Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.116 January/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities.
Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Happy New Year! Wishing all our readers a prosperous Year of the Dragon!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
新年あけましておめでとうございます。2012年が皆さんにとって実り多きものとなりますように。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Notice on Wednesday Free Health Consultations
    2) Positions Available
    3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Changes in the Immigration Control Act
    2) Cine-la Information
    3) Kyudai AQA Project "fragile reality"
    4) Fukuoka Motor Show 2012
    5) Mochi-pounding Event
    6) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
    7) Guest Teachers Wanted
    8) HABITAT Hiroba Vol. 6 "Activities in Mongolia"

3. News from FUKU-NET Members

    1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    2) Cambodia Mines-remove Campain Photo Exhibition

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Keichiku Kagura Performance in Hakata
    2) Online French Film Festival

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    A Year


1. News from The Fukuoka International Association

 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Notice on Wednesday Free Health Consultations
  Health consultations on January 11th, 18th and February 8th are cancelled due to Dr. Nishiyama's absence. We apologize for any inconvenience.

2) Positions Available
  The Fukuoka International Association (FIA) is now calling for applications for the following three positions. Both English and Japanese abilities are requirements for application. Please visit our website for more details on how to apply.

Positions and Duties
Coordinator for International Cooperation and Exchange (English-one position): Assigned to Rainbow Plaza, editing and publication of Newsletters and other publications, duties related to international exchange and foreigner support service, etc.
International Exchange Consultant (English-two positions): Assigned to Rainbow Plaza, providing consultation and information services in English and Japanese, managing of information and materials, etc.

An application guide and form are available at FIA, Rainbow Plaza, Fukuoka City Ward Offices, Fukuoka Information Plaza, or can be downloaded from the FIA website.
Deadline: Applications must be postmarked by Jan. 16 (Mon.) (However, applications from overseas must be received by this date)

3) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jan. 19 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Ms. Mathilde DUBOIS (Reims, France)
Japanese Language and Culture course, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Changes in the Immigration Control Act
  A new system of residence management will be implemented from July 2012. Specifically, a residence card will be issued, the period of stay will be extended to a maximum of five years, a system of special re-entry permission will be introduced, and the alien registration system will be abolished.
Further information: http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/en/index.html

Inquiry: Immigration Information Center
Tel: 0570-013904, 03-5796-7112 (Weekdays 8:30 - 17:15)

2) Cine-la Information
  <PFF Scholarship Winners>
The Pia Film Festival is Japan's largest competition based independent film festival. A collection of films which were awarded the "Pia Film Festival Scholarship" will be presented.
Duration: Jan. 5 (Thu.) - 15 (Sun.)
No English subtitles

<Film Director Ahmad Yasmin>
Cine-la will show a collection of films of the late Malaysian film director, Ahmad Yasmin.
Duration: Jan. 18 (Wed.) - 27 (Fri.)
SOME films come with English subtitles

Admission: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S.student 400yen
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

3) Kyudai AQA Project "fragile reality"
  This is an exhibition of Taiwanese and Japanese Contemporary Art organized by AQA Project Kyushu University Students.

Duration: Through Jan. 29 (Sun.) Closed on Jan. 1
Time: 10:30 - 19:30
Venue: Gallery Artlier (B2F Hakata Riverain)
Further information: http://aqa.aikotoba.jp/

Inquiry: AQA Project
Tel: 092-642-2373

4) Fukuoka Motor Show 2012
  As it is held in the city located most closest to Asia, the state of the automobile industories in China and India will also be introduced.

Date/Time: Jan. 27 (Fri.) - 30 (Mon.) 9:30 - 18:00 (until 17:00 on the 30th)
Venue: Marine Messe Fukuoka, Fukuoka Kokusai Center, Fukuoka International Congress Center
Ticket: Adult1,300yen, H.S. student 800yen, J.H.S.student & under free
Further information: http://www.fukuoka-motorshow.jp/

Inquiry: Fukuoka Motor Show Main Office
Tel: 092-711-5583

5) Mochi-pounding Event
  This is an annual mochi-pounding event to celebrate a Chinese New Year. The first 100 people will be served hot, fresh rice-cakes. Free admission to the Exhibition Hall on the day (10:00 - 18:00, entry until 17:30).

