Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.90 November/05/2009

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
As the seasons change from autumn to winter, pandemic H1N2 remains a threat in Fukuoka and across the nation. It's important for each individual to take preventive measures such as washing hands, keeping rooms humid and ventilated, etc.

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
秋が深まり、だんだんと冬が近づいているのを感じます。福岡でも新型インフルエンザが猛威をふるっています。気をつけましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Living in Fukuoka is now updated!
   2) Notification of the Discontinuation of the "EXCHANGE" Message Board
   3) Wednesday Health consultation cancellation
   4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other
    Affiliated Organizations

   1) Mischellaneous Consultation Services at Kokusai Hiroba
   2) Hakata Jocho Meguri (Walking tour in Hakata area)
   3) Information from Fukuoka City
   4) English Speech Contest

3. News from FUKU-NET Members

   1) Fukuoka Overseas Students' Culture Show 2009
   2) OISCA Harvest Thanksgiving Fair

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Experience Noh Performance
   2) International Environment Seminar & Workshop
   3) Indonesian Charity Day

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   Halloween: Autumn Frights and Delights


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) Living in Fukuoka is now updated
Information in the Living in Fukuoka section of the FIA website is now updated. Please come visit our website!

2) Notification of the Discontinuation of the "EXCHANGE" Message Board
Lately, there have been many issues regarding the improper use of the "EXCHANGE" message board and trouble amongst its users. Because of this, as of November 30th, use of the "EXCHANGE" message board will be discontinued.

3) Wednesday Health consultation cancellation
The health consultation on December 9th is cancelled due to the doctor's absence.

4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Nov. 19 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Mukhtarov Shamkhal (Baku, Azerbaijan)
               Kyushu University Faculty of Economics
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Miscellaneous Consultation Services at Kokusai Hiroba
Free consultation services are available at Kokusai Hiroba and confidentiality is guaranteed.
Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/e00top/index.htm

Consultations by phone
Business hours: 9:00-17:00 (closed on Saturdays, Sundays and public holidays)
Interpreters: English, Chinese, Korean and other languages
Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-441-0004

Human Rights Counseling for Non-Japanese
Human rights consultants are available with English interpreters to discuss various issues related to human rights such as racism, employment, housing, etc.
Date/time: every second Saturdays 13:00-16:00
Venue: Kokusai Hiroba
Inquiries: Fukuoka Legal Affairs Bureau, Human Rights Counseling Center
Tel: 092-721-9166

2) Hakata Jocho Meguri 2009
Take walking tours around the Hakata area with volunteer guides and enjoy its 2000-year-long-history.

Duration: Nov. 5 (Thu) - 8 (Sun), 12 (Thu)-15 (Sun)
Further information: http://hakata-meguri.city.fukuoka.lg.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Kanko Annai Guide Kyokai
Tel: 092-283-2111

3) Information from Fukuoka City
Welcome supporter recruitment
The Fukuoka Convention and Visitors Bureau is looking for "Welcome Supporters", who act as volunteer interpreters and guides to help tourists visiting Fukuoka City both from within and outside of Japan.

Application and Inquiry: Fukuoka Convention and Visitors Bureau
Tel: 092-733-5050

Fukuoka City Children's Plaza
The Fukuoka City Children's Plaza welcomes parents and infants anytime to have fun together. Children's Plazas support parenting by providing consultation and information exchange.
The Higashi Ward Children's Plaza holds a "Foreign Mom's Meeting" from 10:30 a.m. on the first Saturday every month.
The Sawara Ward Children's Plaza holds an "International Day" from 10:00 a.m. on the first Thursday every month.
Inquiry:
Higashi Ward Children's Plaza    Tel/Fax: 092-663-3263
Sawara Ward Children's Plaza    Tel: 092-846-9207   Fax: 092-846-9208
Hakata Ward Children's Plaza    Tel/Fax: 092-472-6006
Chuo Ward Children's Plaza       Tel: 092-741-3564
Minami Ward Children's Plaza    Tel/Fax: 092-511-3561
Jonan Ward Children's Plaza     Tel/Fax: 092-831-4212
Nishi Ward Children's Plaza       Tel: 092-882-7532

4) English speech contest
High school students residing in or commuting to high schools in Fukuoka City will challenge English speech. Please come and give them your support.

