Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.97 June/05/2010
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The long-awaited FIFA World Cup opens soon! Expectations for drama are high!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
いよいよサッカーのワールドカップが始まります。どんなドラマが見られるのでしょうか。楽しみですね!


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) 2010 International Dontaku Troupe
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Electronic payment available at public facilities in Fukuoka City
   2) Job Fair for International Students in Fukuoka

3. News from FUKU-NET Members

   1) Autumn Firefly Live
   2) Fukuoka Interpreters' Association 2010 Entrance Examination
   3) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Games

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) The 22nd Asian Pacific Cup Men's Volleyball Games in Fukuoka
   2) Fukuoka Asian Film Festival
   3) Annual Workshop for Junior High School Students whose Mother Tongue is not Japanese
   4) English Volunteer Guide at Kyushu National Museum

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   City Girl in the Countryside



1. News from The Fukuoka International Association

For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630  FAX: 092-733-5635
http://www.rainbowfia.or.jp/

1) 2010 International Dontaku Troupe
  I would like to offer my sincerest thanks to all of you that participated in the hugely successful 2010 International Dontaku Troupe! Our troupe numbered just around 200 participants in total, representing more than 10 nations and regions. This year's Hakata Dontaku Minato Matsuri was blessed with unusually gorgeous weather (I heard that it always rains on at least ONE day of the festival, but this year we had two perfect, sunny days!). I am incredibly grateful that, despite the heat, every one of you brought your utmost energy and national pride to the streets of Fukuoka. As our troupe marched along Meiji-dori, I observed the faces of the spectators light up with delight at your beautiful traditional clothes and enthusiastic smiles. Thank you all!
The success of our troupe this year would not have been possible without the tireless efforts of Mrs. Ampika Kifuji and the participants of the Thai group that represented us at the front. With your stunning outfits and captivating dance, you were the perfect group to lead us! I would also like to thank this year's hard-working, yellow-happi coat-clad volunteers, who were indispensable in making sure our participation in the parade went smoothly.
The Fukuoka International Association has organized the International Dontaku Troupe each year since 1996-so thanks once more to all this year's participants, and we hope to see you again next year!

Best regards,
Emily Rosenberg, International Dontaku Troupe Coordinator

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jun. 17 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Deniyaye PANNALOKA (Deniyaya, Sri Lanka)
           Ph.D in the History of Indian Philosophy,
           Graduate School of Humanities, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Electronic Payment available at public facilities in Fukuoka City
  Now Fukuoka City Subway's IC card "Hayakaken" can be used as electronic money at various public facilities in Fukuoka City. In addition, JR Kyushu's "SUGOKA", Nishi-nippon Railroad's' "nimoca", and JR East's "Suica" are also acceptable.

Available 42 facilities:
Citizen Section in each Fukuoka Ward Office, Imajuku Office, Irube Office, Joho Plaza, Tax Payment Section in each Fukuoka Ward Office, Corporate Tax Payment Section, Civic Gymnasium and Civic Pool in each ward, Fukuoka Civic Gymnasium, Momochi Gymnasium, Kyuden Kinen Gymnasium, Imajuku Outdoor Activities Center Fukuoka City Art Museum, Asian Art Museum, Fukuoka City Museum (only for permanent exhibitions), Hakata Machiya Furusato Kan
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/shisei/denshimoney.html(in Japanese)

Inquiry: Fukuoka City Subway
Tel: 092-732-4139

2) Job Fair for International Students in Fukuoka
  Job interviews with participating companies, occupation counseling and other counseling will be available. No appointment required and admission free.

Date: Jun. 22 (Tue.) Reception for job interviews opens at 10:30
Venue: Hakata Sunhills Hotel (Yoshizuka honmachi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further information: http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/ (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Autumn Firefly Live
  Information on KEYTOY.jp and Jazz live will be available at this event.

Date: thru. Jun. 20 (Sun.) 11:00-18:00
Venue: Asian Mingei Roman no Michi (Akizuki, Asakura city)
Further information: http://ketoy.npgo.jp/index.html

Inquiry: KEYTOY.jp
Tel: 092-714-0758   Email: ketoy@npgo.com

2) Fukuoka Interpreters' Association 2010 Entrance Examination
  Fukuoka Interpreters' Association is now accepting examination applications.

