Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.118 March/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
It has been a year since the Great East Japan Earthquake and seven years since the Fukuoka Earthquake in 2005. Let us think again what each one of us can do to move towards restoration.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
東日本大震災発生から1年、福岡県西方沖地震から7年を迎える今月。私たち一人ひとりが自分にできることは何かを見つめ直しましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Multilingual Disaster Prevention Information on FIA website
    2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    3) Closing of "Recycle Plaza for International Students"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Have You Applied for the Children's Allowance?
    2) Start of a New Residency Management System and Resident Registration System for Foreign Residents
    3) Relocation of the Arts Info Center "Artlier"
    4) Fukuoka Castle Cherry Blossom Festival
    5) Special Business Hours of Counters at Ward and Branch Offices
    6) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center

3. News from FUKU-NET Members

    1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    2) Miswritten/Unused Postcards Wanted!

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Rakugo in French

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    East Meets West in Hirado



1. News from The Fukuoka International Association

 For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
 Fukuoka International Association
 City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
 Tel: 092-733-5630
 URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Multilingual Disaster Prevention Information on FIA website
  FIA provides comprehensive "Disaster Prevention" information including a Disaster Prevention Guide, Fukuoka City Disaster Prevention Crisis Management Information, and a DVD about Disaster Prevention on our website. Click on the "Disaster Prevention" icon on the home page.

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Mar. 15 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Mr. Sven KRAMER (Munster, Germany)
              Master Course in Japanese History, Graduate School of Humanities, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

3) Closing of "Recycle Plaza for International Students"
  The "Recycle Plaza for International Students" service will be terminated along with the closing of the Mini 3R Station this month.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Have You Applied for the Children's Allowance?
  The system of children's allowance, for which children who are under 15 years old are eligible, has been changed as of October 1, 2011. Even if you have received the allowance prior to September 30, 2011, you are required to send a new application to the city office by the end of March 2012. Please note that an application form has been sent to you in the middle of October last year.
Those who have a new-born baby or moved to Fukuoka City after October 2011 are required to apply at your local ward office within 15 days of the fact occurred.

Inquiry: Fukuoka City Children's Allowance Call Center
Tel: 092-711-5029 (in Japanese, 9:30 - 17:30, Weekdays until the end of March)

2) Start of a New Residency Management System and Resident Registration System for Foreign Residents
  A new system of residence management and the partial amendment of the Basic Resident Registration Act will be implemented from July 9, 2012.
Further information: http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/en/index.html
                            http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu_english.html

Inquiry regarding a New Residency Management System: Immigration Information Center
Tel: 0570-013904, 03-5796-7112 (Weekdays 8:30 - 17:15)

3) Relocation of the Arts Info Center "Artlier"
  The Arts Info Center "Artlier", currently located in the 2nd basement floor of Hakata Reverain, will relocate to the 7th floor of the Fukuoka Asian Art Museum in early May. The opening period of "Mega Ticket Artlier" and the museum shop will last until Mar. 15 (Thu.), the gallery until Mar. 25 (Sun.), and the cafe until Mar. 31 (Sat).
Further information: http://www.ffac.or.jp/ (in Japanese)

Inquiry:
Before Mar. 31 (Sat.) Arts Info Center "Artlier" Tel: 092-281-0081 (10:30 - 19:30)
From Apr. 2 (Mon.) Fukuoka City Foundation for Arts and Cultural Promotion Tel: 092-263-6300 (Weekdays 9:15 - 17:30)

4) Fukuoka Castle Cherry Blossom Festival
  Why not enjoy over 1,000 cherry blossoms while immersing yourself in history at the ruins of Fukuoka Castle? Various cherry blossom-related events include a night illumination of the trees. Admission to the illumination is free, however, some of the events required a fee.

