Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.108 May/05/2011
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
FIA would like to express our heartfelt gratitude to each of you who sent deep sympathy and support from all over the world to our nation which had been hit by the Great East Japan Earthquake. Everyone here is searching for and doing whatever he/she can do for those in the affected area. We are joining together to overcome this hardship in the spirit of "Ganbaro Nippon!" ("Do for Japan!")

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
東日本大震災にみまわれた日本に対し温かなご支援を送って下さっている世界中の皆様方へ、心より御礼申し上げます。私たちは、今、ひとりひとりが自分のできることを考え、実行しています。この試練を乗り越えるため、「がんばろう日本!」の精神で、復興に向け力をあわせています。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) The Great East Japan Earthquake Foreign Language Information
   2) LOVE FM "Rainbow Plaza Information"
   3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
   4) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) LOVE FM "Fukuoka City Information"
   2) Disaster Prevention Guidebook for Foreign Residents
   3) Opening of the Hakata Traditional Craft Center
   4) Kokusai Hiroba Information
   5) Cine-la "Hasegawa Kazuo"

3. News from FUKU-NET Members

   1) Fukuoka Convention & Visitors Bureau Presents "Spring Fukutabi"
   2) Volunteers for Asian-Pacific Children's Convention in Fukuoka
   3) NPO Tiempo Iberoamericano
   4) Fukuoka Italy-Japan Association
   5) The 30th Anniversary of the Hippo Family Club

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) The 25th Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival Event
   2) Cosmopolitans Seminar
   3) Kurume City Disaster-Preparedness Drill for Foreign Nationals
   4) Seinan Kodomo Plaza

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   A Visit to the Citizens' Disaster Prevention Center


1. News from The Fukuoka International Association
 
 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) The Great East Japan Earthquake Foreign Language Information
  Links to various websites providing the earthquake information in foreign languages are available on FIA website.

2) LOVE FM "Rainbow Plaza Information"
  "Rainbow Plaza Information" is broadcast by LOVE FM (76.1 MHz) in multiple languages to provide foreign residents and citizens in Fukuoka with useful information on daily life and international exchange. You can listen to the program through your personal computer or smartphone by the test broadcast of IP Simultaneous Radio, radio.jp
Airtime: Everyday from 8:35 (for 3min.)
Languages: English (Monday, Thursday), Chinese (Tuesday, Friday), Korean (Wednesday)

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.
Date: May 19 (Thu.) 18:30 - 20:00
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Somar, Boubou (Latakia, Syria)
Ph.D. in the Division of Bioinformatics, Graduate School of Systems Life Sciences, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

4) Japanese Chatting Salon
  Date: Every first and third Thursday of the month
Time: 13:30 - 17:00 (You are welcome to come and leave at your convenience.)
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) LOVE FM "Fukuoka City Information"
  LOVE FM (76.1MHz) started broadcasting "Fukuoka City Information" on April 11, 2011.
Fukuoka City provides foreign residents and citizens in Fukuoka with useful information.
You can listen to the program through your personal computer or smartphone by the test broadcast of IP Simultaneous Radio, radio.jp
Airtime: 19:50 on every second and fourth Monday, Tuesday, Wednesday (for 3min.)
Languages: English (Monday), Chinese (Tuesday), Korean (Wednesday)

2) Disaster Prevention Guidebook for Foreign Residents
  The guidebook is released by the Fukuoka City Fire Prevention Bureau, and is written in Japanese, English, Chinese, and Korean.
http://119.city.fukuoka.lg.jp/app/html/14multilang/m_01.html

3) The Opening of Hakata Traditional Craft Center
  Hakata Traditional Craft Center opened on April 7. The center displays traditional art and crafts, which have been passed down for centuries in Fukuoka and Hakata. Items on display include "Hakata Ori (woven textile)" made by Mr. Kisaburo Ogawa, a Living National Treasure, and "Hakata Ningyo (doll)" made by the late Mr. Yoichi Kojima.
Address: 1-6 Kamikawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka (Next to Kushida Shrine)
Hours: 10:00 - 18:00
Days Closed: Every Monday (if a holiday, the following day)
Entrance fee: Free
Further Information: http://hakata-dentou-kougeikan.jp/

