Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol89 October/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
In October, the "Tenjin Picnic 2009" will be held in Tenjin to realize the concept of "a fun walking town." There will be open-air cafes and pedestrian pathways within the area. Let's take this opportunity to join the movement to make Tenjin a better place.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
10月の天神では、天神ピクニックと称して「歩いて楽しいまち」の実現にむけ、オープンカフェや歩行者専用道路などを実施します。みなさんもこの機会に、まちづくりに参加してみませんか。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association 1) The FIA Website now available in Chinese and Korean!

   1) The Home Visit Program for International Student Now Open for Applications
   2) Japanese Language Speech Contest

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Supplementary Income Payment & Child Support Applications are due
   2) Updated H1N1 Influenza Guidance and Support
   3) Cine-la "Korean Art Film Showcase"
   4) Hanoi Vietnam Fair

3. News from FUKU-NET Members

   1) Charity Hair Salon "Snowman"

4. News from Internationally Related Organizations in Fukuoka

   1) Experience Noh Performance

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   "Eco" Logic


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) The FIA Website now available in Chinese and Korean!
The FIA website is now available in Chinese and Korean. Please come visit our website!

2) Home Visit Program for International Student
his program introduces international students to Japanese families for the purpose of deepening mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program duration: Nov. 2009 - Mar. 2010
Eligibility: International students currently enrolled in a college, junior college, language schools, etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: maximum 60
Application form: Available at your college or school's student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: Fill out and turn in the form by mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: Oct. 15 (Thu)

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL 092-733-2220    FAX: 092-733-2215

3) Japanese Language Speech Contest
Foreign residents in Fukuoka will present their experiences and views on Japan in Japanese.

Date: Oct. 25 (Sun.) 13:00
Venue: Fukuoka Women's Center (AIREF 9F Maizuru 2cho-me, Chuo-ku)
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/

Inquiry: Japanese Language Speech Contest Executive Committee
TEL: 092-733-5630


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Supplementary Income Payment & Child Support Applications are due
Have you already applied for your Supplementary Income Payment (teigaku kyufu-kin) and Special Child-rearing Allowance (kosodate ouen tokubetsu teate)? If you have not received the application form yet, please contact the ward office in your neighbor.

Application deadline: Oct. 20 (Tue)

Inquiry: Fukuoka City Supplementary Income Payment Call Center
Tel: 092-771-5101   Fax: 092-771-5105

2) Updated H1N1 Influenza Guidance and Support (As of July 23rd)
*Patients with suspected swine influenza can now be seen at their doctors' offices or at their nearest hospitals or medical institutions.
*However, since not all the hospitals admit infected patients, please call them prior to your visit.
*Please wear your medical mask upon seeing your physician.
*In case you do not have a family physician or are unfamiliar with medical institutions in your area, please contact the Swine Flu Consultation Hotline below for help.

Swine Flu Consultation Hotline (Business hour: 9:00 -17:00)
  Higashi Health Center: 092-645-1078
  Hakata Health Center: 092-419-1091
  Chuo Health Center: 092-761-7328
  Minami Health Center: 092-559-5116
  Jonan Health Center: 092-832-5210
  Sawara Health Center: 092-851-6012
  Nishi Health Center: 092-895-7073
Swine flu information: on Fukuoka City Website in Japanese: http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/kansen/pandemicflu/p_flu_change.html

3) Cine-la "Korean Art Film Showcase"
In commemoration of the Fukuoka Busan Friendship Year 2009, Cine-la presents art film masterpieces from Korea. Please note that all films are subtitled only in Japanese.

Duration: thru. Oct. 23 (Fri.)
Fee: Adult 800 yen, Univ. & H.S. Student 700 yen, J.H.S. & Elem. Student 600 yen
Films
  Tale of Cinema ('05, 89min.)
  Possible Changes ('04, 114min.)
  Boys of Tomorrow ('06, 93min.)
  For Eternal Hearts ('07, 103min.)
  Driving with My Wife's Lover ('06, 92min.)
  With A Girl of Black Soil ('07, 89min.)
  The Unforgiven ('05, 121min.)
  Grain in Ear ('05, 109min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609   URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

4) Vietnam Fair
In celebration of the Fukuoka-Hanoi Friendship Agreement and the opening of Vietnamese Consulate-General in Fukuoka, this event introduces various aspects of Vietnamese culture.

