Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.112 September/05/2011
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
September is time for Fukuoka's annual event, "Asian Month," where you can experience every aspect of Asia at various places around the city. This year, the Asian Pacific Festival (Second Stage) and Focus on Asia International Film Festival will be held at the brand-new JR Hakata Station.
It will soon be half a year since the occurrence of the Great Eastern Japan Earthquake. Let's show our energy in Fukuoka with prayers for restoration.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
毎年9月を中心に展開される「福岡アジアマンス」。福岡市内各所でアジアを感じることができるイベントが開催されます。今年はアジア太平洋フェスティバル(第二会場)およびアジアフォーカス・福岡国際映画祭が新しく生まれ変わった博多駅で開催されます。
東日本大震災発生から半年を迎える今月。復興に向けて、福岡の私たちから元気を発信していきましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Cine-la Film Collection
   2) Fukuoka Asian Month
   3) Free Medical Checkups for Foreign Residents
   4) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival Sponsored Events
   5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center

3. News from FUKU-NET Members

   1) Fukuoka Japan-Australia Society - The 22nd Annual Tennis Day & BBQ Party
   2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Employment Advertisement for Foreign Lecturer

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    In Awe of the Mountain


1. News from The Fukuoka International Association
 
 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

1) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
  This program introduces international students to Japanese families for deepening mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program Duration: Nov. 2011 - Mar. 2012
Eligibility: International students currently enrolled in a college, junior college, or language school
               in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: Maximum 60
Application Form: Available at your school's international student office, Rainbow Plaza, etc.
How to Apply: Fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Application Deadline: Oct. 15 (Sat.)

Inquiry: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220    Fax: 092-733-2215

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date/Time: Sep. 15 (Thu.) 18:30 - 20:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. HERNANDEZ HERNANDEZ Kohinor (Veracruz, Mexico)
            Graduate School of Human Environment Studies, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Cine-la Film Collection
  Cine-la will show some films screened at the Fukuoka International Film Festival.

<Focus on Asia Archives>
Duration: Sep. 1 (Thu.) - 11 (Sun.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen

<Japanese Film Masterpieces>
Duration: Sep. 14 (Wed.) - Oct. 2 (Sun.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608    Fax: 092-852-0609

2) Fukuoka Asian Month
  Various events pertaining to Asian cultures will be held throughout Fukuoka City!
Further information: http://www.asianmonth.com/

Inquiry: Fukuoka Asian Month Information
Tel: 092-262-0676  10:00 - 17:00 (until Tue., Oct.11)

3) Free Medical Checkups for Foreign Residents
  No reservation is required, so please feel free to stop by!

Date/Time: Sep. 13 (Tue.) - 16 (Fri.) 13:00 - 15:00
Venue: Fukuoka TB Prevention Center, or Fukuoka Kekkaku Yobo Center (2-4-7 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Examination List: Health interview, body measurement, diagnosis, blood pressure, urinalysis, blood test, and chest X-ray

Inquiry: Health Promotion & Disease Prevention Section, Fukuoka City
Tel: 092-711-4270

4) Focus on Asia Fukuoka International Film Festival Sponsored Events
  A great opportunity to feel the history and culture of other countries through movies.

Duration: Taiwan Film Festival Sep. 15 (Thu.) - 20 (Tue.)
             East Asia Film Festa Sep. 22 (Thu.) - 27 (Tue.)
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Admission: Advance 1,000yen At door 1,200yen (per film)
* Advance ticket for Focus on Asia Fukuoka International Film Festival can be used.
* 500yen for J.H.S., H.S., and Univ. student (Please present your student ID).

Inquiry:
Tel: 092-781-3300 for Taiwan Film Festival
Tel: 092-691-8824 for East Asia Film Festa

5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers job information, consultation, and support for international students who are seeking employment in Japan. Free of charge, registration is required (please bring your Alien Registration Card).

Job-search Seminars for International Students
Date/Time: Sep. 27 (Tue.) 16:00 - 18:00

Assistance for New Graduates
Professional counselors will provide support for the employment of new university graduates and those who have graduated within the past three years.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/ (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Fukuoka Japan-Australia Society - The 22nd Annual Tennis Day & BBQ Party
  For beginners, there is a tennis lesson. Partificipation only in either tennis or the BBQ party is fine.

Date: Sep. 17 (Sat.)
<Annual Tennis Day>
Venue: Kyushu Electric Power Kashii Field (1-4-1 Matsukadai, Higashi-ku, Fukuoka)
Time: 13:00 - 17:00
Fee: 500yen
* This event will be cancelled if it rains.
   Bring your racket. Locker rooms and showers are available.