Deadline: Aug. 31 (Tue.)
Date of exam: Nov. 14 (Sun.)
Further information: http://www.fia-2004.com/

Inquiry: Fukuoka Interpreters' Association
Tel/Fax: 092-944-5860   Email: egg1@tkg.bbiq.jp

3) Cambodia Mines-Remove Campaign Charity Baseball Games
  These annual charity baseball games support Cambodia mine-removal activities and mine victims. 500 yen from each ticket sale will go towards the charity.

Date: Jun. 9 (Wed.), 10 (Thu.) 18:00 vs. Yokohama Bay Stars
Venue: Fukuoka Yahoo! Dome
Fee: Seat A 2,500yen
Further information: http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-Remove Campaign
Tel: 092-833-7676   Email: info@cmc-net.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) The 22nd Asian Pacific Cup Men's Volleyball Games in Fukuoka
  China, Korea, Thailand and Japan will stage exciting games in Fukuoka.

Duration: Jun. 18 (Fri.) - 20 (Sun.)
Venue: Fukuoka Civic Gymnasium
Fee: Adult 2,000yen J.H.S & H.S. student 1,000yen Elm.S student & under Free
Further information: http://mitsports.p1.bindsite.jp/apc2010main-site.html

Inquiry: Management Office for the Games (MIT/Hosaka Office)
Tel: 092-733-6888

2) Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival Event
  This is a film festival featuring mainly Asian films, completely organized and managed by volunteers!

Festival duration/venue: Jul. 2 (Fri.) -4 (Sun.) French-Japanese Institute of Kyushu 5F Hall
                                    9 (Fri.)-11 (Sun). NTT Yume Tenjin
Fee: 1,400 yen Advance, 1,800 yen at door
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival/Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949   Email: faff@gol.com

3) Annual Workshop for Junior High School Students whose Mother tongue is not Japanese
  Consultation and information on high schools are available in five languages.

Date: Aug. 8 (Sun) 13:00
Venue: Hakata Elementary School (Narayamachi, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee: Free for interested parties
Contents: General meeting: important information for entering high school, presentations by each high school, Q&A
Exchange meeting: playing games to get to know each other
Language group meeting: exchange information in five languages.

Inquiry: Itayama, Fukuoka City Uchihama Junior High School Tel: 092-882-3855
Wada, Tomoni Ikiru Machi Fukuoka Tel: 090-5739-3988


