Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.117 February/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The Annual Fukuoka International Cross Country Competition will take place on the 25th (Sat.) at Uminonakamichi Seaside Park. Why not go cheer for athletes from all over the world?

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
毎年恒例の福岡国際クロスカントリー大会は第26回目を迎え、今月25日(土)海の中道海浜公園で11:00にスタートします。世界から集まる選手に声援を送りましょう。

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Notice on Wednesday Free Health Consultation
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    3) Closing of "Recycle Plaza for International Students"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Start of a New Residency Management System
    2) Cine-la "Indian Film Selection"
    3) Higashi-ku Kashii Children's Plaza "Kusukusu" to Reopen
    4) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center

3. News from FUKU-NET Members

    1) Domingo Ortega Flamenco Show
    2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    3) Miswritten/Unused Postcards Wanted!

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Cine-Club Classique

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    The "Benri-ness" of Japan


1. News from The Fukuoka International Association

 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Notice on Wednesday Free Health Consultation 
  The health consultation on February 8th is cancelled due to Dr. Nishiyama's absence. We apologize for any inconvenience.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka" 
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Feb. 16 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Mr. CAI Yi Chuan (Beijing, China)
             Department of Electrical Engineering and Computer Science, School of Engineering, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

3) Closing of "Recycle Plaza for International Students" 
  The "Recycle Plaza for International Students" service will be terminated along with the closing of the Mini 3R Station in March of 2012.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Start of a New Residency Management System 
  A new system of residence management will be implemented from July 2012. Specifically, a residence card will be issued, the period of stay will be extended to a maximum of five years, a system of special re-entry permission will be introduced, and the alien registration system will be abolished.
Further information: http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/en/index.html

Inquiry: Immigration Information Center
Tel: 0570-013904, 03-5796-7112 (Weekdays 8:30 - 17:15)

2) Cine-la "Indian Film Selection" 
  A masterpiece selection of Indian films from Fukuoka City Public Library archive collection.

Duration: Through Feb. 25 (Sat.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S.student 300yen
Some films are without English subtitles.
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

3) Higashi-ku Kashii Children's Plaza "Kusukusu" to Reopen 
  Fukuoka City manages 14 Children's Plazas in the city, where parents with babies can consult/exchange information on child-rearing issues. Higashi-ku Kashii Children's Plaza "Kusukusu" (closed at the end of Jan.) will reopen on Feb. 10 (Fri.) at the new site. There is a gathering for foreign families on the second Saturday of every month after March, so why not join in?

New Address: 2F Sepia Terrace Nishitetsu Kashii 2-52-1 Kashii-ekimae, Higashi-ku, Fukuoka
Station: Nishitetsu Kaizuka Line "Nishitetsu Kashii"
Hours: 10:00 - 16:00
Closed: Monday, 3rd Sunday of every month, New Year holidays
* Hours, Closed, and telephone numbers are the same as before.

Inquiry: Higashi-ku Kashii Children's Plaza "Kusukusu"
Tel: 092-669-3263

4) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center 
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers job information, consultation, and support for international students who are seeking employment in Japan. Free of charge, registration is required (please bring your Alien Registration Card).

<Internship Program for International Students>
Seeking students who are interested in participating in the "Spring Internship Program for International Students" during February and March.

<Job-search Seminars for International Students>
Date/Time: Feb. 28 (Tue.) 16:00 - 18:00 * Reservation is required.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/ (in Japanese)
Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Domingo Ortega Flamenco Show 
  Fukuoka welcomes Domingo Ortega, one of the most prominent bailaor of his generation. Through his performance, you will enter into the fascinating world of authentic Spanish flamenco.

Date/Time: Feb. 17 (Fri.) 19:30
Venue: JR Kyushu Hall (9F JR Hakata City)
Adv. Ticket: 5,800yen Junior high school students and younger: 3,000yen (ID with date of birth is required)
Further information: http://www.tiempo.jp/index_jp.html

Inquiry: NPO Tiempo Iberoamericano
Tel: 092-762-4100

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association 
  This is a free monthly movie-viewing event.

