Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.121 June/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities.
Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
A transit of Venus across the Sun will take place tomorrow, June 6, 2012. It is the astronomical event of the century, as the next such transit will occur in 2117! It is expected to start at around
7:11 a.m. and end at around 1:48 p.m. Viewing the Sun with the naked eye or sunglasses is not safe, so please try to use eclipse glasses.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
先月21日の金環日食に続き、明日6日は金星の日面通過が見られます。次回は105年後という世紀の天文現象です。午前7時11分頃から午後1時48分頃までの予定です。太陽を直接見たりサングラスを使うと目を痛めるので、日食グラスなどを使って観測してみましょう!


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    2) New Tenant Wanted for the Fukuoka International House

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) A Resident Record to be Made for Foreign Residents
    2) Helpline for Foreigners
    3) Free Counseling on Working Conditions
    4) Child Allowance
    5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
    6) Cine-la Information

3. News from FUKU-NET Members

    1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    2) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Games

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Hakata Walking Tour with English Guide
    2) 8th Fukuoka International Gift Show 2012
    3) The 24th Asian Pacific Cup Men's Volleyball Games in Fukuoka
    4) Fukuoka Asian Film Festival 2012

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    What's the "point"?


1. News from The Fukuoka International Association
 
For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jun. 21 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Ms. Hana BOGDANOVA (Bratislava, Slovakia)
              Comparative Linguistics, Faculty of Social Sciences, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2) New Tenant Wanted for the Fukuoka International House
  The Fukuoka International Association runs dormitories for international students in the Fukuoka Metropolitan Area.
We are inviting new tenants to move into the Fukuoka International House (4-1, Tenyamachi, Hakata-ku) for families.

Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/student/06.html


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) A Resident Record to be Made for Foreign Residents
  In accordance with the legal changes on July 9th, 2012, foreign residents will be eligible to receive a Resident Record (jumin-hyo). Prior to this, a “Notification of Details on Provisional Resident Record” has been mailed to you last month, so please go over the contents carefully. If there are any errors/required changes, please bring your Alien Registration card or passport and notify the Citizen Section of your local Ward Office/Branch by Friday, July 6th. If any undeclared corrections on the Notification of Details on Provisional Resident Record are not made, it shall, in principle, become official.
If you have not registered any past changes to information, such as your place/status of residence, you may not have received a Notification of Details on Provisional Resident Record. Therefore, if you did not receive this document by the end of May, please visit your local Ward Office/Branch as soon as possible. Otherwise your Resident Record will not be made.

Inquiry: Multilingual Call Center for Changes to the Basic Resident Registration Law
Tel: 0570-066-630, 03-6301-1337 (Weekdays 8:30 - 17:30)

2) Helpline for Foreigners
  A special counselor will work with you to find a solution to your problem. The toll-free number is accessible 24 hours from anywhere within Japan, including from mobiles and public phones. Available times for counseling vary by foreign languages (English, Chinese, Korean, Tagalog, Thai, Spanish, and Portuguese). Please press 2 after the guidance.

Tel: 0120-279-338

3) Free Counseling on Working Conditions
  An English-speaking advisor is available from 9:00 to 16:00 on every Tuesday and Thursday.

Inquiry: Inspection Division, Fukuoka Labour Bureau (4F Fukuoka National Government Blgd. Annex, 2-11-1 Hakataeki-Higashi, Hakata-ku, Fukuoka)
Tel: 092-411-4862

4) Child Allowance
  The name for "Child Allowance" in Japanese has changed from "Kodomo-teate" to "Jido-teate" as of April, 2012. To receive the allowance after June, you are required to submit an application called "genkyo-todoke". It will be mailed to eligible households early this month. Those who have not claimed the child allowance through March of this year must submit an application to the Child Rearing Support Section of your local Ward Office by Friday, September 28, 2012.

