Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.100 September /05/2010
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Fukuoka Rainbow Magazine has reached its 100th issue! Thank you for your support!


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
福岡レインボーマガジンが100号を迎えました。ご愛読ありがとうございます。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Population Census
   2) Child-rearing allowance for single-father households
   3) Book Return post
   4) Cine-la Film Collection
   5) Fukuoka Asian Month
   6) Internship Program for International Students

3. News from FUKU-NET Members

   1) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Games
   2) Art activities for Parents and Children
   3) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
   4) Charity Hair Salon

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Yaron Herman Lecture
   2) Fukuoka Movie Circle Association Film Viewing

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   Taiwan Travel Diary 2


1. News from The Fukuoka International Association

   For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
   Fukuoka International Association
   City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
   Tel: 092-733-5630 FAX: 092-733-5635
   URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
  This program introduces international students to Japanese families for deepening mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program duration: Nov. 2010 - Mar. 2011
Eligibility: international students currently enrolled in a college, junior college, or language school etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: maximum 60
Application form: available at your college or schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: Oct. 15 (Fri)

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
TEL 092-733-2220   FAX: 092-733-2215

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Sep. 16 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Ms. TREERATSAKULCHAI Thanabhorn (Bangkok, Thailand)
             Ph.D in the Dept. of Japanese Society and Culture,
             Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Population Census
  As of October 1, the Japanese government will be conducting a Population Census. The Population Census is a statistical survey which is conducted according to the law and covers everyone living in Japan, regardless of nationality. You are legally required to respond.
Further information: http://www.stat.go.jp/english/data/kokusei/index.htm

Inquiry: Fukuoka City General Affairs & Planning Bureau Statistics & Survey Section
Tel: 092-711-4081   Email: tokeichosa.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

2) Child-rearing Allowance for Single-father households
  Jido Fuyo Teate (child-rearing allowance) is now provided to single father households. Income restrictions apply. Please refer to the Kosodate Shien-ka of your Ward office for more information.

Inquiry: Kosodate Shien-ka (Child Rearing Support section)
  Higashi-ku Tel: 092-645-1068 Hakata-ku Tel: 092-419-1080 Chuo-ku Tel: 092-718-1101
  Minami-ku  Tel: 092-559-5123 Jonan-ku  Tel: 092-833-4103 Sawara-ku Tel: 092-833-4354
  Nishi-ku   Tel: 092-895-7065

3) Book Return posts
  Book Return posts usually placed outside the Fukuoka City Public Library, its branches, and Amikas library for afterhour returns have been newly situated at subway stations and at Joho Plaza.

Locations: Joho Plaza, Fukuoka City Subway Hakata station, Befu station
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/22643/1/siryo-2.pdf

Inquiry: Fukuoka City Public Library
Tel: 092-852-0605

4) Cine-la Film Collection
  Cine-la will show some films screened at the Fukuoka International Film Festival.

Focus on Asia Archives
Duration: Sep. 2 (Thu.) -12 (Sun.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen
Majid Majidi Retrospective
Duration: Sep. 15 (Wed.) - 19 (Sun.)
Free
Japanese Film Masterpieces
Duration: Sep. 20 (Mon./holiday) - 29 (Wed.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609   URL: http://www.cinela.com (in Japanese)

5) Fukuoka Asian Month
  Various events concerning Asian culture will be held throughout Fukuoka City.
Further information: http://www.asianmonth.com/

Inquiry: Fukuoka Asian Month Information
Tel: 092-262-0676

6) Internship Program for International Students
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers an internship program for international students to promote mutual understanding between business institutions and international students.
Further information: http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/ (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556   Email: fukuoka@gakusei.go.jp


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Cambodia Mines-Remove Campaign Charity Baseball Games
  These annual charity baseball games support Cambodia mine-removal activities and mine victims. 500 yen from each ticket sale will go towards the charity.

Date: Sep. 8 (Wed.), 9 (Thu.) 18:00 vs. Tohoku Rakuten Golden Eagles
Venue: Fukuoka Yahoo! Dome
Fee: Seat A 2,500yen
Further information: http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-Remove Campaign
Tel: 092-833-7676   Email: info@cmc-net.jp

2) Art activities for Parents and Children
  Let's have fun together through creative art activities!

