Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.92 January/05/2010

English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Happy New Year! It's the year of the Tiger. The Chinese character for this year represents the state of plants starting to grow in the beginning of spring. Wishing you a bright and happy year !

Japanese:

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
新年あけましておめでとうございます。今年は寅年、寅という文字は春が来て草木が生ずる状態を表すそうです。明るい一年になりますように。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(ENGLISH)
 


Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Positions Available
    2) Wednesday Health consultation cancellation
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Phone Consultations
    2) Cine-la "Films of Central Asia"

3. News from FUKU-NET Members

    1) English Performance Contest
    2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    3) Fukuoka YWCA Happy School
    4) Volunteer Guide Service

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Experience Noh Performance

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    The Best is Yet to Come


1. News from The Fukuoka International Association

 For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/index.htm

1) Positions Available
The Fukuoka International Association (FIA) is now calling for applications for the following positions.

Positions and Duties
Coordinator for International Cooperation and Exchange (English): Assigned to Rainbow Plaza, editing and publication of Newsletters and other publications, duties related to international exchange and cooperation activities, etc.
Coordinator for International Cooperation and Exchange (Chinese): Assigned to the FIA headquarters, duties related to international exchange and cooperation activities organized by FIA, etc.
International Exchange Consultant (Korean): Consultation and information services in Korean and Japanese at Rainbow Plaza, editing and publication of Newsletters, etc.

Application guidebook and forms are available at FIA, Rainbow Plaza, Fukuoka City Ward Offices, Fukuoka Information Plaza, or can be downloaded from the FIA website.
Application deadline: Jan. 15 (Fri.)

2) Wednesday Health consultation cancellation
Health consultations on January 13th and February 17th are cancelled due to the doctor's absence.

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jan. 21 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Jurcys, Paulius (Republic of Lithuania)
Kyushu University Graduate School of Law, International Legal Studies
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations

1) Phone Consultations
Fukuoka International Exchange Foundation sponsors consultation by phone.

Contents: Kindergarten/school admissions for children, housing rentals, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment, etc.

Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-441-0004
Business hours: 9:00-17:00
Interpreters: Japanese, English, Chinese, Korean and other languages

2) Cine-la "Films of Central Asia"
Cine-la presents films of Central Asia from its archive collections. All films have Japanese and English subtitles.

Duration: Jan. 20 (Wed.) - 24 (Sun.)
Fee: Adult 500 yen, Univ. & H.S. Student 400 yen, J.H.S. & Elem. Student 300 yen
Films
  Orator ('99, 83 min., Uzbekistan)
  Men's Dance ('02, 77 min., Uzbekistan)
  The Road Under the Heavens ('06, 75 min., Uzbekistan)
  Pure Coolness ('07, 100 min., Kyrgyzstan-Kazakhstan)
  Wolf Cub Among People ('89, 83 min., Kazakhstan)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608     FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)


3. News from FUKU-NET Members

1) English Performing Contest
Junior High School and High School students will present their English abilities by performing their talents, including speeches, acting in skits, songs, rakugo, rapping, etc. Please come and give them your support.

Date/time: Jan. 17 (Sun.) 13:30
Venue: conference room #804, Kaikyo Messe Shimonoseki (Shimonoseki, Yamaguchi)

Inquiry: Canada-Japan Friendship Association
Tel: 083-231-7111    Email: canada@mba.nifty.com

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event.

"La Luna" ('79, 145 min., Italian/English)
Date/Time: Jan. 22 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) Fukuoka YWCA Happy School
Japanese language lessons for school students who are having difficulty with their school work.

Date/time: Every Saturday 12:00-17:00
Venue: Fukuoka YWCA (Maizuru, Fukuoka)
Registration fee: 500yen/free of charge for classes
Further information: http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251    Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

4) Volunteer Guide Service
Fukuoka SGG Club provides cultural information guidance, consultation, and tourist brochures. Volunteer guide services are also available by appointment.

Location: Fukuoka Cultural Information Center (2F ACROS Fukuoka)
Further information: http://www.geocities.jp/fukuokasgg/index.htm

Inquiry: Fukuoka SGG Club
Tel: 092-725-9100    Email: fukokasggclub@yahoo.co.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka

1) Experience Noh Performance
Learn how to dance, sing and play musical instruments used in classical Noh performance (interpreters provided). Enrollment is free but an application is required.