Duration: Mar. 24 (Sat. ) - Apr. 8 (Sun.) Night Illumination: Mar. 28 (Wed.) - Apr. 8 (Sun.)
Information Center Hours: Weekdays 11:00 - 22:00 Weekends 10:00 - 22:00
Further information: http://saku-hana.jp (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Castle Sakura Festival Planning Committee Office
Tel: 092-711-4424 (Weekdays 8:45 - 18:00)

5) Special Business Hours of Counters at Ward and Branch Offices
  In order to reduce the congestion of the moving season, various counters at ward and branch offices will be open on the following dates.

Dates/Time: Mar. 25 (Sun.), Apr. 1 (Sun.) 10:00 - 14:00
Counters: Citizen section, Health Insurance & Pension Section, Welfare & Nursing Care Insurance Section, Child Rearing Support Section

Inquiry: Kusei-ka (Ward Administration Section), Civic Affairs Bureau, Fukuoka City
Tel: 092-711-4074    Email: kusei.CAB@city.fukuoka.lg.jp

6) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
  Fukuoka Gakusei Shokugyo Center offers job information, consultation, and support for international students who are seeking employment in Japan. Free of charge, registration is required (please bring your Alien Registration Card).

<Job-search Seminars for International Students>
Date/Time: Mar. 27 (Tue.) 16:00 - 18:00 * Reservation is required.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/ (in Japanese)
Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Il Prefetto di Ferro" ('77, 110min.)
Date/Time: Mar. 26 (Mon.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advanced reservation is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

2) Miswritten/Unused Postcards Wanted!
  To support a shortage of funds, miswritten/unused postcards will be collected until the end of this month. With the money from three postcards, 1㎡ field of land mines will be removed.

How to join the program: Please mail or bring miswritten/unused postcards to the following address.
Further information: http://cmc-net.jp/hagaki/index.html (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campain
Rm. #702 1-7-10 Nishijin, Sawara-ku Fukuoka 〒814-0002
Tel: 092-833-7575


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Rakugo in French 
  Mr. Stephane Ferrandez will perform the story originally performed by Japan's first foreign-born rakugoka, Henry James Black. Free of charge, reservation is required.

Date/Time: Mar. 31 (Sat.) 18:15
Place: 5F Hall, French-Japanese Institute of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)

Further information: http://www.ifj-kyushu.org/jp/
Inquiry: French-Japanese Institute of Kyushu
Tel: 092-712-0904 (Tue. - Sat. 10:00 - 13:00, 14:00 - 19:00 (Sat. -18:00))
Email: info@ifj-kyushu.org