5. Emily's Notes from the Nakagawa
  City Girl in the Countryside

Following a very successful participation of our Association's "International Dontaku Troupe" in the Hakata Dontaku Minato Matsuri parade, I took some time off, packed my bags and set off for a place I'd yet to explore… nearby Kumamoto. Yes, I am somewhat ashamed to admit that before this Golden Week I had not yet ventured the hour or so it takes to get to Kumamoto from Fukuoka City, despite the fact that I've lived here for 10 months.
However, I didn't go to Kumamoto to visit the castle, eat raw horse meat, or drink locally brewed shochu. No, I went to work on a farm for a week. There are several reasons why I decided to take this somewhat unusual vacation. The first is that I have simply never experienced what life and work on a farm is like, having grown up in the suburbs and moved to the Big City for university. I also am interested in learning about organic foods and healthy, earth-friendly lifestyles, in my ever-ensuing quest for well-being. And of course, because I am always eager to learn something new about Japan, I want to experience the agricultural world that keeps this country's people well-fed and long-lived.
The charming village to which I traveled, Minami Aso Mura, lies in the caldera of Mt. Aso, Japan's largest volcano, that shaped the island of Kyushu with its terrific eruptions in the past, and which gives Kumamoto its nickname, "Fire Country." I had heard of the beauty of this area, and when the location popped up on a list of potential destinations for a farm experience, I requested straightaway if I could spend a week there. Things worked out, and I was lucky enough to be warmly welcomed by a delightful multi-generational family.
After months of living on my own, it was wonderful to live with a family for a while. They accepted me into their home and immediately treated me as part of the family, for which I was grateful. This meant I was responsible for helping clean up after meals, vacuuming each day, and entertaining their three-year old daughter with Anpanman books and card-matching games to give the mother a few moments of respite. I woke up every day earlier than I would on a regular work day, shared breakfast with the other kids who shortly headed off to school, then joined the father and grandfather in the fields and plastic greenhouses where we planted and tended to their hundreds, perhaps thousands of bell pepper plants. We broke for lunch every day precisely at noon, rested during the hottest part of the day, then returned for several more hours of work. Every day I ate rice at every meal, as well as delicious homemade Japanese pickles and konnyaku and the only-available-locally leafy green vegetable called suizenjina. We ate dinner as a family, despite the children's busy schedules, and went to bed early (around 9:30pm!) every night.
The farm work wasn't back-breaking, but it was undeniably strenuous. My first task was to pick off the first growth flowers of every single pepper plant so that the plants could grow tall and bear even more peppers. This wasn't terribly hard, although somewhat tedious, as, like I mentioned, there were probably over a thousand plants to tend to. I helped stretch plastic lines dotted with holes across the rows in their two fields, which would water the plants, and then we covered each row with black plastic sheets (like huge rolls of plastic kitchen wrap) to keep the moisture in. For three days, I sat bent over on a tiny rolling stool, stapling cords together so that each plant would grow straight up. It was fascinating to see the kind of work that goes into such an enterprise, and the dedication with which the family labored.
While the farming experience was deliciously new and interesting, I admit that the most pleasing aspect of my time in Minami Aso Mura was getting to know my host family. They were incredibly kind and fun, and I am grateful that they allowed me to participate in their lives for a whole week. They even invited me to come back whenever I have a free weekend! Which I fully intend to take them up on, after such a lovely experience!

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:
1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 1) 国際どんたく隊お礼
 2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

 1) 福岡市からのお知らせ
 2) アメリカ留学説明会、個人相談
 3) 「女性研修の翼」団員募集
 4) 留学生就職フェアin Fukuoka

3. FUKU-NET団体からの情報

 1) 秋のほたるライブ
 2) 福岡通訳協会入会について
 3) インドネシア海外ボランティア体験とスタディツアー
 4) ペシャワール会中村哲医師講演会
 5) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
 6) ヒッポファミリークラブ講演会
 7) チェルノブイリ医療支援ネットワークボランティア募集
 8) ストップ!児童労働、児童虐待
 9) シンポジウム「ネパールのゴミ問題」
 10) 日本語教室ボランティア・実践研修講座
 11) NGO相談員制度ご案内

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

 1) アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会
 2) 母国語(韓国語)による保育園児・小学生の保護者の集い
 3) バングラデシュ現地訪問参加者募集
 4) 福岡アジア映画祭2010
 5) 日本語を母語としない中学生の高校進学を考える会

5. エミリーの那珂川ノート

  田舎に、シティーガール

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 
1) 国際どんたく隊お礼
   2010年の「国際どんたく隊」に参加して頂きありがとうございました!おかげ様で5月3日のパレードにはおよそ160名の外国人参加者(10ヶ国・地域以上)が集まりました。今年の博多どんたく港祭りは非常に良いお天気に恵まれました。その暑さにもかかわらず、皆様がエネルギーと愛国の誇りでパレードに行進してくださって感謝しています。皆様の素敵な民族衣装とにこやかな笑顔のおかげで、明治通りを歩きながら、観客の喜びを感じることができました。
木藤アンピガー様とタイ踊りグループのたゆまぬ努力がなければ、今年の成功はなかっただろうと思います。色彩豊かな衣装や魅惑的な踊りで、ぴったりの先導隊になって頂きありがとうございました。また、パレードがスムーズに行進するようにサポートしてくださった黄色い法被のボランティア様にも、心からお礼を申し上げます。
福岡よかトピア国際交流財団は1996年から毎年「国際どんたく隊」を通して活躍しています。来年も皆様のご参加を楽しみにしています!

