Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.114 November/05/2011
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Annual bargain sale events called "Seimon-barai" will take place at various participating shopping arcades and department stores in the city in the middle of this month. Why not check them out?

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
今月中旬、博多の商店街では「せいもん払い」と言われるセールや様々なイベントが開催されます。一度のぞいてみてはいかがでしょうか?


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Changes in the Immigration Control Act
    2) Purple Hotline
    3) Cine-la "Legendary Japanese Actress Hideko Takamine"
    4) Kokusai Hiroba Information
    5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center

3. News from FUKU-NET Members

    1) Fukuoka YWCA Autumn Charity Bazaar
    2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    3) A Tour of Public Facilities in Fukuoka City

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Projects by "We love Tenjin Kyogikai"
    2) Bordeaux Soiree
    3) Tour de Fukuoka 2011 Participants Wanted!
    4) French-Japanese Institute of Kyushu Lectures in French

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    Onwards, Legion of Young Hawks!


1. News from The Fukuoka International Association

 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Nov. 17 (Thu.) 18:30 - 20:30
Place: Attaka Salon, Fukuoka International Association
Lecturer: Mr. Barassou DIAWARA (Kaolack, Senegal)
Graduate School of Economics, Department of Economic Systems, Kyushu University
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Changes in the Immigration Control Act
  A new system of residence management will be implemented from July 2012. Specifically, a residence card will be issued, the period of stay will be extended to a maximum of five years, a system of special re-entry permission will be introduced, and the alien registration system will be abolished.
Further information: http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/en/index.html

Inquiry: Immigration Information Center
Tel: 0570-013904、03-5796-7112 (Weekdays 8:30 - 17:15)

2) Purple Hotline
  "Purple Hotline" provides support for women and children faced with domestic violence, other types of abuse or problems in English, Chinese, Korean,Thai, Tagalog, and Spanish.

Date/Time: Mon. - Sat. 13:00 - 19:00 *Varies by language.
Tel: 0120-941-826 (toll-free)
Further information: http://nwsnet.or.jp/

Inquiry: All Japan Women's Shelter Network
Tel: 044-580-4675

3) Cine-la "Legendary Japanese Actress Hideko Takamine"
  Cine-la will show a collection of films featuring the legendary Japanese actress Hideko Takamine. No English Subtitles.

Duration: Through Nov. 24 (Thu.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S.student 400yen
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

4) Kokusai Hiroba Information
  <Kokusai Hiroba Cafe Vol. 6 "Lunch Time Abroad">
Presentation on lunch and lunch break customs in China, South Korea, and Australia. Advance application is required.

Date/Time: Nov. 27 (Sun.) 14:00 - 16:00
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Admission: Free (FIEF members), 300yen (Non-members)

<International Exchange Talent Recruitment>
Fukuoka International Exchange Foundation is recruiting talented foreign residents who are interested in international exchange activities.
Further information: http://www.kokusaihiroba.or.jp/e00top/volunte/jinzai/jinzai_2.htm

Inquiry: Fukuoka International Exchange Foundation Kokusai Hiroba
Tel: 092-725-9200

5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers job information, consultation, and support for international students who are seeking employment in Japan. Free of charge, registration is required (please bring your Alien Registration Card).

<Job-search Seminars for International Students>
Date/Time: Nov. 29 (Tue.) 16:00 - 18:00 * Reservation is required.

<Assistance for New Graduates>
Professional counselors will provide support for the employment of new university graduates and those who have graduated within the past three years.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/ (in Japanese)
Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Fukuoka YWCA Autumn Charity Bazaar
  Admission free and anybody is welcome! Purchase items and support their activity.

Date/Time: Nov. 6 (Sat.) 11:00 - 15:00
Place: Fukuoka YWCA (2-8-15, Maizuru, Chuo-ku, Fukuoka)
Further information: http://fukuoka.ywca.or.jp/activity_07.html (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251    Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

2) Free Monthly Film Viewing Event by the Fukuoka Italy-Japan Association
  "Cronaca Familiare" ('62, 115min.)
Date/Time: Nov. 25 (Fri.) 19:00
Place: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advance application is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) A Tour of Public Facilities in Fukuoka City
  A chance to visit some of the public facilities in Fukuoka City with English, Chinese and Korean speaking tour guides. Limit to 40 people for each language (first-come-first-served basis).

