Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.95 April/05/2010
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The new fiscal year starts in April in Japan, and during this time, most of the schools, companies and societies welcome new faces.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
日本の新年度の始まりは4月です。学校、会社、地域に新しい顔が加わる季節です。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:
1. News from the Fukuoka International Association

1) Notice from Rainbow Plaza
2) International Dontaku Troupe Parade Application Now Open
3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

1) Changes of Service Time for Fukuoka City Service Hotline
2) Polio Vaccination Schedule
3) Cine-la "the World of Indian Films"
4) Phone Consultation

3. News from FUKU-NET Members

1) Bangladesh folk art bazaar & curry festival
2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
3) Fukuoka YWCA Happy School
4) Volunteer Guide Service

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

1) Spring Charity Bazaar
2) New Japanese Language Proficiency Test

5. Emily's Notes from the Nakagawa
Japan's Unusual Eats



1. News from The Fukuoka International Association

For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630    FAX: 092-733-5635
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/


 1) Notice from Rainbow Plaza
  Free Consultation on Immigration, Residence and Nationality for Foregin Nationals
Consultation date/time: every 2nd Sunday, 13:00 -16:00
Reception opens until 15:30.

English "Rainbow" Newsletter will be Bimonthly
We would like to notify you that although the English "Rainbow" has been published every month up to this point, due to various circumstances, it will be published every other month (on the first day of odd-numbered months) beginning from May of this year.

As of April, the foreign language newspapers available at the reading corner of Rainbow Plaza are the Japan Times, the Daily Yomiuri, and Zhongwendaobao.
Foreign languages newspapers and magazines can be read at the following locations:
Fukuoka City Public Library (Sawara-ku, Momochihama 3-7-1 Tel. 092-852-0600),
Fukuoka Prefecture Library (Higashi-ku, Hakozaki 1-41-12 Tel. 092-641-1123),
Kokusai Hiroba (Chuo-ku, Tenjin 1-1-1 ACROS Fukuoka 3F Tel. 092-725-9204),
Fukuoka Asian Urban Research Center (Chuo-ku, Tenjin 1-10-1 Fukuoka City Hall North Annex 6F Tel. 092-733-5707)

2) International Dontaku Troupe Parade Application Now Open
  Did you know that the Hakata Dontaku Port Festival draws in more visitors than any other festival in Japan? Why not take part in this opportunity to represent your home pride in the International Dontaku Troupe and fully indulge in Hakata culture? All you need is your national spirit and we'll provide you with a few Dontaku goods to take home!
Please feel free to wear any traditional clothing of your home country.
Date/Time: May 3 (Mon.) 12:30-16:00, Check-in begins at 12:00.
Who: Foreign residents in Fukuoka City (limited to first 150 participants)
Where: Fukuoka International House, 4F
Deadline: Apr. 23 (Fri.)
Application: Email your full-name, nationality, and contact information to the address below, or sign up in person at Rainbow Plaza.

Contact: International Dontaku Troupe Coordinator (Emily)
Tel: 092-733-5630 (weekdays 9:15 am-17:15pm)
Email: kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Apr. 15 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Nguyen Kieu Phuong Khanh (Ho Chi Minh City, Vietnum)
             Kyushu University, Graduate School of Economics, Dept of Economics System
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Changes of Service Time for Fukuoka City Service Hotline
  The time available for answering questions regarding services that Fukuoka City offers at Citizen's Advice Office of Higashi Ward is changed as of April 1, 2010.

Days Available : English - Mondays
                      Chinese - Thursdays
Time : 13:00 - 16:00
Tel: 092-631-2192

In addition, the Citizens Advice Office of Higashi Ward will continue to offer consultation at these hours so please feel free to drop by.
Higashi Ward office:
3 minutes walk from Hakozakimiya-mae subway station
2 minutes walk from Hakozakihama bus stop

2) Polio Vaccination Schedule
  Polio Vaccinatins for children are available from 13:30 to 15:00 at various locations in Fukuoka city. Please remember to bring your Maternal and Child Health Handbook with you.

