Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.123 August/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Although some of you may not be getting enough sleep because of the Olympic games, there are still more exciting events to come!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
連日のオリンピック観戦で寝不足の人も多いのでは?熱戦はもう少し続きます。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    2) Magazine List has been Updated

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Please be Aware of the Legal Changes
    2) Notice for Planned Rotating Power Outages
    3) Free Medical Checkups for Foreign Residents
    4) Fukuoka Prize 2012

3. News from FUKU-NET Members

    1) Cambodia Mines-remove Campaign Charity Baseball Games
    2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
    3) Charity Hair Salon 2012
    4) Fukuoka Interpreters' Association 2012 Entrance Examination

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Scrapbooking Workshop
    2) Wadaiko (Japanese drum) Concert
    3) Hakata Walking Tour with English Guide
    4) 17th International "Kusamakura" Haiku Competition
    5) The 6th Kamenori Awards Calling for Entries
    6) Your Work may be Posted on the website!

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    Asking, Sharing, Learning


1. News from The Fukuoka International Association
 
For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Aug. 16 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Mr. Dharmendra KUMAR (Delhi, India)
              Seinan Gakuin University
Venue: 601 Conference Room, 6F ACROS Fukuoka (1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
* Please note that the venue is different than usual.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (Japanese only)

2) Magazine List has been Updated
  The list of magazines available to read at Rainbow plaza has been updated and can be viewed on our website!
Further information: http://www.rainbowfia.or.jp/en/institution/07.html

Inquiry: Rainbow Plaza
Tel: 092-733-2220


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Please be Aware of the Legal Changes
  The Immigration Control Act and Residential Basic Book Act have been revised as of July, 2012 and a resident record has been made for foreign residents.
If you are holding an "Alien Registration Card", it is not necessary to immediately exchange it for a Resident Card as it will be deemed equivalent to a Resident Card for a certain period. If you are a new Fukuoka City resident or you are changing addresses within the City, you must register your new address at a local Ward/Branch Office within 14 days of your moving-in date. If you are moving to a different ward in Fukuoka City, please report this to the Ward/Branch Office to which you move. When moving out of the city, you must report to your local Ward/Branch Office prior to moving, and your new resident registration procedure shall be done at a municipal office in the municipality to which you move.
Also, applicable conditions to be covered by the national health Insurance program have been expanded (Previously foreign nationals residing in Japan for a period of one year or longer were required to enroll in the program, and now those who will be staying in Japan for period greater than 3 months are required to enroll in the program). Please note that those who newly meet the requirements must submit an application to a local Ward/Branch Office.
Further information (Japanese only):
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/life/gaikokujin-jyumin-ido.html
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kokuho/

2) Notice for Planned Rotating Power Outages
  Kyushu Electric Power Co., Inc. has announced the details of planned power outages as a safety net over the summer. Kyushu is divided into 60 groups and the rotating outages will be implemented only in the case that there is no reserve to supply. An outage will be announced by sound trucks two hours prior to being initiated in the affected group.

Duration: 8:30 - 21:00 on weekdays until Sep. 7 (Sat.) except Obon holidays
              Maximum one time per day per group for two hours, in principle
Grouping and schedule: A notification has been sent to you directly by mail as of the end of June and a search system is available at the KEPCI website.
Further information: http://www.kyuden.co.jp/

Inquiry: Special Call Center
Tel: 0120-187333 (9:00 - 20:00 on weekdays)
* Cutomer centers in each service area handle telephone inquiries 24 hours a day.

* Fukuoka City participates in the "Cool Share" power-saving movement, which is newly advocated by the Ministry of the Environment. Various events will be held to call people out into public spaces to save electricity at home. Permanent exhibition admissions have become free for the Fukuoka City Museum, Fukuoka Art Museum, and Fukuoka Asian Art Museum. Check out details at http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/life/coolshare_fukuoka_top.html (Japanese only).

3) Free Medical Checkups for Foreign Residents
  Free medical check-ups are available for foreign residents, who may not be able to receive them on a regular basis. No reservation is required, so please feel free to stop by!

