Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.93 February/05/2010
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
There may be things in your local area that you have yet to discover. How about joining a walking tour to learn the facts about your area?

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
地元のことって知っているようで知らない事ありますね。まずは町歩きイベントなどに参加してみませんか。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
   
1. News from the Fukuoka International Association

   1) New tenants wanted for an International House
   2) Notice from Rainbow Plaza
   3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cine-la "Iranian Films focusing on Dariush Mehrjui"
   2) Phone Consultations

3. News from FUKU-NET Members

   1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
   2) JICA Kyushu Environment Symposium
   3) Fukuoka YWCA Happy School
   4) Volunteer Guide Service

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Cultural Exchange Bus Tour in "Tsuyazaki"
   2) Classic Cine Club

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   "No Place like Home"


1. News from The Fukuoka International Association
 
For detailed information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630   FAX: 092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en/

1) New tenants wanted for an International House (Available only for international students)
  The Fukuoka International Association is inviting new tenants to move into the following International House this April.

1. International House
   Fukuoka International House (for family)
   4-1, Tenyamachi, Hakata-ku, Fukuoka
2. Application deadline: February 15 (Mon)
   Applications can be found at our International Houses, universities and Japanese language schools in the Fukuoka
   Metropolitan Area, Rainbow Plaza, and the Fukuoka International Association, or download them from FIA's website.

2) Notice from Rainbow Plaza
  Please note that Rainbow Plaza will be closed on Tuesday the 16th and Wednesday the 17th of February. Therefore, the health consultations on Wednesday the 17th are cancelled.

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Feb. 18 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Simon Vande Walle (Leuven, Belgium)
             Kyushu University Graduate School of Law, International Legal Studies
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
  
1) Cine-la "Iranian Films Focusing on Dariush Mehrjui"
  Cine-la presents Iranian films featuring the works of Dariush Mehrjui and other directors. All films have Japanese subtitles and most have English subtitles as well.

Duration: Thru. Feb. 28 (Sun.)
Fee: Adult 500 yen, Univ. & H.S. Student 400 yen, J.H.S. & Elem. Student 300 yen

Films
Japanese and English subtitled
Hamoon ('90, 120 min.), Sara ('93, 103 min.), Bemani (‘02, 97 min.)
Mama's Guest ('04, 108 min.), Santouri ('07, 106 min.), Leily is with Me ('96, 100 min.)
Tick Tack ('94, 62 min.), The Little Man ('98, 86 min.), Sweet Agony ('99, 88 min.)
The Girl in the Sneakers ('99, 97 min.), Women's Prison ('02, 106 min.)
I'm Taraneh, 15 ('02, 110 min.), He ('04, 94 min.), The Tear of the Cold ('04, 103 min.)
The Last Queen of the Earth ('06, 88 min.)

Japanese subtitled
The Cow ('69, 104 min.), The Party ('96, 90 min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

2) Phone Consultations
  Fukuoka International Exchange Foundation sponsors consultations by phone.

Contents: Kindergarten/school admissions for children, housing rentals, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment, etc.

Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-441-0004
Business hours: 9:00-17:00
Interpreters: Japanese, English, Chinese, Korean and other languages


3. News from FUKU-NET Members
 
1) JICA Kyushu Environment Symposium
  JICA Kyushu will hold a thorough discussion on the roles of citizens, businesses, academics and administrations in the construction of low-carbon society, with the panelists from China, India, Indonesia, Laos, Malaysia, Singapore and Japan. Admission free.

Theme: The construction of low-carbon society in Asia
Date: Feb. 12 (Fri.) 9:00
Venue: Rihga Royal Hotel Kokura (3 min. walk from JR Kokura North exit)
Further information: http://www.jica.go.jp/kyushu/topics/2009/100108.html (in Japanese)

Inquiry: JICA Kyushu Shimin sanka Kyoryoku Ka
Tel: 093-671-6311    Email: jicakic-lib@jica.go.jp

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"L'avvertimento" ('80, 110 min., Italian)
Date/Time: Feb. 19 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) Fukuoka YWCA Happy School
  Japanese language lessons for students who are having difficulty with their school work.