Date/Time: Jan. 29 (Sun.) 12:00 - 14:00
Venue: Hakata Machiya Folk Museum (6-10 Reisen-machi, Hakata-ku, Fukuoka)

Inquiry: Hakata Machiya Folk Museum
Tel: 092-281-7761

6) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers job information, consultation, and supports for international students who are seeking employment in Japan. Free of charge, registration is required (please bring your Alien Registration Card).

Internship Program for International Students
Seeking companies and students who are interested in participating in the “Spring Internship Program for International Students” during February and March.

Job-search Seminars for International Students
Date/Time: Jan. 31 (Tue.) 16:00 - 18:00 * Reservation is required.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/ (in Japanese)
Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556

7) Guest Teachers Wanted
  FIEF's "Interactive International Understanding" program aims to deepen international awareness among elementary, junior and senior high school students in Fukuoka Prefecture, and is calling for foreign residents to be guest teachers.

Eligibility: Potential teachers must reside in Fukuoka Prefecture, have a working visa or working permit, be able to speak Japanese to some extent, etc.

Inquiry: Fukuoka International Exchange Foundation
Tel: 092-725-9200

8) HABITAT Hiroba Vol. 6 "Activities in Mongolia"
  UN-HABITAT Human Settlements Officer Mr. Bruno Dercon will introduce their activities in Mongolia. Free admission, advanced reservation is required.

Date/Time: Feb. 1 (Wed.) 18:30 - 19:30
Venue: Kokusai Hiroba (3F ACROS Fukuoka)
Further information: http://www.fukuoka.unhabitat.org/
* Please note that the lecturer and theme are subject to change due to emergency overseas assignments.

Inquiry: UN-HABITAT Fukuoka Office
Tel: 092-724-7121


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Fratello Sole, Sorella Luna" ('72, 121min.)
Date/Time: Jan. 17 (Tue.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advanced reservation is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

2) Cambodia Mines-remove Campain Photo Exhibition
  Entitled "Mom, please bring my leg", this exhibition will show how land mines leave traces on people's lives. Volunteer staff are also wanted for the event.

Date/Time: Jan.24 (Tue.) - 30 (Mon.) 10:00 - 20:00 (until 18:00 on 28th & 29th)
Venue: Promise Co., Ltd. Tenjin Customer Service Plaza (Next to Fukuoka Parco)
Further information: http://cmc-net.jp/

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campain
Tel: 092-833-7676


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Keichiku Kagura Performance in Hakata
  A Shinto theatrical dance known as "Kagura" is well-preserved in the Keichiku area (Northeast part of Fukuoka Prefecture). Free admission.

Date/Time: Jan. 7 (Sat.) 16:00 - 18:00
Venue: JR Kyushu Hall (9F, JRHakata City)

Inquiry: Regional Promotion Division, Fukuoka Prefecture.
Tel: 092-643-3178

2) Online French Film Festival
  Introducing the online film festival provided by Unifrance, which is promoting French films worldwide. Join in at anytime, from anywhere!

Duration: Jan. 12 (Thu.) - Feb. 1 (Wed.)
Further information: http://www.myfrenchfilmfestival.com/en/