Date/Time: Dec. 1 (Thu.) 10:00 - 16:30 (Meeting at JR Hakata Station Chikushi Exit at 9:40)
Visiting places: Fukuoka City Citizens' Disaster Prevention Center, Rinkai 3R Station, Sea Water Desalination Project (Fukuoka District Waterworks Agency)
Fee: 4,000yen (Student 2,000yen, Member 3,000yen)

Further information: http://www.tsuyaku-guide.jp/ (in Japanese)
Inquiry:Kyushu Tsuyaku Guide
Tel: 092-433-0183 (Mon. - Fri. 10:00 - 16:00)    Email: kyushu@tsuyaku-guide.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Projects by "We love Tenjin Kyogikai"
  A community group "We love Tenjin Kyogikai" provides various projects to create a friendly, safe and confortable environment, as well as to stimulate the local economy.

<Autumn Tenjin Guides>
Volunteer guides in green-colored vest help tourists for directions free of charge.
Date/Time: Nov. 5, 6, 12, 13 Noon - 17:00
Place: Around Watanabe-dori Ave.

<Winter Rink Tenjin 2011>
The first artificial "Xtraice" skate rink in Western Japan will appear in central Tenjin, in conjunction with Fukuoka City presenting its bid for the ISU Grand Prix of Figure Skating Final next year.
Date/Time: Nov. 18 (Fri.) - Jan. 9 (Mon./holiday) Noon - 22:00 (Closed on Dec. 31 and Jan. 1)
Place: Kego Park
Fee: TBA

Inquiry: We love Tenjin Kyogikai
Tel: 092-718-7330

2) Bordeaux Soiree
  Enjoy the taste of Bordeaux wine. Information on the 30th anniversary celebration of the sister city relationship will also be provided. Limited to 250 people (first-come-first-served basis), so send your application today!

Date/Time: Nov. 8 (Tue.) 18:30 - 20:00
Place: ANA Crown Plaza Fukuoka
Fee: 3,500yen
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kokusaikeizai/shisei/bordeaux.html (in Japanese)

Inquiry: Bordeaux Soiree Executive Committee
Tel: 092-711-4829    Email: wine@city.fukuoka.lg.jp

3) Tour de Fukuoka 2011 Participants Wanted!
  This is the second time this international cycling sports event will be held. Let's fly through the streets of Fukuoka!

Date: Nov. 20 (Sun.)
Entry deadline: Nov. 9 (Wed.)
Further information: http://www.tourdefukuoka.com/index.php (in Japanese)

Inquiry: Tour de Fukuoka 2011
Tel: 080-5285-8037 (Mon. - Fri. 10:00 - 18:00)

4) French-Japanese Institute of Kyushu Lectures in French
  Consecutive interpretation in Japanese available. Free admission (reservation is required).

<"Messenger of Apocalypse" by Yannick Haenel>
Date/Time: Nov. 11 (Fri.) 19:00

<"Culture in war" by Frederic Martel>
Date/Time: Nov. 16 (Wed.) 19:00

Place: 5F Hall, French-Japanese Institute of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)

Further information: http://www.ifj-kyushu.org/jp/
Inquiry: French-Japanese Institute of Kyushu
Tel: 092-712-0904    Email: info@ifj-kyushu.org


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Onwards, Legion of Young Hawks!