Date/time: Dec. 20 (Sun.) 13:30
Venue: Lecture room, Fujin kaikan (AIREF 9F)

Inquiry: Fukuoka Sister City Committee
Tel: 092-711-4023

3. News from FUKU-NET Members

1) Fukuoka Overseas Students' Culture Show 2009
Overseas students residing and studying in Fukuoka prefecture will perform songs and dances.

Date/Time: Nov. 7 (Sat) 13:00 - 17:00
Venue: Sawara Civic Center
Fee: Adult 500yen / Free for overseas students and Japanese students

Inquiry: Fukuoka Overseas Students Association
TEL/FAX: 092-725-5663    E-mail: fosa2009@googlegroups.com

2) OISCA Harvest Thanksgiving Fair
Let's enjoy the taste of the harvest by eating vegetables, rice, and other crops grown by trainees from various countries, as well as watch them put on traditional performances.

Date/time: Nov. 14 (Sat) 10:00-14:00
Venue: OISCA Nishi Nippon Training Center
Fee: 1,500yen
Further information: http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/index.html

Application/inquiry: OISCA Nishi Nippon Training Center
Tel: 092-803-0311    Email: oiscantc@oisca.org


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Experience Noh Performance
Learn how to dance, sing and play musical instruments used in classical Noh performance (interpreters provided). Enrollment is free but an application is required.

Dates: Nov. 11, 18 (Wednesdays)
Venue: Ohori Koen Nohgakudo
Note: On your first session, 3,000 yen will be charged as a rental fee for a pair of Tabi socks and an Ohgi fan.

Inquiry: Ms. Harumi Yamaoka (Ichii-kai)
Tel: 090-5479-3780

2) International Environment Seminar & Workshop
Ms. Margaret Wertheim, head of the Institute for Figuring will talk about the "Coral Reef Project" and lecturers from NPOs will present their projects.

Date/time: Nov. 15 (Sun) 13:00
Venue: Kyushu University Ohashi Satellite
Fee: 2,000yen
Further informationa: http://www.kodomo-abc.org/

Application/inquiry: Kodomo Bunka Community
Tel: 092-552-1540    Email: info@kodomo-abc.org

3) Indonesian Charity Day
This is an event full of Indonesian culture with many guests from Indonesia. The proceeds of each contribution will be used as scholarship money for children who need financial aid for school education.

Date/time: Nov. 21 (Sat.) 14:00 -16:00
Venue: Fukuoka Shonen Kagaku Bunka Kaikan Hall
Admission: Adult 1,000yen, J.H. & H.S. Student 500yen
Further information: http://temanhati.yoka-yoka.jp

Inquiry: The Association for Aid to Indonesian Child Education
TEL: 092-738-1830    Email: teman-hati@u01.gate01.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa

Halloween: Autumn Frights and Delights

By the time this issue of the mail magazine is published, November will have rolled around and the grinning pumpkin decorations and character costumes will have disappeared from store shelves. Yes, this will mean that Halloween, which has long been my favorite holiday, is over for another year. Like other western holidays including Christmas and Easter, today's Halloween is incredibly commercialized. What many people may not realize as they decorate their homes in orange and black, with fake cobwebs, paper bats, and carved jack-o'-lanterns, is that the holiday has a long history originating in several ancient religious festivals, and that some aspects of these age-old traditions have carried through to our modern celebration.
Halloween can first be traced back nearly 2,000 years to the Celtic festival called Samhain (pronounced "sow-in") that was held yearly at the close of the harvest season, around November 1st in the modern calendar. The Celts believed that spirits returned to walk the earth on the eve of this festival-not unlike Obon in Japan! To honor and placate these spirits, the Celts would dress in costumes and raise sacred bonfires. In the 9th century, Samhain fell under the influence of the growing power that was the Christian church and became analogous with All Saint's Day, also celebrated on today's November 1st. On this day, the Christians honored their many saints. All Saint's Day also came to be known as "All Hallows Day" (hallow meaning sacred), and so the night before was known as "All Hallow's Evening," or "All Hallow's Eve." From the Old-English version of this term, we get the familiar name "Halloween!"
The Halloween celebrated today is largely secular, but several of its defining features stem back to the holiday's ancient origins. Have you ever wondered why carved pumpkins, known as "jack-o'-lanterns" in America, are such a prominent symbol of Halloween? The carving of lanterns out of vegetables, such as turnips and rutabagas, is an old tradition from Ireland and Great Britain, where people would put their vegetable lanterns on their window sills to ward away malicious spirits. Because big, orange pumpkins are in season around this time of year in the US, we use them to carve lanterns with ghoulish or funny faces and set them near our front doors. And then we make pumpkin pie! And trick-or-treating, the act of begging for candy at each of your neighbor's houses, comes from the tradition of "souling," or begging for food in exchange for singing a prayer for the dead on All Saint's Day.
Halloween has always been my favorite annual holiday for many reasons. When I was a child, I anticipated being able to wear my costume to school for our class Halloween party, and going trick-or-treating around the neighborhood after dark with my friends and our parents. When I became a bit older, I trick-or-treated for UNICEF, collecting spare change instead of receiving candy. And when I was too old to trick-or-treat, I would always get together with my best friend on Halloween night to watch horror movies, gorge ourselves on candy, and shriek in terror to our hearts' delight. Although I have become a young adult, I still love to plan my costume for Halloween each year and attend masquerade parties. There are so few excuses to dress up and pretend to be someone or something you are not, so I continue to enjoy doing so on Halloween. The holiday also falls at a very special time of the year-my favorite season-when delicious foods abound and the air is crisp with impending winter.
As I write this article, I am excited to discover what Halloween is like in Fukuoka. If you choose to celebrate the holiday, I wish you a very Happy Halloween! And to all my readers, I hope that you are enjoying the beautiful autumn colors, the season's tasty dishes, and the warmth of good company!

Emily Rosenberg


Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) リビングイン福岡新しくなりました!
  2) レインボープラザ掲示板EXCHANGE閉鎖
  3) 韓国語弁論大会
  4) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) こくさいひろば外国人相談窓口
  2) アメリカ留学相談
  3) 博多情緒めぐり2009
  4) 福岡市からのお知らせ
  5) 英語弁論大会

3. FUKU-NET団体からの情報
  1) 福岡県留学生文化ショー2009
  2) なーるほど!the NGO
  3) JICA秋の募集
  4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
  5) オイスカ収穫感謝祭
  6) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ
  7) バングラデシュ探訪ツアー

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 日本の伝統芸能能楽を体験しよう
  2) 国際環境セミナー&ミニワークショップ
  3) インドネシア・チャリティ・デイ

5. エミリーの那珂川ノート

  ハロウィーン:秋の恐怖と歓喜


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630   FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) リビングイン福岡新しくなりました!
国際交流協会サイトのリビング・イン福岡が更新されました。ぜひ、ご活用ください。

2) レインボープラザ掲示板EXCHANGE閉鎖
掲示板「EXCHANGE」については、最近本来の目的を逸脱した利用が見受けられ、利用者間のトラブルも発生しています。そのため、11月30日をもって「EXCHANGE」を閉鎖します。

3) 韓国語弁論大会
福岡都市圏で韓国語を学ぶみなさんが韓国語で発表します。ぜひ聴きに来て下さい。

日 時:11月15日(日)14:00
会 場:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

4)  外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
毎週水曜日に行っている相談ですが、12月9日は、医師不在のためお休みです。

5) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」 
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:11月19日(木) 18:30
会 場:あったかサロン
語り手:ムクタロフ・シャムハルさん(アゼルバイジャン・バクー出身)
    九州大学経済学部経営学科
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) こくさいひろば外国人相談窓口
相談は無料、秘密厳守。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/gaikokujin/soudan/soudan_1.htm

こまったことがあれば電話相談でサポートします。
対応日時:平日(土日祝休み)9:00~17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語ほか
電話番号:092-441-0004(グローバルライフサポートセンター)

人権相談
弁護士資格をもった人権擁護委員が対応し、英語の通訳が同席します。
日 時:毎月第2土曜日 13:00~16:00
場 所:こくさいひろば

問合せ:福岡法務局人権擁護部第一課
Tel: 092-721-9166

2) アメリカ留学相談
アメリカ留学の魅力、大学の選び方など役立つ情報を提供します。要事前予約。

日 時:12月13日(日)13:00~17:00 1人20分程度
場 所:こくさいひろば

申込・問合せ先:こくさいひろば
Tel : 092-725-9200

3) 博多情緒めぐり2009
二千年の歴史を持つ博多の町をガイドの魅力的な案内でめぐってみませんか。

期 間:11月5日(木)~8日(日)、12日(木)~15日(日)
コースなど詳細はこちら:http://hakata-meguri.city.fukuoka.lg.jp/