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
A Year

Although this is my third winter in Fukuoka, I hadn't paid much attention to the "Kanji of the Year" until the recent announcement in December. In fact, I didn't even know what kanji (Chinese character) had been chosen for the past two years I've lived here. But when I learned that the kanji selected for 2011 was 絆 "kizuna", meaning "bond/connection", I wanted to look further into this custom.
The "Kanji of the Year" is a single Chinese character selected by the Japanese Kanji Proficiency Society each year through a national ballot. The character is chosen because its meaning embodies the events that took place and the social and political climates in both Japan and the world over the course of the previous year. The "Kanji of the Year" announcement is made on December 12th, known as "Kanji Day", when the character is written in an enormous calligraphic hand by a monk at Kiyomizudera in Kyoto. Seeing pictures of this, I thought that perhaps the selection of a "Kanji of the Year" had been a long-standing tradition, but upon doing a bit of research I discovered that it is quite the opposite.
The "Kanji of the Year" tradition was begun in 1995, the year of the Great Hanshin Earthquake that destroyed vast parts of the metropolis of Kobe. In the same year, the sarin gas domestic terrorist attack on the Tokyo subway took place. Following these two shocking events, the first "Kanji of the Year" was selected-震 "shin", which means "quake/to tremble".
In some of the years since this custom started, the "Kanji of the Year" reflected the major disasters or tragedies that had taken place, either at home or abroad. This includes 戦 ("sen", meaning "war") in 2001 to mark the September 11th attack and the US initiation of a war in Afghanistan and 偽 ("nise" meaning "falsehood/counterfeit") in 2007 to mark the food product scandals and issues with pension records that took place in Japan during that year.
However, not all "Kanji of the Year" have had negative meanings. 2005's kanji was 愛 ("ai" meaning "love") to mark the Expo 2005 held in Aichi Prefecture, and the marriage of Princess Nori, formerly of the Imperial Family. In the following year, 2006, problems of drunk driving and suicide from bullying were contrasted with the joyful birth of Prince Hisahito, third in line to the Japanese Imperial Throne, and the kanji selected for that year was 命 ("inochi" meaning "life").
2011 was a year of great change and upheaval not only in Japan, but throughout the world. How do you choose one character to represent such a year? With the major earthquake disasters in New Zealand and Japan, political upheaval in many countries including Egypt and Libya, riots in the UK and the "Occupy Wall Street" movement, among countless other momentous occurrences, what one word or idea could possibly encompass it all?
The choice of "kizuna" for the 2011 "Kanji of the Year" was somewhat surprising, but also heartening, considering everything that has happened. While the character "shin" that was the very first "Kanji of the Year" no doubt is also applicable to 2011, "kizuna" reflects the great coming together of countless people in light of the disaster and unrest of the past year. So much was lost or broken, but through the bonds forged between people, much was also changed and rebuilt. I find this an encouraging note on which to start the new year.
What will 2012 bring? In December, a new character will be selected to embody the year's events, but we can still uphold the spirit of "kizuna" from 2011 into 2012, the Year of the Dragon. I hope you spent a lovely New Year's with your loved ones. Best of health to you all in 2012!

Emily Rosenberg




Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  2) 嘱託職員募集
  3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 入管法が変わります
  2) シネラ情報
  3) 「台湾/日本―いま ここに在るということ」
  4) こくさいひろば情報
  5) 福岡モーターショー2012開催
  6) 博多の餅つき
  7) 福岡学生職業センター
  8) ハビタットひろば第6回「モンゴルでの活動」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  2) APCCボランティア登録説明会
  3) カンボジア地雷撤去キャンペーン写真展
  4) 第336回国連講演会

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 京筑神楽博多公演
  2) オンラインフランス映画祭
  3) 海外短期ボランティア説明会
  4) ミャンマースタディツアー参加者募集
  5) カンボジア遊学生第4期生募集
  6) 医療通訳ボランティア募集
  7) 「チェルノブイリ・ハート」上映会・トークショーinわじろ
  8) 平成24年度地球環境基金助成金のご案内

5. エミリーの那珂川ノート

  一年


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

 特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
 福岡よかトピア国際交流財団
 〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
 Tel:092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  毎週水曜日に開催している健康相談は、1月11日、18日、2月8日は医師不在のためお休みです。

2) 嘱託職員募集
  福岡よかトピア国際交流財団では嘱託職員3名を募集します。英語能力、日本語能力などの受験資格があります。詳細はウェブサイトまたは募集案内をご覧ください。

募集区分:
国際交流専門員・英語 1名(レインボープラザにおいて、情報紙等の編集・発行、その他国際交流・外国人支援などの業務に従事します。)
国際交流相談員・英語 2名(レインボープラザにおいて、英語・日本語による相談・情報提供サービス、情報・資料の整理及び作成などの業務に従事します。)
募集案内/申込書の配布:福岡よかトピア国際交流財団、レインボープラザ、各区市民相談室、情報プラザなど。ウェブサイトからもダウンロードできます。
申込締切:1/16(月)当日消印有効(ただし海外からの応募の場合は必着)