Conditions
Your children must be between 3 months and 7 years and 5 months of age to receive this service and must be in the fourth month after completing their checkup. Otherwise, they will need o get a BCG vaccination before coming in. If this is their second time, you must make sure that it has been at least 41 days since their first inoculation. If you have any concerns or questions about your child's condition prior to visiting the medical facilities, please consult with the doctor first.
List of vaccination venues and further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/vaccine/porioharu_2.html (in japanese)

Inquiry: Fukuoka City Ward Office Health & Welfare centers
Higashi-ku Tel: 092-645-1078 Hakata-ku Tel: 092-419-1091 Chuo-ku Tel: 092-761-7340
Minami-ku Tel: 092-559-5116 Jonan-ku Tel: 092-831-4261 Sawara-ku Tel: 092-851-6012
Nishi-ku Tel: 092-895-7073

3) Cine-la "the World of Indian Films"
  Cine-la presents a vast variety of films from Bollywood, the largest movie industry in the world. All films have Japanese subtitles and most have English subtitles as well.

Duration: Thru. Apr. 23 (Fri.)
Fee: Adult 500 yen, Univ. & H.S. Student 400 yen, J.H.S. & Elem. Student 300 yen
Films
Japanese and English subtitled
The Immigrants ('90, 132min.), The Initiation ('91, 139min.), Creation (‘92, 149min.)
The Mourner ('92, 116min.), The Servile ('93, 112min.), The Play of God ('97, 128 min.), The Raw Mango ('99, 97min.),
House of Memories ('99, 130min.), Ride on the Rainbow ('02, 116min.), Mouth Organ ('02, 80min.), At a Distance ('04, 92min.), Vanaja ('06, 111min.)
Japanese subtitled
Roja ('92, 140min.), Amar, Akbul, Anthony ('77, 174min.), The Circus Tent ('78, 130min.)
Face to Face ('84, 107min.)

Shah Rukh Khan, a Bollywood film star
Duration: Apr. 24 (Sat) - 29 (Thu./holiday)
Fee: Adult 600 yen, Univ. & H.S. Student 500 yen, J.H.S. & Elem. Student 400 yen
Films subtitled in Japanese
The Indian Family (‘01, 210min.), Tomorrow May Not Be (‘03, 186min.)

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    FAX: 092-852-0609    URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

4) Phone Consultations
  Fukuoka International Exchange Foundation sponsors consultations by phone.

Contents: Kindergarten/school admissions for children, housing rentals, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment, etc.

Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-283-8880
Business hours: 9:00-17:00
Interpreters: Japanese, English, Chinese, Korean and other languages

Inquiry: Kokusai Hiroba
Tel: 092-725-9200    Email: info@kokusaihiroba.or.jp


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Bangladesh Folk Art Bazaar & Curry Festival
  Information on the NPO will be available and you can enjoy folk arts and curry at this event.

Date: thru. May 30 (Sun) 11:00-18:00
Venue: Asian Mingei Roman no Michi (Akizuki, Asakura city)
Further information: http://ketoy.npgo.jp/index.html

Inquiry: KEYTOY.jp
Tel: 092-714-0758    Email: ketoy@npgo.com

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Il bidone" ('55, 108min., English, Italian)
Date/Time: Apr. 16 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) Fukuoka YWCA Happy School
  Japanese language lessons for students who are having difficulty with their school work.

Date/time: Every Saturday 12:00-17:00
Venue: Fukuoka YWCA (Maizuru, Fukuoka)
Registration fee: 500yen/free of charge for classes
Further information: http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251    Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

4) Volunteer Guide Service
  Fukuoka SGG Club provides cultural information guidance, consultation, and tourist brochures. Volunteer guide services are also available by appointment.

Location: Fukuoka Cultural Information Center (2F ACROS Fukuoka)
Further information: http://www.geocities.jp/fukuokasgg/index.htm

Inquiry: Fukuoka SGG Club
Tel: 092-725-9100    Email: fukokasggclub@yahoo.co.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Spring Charity Bazaar
  Annual Bangla Bazaar and Ocarina music live are coming! Admission free.

Date/time: Apri. 11 (Sun) 12:30
Venue: Ninosaka Clinic parking lot (Noke, Sawaraku)
Further information: http://bangla.npgo.jp/

Inquiry: Association for Shaking Hands with Bangladeshies
Tel: 092-872-1136  Email: bangla@npgo.jp

2) New Japanese Language Proficiency Test (JLPT)
  New JLPT Guidebook and Sample Questions are now available.