4) Kokusai Hiroba Information
  Inner Mongolia Day @Kokusai Hiroba
Date/Time: May 15 (Sun.) 14:00 - 16:30
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Admission: Free
No advance application is required.
Organizers: Fukuoka International Exchange Foundation, Kyushu Chinese Inner Mongolia Friendship Cultural Association
Contact: Kokusai Hiroba
Tel: 092-725-9200

Kokusai Hiroba Cafe Vol. 3  "Into New Zealand!"
Date/Time: May 21 (Sat.) 14:00 - 16:00
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Admission: Free (FIEF members), 300yen (Non-members)
Advance application is required.
Organizers: Fukuoka International Exchange Foundation
Contact & Application: Kokusai Hiroba
Tel: 092-725-9200

Further information:
Fukuoka International Exchange Foundation
http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/index.htm

5) Cine-la "Hasegawa Kazuo"
  The Japanese legendary actor, Kazuo Hasegawa will be featured with a showing some of his major films.
Duration: Through May 28 (Sat.)
Fee: 600yen (Adult), 500yen (H.S. & Univ. student), 400yen (Elem. & J.H.S.student)
Films are subtitled in Japanese only.
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm
Contact: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608   FAX: 092-852-0609


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Fukuoka Convention & Visitors Bureau Presents "Spring Fukutabi"
  Fukutabi is a hands-on walking tour program through which you can learn more about the charm of Fukuoka. Spring Fukutabi programs are ready. Enjoy Fukuoka's rich history, tradition, and food culture.
Spring Fukutabi programs include "Hakata Water Bus Cruise" and "Dontaku for Beginners".
Further information: http://yokanavi.com/jp/fukutabi/index

2) Volunteers for Asian-Pacific Children's Convention in Fukuoka
  Asian-Pacific Children Convention in Fukuoka (APCC) is accepting registration for APCC volunteers.
APCC holds briefing sessions to those who are interested in registering as volunteers.
The briefing sessions in May 2011:
  May 8 (Sun.) 14:00
  May 18 (Wed.) 18:30
Further information: http://www.apcc.gr.jp/e/
Contact: APCC secretariat
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka
Tel: 092-734-7700   Fax: 092-734-7711   Email: info@apcc.gr.jp

3) NPO TIEMPO Iberoamericano
  Tiempo's 14th birthday celebration Special Pachanga
Date/Time: May 14 (Sat.) 19:00
Venue: Tiempo Hall
Charge: 600yen
Further information: http://www.tiempo.jp/

4) Fukuoka Italy-Japan Association
  The 33rd General Meeting
"Italian Pride - Eve of Lecture and Italian Wine-"
Date/Time: May 20 (Fri.) 18:30 - 20:15
Venue: The Grand Ballroom, 3F, Grand Hyatt Fukuoka
Lecturer: Professor Alessandro G. Gerevini
Ticket including lecture and networking event: 3,000yen (Member), 5,000yen (Non-member),
                              2,000yen (Italian national)
Advance application is required.
Contact: Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153    Fax: 092-476-2634

Free monthly movie-viewing event
"C'eravamo Tant Amati" (Directed by Mr. Ettore Scola, '74, 124min.)
Date/Time: May 27 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

5) The 30th Anniversary of the Hippo Family Club
  Hippo Family Club will hold the symposium, "Let's talk in seven languages", to celebrate its 30th anniversary.
Date/Time: [1]June 3 (Fri.) 10:30 - 12:30    [2]June 4 (Sat.) 14:00 - 16:00
Venue: ACROS Fukuoka
Lecturer: Ms. Michiko Nishizawa, LEX Institute
Organizers: LEX Institute, Hippo Family Club
Admission: Free
Babysitting services are available. (500yen per a child)
Contact: Hippo Family Club
Tel: 0120-557-761 (9:00 - 18:00 on weekdays)   Fax: 092-584-6275


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) The 25th Fukuoka Asian Film Festival Pre-festival Event
  "Gypsy in the Flower", the Chinese documentary film which was highly acclaimed at the 24th Asian Film Festival, will be shown as an encore.
Date/Time: May 21 (Sat.) 11:30, 13:30, 16:00
Venue: Institue of France-Japan of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Tel: 092-712-0904
Ticket: 1,000yen (in advance), 1,300yen (at the door)
Organizer & Contact: Office Nouvelle Vague
Further information: http://www2.gol.com/users/faff
Tel: 092-733-0949   Email: faff@gol.com

The 25th Asian Film Festival
Date: July 1 (Fir.) - July 10 (Sun.)
Volunteers are wanted.

