Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.101 October/05/2010
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Looking towards the 200th issue, we will try hard to make Fukuoka Rainbow Magazine more interesting and resourceful. Thank you for your support!


Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
また新たな気持ちで200号めざしてがんばります。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Website "Fu:a" launched!
   2) Cine-la "Thai Film Festival"
   3) Internship Program for International Students
   4) Kokusai Hiroba Free Consultation Service

3. News from FUKU-NET Members

   1) Charity Hair Salon
   2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
   3) OISCA Harvest Festival

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) "Genji Monogatari" reading in Japanese and English
   2) Charity Bazaar by the Association for Shaking Hands with Bangladeshies

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   Bentos, Bentos, Everywhere


1. News from The Fukuoka International Association

 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630    FAX: 092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/


1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
  This program introduces international students to Japanese families for deepening mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program duration: Nov. 2010 - Mar. 2011
Eligibility: international students currently enrolled in a college, junior college, or language school etc. in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: Maximum 60
Application form: Available at your college or schools' student departments, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: Fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Deadline: Oct. 15 (Fri)

Inquiry/Application: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220    FAX: 092-733-2215

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Oct. 21 (Thu.) 18:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Adriano MUNIZ (Sao Luis, MA, Brazil)
            Ph.D in the Department of Computer Sciences and Electronics,
            Graduate School of Computer Science and Information Engineering,
            Kyushu Institute of Technology
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Website "Fu:a" launched!
  The "Fu:a" website, providing information about Asian Cultural Asset in Fukuoka City to the world, has been launched.

URL: http://www.city.fukuoka.lg.jp/fu-a/en/index.html

Inquiry: Fukuoka City, Public Information Section
Tel: 092-711-4016

2) Cine-la Thai Film Festival
  Cine-la will show a collection of Thai films from the 1950s to the present.

Duration: Oct. 6 (Wed.) -30 (Sat.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S.student 400yen
Films
Subtitled in Japanese and English
  "Seasons Change" ('06, 117min.), "Mekhong Full Moon Party" ('02, 119min.)
  "The Moonhunter" ('01, 122min.)
Subtitled in Japanese
  "The Overture" ('04, 106min.), "King Naresuan part1" ('07, 167min.)
  "King Naresuan part2" ('07,169min.), "Fan Chan" ('03, 108min.),
  "Citizen Dog" ('04, 99min.),
  "Noo-Hin The Movie" ('06. 99min.), "Me Myself" ('07, 110min.),
  "Tom Yum Goong" ('05, 110min.), "Tam-Kun Animation" ('06, 81min.)
Thai Film Classics
  "Country Hotel" ('57, 138min.), "Fate" ('88, 130min.)
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    Fax: 092-852-0609

3) Internship Program for International Students
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers an internship program for international students to promote mutual understanding between business institutions and international students.
Further information: http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/ (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556    Email: fukuoka@gakusei.go.jp

4) Kokuai Hiroba Free Consultation Services
  Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

Fukuoka International Exchange Foundation sponsors consultations by phone.
Contents: Kindergarten/school admissions for children, housing rentals, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, consultations regarding employment, etc.
Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-283-8880
Business hours: 9:00-17:00
Interpreters: Japanese, English, Chinese, Korean and other languages

Human Rights Counseling for Non-Japanese
Issues related to human rights such as racism, employment, housing , marriage, domestic violence, divorce, etc.
Time: Every 2nd Saturday of the month, 13:00-16:00
Place: Kokusai Hiroba
Inquiry: Fukuka Legal Affairs Bureau, Human Rights Counseling Center
Tel: 092-832-4311

Naturalization, Immigration, and Residency consultation
Time: Eevery 4th Saturday of the month, 13:00-16:00
Place: Kokusai Hiroba
Inquiry: Fukuoka Prefecture Administrative Lawyer Association
Tel: 092-641-2501


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Charity Hair Salon
  Have your hair cut by a professional hairstylist and help raise money for medical aid for the victims of Chernobyl. A good way to be stylish while helping those in need.

Date/Time: Oct. 11 (Mon/holiday) 10:00 - 15:00
Venue: Omura Hair Dressing College, OMUNIS Studio
       (2F Tryent Yamasaki, 2-1-35, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Charge: 1,500yen (with shampoo, haircut and hair blow) *no perm or coloring
Reservation recommended.

Inquiry/Reservation: Assistance movement to Chernobyl
TEL/FAX: 092-944-3841    E-mail: jimu@cher9.to
URL: http://www.cher9.to/

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Anzio" ('68, 112min.)
Date/Time: Oct. 22 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) OISCA Harvest Festival
  Lots of fun with harvesting, world dishes, folk dance and more!