エミリー・ローゼンバーグ
国際どんたく隊担当(国際交流員)

2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6/17(木) 18:30
会場:あったかサロン
語り手:デニヤーイェ・パンヤーローカさん(スリランカ・デニヤーヤ出身)
九州大学大学院人文科学府インド哲学史専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡市からのお知らせ
  福岡市の主な施設で「はやかけん電子マネー」が利用できます!また、あわせて相互利用各社「SUGOKA」、「nimoca」、「Suica」も利用可能です。

詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/shisei/denshimoney.html

2)「女性研修の翼」団員募集
  福岡県女性海外研修事業として、ドイツ・フィンランドを訪問します。

期間:11/14(日)-21(日)
募集締切:6/11(金)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/a05/tsubasabosyuu2010.html

問い合せ:福岡県男女共同参画推進課内「女性研修の翼」実行委員会
Tel: 092-643-3391

3) 留学生就職フェアin Fukuoka
  企業との面談会、就職ガイダンス、生活相談などを行います。入場無料、予約不要。

日時:6/22(火)10:30〜面談受付
場所:博多サンヒルズホテル(福岡市博多区吉塚本町)
詳細はこちら:http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/

問い合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556

4) アメリカ留学相談会、個人相談
  アメリカ留学に興味のある方を対象とした相談会です。参加無料、要事前予約。

日時:7/18(日)13:00
場所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問い合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 秋のほたるライブ
  NPOの活動紹介やジャズライブを行います。

期間:6/20(日)まで 11:00-18:00
場所:アジア民芸ろまんの道(朝倉市秋月)
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/

問い合せ:KETOY.jp
Tel: 092-714-0758  Email: ketoy@npgo.jp

2) 福岡通訳協会入会について
  入会試験の申し込み受付が始まりました。

締切:8/31(火)
試験日:11/14(日)
詳細はこちら:http://www.fia-2004.com/

問い合せ:福岡通訳協会
Tel/Fax: 092-944-5860  Email: egg1@tkg.bbiq.jp

3) インドネシア海外ボランティア体験とスタディツアー
  国際協力・青年海外協力隊の活動現場やインドネシア人との交流などに興味がある方、参加者募集中です。

日程:7/29(木)-8/5(木)
視察地:インドネシア共和国
締切:6/7(月)定員になり次第締切
詳細はこちら:http://www.joca-kyushu.or.jp/

問い合せ:九州海外協力協会
Tel: 092-415-6536  Email: ngoqshuint@joca-kyushu.or.jp

4) ペシャワール会中村哲氏講演会
  パキスタン、アフガニスタンでの活動について講演を行います。参加無料。

テーマ:アフガンに命の水を
日時:6/8(火)19:00
場所:アクロス福岡シンフォニーホール
入場料:2,000円
詳細はこちら:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

問い合せ:福岡・文化振興会
Tel: 092-738-0088

5) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
  今年も恒例のチャリティ野球が開催されます!福岡ソフトバンクホークスを応援して、カンボジア地雷撤去、地雷被害者救済にご協力ください。

日時:6/9(水)、10(木)18:00 横浜ベイスターズ
場所:福岡ヤフードーム
料金:A指定席引換券2,500円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問い合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp

6) ヒッポファミリークラブ講演会
  「7カ国語で話そう。」をキャッチフレーズに多言語を身につけ、交流を広げているヒッポファミリークラブが講演会を開催します。参加無料。

テーマ:赤ちゃんに学ぼう。人間の言語能力は無限大!
日時/場所:6/10(木)10:30、12(土)14:00 アクロス福岡
         11(金)10:30 筑紫野市文化会館、
         13(日)13:30 クローバープラザ

問い合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761

7) チェルノブイリ医療支援ネットワークボランティア募集
  会報発送ボランティアを募集しています。

期間:6/11(金)-15(火)10:00-17:00
場所:チェルノブイリ医療支援ネットワーク(古賀市駅東)
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