Duration: Weekdays during Sep. 3 (Mon.) - 28 (Fri.)
Reception time: 8:30 - 11:30 & 13:30 - 15:00
Venue: Fukuoka TB Prevention Center, or Fukuoka Kekkaku Yobo Center (2-4-7 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Examination list: health interview, body measurement, diagnosis, blood pressure, urinalysis, blood test, and chest X-ray

Inquiry: Health Promotion & Disease Prevention Section, Fukuoka City
Tel: 092-711-4270

4) Fukuoka Prize 2012
  The award ceremony and forums by the laureates are open to the public. Please apply for tickets by Sep. 3 (Mon.).
Further information: http://fukuoka-prize.org/

<Award Ceremony>
Date/Time: Sep. 13 (Thu.) 18:20 - 20:00
Venue: Fukuoka International Congress Center

Inquiry: Fukuoka Prize Official Functions Reception
Tel: 0120-259-666 (10:00 - 18:00)


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Cambodia Mines-Remove Campaign Charity Baseball Games
  Watch baseball games and support mine-removal activities and mine victims in Cambodia!

Dates: Sep. 11 (Tue.) - 13 (Thu.) 18:00 vs. Orix Buffaloes
Venue: Fukuoka Yahoo! Dome
Fee: Seat A 2,500yen
Further information: http://cmc-net.jp/ (Japanese only)

Inquiry: Cambodia Mines-Remove Campaign
Tel: 092-833-7575    Email: cmc5963@gmail.com

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
  This is a free monthly movie-viewing event. Limited to first 120 visitors. No reservation is required.

"Marriage Italian-style" ('64, 102min., Italian)
Date/Time: Aug. 7 (Tue.) 19:00
Venue: Ajibi Hall (8F Fukuoka Asian Art Museum)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153

3) Charity Hair Salon 2012
  Have your hair cut by a professional hairdresser and help raise money for the victims of the Chernobyl nuclear accident and the Great East Japan Earthquake. Volunteer staff is also wanted for the event!

Date/Time: Aug. 27 (Mon.) 10:00 - 15:00
Venue: Omura Beauty Fashion College, OMUNIS Studio (2F 2-1-35 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Charge: 1,500yen

Inquiry: Chernobyl Medical Support Network
TEL/FAX: 092-944-3841    E-mail: jimu@cher9.to

4) Fukuoka Interpreters' Association 2012 Entrance Examination
  Fukuoka Interpreters' Association is now accepting examination applications.

Application deadline: Aug. 31 (Fri.)
Date/Time of exam: Nov. 18 (Sun.) 13:00 -
Further information: http://www.fia-2004.com/

Inquiry: Fukuoka Interpreters' Association
Tel/Fax: 092-944-5860    Email: egg1@tkg.bbiq.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Scrapbooking Workshop
  Why not enjoy decorating your memorable photos? Please bring eight to ten photos (L size) with you (it's best that the photos have the same theme, or were taken around the same time such as your trip, your family, etc).

Date/Time: Aug. 23 (Thu.) Morning session 10:30 - 12:30, Afternoon session 13:30 - 15:30
Venue: Fukuoka City Human Rights Education Center (Kokoron Center)
            (10F Riverain Office, Hakata Riverain, 3-1 Shimokawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee: 1,500yen for beginners course, 3,000yen for specialist course (material cost included)
Capacity: 20 people for each session (applications will be closed when all spots are filled)
Application deadline: Aug. 22 (Wed.)

Inquiry: NPO Global Life Support Center
Tel: 092-283-8880    Fax: 092-283-8883    Email: support@npo-global.jp

2) Wadaiko (Japanese drum) Concert
  This is the first original concert by the drum group "OTO.GATARI", which consists of enthusiastic drummers!

Date/Time: Aug. 25 (Sat. ) 18:00
Venue: Hakata Shimin Center (Next to Sanno Park)
Fee: 2,500yen

Inquiry: oto_gatari@yahoo.co.jp

3) Hakata Walking Tour with English Guide
  Take a walk to temples, shrines, and shopping arcades in the Hakata area! Limited to 12 people.