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
East Meets West in Hirado

It's been a while since I've been anywhere or done anything that particularly piqued the interest of my inner historian. But recently, I had a chance to visit a friend on the Nagasaki island of Hirado, and it turned out to be a thoroughly educational trip.
Fukuoka City promotes itself as the "gateway to Asia"-an appropriate title, as it has had centuries of exchange with the Asian continent (and is currently a very convenient place from which to travel to various parts of Asia!). The rest of Kyushu has also had historically close ties with Asia, based on the island's close situation. But something that is unique to nearby Nagasaki Prefecture is that, historically, it played an important role in Japan's exchange not only with Asia, but also with Europe.
Hirado first began trading with the West when Portuguese ships arrived in 1550, and it continued to welcome European traders, including the English and Dutch, until the country was closed to trade with foreign countries in the following century. Just last year, in 2011, the Hirado Dutch Trading Post was opened, which is a carefully researched rebuilding of the original trading post that stood along the harbor in Hirado from 1609 to 1641. This facility is chock full of historical information about the relationship of the local clan, the Matsura family, with the Dutch traders, as well as about the Dutch East India Company (VOC). As my previous knowledge about the VOC came largely from the "Pirates of the Caribbean" movies (ok I admit, I learned a bit about them in my Modern European History class in high school…), it was fascinating to learn the Japanese side of their trading relations.
The year 1550 was also when Francis Xavier landed in Kyushu and spread Christian teachings, which took root especially in the Nagasaki region. Hideyoshi, who unified Japan during the Sengoku Period, was skeptical of foreign influences and was the first to persecute Christianity in Kyushu. It was later, under the rule of the Tokugawa shogunate in the mid-17th century, that Christianity was banned from Japan entirely and Christians had to conceal their faith.
Such "hidden Christians", or "kakure kirishitan", worshipped in secret until the Meiji Restoration, when freedom of religion was acknowledged in Japan.
Today, Nagasaki Prefecture still has the largest population of Christian followers in Japan. Hirado is home to some of Japan's oldest churches-including the beautiful Tabira Catholic Church, which has a fascinating cemetery that has features of both Christian and Buddhist cemeteries, and Hirado Church, which is magnificently juxtaposed with two local Buddhist temples when viewed from a certain spot.
Other places to learn about the history of Nagasaki's relationship with Western trade and culture include Nagasaki City, where you can visit Dejima, the reconstructed Dutch trading post, which was the only place foreigners could legally trade during the 200 years of "sakoku", or the "closed country" period; and Shimabara, famous for being the site of the Shimabara Rebellion in 1637, an uprising of Catholic peasants against the anti-Christian local leaders.
Once again, I find myself with too much to write about and too much to research. But at least this recent trip to Hirado has reawakened my slumbering inner historian, who looks forward to learning more about Nagasaki, Kyushu, and their relationship with the West. I hope that perhaps, after reading this brief column, your own inner historian has awoken as well!

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 多言語災害・防災情報
  2) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
  3) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  4) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  5) 事業廃止のお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 子ども手当の申請は済みましたか?
  2) 新しい在留管理制度および外国人住民に係る住民基本台帳制度がスタートします
  3) 九州国立博物館国際シンポジウム「百済文化と古代日本」
  4) 福岡アジア都市研究所国際シンポジウム
  5) 内閣府青年国際交流事業参加青年募集
  6) こくさいひろばイベント情報
  7) 文化芸術情報館アートリエ移転のお知らせ
  8) 福岡城さくらまつり
  9) 区役所、出張所休日開庁
  10) 福岡学生職業センター

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 第337回国連講演会
  2) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  3) 通訳案内士新人研修のお知らせ
  4) 講演会「7カ国語で話そう」
  5) 福岡YWCA日本語教師養成講座
  6) 西日本日独協会からのご案内
  7) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  8) JICAボランティア春募集など
  9) 書き損じハガキ大募集!

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 日本語教師養成講座説明会&国際交流イベント
  2) いのちの映画祭
  3) 第23回三・一文化祭
  4) 九州日仏学館文化イベント
  5) 第26回福岡アジア映画祭2012 ボランティア募集!

5. エミリーの那珂川ノート

  西と東が交わる平戸


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 多言語災害・防災情報
  福岡よかトピア国際交流財団では、「防災ガイド」「福岡市防災・危機管理情報」「防災ガイドDVD」を含む災害・防災情報をウェブサイトで提供しています。トップページにある「防災」ボタンをクリックしてご利用ください。

2) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
  福岡市、(財)福岡よかトピア国際交流財団とアジア太平洋こども会議・イン福岡が共催する留学生外国語教室実行委員会事務局では、5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を募集しています。中国語・韓国語・ポルトガル語・インドネシア語・タイ語・ネパール語・ヒンディー語など18言語の講座を予定。定員各コース約20名。

申込締切:3/6(火)※申込用紙はホームページからもダウンロードできます。
場所:福岡学生交流会館(福岡市博多区店屋町4-1)
参加費:30,000円(テキスト代別)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
Tel: 092-734-7700  E-mail: gogaku@apcc.gr.jp

3) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:3/18(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を電話、FAXまたはEmailでレインボープラザへ。詳しい案内をお送りします。
申込締切:3/11(日)

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

4) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:3/15(木)18:30〜20:30
語り手:クラーマー・スベンさん(ドイツ・ミュンスター出身)
     九州大学大学院人文科学府歴史空間論専攻
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