2) Cosmopolitans Seminar
  Date/Time: Every Friday 19:00 - 21:00
Lecturers: Former Japan Overseas Cooperative Volunteers, foreign students, etc.
Venue: Kawabata Chuo Shotengai Shinko Kumiai's Office
No advance application is required.
Further information: http://cosmo.npgo.jp/place.pdf
Inquiry: muta@ktarn.or.jp

3) Kurume City Disaster-Preparedness Drill for Foreign Nationals
  Date/Time: May 15 (Sun.) 10:00 - 12:00
Venue: Kurume Fire Department Head Office (999-1 Higashikushihara-machi, Kurume City, Fukuoka Prefecture)
Free of charge
Organizer: Kurume City & Kurume Guide Club
Inquiry: Kurume Guide Club Tel: 0942-48-8008

4) Seinan Kodomo Plaza
  Seinan Kodomo Plaza offers a point of interaction for parents and easy-access counseling about parenting, medical information, and mini-lectures. Every 3rd Thursday is "International Day," when they provide services to meet the needs of non-Japanese children and families living in Fukuoka.


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
A Visit to the Citizens' Disaster Prevention Center

Two weeks after the devastating Tohoku earthquake and tsunami of March 11th, my coworkers and I escorted a group of overseas students to the Fukuoka Citizens' Disaster Prevention Center. The trip had actually been planned before the disaster struck, but our visit was especially meaningful in light of the recent events.
Although I had heard about the Fukuoka Citizens' Disaster Prevention Center through the work I've done, this was my first time to visit the Center, and I didn't know quite what to expect. The only specific thing I'd heard was that one could experience a simulated earthquake. When our group arrived at the Center, I was surprised to find so much more to the impressive facility. It offers several different kinds of interactive experiences and delivers a great deal of important information on topics from household fires to major natural disasters in ways that are easy to understand.
Our first hands-on experience was learning how to properly use a fire extinguisher. Any public building you go into has a regulation number of fire extinguishers, and many people have them in their homes too. But have you ever actually used a fire extinguisher, or even taken a look at the instructions? I admit I hadn't, until I had to grab a water-filled extinguisher and follow the three main steps (pin, hose, lever) to help my group put out a "fire" on a digital screen.
We then proceeded to the simulated earthquake experience.
Four at a time, we sat in chairs around a table with a backdrop that made the situation feel like a typical household dining room.
A three second warning was given on the "family television" before the simulated intensity 7 earthquake struck and we threw chair cushions over our heads to protect them while being fiercely jostled. The Center staff informed us that for a simulated intensity of 6 or below, we would drop to the floor and take shelter under the table while holding onto its legs, like in a real earthquake. The simulated intensity 7 earthquake, the same level that struck in Tohoku in March, was so strong and dangerous, even in the simulator, that we were told to simply sit and protect our heads. We emerged deeply shaken, physically and mentally, and hardly able to believe that such an earthquake had persisted for several minutes in Tohoku.
Our other experiences included stepping into a chamber where we were blasted with typhoon-force winds and properly following emergency exists through a pitch black maze to escape the smoke of a fire. Our last stop was a screening room, where the Center presented a brief video on natural disasters in Fukuoka and Kyushu. I found this part of our visit to have particular impact. Although Fukuoka is a good thousand kilometers away from the region affected by the recent Tohoku earthquake, we mustn't fall into the dangerous mindset of complacency that Fukuoka is safe from natural disasters and thereby we can be less diligent about proper knowledge and preparation.
Watching this video, which showed footage from the flooding of the Hakata Station underground shopping areas from heavy rainfall in 1999 and the Fukuoka Earthquake of 2005, among other natural disasters that have affected our own region, I realized how important a task it is to educate Fukuoka residents about the possibility for disaster, and the necessity of preparedness. I was thoroughly impressed by the comprehensiveness of the Fukuoka Citizens' Disaster Prevention Center, and hope to spread the knowledge I gained there to my own Fukuoka community.