Date/time: Every Saturday 12:00-17:00
Venue: Fukuoka YWCA (Maizuru, Fukuoka)
Registration fee: 500yen/free of charge for classes
Further information: http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251    Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

4) Volunteer Guide Service
  Fukuoka SGG Club provides cultural information guidance, consultation, and tourist brochures. Volunteer guide services are also available by appointment.

Location: Fukuoka Cultural Information Center (2F ACROS Fukuoka)
Further information: http://www.geocities.jp/fukuokasgg/index.htm

Inquiry: Fukuoka SGG Club
Tel: 092-725-9100    Email: fukokasggclub@yahoo.co.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Cultural Exchange Bus Tour in Tsuyazaki
  Are you interested in cultural interaction with local Japanese people? A mere 40-minute bus drive takes you to the nostalgic streetscape of Tsuyazaki. Enjoy taking photos while strolling around the street, and let us share your photos with the locals. We welcome you with warm hospitality!

Date: Feb. 21 (Sun) 9:30-16:00
Meeting place: Tenjin Chuo Park
Fee: Adult 1,500yen Child 1,000yen
Enrollment limit: 20 people
Further information: http://www.1000gen.com/tour221.html

Inquiry: The Caretaker of The Sea and The Street in Tsuyazaki
Email: info2010@1000gen.com

2) Classic Cine Club
  A premier movie will be screened with a lecture.

"Un chien andalou" ('28, 16 min.)
"Simon del desierto" ('65, 43 min.)
Date: Mar. 11 (Thu.) 17:00, 19:00
Venue: French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
Fee: advance 1,000yen, at door 1,300yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

Inquiry: Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949    Email: faff@gol.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
No Place like Home

I know a lot of people who would jump at the chance to use a stretch of consecutive holidays such as those at the year's end to travel somewhere new and exotic. Part of me wishes I were the kind of person who only thinks about the next adventure, but after a wonderful 2 1/2 weeks at home, I am completely satisfied with my decision to return to wintry Northeast Ohio instead of setting out to parts unknown. Because after five months of living on my own for the first time, and in a foreign country no less, the adage "there's no place like home" couldn't have been more true.
After an uneventful 20 hours of transit from Fukuoka, I arrived at my home and was greeted by the explosive enthusiasm and love of my adorable dog, Roxie. Although I see her every week when I video chat with my parents on Skype, there is nothing like the unconditional love of a dog to come home to, and her comforting presence is probably the only thing for which I ever feel truly homesick. The weather was surprisingly mild for the time of year, with only a slight powdering of snow that quickly melted, and the typically cloud-covered winter sky was clear. With a bowl of homemade chicken noodle soup and some Christmas music playing in the background, I could feel the tension of travel slipping away to be replaced by the warmth of the holiday season (and jetlag, of course).
My brother came in from New York City later the same day that I arrived home, and our family celebrated Christmas as we always have: with family friends over for Christmas Eve lunch, the four of us toasting with champagne over an appetizer-dinner that evening, gift-exchange and waffles on Christmas morning, and more family friends over for a Christmas ham dinner that day. Whereas Christmas in Japan has become a romantic holiday for couples, it has always been a family holiday for most people I know in America. Conversely, New Year's Eve is a time for lovers and friends, while the Japanese make this holiday a family affair. I had hoped to visit some friends in New York City for New Year's, but travel plans did not allow this and so I rang in the New Year the Japanese way with my family at my side.
For the most part, I spent my time at home the way I always did when I was on break from college-relaxing, and just enjoying being there. I made numerous trips to the local public library, which is within walking distance of my house and has extensive collections. My parents and I carefully planned each dinner, and my father, whose hobby is cooking and is always trying new recipes, whipped up some incredibly delicious meals-gruyere macaroni and cheese, Julia Childs' boeuf bourguignon, and a full Thanksgiving dinner (since I missed Thanksgiving in 2009) of turkey, mashed potatoes, and cranberry relish. We didn't have a "White Christmas," but in typical Northeast Ohio fashion, the snow began to fall around the beginning of the New Year and didn't stop for more than a week. Needless to say, we shoveled a lot of snow. One day when my parents were at work, I shoveled our entire driveway by myself. It took me around 45 minutes to clear the 20cm-deep snow, but I proudly finished the job with the help of some upbeat music on my iPod, and rewarded myself with a mug of hot chocolate.
My relaxing time at home ended on a bit of a sour note when, on arriving at the airport the morning I was supposed to return to Japan, I found that the Cleveland Airport had had a main power failure just minutes before due to road salt getting in the power transformer. Of all the things to happen at an airport (bad weather, lost baggage, etc.), I would have never imagined a complete power failure! My flight connections through Chicago and Tokyo got botched and it took me two days longer to get back to Fukuoka than I expected. I won't lie-it was a pretty stressful situation-but once I landed safely at Fukuoka Airport, my stress was replaced with relief, and I know that my travel nightmare will become an interesting story to laugh over in the future. It was hard leaving my parents (and Roxie!), since we don't know when we will next meet, but I am happy to be back in Fukuoka. There are so many places here and all over Japan that I have yet to explore, so many people to meet and new experiences to have. For all I know I may not return home for another year, but this recent trip has renewed my excitement to make the most of my life in Japan.
I am pleased to say that I just submitted my re-contracting papers for the 2010-2011 JET Program, so I will be around until at least August of 2011. Until then, thanks for your readership!

