいおりがみ
外国の方におりがみを楽しんでもらう交流の場です。

日時:9月12日(土)13:30~15:30
場所:福岡市NPOボランティア交流センター(青年センター5F)

問合せ:たのしいおりがみ
Tel: 090-5944-1513 Email: CYJ01275@nifty.ne.jp

3) 九州大学留学生サポートネットワーク「そら」メンバー募集
九州大学の留学生のサポートをする方を募集します。

対象:留学生あるいは国際交流に熱意と興味のある18歳以上の方、月1回のミーティングに参加出来る方。
年会費:2,000円(資料代、通信費)

問合せ:九州大学留学生サポートネットワーク「そら」
Email: solanet@jcom.home.ne.jp


5. エミリーの那珂川ノート

福岡、こんにちは!

皆様、はじめまして!カナダに帰国した前任者ノブオさんに代わり、今月号からレインボーマガジンのコラムを担当するエミリー・ローゼンバーグです。よろしくお願いします。優秀な前任者の後ということで重い責任を感じていますが、新しい仕事へのチャレンジを楽しみにしています。2年前に福岡に来たころのノブオさんのように、私も最初のコラムで自分のことを少し紹介したいと思います。
小さい頃からずっとアメリカのミッドウェスト地域のオハイオ州にあるクリーブランド(Cleveland)の隣のシェーカー・ハイツ(Shaker Heights)という小さい町で育ちました。アメリカの50州の中の、どれがオハイオ州でしょうか?五大湖の真ん中にあるミシガン州の「手袋」の形を地図に見つければ、その南東にあるエリー湖の南側にあるのがオハイオ州です。シェーカー・ハイツより名前が知られたクリーブランドは州の東側の湖岸に沿って位置しています。クリーブランドはロックの殿堂とクリーブランドインディアンスという野球チーム(Go Tribe!)で最もよく知られています。クリーブランドには多種多様な人々が住んでいますが、世界中から医師と患者を惹きつけているクリーブランド・クリニック(大病院)の存在はその理由一つです。こうした街に育ったことで、外国語と文化交流に興味をもつことになったのだと思います。
今年の5月に東アジア研究の学位でニューヨークのコロンビア大学を卒業しました。大学の1、2、4年生は、国際都市のニューヨークで勉強と生活を楽しんで、そして3年生の時、11ヶ月間京都に留学しました。京都では日本語能力の向上に努力し、ホストファミリーと親しい関係を作ったり、じかに日本の伝統と歴史を経験したりすることが出来ました。ニューヨークと京都はもちろん極めて違う雰囲気のある都市ですが、私にとって両市は大好きな場所になりました。留学していた時、関西を回る機会はあったけれど、これまで九州を訪れた事はありませんでした。2週間前に初めて九州に来ました。今までここに住んでいる日本人と外国人共に福岡についていいことしか言わないので、私も福岡が深く知りたいです。この素晴らしい九州の様々な郷土料理を食べたり、温泉につかったりすることも楽しみにしています。
私は新しい知り合いに、どうして日本に興味をそんなに持っているか、とよく聞かれています。ある意味、これは答えやすいけれど、同時に答えにくいです。小さい頃から他の国の文化に興味を持っていて、世界各国の昔話と神話物語を読んだら、各国の特異性に魅了されました。たまに外国に出張した父はいつもその国を代表する人形を持って帰ってくれたのですけれど、他の人形はあの豪華な着物を着ている白い顔の日本人形の美しさに負けました。そして中学校に入ってラテン語を学び始める上で、言語の勉強が好きだと気付いて、現用言語も勉強しようと思いました。日本語の授業を取っている友達のお姉さんの教科書とノートを熟読すると、私も日本語を勉強することを決めました。その時から、言語や歴史、文化を勉強するたびに、日本に対する興味は自然と強くなり、愛情に変わりました。
上記は簡単な説明です。しかし、「具体的に日本の何が好きになった?」と質問されたら、答えをすぐ出せません。今まで10年間日本の勉強が中心となっているので、私の興味がかき立てられた何か一つの事というのはすぐには特定できません。分かっていることは、日本を勉強し続ければ、いつでも新しい経験をするし、日本語に関して乗り越えたいチャレンジもあるし、そして「日本の心」を理解してみたい部分もいつもあります。私と日本の関係というのは、アメリカ人として自分の生来の習慣や考え方と、別の国との類似点と相違点を認めるという終わりのない学習のプロセスです。福岡市では英語圏と日本の文化交流を支援しながら日本に対する理解を深めるこの機会に興奮しています!
先ほど紹介したシェーカー・ハイツやクリーブランドに興味がある方は、次のリンクをご覧になって下さい。
http://www.shakeronline.com/
http://www.mapquest.com/maps?city=Cleveland&state=OH.
質問やコメントがあれば、または「こんにちは、はじめまして!」だけでも、遠慮なくご連絡下さい。それに、私は福岡のことにまだ詳しくないので、ほとんど知られていない素敵な公園や店やレストランについての知識をご共有してくだされば、非常に感謝して嬉しいです。よろしくお願いします!

エミリー・ローゼンバーグ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/