Inquiry: Fukuoka City Jido-teate Call Center (only in Japanese)
Tel: 092-711-5029 (Weekdays 9:30 - 17:30, Mondays - 20:00 until Sep. 28)

5) Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
  <Job-search Seminars for International Students>
Attendance required for those who wish to participate in the Job Fair below.
Date/Time: Jun. 12 (Tue.), 14 (Thu.), 19 (Tue.) 16:00 - 18:00
Venue: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center (12F Elgala Office Bldg. 1-4-2 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
* Those who have not registered to the Center are required to come by 15:00 with your Alien Registration Card.

<Job Fair for International Students in Fukuoka>
Job interviews for international students who will graduate in March, 2013. About forty companies are expected to participate. No appointment required and admission free.
Date/Time: Jun. 21 (Thu.) 12:00 - 16:00  Reception 10:30 - 15:30
Venue: 8F & 7F, Elgala Hall (1-4-2 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
* Those who have not registered to the Center are required to bring your Alien Registration Card and student ID.

Further information: http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
Inquiry: Fukuoka Gakusei Shokugyo Center
Tel: 092-714-1556

6) Cine-la Information
  <Image Forum Festival 2012>
Duration: Jun. 6 (Wed.) - 10 (Sun.)
Fee: 800yen (single advance ticket), 1,000yen (single ticket), 2,500yen (four tickets), 4,500yen (free pass)

<EU Film Days 2012 in Fukuoka>
Duration: Jun. 13 (Wed.) - 19 (Tue.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S. student 400yen

<European Masterpiece Cinema Collection>
Duration: Jun. 21 (Thu.) - 24 (Sun.)
Fee: Adult 800yen, H.S. & Univ. student 700yen, Elem. & J.H.S. student 600yen

<The French Film Festival 2012>
Duration: Jun. 27 (Wed.) - 30 (Sat.)
Fee: 1,200yen (single ticket)

No English Subtitles.
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm
Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event.

"Chronicle of a Death Foretold" ('87, 110min.)
Date/Time: Jun. 15 (Fri.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (8F Fukuoka Asian Art Museum)
Limit: First 120 visitors (No advanced reservation is required)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

2) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Games
  These annual charity baseball games support mine-removal activities and mine victims in Cambodia. 500 yen from each ticket sale will go towards the charity.

Date: Jun. 26 (Tue.) - 28 (Thu.) 18:00 vs. Orix Buffaloes
Venue: Fukuoka Yahoo! Dome
Fee: Seat A 2,500yen
Further information: http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campaign
Tel: 092-833-7575    Email: cmc5963@gmail.com


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Hakata Walking Tour with English Guide
  Take a walk to temples, shrines, and shopping arcades in the Hakata area! Limited to 12 people.

Date/Time: Jun. 10 (Sun.) & 23 (Sat.) 10:00 - 12:00
Meeting: Tourist Information Center in JR Hakata Station
Fee: 1,000yen
Further information: http://japankyushu.com/

Inquiry: SOZOX Travel Design
Tel: 080-4310-4173, 090-3323-0533  Email: info@sozox.jp

2) 8th Fukuoka International Gift Show 2012
  Kyushu's biggest show for personal gifts and household goods, taking place concurrently with the 1st Fukuoka International Beauty Show 2012!

Date/Time for Public: Jun. 13 (Wed.) 10:00 - 17:00
Venue: Marine Messe Fukuoka (7-1 Okihama-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Further Information: http://www.giftshow.co.jp/figs/8figs/

Inquiry: Business Guide-Sha, Inc.
Tel: 03-3843-9901

3) The 24th Asian Pacific Cup Men's Volleyball Games in Fukuoka
  China, Thailand, US and Japan will stage exiting games in Fukuoka.

Duration: Jun. 15 (Fri.) - 17 (Sun.) 3days
Venue: Fukuoka Civic Gymnasium
Fee: Adult 2,000yen, J.H.S & H.S. student 1,000yen, Elem. student & under Free
Further information: http://mit.vc/

Inquiry: Management Office for the Games (MIT/Hosaka Office)
Tel: 092-733-6888

4) Fukuoka Asian Film Festival 2012
  This festival is completely managed by over 100 volunteers. It receives various support from local enterprises and the "Fukuoka Asian Film Festival Fund", donated from all over Japan.