<BBQ Party>
Venue: Asahi Beer Community Hall (3-2-19 Takeshita, Hakata-ku, Fukuoka)
Time: 18:00 - 20:00
Fee: Member Adult 3,000yen J.H.S. student & H.S. student 1,500yen
       Non-member Adult 3,500yen J.H.S. student & H.S. student 2,000yen
       Australian citizens 2,000yen Free for children under Elem. student

Application Deadline: Sep. 8 (Thu.) 17:00
Further information: http://www.fjas.jp/

Inquiry: Fukuoka Japan-Australia Society
Tel: 092-726-1689    Fax: 092-726-1693    Email: FJAS@kyuden.co.jp

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Teorema" ('68, 94min., Italian)
Date/Time: Sep. 30 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advance application is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Employment Advertisement for Foreign Lecturer
  Ehime University in Matsuyama is seeking one contract English instructor for the English Education Center to begin in April 2012.

Application Deadline: Sep. 30 (Fri.)
Further information: http://web.eec.ehime-u.ac.jp/

Inquiry: English Education Center, Ehime Univ
Tel/Fax: 089-927-8340    Email: eec_jimu@eec.ehimeu.ac.jp


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
In Awe of the Mountain

Revered for its elegant, symmetrical cone shape, Mount Fuji has been a favorite subject of Japanese painters and poets for centuries. The image of the solitary, white-capped mountain against the backdrop of a clear blue sky is so beloved that it is perhaps the most well known symbol of Japan. Every year, over two-hundred THOUSAND people choose to not only look at Mount Fuji from afar, but to climb it as well. This year, I was one among them.
There are several reasons I wanted to climb Mount Fuji this year. One was that it seemed like an interesting challenge and an amazing experience. Another was that one of my dearest friends and sempai-figures would be leaving Fukuoka in August, and I wanted us to do something special to end our time together with a "bang!" We pored over online guides to climbing Mount Fuji, gathered the various materials we would need, and even took a few jaunts into the mountains of Fukuoka for training. We read numerous accounts by climbers-beginners and experienced alike-most of whom said that climbing Mount Fuji was one of the most difficult physical challenges they've ever undertaken. But we also heard about people who go underprepared, or never exercise, and get to the top just fine. So we flew to Tokyo and hopped on a Fuji-bound bus-nervous, not knowing what to expect. But we did our research and trained our bodies a bit, so we would be fine... right?
We arrived at the 5th station, approximately halfway up the mountain, at 8pm on a Saturday evening. Our plan was to rest for an hour (in order to get used to the lower level of oxygen), climb overnight to the summit by early morning, and then watch the sunrise. A little after 9pm, we started off. The air was cool and clear, with a million stars twinkling overhead. We became giddy with excitement, which lasted until just after we reached the 6th station. Then things got hard. The slope got steeper, the air gradually grew thinner. We had to stop every few strides, instead of every few minutes. Reaching the 7th station was one triumph, but then came the most difficult terrain for me-large boulders, like on Homanzan in Fukuoka. Hiking Homanzan's boulders in the middle of the day was one thing, but hiking Mount Fuji's boulders at night, with only headlamps for light, and in the ever-thinning air, was simply harrowing. I'm not afraid of heights, but I am afraid of slipping and falling. We thought we'd reached the 8th station... but it turned out that there was a second and third "7th station" before another long climb to the 8th. By the time we reached the 8th station, we realized we weren't going to make it to the summit by sunrise. Light was already beginning to creep over the horizon. But we were above the clouds by that point, and the air was crisp. We made it to the 8.5th station when we stopped to watch the sunrise.
And what a sunrise it was. The clouds turned purple, red, then yellow, and finally the perfectly round sphere of the sun began to climb above the horizon. It was exquisite-the "hi no maru" that decorates the Japanese flag. I will never forget how I shared the experience of watching the sun rise over the Land of the Rising Sun with some of my dearest friends.
The only regret I have is that we didn't reach the top. After the sunrise we climbed a bit further and got past the 9th station. But then the path became a traffic jam of thousands of people walking at a creeping pace. Two of my companions had symptoms of altitude sickness, so we decided to begin our descent. I think we did a pretty good job of climbing Mount Fuji. We had excellent weather and saw the most perfect sunrise. But we didn't completely conquer the mountain.
There's a saying in Japan that "If you never climb Mount Fuji once, you're a fool. If you climb it more than once, you're a fool." Although I relinquished my "fool-status" by climbing Mount Fuji once, I think would like to reclaim it some day, by climbing again and finally reaching the summit.