3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:1/20(木)18:30〜20:30
語り手:デュボワ・マチルダさん(フランス・ランス出身)
九州大学日本語日本文化研究コース
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 入管法が変わります
  「在留カード」が交付される、在留期間が最長になる、みなし再入国許可制度が導入される、外国人登録制度が廃止されるなどの新たな在留管理制度が2012年7月スタートします。
詳細はこちら:http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

問合せ:外国人在留総合インフォメーションセンター
Tel: 0570-013904、03-5796-7112(平日8:30〜17:15)

2) シネラ情報
  <PFFスカラシップ特集>
自主製作映画のコンペティションである「ぴあフィルムフェスティバル」から羽ばたいた監督の作品を上映。
期間:1/5(木)〜15(日)

<ヤスミン・アフマド監督特集>
2009年に急逝したマレーシア映画の巨匠ヤスミン・アフマド監督の作品を特集。
期間:1/18(水)〜27(金)

観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) 「台湾/日本―いま ここに在るということ」
  九大生AQAプロジェクトによる現代美術展。観覧料無料。

期間:1/29(日)まで(1/1 休館)
時間:10:30〜19:30(12/31 〜18:00)
場所:ギャラリーアートリエ(博多リバレインB2F 福岡市博多区下川端3-1)
詳細はこちら:http://aqa.aikotoba.jp/

問合せ:AQAプロジェクト
Tel: 092-642-2373

4) こくさいひろば情報
  <留学体験談ひろば>
韓国と中国に留学した経験者の生の声が聞けます。参加無料・要申込。

日時:1/21(土)14:00〜16:00
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)

<こくさいひろばカフェ Vol. 7 「テレビを語ろう」>
中国、韓国とオーストラリアのテレビ文化について紹介します。要事前申込。

日時:1/29(日)14:00〜16:00
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)
参加費:無料(賛助会員)、\300(一般)

<平成24年度国際化推進活動助成金対象事業募集>
福岡県内に活動基盤をもつ非営利団体が、平成24年4月〜平成25年3月に福岡県内で開催する国際協力・多文化交流などの活動に要する経費の一部を助成します。

申請締切(第1期):1/31(火)
※提出は持参のみ。申請内容について面談を行うため、要事前予約。
助成金額:助成対象経費合計の1/2以内の額(1件あたりの上限30万円)

<国際交流宅急便講師募集>
福岡県内の小・中・高等学校などでの国際理解教育にご協力いただける日本人講師を募集しています。

講師資格:海外における国際協力やボランティア活動の経験がある方、長期海外滞在経験がある方、国際協力・国際交流に関わる仕事に携わっている方 など

問合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

5) 福岡モーターショー2012開催
  アジアに最も近い都市・福岡として、中国やインドの自動車産業の現状なども紹介します。

日時:1/27(金)〜30(月)9:30〜18:00(30日は〜17:00)
場所:マリンメッセ福岡、福岡国際センター、福岡国際会議場
チケット:一般1,300円 高校生800円、中学生以下無料
詳細はこちら:http://www.fukuoka-motorshow.jp/

問合せ:福岡モーターショー事務局
Tel: 092-711-5583

6) 博多の餅つき
  旧正月を祝う恒例行事の餅つきが行われ、つきたてのお餅が先着100人にふるまわれます。また、当日は展示棟が無料開放されます。(10:00〜18:00、入館は17:30まで)。

日時:1/29(日)12:00〜14:00
場所:「博多町屋」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町6-10)

問合せ:「博多町屋」ふるさと館
Tel: 092-281-7761

7) 福岡学生職業センター
  福岡学生職業センターは、日本で就職を希望する留学生に就職情報の提供や就職相談・支援を行っています。利用料無料、要登録(外国人登録証明書をご持参ください)。

<春季留学生インターンシップ>
2〜3月の間に実施する春季留学生インターンシップの受入企業と参加学生を募集しています。

<留学生就職ガイダンス>
日時:1/31(火)16:00〜18:00 要予約

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556

8) ハビタットひろば第6回「モンゴルでの活動」
  ブルーノ・デルコン(国連ハビタット人間居住専門官)が国連ハビタットのモンゴルでの活動を紹介します。入場無料、要事前申込。

日時:2/1(水)18:30〜19:30
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/
※緊急の海外出張等により、講師およびテーマが変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「ブラザー・サン シスター・ムーン」('72、121分)
日時:1/17(火)19:00
場所:あじびホール
先着120名(直接会場にお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