Fukuoka City has much to be proud of-its rich history and culture, delicious local food, and the delightful combination of an urban landscape surrounded by nature. It is also the proud home of one of Japan's 12 professional baseball teams, the Fukuoka Softbank Hawks. This year the Hawks won the Pacific League title (they did last year too) and are currently battling to win first place in the Pacific League Climax Series. If they win, they will go on to play the winners of the Central League Climax Series in what is known as the Japan Series.
I remember the first time I went to a baseball game in Japan, just a few weeks after arriving here in Fukuoka. Even though the game of baseball was no different from what I knew from back home, there were countless fascinating differences between the American and Japanese baseball-going experiences. For one thing, I had never been to an indoor stadium (it was even comfortably air-conditioned), as most baseballs stadiums in the U.S. are open-air. When the Hawks later won the game, I wasn't surprised to hear that there would be celebratory fireworks, but I was VERY surprised when they were "dropped" from the dome roof!
The atmosphere and the crowd's active participation was the single newest thing for me. In the U.S., we sit and cheer for our respective teams, drink beer and eat hotdogs, and sing "Take Me Out to the Ball Game" during the 7th inning stretch, when we really do stand up and stretch. In Japan, from the moment you walk into the stadium, there is a palpable buzz of excitement running through the home crowd. Nearly everyone is decked out in some sort of team gear, and nearly everyone has a set of plastic batons to bang together in unison to the team cheers. This is baseball in Japan! Except for pop/rock concerts, I'd never seen so many people singing, cheering, and banging their noisemakers at once! Fukuoka is no exception. When the Hawks are up to bat, the noise from the home cheering section is nearly deafening. But it's so fun to join in with everyone and sing the fight song "Izayuke Wakataka Gundan" ("Onwards, Legion of Young Hawks") while the banners wave, before the bottom of the 7th inning, known in Japan as "Lucky 7". I've heard that the Hawks have the highest average attendance of any of Japan's professional teams, and I believe it. I've been to a baseball game that started at 6pm on a Tuesday evening that by 7:30pm was literally full of enthusiastic Hawks fans who had come to support their home team after a hard day at work.
I use the word "home team" to describe the Hawks, but this is in fact one of the most obvious differences between baseball in the U.S. and in Japan. Most major U.S. cities have local professional baseball teams, such as the New York Yankees, the Seattle Mariners, or Cleveland Indians (Go Tribe!). In Japan, baseball teams are own by private companies, such as Softbank in the case of the Hawks (the team is based in Fukuoka, although the company itself is based in Tokyo), the Hanshin Tigers (Hanshin is a Kansai railway company, with its team based in Kobe), and the Nippon Ham Fighters (owned by none other than, yes, a meat company, which is based in Osaka, although the team is based in Sapporo).
As confusing as this all is, the team's full name is still the "Fukuoka Softbank Hawks", so let's support them this season! Go Hawks!

Emily Rosenberg


Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 福岡韓国語弁論大会開催
  2) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 入管法が変わります
  2) パープル・ホットライン
  3) シネラ「映画女優・高峰秀子」
  4) 海外留学説明会
  5) 文楽いろはレクチャー
  6) こくさいひろば情報
  7) 中国語弁論大会開催
  8) 福岡学生職業センター
  9) ハビタットひろば第5回「福岡の環境技術をアジアへ」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡YWCA秋のバザー
  2) APCCミッションプロジェクト2012団員・引率者募集
  3) 第335回国連講演会
  4) NGOカレッジ
  5) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  6) 太宰府市国際交流協会世界料理教室(ドイツ)
  7) タイスタディツアー参加者募集
  8) 外国語で巡る福岡市内施設見学ツアー

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 第21回ボルドーワインの夕べ
  2) ツール・ド・フクオカ2011参加者募集
  3) 日仏学館講演会
  4) 外尾悦郎講演会「三千年紀を如何に生きるか」〜ガウディに学ぶ〜
  5) 福岡EU協会ミニ講演会「EUのミューズとお茶を」

5. エミリーの那珂川ノート

  いざゆけ、若鷹軍団!


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 福岡韓国語弁論大会開催
   福岡都市圏の韓国語学習者17名による自由なテーマの韓国語による弁論大会です。来場者の方に景品が当たる抽選会も行います。参加費無料。

日時:11/13(日)14:00〜17:00
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)1階ホール(福岡市中央区荒戸3-3-39)

問合せ:福岡県日韓親善協会
Tel: 092-471-0904

2) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:11/17(木)18:30〜20:30
場所:あったかサロン
語り手:ジャワラ・バラスさん(セネガル・カオラク出身)
九州大学大学院経済学府経済システム専攻

詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 入管法が変わります
  「在留カード」が交付される、在留期間が最長になる、みなし再入国許可制度が導入される、外国人登録制度が廃止されるなどの新たな在留管理制度が2012年7月スタートします。
詳細はこちら:http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

問合せ:外国人在留総合インフォメーションセンター
Tel: 0570-013904、03-5796-7112(平日8:30〜17:15)

2) パープル・ホットライン
  災害や性暴力など、おもわぬ困難や被害に直面した女性が、いつでも、どこからでも、無料でかけられるフリーダイヤルです。英語・中国語・韓国語・タイ語・タガログ語・スペイン語でも相談を受けています。

受付時間:月〜土 13:00〜19:00 ※多言語ラインの受付は言語により異なる
Tel: 0120-941-826 (通話料無料)
詳細はこちら:http://nwsnet.or.jp/

