Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.110 July/05/2011
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Sweltering heat will come after the rainy season. Let's contribute to saving electricity by setting the temperature of air conditioners higher, switching off unnecessary lights, etc.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
梅雨が明けると本格的な暑さがやって来ます。エアコンの設定温度を高くして、電気はこまめに消すなど、節電に努めましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) The Great East Japan Earthquake Foreign Language Information
   2) Multilingual DVD about Disaster Prevention Completed
   3) LOVE FM "Rainbow Plaza Information"
   4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
   5) Japanese Chatting Salon

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Love FM "Fukuoka City Information"
   2) Official Announcement of the Laureates of Fukuoka Prize 2011
   3) Cine-la "Film Director Satsuo Yamamoto"
   4) Kokusai Hiroba Cafe Vol. 4 "Daegu, South Korea"
   5) UN-HABITAT Fukuoka 14th Anniversary Special Event
   6) Summer Internship Program for International Students

3. News from FUKU-NET Members

   1) Isla de Salsa 2011
   2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) The 25th Fukuoka Asian Film Festival
   2) Asumin Exchange Meeting
   3) The 9th Japan-China Friendship Children's Art Exhibition

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   Rice is Nice


1. News from The Fukuoka International Association
 
 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) The Great East Japan Earthquake Foreign Language Information
  Links to various websites providing information on the March 11th earthquake in foreign languages are available on FIA website.
http://www.rainbowfia.or.jp/news/fukuokacity-japan-earthquake.html
http://www.rainbowfia.or.jp/news/japan-earthquake.html

2) Multilingual DVD about Disaster Prevention Completed
  FIA has released a DVD which provides foreign residents in Fukuoka and surrounding metropolitan area with useful information on how to prepare against natural disasters and how we should respond to them. In addition, you will learn about the Fukuoka Citizens Disaster Prevention Center. The video is available in Japanese, English, Chinese, and Korean. FIA will be distributing the DVDs to colleges, universities, Japanese language schools in Fukuoka and surrounding area, ward offices, and community centers in the districts where many foreign nationals reside.
The video is also available on FIA website:
http://www.rainbowfia.or.jp/en/foreigner/disaster-prevention.html

3) LOVE FM "Rainbow Plaza Information"
  "Rainbow Plaza Information" is broadcast by LOVE FM (76.1 MHz) in multiple languages to provide foreign residents and citizens in Fukuoka with useful information on daily life and international exchange. You can listen to the program through your personal computer or smartphone by the test broadcast of IP Simultaneous Radio, radiko.jp
Airtime: Everyday from around 8:35 (for 3min.)
Languages: English (Mon., Thu.), Chinese (Tue., Fri.), Korean (Wed.)

4) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information on his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.
Date: Jul. 21 (Thu.) 18:30 - 20:00
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Danjun Zhao (Danyang, Jiangsu Province, China)
             Graduate School of Systems Life Sciences, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

5) Japanese Chatting Salon
  "Japanese Chatting Salon" welcomes all foreign students studying in Fukuoka for a chat in Japanese. Enjoy a free, friendly conversation with our Japanese volunteers!
Date: Every first and third Thursday of the month, 13:30 - 17:00
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) LOVE FM "Fukuoka City Information"
  LOVE FM (76.1MHz) started broadcasting "Fukuoka City Information" on April 11, 2011.
Fukuoka City provides foreign residents and citizens in Fukuoka with useful information.
You can listen to the program through your personal computer or smartphone by the test broadcast of IP Simultaneous Radio, radiko.jp
Airtime: Around 19:50 on every second and fourth Monday, Tuesday, Wednesday (for 3 min.)
Languages: English (Mon.), Chinese (Tue.), Korean (Wed.)