Dates: Sep. 16 (Thu) 10:30
Venue: Fukuoka YWCA (Maizuru, Chuoku, Fukuoka)
Further information: http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251

3) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Ciedo Asilo" ('79, 111min., Italian)
Date/Time: Sep. 30 (Thu.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

4) Charity Hair Salon
  Have your hair cut by a professional hairstylist and help raise money for medical aid for the victims of Chernobyl. A good way to be stylish while helping those in need.

Date/Time: Oct. 11 (Mon/holiday) 10:00 - 15:00
Venue: Omura Hair Dressing College, OMUNIS Studio
          (2F Tryent Yamasaki, 2-1-35, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Charge: 1,500yen (with shampoo, haircut and hair blow) *no perm or coloring
Reservation recommended.

Inquiry/Reservation: Assistance movement to Chernobyl
TEL/FAX: 092-944-3841   E-mail: jimu@cher9.to   URL: http://www.cher9.to/


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Yaron Herman Lecture
  Free lecture by modern jazz pianist, on looking at ways of communication through music.

Lecturer: Yaron Herman
Date: Sep. 24 (Fri.) 14:40
Venue: Seinan Gakuin Univ., Room 203 of Building 4
Further information: http://sound.jp/musiclef/cc/20100924.html (in Japanese)

Inquiry: Kurihara, Seinan Univ
Tel: 080-3961-7654

2) Fukuoka Movie Circle Association Film Viewing
  The three and a half hour masterpiece will be shown in its entirety.

Gone With the Wind (39、211 min.)
Date: Oct. 2 (Sat.), 3 (Sun.) 12:00
Venue: Fukuoka Public Library Cine-la
Fee: 1,500 yen

Inquiry: Fukuoka Movie Circle Association
Tel: 092-781-2817   Email: haruonod@nifty.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Taiwan Travel Diary 2
In mid-July, I spent 5 days visiting Taiwan for the first time, so I've written an account of my travels for this month's column!

Day Three:
I woke up early today to meet my friend and catch a 3-hour bus from Taipei to Chiayi, half the island's length away. We ate turkey rice, the local specialty, while we waited for our bus to Alishan National Scenic Area. The dish didn't look especially appetizing, but was actually really delicious. The bus to Alishan took nearly another 3 hours, winding back and forth through mountain passes at often terrifying speeds. When we got off the bus, we were delighted to find that instead of the tropical summer heat we had experienced below, the temperature was cool and refreshing. It was mid-afternoon by that point, and since the altitude of the region put us quite literally in the clouds, it soon began to sprinkle chilly rain. We set out on the hiking trails nonetheless, taking the scenic "Giant Trees Trail" that leads us past enormous, ancient red cypress trees. Since we had also hiked the day before, I was pretty beat by that point, so we went to bed very early in preparation for our 3 am wakeup to watch the sun rise.
Day Four:
Today may have been the first time I've ever gotten up so early, solely for the purpose of watching the sun rise. We rode the narrow-gauge train to nearly the summit of Chushan (the mountain's name), then hiked the short way to the topmost viewing platform. We were tired and cranky and beginning to doubt our decision, but when the light began to creep over the mountains in the distance, and Alishan's famous "Sea of Clouds" (mountaintops seeming to float in the clouds below us) appeared, we were glad we had decided to make the early trek. When the sun finally peered over the mountains, we hiked back to the village through the crisp morning air.
Another several-hour bus ride later, we found ourselves boarding the Taiwan High Speed Rail, which is Taiwan's version of the shinkansen. It was a lovely, smooth trip back to Taipei, and took less than half the time the bus had. Exhausted from hiking and adventuring, my friend and I retired with some books (mine a novel, his study materials) to spend several hours in the teahouse at the National Museum of History, overlooking the lovely lotus pond of the Botanical Gardens.
Day Five:
Since I had been so good about exploring and taking in as much as I could of Taiwan my first several days here, I finally allowed myself to get in some shopping today. I also met up with some of the Japanese travelers I met at my hostel, and together we went for a full Peking duck course lunch. There was so much food! I have actually had the opportunity to eat Peking duck in its namesake city, but it was as delicious as I've ever eaten. My friend and I had hoped to drink tea in the tea hills of southern Taipei, but the gondola cable-car was closed today, and so we returned to central Taipei to enjoy tea at a 1950's-era Russian teahouse. I ordered the house tea, which turned out to have a drop of brandy in it. It was absolutely delightful, and the most relaxing way to wrap up a whirlwind vacation.
I returned to Fukuoka the next morning, amazed again at how easy it was to fly directly. It's been said to me over and over again, but I never really realized it for myself until now, how very true it is that Fukuoka is a sort of "Gateway to Asia." It's so easy to get to so many locations in Asia from this fabulous city of ours. I'm sure I will take advantage of this again some day, but for now I'm also going to enjoy spending time in this city that I have been privileged to call home for the past year.