Dates:Jan. 13, 27 (Wednesdays) 18:00
Performance show: Jan. 31 (Sun) 10:00
Venue: Ohori Koen Nohgakudo
Note: On your first session, 3,000 yen will be charged as a rental fee for a pair of Tabi socks and an Ohgi fan.

Inquiry: Ms. Harumi Yamaoka (Ichii-kai)
Tel: 090-5479-3780


5. Emily's Notes from the Nakagawa

The Best is Yet to Come

In the middle of December, the Fukuoka International Association welcomed eight high school-age students and two chaperones from Fukuoka's sister city of Ipoh, Malaysia, for a week of cultural experiences, home-stays, and exploring. It was a delight to watch our guests discover Fukuoka and Japan, and I am grateful that I had the opportunity to participate as an interpreter and guide when was necessary. I think the Malaysian students really enjoyed their various excursions to historic sites such as Dazaifu Tenmangu and modern marvels such as Fukuoka Tower, but I think one of the things that pleased them the most was being able to meet Japanese students their own age. We were only able to stay half a day at Seinan Gakuin High School, but by the time lunch was over the students were having such a wonderful time interacting with their new friends that we practically had to tear them away to head to our afternoon activities. Seeing those bright young people from two separate cultures and countries having so much fun together, despite their language barrier, really warmed my heart.
While the students participated in morning classes, the rest of us took a tour around the school. I realized that it was the first time in years, perhaps, that I was inside a high school during school hours. So many thoughts ran through my head as we peered inside classrooms full of students hard at work. Seeing them bent over their desks, deep in concentration, diligently listening to their teacher's lecture, or laughing amongst each other, I recalled the environment of my own high school and the experiences I had there.
I also thought about how high school is perceived in Japan and America. High school is idealized in both countries, particularly in television and movies. However, I think this idea is even stronger in Japan, where the image of a uniform-clad high school student represents life's Golden Days. The demanding college entrance-exam system in Japan forces high school students to make their studies the highest priority, while at the same time fitting in club activities, social lives, and family duties. Those who succeed at this challenging balancing act are thought to be burning as brightly as ever.
I think that high school in America is similar in that students must juggle schoolwork along with everything else, but because our college entrance system is so different-with as much weight placed on grades as on teacher recommendations, standardized tests scores, and over-all "well-roundedness" - I think that high school is seen as the precursor to the Golden Days of college. While Japanese students become used to attending cram schools and studying late into the night during high school, many American students don't experience this until college, when professors assign nearly impossible amounts of reading on a weekly basis (I am speaking in general, so of course there are many exceptions). I think this academic rigor, along with the intense socialization that occurs during the college years, lends itself to the American belief that college is the "best four years of our lives." It is often said at high school graduation ceremonies: "the best is yet to come."
In re-reading my description of high school and college in both America and Japan, I realize that everything sounds much more similar than I had originally thought. I do think that there are some major differences in the attitudes and lifestyles of Japanese and American students during high school and college. However, the years spanning high school and college are a time of great change and development for young people all over the world, not just in Japan and America. I think that the mutual understanding of the challenges and joys of moving into adulthood is what makes it possible for students such as those we recently greeted from Malaysia to immediately feel connected to their Japanese peers, even if they can't say so in words.
As I have realized since my college graduation in May of last year, adulthood doesn't happen overnight when you leave the hallowed halls of your university. High school and college may be times of particularly great change, but we never stop growing and learning. I find comfort in this thought, because it connects me not only to my peers, but my juniors and seniors as well. With this in mind, I like to think that "the best is yet to come" can be true not only before entering high school or college, but thereafter as well, so long as we strive to enrich our lives.
Wishing a wonderful 2010 to you all!