2) Official Announcement of the Laureates of Fukuoka Prize 2011
  The laureates of the 22nd Fukuoka Prize have been officially annouced to honor achievements by individuals or groups/organizations in preserving and creating the unique and diverse cultures of Asia.
Grand Prize: Prof. ANG Choulean (Cambodian ethnologist; made a significant contribution to the preservation of the Angkor monuments)
Academic Prize: Prof. CHO Dong-il (An eminent scholar of Korean literature)
Arts and Culture Prize: Prof. Niels GUTSCHOW (German architectural historian; learned conservation techniques for ancient buildings in Japan, and has worked on the restoration of various historical buildings in Nepal and India.)
The award ceremony on Sep. 15 (Thu.) and forums by the laureates on Sep. 17 and 18 are open to the public.
Further information: http://www.asianmonth.com/prize/

3) Cine-la "Film Director Satsuo Yamamoto"
  A cross-section of films directed by the late Japanese master of social films will be presented on the centennial of his birth.
Date: Jul. 6 (Wed.) - 31 (Sun.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S. student 400yen
No English subtitles
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm
Contact: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

4) Kokusai Hiroba Cafe Vol. 4 "Daegu, South Korea"
  Date/Time: Jul. 24 (Sun.) 14:00 - 16:00
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Admission: Free (FIEF members), 300yen (Non-members)
Advance application is required.
Contact: Fukuoka International Exchange Foundation Kokusai Hiroba
Tel: 092-725-9200

Further information on activities and programs offered by Fukuoka International Exchange Foundation: http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/index.htm

5) UN-HABITAT Fukuoka 14th Anniversary Special Event
  This is the 3rd round of the "HABITAT Hiroba" series. In commemoration of the 14th anniversary of the founding of the UN-HABITAT Fukuoka Office, Director Toshiyasu Noda will talk about the development of disaster prevention countermeasures in Japan and other countries.
Date/Time: Aug. 1 (Mon.), 18:30 - 19:30
Lecture Title: "Natural Disasters in the World" (tentative)
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Admission: Free
Capacity: Around 50 seats
Contact: UN-HABITAT Fukuoka Office
Tel: 092-724-7121     Fax: 092-724-7124
Further information: http://www.fukuoka.unhabitat.org/info/event/2011/jp-0003.html

"UN-HABITAT Photo Exhibition of Natural Disaster Rehabilitation"
Date: Jul. 30 (Sat.) - Aug. 5 (Fri.)
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)

6) Summer Internship Program for International Students
Fukuoka Student Career Center is currently looking for companies and students who are interested in joining the "Summer Internship Program for International Students".
Further information: http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/ryugakusei/index.html#kaki


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Isla de Salsa 2011
  The 15th borderless music festival "Isla de Salsa 2011" will be held.
Date/Time: Aug. 6 (Sat.) - 7 (Sun.) 13:00 - 21:00
Venue: Seaside Momochi Jigyohama
Fee: 1-day 4,500yen 2-day 7,800yen
       Half price for students (over high school), senior (over 65 years old), and the disabled
       Free for students under junior high school (must be accompanied with a guardian)
Further information: http://www.isla-de-salsa.jp
Inquiry: Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100     Email: isla@tiempo.jp

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.
"Il Grido" ('57, 111 min.)
Date/Time: Jul. 25 (Mon.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limited to the first 120 visitors (No advance application is required).
Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) The 25th Fukuoka Asian Film Festival
  Fukuoka Asian Film Festival (FAFF) is citizen-participatory event organized and managed by volunteers. It is held every July in Fukuoka City and welcomes its 25th anniversary this year, since its foundation in 1987.
Date: Jul. 1 (Fri.) - 10 (Sun.)
Venues: Institute of France-Japan of Kyushu (5F Hall), Fukuoka Meiji Yasuda Insurance Hall
Admissions: 1) Advance 1,400yen (single film), 1,600yen (five films), 10,000yen (ten films)
                  2) At door 1,800yen (Adult), 1,500yen (Univ. student), 1,000yen (J.H.S. & H. S. student, and over 60 years old)
Contact: FAFF Secretariat
Tel: 092-733-0949     Email: faff@gol.com
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

2) Asumin Exchange Meeting
  Those who are interested in engaging in volunteer acitivities and volunteer groups available to accept them are welcome to take the first steps at this meeting. This is a place to exchange activity information for in-depth understanding and to revitalize each others' activities. This month's meeting themes are "Internationalization" and "The Great East Japan Earthquake".
Date/Time: Jul. 23 (Sat.) 19:00 - 21:00
Venue: Fukuoka City NPO Volunteer Exchange Center "Asumin" Seminer Room
Eligibility: Anyone who is interested in volunteer activities is welcome
Inquiry: Fukuoka City NPO Volunteer Exchange Center "Asumin"
Tel: 092-724-4801     Fax: 092-724-4901     Email: info@fnvc.jp
Further information: http://www.fnvc.jp/