問合せ:福岡市観光案内ボランティア協会
Tel: 092-283-2111

4) 福岡市からのお知らせ
ウェルカムサポーター募集
詳細はこちら:http://www.welcome-fukuoka.or.jp/about/285.html

福岡市こどもプラザ
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/lifeevent/kodomo-kosodate/index.html


5) 英語弁論大会
  福岡市内在住または市内の高校に通う高校生が英語のスピーチに挑戦します。ぜひ聴きに来て下さい。

日 時:12月20日(日)13:30
場 所:婦人会館大研修室(あいれふ9階)

問合せ:福岡市姉妹都市委員会
Tel: 092-711-4023


 
3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡県留学生文化ショー2009
福岡県内の留学生が文化を紹介します。歌や踊りもあります。

日 時:11月7日(土)13:00~17:00
場 所:福岡市立早良市民センター
入場券:一般500円 留学生、就学生、日本人学生無料

問合せ:福岡県留学生会
Tel: 092-725-5663  Email: fosa2009@googlegroups.com

2) NGOカレッジ「な~るほど!the NGO」
国際協力の一歩を踏み出しましょう!

日時/場所:11月8日(日)、22日(日)14:00~17:00 あすみん
       29日(日)14:00~17:00 アクロス福岡セミナー室
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

申込・問合せ:NGO福岡ネットワーク
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

3) JICA秋の募集
青年海外協力隊、シニア海外ボランティア募集
期間:11月9日(月)消印有効
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

問合せ:JICA九州市民参加協力課
Tel: 093-671-8349  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp

JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日 時:毎週木曜日11:00~17:00
場 所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内 容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相談員:稲森 千佳(元青年海外協力隊員・タンザニア派遣)

予約・問合せ:JICAデスク福岡
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
安心して外国人を雇いたいと考えている企業向けの相談会を開催します。要予約。

日 時:11月10日(火)、12月15日(火)10:00~15:00
会 場:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

5) オイスカ収穫感謝祭
  海外研修生が丹誠込めて育てた野菜やお米を使って、ひと味違う国際色豊かな秋の味覚を楽しむ事ができます。また、収穫コーナー、料理コーナー、ステージなどイベント盛りだくさんです。要事前申込。

日 時:11月14日(土)10:00~14:00
場 所:オイスカ西日本研修センター
参加費:1,500円
詳細はこちら:http://ww6.tiki.ne.jp/~oisca/index.html

申込・問合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org

6) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ
  「英語で一芸」の意味でE-1グランプリとしました。スピーチ、スキット、歌、落語、ラップ等各自の得意とする方法で伝えたい事を発信してください。

日 時:2010年1月17日(日)13:30~
会 場:山口県国際交流センター(下関市海峡メッセ下関内)
締 切:12月1日(火)
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 083-231-7111  Email: canada@mba.nifty.com

7) バングラデシュ探訪ツアー
  バングラデシュの今を、さまざまな活動を見る事により、私たちにできることを一緒に考えてみませんか。

日 程:2010年2月6日(土)~14日(日)
締 切:12月15日(火)
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/

申込・問合せ:KETOY.jp
Tel: 092-714-0758  Email: ketoy_jp@yahoo.co.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 能楽を体験しよう
着物、袴を着て、能楽の舞、謡、笛、太鼓を体験、習得します。受講料無料。要申込。

日 時:11月11日、18日 月2回水曜日18:00~
場 所:大濠公園能楽堂
初回のみ、扇、足袋借り料として3,000円

申込・問合せ:櫟会 山岡晴美
Tel: 090-5479-3780  Fax: 092-541-3612

2) 親子で学ぼう!国際環境セミナー&ミニワークショップ
地球やクジラをテーマに各地をまわる展示のお話を聞いて世界の珊瑚を守るために編み物で各国の珊瑚礁をつなぐプロジェクトに参加しませんか。

日 時:11月15日(日)13:00
会 場:九州大学大橋サテライト
参加費:2,000円
詳細はこちら:http://www.kodomo-abc.org/index.html