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン(日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 学生交流会館入居者募集
  2) 国際交流活動助成募集
  3) 留学生から学ぶ外国語教室受講生募集
  4) レインボープラザ休館日のお知らせ
  5) ホストファミリー登録説明会
  6) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ「ダリウシュ・メールジュイ監督とイラン映画」
  2) ウェルカムサポーター募集
  3) こくさいひろばからのお知らせ

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) フクネット講演会
  2) MADE IN FUKUOKA1日体験、あ・るっく福岡
  3) ラボ国際交流プログラム
  4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
  5) JICA九州環境シンポジウム
  6) APCCホストファミリー、ボランティア募集
  7) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  8) ボランティア募集
  9) タイ料理教室
  10) 福岡YWCAハッピースクール

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集
  2) 交流バスツアー津屋崎
  3) クラシック・シネクラブ

5. エミリーの那珂川ノート

  我が家に勝る所はない


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 
特に記載している以外の問合せ/申込は下記へ。
(財)福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630  FAX:092-733-5635  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) 学生交流会館入居者募集
  福岡よかトピア国際交流財団では,下記留学生会館の4月からの入居者を募集します。

福岡学生交流会館(世帯者用宿舎)(福岡市博多区店屋町4-1)
募集対象:外国人留学生(家族での入居に限る)
申込用紙は、会館、大学、当財団、レインボープラザなどで配布。ホームページからダウンロードも可能です。
締め切り:2月15日(月)必着

2) 国際交流活動助成募集
  よかとぴあ記念国際財団では、市民レベルの国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を推進するため、民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/yokatopia/index.html

3)「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
   (財)福岡よかトピア国際交流財団とアジア太平洋こども会議・イン福岡が主催する「留学生外国語教室実行委員会事務局」では、5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を募集します。中国語・韓国語等アジア言語を中心に15言語29教室(予定)を福岡学生交流会館で開催予定です。皆様の受講をお待ちしております。
申込用紙はホームページからもダウンロードできます。

申込期間:2月8日(月)〜3月8日(月)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問い合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
Tel: 092-734-7700  E-mail: gogaku@apcc.gr.jp

4) レインボープラザ休館日のお知らせ
  毎月第3火曜日がイムズ休館日ですが、2月は16日(火)、17日(水)の連休となります。したがって無料健康相談もお休みですのでご了承ください。