2) APCCボランティア登録説明会
  年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。

日時・場所:1/13(金)18:30 APCC事務局
        2/2(木)18:30 福岡市役所北別館
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/j/

問合せ:アジア太平洋子ども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) カンボジア地雷撤去キャンペーン写真展
  「お母さん、ぼくの足をとってきて」と題し、悪魔の兵器地雷被害の実態を伝えます。ボランティアの参加も募集しています。

日時:1/24(火)〜30(月)10:00〜20:00(28、29日は18:00まで)
場所:パルコ1階横 プロミス(株)天神お客様サービスプラザ
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン事務局
Tel: 092-833-7676

4) 第336回国連講演会
  「国連における人間の安全保障」というテーマ(予定)で開催します。参加無料、要事前申込。

日時:1/24(火)16:00〜17:30
場所:ホテルセントラーザ博多3F(福岡市博多区博多駅中央街4-23)
講師:前国連大使 高須 幸雄 氏
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: UNAJ-fukuoka@nifty.com


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 京筑神楽博多公演
  福岡県の東北部に位置する京筑地域では、神に奉納する歌舞「神楽」が広く受け継がれてきました。観覧無料。

日時:1/7(土)16:00〜18:00
場所:JR九州ホール(JR博多シティ9階)

問合せ:京筑連帯アメニティ都市圏推進会議(福岡県広域地域振興課内)
Tel: 092-643-3178

2) オンラインフランス映画祭
  フランス映画のプロモーション活動を展開しているユニフランス・フィルムズによるオンライン映画祭です。いつでもどこからでもご参加ください!

期間:1/12(木)〜2/1(水)
詳細はこちら:http://www.myfrenchfilmfestival.com/ja/

3) 海外短期ボランティア説明会
  アメリカに本部を置く国際交流団体CIEEが海外でのボランティアプログラム説明会を開催します。無料、予約不要。

日時:1/14(土)17:30〜19:00
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)
詳細はこちら:http://www.cieej.or.jp/

問合せ:国際教育交換協議会(CIEE) 九州オフィス
Tel: 092-736-6742(月〜金 9:30〜17:30)

4) ミャンマースタディツアー参加者募集
  ミャンマーの小学校で子どもたちと交流し、村の小学校建設プロジェクトを立案します。定員12名程度(最少催行人数7名)。

期間:3/7(水)〜16(金)
申込締切:1/16(月)
行先:ミャンマー連邦南シャン州タウンジー県
参加費:172,000円(福岡発着) 学生166,000円 ※福岡以外の発着もご相談ください
対象:高校生以上
詳細はこちら:http://tpa.nk-i.net/

問合せ:地球市民の会 担当:藤瀬
Tel: 0952-24-3334  Email: fujise@tpa.nk-i.net

5) カンボジア遊学生第4期生募集
  若い世代を対象にしたカンボジアへの短期留学。留学期間は最長30日。派遣人数5名程度。

応募資格:九州・沖縄在住の大学生または社会人(2012年3月末時点で29歳以下)
留学期間:2月上旬〜4月上旬(予定)
応募方法:在福岡カンボジア王国名誉領事館公式サイトの応募シートに入力の上送信
締切:1/20(金)17:00
詳細はこちら:http://www.fukuoka-cambodia.jp/

問合せ:在福岡カンボジア王国名誉領事館
Tel: 092-717-1255

6) 医療通訳ボランティア募集
  外国からの患者さんが福岡県内の医療機関で診察や治療等をする際に通訳するボランティアを募集します。定員(30名)に達した場合は先着順。

募集言語:中国語、韓国語、英語(その他の言語についてはご相談ください)
応募条件:福岡県内にお住まいの方、本事業の趣旨を理解していただける方、下記の研修に(全3回すべて)に参加できる方、外国籍の方は日本語能力検定2級以上の方、日本籍の方は募集言語のいずれかで読み・聞き・書くことを幅広い場面で理解できている方
研修日程:1/24(火)、1/31(火)、2/3(金)10:30〜15:30 ※受講料無料
研修場所:福岡市人権啓発センター(博多リバレインオフィス10F)
詳細はこちら:http://www.npo-global.jp/

