Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.113 October/05/2011
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
October is the time for "Hakata Jocho Meguri", during which you can visit historic sites in the Hakata area with a tour guide. Take a look at the flyer at tourist information centers, and you can chose one of eight courses!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
博多部では今月半ばから「博多情緒めぐり2011」が行われます。ガイドの案内で博多の名所・旧跡を散策する8コースが用意されていますので、興味のある方は参加されてはいかがでしょうか?


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Information from Attaka Fukuoka
   2) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) Fukuoka Asian Month
   2) Cine-la Film Collection
   3) Kokusai Hiroba Free Consultation Services

3. News from FUKU-NET Members

   1) 150 Years of Friendship Germany-Japan Commemoration Event
   2) Hippo Family Club Lecture Meeting Participants Wanted
   3) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Charity Bazaar by the Association for Shaking Hands with Bangladeshies
   2) Fukuoka-Bordeaux Sister City Exchange: Dance "Medea"

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   The Reverse



1. News from The Fukuoka International Association

  For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
  Fukuoka International Association
  City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
  Tel: 092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/

 
1) Information from Attaka fukuoka
  <"Welcome to Fukuoka Event" Participants Wanted>
Attaka Fukuoka is seeking international students to participate in the free exchange event to welcome the students  who are new to Fukuoka. Application is required.
Date/Time: Nov. 3 (Thu./holiday) 10:00 - 15:00
Venue: Dazaifu Seicho-atochi (The Site of Dazaifu Government Office), a 15-minute walk
          from Nishitetsu Tofuro-mae Station.
Number of Participants: Limited to 150 international students (on a first-come-first-served basis)
Application Deadline: Oct. 14 (Fri.) 17:00

<Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka">
This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date/Time: Oct. 20 (Thu.) 18:30
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Wei Lun NG (Kuala Lumpur, Malaysia)
             Graduate School of Systems Life Sciences, Kyushu University

Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2) Applications Now Open for the Home Visit Program for International Students
  This program introduces international students to Japanese families for deepening mutual understanding through home visits, casual meals/conversations, and other activities.

Program duration: Nov. 2011 - Mar. 2012
Eligibility: International students currently enrolled in a college, junior college, or language school in the Fukuoka metropolitan area.
Applicants: Maximum 60
Application form: Available at your schools' international student office, Rainbow Plaza, etc.
How to apply: Fill out and turn in the form via mail or in person at Rainbow Plaza.
Application Deadline: Oct. 15 (Sat.)

Inquiry: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220  Fax: 092-733-2215


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Fukuoka Asian Month
  This year, the Asian Pacific Festival (Second Stage) will be held at the brand-new JR Hakata Station. A free shuttle bus will be available to/from Marine Messe Fukuoka (Main Stage) every 30 minutes.
Further information: http://www.asianmonth.com/

Inquiry: Fukuoka Asian Month Information
Tel: 092-262-0676   10:00 - 17:00 (until Tue., Oct. 11)

2) Cine-la Film Collection
  <Indonesian Films with Riri Riza>
A collection of Indonesian film masterpieces, centered on films by director Riri Riza.
Duration: Oct. 5 (Wed.) -22 (Sat.)

<Little Red Flowers>
The Chinese film masterpiece set in a kindergarten in China during the 1960s.
Duration: Oct. 23 (Sun.) -26 (Wed.)

Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

3) Kokusai Hiroba Free Consultation Services
  <Telephone Consultation Sponsored by Fukuoka International Exchange Foundation>
Contents: Kindergarten/school admissions for children, housing rentals, Japanese university information/life after graduation, change in status of residency, etc.
Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-283-8880
Date/Time: Weekdays 9:00 - 17:00
Interpreters: Japanese, English, Chinese, Tagalog and other languages

<Human Rights Counseling for Non-Japanese>
Issues related to human rights such as racism, employment, housing, marriage, domestic violence, divorce, naturalization, immigration, etc.
Date/Time: Every 2nd Saturday of the month, 13:00 - 16:00
Place: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Inquiry: Fukuka Legal Affairs Bureau, Human Rights Counseling Center
Tel: 092-832-4311