Date/time: Oct. 30 (Sat) 10:30
Venue: OISCA Nishinihon Training Center
Fee: 2,000yen
Further information: http://www.oiscantc.org/

Inquiry: OISCA Nishinihon Training Center
Tel: 092-803-0311   Email: oiscantc@oisca.org


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) "Genji Monogatari" Reading in both Japanese and English
  Interpret the essence of "Genji Monogatari" by compareing the original text to several modern Japanese translations and the English version. Free adimission.

Date/time: Oct. 9 (Sat) 14:55
Venue: Fukuoka Jogakuin University No.4 building
Further information: http://www2.fukujo.ac.jp/university/for_ju/event/2010/000221.html

Inquiry: Fukuoka Jogakuin University
Tel: 092-575-2971    Email: d_somu@fukujo.ac.jp

2) Charity Bazaar by the Association for Shaking Hands with Bangladeshies
  Proceeds from the bazaar will be used for improvement of education, medication and lives in Bangladesh.

Date/time: Oct. 24 (Sun) 12:30
Venue: Ninosaka Clinic (Noke, Sawaraku)
Further information: http://bangla.npgo.jp/

Inquiry: Association for Shaking Hands with Bangladeshies
Tel: 092-844-1369


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Bentos, Bentos, Everywhere

Lately, in an effort to economize my wallet and my waistline, I have begun packing a bento several days a week. The word "bento," meaning "lunchbox," is of course known to all Japanese speakers, but it may surprise some to learn that bento culture has gained popularity in other countries in recent years, and may be on it's way to becoming a widely known Japanese loan-word along the lines of "haiku" and "samurai" in the English language. In my research about tasty, healthy, and simple bento recipes (with a few interruptions to look at all the adorable bento gear available to purchase), I've learned a lot about bentos in Japanese history and the world.
One thing that gave me pause in my investigation into the world of bentos was, why is the word for lunchbox written with these particular kanji: 弁当? The first character can mean "petal" or "dialect," while the second means "this" or "appropriate." So how do those two characters together make the word "lunchbox?" According to the online "Word Origin Dictionary," the word came into Japanese from the Chinese word 便当, which today can mean "handy" or "lunchbox." Indeed, a lunchbox is nothing if not handy!
The kanji for bento used today can be traced back to the Kamakura Period (1185-1333), when bento boxes as containers for carrying food were first used. In the Edo Period (1603-1867), it became common for prepared "maku-no-uchi" bentos to be bought and eaten during intermission at Kabuki and Noh performances ("maku-no-uchi" literally meaning "between curtains"). And of course, with the construction of Japan's many railroad lines beginning in the Meiji Period (1868-1912), the "eki-ben," or "train bento," became a staple sold at train stations and today is even on longer-distance trains, such as the bullet train.
Today, bentos are a part of every day life for many Japanese people, similar to the brown-bag lunch I would take every day to school throughout elementary, junior, and high school. Although a simple bento might consist of nothing more than rice, seaweed, pickles, and dried bonito flakes, some people get very creative with their bento ingredients to create "kyara-ben." These "character-bentos" are elaborately detailed, with food cut into cute shapes and colors arranged to make animal figures or scenes. This has become such a popular culture that there is a quite extensive selection of "kyara-ben" recipe books in the cooking section of any bookstore.
I think the "kyara-ben" phenomenon, along with the endless variety of bento boxes and goods that can be bought online, has contributed to the growing popularity of bento culture in other countries. I have read many websites by people in North America and Europe who love to challenge themselves with cute bento construction each day, or who love the small, fixed size of bento boxes to help them keep their lunch portions under control. One Japanese woman who now lives in Switzerland has a website with bento recipes and ideas (justbento.com) that has become incredibly popular in the English-speaking world, and she is releasing a book of bento recipes and tips in English. I have been using many of her recipes lately, and find myself quite excited to dive into the world of bentos.
Do you have any bento resources or recipes that you particularly love? If so, I would be ever so grateful if you would share them with me!