"L'uomo di Paglia" ('57, 108min.)
Date/Time: Feb. 17 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (8F Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advanced reservation is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) Miswritten/Unused Postcards Wanted! 
  To support a shortage of funds, miswritten/unused postcards will be collected until March. With the money from three postcards, 1㎡ field of land mines will be removed.

How to join the program: Please mail or bring miswritten/unused postcards to the following address.
Further information: http://cmc-net.jp/hagaki/index.html (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campain
Rm. #702 1-7-10 Nishijin, Sawara-ku Fukuoka 〒814-0002
Tel: 092-833-7575


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Cine-Club Classique 
  A masterpiece movie will be screened with a lecture.

"Young Mr. Lincoln" ('39, 100min.)
Date: Feb. 18 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: 5F Hall French-Japanese Institute of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 1,000yen advance, 1,300yen at door
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949    Email: faff@gol.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
The "Benri-ness" of Japan

I recently read about a survey taken by overseas students living and studying in Japan as to what particularly appealed to them about Japan, or what feature Japan has that their home country does not. The top answer given by these foreign students was that Japan offers a "convenient living environment". While I was reading this, I started to think hard about the quality of life Japan has to offer, with my recent trip home to the United States for a few weeks in the winter time close in my mind as a point of comparison.
The article only gave one specific example of something the overseas students suggested that lends to Japan's "convenient living experience", so I asked the opinions/experiences of some of my foreign friends residing here. We all agreed that one of the most "convenient" aspects of living in Japan is how easy it is to get around on foot. Japan-even within its biggest cities like Tokyo and Osaka-is an incredibly pedestrian-friendly country. In contrast to car-centric Western countries (my native United States in particular), Japan has prioritized its self-propelled population with conveniences such as underground passageways, generously-timed crossing lights, and well-maintained sidewalks. This convenience goes hand-in-hand with Japan's famous impeccably punctual public transportation system of trains, subways, and buses. Because this system is so highly developed, most individuals and even some families in Japan choose not to own a car.
There are, of course, many advantages to owning a car-road trips and transport of large objects being the top two that come to mind for me. But there is also something liberating about moving around on my own feet, combining bus and train travel to get myself places efficiently and relatively inexpensively, without the financial, spatial, and environmental burden of a car. In the United States, unless you live in one of the few large cities with highly developed public transportation such as New York, Boston, or San Francisco, it is nearly impossible to get anywhere or get anything done without a car. And in Japan, where the postal service is also a booming business, there is really no need to have a car just to haul large stuff around-you can have anything delivered very reasonably!
Another INCREDIBLY convenient aspect of life in Japan is the sheer abundance of public toilets. Yes, in fact, this is the example that the survey article gave as having been raised by many overseas students. With all its train stations, shopping malls, and gloriously convenient convenience stores, I can't imagine there is anywhere more convenient in the world if you happen to have the need to use the restroom when you are out and about. Not only are toilets widely available here in Japan, they are almost always inviting and clean.
I could probably go on and on about this topic for pages. During about my recent trip home, I recall missing the conveniences of my everyday Japanese life. This is not to say that I felt particularly "inconvenienced" by anything in the States, but that I truly felt that there is a "comprehensiveness" to the convenience of life in Japan. When my relatives or friends back home asked me how I feel about life here, I know I replied more than once, "Well, everything is very convenient."