5) ホストファミリー登録説明会
  ホームステイ・ホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける日本人家庭を募集します。

日時:3月14日(日)11:00〜
場所:レインボープラザ会議室
申込:3月10日(水)までに下記へお申し込みください。詳しい案内を送ります。

申込・問い合せ:レインボープラザ
Tel: 092-733-2220  Email: hostfamily@rainbowfia.or.jp

6) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:2月18日(木) 18:30
会場:あったかサロン
語り手:サイモン・ヴァンド・ワラさん(ベルギー ルーバン出身)
     九州大学法学府国際関係法学専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
  
1) シネラ「ダリウシュ・メールジュイ監督とイラン映画」
  イランを代表するダリウシュ・メールジュイ監督とイラン映画の秀作を特集。

日程:2月28日(日)まで
観覧料:大人500円、大学・高校生400円、小・中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問い合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608

2) ウェルカムサポーター募集
  福岡市観光コンベンションビューローでは、国内外からの観光客などのおもてなしのために活動していただけるウェルカムサポーターを募集しています。
詳細はこちら:http://www.welcome-fukuoka.or.jp/

問い合せ:福岡観光コンベンションビューロー
Tel: 092-733-5050

3) こくさいひろばからのお知らせ
  詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

アメリカ留学個人相談会
 アメリカ留学の魅力、大学の選び方など役立つ情報を提供します。要事前予約。
日時:2月28日(日)13:00〜17:00 1人20分程度
場所:こくさいひろば

外国人相談窓口(電話相談)
子どもの入園・入学、住宅を借りたい、大学進学事情・卒業後の進路など、困った事があればご相談ください。
電話番号:092-441-0004
対応者:グローバルライフサポートセンター
日時:平日(土・日・祝休み)9:00〜17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ほか

申込・問い合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200  FAX: 092-725-9206


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) フクネット講演会
  長いNPOの歴史を持つアメリカの実例を見ながら、日本のボランティア活動、国際交流団体やNPOのあり方を一緒に考えます。みなさまのご参加をお待ちしております。無料、要事前申込。

日時:2月18日(木)18:30〜
場所:福岡市立婦人会館 大研修室(福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ9階)
講師:智子リップ氏
定員:120人(先着順)
詳細はこちら:http://rainbowfia.or.jp/fukunet/index.html

申込・問い合せ:福岡国際関係団体連絡会事務局(福岡よかトピア国際交流財団)
Tel: 092-733-5630  Fax: 092-733-5635  Email: fuku-net@rainbowfia.or.jp

2) MADE IN FUKUOKA1日体験、あ・るっく福岡
  福岡の歴史・文化・伝統を学ぶ体験講座と、福岡市内のいろいろなエリアをガイドや地元の方から話を聞きながら歩くツアーです。要事前申込。
詳細はこちら:http://www.fukunet.or.jp/index.shtml

問い合せ:福岡商工会議所
Tel: 092-441-1119

3)ラボ国際交流プログラム
  ラボ国際交流センターでは、様々な国際交流プログラムを実施しています。
詳細はこちら:http://www.labo-intlexchange.or.jp/

問い合せ:ラボ国際交流センター
Tel: 03-5324-3430

4) 外国人雇用を考えている企業向け相談会
  安心して外国人を雇いたいと考えている企業向けの相談会を開催します。要予約。

日時: 2月9日(火)10:00〜15:00
会場:グローバルライフサポートセンター(博多区博多駅前)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

申込・問い合せ:グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-441-0036  Email: support@npo-global.jp

5) JICA九州環境シンポジウム
  JICA九州は、中国、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、シンガポール、そして日本から様々な形で環境と向き合うゲストを迎え、低炭素社会の構築に向けた市民、企業、大学、行政の役割を徹底討論します。入場無料。通訳あり。