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集
 2) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2010」開催!
 3) 外国人による日本語スピーチコンテスト
 4) あったか福岡お知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

 1) 福岡市のアジア文化資産を世界に発信するウェブサイトオープン
 2) シネラ「タイ映画祭」
 3) ハートフルフェスタ福岡2010
 4) 英語弁論大会参加者募集
 5) ちきゅうを知る講座
 6) 文楽いろはレクチャー
 7) アメリカ留学説明会、個人相談
 8) 中国語弁論大会
 9) 留学生インターンシップ
 10) こくさいひろば外国人相談窓口

3. FUKU-NET団体からの情報

 1) JICAボランティア秋募集
 2) チェルノブイリ医療支援ネットワークお知らせ
 3) ヒッポファミリークラブ留学生との交流会
 4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
 5) NGO入門講座、NGOカレッジ
 6) 中村哲医師講演会
 7) 第2回オイスカ収穫感謝祭
 8) バングラデシュ探訪ツアー

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

 1) 「源氏物語」を日英両語で読む
 2) バングラデシュと手をつなぐ会チャリティバザー
 3)  味の素「食と健康」国際協力支援プログラム
 4) バングラデシュピルガゾン村診療所実行委員会
 5) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集

5. エミリーの那珂川ノート

  どこにも弁当!


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問い合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630  FAX:092-733-5635
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
   福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。
詳細はFIAサイトでご確認ください。

交流期間:平成22年11月〜平成23年3月
申込締切:10/15(金)

2)  国際協力フェスタ「地球市民どんたく2010」開催!
  「地球市民どんたく」は、福岡都市圏の国際協力・交流にかかわるNGO/NPO等の団体が一堂に会し、市民の国際協力・交流への関心・理解を深めることを目的に開催され、今年で12回目を数えます。国際協力を身近に感じ、行動へつなげるきっかけとしてもらうための、フェアトレード商品販売、ワークショップや民族衣装着付け体験コーナー、スタンプラリーなど、楽しみながら世界に触れるプログラムが盛りだくさんです!ブログもぜひご覧下さい!

ブログ:http://blog.livedoor.jp/chikyushimin/
日時:11/6(土)、7(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」

3) 外国人による日本語スピーチコンテスト
  日本語教室学習者や日本語学校の学生が日本生活についてスピーチをします。アトラクションもあります。

日時:10/17(日)13:00
会場:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)

4) あったか福岡お知らせ
   外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。
日時:10/21(木)18:30
会場:あったかサロン
語り手:アドリアーノ・ムニーズさん(ブラジル・マラニョン州サンルイス市出身)
    九州工業大学大学院情報工学府情報システム専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

外国人学生歓迎交流事業参加者募集
福岡都市圏在住の外国人学生を歓迎する交流会です。皆さんのご参加をお待ちしています。要事前申込。
日時:11/3(水・祝)10:00〜17:00
集合:大宰府政庁跡地
募集:市民参加者150名、日本人ボランティア45名、外国人学生150名(いずれも先着順)
締切:10/15(金)17:00


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡市のアジア文化資産を世界に発信するウェブサイトオープン!
  福岡で蓄積されたアジアに関する文化資産・人的資産のアーカイブとして様々な情報を発信します。

URL: http://www.city.fukuoka.lg.jp/fu-a/

問い合せ:福岡市広報課
Tel: 092-711-4061  Email: koho.MO@city.fukuoka.lg.jp

2) シネラ「タイ映画祭」
  近年、注目を浴びるタイ映画の傑作・話題作を上映。タイ映画の魅力に迫る。

期間:10/6(水)〜30(土)
観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問い合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) ハートフルフェスタ福岡2010
  福岡市人権啓発センターの開設と人権教育・啓発推進法の施行から10周年を記念して開催します。

日時:10/10(日)10:00〜17:30
場所:福岡市市役所西側ふれあい広場
詳細はこちら:http://jinken.city.fukuoka.jp/index.html

問い合せ:福岡市人権啓発センター
Tel: 092-262-8464

4) 英語弁論大会参加者募集
  福岡市内在住または市内の高校に通う高校生の参加者を募集します。上位入賞者には、副賞として福岡市姉妹都市へのホームステイの旅を贈呈。

日時:12/5 (日)13:30
会場:あじびホール(福岡アジア美術館内)
応募締切:10/13(水)必着
詳細はこちら:http://fukuokasistercities.blogspot.com/

問い合せ:福岡市姉妹都市委員会(福岡市国際部内)
Tel: 092-711-4023  Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

5) ちきゅうを知る講座
  地域に住む外国人や異なる文化を背景に持つ人々の多様な社会的・文化的背景を理解し、日本で暮らす外国籍の方々の支援や交流に役立つような講座を実施します。参加無料。要事前申込。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

問い合せ:(財)福岡県国際交流センターこくさいひろば
Tel: 092-725-9200  Email: info@kokusaihiroba.or.jp

6) 文楽いろはレクチャー
  ユネスコ世界無形遺産の人形浄瑠璃「文楽」についてレクチャーを開催します。間近で見て、舞台上での体験も予定。

日時:10/19(火)、20(水)19:00
会場:アクロス福岡円形ホール
料金:一般1,000円、小学生以上18歳以下500円
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

問い合せ:(財)福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6266

7) アメリカ留学相談会、個人相談
  アメリカ留学に興味のある方を対象とした相談会です。参加無料、要事前予約。

日時:10/24(日)13:00
場所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

申込・問い合せ:(財)福岡県国際交流センターこくさいひろば
Tel: 092-725-9200

8) 中国語弁論大会
  覚えた中国語、試してみませんか!