Emily Rosenberg



Japanese:
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 嘱託職員募集
  2) 地球市民講座
  3) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡県国際交流センターからのお知らせ
  2) 世界ハビタットデー2009イベント
  3) シネラ「中央アジアの映画」
  4) 福岡ウェルカムサポーター募集

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) ワーキングホリデー説明会
  2) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ
  3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
  5) フクネット講演会
  6) 福岡YWCAハッピースクール
  7) ボランティア募集
  8) ボランティアガイドサービス

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 日本の伝統芸能能楽を体験しよう
  2) バングラデシュ料理教室
  3) ミュージカル「サ・ビ・タ」
  4) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集

5. エミリーの那珂川ノート

  一番いい時はこれからだ


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/j_index.htm

1) 嘱託職員募集
福岡よかトピア国際交流財団では嘱託職員3名を募集します。詳細はHPをご覧ください。

募集区分:
国際交流専門員・中国語:福岡よかトピア国際交流財団において、福岡よかトピア国際交流財団が実施する国際交流・国際協力などの業務に従事
国際交流専門員・英語:レインボープラザにおいて、情報紙・メールマガジン等の編集・発行、その他国際交流・国際協力などの業務に従事
国際交流相談員・韓国語:レインボープラザにおいて、韓国語及び日本語による相談・情報提供サービス、韓国語情報紙の編集、情報・資料の整理及び作成などの業務に従事
募集案内/申込書の配布:福岡よかトピア国際交流財団、レインボープラザ、各区市民相談室、情報プラザなど。HPからダウンロードもできます。
申込締切:1月15日(金)必着

2) 地球市民講座
世界の国・地域の現状や地球上で起こっている様々な問題への理解を深めるため、専門家をお招きし、シリーズで開催する講座です。(全4回)

テーマ:「南アジアの今を知る」
日 時:2月15日(月)、22日(月)、3月1日(月)、8日(月) 18:30~20:30
会 場:都久志会館 4階会議室
受講料:3,000円(4回通し)
定 員:120名
申込み:電話、はがき、ファックスまたはメールsiminkoza@rainbowfia.or.jpで受け付け。

3) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
毎週水曜日に行っている相談ですが、1月13日、2月17日は、医師不在のためお休みです。

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日 時:1月21日(木) 18:30
会 場:あったかサロン
語り手:ポール・ユリウスさん(リトアニア共和国・ユルチス パウリウス出身)
    九州大学大学院法学府国際関係法学専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡県国際交流センターからのお知らせ
平成22年度国際化推進活動助成金
 福岡県国際交流センターでは、県内の民間団体が行なう草の根国際協力及び多文化交流のための活動経費を一部助成しています。
第1期応募締切:1月31日(日)
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/shien/joseikin/joseikin_9.htm

アメリカ留学相談
 アメリカ留学の魅力、大学の選び方など役立つ情報を提供します。要事前予約。
日 時:2月28日(日)13:00~17:00 1人20分程度
場 所:こくさいひろば

外国人相談窓口(電話相談)
 子どもの入園・入学、住宅を借りたい、大学進学事情・卒業後の進路など、困った事があればご相談ください。
電話番号:092-441-0004
対応者:グローバルライフサポートセンター
日 時:平日(土・日・祝休み)9:00~17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ほか

申込・問合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200  FAX: 092-725-9206(12/29~1/3を除く毎日10:00~19:00)

2) 世界ハビタット・デー2009イベント
「子どもたちが思い描く未来~今、子どもたちのために出来ること」をテーマにレクチャーを開催します。入場無料。

日 時:1月16日(土)17:00 イブニングレクチャー
会 場:アクロス福岡1F 円形ホール

ワークショップ作品展示
日 程:1月17日(日)~24日(日)
会 場:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121

3) シネラ「中央アジアの映画」
図書館収蔵の中央アジアの映画の特集。

日 程:1月20日(水)~24(日)
観覧料:大人500円、大学・高校生400円、小・中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608

4) 福岡ウェルカムサポーター募集
福岡市観光コンベンションビューローでは、国内外からの観光客などのおもてなしのために活動していただけるウェルカムサポーターを募集しています。
詳細はこちら:http://www.welcome-fukuoka.or.jp/

問合せ:福岡観光コンベンションビューロー
Tel: 092-733-5050


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) ワーキング・ホリデー説明会
ワーキング・ホリデーについての基本的な説明を少人数で行います。要申込。