3) The 9th Japan-China Friendship Children's Art Exhibition
  Specified Nonprofit Organization Social Education Group "Bellpo-kai" has strongly promoted activities on education, culture, environmental protection, etc. both in Japan and abroad for the 38 years since its foundation.
Japanese and Chinese children's winning entries will be displayed at the exhibition, and the winning Chinese children will be invited to Japan for friendship and exchange activities (Winning Japanese children will be invited to China in August). Free admission.
Date/Time: Jul. 28 (Thu.) - Aug. 2 (Tue.) 10:00 - 20:00 (till 19:30 on Aug. 2)
Venue: Fukuoka Asian Art Museum 8F Exchange Gallary
Inquiry: Specified Nonprofit Organization Social Education Group "Bellpo-kai"
Tel: 092-441-8059     Fax: 092-452-5643     Email: mail@bellpo.org
Further information: http://www.bellpo.org/


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Rice is Nice

Many of my foreign friends who know they will be living in Japan for a fixed amount of time have a "Japan To-Do List"-a list of places in Japan they want to go or things they want to experience before they leave Japan. Although I will be here for at least another year, I also have such a list in my head (I should probably write it down…). For example, some of the things I want to do while in Japan include eating wanko soba in Iwate Prefecture (small individual cups of soba of which you eat stacks and stacks), climbing Mount Fuji, visiting a Ninja museum, and planting rice.
The latter I was able to cross of my list recently when I went on a rice-planting excursion. The evening before, some friends asked, "Why are you going home so early?" And my reply was, "I'm going to plant rice tomorrow morning, so I need to get up early." My foreign friends either responded "That sounds fun!" or "Yeah, I've done that in the town I live in." My Japanese friends gave me a funny look and asked, "Why? I've never been rice-planting in my life." I guess there are certain things that I, as a foreigner, think of as "Japanese" experiences, such as climbing Mount Fuji (which only 1% of the Japanese population ever undertakes, apparently) and planting rice (which most modern Japanese urbanites can't imagine doing). For this reason alone, I decided that planting rice is something I wanted to try once while living in Japan.
I think one of the first things any foreigner new to Japan will realize is that there are rice paddies EVERYWHERE. You can find them in front of bus stops, beside suburban homes, and sometimes in surprisingly urban areas. Even though I can bike 10-20 minutes from my house and find a rice paddy, it was rather difficult for me to find a place that was actively recruiting volunteers to plant rice. One advertisement finally proved promising. So one early Sunday morning, three friends joined me in traveling to the Itoshima Peninsula to plant pesticide-free rice by hand.
The rice-planting group consisted of four foreigners (us), a handful of other interested first-timers, and an army of small children with their parents. We jumped right into the rice paddy in our bare feet, pants legs pulled up high since the mud came up to our knees. What a feeling! I don't think I've squished around in the mud barefoot since I was a child. My friends and I giggled the whole time at the sounds of our sloshing feet and at the sight of children up to their rear ends in mud.
While many farmers use tractors or other machinery to plant their rice these days, we planted by hand. A rope with small strings knotted at intervals was slung across the rice paddy. We planted a seedling at each knot, and then we would step back as the rope was moved forward. Although the rows looked a bit haphazard from inside the rice paddy, they looked pleasantly tidy from the roadside. It had only been two hours, and although we were tired, we were happy to have spent the day out in nature trying something new.
Do you have a "Japan To-Do List"? Perhaps even my Japanese readers have some things they want to try. Take out a pen and try brain-storming!

Emily Rosenberg


Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1)  東日本大震災情報
  2) 在住外国人向け多言語防災ガイドDVDが完成しました
  3) LOVE FM「Rainbow Plaza Information」
  4) 国際交流活動助成のご案内(よかトピア記念国際財団)
  5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  6) 日本語おしゃべりサロン

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1)  LOVE FM「Fukuoka City Information」
  2) 福岡アジア文化賞 第22回受賞者決定
  3) シネラ「山本薩夫監督特集」
  4) こくさいひろばカフェVol. 4 「 韓国・大邸について」
  5) 国連ハビタット福岡本部設立14周年特別企画
  6) 夏季留学生インターンシップ