<Naturalization, Immigration, and Residency consultation>
Date/Time: Every 4th Saturday of the month, 13:00 - 16:00
Place: Kokusai Hiroba Inquiry:Fukuoka Prefecture Administrative Lawyer Association
Tel: 092-641-2501

Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/e00top/


3. News from FUKU-NET Members
 
1) 150 Years of Friendship Germany-Japan Commemoration Event
  <German Classical Music Concert>
Date/Time: Oct. 10 (Mon./holiday) 14:00
Venue: AIREF Hall (10F Health Promotion Center, 2-5-1 Maizuru, Chuo-ku, Fukuoka)
Admission: 2,000yen Student1,000yen
Inquiry: Fukuoka Gakuyu Kai
Tel: 050-3711-5796

<Fukuoka Oktober Fest 2011>
Date: Oct. 21 (Fri.) - 30 (Sun.)
Time: 17:00 - 22:00 on Oct. 21, 16:00 - 22:00 on weekdays, 11:00 - 22:00 on Sat. & Sun.
Venue: Reisen Park (7 Kamikawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Admission: Free
Further information: http://forcasweb.com/oktoberfest/

2) Hippo Family Club Lecture Meeting Participants Wanted
  MIT linguistics lecturer Dr. Suzanne Flynn researches the secrets and the environment of human language acquisition. She has advocated theories such as "Multilingualism is the natural state of the human mind" and "There is really no limit to the number of languages one can learn" as a result of her research.

Theme: "How do humans learn languages?"
Date/Time: Oct. 22 (Sat.) 14:00 - 16:00
Venue: Denki Building
Fee: 500yen
  * Children under elementary school grade four are not allowed to attend.
  * A get-together will be held after the lecture.
Further information: http://hfcw.jp/

Inquiry: Hippo Family Club
Tel: 0120-557-761 (Weekdays 10:00 - 16:00)

3) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Indagine su un cittadino al di sopra di ogni sospetto" ('70, 112min.)
Date/Time: Oct. 28 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advance application is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Charity Bazaar by the Association for Shaking Hands with Bangladeshies
  Proceeds from the bazaar will be used for improvement of education, medication and lives in Bangladesh.

Date/time: Oct. 16 (Sun.) 12:00 - 16:00
Venue: Ninosaka Clinic (Noke, Sawara-ku)
Further information: http://bangla.npgo.jp/

Inquiry: Association for Shaking Hands with Bangladeshies
Tel: 092-844-1369

2) Fukuoka-Bordeaux Sister City Exchange: Dance "Medea"
  Ms. Carlotta Ikeda, a Japanese avant-garde dancer living in Bordeaux, France, performs a Greek tragedy "Medea" based on the newly written script by Mr. Pascal Quignard, the most prominent novelist of contemporary French literature.

Date/Time: Oct. 24 (Mon.) 19:00
Venue: Pon Plaza Hall (8-3 Gion-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Admission: At door 3,000yen, Advance 2,500yen
Inquiry: French-Japanese Institute of Kyushu
Tel: 092-712-0904