5) 事業廃止のお知らせ
  外国人学生リサイクル家具提供事業およびレインボーブリッジ(中国人就学生/留学生の交流スペース)は、今月で廃止となります。

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 子ども手当の申請は済みましたか?
  0歳から中学生までの子どもを対象とした子ども手当の制度が、昨年10月1日に変わり、2011年9月30日現在子ども手当を受給していた人も3月末までに申請が必要となりました。申請書は昨年10月中旬に郵送されていますのでご確認ください。
昨年10月以降に子どもが生まれた方や新しく転入された方は、事実発生の翌日から数えて15日以内に申請してください。

問合せ:福岡市子ども手当コールセンター
Tel: 092-711-5029(9:30〜17:30、平日のみ、3月末まで)

2) 新しい在留管理制度および外国人住民の住民基本台帳制度がスタートします
  2012年7月9日に、「入管法等改正法」および「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が施行されます。
詳細はこちら:http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/
         http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

新しい在留管理制度に関する問合せ:外国人在留総合インフォメーションセンター
Tel: 0570-013904、03-5796-7112(平日8:30〜17:15)

3) 九州国立博物館国際シンポジウム「百済文化と古代日本」
  韓国の第一線の研究者を招いて、百済の仏教文化と日本の関わり等、最新の研究成果や研究動向についての発表とパネルディスカッションを開催します。参加無料、要申込(定員300名)。同時通訳あり。

日時:3/10(土)13:00〜17:00
場所:九州国立博物館1F ミュージアムホール
詳細はこちら:http://www.kyuhaku.jp/index.html

問合せ:国際シンポジウム事務局
〒810-0001 福岡市中央区天神2-8-34 住友生命福岡ビル(株)西広内
Tel: 092-714-0014(平日10:00〜18:00、12:00〜13:00を除く)
Fax: 092-714-0014  Email: kyuhaku@nishiko.co.jp

4) 福岡アジア都市研究所国際シンポジウム
  福岡市の低炭素政策への提言を行うと共に、アジアの都市から専門家を招いて各都市の事例紹介を行います。参加無料、要申込(定員150名、先着順)。日英同時通訳あり。

日時:3/22(木)13:30〜16:30
場所:アクロス福岡4F 国際会議場
申込締切:3/14(水)必着
詳細はこちら:http://www.urc.or.jp/

問合せ:財団法人福岡アジア都市研究所
Tel: 092-733-5686  Email: event2@urc.co.jp

5) 内閣府青年国際交流事業参加青年募集
  日本と世界各国の青年の交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を養う機会を提供しています。

締切:3/19(月)必着
詳細はこちら:http://www.cao.go.jp/koryu/index.html

問合せ:福岡県新社会推進部青少年課育成係
Tel: 092-643-3387

6) こくさいひろばイベント情報
  いずれも場所はこくさいひろば(アクロス福岡2F)、要申込です。
<国際理解教育 事例発表会>
日時:3/11(日)14:30〜17:00
定員:60名(先着順)
対象者:教師、学校関係者、国際理解教育登録講師、国際理解教育に興味のある方
参加費:無料

<こくさいひろばカフェVol. 8 オーストラリアについて>
日時:3/25(日)14:00〜16:00
参加費:無料(賛助会員)、300円(一般)

詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/
問合せ:(財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

7) 文化芸術情報館アートリエ移転のお知らせ
  現在博多リバレインB2Fにある文化芸術情報館アートリエが、2012年5月上旬にアジア美術館7Fへ移転します。メガチケットアートリエおよびミュージアムショップは3/15(木)、ギャラリーは3/25(日)、カフェは3/31(土)までの営業となります。
詳細はこちら:http://www.ffac.or.jp/