Festival duration/venue:
Jul. 6 (Fri.) - 8 (Sun.) 5F Hall, French-Japanese Institute of Kyushu (Subway Akasaka Station No. 3 Exit)
Jul. 13 (Fri.) - 15 (Sun.) Meiji Yasuda Seimei Hall (Subway Nakasu-kawabata Station)
Fee: 1,400 yen Advance, 1,800 yen at door
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival Executive Committee
Tel: 092-733-0949    Email: faff@gol.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
What's the "point"?

I frequent a particular convenience store, where I am always asked "Do you have a point card?" at check-out. Every time I smile politely and shake my head, "No, I don't have one." I know it's requiredt hat they ask, so I don't mind. I still find it interesting that the point card is such an important part of shopping at a convenience store.
It seems that nearly every store or restaurant in Japan offers "loyalty" programs through point cards these days. It is the age of a point card "boom", as is the popular term for such a trend in Japanese. The basic concept is that the more you use that shop's service, the more incentives you incur. This is certainly nothing new-reward programs for credit cards and airline miles have been around for many years. In most cases, you can receive a point card for free, or register to become a member of the point service for free.
I stumbled upon an interesting compilation of results from a 2009 survey about point card usage in Japan. Of the 500 survey participants (split evenly, male and female, and covering a wide range of age groups and regions), every single person said they have at least one point card. Well over 50% of survey-takers had one to five point cards, while 24.2% had six to ten, for an average of 7.05 point cards per person. The survey then asked how many of those point cards each person had used in the last six months, and the average came to 3.89. Clearly, many people carry more point cards than they use on a regular basis.
I counted my own point cards and found ten, though I only use perhaps three or four of them with any regularity. I also have a small pouch at home containing probably 20 more, which I take out only when I know I'm going to use them. Sometimes I wonder, why do I even have them?
In discussing the matter with some of my coworkers, we agreed that point cards can have significant benefits (in terms of getting cash back, coupon vouchers, or free goods), but they can also be problematic. Shuffling through your vast deck of point cards, searching for the right one while others wait in line behind you, can be embarrassing. Most points expire after a certain date, and for many people who can't accumulate them quickly enough (in other words, aren't spending money quickly enough at that particular shop or service), their points end up going to waste. Other point card services require registration and have complicated terms, so that you don't even know the benefits of attempting to accumulate points. I've found that the best point cards are those where the benefits are simplest to understand-as with IC cards (points turn directly into cash) or those that require smaller numbers of stamps to receive some sort of incentive.
Although the "point" of point cards is not always clear, there's no doubt they're here to stay. Check your own wallet- how many are you carrying right now? How many do you use with any frequency? Assessing this could help lighten your load and prioritize your spending!

Emily Rosenberg


Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  3) 学生交流会館入居者募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 外国人住民の皆さんへ 新しく住民票を作成します
  2) よりそいホットライン
  3) 労働条件に関する無料相談
  4) 児童手当のお知らせ
  5) こくさいひろば情報
  6) グローバル・ウイング2012参加者募集
  7) 福岡学生職業センター
  8) シネラ情報

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 講演会「7カ国語で話そう。」
  2) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  3) 一般公開講座「ユヌス・ソーシャル・ビジネスを学ぶ」
  4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  5) 国連講演会
  6) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
  7) カナダフレンドシップ大使募集
  8) NGO相談員制度ご案内

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 記念講演会「日本と中国」
  2) 韓国留学説明会
  3) 第8回福岡インターナショナル・ギフト・ショー
  4) 第24回アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会
  5) 第26回福岡アジア映画祭2012
  6) 博多っ子講座
  7) 住吉神社参拝ツアー
  8) バングラデシュ現地訪問参加者募集
  9) 世界の女性に学ぶ外国語教室

5. エミリーの那珂川ノート

  「ポイント」は何?