Test date: Jul. 4 (Sun)
Further information: http://www.jlpt.jp/e/index.html

Inquiry: Japan Educational Exchanges & Services Fukuoka
Tel: 092-262-0505   Email: jlptinfo@jpf.go.jp


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Japan's Unusual Eats

I have always found it curious as to whether my interest in Japan has affected the way I approach Japanese food, most of which I truly enjoy. Sometimes I think that my love of Japan has influenced me to be partial to its cuisine, but this hypothesis is not very strong, since I also love a veritable boatload of other world cuisines including Indian, Mexican, Korean, Greek, Ethiopian… the list goes on! At the same time, however, there are definitely some foods consumed here in Japan that surprise, intrigue, and disgust me, some of which I will share with you in this issue.
Although today Hakata is best known for its motsunabe, ramen, and mentaiko, one of its more unusual seasonal food practices is the eating of live shirouo, a small fish that heralds the coming of spring in the area. This is known as odorigui, which can be translated as "dancing food." The tiny transparent fish are scooped into bowls of vinegar/soy sauce/egg concoctions and tipped into the mouth, where they wriggle around and continue do to so in your stomach after you have swallowed them. I have not yet experienced odorigui, and while I am all for supporting Hakata traditions, I think this is one I am going to pass on. Some people apparently enjoy the feeling of the fish thrashing about in their mouths and stomachs, but I can only imagine it with a slight feeling of nausea.
Another delicacy that many of my fellow foreigners have found to be somewhat disturbing is ika ikizukuri, which is squid sashimi cut up and served while the squid is still alive in front of you. I sampled this dish a few weeks back when some coworkers and I went to Yobuko in nearby Saga Prefecture. It was unnerving to watch the squid moving and changing color while I partook of it, but I have to admit that it was the most delicious ika sashimi I have ever had. Some people think that this, along with odorigui, is a cruel method of eating. I will set that debate aside and just say that I think I would probably eat ika ikizukuri again, given the chance.
One of the first strange food items I ate when I came to Fukuoka was basashi, or raw horse meat. I remember telling my parents that I actually enjoyed it and they looked at me in shock. Horse is something we wouldn't think of eating in America. But when I did a little research, I discovered that horse meat is actually something consumed in many European countries. Apparently horse meat is considered a "taboo food" in America because horses are often kept as pets or for sport. Now that I know how tasty horse is, I don't really have a problem eating it. I know that in some parts of the world, dog is also eaten regularly; however, because my family has the world's most adorable pet dog, you will never catch me eating dog, ever in my life!
Some delightfully surprising Japanese foods have been the huge variety of citrus fruits and the various seasonal and regional Kit-Kat flavors. Growing up, I was familiar with oranges, lemons, limes, tangerines, grapefruits, and clementines, but that was the extent of my knowledge of citrus fruits. Imagine my surprise when I came to Japan and found that many more kinds of such fruit exist! My absolute favorites are mikan and yuzu, but I was also amazed that there were natsumikan, ponkan, kabosu, iyokan, sudachi, and the incredibly gigantic banpeiyu. Japan is literally a treasure island of citrus fruits!
And then, of course, there are the many wonderful and weird Kit-Kat flavors of Japan. When I returned home over the winter, I bought "Kyushu Limited" yuzugosho and purple sweet potato-flavored Kit-Kats, though I also saw soy-sauce and wasabi-flavored ones in the airport. So far, most of the flavors I've tried have been largely underwhelming (or kind of gross), but it's always fun to see what new, crazy flavors they come up with!
Now, what will my next Japanese food adventure be…

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) レインボープラザからのお知らせ(新聞、英文レインボー、行政書士相談受付)
  2) 国際どんたく隊参加者&ボランティア募集
  3) 福岡・イポー青少年交流訪問団団員
  4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡市外国人市政相談時間変更
  2) ポリオ春の予防接種
  3) シネラ「インド映画の世界」
  4) インカ帝国のルーツ黄金の都シカン関連イベント
  5) こくさいひろば外国人相談窓口
  6) ウェルカムサポーター募集

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) JICAボランティア春募集「体験談&説明会」
  2) バングラデシュの伝統民芸品販売&カレーフェスティバル
  3) APCCボランティア募集
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) FUNNからのお知らせ
  6) カナダ友好協会講演会
  7) 福岡YWCAハッピースクール
  8) ボランティアガイドサービス

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 春のチャリティ・バザー
  2) 福岡アジア映画祭2010ボランティア募集
  3) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集
  4) 日本語能力試験

5. エミリーの那珂川ノート

  日本の不思議な食べ物


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
福岡よかトピア国際交流財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
Tel:092-733-5630 FAX:092-733-5635 E-mail: daihyo@rainbowfia.or.jp
URL: http://www.rainbowfia.or.jp