テーマ「アジアの低炭素社会の構築に向けて」
日時:2月12日(金)9:00〜
会場:リーガロイヤルホテル小倉
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/topics/2009/100108.html

問い合せ:JICA九州 市民参加協力課
Tel: 093-671-6311  Email: jicakic-lib@jica.go.jp

6) APCCホストファミリー、ボランティア募集
アジア太平洋の約40の国と地域から招聘する約250人のこども大使を受け入れるホストファミリーと、APCC事業運営に携わるボランティアを募集します。

ホストファミリー
ホームステイ期間:7月17〜19日から26〜28日
募集家庭総数:270家庭
申込締切:2月18日(木)18:00必着

ボランティア
まずは登録説明会にご参加ください。
日時:2月13日(土)2:00、26日(金)6:30
会場:APCC事務局
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

問い合せ・申込:アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

7) 福岡日伊協会映画鑑賞会
毎月開催している無料の上映会です。

「警告」('80、110分、伊)
日時:2月19日(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問い合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

8) ボランティア募集
FUNN機関誌発送作業のボランティアを募集します。

日時:2月20日(土)15:00〜18:00
場所:福岡NPO共同事務所びおとーぷ内(博多区博多駅前3-6-1小森ビル4-A)
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/volunteer/invited.html

問い合せ:FUNN福岡ネットワーク
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

9) タイ料理教室
タイ料理教室
 毎回好評のタイ料理教室を、タイの留学生を迎え開催します。

日時:2月28日(日)10:30〜14:00
場所:福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」調理実習室
材料費:1,800円(資料代、講師料、会場費)
定員:24名
ファックスまたはEmailで申込。

申込・問い合せ:くるんてーぷの会
Fax: 092-586-4650  Email: h-kimiko@mvc.biglobe.ne.jp


10) 福岡YWCAハッピースクール
日本語を母国語としない小学生、中学生、高校生で、日本語を勉強したい人や、日本語の会話には問題がなくても、学校の授業を理解するのが困難な人を対象に開催しています。

日時:毎週土曜日 12:00〜17:00
会場:福岡YWCA会館
費用:登録費500円 授業料無料
定員:20名
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/

申込・問い合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
   
1) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集
  九州大学では、Japan in Today's World(JTW)という学部レベルの留学生を対象とした10ヶ月の短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本人家庭を体験させるホームビジットの引き受け家庭を募集しています。

期間:5〜7月(月2回程度、週末の日帰り)
申込:3月末日まで
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/index.htm

問い合せ:九州大学国際部留学生課
Tel: 092-642-7351  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp

2) 交流バスツアー津屋崎
  博多の中心地から車で40分、津屋崎を舞台にした国際交流バスツアー。風情ある町を歩きながら写真を撮り、その写真を地域の人たちと分かち合いましょう。もちろん日本の方の参加も歓迎。美味しいランチと温かいおもてなしでお待ちしております。

日時:2月21日(日)9:30〜16:00
集合:天神中央公園
参加費:大人1,500円 子ども1,000円
定員:20名
詳細はこちら:http://www.1000gen.com/tour221.html

申込・問い合せ:津屋崎千軒海とまちなみの会
Email: info2010@1000gen.com

3) クラシック・シネクラブ
  映画史にのこる古い名作映画を、トーク付きでフィルムでみましょう。

「アンダルシアの犬」 「砂漠のシモン」
日時:3月11日(木)5:00、7:00
会場:九州日仏会館5Fホール
会費:当日1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