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
The Reverse

This month's column is a sort of experiment, because I usually write this column first in English and translate it into Japanese after editing. But this time, I'm writing it first in Japanese and translating it into English. It may not turn out to be a very interesting article, but there's a reason I'm writing it this way.
Most of my work consists of translating, often from Japanese into English. Sometimes I have work that requires me to translate from English into Japanese, but there's far less of that. English is my native language, and I'm used to writing articles in it, but I often stress about how to translate my own English into Japanese. I haven't really studied writing essays or articles in Japanese, and because Japanese is not my native language, I still can't express my thoughts and opinions naturally in Japanese. When I say "naturally," I mean I can't write "like a Japanese person".
What's most difficult is that when writing, you think in the language that you are writing, so when I write in Japanese-which is not my native language-I have to think in Japanese. I live in Japan and every day I come to a workplace where Japanese is used, but because most of my work is in English, the thoughts in my head are also mostly in English. It's said that people who can fluently speak a language that is not their native tongue think in that language. So I need to put more effort into thinking in Japanese!
Another difficult point is style. Style is of course connected to one's nationality, cultural background, and native language, but in terms of writing, it is about expressing one's individuality. So whether I write in English or in Japanese, I'm writing more "like Emily" than "like an American". When I write an article in English, I use language that is comfortable to me but when I write in Japanese, I have a lot of trouble. I hesitate as to how to translate the flow of my writing, clever English phrases, and subtle jokes into Japanese. I often use an electronic dictionary, so it's possible I translate too literally. In a way, literal translation carefully gets the message across, but I don't think it's very natural. So I thought, if I try hard to think and write in Japanese, maybe I can write somewhat more natural Japanese sentences.
Since I'm not Japanese, I don't know if this article will read naturally, but it was certainly good practice (although now, my head is kind of tired...). After writing, will it sound natural when translated into English? (haha!)

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) あったか福岡お知らせ
  2) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
  3) 第9回外国人による日本語スピーチコンテスト
  4) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2011」開催!

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡アジアマンス
  2) シネラ情報
  3) 福岡市人権啓発センターイベント
  4) アメリカ留学説明会、個人相談
  5) 英語弁論大会参加者募集
  6) NPO法人入門講座
  7) 中国語弁論大会
  8) 国際理解教育推進事業講演会「災害支援と国際協力」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) JICAボランティア秋募集
  2) 倶楽部FUNN10月
  3) 日独交流150周年イベント
  4) ヒッポファミリークラブ講演会参加者募集
  5) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  6) APCCウィング・キッズ・プログラム第4期生第募集!

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) バングラデシュと手をつなぐ会チャリティバザー
  2) ワールド留学フェア
  3) 福岡・ボルドー姉妹都市交流 舞踏「メディア」
  4) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集

5. エミリーの那珂川ノート

  逆


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) あったか福岡お知らせ
   <外国人学生歓迎交流事業参加者募集>
福岡都市圏在住の外国人学生を歓迎する交流会です。皆さんのご参加をお待ちしています。参加費無料、要事前申込。

日時:11/3(木・祝)10:00〜15:00
集合:大宰府政庁跡地(西鉄都府楼前駅から徒歩15分)
募集:市民参加者150名、日本人ボランティア45名、外国人学生150名(いずれも先着順)
締切:10/14(金)17:00

<外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」>
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:10/20(木)18:30
会場:あったかサロン
語り手:ン・ウェイ・ルンさん(マレーシア・クアラルンプール出身)
    九州大学大学院システム生命科学府生命科学専攻

詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 外国人学生ホームビジット交流参加者募集!
  福岡都市圏で暮らす外国人学生と日本人家庭が、普段着感覚で交流を行うプログラムです。
詳細は福岡よかトピア国際交流財団のウェブサイトでご確認ください。

交流期間:2011年11月〜2012年3月
申込締切:10/15(土)

問合せ:レインボープラザ
Tel: 092-733-2220

3) 第9回外国人による日本語スピーチコンテスト
  日本語教室学習者や日本語学校の学生が日本での生活で感じていることなどをスピーチをします。アトラクションもあります。

日時:10/16(日)13:00
会場:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ) 入場無料

4) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2011」開催!
   地元福岡で国際協力・国際交流活動を行っているNGOなどが一堂に会して、活動紹介を行うイベント「地球市民どんたく」を開催します。当日は、写真・パネルの展示や参加団体の日ごろの活動紹介、フェアトレード製品販売、民族衣装着付け体験など、身近なところから始められる国際協力・国際交流について理解を深めることのできるイベントが盛りだくさんです。また、今年は東日本大震災を受けて、世界各国からの支援状況を紹介するコーナーや、原発と放射能の問題についての講演もあります。入場無料ですので、奮ってご来場ください。