 
1) レインボープラザからのお知らせ
   外国人のための入国・在留・国籍に関する無料相談会
毎月第2日曜日に開催している無料相談会は、相談時間は13:00から16:00ですが、受付は15:30までです。ご注意ください。

英文「レインボー」
これまで毎月発行してきた英文「レインボー」ですが、諸般の事情により、5月号から隔月(奇数月1日)の発行となります。

閲覧できる外国語新聞
今月からレインボープラザの図書コーナーで閲覧できる外国語新聞が、Japan Times、Daily Yomiuri、中文導報になっています。
市内ではレインボープラザ以外に以下の場所で外国語の新聞や雑誌を閲覧することができますので、ご利用ください。

外国語新聞および雑誌が読める場所
福岡市総合図書館 (早良区百道浜3-7-1 Tel.092-852-0600)
福岡県立図書館 (東区箱崎1-41-12 Tel.092-641-1123)
こくさいひろば (中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F Tel.092-725-9204)
福岡アジア都市研究所 (中央区天神1-10-1 福岡市役所北別館6F Tel.092-733-5707)

2) 国際どんたく隊参加者&ボランティア募集
  福岡在住の留学生や外国人による「国際どんたく隊」を結成し、毎年恒例の博多どんたく港祭りに参加します。お持ちであれば、母国の民族衣装などを着て参加しませんか?参加者にはどんたくグッズを差し上げます。

参加者募集
日時:5月3日(月・祝)12:30〜15:30(12:00受付開始)
対象:福岡にお住まいの外国人 先着150名
会場:福岡学生交流会館4階(冷泉公園となり)
申込:メール(kokusaidontaku@rainbowfia.or.jp)で、氏名、国籍、連絡方法を申し込み。レインボープラザでも受付。
締切:4月23日(金)

運営ボランティア募集
国際どんたく隊事業の円滑な遂行のために、ご協力が必要です。4月末に事前説明会を予定しています。
日時:5月3日(月・祝)10:45-16:00(予定)
集合場所:福岡学生交流会館4F(冷泉公園横)
対象:国際交流に興味のある高校生以上の方
定員:先着20名
申込み:氏名、年齢、連絡先、住所、メールアドレスをメール(fia-cir@rainbowfia.or.jp) 又は電話で申し込み。

3) 第15回福岡・イポー青少年交流訪問団団員募集!
  福岡市の姉妹都市であるマレーシア・イポー市へ派遣する訪問団員を募集します。

日程:8月1日(日)〜10日(火) 10日間(うちホームステイ7泊)
参加費:55,000円
対象:福岡市在住または市内の学校に通学する高校生(20歳未満)
締切:5月17日(月) (必着)
申込:詳細は、協会HPを参照又はお問合せください。

4) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
   福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:4月15日(木) 18:30
会場:あったかサロン
語り手:グエン・キエウ・フウン・カンさん(ベトナム・ホーチミン出身)
      九州大学大学院経済学府経済システム専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡市外国人市政相談時間変更
  福岡市では、市内にお住まいの外国人の皆様から区役所での手続きや相談窓口の紹介など、市政に関する相談を受け付ける電話サービスを英語と中国語で行っています。4月から相談時間が変更になりました。

相談日:英語 月曜日、中国語 木曜日
相談時間:13:00〜16:00
電話番号:092-631-2192
窓口での面談も可能です。お気軽にお立ち寄りください。
相談窓口:東区役所市民相談室
(地下鉄箱崎宮前駅から徒歩3分、箱崎浜バス停から徒歩2分)

問い合せ:福岡市東区企画振興課
Tel: 092-645-1012  FAX: 092-651-5097

2) 春のポリオ予防接種
  生後3ヶ月から7歳5ヶ月までのお子さんで、2回投与を受けていない方が対象です。出来る限りお住まいの校区の実施日に受けて下さい。

詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/vaccine/porioharu_2.html

問い合せ:各区保険福祉センター健康課
東区 Tel: 092-645-1078 博多区 Tel: 092-419-1091 中央区 Tel: 092-761-7340 
南区 Tel: 092-559-5116 城南区 Tel: 092-831-4261 早良区 Tel: 092-851-6012 
西区 Tel: 092-895-7073