日時:11/21(日)14:00
場所:福岡アジア美術館あじびホール
対象:福岡都市圏の大学学部及び短期大学・専門学校に在籍する日本人学生
応募締切:10/29(金)
詳細はこちら:http://fukuokasistercities.blogspot.com/

問い合せ:福岡市総務企画局国際部
Tel: 092-711-4023

9) 留学生インターンシップ 
  福岡学生職業センターは、留学生と企業との相互理解を促進するため、外国人留学生に対するインターンシップを実施します。
詳細はこちら:http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/

問い合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556  Email: fukuoka@gakusei.go.jp

10) こくさいひろば外国人相談窓口
  子どもの入園・入学、住宅を借りたい、大学進学事情・卒業後の進路など、困った事があればご相談ください。

電話番号:092-283-8880
対応者:グローバルライフサポートセンター
日時:平日(土・日・祝休み)9:00〜17:00
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ほか
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

申込・問い合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAボランティア秋募集
  平成22年度秋の募集として「青年海外協力隊」、「日系社会青年ボランティア」、「シニア海外ボランティア」などを募集します。体験談&説明会も開催されます。

募集締切:11/8(月)消印有効
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html
問い合せ:JICA九州市民参加協力課
Tel: 093-671-8349  Email: jicakicp-jpcvqc@jica.go.jp

JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日時:毎週木曜日11:00〜17:00
場所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相談員:稲森 千佳(元青年海外協力隊員・タンザニア派遣)
予約・問い合せ:JICAデスク福岡
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) チャリティヘアサロン・スネガビーク2010
  プロのスタイリストに髪を切ってもらい、その収益がチェルノブイリ原発事故被害者への医療支援活動に使われます。要予約。

日時:10/11(月・祝)10:00
場所:大村美容専門学校オムニス・スタジオ
料金:1,500円(先着110名)

イベントボランティアも募集しています。ご都合の良い時間だけでもかまいません。
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

問い合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

3) ヒッポファミリークラブ留学生との交流会
  講演会と留学生との交流会を開催します。

「どんなことばにも、人にも、壁を作らない自分になる!」
日時・会場:10/20(水)〜11/20(土)福岡市内各市民センターなど
留学生との交流会
日時・会場:11/20(土)14:00 福岡市男女共同参画推進センターアミカス
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

問い合せ:ヒッポファミリークラブ 担当:田尻(たじり)
Tel: 0120-557-761

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「アンツィオ大作戦」('68、112分)
日時:10/22(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問い合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

5) NGO入門講座、NGOカレッジ
  福岡NGOネットワーク主催の講座です。NGOについて学びたい方お気軽に参加ください。
NGO入門講座 
日時:10/23(土)14:00
会場:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」

NGOカレッジ
日時・会場:11/13(土)14:00 福岡県中小企業振興センター、
      20(土)、27(土)14:00福岡アジア美術館あじびホール
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

問い合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel: 092-405-9870

6) 中村哲医師講演会
  ペシャワール会の中村医師が、現地活動などについて語ります。参加無料、要事前申込。

日時:10/28(木)13:30
会場:福岡市城南市民センター
詳細はこちら:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

問い合せ:福岡市城南市民センター
Tel: 092-862-2141

7) 第2回オイスカ収穫感謝祭
  収穫体験コーナーや料理コーナーなど楽しいイベントがたくさんです。

日時:10/30(土)10:30
会場:オイスカ西日本研修センター
参加費:2,000円
詳細はこちら:http://www.oiscantc.org/

問い合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org

8) バングラデシュ探訪ツアー
  バングラデシュの今をさまざまな活動を見ることにより、日本とバングラデシュの生活と文化の違いを知り、「私たち」にできることを一緒に考えてみませんか?