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) アジア太平洋こども会議・イン福岡「アジア太平洋こどもフォトウォーク」
  2) オイスカ創立50周年記念 第9回「集まれ!地球体験村」
  3) JICA九州よりセミナーのお知らせ
  4) イスラ・デ・サルサ2011
  5) 福岡日伊協会映画鑑賞会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1)  第25回福岡アジア映画祭2011
  2) あすみん交流会
  3) 第9回日中友好児童絵画展

5. エミリーの那珂川ノート

   お米はよか



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 東日本大震災情報
   協会ホームページで、福岡市の取り組み、外国語での情報リンクを掲載しています。
詳細はこちら:
http://www.rainbowfia.or.jp/news/fukuokacity-japan-earthquake.html
http://www.rainbowfia.or.jp/news/japan-earthquake.html

2) 在住外国人向け多言語防災ガイドDVDが完成しました
  協会では、福岡都市圏に在住の外国人向け防災ガイドDVDを制作しました。日ごろの対策、災害時の対応、福岡市民防災センターの紹介等、皆さまのお役に立つ情報を多言語(日、英、中、韓)で提供しています。今後、福岡都市圏の大学、日本語学校、日本語学校、区役所、外国人集住地区の公民館などの公的施設に配布予定です。
当財団ホームページからも動画をご覧いただけます。
http://www.rainbowfia.or.jp/foreigner/disaster-prevention.html

3) LOVE FM「Rainbow Plaza Information」
  LOVE FM (76.1MHz)で、福岡にお住まいの外国人や市民を対象に生活情報や国際交流情報を多言語で紹介しています。
IPサイマルラジオradiko.jpでも試験配信されますので、パソコンやスマートフォンでもお聴きになれます。
放送時間:毎日8:35頃から3分間
言 語:英語(月、木)、中国語(火、金)、韓国語(水)

4) 国際交流活動助成のご案内(よかトピア記念国際財団)
   (財)よかとぴあ記念国際財団では、市民レベルの国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を推進するため、民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。
平成23年度募集の概要はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/yokatopia/jigyou.html
問合せ:財団法人 よかトピア記念国際財団
〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10番1号(財)福岡よかトピア国際交流財団内
Tel: 092-733-5630  Fax: 092-733-5635

5) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街や生活、家族、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げることを目的としています。
日 時:7/21(木)18:30 - 20:30
場 所:あったかサロン
語り手:趙 丹俊(チョウ・タンシュン)さん(中国江蘇省丹陽市出身)
      九州大学大学院システム生命科学府システム生命科学専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

6) 日本語おしゃべりサロン
外国人学生(留学生・就学生)の日本語の上達を目的としたサロンです。ボランティアのみなさんと気軽におしゃべりしましょう。
日 時:毎月第1・3木曜日 13:30 - 17:00
場 所:あったかサロン
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) LOVE FM「Fukuoka City Information」
  「Fukuoka City Information」がLOVE FM (76.1MHz)で4月11日より始まりました。
IPサイマルラジオradiko.jpでも配信いたしますので、パソコンやスマートフォンでもお聴きになれます。
放送時間:毎月第2・4週目の月曜、火曜、水曜 19:50頃から3分間
言 語:英語(月)、中国語(火)、韓国語(水)

2) 福岡アジア文化賞 第22回受賞者決定
  アジアの固有かつ多様な文化の保存と創造に貢献した個人・団体を表彰する「福岡アジア文化賞」の第22回受賞者が発表されました。
大 賞:アン・チュリアン氏(カンボジアの民族学者。アンコールワット遺跡群保存に尽力)
学術研究賞:趙東一(チョドンイル)氏(韓国を代表する国文学者)
芸 術・文化賞:ニールズ・グッチョウ氏(ドイツの建築史家、修復建築家。
           日本で古い建築の修理技術を学び、ネパールやインドで数々の歴史的建築の修復を手掛けた。)
9/15(木)の授賞式と9/17、9/18の受賞者によるセミナーには市民も参加できます。
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/prize/

3) シネラ「山本薩夫監督特集」
  誕生100年を迎えた社会派の巨匠、山本薩夫監督の代表作を特集。
期 間:7/6(水)- 7/31(日)
観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/
問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) こくさいひろばカフェ Vol. 4 「 韓国・大邸について」
  日 時:7/24(日)14:00-16:00
場 所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
参加費:無料(賛助会員)、300円(一般)
事前申込:要
問合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