Emily Rosenberg




Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
  2) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  4) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  5) 国際交流活動助成のご案内(よかトピア記念国際財団)
  6) 外国人学生リサイクル家具提供事業廃止のお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 新しい在留管理制度がスタートします
  2) Twitterで防災・危機管理情報発信
  3) シネラ「インド映画特集」
  4) 東区香椎子どもプラザ移転
  5) こくさいひろば情報
  6) 福岡学生職業センター

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) ドミンゴ・オルテガ フラメンコショー
  2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  3) 福岡YWCA日本語教師養成講座
  4) 西日本日独協会講演会、懇親パーティー
  5) チェルノブイリ医療支援ネットワークからのお知らせ
  6) ドキュメンタリー映画「空とコムローイ」
  7) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡からのお知らせ
  8) 第44回カナダフレンドシップ大使募集
  9) 書き損じハガキ大募集!
  10) オイスカボランティア募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) タイ料理レシピ募集
  2) 第46回クラシック・シネクラブ
  3) 福岡で楽しむEU 〜EUのミューズ達〜
  4) 九州日仏学館でのイベント

5. エミリーの那珂川ノート

  日本の「便利さ」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集 
  福岡市、(財)福岡よかトピア国際交流財団とアジア太平洋こども会議・イン福岡が共催する留学生外国語教室実行委員会事務局では、5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を募集します。中国語・韓国語・ポルトガル語・インドネシア語・タイ語・ネパール語・ヒンディー語など約18言語の講座を予定。定員各コース約20名。

申込期間:2/7(火)〜3/6(火) ※申込用紙はホームページからもダウンロードできます。
場所:福岡学生交流会館(福岡市博多区店屋町4-1)
参加費:30,000円(テキスト代別)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
Tel: 092-734-7700  E-mail: gogaku@apcc.gr.jp

2) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ 
  毎週水曜日に開催している健康相談は、2/8は医師不在のためお休みです。

3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡 
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:2/16(木)18:30〜20:30
語り手:崔 一川さん(中国・北京出身)
     九州大学工学部電気情報工学科
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

4) ホストファミリー登録説明会参加者募集 
  ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:3/18(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を電話、FAXまたはEmailでレインボープラザへ。詳しい案内をお送りします。
申込締切:3/11(日)

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

5) 国際交流活動助成のご案内 
  よかとぴあ記念国際財団では、市民レベルの国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を推進するため、民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。現在、平成24年度に実施される事業への助成金の申請を募集しています(2月29日(水)締切)。

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/yokatopia/index.html

6) 外国人学生リサイクル家具提供事業廃止のお知らせ 
  外国人学生リサイクル家具提供事業は、ミニ3Rステーションの閉館にともない2012年3月で廃止となります。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 新しい在留管理制度がスタートします 
  「在留カード」が交付される、在留期間が最長になる、みなし再入国許可制度が導入される、外国人登録制度が廃止されるなどの新しい在留管理制度が2012年7月スタートします。
詳細はこちら:http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/

問合せ:外国人在留総合インフォメーションセンター
Tel: 0570-013904、03-5796-7112(平日8:30〜17:15)

2) Twitterで防災・危機管理情報発信 
  福岡市ではこれまで防災・危機管理情報をウェブサイトや防災メールで提供してきましたが、先月からツイッターを使って防災・危機管理に関する緊急情報などを発信しています。

アカウント:@Fukuokacity_pr
発信情報:避難、津波、大雨、洪水、地震(震度3以上)、テロ、新型インフルエンザなど

問合せ:市民局防災・危機管理課 Tel. 092-711-4056
      市長室広報戦略室企画調整課 Tel. 092-711-4878

3) シネラ「インド映画特集」 
  総合図書館収蔵のインド映画の秀作を特集。

期間:2/25(土)まで
観覧料:大人500円 高校・大学生400円 小中学生300円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) 東区香椎子どもプラザくすくす移転 
  福岡市に14か所ある、乳幼児親子が子育てに関する相談や情報交換ができる拠点「子どもプラザ」。東区香椎子どもプラザくすくすが1/31(火)で閉館し、2/10(金)に移転・開設します。3月以降の毎月第二土曜には外国人ファミリーの会も開催しています。是非ご利用ください。