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  2) 国際交流フェスタ「地球市民どんたく2011」当日運営ボランティア募集
  3) 「第16回福岡・マレーシア イポー青少年交流訪問団」ホストファミリー募集
  4) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  5) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 釜山・福岡大学生広報大使参加者募集
  2) シネラ情報
  3) 福岡アジアマンス
  4) アジアフォーカス・福岡国際映画祭協賛企画
  5) 福岡学生職業センター

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡通訳協会9月例会
  2) 福岡日豪協会第22回親睦テニス大会&BBQパーティー
  3) アジア太平洋こども会議・イン福岡異文化交流体験記〜OMOIYARIが生まれたヒミツ〜
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) 平成23年度JICAボランティア秋募集「体験談&説明会」開催
  6) 海外で活躍するNGOで一緒にはたらいてみませんか?

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集

5. エミリーの那珂川ノート

   山への畏敬の念に打たれ


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

 
1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
   福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:9/15(木)18:30
会場:あったかサロン
語り手:エルナンデス・エルナンデス・コイノールさん(メキシコ・ベラクルス州出身)
      九州大学大学院人間環境学府人間共生システム学専攻
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 国際交流フェスタ「地球市民どんたく2011」当日運営ボランティア募集
  国際協力・交流に取り組む団体の活動紹介イベントである「地球市民どんたく」の運営を行う学生ボランティアを募集します。

日時:11/5(土)、6(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」
活動内容:会場での来客案内など
申込締切:9/22(木)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/05.html

問い合せ:「地球市民どんたく2011」実行委員会事務局((財)福岡よかトピア国際交流財団内)
Tel: 092-733-5630


3) 「第16回福岡・マレーシア イポー青少年交流訪問団」ホストファミリー募集
  福岡市の姉妹都市である、マレーシア・イポー市から青少年訪問団がやってきます。
団員は福岡滞在中、学校訪問や施設見学など様々なプログラムを通して、日本・福岡についての見聞を広めますが、その間日本の一般家庭にホームステイをして日常生活の中で異なった生活・文化を体験することも大きな目的の一つになっています。また一方で、これまで受け入れていただいたご家庭の皆様からも、異文化理解・国際感覚を身につける大変良い機会になったとの評価を得ております。どうぞ奮ってお申込ください。

滞在日程:12/7(水)〜14(水)※7泊8日
訪問団員:マレーシア・イポー市の高校生8名および引率者2名
申込締切:9/30(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/03.html

問い合せ:(財)福岡よかトピア国際交流財団 交流課
Tel: 092-733-5630

4) ホストファミリー登録説明会参加者募集
   ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:10/16(日)14:00〜15:00
場所:レインボープラザ会議室
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を電話、FAXまたはEmailでレインボープラザへ。詳しい案内をお送りします。
申込締切:10/9(日)

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

5) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集
福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。

交流期間:2011年11月〜2012年3月
申込締切:10/15(土)

<ホストファミリー>
対象家庭:福岡都市圏在住の日本人家庭
申込方法:レインボープラザ、情報プラザ、各区役所、各市民センターなどにおいてある所定の申込書に必要事項を記入して、
       レインボープラザまで郵送又はご持参ください。

<外国人学生>
対象者:福岡都市圏の大学、短期大学又は語学学校等に在籍する留学生
申込方法:所定の申込書 (各学校の外国人学生担当課、レインボープラザなどで配布) に必要事項を記入して、
       レインボープラザまで郵送又は直接持って来て下さい。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 「釜山・福岡大学生広報大使」参加者募集
  昨年度から実施している福岡と釜山の大学生の交流事業の2年目。「食文化」をテーマに福岡・釜山の特徴を融合させたコラボ食を企画する任務に参加し、両市の交流促進と双方の情報発信の役割を担う「釜山・福岡大学生広報大使」を募集します。

募集人数:6名
応募締切:9/20(火)消印有効

詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/shukyaku/charm/20110822.html

問い合せ:福岡市経済振興局集客交流部集客企画課
Tel: 092-711-4353  Email: shukyaku.EPB@city.fukuoka.lg.jp

2) シネラ情報
  詳細はこちら:http://www.cinela.com/

<アジアフォーカス・アーカイヴス>
期間:9/1(木)〜11(日)
観覧料:大人500円 高校・大学生400円 小中学生300円

<日本映画名作選>
期間:9/14(水)〜10/2(日)
観覧料:大人500円 高校・大学生400円 小中学生300円

問い合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) 福岡アジアマンス
  今年も福岡がアジア一色に染まります。
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/