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:6/17(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を電話、FAXまたはEmailでレインボープラザへ。詳しい案内をお送りします。
申込締切:6/10(日)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

問合せ:レインボープラザ
Tel : 092-733-2220

2) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6月21日(木)18:30〜20:30
語り手:ボグダノバ・ハナさん(スロバキア・ブラチスラバ出身)
     九州大学大学院比較社会文化学府言語学専攻
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

3) 学生交流会館入居者募集
  福岡よかトピア国際交流財団が運営する福岡学生交流会館(福岡市博多区店屋町4-1)の世帯者用宿舎の入居者を募集しています。

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/student/06.html


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 外国人住民の皆さんへ 新しく住民票を作成します
  平成24年7月9日の法律改正に伴い、外国人住民にも住民票が作成されます。これに先立ち、先月「仮住民票記載事項通知書」を送りましたので、必ず内容を確認し、変更等がある場合は7月6日(金)までにお住まいの区の区役所・出張所に外国人登録証書やパスポートを持参して届け出てください。届け出がない場合は、原則として仮住民票記載事項証明書に記載のとおりに住民票を作成します。
住所や在留資格の変更などがあっても、お住まいの区の区役所・出張所に届けていない人には仮住民票記載事項通知書が届かず、住民票が作成されないことがあります。そのため、仮住民票記載事項通知書が届いていない人は、速やかにお住まいの区の区役所・出張所に届け出をお願いします。

問合せ:外国人住民の住民基本台帳制度に関する電話相談窓口
Tel: 0570-066-630、03-6301-1337(平日8:30〜17:30)

2) よりそいホットライン
  電話相談の専門員と一緒にあなたの悩みを解決する方法を探しましょう。全国どこからでも24時間通話料無料でかけられます(携帯電話、公衆電話からもつながります)。英語・中国語・韓国語・タガログ語・タイ語・スペイン語・ポルトガル語での対応は言語により時間が異なります。音声ガイダンスに従って2番を選んでください。

電話番号:0120-279-338

3) 労働条件に関する無料相談
  外国人労働者相談コーナーでは、毎週火・木曜日の9:00〜16:00、英語で労働条件に関する相談を受け付けています。

問合せ:福岡労働局労働基準部監督課(福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館4階)
Tel: 092-411-4862

4) 児童手当のお知らせ
  平成24年4月から、子ども手当てが児童手当に変わりました。6月以降の手当を受給するには、現況届の提出が必要です。5月までに認定された全ての家庭に今月上旬に現況届を郵送します。3月分までの子ども手当ての請求をしていない人は、平成24年9月28日(金)までに申請が必要です。

問合せ:市児童手当コールセンター
Tel: 092-711-5029(平日9:30〜17:30、月曜のみ〜20:00。9/28(金)まで)

5) こくさいひろば情報
  <青少年海外派遣プログラム(バンコク)参加者募集>
福岡県の友好都市・タイ王国バンコク都での学校訪問やホームステイを通して国際理解を深めるプログラムに参加する高校生を募集します。募集人数10名

派遣期間:7/26(木)〜8/1(水)7日間
参加者負担金:50,000円(パスポート取得費用など別途自己負担あり)
募集締切:6/21(木)必着
問合せ:福岡県国際交流センター 企画交流課
Tel: 092-725-9204

<平成24年度国際化推進活動助成金対象事業募集>
福岡県内に活動基盤をもつ非営利団体が、平成24年4月〜平成25年3月に福岡県内で開催する国際協力・多文化交流などの活動に要する経費の一部を助成します。

申請締切(第2期):6/30(土)
※提出は持参のみ。申請内容について面談を行うため、要事前予約。
助成金額:助成対象経費合計の1/2以内の額(1件あたりの上限30万円)
問合せ:福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

6) グローバル・ウイング2012参加者募集
  県内青年をアジア諸国へ派遣し、リーダーを育成する「グローバル・ウイング2012(第15回福岡県青年の翼)の参加者を募集します。定員30名。