日 時:1月16日(土)、30日(土)、2月13日(土)13:00~14:00
会 場:ももちパレスカルチャーセンター
詳細はこちら:http://www.jawhm.or.jp/kyusyu.html

申込・問合せ:日本ワーキング・ホリデー協会
Tel: 090-3546-3972

2) 集まれティーン!英語パフォーマンス:E-1グランプリ
「英語で一芸」の意味でE-1グランプリとしました。「英語で私を伝えよう!英語で夢をかなえよう!」をテーマに、スピーチ、スキット、歌、落語、ラップ等各自の得意とする方法でパフォーマンスを披露します。

日 時:1月17日(日)13:30~
会 場:山口県国際交流センター804 大会議室(下関市海峡メッセ下関内)
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

申込・問合せ:カナダ友好協会
Tel: 083-231-7111  Email: canada@mba.nifty.com

3) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「ルナ」('79、145分、伊・英)
日 時:1月22日(金)19:00
会 場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
安心して外国人を雇いたいと考えている企業向けの相談会を開催します。要予約。

日 時: 1月26日(火)、2月9日(火)10:00~15:00
会 場:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

5) フクネット講演会
  長いNPOの歴史を持つアメリカの実例を見ながら、日本のボランティア活動、国際交流団体やNPOのあり方を一緒に考えます。みなさまのご参加をお待ちしております。無料、要事前申込。

日 時:2月18日(木)18:30~
場 所:福岡市立婦人会館 大研修室(福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ9階)
講 師:智子リップ氏
定 員:120人(先着順)
詳細はこちら:http://rainbowfia.or.jp/fukunet/index.html

申込・問合せ:福岡国際関係団体連絡会事務局(福岡よかトピア国際交流財団)
Tel: 092-733-5630  Fax: 092-733-5635  Email: fuku-net@rainbowfia.or.jp

6) 福岡YWCAハッピースクール
  日本語を母国語としない小学生、中学生、高校生で、日本語を勉強したい人や、日本語の会話には問題がなくても、学校の授業を理解するのが困難な人を対象に開催しています。

日 時:毎週土曜日 12:00~17:00
会 場:福岡YWCA会館
費 用:登録費500円 授業料無料
定 員:20名
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/

申込・問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

7) ボランティア募集
  NGOに興味がある方、チェルノブイリについてもっと知りたい方など、ボランティアスタッフとして一緒に活動に参加してみませんか。
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

8) ボランティアガイドサービス
  福岡SGGクラブは、外国人に対し、観光情報の提供や相談を行っています。事前の予約でガイドもしています。

相談窓口:福岡文化情報センター(アクロス福岡2F)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/fukuokasgg/index.htm

問合せ:福岡SGGクラブ
Tel: 092-725-9100  Email: fukokasggclub@yahoo.co.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 能楽を体験しよう
着物、袴を着て、能楽の舞、謡、笛、太鼓を体験、習得します。受講料無料。要申込。

日 時:1月13日(水)、27日(水) 18:00~
発表会:31日(日) 10:00
場 所:大濠公園能楽堂
初回のみ、扇、足袋借り料として3,000円

申込・問合せ:櫟会 山岡晴美
Tel: 090-5479-3780  FAX: 092-541-3612

2) バングラデシュ料理教室
ホットでスパイシーなバングラデシュの料理作りです。家庭でもできる料理です。

日 程:1月17日(日)10:00~15:00
会 場:福岡市立婦人会館(あいれふ)調理室(8F)
定 員:40名
会 費:1,000円 エプロンをご持参ください。
詳細はこちら:http://bangla.npgo.jp/

申込・問い合わせ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel: 092-844-1369

3) ミュージカル「サ・ビ・タ」
韓国生まれの愛のミュージカルが福岡で上演されます。

日 時:2月28日(日)14:00
会 場:大野城まどかぴあ大ホール
料 金:4,500円
詳細はこちら:http://www.madokapia.or.jp/

問合せ:大野城まどかぴあ
Tel: 092-586-4000

4) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集
九州大学では、Japan in Today's World(JTW)という学部レベルの留学生を対象とした10ヶ月の短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本人家庭を体験させるホームビジットの引き受け家庭を募集しています。