問合せ:全国女性シェルターネット
Tel: 044-580-4675

3) シネラ「映画女優・高峰秀子」
  昨年12月に亡くなった日本映画史に残る大女優・高峰秀子の特集。

期間:〜11/24(木)
観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円

詳細はこちら:http://www.cinela.com/
問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) 海外留学説明会
  こくさいひろばで開催される留学に関する説明会です。要事前申込。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/

<英国留学セミナー(ブリティッシュ・カウンシル)>
英国留学にご興味がある方はもちろん、漠然と留学を考えている方にとっても、役立つ情報を集めるよい機会です。
日時:11/12(土)10:00〜12:30
問合せ:educationuk@britishcouncil.or.jp

<アメリカ留学相談会(フルブライトジャパン)>
日時:11/12(土)13:30〜17:30
詳細はこちら:http://www.fulbright.jp/study/event/sodan.html

5) 文楽いろはレクチャー
  ユネスコ世界無形遺産にも登録された、日本が世界に誇る伝統芸術「文楽」についてわかりやすく解説。実演や体験コーナーもあります。

日時:11/21(月)14:00、19:00
会場:アクロス福岡1F円形ホール
料金:一般1,000円、小学生以上18歳以下500円

詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/
問合せ:(財)福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6266

6) こくさいひろば情報
  <こくさいひろばカフェ Vol. 6 「 外国のお昼」>
中国、韓国とオーストラリアの昼食や昼休みについて紹介します。要事前申込。

日時:11/27(日)14:00〜16:00
場所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
参加費:無料(賛助会員)、300円(一般)

<国際交流人材の募集>
福岡県国際交流センターでは、様々な特技・能力をもつ福岡県内の外国人の皆さんで、国際交流活動に興味のある方を募集しています。
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/j00top/volunteer/kokusaikouryuujinzai/jinzai_2.htm

問合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

7) 中国語弁論大会開催
福岡都市圏の大学学部及び短期大学・専門学校に在籍する日本人学生が中国語での弁論に挑戦します。どうぞ聴きに来てください。

日時:11/27(日)14:00〜17:00
会場:福岡アジア美術館あじびホール

問合せ:福岡市姉妹都市委員会(福岡市国際部内)
Tel: 092-711-4023  Email: kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp

8) 福岡学生職業センター
福岡学生職業センターは、日本で就職を希望する留学生に就職情報の提供や就職相談・支援を行っています。利用料無料、要登録(外国人登録証明書をご持参ください)。

<留学生就職ガイダンス>
日時:11/29(火)16:00〜18:00 要予約

<新卒応援ハローワーク>
新卒の方と卒業後3年以内の既卒者を対象に、専門の大卒就職ジョブサポーターによる就職支援を行います。

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556

9) ハビタットひろば第5回「福岡の環境技術をアジアへ」
国連ハビタット福岡本部の星野本部長補佐官が、2009年から開催している国際環境技術専門家会議の概要と実績について語ります。定員50名程度。入場無料、要事前申込。

日時:12/1(木)18:30〜19:30
場所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/info/event/2011/jp-0007.html

<同時開催「福岡の技術パイロット事業写真展」>
期間:11/28(月)〜12/1(木)
場所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」

問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1)  福岡YWCA秋のバザー
  入場無料。どなたでもお越しください。お買い物が活動のサポートになります。

日時:11/6(土)11:00〜15:00
場所:福岡YWCA(福岡市中央区舞鶴2-8-15)
詳細はこちら:http://fukuoka.ywca.or.jp/activity_07.html

問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251  Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

2) APCCミッション・プロジェクト2012団員・引率者募集
  <引率者>
応募締切:11/15(火)18:00 事務局必着

<団員>
説明会:11/27(月)10:30〜 あいれふ8F 研修室A(福岡市中央区舞鶴2-5-1)
応募締切:12/2(金)18:00 事務局必着

詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/
問合せ:アジア太平洋子ども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) 第335回国連講演会
  「リビア情勢からみる内戦の平和的解決の可能性」というテーマで開催します。参加無料、要事前申込(定員150名、先着順)。

日時:11/17(木)13:30〜15:00
場所:西南学院大学
講演者:外務省中東アフリカ局中東第一課 上席専門官 久保 雄嗣 氏
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/events/evt30059.html

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115

4) NGOカレッジ
  NGO活動について知ってもらう講座です。国際協力に興味のある方ならどなたでも参加できます。(全3回、第3回の日時・場所は12月中で現在調整中です)