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 東日本大震災地震情報
  2) LOVE FM「Rainbow Plaza Information」
  3) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2011」参加団体募集
  4) USオークランド青少年交流訪問団「ホストファミリー」募集
  5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  6) 日本語おしゃべりサロン
  7) 留学生と企業との交流サロン 2010年実施報告書

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) LOVE FM「Fukuoka City Information」
  2) 福岡市消防局「外国人のための防災ガイド」
  3) 「はかた伝統工芸館」開館
  4) 福岡県「高校生海外留学支援事業」
  5) こくさいひろば
  6) シネラ「長谷川一夫特集」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡観光コンベンションビューロー 「春の福たび」
  2) JICAボランティア春募集
  3) アジア太平洋こども会議・イン福岡 国際交流ボランティア募集
  4) ラテン文化センター ティエンポ イベロアメリカーノ
  5) 福岡日伊協会
  6) 福岡NGOネットワーク
  7) 一般財団法人 カンボジア地雷撤去キャンペーン 法人化記念式典
  8) ヒッポファミリークラブ30周年記念講演会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 第25回福岡アジア映画祭2011 プレイベント
  2) タイユースホステル協会 2011年タイ王国スタディツアー
  3) 国際理解講座「今日から貴方も国際人」
  4) 西南こどもプラザ

5. エミリーの那珂川ノート

  福岡市民防災センターへの訪問


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 
 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) 東日本大震災情報
   協会ホームページで、福岡市の取り組み、外国語での情報リンクを掲載しています。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp

2) LOVE FM「Rainbow Plaza Information」
  LOVE FM(76.1MHz)で、福岡にお住まいの外国人や市民を対象に、生活情報や国際交流情報を多言語で紹介しています。
IPサイマルラジオradio.jpでも試験配信されますので、パソコンやスマートフォンでもお聴きになれます。
放送時間:毎日8:35から3分間
言語:英語(月、木)、中国語(火、金)、韓国語(水)

3) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2011」参加団体募集
  「地球市民どんたく」は、福岡都市圏の国際協力・交流にかかわるNGO/NPO等の団体が一堂に会し、市民の国際協力・交流への関心・理解を深めることを目的に開催され、今年で13回目を数えます。より多くの市民に対する活動紹介・交流の場として活用していただきたいと思いますので、ぜひご参加ください。
日  時:11/5(土)、11/6(日) 11:00 - 17:00
場  所:アクロス福岡 2階「交流ギャラリー」、「セミナー室」(福岡市中央区天神1-1-1)
募集期間:5/9(月)から5/25(水)まで
応募方法:下記連絡先へお電話下さい。参加申込書を送付いたします。
問い合せ:「地球市民どんたく2011」実行委員会事務局
〒810-0001福岡市中央区天神1-10-1(財)福岡よかトピア国際交流財団内
Tel: 092-733-5630  Fax: 092-733-5635  担当 梅林・久保

4) USオークランド青少年交流訪問団「ホストファミリー」募集
   福岡市の姉妹都市であるアメリカ・カリフォルニア州オークランド市から青少年交流訪問団が来福します。当財団では、青少年6名を受入れられる「ホストファミリー」を募集しています。
ゲスト:アメリカ・オークランド市の青少年6名
ホームステイ期間:2011/7/1(金)-7/11(月)
ホームステイ募集数:最大6家族(予定)
ホストファミリーの方にお願いしたいこと:
 1. 初日と最終日の福岡空港送迎
 2. 平日の集合場所(福岡市役所)への送迎(8:30 - 9:00、17:00 - 17:30頃)
 3. 平日17時以降及び週末の自由行動
 4. ご家庭でのお食事をご提供
申込方法:Eメール又は電話でご連絡ください。追って申込用紙をお送りいたします。
申込締切:2011/5/20(金)17:00
詳細は、当財団ホームページにも掲載いたします。
問い合せ:財団法人福岡よかトピア国際交流財団 担当 梅林・安川
〒810-0001 福岡市中央区天神1-10-1
Tel:092-733-5630  Email:oak@rainbowfia.or.jp

5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。
日 時:5/19(木)18:30 - 20:00
会 場:あったかサロン
語り手:Somar, Boubou(ソマール・ボウボウ)さん(シリア ラタキア市)
九州大学大学院システム生命科学府生命情報発見学
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