問い合せ:オフィス・ヌーベルバーグ
Tel: 092-733-0949


5. エミリーの那珂川ノート
 
我が家に勝る所はない

年末年始のような連続休暇を、まだ行ったことのないところへ旅をするためにうまく生かす人が多い。心の中ではそのような、いつも次の冒険を考えている人になりたいとたまに思うが、海外に旅行する代わりに寒いオハイオ州の実家で2週間半過ごした私は、その決断に完全に満足している。「我が家に勝る所はない」ということわざは、6ヶ月前に、生まれて初めて一人暮らしを始めた私に本当にぴったりね、と最近思った。
福岡を出発して20時間後、家に着くと可愛い大好きな犬が大歓迎してくれた。毎週両親とネットでビデオチャットをする時、犬も見えているのに、彼女の無条件の愛と心をなごますその存在感は何よりも恋しい。冬ずっと曇っているオハイオ州の空が、意外に晴れていて、前の日に降った小雪はすぐ解けた。クリスマス音楽を聴きながら手作りチキンヌードルスープを食べると、長距離飛行のストレスは、季節の暖かい気持ち(と時差ぼけ)に変わっていった。
同じ日、兄もニューヨークシティから戻ってきて、子供の頃からずっとしてきたようにクリスマスを家族で祝った。クリスマスイブに家族の友達とブランチを食べて、その晩4人でシャンパンを飲みながらおつまみ中心のディナーを食べた。クリスマスの朝にプレゼント交換が終わったらワッフルを作って、後で別の友達と一緒に伝統的ローストハムディナーを楽しんだ。日本ではカップルのためのロマンチックな日になってきたが、西洋のクリスマスは伝統的に家族で過ごす祝日である。逆に、西洋ではニューイヤーズイブを友達と恋人と一緒に過ごす一方、日本では家族で過ごす。ニューイヤーズイブにニューヨークの友達に会いに行きたかったけれど、結局行けなくて両親と日本式のお正月を楽しく迎えた。
実家にいる間、ほとんど大学の頃の休みと同じようにのんびりしたり、ふるさとの心地よさを楽しんだりして過ごした。家のすぐ近くにある大規模なコレクションを持っている図書館に足繁く通い、毎日、晩御飯の準備を手伝った。料理が趣味の父は、すごく美味しい食事を作ってくれた。(グリュイエールのマカロニアンドチーズ、ジュリア・チャイルドのブフ・ブルギニヨン、そして七面鳥、マッシュポテト、クランベリーソースを含む感謝祭のディナーのような料理)。クリスマスに雪が降らなかったが、お正月に降り出し1週間続いて、代表的なオハイオ州の冬になった。言うまでもなく、毎日1・2回雪かきした。両親が仕事に行ったある日、私道をすべて一人で雪かきした。45分ぐらいかかったけれど、ノリの良い音楽を聴きながら頑張って終わらせ、褒美としてホットココアをたっぷり飲んだ。
リラックスして過ごした時間はあいにくやや不調に終わってしまった。日本に戻る日に、クリーブランド空港に着いたところ、道路用塩が電源変圧器に入ってしまったせいで空港が停電になったことが分かった。普通、旅行といえば悪天候や荷物の紛失などが心配だけれど、空港の停電は想像もつかなかった!シカゴと東京の乗り継ぎが混乱して、予定より2日間遅く福岡に帰りついた。正直言うとかなりストレスだったが、福岡空港に無事に到着し、ほっとした。このいわゆる旅行の悪夢はこれから一生、面白い物語の一つになるだろう。次にいつ会えるか分からないから両親(と犬!)にさよならと言うのはとても辛かったが、福岡に戻って本当に嬉しい。日本にはまだ行っていないところ、逢うべき人、経験していないことがたくさんあるから、これから一年間家に帰らなくても、最近の帰省を通して日本を発見するやる気が再活性化された気がする。
おかげさまで2010−2011年度のジェットプログラムの再契約申請を出したところである。少なくとも2011年の8月まで福岡にいるから、その時までよろしくお願いします!

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
  This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
  Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service. When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag. To register or cancel your subscription, please contact http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
"Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For "MagMag Fukuoka Rainbow Magazine Cancellation click here.
Fukuoka Rainbow Magazine
  FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
  このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
  レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除は http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/ よりご連絡ください。
 直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※まぐまぐ版「レインボーメールマガジン」の解除はこちら
福岡レインボーマガジン
  福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
  Tel: 092-733-2220 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/