日時・場所:11/19(土)14:00〜17:00 アーバンオフィス天神(福岡市中央区天神1-3-38)
       11/23(水・祝)14:00〜17:00 九州大学西新プラザ大会議室A(福岡市早良区西新2-16-23)
定員:各50名(先着順、空きがある場合のみ当日参加も可能)
受講料:1回 一般1,500円、FUNN会員・学生1,000円
      全回 一般3,600円、FUNN会員・学生2,400円

詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/
問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel/Fax: 092-405-9870 (祝日を除く火〜土 13:00〜18:00)  Email: funn@mbk.nifty.com

5) 福岡日伊協会無料映画鑑賞会
  「家族日誌」('62、115分)
日時:11/25(金)19:00
会場:あじびホール
先着120名(直接会場へお越しください)

詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html
問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

6) 太宰府市国際交流協会世界料理教室(ドイツ)
  ピッフェルシュタイン風なべを作って試食します。煮込み時間には講師からドイツのお話もあります。定員25名(申込多数の場合は抽選)。

日時:11/26(土)11:00〜14:30
場所:いきいき情報センター 調理実習室(福岡県太宰府市五条3-1-1)
講師:ミヒャエラ・マンケさん(西南学院大学国際文化学部教授)
参加費:一般500円、フレンズベル倶楽部会員300円、高校生以下無料
申込締切:11/16(水)必着

詳細はこちら:
http://www.city.dazaifu.fukuoka.jp/kankou/kokusaikouryuu/kokusaikouryukyoukai/zaidanhojindazaifushikokusaikoryukyokai_top.html
問合せ:太宰府市国際交流協会
Tel: 092-918-5391

7) タイスタディツアー参加者募集
  2012年1月で20年を迎える「くるんて〜ぷの会」の活動の軌跡を辿るスタディツアー。

日時:2012/1/13(金)〜21(土)
費用:18万円予定
定員:10名(先着順)
申込締切:11/30(水)

問合せ:くるんて〜ぷの会代表 原田君子
Tel/Fax: 092-586-4650  Email: kurun19921@gmail.com

8) 外国語で巡る福岡市内施設見学ツアー
  英語・中国語・韓国語の言語別でバスに乗車し、私たちの生活に関連のある福岡市内の施設を各言語でご案内します。定員各言語40名(先着順)。

日時:12/1(木)10:00〜16:30(9:40 博多駅筑紫口集合)
訪問地:福岡市民防災センター、臨海3Rステーション、海水淡水化センター
参加費:学生2,000円、会員3,000円、一般4,000円

詳細はこちら:http://www.tsuyaku-guide.jp/
問合せ:九州通訳・ガイド協会
Tel: 092-433-0183(月〜金 10:00〜16:00)  Email: kyushu@tsuyaku-guide.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 第21回ボルドーワインの夕べ
  ワインの試飲、姉妹都市締結30周年記念事業のお知らせなどがあります。定員250名(先着順)。

日時:11/8(火)18:30〜20:00
場所:ANAクラウンプラザホテル福岡
参加費:3,500円
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kokusaikeizai/shisei/bordeaux.html

問合せ:ボルドーワインの夕べ実行委員会
Tel: 092-711-4829  Email: wine@city.fukuoka.lg.jp

2) ツール・ド・フクオカ2011参加者募集
  自転車で福岡の街を駆け抜ける、今年で2回目の市民参加型スポーツイベント。

日時:11/20(日)
申込期限:11/9(水)
詳細はこちら:http://www.tourdefukuoka.com/index.php

問合せ:ツール・ド・フクオカ2011事務局
Tel: 080-5285-8037(月〜金 10:00〜18:00)

3) 日仏学館講演会
  フランス語・日本語逐次通訳付き、入場無料(要予約)。

<ヤニック・エネル「大惨事を伝える人」>
日時:11/11(金)19:00

<フレデリック・マルテル「文化は戦いの中に」
日時:11/16(水)19:00

場所:九州日仏学館5階多目的ホール(福岡市中央区大名2-12-6)

詳細はこちら:http://www.ifj-kyushu.org/jp/
問合せ:日仏学館
Tel: 092-712-0904  Email: info@ifj-kyushu.org