Duration: Oct. 7 (Thu.) - 12 (Mon./holiday)
Venue: Kyushu National Museum

Inquiry: Fukuoka Prefecture International Relations Bureau
Tel: 092-643-3218    Email: intrel2@pref.fukuoka.lg.jp


3. News from FUKU-NET Members

1) Charity Hair Salon "Snowman" 2009
Have your hair cut by a professional hairstylist and help raise money for medical aid for the victims of Chernobyl. A good way to be stylish while helping those in need.

Date/Time: Oct. 12 (Mon/holiday) 10:00 - 15:00
Venue: Omura Hair Dressing College, OMUNIS Studio
             (2F Tryent Yamasaki, 2-1-35, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Charge: 1,500yen (with shampoo, haircut and hair blow) *no perm or coloring
Reservation recommended.

Inquiry/Reservation: Assistance movement to Chernobyl
TEL/FAX: 092-944-3841    E-mail: jimu@cher9.to    URL: http://www.cher9.to/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Experience Noh Performance
Learn how to dance, sing and play musical instruments used in classical Noh performance (interpreters provided). Enrollment is free but application is required.

Dates: Oct. 14, 28 (Wednesdays)
Venue: Ohori Koen Nohgakudo
Note: On your first session, 3,000 yen will be charged as a rental fee for a pair of Tabi socks and an Ohgi fan.

Inquiry: Ms. Harumi Yamaoka (Ichii-kai)
Tel: 090-5479-3780


5. Emily's Notes from the Nakagawa

"Eco" Logic

Here in Japan, eco is in. Between all the eco-bags, eco-cars, and eco-homes, not a day goes by that I do not hear something about a new "eco" option for consumers. I must say, overall I am very impressed by Japan's "eco" attitude and recycling practices. Strict garbage separation ensures that plastics, metals, and glass are properly recycled, while the wide presence of resale shops encourages citizens to sell or donate used clothes, furniture, and house wares, instead of simply disposing of them. This covers two of the three R's (reduce, recycle, reuse), but what about "reduce?"
Despite the fact that Japan has excellent recycling programs, there are still vending machines full of PET bottles on nearly every street corner, beckoning you to buy a refreshing beverage, and I can practically hear the rainforests weeping at the number of fliers thrust into my hands or stuffed into my mailbox on a daily basis. I experienced a similar situation in New York as a college student, where so many people head to class or work with paper coffee cup in hand. Of course, I was often that very cup-toting culprit, since it was quick and easy to pop into a coffee shop and grab a cup before class, rather than to make the effort of brewing coffee myself and carrying it around in a spill-proof mug.
Being here in Japan, in the midst of readily-available bottled and canned coffees, while at the same time constantly encouraged to be "eco"-minded, I feel a clear sense of the struggle between consumerism and waste reduction. I know that sustainable practices can only be good for my well-being, and of course that of the earth. However, they are certainly not the easiest or most readily apparent lifestyle options. For example, many places in the United States do not even have obligatory recycling programs, and those individuals who want to recycle must take their own waste to recycling stations. Perhaps the heart of the problem is that we have created so many conveniences for ourselves in this modern era, such as coffee to-go and endless hot water, that we cannot see a way to function without them, even though we now realize that many such conveniences are not earth-friendly.
This dilemma is only one among many "eco"-related issues, and it makes me wonder about the motivation for and the effectiveness of the "eco" movement. Is "eco" just a fad - something trendy to follow for a while and then move on, like bell-bottom jeans - or will it have the staying power of Hello Kitty?
Do we choose to think "eco" because the commercials for eco-cars are so adorable, or because eco-bags come in so many pleasing colors? Or do we choose to adopt an "eco" lifestyle because we truly want to help make a change for the better?
As I finish up this article, I am sitting at my desk feeling somewhat ashamed about the plastic bottle of coffee I bought this morning. I really want to be one of those people who adheres to the three "R's," but I know I will have to make some significant lifestyle changes if I am to succeed at this. Although I still have not managed to reduce my own waste-production in terms of handy beverages, I think that living here in Japan as a shakaijin (member of society) will help me develop more "eco" practices. Since I am paying for my own utilities for the first time in my life, I want to reduce the amount of water, gas, and electricity I use, saving some money in the process. It is said that "good things don't come easy," and I think it could not be more true in regards to making the Earth a cleaner, healthier, happier place. Of course, this will not happen overnight, but I want to play my part in helping it happen. The first thing to go will be the bottled coffee!
What do you think about Japan's interest in everything "eco?" Do you have any good suggestions for "eco" living? I am excited to hear your thoughts!