問い合せ:福岡アジアマンスインフォメーション
Tel: 092-262-0676 10:00 - 17:00 (10/11(火)まで)

4) アジアフォーカス・福岡国際映画祭協賛企画
  映画を通じてその国の歴史や文化を感じることができる絶好の機会です。

期間:台湾映画祭 9/15(木)〜20(火)
    東アジア映画フェスタ 9/22(木)〜27(火)
会場:あじびホール
料金:前売1,000円、当日1,200円(1作品)
※アジアフォーカス・福岡国際映画祭の前売券でも入場可
※中高大学生は500円で入場できます(学生証を提示ください)

問い合せ:
「台湾映画祭上映実行委員会」Tel: 092-781-3300
「アジアの心実行委員会」(東アジア映画フェスタ)Tel: 092-691-8824

5) 福岡学生職業センター
  福岡学生職業センターは、日本で就職を希望する留学生に就職情報の提供や就職相談・支援を行っています。利用料無料、要登録(外国人登録証明書をご持参ください)。

留学生就職ガイダンス
日時:9/27(火)16:00〜18:00

新卒応援ハローワーク
新卒の方と卒業後3年以内の既卒者を対象に、専門の大卒就職ジョブサポーターによる就職支援を行います。

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/

問い合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡通訳協会9月例会
  今回はワインの試飲の時間および質疑応答の時間を設けています。

演題:ワインの誕生と歴史
講師:久保井 剛氏(日本ソムリエ協会認定シニア・ソムリエ)
日時:9/11(日)13:30
場所:福岡学生交流会館4F大会議室
※赤ワイン2本と白ワイン2本を試飲します。ワイン代金(4本で1万円)は試飲参加者が割り勘で負担
  (但し1名あたりの上限額は500円とします)。
申込締切:9/7(水)

問い合せ:福岡通訳協会
Fax: 092-938-1481  Email: seiji-infukuoka@mms.bbiq.jp

2) 福岡日豪協会第22回親睦テニス大会&BBQパーティー
  テニスは初心者でも楽しめるようレッスンもあります。テニス大会のみ、BBQパーティーのみの参加も可能です。

日にち:9/17(土)
<テニス大会>
会場:九州電力香椎競技場(福岡市東区松香台1-4-1)
時間:13:00〜17:00
会費:500円
※雨天中止
  ラケットのみご持参ください。ロッカー、シャワールームを利用できます。

<BBQパーティー>
会場:アサヒビール園(福岡市博多区竹下3-2-19)
時間:18:00〜20:00
会費:会員 大人 3,000円 中高生 1,500円
    非会員 大人3,500円 中高生 2,000円
    オージー 2,000円 小学生以下無料

申込締切:9/8(木)17:00
詳細はこちら:http://www.fjas.jp/

問い合せ:福岡日豪協会
Tel: 092-726-1689  Fax: 092-726-1693  Email: FJAS@kyuden.co.jp

3) アジア太平洋こども会議・イン福岡異文化交流体験記〜OMOIYARIが生まれたヒミツ〜
  福岡で20年にもわたり行われているこどもたちによる国際交流の様子、異文化とふれあう魅力を映像でお楽しみいただきます。第2部はアーティスト・日比野克彦さんとタレント・原口あきまささんによるクロストークです。

日時:9/24(土)15:00開場
会場:アクロス福岡国際会議場
入場無料、要申込(先着300名)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問い合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Fax: 092-734-7711  Email: info@apcc.gr.jp

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「テオレマ」('68、94分)
日時:9/30(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問い合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

5) 平成23年度JICAボランティア秋募集「体験談&説明会」開催
  平成23年度JICAボランティア秋募集を10月1日(土)から11月7日(月)の期間で実施します。期間中「体験談&説明会」を開催します。

<青年海外協力隊> 応募資格:満20歳〜満39歳 日本国籍の方
日時:10/2(日)14:00〜、10/6(木)18:30〜、10/18(火)18:30〜
会場:アクロス福岡 7F大会議室

<シニア海外ボランティア> 応募資格:満40歳〜満69歳 日本国籍の方
日時:10/6(木)18:30〜、10/12(水)19:00〜、10/18(火)18:30〜
会場:アクロス福岡 1F円形ホール(10/6)、2Fセミナー室2(10/12、10/18)

詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/

問い合せ:JICAデスク福岡((財)福岡よかトピア国際交流財団内)
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

6) 海外で活躍するNGOで一緒にはたらいてみませんか?
  NGO福岡ネットワーク(FUNN)では、「ボラタン2011」の参加者を募集しています。“ボラタン”とは、ボランティアとインターンの中間的な意味を持つ造語で、ボランティアの気軽さとインターンの責任感を同時に体験できるプログラムになっています。

活動期間:2011年10月〜2012年2月(予定)
活動日時:受入団体と相談の上決定
参加資格:NGOや国際協力活動に関わりたい方
参加費:無料
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

問い合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel/Fax: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  九州大学では、学部レベルの留学生を対象とした外国人短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本家庭を体験し、日本理解を深めてもらうことを目的としてホームビジットを引き受けてくださるご家庭を募集しています。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問い合せ:九州大学国際部留学生課JTW担当
Tel: 092-642-7351  Fax: 092-642-2144  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
山への畏敬の念に打たれ

優雅な円錐形の富士山は昔から、日本の画家や詩人のお気に入りのテーマだ。澄んだ青空を背景に雪を頂いた孤高の山のイメージはそれほど愛され、日本の最も知られているシンボルとなってきた。毎年、遠くから見ているだけでなく、富士山を登るハイカーは20万人を越える。今年、私はその中の一人だった。
富士山に登ろうと思ったのには、二つの理由がある。面白いチャレンジで、素晴らしい経験となるだろうと思ったことがその一つ目。二つ目は、8月に親友の一人や大事な先輩が福岡から離れることになったので、最後に、一緒に何か特別なことをしようと思ったからだ。オンラインの富士山の登山ガイドを熟読したり、必要な道具を集めたり、トレーニングのために福岡の山に行ったりした。初心者や経験豊かな登山家が書いた富士山についての記事をたくさん読んだ。そのほとんどは、「富士山に登るのは一生の中で一番大変な肉体的な挑戦だった」と書いていた。でも、準備が不十分だったり普段全然運動をしていない人でも、平気で頂上まで登った人の体験記も読んだ。だから、何を期待すればいいか分からないまま東京まで行って、富士山行きのバスに乗った。たくさんのリサーチをして、体も準備したから、大丈夫のはずだった...でしょう?
土曜日の夜8時に富士山の五合目に到着。高地の薄い酸素に慣れるために9時まで休んで、その後徹夜で頂上まで登って、日の出を見るという計画だった。9時を少し過ぎて、登り始めた。山の澄んだ空気は涼しくて、空には数えられないほどたくさんの星がピカピカ光っていた。私達はとても興奮していたけど、長く続かなかった。六合目の後の山道はどんどん歩きにくくなった。坂の斜面が急になって、空気が薄くなっていた。最初は数分間に一度休んでいたのが、数歩に一度休まないといけなくなった。七合目まで踏破したけど、その後は私にとって一番大変な、大きな石がごろごろしている地形が始まった。福岡の宝満山のような大きさの石だったけど、宝満山に登った昼間より、ヘッドランプの光だけで、薄い大気の中、夜の富士山を登るのは断然つらかった。高いところは別に怖くないけど、滑ったりこけたりすることを恐れる。八合目に着いたと思ったら... その前に2番目と3番目の七合目があることに気付いた。八合目にやっと着いたら、日の出前に登頂するのが無理だと分かった。水平線に光が輝きだした。その時私達は既に雲の上まで登っていて、澄み渡った空気の中、眼下の風景がくっきりと浮かび上がった。八合目半まで登り、日の出を見るために休んだ。
なんてすごい日の出だった!雲が紫から赤から黄色になって、太陽の完全な円形の球体が水平線を上がった。日本の旗を飾る、完璧な「日の丸」だった。大切な友達と一緒に「日出づるの国」に昇る日の出を見た経験を一生忘れない。
一つの後悔は、頂上まで行けなかったこと。日の出の後、もう少し登って九合目過ぎまで行ったけど、山道は一歩ずつ歩いている人で既に混雑していた。二人の友達に高山病の症状が現れだしたから、下ることを決めた。私達の富士山登山はかなり上手く行ったと私は思う。天気は最高で、完璧な日の出を見る事ができた。けど、富士山を征服することはできなかった。
日本語には、「一度も登らない馬鹿、二度登る馬鹿」という富士山についてのことわざがある。今回私は一度登ったことで最初の「馬鹿」は返上したけど、いつかまた富士山に登って、登頂することで取り戻そうと、今思っている。

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/