3) シネラ「インド映画の世界」
  世界最大の映画国・インドのバラエティに富んだ作品を上映。

日程:4月23日(金)まで
観覧料:大人500円、大学・高校生400円、小・中学生300円

特別企画「インド映画のスター シャー・ルク・カーン特集」
インド娯楽映画の帝王といわれるシャー・ルク・カーン主演の2作品を特集。
日程:4月24日(土)〜29日(木・祝)
観覧料:大人600円、大学・高校生500円、小・中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問い合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0608

4) インカ帝国のルーツ黄金の都シカン展関連イベント
  福岡市博物館での展覧会に関連するイベントが開催されます。

詳細はこちら:http://www.sicanten.jp/

問い合せ:福岡市博物館
Tel: 092-845-5011

5) こくさいひろば外国人相談窓口
  子どもの入園・入学、住宅を借りたい、大学進学事情・卒業後の進路など、困った事があればご相談ください。

電話番号:092-283-8880
対応者:グローバルライフサポートセンター
日時:平日(土・日・祝休み)9:00〜17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ほか
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問い合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200

6) ウェルカムサポーター募集
  福岡市観光コンベンションビューローでは、国内外からの観光客などのおもてなしのために活動していただけるウェルカムサポーターを募集しています。
詳細はこちら:http://www.welcome-fukuoka.or.jp/

問い合せ:福岡観光コンベンションビューロー
Tel: 092-733-5050


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAボランティア春募集「体験談&説明会」
  平成22年度JICAボランティア春募集を下記日程のとおり実施するにあたり、体験談&説明会を開催します。

募集期間:5月17日(月)まで
体験談&説明会
青年海外協力隊
4月10日(土)14:00、19日(月)19:00、28日(水)19:00 アクロス福岡7階大会議室
シニア海外ボランティア
4月7日(水)18:30、20日(火)18:30、28日(水)18:30 アクロス福岡1階円形ホール
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/

問い合せ:JICA九州 市民参加協力課
Tel: 093-671-8349  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp

2) バングラデシュの伝統民芸品販売&カレーフェスティバル
  NPOの活動紹介や民芸品の販売を行います。

期間:5月30日(日)まで11:00〜18:00
場所:アジア民芸ろまんの道(朝倉市秋月)
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/

問い合せ:Ketoy.jp
Tel: 092-714-0758  Email: ketoy@npgo.jp

3) APCCボランティア募集
  APCC事業運営に携わるボランティアを募集します。まずは登録説明会にご参加ください。

日時:4月27日(火)6:30
会場:未定
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

問い合せ・申込:アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

F・フェリーニ「崖」('55、108分)
日時:4月16日(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問い合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

5) FUNNからのお知らせ
  隔月発行の機関紙の発送作業ボランティアを募集しています。

日時:4月17日(土)13:00〜18:00
場所:福岡NPO共同事務所内びおとーぷ

セーフ・トラベル・セミナー
スタディ・ツアーにおける危機管理などについての講演会です。
日時:5月1日(土)14:30〜16:30
場所:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/index.html

問い合せ:NGO福岡ネットワーク
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

6) カナダ友好協会講演会
  茂木健一郎さんを講師に幅広い脳活用法の講演をしていただきます。

日時:5月30日(日)14:00
場所:シーモールホール(下関市竹崎町)
参加費:1,500円
詳細はこちら:http://cjfa.net/default.htm

問い合せ:カナダ友好協会
Tel: 0834-63-9610  Email: canada@mba.nifty.com

7) 福岡YWCAハッピースクール
  日本語を母国語としない小学生、中学生、高校生で、日本語を勉強したい人や、日本語の会話には問題がなくても、学校の授業を理解するのが困難な人を対象に開催しています。

日時:毎週土曜日 12:00〜17:00
会場:福岡YWCA会館
費用:登録費500円 授業料無料
定員:20名
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/

申込・問い合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

8) ボランティアガイドサービス
  福岡SGGクラブは、外国人に対し、観光情報の提供や相談を行っています。事前の予約でガイドもしています。

相談窓口:福岡文化情報センター(アクロス福岡2F)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/fukuokasgg/index.htm

問い合せ:福岡SGGクラブ
Tel: 092-725-9100  Email: fukokasggclub@yahoo.co.jp.