6) 日本語おしゃべりサロン
日 時:毎月第1・3木曜日 13:30 - 17:00
会 場:あったかサロン

7) 留学生と企業との交流サロン 2010年実施報告書
留学生の活用を考えながらも情報不足を感じている地場企業と、地元福岡での雇用機会を探している留学生双方を対象にした交流会が、2011年に4回開催されました。
2010年実施報告書 http://www.rainbowfia.or.jp/student/08.html


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) LOVE FM 「Fukuoka City Information」
  「Fukuoka City Information」がLOVE FM(76.1MHz)で4/11より始まりました。
IPサイマルラジオradio.jpでも配信いたしますので、パソコンやスマートフォンでもお聴きになれます。
放送時間:毎月第2・4週目の月曜、火曜、水曜 19:50から3分間
言語:英語(月)、中国語(火)、韓国語(水)

2) 福岡市消防局「外国人のための防災ガイド」
  以下のサイトより、日・英・中・韓でご覧になれます。
http://119.city.fukuoka.lg.jp/app/html/14multilang/m_01.html

3) 「はかた伝統工芸館」開館
  福博の伝統工芸の魅力を発信する福岡市の施設「はかた伝統工芸館」が、4/7に開館しました。1階は企画展示室、2階は常設展示室で、博多織の人間国宝・小川規三郎さんや、博多人形師・故小島与一さんなど、著名な工芸家の作品が展示されています。
住 所:博多区上川端町1-6 (櫛田神社横)
時 間:10:00 - 18:00
休館日:毎週水曜(祝日の場合は翌日)
入場無料
詳細はこちら:http://hakata-dentou-kougeikan.jp/

4) 福岡県「高校生海外留学支援事業」
  海外の高校に留学する高校生に、渡航費や通学費、ビザ取得費などの経費を最大50万円支給する「高校生海外留学支援事業」第1期募集が5/9から始まります。
締  切:6/6
募集人数:10月の第2期募集とあわせて40人程度
問い合せ:福岡県教育委員会高校教育課 092-643-3905

5) こくさいひろば
  内モンゴル・デー@こくさいひろば
日 時:5/15(日)14:00 - 16:30
会 場:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
参加費:無料
事前申込:不要
主 催:福岡県国際交流センター、九州中国内蒙古友好文化協会
問い合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

こくさいひろばカフェ Vol.3 〜潜入ニュージーランド!〜
日 時:5/21(土)14:00 - 16:00
会 場:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
参加費:無料(賛助会員)、300円(一般)
事前申込:要
主 催:福岡県国際交流センター
問い合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

福岡県国際交流センターが提供する活動やサービスの詳細は以下をご覧下さい。http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

6) シネラ「長谷川一夫特集」
  日本映画を代表する俳優であり、絶大な人気を誇った俳優・長谷川一夫の主演作を特集
期 間:5/28(土)まで
観覧料:600円(大人) 500円(高校・大学生) 400円(小・中学生)
詳細はこちら:http://www.cinela.com/
問い合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡観光コンベンションビューロー 「春の福たび」
  「ふくおか福たび」とは、福岡の魅力をより深く知ることができる“福岡発着の体験・まち歩き”プログラムです。福岡の歴史や伝統、食文化をはじめ、福岡らしさを手軽に体験できる、春らしいプログラムが揃いました。
例:那珂川水上バス「福博みなと であい船」クルーズ、どんたく入門講座
詳細はこちら:http://yokanavi.com/jp/fukutabi/index

2) JICAボランティア春募集
  震災の影響で延期しておりました2011年度JICAボランティア春募集については、5/2(月)〜6/13(月)の期間で、応募受付を行うことになりました。
詳細、及び今後の予定につきましては、JICAボランティアウェブサイト(http://www.jica.go.jp/volunteer/)に掲載する予定ですのでご確認ください。
問い合せ:JICAボランティア募集選考窓口
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24 JICA地球ひろば内
Tel:03-3406-9900  Email:jicajv-info@jica.go.jp

3) アジア太平洋こども会議・イン福岡 国際交流ボランティア募集
  アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)は、APCCの各活動をサポートして下さるボランティアを募集中です。
APCCはボランティア登録説明会を行っております。
5月の登録説明会日時:5/ 8(日)14:00  5/18(水)18:30
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/
問い合せ:
NPO アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)事務局
〒810-0001 福岡市中高区天神1-10-1 福岡市役所北別館5F
Tel: 092-734-7700  Fax: 092-734-7711  Email: info@apcc.gr.jp