応募資格:県内在住の18歳以上35歳以下の人(平成24年4月1日現在)
日程:11/11(日)〜18(日)
訪問国:ベトナム、マレーシア、中国
負担金:9万9千円(別途渡航手続費や研修費用などが必要)
申込締切:6/20(水)消印有効
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e05/globalwing2012.html

問合せ:福岡県新社会推進部青少年課
Tel: 092-643-3386

7) 福岡学生職業センター
  <留学生就職ガイダンス>
下記就職フェア参加のための事前ガイダンス。
日時:6/12(火)、14(木)、19(火)16:00〜18:00
場所:福岡学生職業センター(福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィスビル12F)
※センター未登録の方は、外国人登録証を持参の上15:00までに来所ください。

<留学生就職フェアin Fukuoka>
2013年3月卒業予定の留学生を対象とした就職面談会。参加企業40社程度(予定)。入場無料、予約不要。
日時:6/21(木)12:00〜16:00 受付10:30〜15:30
場所:エルガーラ8階大ホール・7階多目的ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
※センター未登録の方は、外国人登録証および学生証を持参してください。

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター 担当:工藤
Tel: 092-714-1556

8) シネラ情報
  <イメージフォーラムフェスティバル2012>
期間:6/6(水)〜10(日)
観覧料:800円(前売1回券)、1,000円(1回券)、2,500円(4回券)、4,500円(フリーパス券)

<EUフィルムデーズ2012in福岡>
期間:6/13(水)〜19(火)
観覧料:大人600円、高校・大学生500円 小中学生400円

<ヨーロッパ名作映画特集>
期間:6/21(木)〜24(日)
観覧料:大人800円、高校・大学生700円 小中学生600円

<フランス映画際2012>
期間:6/27(水)〜30(土)
観覧料:1,200円(1回券)

詳細はこちら:http://www.cinela.com/
問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 講演会「7カ国語で話そう。」
  多言語を身につけながら世界の人達との交流を広げる活動を31年間続けているヒッポファミリークラブが講演会を開催します。参加無料。

日程:〜6/17(日)
場所:福岡市各市民センター、近郊のコミュニティセンターなど
詳細はこちら:http://hfcw.jp/

問合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761(月〜金 10:00〜16:00)

2) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。

日時:6/6(水)、14(木)18:30〜
場所:福岡市役所北別館
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

3) 一般公開講座「ユヌス・ソーシャル・ビジネスを学ぶ」
  ノーベル平和賞・福岡アジア文化賞受賞者のムハマド・ユヌス氏にもっとも近い日本人と言われる九州大学岡田昌治教授を講師に迎えます。講演会終了後は交流会も予定しています。参加費無料、定員10名(申込多数の場合は抽選)。

日時:6/14(木)18:45〜21:15
場所:福岡よかトピア国際交流財団会議室

問合せ:FUKU-NET事務局(福岡よかトピア国際交流財団内)担当:菊池
Tel: 092-733-5630

4) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。

「予告された殺人の記録」('88、110分)
日時:6/15(金)19:00
場所:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
先着120名(直接会場へお越しください)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

5) 国連講演会
  「東日本大震災への世界からの支援と国際協力」というテーマで開催します。参加無料、要事前申込。

日時:6/21(木)16:20〜17:50
場所:福岡大学A棟(福岡市城南区七隈8-19-1)
講師:外務省国際協力局緊急・人道支援課 吉井 幸夫 氏
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: UNAJ-fukuoka@nifty.com

6) カンボジア地雷撤去キャンペーン「チャリティ野球チケット」
  今年も恒例のチャリティ野球が開催されます!福岡ソフトバンクホークスを応援して、カンボジア地雷撤去、地雷被害者救済にご協力ください。

日時:6/26(火)〜28日(木)18:00 オリックス
場所:福岡ヤフードーム
料金:A指定席引換券¥2,500
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7575  Email: cmc5963@gmail.com