問合せ:
〜3/31(土)まで 文化芸術情報館アートリエ Tel: 092-281-0081(10:30〜19:30)
4/2(月)〜 福岡市文化芸術振興財団 Tel: 092-263-6300(平日9:15〜17:30)

8) 福岡城さくらまつり
  福岡城址で歴史を感じながら、約1,000本の桜を愛でませんか。様々なイベントや夜間ライトアップもあります。入園無料(一部イベントなどは有料)。

期間:3/24(土)〜4/8(日) ライトアップ期間:3/28(水)〜4/8(日)
インフォメーション開設時間:平日11:00〜22:00、土日10:00〜22:00
詳細はこちら:http://saku-hana.jp

問合せ:福岡城さくらまつり実行委員会事務局
Tel: 092-711-4424(平日8:45〜18:00)

9) 福岡市区役所・出張所休日開庁
  3月、4月は転勤や就職、入学などで引越しが多く、例年区役所の窓口が混雑しますので、下記の通り日曜日に窓口を開庁します。

日時:3/25(日)、4/1(日)10:00〜14:00
窓口:市民課、保険年金課、福祉・介護保険課、子育て支援課
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/life/2012kyuujitukaityou.html

問合せ:福岡市市民局区政課
Tel: 092-711-4074  Email: kusei.CAB@city.fukuoka.lg.jp

10) 福岡学生職業センター
  福岡学生職業センターは、日本で就職を希望する留学生に就職情報の提供や就職相談・支援を行っています。利用料無料、要登録(外国人登録証明書をご持参ください)。

<留学生就職ガイダンス>
日時:3/27(火)16:00〜18:00 要予約

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 第337回国連講演会
  「ユーロ危機のゆくえと日本および世界への影響」というテーマで開催します。参加無料、要事前申込。

日時:3/8(木)14:00〜15:30
場所:よみうりプラザ(福岡市中央区赤坂1-16-5読売新聞西部本社1F)
講師:外務省経済局国際経済課長 相 航一 氏
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: UNAJ-fukuoka@nifty.com

2) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。
日時:3/9(金)18:30、3/20(火・祝)14:00、3/26(月)18:30、4/3(火)18:30
場所:福岡市役所北別館
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) 通訳案内士新人研修のお知らせ
  2012年度の研修を行います。一般の方もオブザーバーとしてご参加いただけます。
詳細はこちら:http://www.tsuyaku-guide.jp/KILGA/index.htm

問い合わせ:九州通訳・ガイド協会
Tel: 092-433-0183  Email: Kyushu@tsuyaku-guide.jp

4) 講演会「7カ国語で話そう」
  人間はどのように言葉を獲得するのか。言葉の自然習得のしくみを講師の体験を交じえ、わかりやすくお話しします。入場無料。

日時:3/16(金)10:30〜12:30、3/17(土)14:00〜16:00
場所:アクロス福岡2F セミナー室2

問合せ:言語研究所 ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761

5) 福岡YWCA日本語教師養成講座
  20歳以上で日本語教育に意欲のある方を募集しています(定員30名)。説明会もあります(無料、要予約)。

期間:2012年5月〜2013年8月(1年3カ月、420時間)
講習日時:毎週水曜19:00〜20:30、土曜10:00〜15:30※実習や集中講義など変更の可能性もあり
受講費:520,500円
定期説明会:毎週水曜17:30〜18:30、土曜16:00〜17:00
修了生体験談を含む特別説明会:3/17、4/14 16:00〜17:30

問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251

6) 西日本日独協会からのご案内
  「老後を生き生きと過ごすために!ドイツでは?日本では?」と題した国際シンポジウムを開催します。

日時:3/24(土)15:00〜17:45
場所:KRRホテル博多(福岡市中央区薬院4-21-1)
料金:無料 ※18:00からの懇親パーティーは有料。詳しくはお問合せください。

問合せ:西日本日独協会事務局
Tel: 092-524-0059(月&木 12:00〜14:00   Email: jdgwest@mist.oc n.ne.jp

7) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「鉄人長官」('77、110分)
日時:3/26(月)19:00
場所:あじびホール(福岡
先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

8) JICAボランティア春募集など
  平成24年度JICAボランティアの募集が4月1日(日)から5月14日(月)まで行われます。体験談&説明会も開催されます。

青年海外協力隊(応募資格:満20歳〜満39歳 日本国籍の方)
体験談&説明会日時:4/1(日)14:00〜
場所:アクロス福岡 7F大会議室

シニア海外ボランティア(応募資格:満40歳〜満69歳 日本国籍の方)
体験談&説明会日時:4/1(日)14:00〜
場所:アクロス福岡 2Fセミナー室2

詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

<夕方からのJICAボランティア相談会>
青年海外協力隊についてのざっくばらんな疑問・質問に経験者がお答えします。
日時:3/16(金)18:00〜19:45
場所:レインボープラザ

<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!青年海外協力隊事業への理解を深め応募のきっかけとしてください。
日時:3/21(水)18:00〜19:45
場所:特定非営利活動法人九州海外協力協会 (JR博多駅から徒歩10分)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
日時:毎週木曜日11:00〜17:00(スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。)
場所:レインボープラザ
相談員:古賀 知美(元青年海外協力隊員・キルギス共和国派遣)

問合せ:JICAデスク福岡((財)福岡よかトピア国際交流財団内)
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

9) 書き損じハガキ大募集!
  カンボジアでの地雷撤去資金不足のため、今月末まで書き損じハガキ回収プログラムを実施しています。ハガキ3枚で1㎡の地雷原を撤去できます。

協力方法:書き損じまたは未使用ハガキを下記事務局宛に郵送またはご持参いただくか、お近くの回収ボックスへ投函ください。
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/hagaki/index.html

問合せ:(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン
〒814-0002 福岡市早良区西新1-7-10-702
Tel: 092-833-7575


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 国際交流イベント&日本語教師養成講座説明会
  国際交流イベント(韓国人との交流)と2012年4月開講の日本語教師養成講座の説明・授業体験を同日開催します。参加無料、要申込。いずれか一方のみの参加可。

日時:3/17(土)11:00〜、日本語教師養成講座説明会13:00〜
場所:愛和外語学院(福岡市東区馬出1-15-37)
詳細はこちら:http://www.aiwa.ne.jp/

問合せ:愛和外語学院
Tel: 092-632-6748

2) いのちの映画祭
  日本、ドイツ、スウェーデンなどを舞台にしたドキュメンタリーの上映。参加者による乾燥のシェアや監督のトーク、対談もあります。

日時:3/17(土)、3/18(日)
場所:福岡市男女共同参画推進センター「アミカス」4Fホール(西鉄天神大牟田線「高宮駅」西口すぐ)
詳細はこちら:http://cinema.okagesama.net/

問合せ:いのちの映画祭実行委員会(株式会社ウインドファーム内)
Tel: 093-202-0081  Email: eiga@windfarm.co.jp

3) 第23回三・一文化祭
  朝鮮半島の文化紹介を通して在日コリアンと地域住民が交流するイベントです。参加無料。

日時:3/25(日)11:30〜15:30
場所:福岡市立千代小学校体育館(福岡市博多区東公園8-1)
詳細はこちら:http://ameblo.jp/sillakangsoo/

問合せ:三・一文化祭実行委員会
Tel/Fax: 092-621-8824、092-571-1133

4) 九州日仏学館文化イベント
  <マルディ・シネマ>
福岡未公開の様々なジャンルのフランス映画を上映する、フランス映画ファン必見の企画。第2回目は『レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち』です。

日時:3/27(火)19:00
場所:西鉄ホール(ソラリアステージ6F)
料金:一般 前売1,000円/当日1,200円 学生・60歳以上 前売800円/当日1,000円