4) 外尾悦郎講演会「三千年紀を如何に生きるか」〜ガウディに学ぶ〜
  バルセロナ、ガウディ、サグラダ・ファミリア、そして・・・日本とスペインとの文化交流の促進の功績により2008年度外務大臣表彰を受賞した福岡出身の彫刻家、外尾悦郎が語る「永遠の浪漫」。

日時:11/15(火)19:00
場所:アクロス福岡シンフォニーホール
入場料:3,000円(全席自由)

問合せ:福岡・文化振興会
Tel: 092-738-0088(月〜金 10:00〜17:00)

5) 福岡EU協会ミニ講演会「EUのミューズとお茶を」 
  イギリスやドイツ、スペイン等EU各国の女優と映画についてのお話を、EUにちなんだお菓子を片手に楽しみませんか?

日時:11/26(土)14:00〜16:00
場所:西鉄グランドホテル「真珠の間」(福岡市中央区大名2-6-60)
参加費:一般1,000円、福岡EU協会会員無料
申込締切:11/18(金)

問合せ:福岡EU協会事務局(福岡県国際交流センター内)
Tel: 092-725-9200  Email: fukuoka-eu@kokusaihiroba.or.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
いざゆけ、若鷹軍団!

福岡には誇りに思えることがいっぱいある。例えば、地域の豊かな歴史や文化、美味しい地元の料理、そして自然に囲まれている都市景観の素晴らしい組み合わせなど。「福岡ソフトバンクホークス」というプロ野球チームもある。今年、昨年に続きパ・リーグを制して、今ちょうどパ・リーグのクライマックスシリーズ優勝を争っているホークス。クライマックスシリーズで優勝したら、日本シリーズでセ・リーグのクライマックスシリーズ優勝チームに立ち向かう。
福岡に来て数週間後、初めて行った日本での野球の試合をよく覚えている。もちろんルールなどはアメリカの野球と同じだけど、アメリカと日本の野球には面白い違いがいくつもある。まず、屋内スタジアムは初めてだった(エアコンもちゃんとついていた)。アメリカの野球場はほとんど野外だから。その日ホークスが勝ったから、勝利の花火が上がることを聞いて、当然のことだなと思ったけど、ドームの屋根から「落ちてきた」花火にすごく驚いた!
私にとって一番新鮮だったのは、試合の雰囲気と観客がゲームに積極的に参加していることだった。アメリカでは、座って自分のチームを応援したり、ビールを飲んだり、ホットドッグを食べたり、7回裏の前に「Take Me Out to the Ball Game」という歌を歌ったりする(ちなみに、7回の表と裏の間は「セブンス・イニング・ストレッチ」といって、みんなが立って腕や脚を本当にストレッチする)。日本では、スタジアムに入った途端、ホーム側の熱気が体まで感じられる。ほとんどの観客はチームウェアを着て、チームソングを歌いながら全員が合わせて叩くプラスチックメガホンを持つ。これが日本のプロ野球ダ!ポップ・ロック音楽のコンサート以外で、一斉に歌ったり、応援したり、メガホンを叩いたりする大勢の人を、初めて見た!福岡も例外じゃない。ホークス選手が打席に向かうと、応援団から耳をつんざくような大歓声が上がる。日本で「ラッキーセブン」と言われる7回裏の前に、ホークスの旗が振られ、みんなと一緒に「いざゆけ 若鷹軍団」というチームソングを歌うのはとても楽しい。日本のプロ野球チームの中で、観客の動員数が一番多いのはホークスだと聞いたことがある。これは、信じられることだよ。火曜日の18時開始の試合に行った時、19時半までには、仕事の後で地元チームを熱心に応援しに来たファンでドームは満席だった。
「地元チーム」というけど、これはアメリカと日本のプロ野球の最も明らかな違いだ。アメリカの多くの主要都市には地元のプロ野球チームがある。例えば、ニューヨーク・ヤンキーズ、シアトル・マリナーズ、クリーブランド・インディアンズ(ファイト、インディアンズ!)。日本では、プロ野球チームは民間企業のものだ。例えば、ホークスは本社は東京にあるソフトバンク株式会社、阪神タイガーズは阪神電気鉄道株式会社、北海道日本ハムファイターズは確かに、日本ハムというお肉の会社に所有されている。
これを読んだら混乱するかもしれないけど、とにかく、ホークスは「福岡」ソフトバンクホークスと言われているから、今月いっぱい応援しよう!ホークス、ファイティング!

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/