問い合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

8) ストップ!児童労働、児童虐待
  児童労働反対世界デー・キャンペーン2010登録イベントです。

日時:6/17(木)15:00-18:00
場所:福岡市人権啓発センター

問い合せ:ソルト・パヤタス
Tel: 092-939-3633  URL: http://www.salt.or.tv/index.html

9) シンポジウム「ネパールのゴミ問題」
  国連ハビタット親善大使のマリ・クリスティーヌさんをコーディネーターに、シンポジウムを開催します。

日時:7/3(土)18:00
場所:福岡市立青年センター5F
詳細はこちら:http://cnhf.npgo.jp/

問い合せ:ハビタット福岡市民の会
Tel: 090-6770-2481  Email:muta@ktarn.or.jp

10) 日本語教室ボランティア・実践研修講座
日本語教室ボランティアのスキルアップ、実践研修の連続講座です。受講無料、要申込。

日時・場所:7月〜9月の木曜日、福岡市人権啓発センター研修室、こくさいひろば
定員:30名
締切:6/30(水)
詳細はこちら:http://nihongo.npgo.jp/#fragment-2

申込・問い合せ:小さな国際交流の会
Tel: 092-662-7690  Email: nihongonoguchi@u01.gate01.com

11) NGO相談員制度ご案内
  NGO福岡ネットワークは、NGO相談員として委嘱を受けました。
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

問い合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel: 092-405-9870

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会
  中国、韓国、タイ、日本が参加し熱戦が繰り広げられます。

日時:6/18(金)-20(日) 3日間
会場:福岡市民体育館
詳細はこちら:http://mitsports.p1.bindsite.jp/apc2010main-site.html

問い合せ:大会事務局(MIT/ホサカオフィス内)
Tel: 092-733-6888

2) 母国語(韓国語)による保育園児・小学生の保護者の集い
  保育園・小学校に子どもさんを通わせている保護者の方々が、日頃の生活の中で思っていることを母国語で話し合っていただく集いです。九州大学でカウンセリングを専門としている韓国語ができるスタッフがいます。子どもがいなくても参加できます。参加無料。

日時:6/23(水)10:30-12:30 毎月第4水曜
場所:韓国総合教育院(福岡市東区箱崎)
詳細はこちら:http://nojima2.hes.kyushu-u.ac.jp/

問い合せ:福岡在住外国人親子心理支援チーム(九州大学総合臨床心理センター)
Tel: 092-642-3154  Email: noji-edu@mbox.nc.kyushu-u.ac.jp

3) バングラデシュ現地訪問参加者募集
  主に、教育、医療現場での活動を通じて話し合いを重ねながら、地域住民との交流を行います。数回の事前研修を行います。

期間:8/15(日)-26(木)
定員:10名
参加費:19万円(予定)
締切:6月末

問い合せ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel: 092-844-1369  URL:http://bangla.npgo.jp/index.html

4) 福岡アジア映画祭2010
  企画・運営などすべてがボランティアによって実施されている映画祭です。

日程/会場:7/2(金)-4(日)九州日仏学館5Fホール
          9(金)-11(日)NTT夢天神ホール
料金:前売り1,400円 当日一般1,800円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

問い合せ:福岡アジア映画祭実行委員会(オフィス・ヌーヴェルヴァーグ)
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

5) 日本語を母語としない中学生の高校進学を考える会
  日本語を母語としない中学生の高校進学や進路選択が円滑に進むことを願って、説明ガイダンスを開催します。

日時:8/8(日)13:00
場所:福岡市立博多小学校(福岡市博多区奈良屋町)
参加費:無料(一般参加者は資料代が必要)
内容:
 全体会:高校進学のために知っておくべき事項の説明、高等学校からの情報提供
 交流会:参加者がうちとけ合うためのゲームなど
言語別分散会:英語、中国語、韓国語・朝鮮語、スペイン語、日本語の5グループで質疑応答、学校関係者からのアドバイスなど