期間:2011/2/5(土)〜13(日)
申込締切:12/15(水)
詳細はこちら:http://ketoy.npgo.jp/

問い合せ:KETOY.jp
Tel: 092-714-0758  Email: ketoy@npgo.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 「源氏物語」を日英両語で読む
  源氏物語の原典と、現代語訳、翻訳を比較対照しながら、源氏物語を読み解きます。無料。

日時:10/9(土)14:55
会場:福岡女学院大学4号館
詳細はこちら:http://www2.fukujo.ac.jp/university/for_ju/event/2010/000221.html

問い合せ:福岡女学院大学
Tel: 092-575-2971  Email: d_somu@fukujo.ac.jp

2) バングラデシュと手をつなぐ会チャリティバザー
  バザーにおける収益金は、バングラデシュにおける教育・医療・生活向上のために使わせて頂きます。

日時:10/24(日)12:30
場所:にのさかクリニック(早良区野芥)
詳細はこちら:http://bangla.npgo.jp/

問い合せ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel: 092-844-1369

3) 味の素「食と健康」国際協力支援プログラム
  「食・栄養・保健分野の国際協力」の現地活動支援を通して、開発途上国の人々の生活の質の向上を目指す助成プログラムです。

詳細はこちら:http://www.ajinomoto.co.jp/company/kouken/global/ainkoubo.html

問い合せ:味の素コミュニケーションズ
Email: ain2011@ajinomoto.com

4) バングラデシュピルガゾン村診療所実行委員会
  バングラデシュのビルガゾン村の貧しい人々の治療のために、診療所を作ろうと計画し、建設が始まっています。海外医療活動に興味のある方は気軽にお問いあわせ下さい。

詳細はこちら:http://www.jblibrary.jp/

問い合せ:バングラデシュピルガゾン村診療所実行委員会
Tel: 090-9490-9333  Email: fazlur-rahman@ezweb.ne.jp

5) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  九州大学では、学部レベルの留学生を対象とした外国人短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本家庭を体験し、日本理解を深めてもらうことを目的としてホームビジットを引き受けてくださるご家庭を募集しています。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問い合せ:九州大学国際部留学生課JTW担当
Tel: 092-642-7351  FAX: 092-642-2144
Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
どこにも弁当!

 最近、節約と体重減少のため、毎週数回弁当を作り始めた。「弁当」というのはもちろん日本人にとても身近な言葉なのだが、近年はお弁当文化が他の国でも人気が出て、「弁当」は「俳句」や「侍」と同じように英語でも日本語からの借用語になりつつあるようだ。お弁当のことをいろいろ調べる中で(店頭のかわいい弁当箱などを見ることも含めて)、お弁当の歴史や世界中の弁当文化についていっぱい勉強になった。
 弁当の研究途中で「弁当という漢字は何故ランチボックス、つまり、食べ物の容器、という意味があるのかな?」と考えた。ネットの語源由来辞典を引くと、中国語の「便当」という「便利な」又は「弁当」という意味の言葉が語源だと分かった。お弁当は確かに便利よね!
現在日本語で使われている「弁当」という漢字は、鎌倉時代に初めて文書化されたお弁当と同時に現れた。江戸時代には、歌舞伎と能の幕間に「幕の内」というお弁当が売られた。それに、日本の鉄道が非常に普及した明治時代には、駅と車内に「駅弁」というお弁当の販売が始まった。
 私が小・中・高校生時代、毎日持って行った茶色の紙袋のランチのように、現在、お弁当は多くの日本人にとって日常生活のものだ。簡単な弁当には、ご飯、のり、漬物、鰹節だけが入っているかもしれないが、ある人は食材を工夫して「キャラ弁」を作る。キャラ弁というのは、かわいい形を作ったり、色をアレンジしたりすると動物の顔とか場面になるお弁当だ。キャラ弁の文化が非常に人気になって、書店のレシピ売り場にはキャラ弁の本が何冊も置かれている。
 このキャラ弁の現象と、かわいい弁当箱とお弁当グッズがネット販売で買えるようになったため、弁当文化が他の国でも人気になったと思う。北アメリカとヨーロッパ人の弁当サイトをいくつも読んだことがある。ある人は、毎日かわいいお弁当を作るというチャレンジが好きで、他の人は体重減少のために弁当箱のサイズが好きだ。あるスイスに住んでいる日本人女性はお弁当のレシピや助言を載せたjustbento.comというサイトを作って、英語圏でとても人気になった。今度彼女は英語のお弁当レシピ本を出版する。最近、私は彼女のレシピをいっぱい使って、お弁当の世界をもっと知りたくなった!
好きなお弁当のレシピなどあったら、ぜひ教えて下さい!

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220 FAX: 092-733-2215
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
     Tel: 092-733-2220 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/