4) ラテン文化センター ティエンポ イベロアメリカーノ
  ティエンポ14周年記念「パチャンガ スペシャル版」
日 時:5/14(土)19:00
会 場:ティエンポ ホール
参加費:600円
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/evento/news_jp.html#pachanga

5) 福岡日伊協会
  アレッサンドロ・G・ジェレヴィーニ氏講演会 及び イタリアワインの夕べ
日 時:5/20(金)18:30 - 20:15
会 場:グランド・ハイアット福岡 3階「ザ・グランド・ボールルーム」
講 演:18:30 - 19:15
講 師:アレッサンドロ・G・ジェレヴィーニ氏(翻訳家、作家、早稲田大学准教授)
懇親会:19:15 - 20:15
会 費:3,000円(協会会員)、5,000円(非会員)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/images/2011_soukai.pdf
申込・問い合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

福岡日伊協会映画鑑賞会
作品名:「あんなに愛しあったのに」('74、124分)
監 督:エットーレ・スコラ監督
日 時:5/27(金)19:00
会 場:あじびホール
料 金:無料
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/kokusai_zaidan/nichi_i_kyokai/index.html
問い合せ:福岡日伊協会 Tel: 092-476-2153

6) 福岡NGOネットワーク
  NGOについて学ぶ入門講座「国際協力のはじめ方」を開催します。
日 時:5/28(土)14:00 - 16:00
会 場:福岡市NPOボランティアセンターあすみん 打ち合せコーナー
料 金:300円(資料、飲み物、お菓子代)
主催者・連絡先:(特活)NGO福岡ネットワーク 本田
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-6-1 小森ビル4-A
Tel/Fax: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com  URL: http://funn.npgp.jp

7) 一般財団法人 カンボジア地雷撤去キャンペーン 法人化記念式典
  カンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC)は、地雷撤去およびカンボジアの地雷被害者救済のため、1998年に設立されました。本部は福岡に置かれています。
CMCは、今後も更なる現地支援の強化が必要であると認識し、本年4/1、一般財団法人となりました。
法人化記念式典を5/29に開催いたします。
日 時:5/29(日)12:00 (受付11:30〜)
場 所:福岡ガーデンパレスホテル(福岡市中央区天神4-8-15)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/incorporation/index.html
申込・問い合せ:
Tel: 092-833-7676  Fax: 092-833-7677  Email: cmc5963@gmail.com

8) ヒッポファミリークラブ30周年記念講演会
  日 時:[1] 6/3(金)10:30 - 12:30   [2] 6/4(土)14:00 - 16:00
会 場:アクロス福岡
参加費:無料
託児あり:要予約(ひとり500円)
詳細はこちら:ヒッポファミリークラブ 担当 田尻
Tel: 0120-557-761(月〜土 9:00 - 18:00) Fax: 092-584-6275  URL: http://www.hfcw.


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 第25回福岡アジア映画祭2011 プレイベント
  第24回福岡アジア映画祭で好評を博した中国のドキュメンタリー映画「中国のミツバチ・ジプシー(采花大道)」をアンコール上映します。
日 時:5/21(土)11:30、13:30、16:00
会 場:九州日仏学館 5Fホール(福岡市中央区大名2-12-6)
Tel: 092-712-0904
会 費:1,000円(前売り) 1,300円(当日)
主催/問い合せ:オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com  URL: http://www2.gol.com/users/faff

第25回福岡アジア映画祭2011
開催期間:2011/7/1日(金)〜7/10(日)
ボランティア募集中です。

2) タイユースホステル協会チェンマイ事務局 2011年タイ王国・スタディツアー
  <タイ山岳少数民族村滞在 ふれあい交流プログラム> 参加青年募集
主 催:(財)タイユースホステル協会 チェンマイ事務局(政府観光局認可旅行業23/0287)
後 援:日本青年国際交流機構(予定)
派遣期間:
中学生・高校生・大学生8日間コース:2011/7/25(月)〜8/1(月) 申込締切 6/10
大学生・社会人5日間コース:2011/8/22(月)〜9/23(金祝) 申込締切 8/11
日本事務局(日本委託機関):ハッピースマイル 担当:田中 
〒164ー0011 東京都中野区中央2-24-6-701
Tel: 050-5539-8662  Fax: 020-4622-3529  Email: info@happysmile.asia
詳細はこちら:http://happysmile.asia:

3) 国際理解講座「今日から貴方も国際人」
  セミナー企画室COSMOPOLITANSは、NPO九州海外協力協会、福岡県海外協力協会、福岡県留学生会と協力して、毎週金曜日、国際理解講座を開催しています。
実施日:毎週金曜 19:00 - 21:00
講 師:青年海外協力隊のOBやOG、留学生など
場 所:中洲川端中央商店街振興組合事務所
事前申込:不要
詳細はこちらから:http:www2.ktarn.or.jp/~muta
問い合せ:muta@ktarn.or.jp

4) 西南こどもプラザ
  西南こどもプラザでは、親子の交流の場の提供、子育てに関する相談、育児相談、情報提供、子育てミニ講座などを行っています。第3木曜日はインターナショナルデイとして、特に、福岡にお住まいの外国人のご家庭や子供たちのニーズに対応しています。


5. エミリーの那珂川ノート
 
福岡市民防災センターへの訪問

3月11日に東北を破壊的な地震と津波が襲ってから2週間後、同僚と一緒に、留学生の団体を福岡市民防災センターに連れて行った。この訪問は、今回の災害発生前から予定されていたものだったが、昨今の情勢により、一層有意義な訪問となった。
今まで仕事を通じて福岡市民防災センターのことを聞いたことはあったけれど、訪問するのは今回が初めてだったので、センターがどのようなものであるかはよく知らなかった。模擬地震が体験できることくらいしか具体的に知らなかったのだ。センターに到着し、想像以上の素晴らしい施設だとわかった。様々な対話型体験が出来るし、家庭での火事から大規模自然災害まで様々なテーマについて重要な情報を解りやすく提供している施設だ。
最初の体験型学習は消火器の適切な使用法だった。どのようなビルにも決まった数の消火器を設置することになっており、家の中にある人も多いと思うけれど、皆さんは実際に消火器を使ったことがあるだろうか?使用上の注意を読んだことがあるだろうか?それまで私にはなかった。その日、ディジタルスクリーンに映し出された火を消すため、水入りの消火器を握り、3つの手順(ピン、ホース、レバー)に従い消火体験をしたのが初めてだ。
次は模擬地震体験だった。一般家庭のダイニングルームが再現されており、4人のグループで、テーブルに向かい椅子に座った。「家族用テレビ」に地震3秒前に警報が流れ、震度7の模擬地震が発生した。揺れを感じながら、頭を守るため椅子のクッションを頭に被った。模擬地震が震度6以下の場合、本物の地震の時のように、床に伏せ、テーブルの下に隠れテーブルの脚をつかんでおくよう、センターのスタッフに言われた。震度7(東北に発生した地震と同じ震度)の場合、たとえ模擬地震であっても揺れがひどく危険なので、ひたすら座って頭を守るよう指示された。私達は、身体的にも精神的にも動揺して体験室を出、あのような揺れの地震が東北地方で数分間続いたことがショックで、信じられない思いがした。
その他、台風の突風体験室に入ったり、火事の煙を避けるため避難誘導灯にちゃんと従いながら真っ暗な迷路を通りぬけたりする体験もした。最後に、福岡や九州の自然災害について短いビデオを見た。今回の訪問の中で、この部分に特に強い印象を受けた。福岡市は今回の震災被災地から1,000キロメートル以上離れているが、私たちは、福岡市は自然災害を受けない場所なので適切な知識や準備を得なくてもいいというような「自己満足」の危険な考え方にならないように注意しなければならない。
この地域で発生した自然災害を紹介する福岡市民防災センターのビデオで、1999年の豪雨による博多駅周辺の床下浸水や2005年の福岡県西方沖地震の場面を目にし、災害の知識と準備の必要性を福岡に住んでいる人々に伝える重要さを感じた。福岡市民防災センターの包括的な内容に感動した私は、そこで学んだ知識を自分の福岡コミュニティに広げようとやる気満々になった!

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE
  Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
  8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
  Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
福岡レインボーマガジン
  発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
     810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
     Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/