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集
  2) 地球市民どんたく当日ボランティア募集
  3) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 国勢調査
  2) 父子家庭に児童扶養手当支給
  3) 図書返却ポスト設置
  4) シネラ情報
  5) 福岡アジアマンス
  6) ハートフルフェスタ福岡2010
  7) ちきゅうを知る講座
  8) アメリカ留学説明会、個人相談
  9) 留学生インターンシップ

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
  2) 福岡通訳協会定例講演会
  3) 福岡YWCA親子でアート
  4) 国連講演会
  5) 日本文化研修会
  6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  7) 秋期ドイツ語講座開講
  8) チェルノブイリ医療支援ネットワークお知らせ
  9) 中村哲医師講演会
  10) バングラデシュ探訪ツアー

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) ヤロン・ヘルマン講演会
  2) 福岡映画サークル協議会上映会
  3) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集

5. エミリーの那珂川ノート

   台湾旅の日記2


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 財団法人 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630 FAX:092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
   福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

交流期間:2010年11月〜2011年3月
申込締切:10/15(金)

・ホストファミリー
対象家庭:福岡都市圏在住の日本人家庭
申込方法:レインボープラザ、情報プラザ、各区役所、各市民センターなどにおいてある所定の申込書に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又はご持参ください。

・外国人学生
対象者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生・就学生
申込方法:所定の申込書 (各大学・学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。

2) 国際交流フェスタ 地球市民どんたく2010 当日運営ボランティア募集
  国際協力・交流に取り組む団体の活動紹介イベントである「地球市民どんたく」の運営を行う個人ボランティアを募集します。

日時:11/6(土)、7(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」
活動内容:(1)イベント会場での来客案内  (2)ワークショップの運営補助等
申込締切:9/27必着

3) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:9/16(木)18:30
会場:あったかサロン
語り手:トリラッサクルチャイ・タナポーンさん(タイ・バンコク出身)
    九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 国勢調査
  2010年10月1日を調査期日として、全国一斉に国勢調査が実施されます。国勢調査は、我が国の人口や世帯の実態を明らかにする国の最も基本的な統計調査です。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/tokeichosa/shisei/toukei/h22kokuseichousa_1.html

問合せ:福岡市総務企画局統計調査課
Tel: 092-711-4081  Email: tokeichosa.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

2) 父子家庭に児童扶養手当支給
  ひとり親家庭に対する自立支援のため、父子家庭の父にも児童扶養手当が支給されます。
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/kodomo/seido/03-04.html

問合せ:福岡市各区子育て支援課

3) 図書返却ポスト設置
  図書返却ポストが新設されました!

場所:地下鉄博多駅、別府駅、情報プラザ(市役所本庁舎)
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/22643/1/siryo-2.pdf

問合せ:福岡市教育委員会総合図書館
Tel: 092-852-0605

4) アジアフォーカス・福岡国際映画祭関連作品上映
  詳細はこちら:http://www.cinela.com/

アジアフォーカス・アーカイヴス
期間:9/2(木)〜12(日)
観覧料:大人500円 高校・大学生400円 小中学生300円
マジド・マジディ監督特集
期間:9/15(水)〜19(日)
無料
日本映画名作選
期間:9/20(月・祝)〜29(水)
観覧料:大人500円 高校・大学生400円 小中学生300円