問合せ:子ども文化コミュニティ
Tel: 092-552-1540  Email: info@kodomo-abc.org

3) インドネシア・チャリティ・デイ
インドネシアの文化を楽しむイベントです。インドネシアからゲストも来日予定。

日 時:11月21日(土)14:00
場 所:福岡市立少年科学文化会館大ホール
料 金:大人1,000円 中高生500円 小学生以下無料
詳細はこちら:http://temanhati.yoka-yoka.jp/

問合せ:インドネシアの子供の教育を救う会
Tel: 092-738-1830  Email: teman-hati@u01.gate01.com


5. エミリーの那珂川ノート


ハロウィーン:秋の恐怖と歓喜

この記事が出る頃には、もう11月になって、笑い顔のパンプキンの飾り物とキャラクター衣装などは店からなくなっているでしょう。つまり、私の一番好きなハロウィーンが終わってしまったということです。クリスマスとイースターのように、近代ハロウィーンはすっかり商業化されてしまいました。オレンジ色と黒い物で家を飾りながらも知らないかもしれないのは、ハロウィーンがいくつかの古代の祝祭日に起源をもつということです。この長い歴史を持つお祭りの大昔から今まで続いている習慣を少し見てみましょう。
ハロウィーンの最も古い起源とは2千年ほど前に始まったケルトの「サウイン」というお祭りです。このお祭りは収穫期、つまり新暦の11月1日ごろに行われました。日本のお盆のように、サウインに死者の霊が地球上に戻ると信じられていました。この霊を祭るために、ケルト達は仮装したりかがり火を焚いたりしました。9世紀には、サウインはキリスト教の影響を受け、同じ11月1日に行われた万聖節(オール・セインツ・デー)と統合されました。この日、キリスト教信者は聖人全員を祭っていました。万聖節の他の名前は「オール・ハローズ・デー」だったので、その前夜は「オール・ハローズ・イブ」と呼ばれました(ハローズは聖人達という意味です)。この古英語から、この名前は私達になじみのある「ハロウィーン」になってきました!
今のハロウィーンは宗教的な祝祭日ではないけれど、特徴のいくつかは現代にも伝わっています。「ジャック・オ・ランタン」というパンプキンのちょうちんはなぜハロウィーンのシンボルになったのか、と思ったことはありませんか?悪霊を払うために、カブとルタバガ(カブの一種)で作られたちょうちんを窓際に置いたというアイルランドとイギリスの古い伝統から来たのです。アメリカでは、この頃が大きいオレンジ色のパンプキンの旬なので、小さい根菜の代わりに、おぞましい又はおかしい顔を彫ります。その後、くりぬいた中身でパンプキン・パイを作ります!トリック・オア・トリート、つまり近所の家で「お菓子をくれないといたずらするよ」と言う習慣は、「ソウリング」という、食べ物をもらえるように万聖節に死者の霊に祈りをささげる伝統から発展しました。
様々な理由で、ハロウィーンは一年の中で私の一番好きな祭日です。子どもの頃、小学校のハロウィーン・パーティーに衣装を着ることや夕方に友達や親と一緒に近所にトリック・オア・トリートすることを毎年非常に楽しみにしていました。中学校の頃、お菓子の代わりにユニセフのために小銭を集めました。トリック・オア・トリートする年齢を超えてからは、高校の親友とホラー映画を見たりお菓子を食べたりする習慣になりました。成人となった今でも、ハロウィーン衣装を準備したり仮装パーティーに行ったりすることが好きです。日常生活では、他の物のふりをする機会はあまりないでしょう?それに、ハロウィーンは美味しい食べ物が豊かで、爽やかな日々が続く秋に開催されているので、非常に魅力的な祭日だと思います。
この文章を書きながら、福岡で行われているハロウィーンはどんな感じだろうと想像しています。ハロウィーンを祝う読者に、「ハッピー・ハロウィーン!」を言いたいです。そして読者の皆様は、この季節の素敵な紅葉、食べ物、良い仲間のぬくもりを楽しめますように!

エミリー・ローゼンバーグ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For "MagMag Fukuoka Rainbow Magazine Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除は http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/ よりご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※まぐまぐ版「レインボーメールマガジン」の解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/