7) カナダフレンドシップ大使募集
  多文化主義国家カナダで国際語としての英語を学びながら、環境保護を実践している場を体験学習します。小学5年生以上対象、定員20名。

日程:7/26(木)〜8/9(木)
場所:ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市、リッチモンド市
料金:317,000円
申込締切:7/5(木)
問合せ:カナダ友好協会
Tel: 090-1518-3031  Fax: 092-934-3553  Email: canada@mba.nifty.ne.jp

8) NGO相談員制度ご案内
  外務省の委嘱を受けた団体が、国際協力やNGOに関する質問や相談に対し、情報提供やアドバイスを行う「NGO相談員制度」。平成24年度の相談員にNGO福岡ネットワークが選ばれました。
詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/

問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel: 092-405-9870(平日13:00〜18:00)


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 記念講演会「日本と中国」
  日中国交正常化40周年を記念した講演会です。先着順150名、申込不要。

日時:6/9、16、30、7/14 13:30〜15:00
場所:福岡ビル9階大ホール(福岡市中央区天神1-11-7)
参加費:500円/回

問合せ:立命館アジア太平洋大学孔子学院
Tel: 0977-78-1188

2) 韓国留学説明会
  ビザ関係、学校の最新情報、現地生活情報などについて詳しく説明します。個別相談も受けます。要申込。

日時:6/10(日)14:00〜16:00
場所:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
詳細はこちら:http://www.kankoku-ryugaku.net/

問合せ:日韓友好協会
Tel: 03-3805-5664  Email: info@kankoku-ryugaku.net

3) 第8回福岡インターナショナル・ギフト・ショー
  九州最大のパーソナルギフトと生活雑貨の見本市。今回は「第1回福岡国際ビューティー・ショー2012」が同時開催。

一般消費者来場可能日時:6/13(水)10:00〜17:00
場所:マリンメッセ福岡(福岡市博多区沖浜町7-1)
詳細はこちら:http://www.giftshow.co.jp/figs/8figs/

問合せ:株式会社ビジネスガイド社
Tel: 03-3843-9901

4) 第24回アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会
  中国、タイ、アメリカ、日本が参加し熱戦が繰り広げられます。

日時:6月15日(金)〜17日(日)3日間
会場:福岡市民体育館
入場券:大人2,000円、中・高校生1,000円、小学生以下無料
詳細はこちら:http://mit.vc/

問い合わせ:大会事務局((株)MIT/ホサカオフィス内)
Tel: 092-733-6888

5) 第26回福岡アジア映画祭2012
  <プレイベント>
韓国初の長編アニメーション『少年勇者ギルドン』。長い間現存しないと言われていた幻を借りての特別上映。必見です!
日時:6/23(土)13:00、16:00
場所:九州日仏学館 5Fホール(地下鉄・赤坂駅3番出口)
会費:前売\1,000 当日\1,300

<映画祭>
100名以上のボランティアと地元企業を始めとするさまざまな協賛金、全国から寄せられた「福岡アジア映画祭基金」によってすべてが運営されています。

日程/会場:
7月6日(金)〜8日(日)九州日仏学館5Fホール
7月13日(金)〜15日(日)明治安田生命ホール(地下鉄・中洲川端駅)
料金:前売1,400円 当日一般1,800円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

6) 博多っ子講座
  博多部で活動するまちおこし団体「はかた部ランド協議会」が開催している、博多の歴史と文化を学ぶ毎年恒例の全8回講座の第2回です。要申込。

日時:6/23(土)15:00〜
場所:博多小学校(福岡市博多区奈良屋町1-38)
会費:全回通し6,000円(各回ごとの参加は1回につき1,000円)
内容:博多祇園山笠と博多の伝統芸能について
講師:上田啓蔵氏(はかた部ランド協議会議長)

問合せ:博多っ子講座事務局(西門蒲鉾本店内)
Tel: 092-291-2466  Fax: 092-271-7160  Email: saimon@mbg.nifty.com