福岡県国際交流センターが提供するその他の活動やサービスの詳細は以下をご覧下さい。
http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

5) 国連ハビタット福岡本部設立14周年特別企画
  「ハビタットひろば」の第3回レクチャーを開催します。
本レクチャーは、国連ハビタット福岡本部設立14周年を記念するもので、野田順康本部長が、世界と日本の防災対策の経緯について語ります。
日時:8/1(月)18:30 - 19:30
テーマ:「世界の自然災害を語る(仮)」
場 所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
入 場:無料
定 員:50名程度
問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121  Fax: 092-724-7124
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/info/event/2011/jp-0003.html

同時開催「国連ハビタット・自然災害からの復興写真展」
期 間:7/30(土)- 8/5(金)
場 所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」

6) 夏季留学生インターンシップ
  福岡学生職業センターは、「夏季留学生インターンシップ」を行います。現在、受入企業と参加学生を募集中です。
詳細はこちら:http://www.fukuoka-plb.go.jp/f-gakusei/ryugakusei/index.html#kaki


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) アジア太平洋こども会議・イン福岡「アジア太平洋フォトウォーク」
  アジア太平洋こども会議(APCC)では、毎年夏、約40のアジア太平洋諸国から約300人をこども大使として福岡に招いています。今年は「アジア太平洋こどもフォトウォーク」と題し、こども大使と福岡の親子参加で楽しむ一般公開型イベントを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。
イベントを運営・サポートしてくださるボランティアも募集中です。
日 時:7/18(月・祝)14:00 - 18:00
場 所:福岡市役所前広場 および 天神地区
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/photowalk/index.html

2) オイスカ創立50周年記念 第9回「集まれ!地球体験村」
  オイスカ西日本研修センターは、アジア・太平洋の国々から研修生を受け入れており、今年は12カ国1地域から19名の男女が集まりました。「集まれ!地球体験村」は、研修生と共に過ごす2泊3日の総合体験型キャンプです。
期 間:7/28(木)- 7/30(土)
場 所:オイスカ西日本研修センター
対象者:1)小学校4年生〜高校3年生の男女 2)高校卒業以上のリーダー
参加費:6,000円
問合せ:オイスカ創立50周年記念「地球体験村」実行委員会事務局
〒811-1112 福岡市早良区小笠木678-1 (公財)オイスカ西日本研修センター内
Tel: 092-803-0311  Fax: 092-803-0322  Email: oiscantc@oisca.org

3) JICA九州よりセミナーのお知らせ
  「平成23年度国際協力担当者のためのPCMを活用したプロジェクト運営基礎セミナー
その1:計画・立案」
日 時:7/16(土)- 7/17(日)9:30から
場 所:JICA九州研修室(北九州市八幡東区平野2-2-1)
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/event/index.html#a0716-01

4) イスラ・デ・サルサ2011
  第15回ボーダレスミュージックフェスティバル「イスラ・デ・サルサ2011」を開催します。
日 時:8/6日(土)- 8/7(日)13:00 - 21:00
場 所:シーサイドももち地行浜
料 金:1日券4,500円  2日券7,800円 
     学生(高校生以上)、シニア(65歳以上)、障害者は半額
     中学生まで無料(保護者同伴の場合)
詳細はこちら:http://www.isla-de-salsa.jp
問合せ:ティエンポ・イベロアメリカーノ  
Tel: 092-762-4100  Email: isla@tiempo.jp

5) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。
「さすらい」('57、111分)
日 時:7/25(月)19:00
場 所:あじびホール
先着120名(直接会場にお越し下さい。)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html
問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 第25回福岡アジア映画祭2011
  福岡アジア映画祭は、ボランティアの手で企画・運営されている市民イベントです。1987年より毎年7月に福岡市で開催し、今年で25年目を迎えます。
期 間:7/1(金)- 7/10(日)
場 所:九州日仏学館5Fホール、福岡明治安田生命ホール
料 金:1)前売 1,400円(1作品)、6,000円(5作品券)、10,000円(10作品券)
     2)当日 1,800円(一般)、1,500円(大学生)、1,000円(中高生、60歳以上)
連絡先:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