問い合せ:
福岡市立内浜中学校 板山 Tel: 092-882-3855
ともに生きる街ふくおかの会 和田 Tel: 090-5739-3988


5. エミリーの那珂川ノート
 
田舎に、シティーガール

博多どんたく港祭での「国際どんたく隊」が成功したので、有給休暇をいただいて、まだ探検していない隣の熊本県に旅した。そう、10ヶ月間ここに住んでいるから少し恥ずかしいが、今年のゴールデンウィークが過ぎるまで、福岡市から1時間ちょっとの熊本に行ったことはなかった。
しかし、熊本城を見たり、馬刺しを食べたり、焼酎を飲んだりするために行ったわけじゃない。農場で働くためだ。この風変わりな休暇を取った理由はいくつかある。まず、郊外に生まれ育ち、大学生の頃大都市に住んでいたので、田舎の生活や仕事の理解は全くないから。それに、健康な状態をいつも求めているので、有機栽培食品や健康的で地球に優しい生活に非常に興味を持っているから。そして、もちろん、日本について新しいことを習うのが好きなので、世界で最も長生きする日本人の農業を理解したいから。
日本で最も大きな活火山である阿蘇山のカルデラに位置している南阿蘇村に旅した。ずっと昔の噴火で現在の九州を形作った阿蘇山のある熊本県は、「火の国」というあだ名がある。この辺りの美しさについては聞いていたので、農業体験先リストに阿蘇の地名を見つけるとすぐ連絡を入れた。幸いにも、他に体験希望者がなかったので、私は南阿蘇村に住んでいる三世代家族に暖かく歓迎していただいた。
何ヶ月間かの一人暮らしの後、家族と一緒に住むことは本当に幸せだった。家に入った瞬間から家族のように接してもらって感謝した。食事の後片付けを手伝ったり、毎日掃除機をかけたり、お母さんが少し休めるように3歳の娘さんと遊んだりした。普通の仕事日より朝早く起きて、3人の子供さんと一緒に朝ごはんを食べてから、お父さんとおじいさんと3人で畑とビニールハウスで何百ものピーマンの手入れをした。毎日ちょうど12時にお昼を食べて、暑い時間帯は休憩した後また何時間か働いた。毎食、白ご飯、手作りの漬物、こんにゃく、熊本でしかない水前寺菜を食べた。毎晩、子供さんが部活で忙しかったのに、家族揃って晩御飯を食べて、早く(9時半ごろ!)寝た。
農業で過酷な仕事をしなかったけど、作業は紛れもなく活発的だった。最初の仕事は、ピーマンの木が高く育ち、たくさんの実をつけるように、最初に成長した花を取ることだった。大変じゃなかったけど、千本以上あるかもしれないから、かなりつまらない作業だった。畑の列に給水の設定をして、湿気を保つために列それぞれに長くて黒いビニルシートをかぶせた(大きなサランラップみたいだった)。3日間ほど、木が真っ直ぐ育つように、かがみながらコードを何本も結んだ。ピーマンを育てる作業やどんな面倒な作業が必要かということを見たり経験したりするのがすごく面白かった。
農場の作業は新しい経験で楽しかったが、南阿蘇村にいる間一番良かったのはホストファミリーと仲良くなることだった。優しくて楽しい家族で、1週間この家族の生活に参加させていただけて本当に感謝している。「空いている週末があればまた来てください」と言われて嬉しかった。もちろん、この申し出に応じるつもり!!

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Fukuoka Rainbow Magazine uses its affilliate, Weekly MagMag, in order to bring you this service. When a user signs up with Fukuoka Rainbow Magazine he/she automatically registers with Weekly MagMag. To register or cancel your subscription, please contact http://www.rainbowfia.or.jp/en/inquiry/.  To directly register or cancel a subscription for each service, please see instructions below (in Japanese).
*For "Weekly MagMag General Edition" and
"Weekly MagMag Business Edition" Subscription/Cancellation click here.
*For "MagMag Fukuoka Rainbow Magazine Cancellation click here.
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
レインボーメールマガジンは「ウィークリーまぐまぐ」を利用して配信されています。そのため、購読登録をすると、自動的に「ウィークリーまぐまぐ」のメールマガジンが配信される仕組みになっています。登録・解除は http://www.rainbowfia.or.jp/inquiry/ よりご連絡ください。
直接、登録・解除をされたい方はこちらから↓(日本語のみ)
   ※「ウィークリーまぐまぐ 総合版」と「ウィークリーまぐまぐ ビジネス版」の登録・解除はこちら
   ※まぐまぐ版「レインボーメールマガジン」の解除はこちら
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
     Tel: 092-733-2220 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/