7) 住吉神社参拝ツアー
  神社での参拝や手水の作法、住吉神社の歴史などを神職が境内を案内しながら教えます。能楽殿の見学もできます。

日時:6/10(日)14:00〜、24(日)11:00〜
集合:住吉神社授与所(福岡市博多区住吉3-1-51)
参加費:無料(終了後、希望者のみ初穂料1,000円で昇段参拝を行います)

問合せ:住吉神社社務所
Tel: 092-291-2670

8) バングラデシュ現地訪問参加者募集
  学校・病院の見学、家庭訪問、地域住民との交流、史跡めぐりなどを企画しています。数回の事前研修を行います。定員10名。

日程:8/26(日)〜9/4(火)
参加費:約20万円(予定)※ビザ代・保険料は別途必要。
申込締切:6/30(水)

問合せ:バングラデシュと手をつなぐ会
Tel/Fax: 092-844-1369  Email: bangla@npgo.jp

9) 世界の女性に学ぶ外国語教室
  英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ロシア語、インドネシア語、スペイン語、タイ語を開講しています。随時受付。

費用:入会金5,000円、グループレッスン月謝8,000円
場所:福岡市中央区天神4-9-12 光ビル7階
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/empower_f/

問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
Tel/Fax: 092-738-0138  Email: empower_f@ybb.ne.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
「ポイント」は何?

よく行くコンビニで買い物をする度に、レジで「ポイントカードはお持ちでしょうか?」と聞かれる。毎回微笑みながら頭を横に振って、「いいえ、持っていません。」と答える。店員さんはマニュアルどおりに毎回聞かなければいけないことが分かっているから別に構わないけど、ポイントカードがコンビニでの買い物にそれほど大事なものだということは面白いと思う。
最近、日本ではどんなお店やレストランでもポイントカードを出している気がする。日本語のはやり言葉で言うと、ポイントカード「ブーム」である。基本的なコンセプトは、ある店を利用すればするほど、ポイントの利益を得るということだ。これは新しい制度ではない。クレジットカードやエアラインのマイレージクラブのような制度はだいぶ前からあった。ほとんどの場合、無料でポイントカードをもらったり、ポイントサービスに登録したりできる。
2009年に行われた日本の「ポイントカード使用状況に関するアンケート」を見つけた。500人の回答者(全国のいろいろな地域と年齢の男女半数ずつ)の全員が少なくとも1枚のポイントカードを持っていた。50%以上は1〜5枚、24.2%は6〜10枚持っていて、平均すると一人が7.05枚持っている計算になる。「過去6カ月以内に使ったポイントカードの数は何枚か」という質問の回答の平均は3.89枚だった。多くの人が頻繁に使わないポイントカードもたくさん持っていることは明らかである。
自分のポイントカードを数えたら、10枚あったけど、頻繁に使っているのは3〜4枚だけだと思う。家にも小さなポーチがあって、使う予定がある時だけ出している20枚くらいのポイントカードが入れてある。たまに、何故こんなに持っているのだろう?とも思う。
同僚と話していたら、ポイントカードには利益(キャッシュバック、クーポン、無料のグッズなど)もいっぱいあるけど、面倒なところもある。後ろの人が待っているのに、分厚い束の中から一枚のポイントカードを探すのは恥ずかしい。ほとんどのポイントには有効期限があるから、効率的に貯められない人(つまり、その店で十分お金を使っていない人)のポイントは無駄になる場合が多い。登録制のポイントカードは取引条件が複雑で、ポイントを貯めるメリットがよく分からない場合もある。私達が同意したのは、利益が分かりやすいポイントカード(例えば、キャッシュバックになるICカードや、利益を得るために貯めなければならないスタンプの数が少ないカード)が一番いいということ。
ポイントカードの「ポイント」はいつも明確ではないけど、日本の生活に定着しているのは間違いない。皆さん、自分の財布をチェックしてみては?今何枚持っているのだろう?頻繁に使うのは何枚ある?これを分析すれば、財布を軽くできるだけでなく、お金の使い方に優先順位をつけることもできるかもしれない!

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/