日時:11/5(土)、6(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/05.htmlまたはhttp://chikyushimin.jimdo.com/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡アジアマンス
  今年はJR博多駅博多口駅前広場が第2会場として新設され、メイン会場のマリンメッセ福岡との間には無料のシャトルバスも運行されます。
詳細はこちら:http://www.asianmonth.com/

問合せ:福岡アジアマンスインフォメーション
Tel: 092-262-0676  10:00 - 17:00(10/11(火)まで)

2) シネラ情報
  <リリ・リザ監督とインドネシア映画>
インドネシア映画を代表する巨匠リリ・リザ監督を中心に、インドネシア映画の秀作の特集。
期間:10/6(水)〜30(土)

<小さな赤い花>
60年代の中国の幼稚園を舞台とした中国映画の秀作。福岡初公開。
期間:10/23(日)〜26(水)

観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) 福岡市人権啓発センターイベント
  <ハートフルフェスタ福岡2011>
 人権を楽しく学ぶ秋の恒例イベントです。ステージイベントのほか、障がい者施設の物品販売や講演会、人権に関する相談会などが行われます。

日時:10/16(日)11:00〜16:30(小雨決行)
メイン会場:福岡市市役所西側ふれあい広場、福岡市役所1階ロビー
サブ会場:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター、博多リバレイン10階)

<ココロンセミナー>
無料講座の受講生募集。残席状況はお問合わせください。

日時:11/5(土)14:00〜16:00
テーマ:外国人の人権―日本で暮らすのは大変
講師:高松 里(九州大学留学生センター准教授、臨床心理士)
場所:ココロンセンター

詳細はこちら:http://jinken.city.fukuoka.jp/index.html
問合せ:福岡市人権啓発センター
Tel: 092-262-8464

4) アメリカ留学相談会、個人相談
  アメリカ留学に興味のある方を対象とした相談会です。参加無料、要事前予約。

日時:10/16(日)13:00
場所:こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

問合せ:(財)福岡県国際交流センターこくさいひろば
Tel: 092-725-9200

5) 英語弁論大会参加者募集
  福岡市内在住または市内の高校に通う高校生の参加者を募集します。上位入賞者には、副賞として福岡市姉妹都市へのホームステイの旅を贈呈。

日時:12/18 (日)13:30〜17:30
会場:あじびホール(福岡アジア美術館内)
応募締切:10/21(金)必着
詳細はこちら:http://fukuokasistercities.blogspot.com/

問合せ:福岡市姉妹都市委員会(福岡市国際部内)
Tel: 092-711-4023  Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

6) NPO法人入門講座
  NPO法人に興味がある方からNPO法人格の取得を具体的に考えている方まで、幅広く参加者を募集しています。参加費無料。
日時:10/22(土)19:00〜21:00
会場:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」セミナールーム

問合せ:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」 担当:井手口
Tel: 092-724-4801

7) 中国語弁論大会
覚えた中国語、試してみませんか!

日時:11/27(日)14:00〜17:00
場所:福岡アジア美術館あじびホール
対象:福岡都市圏の大学及び短期大学・専門学校に在籍する日本人学生
応募締切:10/28(金)

問合せ:福岡市総務企画局国際部
Tel: 092-711-4023

8)  国際理解教育推進事業講演会「災害支援と国際協力」
実際に災害支援活動を通じた国際協力を行った団体関係者からの事例報告と、さまざまなかたちの国際協力や災害支援の流れなどについての講座。参加費無料、要事前申込。

日時:10/29(土)14:00〜17:00
場所:アクロス福岡3階 こくさいひろば
講師:ソルト・パタヤス関係者(フィリピンの台風被災地を支援)
   藤井大輔氏(九州国際大学国際関係学部助教・副学部長、NGO福岡ネットワーク副代表)
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

問合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) JICAボランティア秋募集
  平成23年度JICAボランティアを11月7日(月)まで募集しています。体験談&説明会も開催されます。