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

5) 福岡アジアマンス
  今年もアジアマンスの時期になりました。
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/

問合せ:福岡アジアマンスインフォメーション
Tel: 092-262-0676

6) ハートフルフェスタ福岡2010
  福岡市人権啓発センターの開設と人権教育・啓発推進法の施行から10周年を記念して開催します。

日時:10/10(日)10:00〜17:30
場所:福岡市市役所西側ふれあい広場
詳細はこちら:http://jinken.city.fukuoka.jp/index.html

問合せ:福岡市人権啓発センター
Tel: 092-262-8464

7) ちきゅうを知る講座
  地域に住む外国人や異なる文化を背景に持つ人々の多様な社会的・文化的背景を理解し、日本で暮らす外国籍の方々の支援や交流に役立つような講座を実施します。参加無料。要事前申込。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

問合せ:(財)福岡県国際交流センターこくさいひろば
Tel: 092-725-9200  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

8) アメリカ留学相談会、個人相談
  アメリカ留学に興味のある方を対象とした相談会です。参加無料、要事前予約。

日時:10/24(日)13 :00
場所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問合せ:(財)福岡県国際交流センターこくさいひろば
Tel: 092-725-9200

9) 留学生インターンシップ
  福岡学生職業センターは、留学生と企業との相互理解を促進するため、外国人留学生に対するインターンシップを実施します。
詳細はこちら:http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/

問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556  Email: fukuoka@gakusei.go.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
  今年も恒例のチャリティ野球が開催されます!福岡ソフトバンクホークスを応援して、カンボジア地雷撤去、地雷被害者救済にご協力ください。

日時:9/8(水)、9(木)18:00 東北楽天ゴールデンイーグルス
場所:福岡ヤフードーム
料金:A指定席引換券 2,500円
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7676  Email: info@cmc-net.jp

2) 福岡通訳協会9月定例講演会
  福岡イタリア会館副館長を講師に開催します。

テーマ:イタリア人と日本人、イタリアと日本
講師:レオナルド・マローネ氏
日時:9/12(日)13:30
場所:福岡学生交流会館小会議室
詳細はこちら:http://www.fia-2004.com/

問合せ:福岡通訳協会
Fax: 092-938-1481  Email: seiji-infukuoka@mms.bbiq.jp

3) 福岡YWCA親子でアート
  自由にのびのび創作しながら、親子の時間を形にしてみませんか。

日時:9/16(木)10:30〜12:00
場所:福岡YWCA(福岡市中央区舞鶴)
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/home.html

問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251

4) 国連講演会
  聴講無料の国際情勢講演会です。要申込。

日時:9/16(木)14:00
会場:都久志会館4階会議室
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: unaj-fukuoka@nifty.com

5) 日本文化研修会
  伝統文化をシリーズで学ぶ日本文化研修会のご案内です。

日時:9/30(木)13:00
場所:読売新聞西部本社前広場
詳細はこちら:http://www.tsuyaku-guide.jp/

問合せ:NPO法人九州通訳・ガイド協会
Tel: 092-433-0183  Email: Kyushu@tsuyaku-guide.jp

6) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「マイ・ワンダフル・ライフ」('79、110分)
日時:9/30(木)19:00
会場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

7) 秋期ドイツ語講座開講
  ドイツはEU圏の要の国であり、ドイツ語は最も多く用いられている言語です。

期間:9/30〜12/16 毎週木曜日
会場:天神ビル8階学士会
詳細はこちら:http://nichidoku.ame-zaiku.com/

問合せ:西日本日独協会事務局
Tel: 092-524-0059  Email: jdgwest@mist.ocn.ne.jp

8) チェルノブイリ医療支援ネットワークお知らせ
  詳細はこちら:http://www.cher9.to/

会報発送のボランティアを募集しています。
期間:9/10(金)〜14(火)

チャリティヘアサロン・スネガビーク2010
プロに髪を切ってもらい、その収益がチェルノブイリ原発事故被害者への医療支援活動に使われます。要予約。
イベントボランティアさんも募集しています。
日時:10/11(月・祝)10:00
場所:大村美容専門学校オムニス・スタジオ
料金:1,500円

問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

9) 中村哲医師講演会
  ペシャワール会の中村医師が、現地活動などについて語ります。参加無料、要事前申込。

日時:10/28(木)13:30
会場:福岡市城南市民センター
詳細はこちら:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

問合せ:福岡市城南市民センター
Tel: 092-862-2141

10) バングラデシュ探訪ツアー
  バングラデシュの今をさまざまな活動を見ることにより、日本とバングラデシュの生活と文化の違いを知り、「私たち」にできることを一緒に考えてみませんか?