移転先:福岡市東区香椎駅前2丁目52-1 セピアテラス西鉄香椎2F
アクセス:西鉄貝塚線「西鉄香椎」隣接
開館時間:10:00〜16:00
休館日:毎週月曜、毎月第3日曜および年末年始(12/29〜1/3)
※開館時間、休館日、電話番号は変更なし

問合せ:東区香椎子どもプラザくすくす
Tel: 092-669-3263

5) こくさいひろば情報 
  <日本語教室ボランティアスキルアップ講座>
 日本語教室で日本語を教えていらっしゃるボランティアのみなさんのための実践を中心とした初級講座を久留米で開催します。他教室の方々と交流できる「意見交換会」もあります。定員40名(先着順)、要申込。

日時:2/17(金)10:30〜16:30
場所:久留米市民会館2階第1会議室(久留米市城南町16-1)

<アメリカ留学説明会/個人相談会、英語力判定テスト説明会>
アメリカ留学の心構えなどを紹介する説明会とアメリカ留学に関する個人相談会、英語圏への留学に必須の英語力判定テスト(TOEFLiBT,IELTS, 英検)の説明会です。どなたでも参加でき、全て無料です(要事前予約)。

日時:2/26(日)
   13 :00〜13 :50 アメリカ留学説明会
   14 :00〜14 :50 TOEFLiBT説明会
   15 :00〜15 :50 IELTS説明会
   16 :00〜16 :50 英検説明会
   17 :00〜 アメリカ留学個人相談会(1人15分ずつ)
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)

詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/
問い合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200

6) 福岡学生職業センター 
  福岡学生職業センターは、日本で就職を希望する留学生に就職情報の提供や就職相談・支援を行っています。利用料無料、要登録(外国人登録証明書をご持参ください)。

<春季留学生インターンシップ>
2〜3月の間に実施する春季留学生インターンシップの参加学生を募集しています。

<留学生就職ガイダンス>
日時:2/28(火)16:00〜18:00 要予約

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) ドミンゴ・オルテガ フラメンコショー 
  現代フラメンコ界のトップダンサーを迎え、福岡にいながら本場スペインのフラメンコを満喫できる公演です。

日時:2/17(金)19:30
場所:JR九州ホール(JR博多シティ9F)
前売券:一般5,800円 小・中学生前売・当日一律3,000円※要身分証提示
詳細はこちら:http://www.tiempo.jp/index_jp.html

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ
Tel: 092-762-4100

2) 福岡日伊協会映画鑑賞会 
  毎月開催している無料の上映会です。

「わらの男」('57、108分)
日時:2/17(金)19:00
場所:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

3) 福岡YWCA日本語教師養成講座 
  20歳以上で日本語教育に意欲のある方を募集しています(定員30名)。説明会もあります(無料、要予約)。
期間:2012年5月〜2013年8月(1年3カ月、420時間)
講習日時:毎週水曜19:00〜20:30、土曜10:00〜15:30 ※実習や集中講義など変更の可能性もあり
受講費:520,500円
定期説明会:毎週水曜17:30〜18:30、土曜16:00〜17:00
修了生体験談を含む特別説明会:2/18、3/17、4/14 16:00〜17:30

問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251

4) 西日本日独協会講演会、懇親パーティー 
  「17世紀のドイツを観た長崎・平戸出身の日本人」と題した特別講演会と懇親パーティーを開催します。講演会のみの参加も可能です。

話し手:小澤健志(おざわ たけし)氏(NAAリテイリング)
日時:2/18(土)講演会18:30〜19:30、懇親パーティー19:30〜21:00
場所:KRRホテル博多(福岡市中央区薬院4-21-1)
料金:講演会無料、懇親パーティー3,500円(会員3,000円)、学生1,500円
詳細はこちら:http://nichidoku.ame-zaiku.com/

問合せ:西日本日独協会事務局
Tel: 092-524-0059(月、木、金 12:00〜14:00)   Email: jdgwest@mist.oc n.ne.jp

5) チェルノブイリ医療支援ネットワークからのお知らせ 
  <今語る、チェルノブイリ原発事故25年>
昨年秋に実施したベラルーシでの検診の帰国報告会を開催します。参加費無料、予約不要。