<青年海外協力隊> 応募資格:満20歳〜満39歳 日本国籍の方
日時:10/6(木)18:30〜、10/18(火)18:30〜
会場:アクロス福岡 7F大会議室

<シニア海外ボランティア> 応募資格:満40歳〜満69歳 日本国籍の方
日時:10/6(木)18:30〜、10/12(水)19:00〜、10/18(火)19:00〜
会場:アクロス福岡 1F円形ホール(10/6)、2Fセミナー室2(10/12、10/18)

詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

※JICA国際協力相談コーナー
スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。
日時:毎週木曜日11:00〜17:00
場所:レインボープラザ(福岡市天神イムズビル8F)
内容:JICAボランティアや国際協力に関する相談
相談員:古賀 知美(元青年海外協力隊員・キルギス共和国派遣)

問合せ:JICAデスク福岡(財)福岡よかトピア国際交流財団内)
Tel: 092-733-5638 Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

2) 倶楽部FUNN10月
  NGO福岡ネットワークの月例企画で、飲食もしながら交流も深める「集いの場」です。今回の内容は、カンボジアは「平和」と「豊かさ」を取り戻したのか?要事前申込。

日時:10/7(金)19:00〜
場所:びおとーぷ 会議室(福岡市博多区博多駅前3-6-1小森ビル4-A)
講師:山崎勝さん(日本国際ボランティアセンター(JVC)カンボジア事業担当)
    ピン チャンキアさん(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 教育基礎学専攻)
参加費:一般1,200円、FUNN会員・FUNN加盟団体会員1,000円
定員:25名
※アルコール類をお出ししますので、ご来場は公共交通機関をご利用ください。また、アルコールを飲まれた方は、車の運転を絶対にしないでください。
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel/Fax: 092-405-9870(火〜土 13:00〜18:00)

3) 日独交流150周年イベント
  <ドイツ音楽を愉しむコンサート>
日時:10/10(月・祝)14:00〜
会場:あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2-5-1 健康づくりセンター10階)
入場料:2,000円 学生1,000円
問合せ:福岡楽友会
Tel: 050-3711-5796

<福岡オクトーバーフェスト2011>
日時:10/21(金)〜30(日)
   平日16:00〜22:00(10/21のみ17:00〜)、土日11:00〜22:00
会場:冷泉公園特設会場(福岡市博多区上川端町7)
入場無料
詳細はこちら:http://forcasweb.com/oktoberfest/
問合せ:福岡オクトーバーフェスト実行委員会
Tel: 092-986-3572(平日10:00〜16:00)

4) ヒッポファミリークラブ講演会参加者募集
  講師の米国MIT(マサチューセッツ工科大学)言語学教授スザンヌ・フリン氏は、生成文法理論を含め、人間の言語獲得の秘密や環境を研究。その結果、「多言語を話すことは人間にとって自然である」「人間の言語獲得能力には限界がない」などの学説を提唱しています。

演題:「人間はどのように言葉を獲得するのか」
日時:10/22(土)14:00〜16:00
会場:電気ビル本館(地下2階8号会議室)
参加費:500円
 ※小学4年生以下のお子様の入場はご遠慮ください
 ※講演会後に懇親会もあります
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

問合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761(受付:平日10時〜16時)

5) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「殺人捜査」('70、112分)
日時:10/28(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

6) APCCウィング・キッズ・プログラム第4期生第募集!
  「アジア太平洋こども会議・イン福岡」のすべての交流プログラムに日本のこども大使として参加する小学4・5年生を対象としたプログラムの事前説明・申込会を実施します。要予約。

日時:11/3(木・祝)14:00〜16:00
場所:あいれふ(福岡市中央区舞鶴2-5-1)9階大研修室
プログラム期間:2011年12月〜2013年4月(約1年半)週末を中心に月1回の活動
プログラム参加料:一括95,000円 分割100,000円
募集人数:30名
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) バングラデシュと手をつなぐ会チャリティバザー
  バザーにおける収益金は、バングラデシュにおける教育・医療・生活向上のために使わせて頂きます。