期間:2011/2/5(土)〜13(日)
申込締切:12/15(水)
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/

問合せ:KETOY.jp
Tel: 092-714-0758  Email: ketoy@npgo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) ヤロン・ヘルマン講演会
  現代ジャズの一端を担う若手演奏家の生の語りを学生に伝え、音楽を通したコミュニケーションについて考えていく講演会です。無料。

「音/音楽/ことば」ヤロン・ヘルマン
日時:9/24(金)14:40
会場:西南学院大学4号館203教室
詳細はこちら:http://sound.jp/musiclef/cc/20100924.html

問合せ:西南学院大学 栗原
Tel: 080-3961-7654

2) 福岡映画サークル協議会上映会
  3時間半を超える超大作を一挙上映します。

風と共に去りぬ('39、211分)
日時:10/2(土)、3(日)12:00
場所:福岡総合図書館映像ホールシネラ
入場料:1,500円

問合せ:福岡映画サークル協議会
Tel: 092-781-2817  Email: haruonod@nifty.com

3) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  九州大学では、学部レベルの留学生を対象とした外国人短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本家庭を体験し、日本理解を深めてもらうことを目的としてホームビジットを引き受けてくださるご家庭を募集しています。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問合せ:九州大学国際部留学生課JTW担当
Tel: 092-642-7351  FAX: 092-642-2144  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
台湾旅の日記2

7月の中旬に初めて台湾に旅した旅日記続き

第3日
今日も朝早く起き、友達とバスに3時間乗って嘉義という町まで行った。七面鳥ライスという名物を食べてみた。あまり美味しそうには見えなかったが、やっぱり美味しかった!その後、阿里山国家風景区までの曲がりくねった山道をバスで3時間走った。降りると、下界のトロピカル気候と違った涼しい気候に迎えられた。高地なので、実際に雲の中にいた。雨がぱらぱら降り出したが、大きくて古い赤い杉が見える「巨木のコース」をハイキングした。前の日も山に登ったので、私はかなり疲れていて、明日の日の出を見るためにとても早く寝た。
第4日
今日は今まで初めて日の出を見るために朝3時に起きた。山頂の近くまで狭軌鉄道で登った。眠くて、不機嫌な2人だったけど、夜明けの最初の光と阿里山の有名な「雲の海」(雲に浮かんでいるみたいな山頂)を見たら、ここに来て良かったと思った。太陽がすっかり出たので、朝のすがすがしい空気を吸いながら村へ戻った。
バスで嘉義に戻り、台湾版新幹線に乗って心地良く台北に帰った。ハイキングと冒険で疲れた私と友達は、植物園の蓮池を見下ろす国立歴史博物館の茶室でお茶を飲みながら本をゆっくり読んだ。
第5日
最初の数日間台湾をよく周ったので、やっとショッピングの時間になった!ホステルで会った日本人の旅行者と北京ダックも食べに行った。ものすごい食べものが多かったわ!北京で北京ダックを食べたことがあるけど、これもとても美味しかった。友達と台北の南の辺でお茶を飲みに行きたかったけど、茶室までのケーブルカーが休日だったので、台北の中央にある50年代のロシアの茶室でリラックスした。ブランディーが少し入った名物のお茶を注文し、私はとても素敵な旅行を回想した。
次の朝福岡に戻って、直行便の速さと便利さにびっくりした。何回も言われたけど、「福岡はアジアへの玄関口」ということがようやく分かってきた。この素晴らしい町からアジアのいろいろなところにすぐ行ける!またいつか福岡からアジアのどこかに行くと思うが、今はこの一年間を過ごした町での時間を楽しんで生きたいと思う。

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
     Tel: 092-733-2220 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/