問合せ:グローバルライフサポートセンター 担当:白(ハク)
Tel: 092-283-8880  Email:support@npo-global.jp

7) 「チェルノブイリ・ハート」上映会・トークショーinわじろ
  チェルノブイリ原発事故から16年後の2002年のベラルーシ共和国で続く深刻な放射能汚染の実態を描き、2003年度のアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞した「チェルノブイリ・ハート」を上映します。トークセッションもあります。定員280名。

日時:1/28(土)午前の部10:30 午後の部14:00
場所:コミセンわじろ多目的ホール(JR福工大前駅ビル)
入場料:午前の部前売1,500円、当日1,800円 午後の部前売1,200円、当日1,500円
詳細はこちら:http://kokucheese.com/event/index/21578

問合せ:地球のめぐみ
Tel: 092-962-6183

8) 平成24年度地球環境基金助成金のご案内
  国内外の民間団体(NGO・NPO)が行う環境保全活動に対し、助成を行っています。

受付期間:1/4(水)〜1/25(水)18:00必着
詳細はこちら:http://www.erca.go.jp/jfge/

問合せ:環境再生保全機構
Tel: 044-520-9505


5. エミリーの那珂川ノート
 
一年

福岡に来てから3回目の冬なのに、昨年12月の発表まで、「今年の漢字」のことをあまり注目していなかった。過去2年間にどんな漢字が「今年の漢字」として選ばれたかということも知らなかったけど、2011年の漢字は「絆」だと聞いて、「今年の漢字」のことをもっと知りたいと思った。
「今年の漢字」は財団法人日本漢字能力検定協会が全国から募集した漢字の中から選んだ一字だ。選ばれた漢字は日本と世界にあったこと、社会と政治の情勢、つまり、その1年間の「世相」を表していると言われている。「漢字の日」と呼ばれている12月12日に発表があって、「今年の漢字」は京都市にある清水寺のお坊さんによって大きな字で揮毫(きごう)される。この行事の写真を見たら、「今年の漢字」を選ぶ習慣は長い歴史のある伝統文化だろうと思ったけど、調べてみるとそうじゃなかった。
「今年の漢字」は、神戸市を破壊した阪神・淡路大震災が起きた1995年に開始された。同年に、東京の地下鉄でサリン事件があった。この二つの衝撃的な事件を踏まえて、「震」という一字が初めての「今年の漢字」として選ばれた。
始まって以来、「今年の漢字」が国内外で起こった大災害や悲劇を反映した年もあった。2001年の9月11日の事件と米国のアフガニスタン侵攻を示す「戦」や、2007年にあった日本での食品表示偽装事件と年金記録問題を示す「偽」がその例だ。
全部の「今年の漢字」は否定的な意味を持っているわけじゃない。2005年には、愛知県で行われたEXPO 2005と清子内親王の結婚を示す「愛」が選ばれ、2006年には、飲酒運転事故の問題といじめられた子どもの自殺の多発と対比して、悠仁親王の誕生を示す「命」が選ばれた。
2011年は日本だけでなく、世界中にとって大変革と激変の1年だった。そのような1年を表す一字をどうやって選ぶのだろう?ニュージーランドと日本の大震災、エジプトとリビアの政治的激変、イギリスの抗議デモ、「ウォール街を占拠せよ」という運動などを全部含む1年間を表している一つの漢字かアイデアは一体何なんだろう?
「絆」という選択に少しびっくりしたけど、2011年にあったことを振り返ると、この一字はいわゆる励みになる。初めて選ばれた「今年の漢字」の「震」は2011年にもふさわしいけど、「絆」は2011年の震災や混乱を乗り越え、たくさんの人々が協力して一つになったことを表している。失われたことや物はたくさんあったけど、人間の「絆」を通して変化したり、復元したことや物もたくさんあった。これは、新年にあたり、私に勇気を与えてくれることだ。
2012年に何があるのだろう?12月に、新しい「今年の漢字」が選ばれるけど、2011年の「絆」の心を辰年の2012年に引き継げるよね。皆さんが大切な人と素敵なお正月を過ごしたことと、2012年の健康を祈っています!

エミリー・ローゼンバーグ





How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/