Emily Rosenberg
http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 中国語・韓国語サイトできました
  2) 外国人学生ホームビジット交流外国人学生参加者募集
  3) 地球市民どんたく2009開催
  4) イポー青少年交流訪問団ホストファミリー募集
  5) 日本語・韓国語弁論大会
  6) あったか福岡お知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 定額給付金と子育て応援特別手当
  2) 新型インフルエンザ
  3)  シネラ「韓国アートフィルム・ショーケース」
  4)  こくさいひろばお知らせ
  5) 英語弁論大会出場者募集
  6) ハノイ・ベトナムフェア

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) JICA秋の募集体験談&説明会
  2)  チャリティヘアサロン・スネガビーク2009
  3) ワーキング・ホリデー説明会
  4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
  5) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 日本の伝統芸能能楽を体験しよう
  2) カナダ留学相談会

5. エミリーの那珂川ノート

  「“エコ”ロジック」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) 中国語・韓国語サイトできました!
国際交流協会のサイトに、中国語、韓国語が加わりました。ご活用ください。

2) 外国人学生ホームビジット交流外国人学生募集!
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

対象者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。
申込締切:10月15日(木)

申込・問合せ先:レインボープラザ
TEL: 092-733-2220  FAX: 092-733-2215

3) 地球市民どんたく2009
福岡を拠点に国際協力・交流を行う団体が一同に会し、活動を紹介します。
期間:10月10日(土)・11日(日)11:00~
会場:アクロス福岡2階交流ギャラリー、1階アトリウム

国際協力セミナー
「国際協力~小さな一歩、いま、ここから~」をテーマに様々な方面で活躍される方々を招き、国際協力について一緒に考えます。
日時:10月11日(日)13:00~16:30
場所:アクロス福岡7階 大会議室(中央区天神1-1-1)
申込:(1)住所、(2)氏名、(3)年齢、(4)性別、(5)TEL番号を記入の上、電話かファクス、Eメールにて協会へ。
入場無料。定員100名、定員になり次第締め切り。

4) イポー青少年交流訪問団ホストファミリー募集
福岡市の姉妹都市であるイポー市から来福する青少年(12歳~17歳)8名と引率者2名をご家庭に迎えてくださるホストファミリーを募集します。

期間:12月8日(火)~15日(火)7泊8日
条件:期間中の朝夕に福岡市役所への送迎ができる、同世代の青少年のいる家庭
締切:10月16日(金)
申込方法:電話、FAX、Emailにて協会へ。追って申込用紙を郵送します。

5) 日本語・韓国語弁論大会
  外国人による日本語スピーチコンテスト
日本語教室や日本語学校で学ぶ生徒・学生のみなさんが日本語で日本生活について話します。ぜひ、聞きに来て下さい。
日時:10月25日(日)13:00
会場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

福岡韓国語弁論大会
福岡都市圏で韓国語を学ぶみなさんが韓国語で発表します。
日時:11月15日(日)14:00
会場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

6) あったか福岡お知らせ
  詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/
外国人学生歓迎交流事業参加者募集
本年入学された外国人学生を歓迎する交流会です。市民のみなさんのご参加をお待ちしています。要事前申込。
日時:11月3日(火・祝)10:00
集合:大宰府政庁跡地
募集:日本人先着150名
締切:10月23日(金)