日時:10/16(日)12:00〜16:00
場所:にのさかクリニック(早良区野芥)
詳細はこちら:http://bangla.npgo.jp/

問合せ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel: 092-844-1369

2) ワールド留学フェア
  英語圏6カ国から来日した学校代表者と、通訳つきの個別ブースで直接話すことができるほか、無料セミナー、カウンセラーによる留学相談もあります。入退場自由。セミナーのみ要事前予約。

日時:10/22(土)11:00〜16:00
場所:アクロス福岡7F大会議室

問合せ:株式会社留学ジャーナル 福岡支店
Tel: 092-712-9921

3) 福岡・ボルドー姉妹都市交流 舞踏「メディア」
  フランスボルドー市在住の日本人前衛舞踏家カルロッタ池田が、現代フランス文学の最高峰パスカル・キャニールがこの舞台のために書き下ろした脚本でギリシャ悲劇「メディア」を体現します。

日時:10/24(月)19:00〜
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
入場料:当日3,000円 前売り2,500円

問合せ:九州日仏学館
Tel: 092-712-0904

4) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  九州大学では、学部レベルの留学生を対象とした外国人短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本家庭を体験し、日本理解を深めてもらうことを目的としてホームビジットを引き受けてくださるご家庭を募集しています。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問合せ:九州大学国際部留学生課JTW担当
Tel: 092-642-7351  Fax: 092-642-2144  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 


今月のコラムはある種の実験である。なぜかというと、普段はこのコラムを英語で書いて、編集した後に自分で日本語に訳すけど、今回はまず日本語で書いて、英語に訳すことにした。面白い記事にはならないかもしれないが、このやり方で書いてみるのには理由がある。
私の主な仕事は翻訳だけど、それはよく日本語から英語の翻訳だ。たまに英語から日本語に資料を訳す仕事もあるけど、これの方は断然少ない。英語は私の母国語なので、英語で記事を書くことには慣れているが、自分の英語を日本語に訳す時によく迷ってしまう。日本語の作文や記事の書き方はあまり勉強したことがないし、日本語は母国語ではないので、自分の意見や考えを日本語で自然に表現できない。「自然に」というより、「日本人のように」書くことが出来ない。
何が特に難しいかといえば、書く時に、書いている言語で考えるから、母国語ではない日本語で書けば、日本語で考えなければならない。日本に住んでいるし、日本語が使われている職場に毎日出勤するのに、英語の仕事が多くて、頭の中の「思考」はほとんど英語で聞こえる。母国語ではない言語を本当に流暢に話せる人は、その言語でよく考えていると言われる。だから、日本語が上達したいなら、もっと日本語で考える努力をしなければならない!ということ。
もう一つの難しいポイントは、スタイルのこと。スタイルというのは、もちろん国や文化背景、母国語と関係があるけど、書くことに関しては、その人の個性を表現することだと言えるだろう。だから、英語でも日本語でも、記事を書く時に、私は「アメリカ人らしく」というより、「エミリーらしく」書いていると言える。英語の記事なら、自分にとって楽な表現の仕方を使っているけど、日本語に訳す時は本当に苦労する。書いたものの流れ、英語の賢い決まり文句、微妙な冗談などは、日本語にどうやって訳したらいいか?といつも迷う。電子辞書をよく使うから、意訳を使い過ぎるかもしれない。意訳はある程度正しい意味は伝わるだろうけど、あまり自然ではないと思う。だから、頑張って日本語で考えて、日本語で書いてみれば、もうちょっと自然な日本語の文章が書けるかなと思った。
日本人ではないから、この記事が自然に書かれているかどうかはよく分からないけど、とにかくいい練習となった(頭がちょっと疲れているけど...)。書き終わったら、自分が書いた日本語を英語に訳すと、自然な英語になるのかな?(笑)

エミリー・ローゼンバーグ


How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/