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 春のチャリティ・バザー
  今年もバングラ・バザーが開催されます!オカリナコンサートもあります。参加無料

日時:4月11日(日)12:30
場所:にのさかクリニック駐車場(早良区野芥)
詳細はこちら:http://bangla.npgo.jp/

問い合せ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel: 092-872-1136  Email: bangla@npgo.jp

2) 福岡アジア映画祭2010ボランティア募集
  毎年7月に開催の「福岡アジア映画祭」は、企画・運営などすべてがボランティアによって実施されています。
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

問い合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

3) 九州大学留学生ホームビジット受入家庭募集
  九州大学が開講するサマーコースAsia in Today's World (ATW)参加留学生のホームステイ受入家庭を募集しています。

期間:6月26日(土)〜8月7日(土)、8日(日)6週間または、その後半2週間
申込:5月14日(金)
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問い合せ:九州大学国際交流推進室
Tel: 092-642-4275

4) 日本語能力試験
  今回から新しくなります。

日時:7月4日(日)
詳細はこちら:http://www.jees.or.jp/jlpt/

問い合せ:日本国際教育支援協会福岡地区事務所
Tel: 092-262-0505


5. エミリーの那珂川ノート
 
日本の不思議な食べ物

日本料理が本当に好きなので、私が日本に持っている興味が影響を与えたのだろうとずっと思ってきた。日本が好きだからこそ、その料理も好きということは可能だと思うけれど、インド、メキシコ、韓国、ギリシア、エチオピアなどの料理は全部好きなので、やっぱりちょっと弱い仮説かもしれない。そして、「日本料理が好き」と言えると同時に、私にとってびっくりしたり、嫌気が差したりする日本の食べ物もあるので、今回それらを紹介したいと思う。
現在の博多で評判なのは、もつ鍋、ラーメン、明太子などだが、不思議で季節的な食習慣の一つが、シロウオという春の到来を告げる魚の踊り食いだ。実際「踊っている食べ物」のような意味のある踊り食いというのは、小さくて透明な魚を生きたまま、醤油、お酢、卵と混ぜて飲み込むということだ。口の中にも、お腹の中にも、魚がくねらせ続く感じが好きな人もいるようだ。私は博多の伝統や習慣を支えたいけれど、これは遠慮すると思う!
他に外国人がびっくりする日本の食べ物の一つは、生きたままのイカが刺身にされた、イカ活き造りというものだ。数週間前に同僚と一緒に佐賀県の呼子に行って、初めてイカ活き造りを体験した。食べながら動いたり色を変えたりするイカを見るのはドキッとしたのだが、間違いなく今までで一番美味しいイカ刺身だった。これと踊り食いはひどい習慣だと思っている人もいるけれど、その議論はさておいて、イカ活き造りはまた食べたいと言える。
福岡に来てすぐ経験した不思議な食べ物は馬刺しだった。美味しかったと両親に伝えた時そのびっくりした顔をよく覚える。馬肉はアメリカで全然食べられていないからだ。これを少し研究したら、馬肉はヨーロッパの様々な国では食べられているけれど、アメリカでは馬はペットや競走馬として飼われているので、「タブーの食べ物」に見えている。美味しいお肉だと分かっているから私には問題がない。しかし!犬を食べる国があると知ってはいるが、うちの犬は世界で一番かわいいと思っているから、個人の信念として一生、犬は食べたくない。
おもしろくて意外な食べ物というと、やっぱり日本の様々な柑橘系フルーツとキットカットの季節や地方別の味だ。アメリカで育った私は、日本に来る前はオレンジ、レモン、ライム、タンジェリン、グレープフルーツ、クレメンタインしか知らなかった。日本の柑橘系フルーツは、想像したよりこんなに多いというのは本当に嬉しかった。一番好きなのはみかんとゆずだけど、夏みかん、ポンカン、カボス、いよかん、スダチ、そして非常に大きい晩白柚まであるなんてすごいと思っている。日本は柑橘系フルーツの宝島だ!
そして、日本にはたくさんの素敵で不思議なキットカットの味もある。冬にアメリカに戻った時、ゆずゴショウと紫芋味のキットカットを持って帰った。空港では醤油とわさび味のも見た。今まで食べてみた味には大体がっかりしたけれど、次の面白くて新しい味が楽しみだ!
私の次の日本料理の冒険は何かしら・・・

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service. When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag. To register or cancel your subscription, please contact http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
"Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For "MagMag Fukuoka Rainbow Magazine Cancellation click here.
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除は http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/ よりご連絡ください。
直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※まぐまぐ版「レインボーメールマガジン」の解除はこちら
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
     Tel: 092-733-2220 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/