外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。
日時:10月15日(木) 18:30
会場:あったかサロン
語り手:唐璐璐(とう ろろ)さん(中国・河北省出身)
福岡市国際部国際交流員


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 定額給付金と子育て応援特別手当
申請期限が迫っています。給付を受けるには申請が必要です。

申請期限:10月20日(火)
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kyufukin/life/kyufukin_kosodate_front.html

2) 新型インフルエンザについて
冬に向けて、感染予防に努めましょう。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/pflu/index.html

3) シネラ「韓国アートフィルム・ショーケース」
現代韓国を描き出すアートフィルムの秀作を特集。

期間:10月23日(金)まで
会場:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
観覧料:大人800円、高・大学生700円、小・中学生600円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608  FAX: 092-852-0609

4) こくさいひろばからのお知らせ
こくさいひろばで開催されるイベントです。要予約。参加無料。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

人権相談
10月から第2土曜日になります。
10月10日(土)13:00
ちきゅうを知る講座
日時:10月10日(土)10:30~
アメリカ留学個人相談
日時:10月25日(日)、12月13日(日)13:00~

問合せ:こくさいひろば
Tel: 092-725-9200  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

5) 英語弁論大会出場者募集
  福岡市内在住または市内の高校に通う高校生を募集します。

日時:12月20日(日)13:30~
場所:婦人会館大研修室(あいれふ9階)
テーマ:自由、ただし自作で未発表であること
応募方法:弁論原稿(日英各A4 1~2枚)にテーマ、学校名、学年、氏名、住所、電話番号を記入の上、
       下記まで郵送または持参。
締切:10月21日(水)必着

問合せ:福岡市姉妹都市委員会
Tel: 092-711-4023

6) ハノイ・ベトナムフェア
  ハノイ市との友好提携、在福岡ベトナム総領事館開設を記念して、伝統舞踊や伝統楽器、雑貨、食文化などベトナムの魅力を体感できるイベントです。

日時:10月7日(水)~12日(月・祝)
会場:九州国立博物館

問合せ:福岡県国際交流局交流第二課
Tel: 092-643-3218


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICA秋の募集 体験談&説明会
青年海外協力隊、シニア海外ボランティアの募集が始まりました。
期間:11月9日(月)まで
説明会:10月5日(月)、14日(水)、29日(木)19:00~、18日(日)16:00~
会場:アクロス福岡7階大会議室
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html
問合せ:JICA九州市民参加協力課
Tel: 093-671-8349  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp

JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日時:毎週木曜日11:00~17:00
場所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相談員:稲森 千佳(元青年海外協力隊員・タンザニア派遣)
予約・問合せ:JICAデスク福岡
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) チャリティヘアサロン・スネガビーク2009
プロのスタイリストに髪を切ってもらい、収益はチェルイノブイリ事故で被害を受けた人たちへの医療支援になります。

日時:10月12日(月・祝)10:00~15:00
会場:大村美容専門学校オムニス・スタジオ
メニュー:1,500円(シャンプー、カット、ブロー)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

申込・問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel/Fax: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

3) ワーキング・ホリデー説明会
ワーキング・ホリデーについての基本的な説明を講演形式で行います。

日時:10月18日(日)14:00~
場所:こくさいひろば
定員:50名(要予約)

申込・問合せ:日本ワーキング・ホリデー協会
Tel: 090-3546-3972  URL: http://www.jawhm.or.jp/

4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
安心して外国人を雇いたいと考えている企業向けの相談会を開催します。要予約。

日時:10月20日(火)、11月10日(火) 10:00~15:00
会場:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

5) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ
   「英語で一芸」の意味でE-1グランプリとしました。スピーチ、スキット、歌、落語、ラップ等各自の得意とする方法で伝えたい事を発信してください。

日時:2010年1月17日(日)13:30~
会場:山口県国際交流センター(下関市海峡メッセ下関内)
締切:12月1日(火)
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 083-231-7111  Email: canada@mba.nifty.com