日時:2/18(土)19:30〜21:00 ※18:30〜通常総会を開催します。オブザーバー参加可、要予約
場所:福岡市人権啓発センター研修室(博多リバレイン10F)

<翻訳ボランティア募集>
講演会感想文の英またはロシア語訳、事業報告書などの英訳ボランティアを募集しています。特に資格は必要ありません。

詳細はこちら:http://www.cher9.to/
問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel: 092-944-3841

6) ドキュメンタリー映画「空とコムローイ」 
  タイ北部にある施設で親元を離れ生活している子どもたちの日常をとらえた記録映画を上映します。

日時:2/19(日)1回目 11:00〜12:30(監督とのミニトーク13:00〜14:00)
          2回目 14:30〜16:00
場所:福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」(福岡市南区高宮3-3-1)
4Fホール
料金:大人1,000円 高校・大学生800円

問合せ:くるんて〜ぷの会 担当:小川
Tel/Fax: 092-845-0393  携帯: 090-8350-8586
Email: kurun19921@gmail.com

7) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡からのお知らせ 
  <ボランティア登録説明会>
年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。
日時:2/26(日)14:00、3/9(金)18:30 
場所:福岡市役所北別館

<ホストファミリー募集>
アジア太平洋各国・地域から来福するこども大使や引率者を受け入れます。
受入期間:7/17(火)〜23(月)、24(火)、25(水) ※帰国日は受け入れ国により異なります
締切:2/22(火)18:00必着(定員を超えなかった場合、第二次締切3/2(金)18:00必着)

詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/
問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

8) 第44回カナダフレンドシップ大使募集 
  バンクーバー市内などの小・中・高校、大学での交流を通して、多文化理解・環境保護について英語での研修を楽しく行います。定員15名。

日時:3/26(月)〜4/4(水)
料金:257,000円(別途、燃料サーチャージほか)
対象者:小学5年生以上、中学生、高校生、大学生、教員および一般の方々
申込締切:2/29(水)

問合せ:カナダ友好協会
Tel: 090-1518-3031

9) 書き損じハガキ大募集! 
  カンボジアでの地雷撤去資金不足のため、3月まで書き損じハガキ回収プログラムを実施します。ハガキ3枚で1㎡の地雷原を撤去できます。

協力方法:書き損じまたは未使用ハガキを下記事務局宛に郵送またはご持参いただくか、お近くの回収ボックスへ投函ください。
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/hagaki/index.html

問合せ:(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン
〒814-0002 福岡市早良区西新1-7-10-702
Tel: 092-833-7575

10) オイスカ西日本研修センターボランティア募集 
  オイスカ西日本研修センターでは年間を通じて多くの行事が行われています。時間に余裕のあるときにできることをしていただくだけで結構です。

募集内容:センター内・植林地草刈り、年末年始ホストファミリー、イベントボランティアなど
詳細はこちら:http://www.oiscantc.org/

問合せ:オイスカ西日本研修センター 担当:石橋
Tel: 092-813-0311  Email: oiscantc@oisca.org


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) タイ料理レシピ募集
  昨年未曾有の洪水にみまわれ大きな被害を受けた農村やタイの産業の復興の一助となるよう、広くタイ食材に興味をもってもらうため、「知られざるタイの味」の創作レシピを募集します。

応募要項:下記ウェブサイトに指定された食材を使用すること
締切:2/10(金)までに郵送またはメールにて応募
詳細はこちら:http://japan.thaitrade.com/whatsnew/10/1000/index.html

問合せ:タイ国大使館商務参事官事務所
Tel: 03-3221-9482/9483

2) 第46回クラシック・シネクラブ 
  映画史に残る名作映画をトーク付きで見ましょう。

「若き日のリンカーン」('39、100分)
日時:2/18(土)13:00, 16:00
場所:九州日仏学館5Fホール(福岡市中央区大名2-12-6)
会費:前売1,000円 当日1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
4月まで福岡アジア映画祭ボランティア募集中です。

問い合わせ:オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

3) 福岡で楽しむEU 〜EUのミューズ達〜 
  EU各国の女優についてのお話やワインの紹介など、EUの魅力を楽しみませんか?