2) あすみん交流会
  ボランティアをやってみたい人とそれを受け入れたい団体が出会い、ボランティア活動の一歩を踏み出すきっかけをつくる交流会です。ボランティア相互の活動情報を交換しながら交流を深め、お互いの活動を活性化します。7月の交流会は、「国際」と「東日本大震災」をテーマに語り合います。
日 時:7/23(土)19:00 - 21:00
場 所:福岡市NPOボランティア交流センターあすみん(セミナールーム)
対 象:ボランティア活動に興味がある方ならどなたでも参加できます。
申 込:福岡市NPOボランティア交流センターあすみん
Tel: 092-724-4801  Fax: 092-724-4901  Email: info@fnvc.jp
詳細はこちら:http://www.fnvc.jp/

3) 第9回日中友好児童絵画展
  特定非営利活動法人社会教育団体ベルポ会は、創立以来38年に亘り、国の内外において、主に教育・文化・環境保全等の活動を積極的に推進しています。
展覧会会場には、日中両国児童の入賞作品を展示し、会期中には入賞児童を相互に招へいし、友好交流を積極的に行う予定です。(中国開催は8月)入場無料です。
日 時:7/28(木)- 8/2(火)10:00 - 20:00(最終日は19:30まで)
場 所:福岡アジア美術館8階交流ギャラリー
問合せ:特定非営利活動法人社会教育団体ベルポ会(碧波会)
Tel: 092-441-8059  Fax: 092-452-5643  Email: mail@bellpo.org
詳細はこちら:http://www.bellpo.org/


5. エミリーの那珂川ノート
 
お米はよか

一定期間日本に住む多くの外国人の友達は個人の「日本でのやる事リスト」を考えている。つまり、日本から離れる前に行ってみたいところとやってみたいことのリストだ。あと1年以上いるかもしれない私の頭の中にもこのようなリストがある(どこかに書き出した方がいいかもしれないが...)。例えば、岩手県のわんこそばを食べる、富士山に登る、忍者ミュージアムに行く、田植えをするなど。
最近田植えを体験したので、リストから削除できる。田植えをしに行く前の晩、友達に「なぜこんなに早く帰るの?」と聞かれたから、「明日田植え体験をするから、早く起きなきゃ!」と答えた。外国人の友達からは「楽しそうね!」とか「そうなんだ、私も住んでいる町でやったことあるよ」みたいな反応があったけど、日本人の友達は混乱した表情をしながら「えっ、なんで?私は1回も田植えやったことないけど...」と言った。たぶん、私は外国人だから、富士山に登ったり(一生のうちに富士登山する日本人は人口の1%しかいないと言われている)田植えしたり(現代都会に住んでいる日本人が想像できないことかもしれない)するのは「日本的な経験」だと思っていて、日本に住んでいる間に田植えをやってみたいと思ったのだ。
日本に着いたばかりの外国人がすぐ気付くのは、田んぼがどこにでもあることだ!バス停の前にも、家の隣にも、びっくりするぐらい都会にあることもある!家から10〜20分ぐらい自転車に乗ったら田んぼがあるけど、田植えのためのボランティアを募集している所を見つけるのは難しかった。やっとのことで出来そうな活動を見つけたので、ある日曜日の朝、無農薬の田んぼで手で田植えをするために、3人の友達と糸島半島に行った。
田植え体験のグループには、私達4人の外国人と数人の初心者と、大勢の親子連れがいた。裸足で田んぼに入って、泥が膝まできたからズボンの裾を捲り上げた。なんていい気持ち!裸足で泥で遊ぶのは子供の時以来だと思う。私達はぐちゃぐちゃという足の音を聞き、お尻まで泥だらけの子供達の姿を見て、田植えの間中ずっと笑っていた。
最近ではほとんどの農家でトラクターなどの機械を使って田植えをするけど、あの日私達は手で植えた。決まった間隔に小さな紐が結ばれたロープが、田んぼの右から左までつるされていた。紐を目印に苗を植えたら後ずさりして、ロープも手前に引いた。田んぼの中にいる時は自分が植えた列はあまりきれいに見えなかったけど、田んぼを出たらかなりいい感じだった。2時間の体験だけでも疲れたけど、自然に囲まれて新しい経験が出来てとても幸せだった。
皆さんも「日本でのやる事リスト」は考えた?日本人の読者でもやってみたいことがあるかもしれない。ペンを持って、少し考えてみたら?

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
 このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/