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 能楽を体験しよう
着物、袴を着て、能楽の舞、謡、笛、太鼓を体験、習得します。受講料無料。要申込。

日時:10月14日、28日 月2回水曜日18:00~
場所:大濠公園能楽堂
初回のみ、扇、足袋借り料として3,000円

申込・問合せ:櫟会 山岡晴美
Tel: 090-5479-3780  Fax: 092-541-3612

2)  カナダ留学相談会
カナダの学校関係者も参加します。

日時:10月29日(木)16:00~
会場:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.ceacanada.org/

問合せ:カナダ教育連盟関西オフィス
Tel: 078-230-6307  Email: cea.kobe@gol.com


5. エミリーの那珂川ノート

「エコ」ロジック

最近、「エコ」がはやっているでしょう。エコバッグ、エコカー、エコホームなど、毎日新しい「エコ何か」について聞く気がします。全体として、私は日本の「エコ」という考え方とリサイクリング活動に感心しました。プラスチック、金属、ガラスのものは適正に処分するために、厳しい規則があります。それに、古着と古い家具は捨てる代わりに、リセールショップで売る事はすぐ出来ます。これらは3R(リデュース・リユーズ・リサイクル)の二つを占めますが、「リデュース」はどうでしょうか?
日本は素晴らしいリサイクルの基盤があるのに、どこの道端にもペットボトルがいっぱいの自動販売機があり、そして毎日チラシが私の手に何枚も差し出され、郵便箱にも入れられています。ニューヨークに住んでいた時、同じようなことを経験しました。朝の授業に行くとき、コーヒーの紙コップを持ち仕事か学校に通っている人がものすごく多かったです。自分でコーヒーを入れて、再利用できるマグを使うよりも、喫茶店でコーヒーを買う事が断然速くて便利だったので、その点では私も同罪でした。
日本にいる私は、いつでも入手できるボトルや缶入りのコーヒーに囲まれつつ、同時に環境に優しい活動を考えることを絶えず求められています。こういう訳で、消費行動とごみ減量化の間の葛藤をはっきり感じます。持続可能な行動は私と地球にいいことばかりだと分かりますが、最も簡単で分かりやすい生活様式ではありません。例えば、アメリカでは義務的なリサイクル制度がほとんどないので、リサイクルしたい場合は特別なリサイクル・ステーションにごみを運ばなければなりません。問題の中心には、現代の色々な便利さは地球に優しくないと気付いたのですが、その便利さなしで生き続ける方法がわからないと私は考えています。
この問題を考えると、「エコ」活動の動機と有効性は本当に何かと疑ってしまいます。「エコ」ということはベルボトムのズボンのような一時的な流行だけでしょうか?またはキティちゃんみたいな耐久力があるのでしょうか?エコカーのCMは非常にかわいいから、または様々な素敵な色のエコバッグがあるから「エコ」を考えることを決めますか?もしくは、正直に地球の状況を改善したいからでしょうか?
この記事を書きながら、コンビニで買ったボトルコーヒーを見て、恥ずかしくなります。3Rを実践する人になりたいのですが、成功させるには生活を大きく変えなければならないと分かっています。便利なボトル飲料の消費を減らすことはまだ出来ていませんが、「エコ」生活をすすめるために社会人として日本に住むことは非常にいいと思います。今、生まれて初めて自分で水道光熱費を支払っているので、水・電気・ガスを減量しながら、節約したいと思います。「良いことは簡単にやって来ない」と言われていますが、地球をより美しく、健全で幸福な場所にすることもそうじゃないですか?一晩で出来ることではありませんが、するべきことをするように自分の役目を果たしたいと思います。最初は、毎日ボトルコーヒーを買わないようにすることです!
日本の「エコ・ブーム」をどう思いますか?何か「エコ」生活のお勧めはありませんか?皆さんのご意見を聞かせて下さい!

エミリー・ローゼンバーグ
http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact rainbow@rainbowfia.or.jp.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For Fukuoka Rainbow Magazine Subscription/Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除はrainbow@rainbowfia.or.jp までご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※「レインボーメールマガジン」の登録・解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   FAX: 092-733-2215  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/