日時:2/21(火)19:00〜
場所:西鉄グランドホテル2F「プレジール」(福岡市中央区大名2-6-60)
参加費:一般4,000円

問合せ:福岡EU協会事務局(福岡県国際交流センター内)
Tel: 092-725-9200  Email: fukuoka-eu@kokusaihiroba.or.jp

4) 九州日仏学館でのイベント 
  <カフェ・デ・ザミ>
初心者から上級者まで、ワンコインでフランス語のおしゃべりに参加しませんか?

日時:毎週土曜16:00〜17:00
参加費:500円/回 2,000円/5枚綴りチケット

<ソワレ・カラオケ>
初めて開催するイベントです。フランス語でカラオケを歌いませんか?

日時:2/29(水)
参加費:1,000円(2ドリンク付)

問合せ:九州日仏学館
Tel: 092-712-0904(火〜土 10:00〜13:00、14:00〜19:00(土は18:00まで))
Email: info@ifj-kyushu.org


5. エミリーの那珂川ノート
 
日本の「便利さ」

日本の魅力は何か、日本にある自分の国にないものは何か、という質問を投げ掛けた日本に在住している留学生向けのアンケートについての新聞記事を読んだ。最も多かった回答は、日本の「便利な生活環境」だった。これを読んで、数週間前に戻ってきた母国アメリカの生活と比較して、日本の生活の質についてじっくり考えてみた。
記事の中には、留学生があげた「日本の便利な生活環境」の例は一つしかなかったから、日本に住んでいる外国人の友達の意見や経験を聞いてみた。みんなの意見が一致したのは、日本の生活で最も「便利な」点は、「徒歩で歩いて回りやすい」こと。東京や大阪のような大都市でも、日本は歩行者に特に優しい国だ。私の母国アメリカのように車中心の国と比べて、日本は地下道、渡る時間が十分にある横断歩道の信号機、よく整備された歩道などがある点で歩行者を優先していると言える。驚くほど時間に正確なことで有名な日本の電車、地下鉄、バスなどの公共交通機関と組み合わせるとさらに便利。公共交通システムがよく発展しているから、個人ばかりでなく家族連れであっても車を持たない選択をしている人も多い。
車を持つ事にはもちろん便利さがある。私が思いつくのは、車での長旅と大きな物を運ぶという2つの点だ。だけど、車を持つ事には経済的、空間的、環境的な負担があるから、バスや電車を使って、効率的でお金をそんなに使わずに自分の足で動くことに、何らかの自由を感じる。アメリカでは、ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコのような公共交通機関が発展している大都市に住まなければ、車なしでどこかに行くことや何かをすることはほとんど無理。日本では郵便や宅急便も発達している(お手頃価格で何でも配送してもらえる!)から、大きな物を運ぶために車を持つ必要もない。
日本のもう一つのとても便利なことといえば、公共トイレが多いということ。そう、これが記事にあった留学生があげた日本の便利さの例だ。駅、ショッピングモール、非常に便利なコンビニのたくさんある日本は、出かけている間にトイレが必要なある人にとって最も便利な国だ。日本には、公共トイレはどこにもあるだけでなく、ほとんどの場合、キレイだ。
このテーマについて書き始めるときりがない。この間実家に帰ったら、日本の生活の便利さを恋しく思っている自分がいた。アメリカでの生活を特に「不便」と感じたわけではないが、日本の生活の「便利さ」には、何かの「総合的さ」があると本当に思っただけ。日本の生活についてどう思うかと向こうの親戚や友達に聞かれて、「そうだね。何でも便利だね。」と何回も答えた。

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/