<フランス語で落語>
日本に帰化した明治時代のイギリス人落語作家ヘンリー・ブラックの人気演目「扇子から落ちた話」をステファン・フェランデスが演じます。入場無料、要予約。

日時:3/31(土)18:15
場所:九州日仏学館5F多目的ホール(福岡市中央区大名2-12-6)

詳細はこちら:http://www.ifj-kyushu.org/jp/
問合せ:九州日仏学館
Tel: 092-712-0904(火〜土 10:00〜13:00、14:00〜19:00(土は18:00まで))
Email: info@ifj-kyushu.org

5) 第26回福岡アジア映画祭2012 ボランティア募集!
  7月6日〜15日に開催の「福岡アジア映画祭」のボランティアを募集しています。
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会 担当:今村
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. エミリーの那珂川ノート
 
西と東が交わる平戸

自分の中に眠っている歴史家としての興味をそそることをしばらくやっていない。しかし、最近長崎県平戸市に住んでいる友達に会いに行く機会があって、結局、とても教育的な旅になった。
福岡市は「アジアのゲートウェイ」としてアピールしている。昔からアジア大陸と強いつながりがあったため、とてもふさわしい名称だと思われる。(現在、福岡はアジアのいろんなところに行きたい人にとって非常に便利なところである!)九州はアジアに近いから、福岡以外の場所もアジアと歴史的に緊密な関係にある。しかし、長崎県ならではのことといえば、歴史的に、日本のアジアとの交流だけでなく、西洋との交流にも重要な役割を担ったということだ。
1550年にポルトガルの船が平戸に上陸してから、西洋と貿易を開始した。17世紀に日本が鎖国するまで、イギリスとオランダのようないろんなヨーロッパの国からの業者を歓迎した。去年、1609〜1641年の間に平戸港の隣に立っていた平戸オランダ商館が復元され開館したばかりだ。緻密な発掘調査により復元された建物は、豪族の松浦(まつら)家とオランダ業者の関係と、オランダ東インド会社についての歴史的な情報で溢れている。私のオランダ東インド会社についての知識のほとんどは「パレーツ・オブ・カリビアン」の映画から吸収したものだったから、平戸オランダ商館で日本との貿易関係について学んで、とても面白かった。(ちょっと嘘だよ...「現代ヨーロッパ史」という高校の授業で少し勉強したことがあった。)
同じ1550年にフランシスコ・ザビエルが九州に上陸して、彼が広めたキリスト教の教えは根付いた。特に、長崎に。戦国時代に日本を統一した秀吉は外国からの影響に対して懐疑的で、初めてキリスト教を迫害する命令を出した。17世紀半ばに、キリスト教は徳川幕府により完全に禁じられ、キリスト教徒は自分の信仰を隠した。この「隠れキリシタン」は明治維新に宗教の自由が確立されるまでひそかに信仰を続けた。
現在でも、長崎県は人口当たりのキリスト教徒の割合が日本で一番多い。平戸には日本の中でもかなり古い教会がいくつもある。例えば、キリスト教と仏教の特徴を同時に現している墓地のある美しい田平教会、そして、ある場所から見ると二つのお寺と並んで見えるために平戸を代表する風景として知られるようになった平戸教会など。
長崎の西洋との貿易や文化交流について学べる他のところといえば、長崎市にある復元されたオランダ商館跡の出島(200年も続いた鎖国時代にオランダの業者はここしか貿易できなかった)と1637年にキリスト教の農民がキリスト教に反対した地元の支配者に反抗した「島原の乱」で有名な島原市。
今回も、書きたいことと研究したいことがもっとある。しかし、この間の平戸への旅では、長崎、九州、そしてその西洋との関係についてもっと学ぶことを楽しみにしている「自分の中に眠っている歴史家」が呼び起こされたから、嬉しい。この短いコラムを読んでくれた読者の皆さんの中に眠っている歴史家も呼び起こされるように願っている!

エミリー・ローゼンバーグ




How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/