期 間:5~7月(月2回程度、週末の日帰り)
申 込:3月末日まで
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/index.htm

問合せ:九州大学国際部留学生課
Tel: 092-642-7351  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp


5. エミリーの那珂川ノート

一番いい時はこれからだ

2009年12月の中旬に、福岡よかトピア国際交流財団は福岡市の姉妹都市のイポー(マレーシア)から来た8人の高校生と2人の引率者を迎え、一週間にわたり福岡市の伝統的な文化や現代の生活のいろいろな経験をしてもらいました。福岡市と日本を楽しんでいるマレーシアの方と過ごすのはすごく楽しくて、通訳者とガイドの役という経験ができて非常に感謝しています。マレーシアの学生さんたちが大宰府天満宮のような歴史的な場所と福岡タワーのような近代の場所に行って喜んでくれましたが、一番楽しかったのは日本人の高校生に会えたことだと思います。西南学院高等学校で半日しか過ごせなかったけれど、お昼ご飯が終わった時には、マレーシアの学生は日本人学生と仲良くなり、別れたくなかったようです。違う国から来た違う文化を持っている若者が一緒にそんなに楽しめるのを見て、心が和みました。
学生が朝の授業に参加している間に、引率者と学校内のちょっとしたツアーをしていただきました。本当に久しぶりに授業時間内に学校に来た事に気付きました。まじめに勉強したり、熱心に先生の講義を聴いたり、仲間で笑ったり話し合ったりする学生の姿を見ると、自分の高校の雰囲気とそこでの経験を思い出しました。
日本とアメリカでは高校はどう思われているかということも考えました。両国のテレビドラマや映画では、高校時代が理想だとされています。しかし、こうした考えは特に日本で強く、制服を着た高校生が人生の全盛期を表しているというイメージがありますね。厳しい大学入試制度があるから、日本の高校生は勉強を優先しながらも、クラブ活動、社会生活、家族に対する義務などもバランスを取らなければなりません。このいわゆる綱渡りに成功する若者は最高に輝いていると信じられています。
アメリカの高校生にとっても学校と生活のバランスが大事ですが、成績、先生の推薦、標準テストの成績、個人エッセイを含めた「豊かさ」を強調している大学の入学制度は日本とかなり違うと思います。アメリカには、高校時代より、大学時代の方が全盛時代と考えられています。日本人の高校生にとって、塾に行ったり夜遅くまで勉強したりするのは結構普通だけれど、アメリカの学生はふつう大学に入ってからこれを経験します(一般的に話していますので、例外はもちろんあります)。大学時代というのは学業が厳しく、周囲と交流が激しい時期なので、「人生最高の4年間だ」とアメリカでは信じられています。アメリカの高校の卒業式でよく言われているのは、「一番いい時はこれからだ」ということです。
自分が書いた日本とアメリカの高校と大学の描写を読み直すと、最初に想像したより類似点が多いと気付きました。日本とアメリカの高校生と大学生の姿勢や生活の違いもあると思いますが、高校、大学の7、8年間は日本人とアメリカ人だけでなく、世界中の若者にとって大きな変化と成長の時代だと思います。大人になるための挑戦と喜びということがお互いにわかるから、マレーシアの学生と日本人の学生は、言語の壁があってもそんな絆を感じられたと思います。
去年の5月に卒業してから気付いたのは、社会に入っても、すぐ「大人」として認められてもらえないということです。高校と大学は特に大きな変化の時代というのは否定できない一方、人間は成長したり学習したりすることを一瞬たりとも止めません。この事実が私と年上、年下の人と繋げていますので、嬉しいです。人生を豊かにすることを一生止めないとしたら、「一番いい時はこれからだ」というのはどの年代にでもいえる真実だと思います。
皆さんが、素晴らしい2010年を過ごせますように祈っています!

エミリー・ローゼンバーグ


English:

How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area.  Those who wish to submit information to this magazine, please click here.

Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service.  When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag.  To register or cancel your subscription, please contact http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
        "Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For "MagMag Fukuoka Rainbow Magazine Cancellation click here.

Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。

福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除は http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/ よりご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※まぐまぐ版「レインボーメールマガジン」の解除はこちら

福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
   発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
      810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/