Date/Time: Aug. 26 (Sun.) 10:00 - 12:00
Meeting: Tourist Information Center in JR Hakata Station
Fee: 1,000yen
Further information: http://japankyushu.com/

Inquiry: SOZOX Travel Design
Tel: 080-4310-4173, 090-3323-0533    Email: info@sozox.jp

4) 17th International "Kusamakura" Haiku Competition
  Entries in English can be submitted by mail or via the website.
Further information: http://kusamakura-haiku.jp/

Inquiry: "Kusamakura" Haiku Competition Office
Tel: 096-328-2039

5) The 6th Kamenori Awards Calling for Entries
  The Kamenori Awards rewards those who contribute to the promotion of mutual understanding between Japan and countries in Asia/Oceania through grass-root activities such as study-abroad exchange programs, cultural and sports youth exchanges, and language education.

Application deadline: Sep. 14 (Fri.)
Further information: http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html

Inquiry: Attention to Kamenori Awards, The Kamenori Foundation
Tel: 03-3234-1694    Email: info@kamenori.jp

6) Your Work may be Posted on the website!
  The joint venture of Hong Kong Commercial Dairy and Info Tech Business Co., World Commercial Network (WCN) Hong Kong, which has been officially recognized by both Chinese and Hong Kong special administrative region (SAR) governments, will launch the KYUSHU Channel on Aug. 8 prior to the opening of JAPAN Channel. Now they are calling for entries such as novels, poetry, four-frame cartoons to be posted on a "Support Foreign Students" section (must be written in Chinese language by foreign students living in Kyushu).
Further information: http://www.hkcd.com.hk/

Inquiry: Wise Up Co., Ltd.
Tel: 092-715-7225    Email: kaku@wiseup.co.jp


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Asking, Sharing, Learning

I grew up in a nuclear family, an eight-hour car ride away from my father's family and a ten-hour car ride away from my mother's. Once or twice a year, we would pile into the car and drive to visit these faraway relatives. Reunions with my grandparents, aunts, uncles, and cousins were always joyful, but also always ended too soon. My situation is not necessarily typical of every American family, but I do have a lot of American friends who grew up far away from their grandparents and other relatives.
In Japan, multi-generation households (of three to four generations) have been the norm. Of course, that appears to be changing in recent years, but I have met a lot of young Japanese people who grew up and still live in households with their parents and one set of grandparents. In some respects, I envy people who get to spend so much time with their extended family-engaging in family traditions all year round, sharing meals together on a daily basis, and existing as a strong supportive family network. Although, I also think it must be hard to find privacy in such a crowded household. Both types of families-nuclear and multi-generational-appear to have their pros and cons.
Since I only saw my extended family members on brief occasions, I feel I've never really gotten a chance to know many of them well. I've heard about how my grandparents grew up primarily from hearing stories from my parents, but I've seldom heard these stories from my grandparents themselves. I wonder if people living in a multi-generation family get to hear these life stories more often. It makes me wonder-how much do we ever really get to know the stories of our family members' lives, and thereby understand the greater context of our family's history?
I'm not sure what is acceptable in Japan in terms of talking to older people about their experiences-whether it's polite or impolite. But I do think that the older generation of Japanese, who are blessed with such long lives, are a limitless resource for learning about the past.
Recently, I tried an experiment at my once-a-month English conversation class for volunteer English guides. This group of retirees are an energetic bunch who love international exchange and aren't afraid of an English challenge. So I printed a list of life interview questions-questions ranging from "What was your first, most vivid memory?" to "What do you do for fun?" and "How do you feel about growing old?"-and had them interview each other, then share something interesting they discovered about their partner with the class. At first, they didn't seem to know how to proceed. Some of the questions were very personal, and I mixed up the group so they weren't interviewing people they always talk to. But once they started asking questions to their partners, the room began to buzz with voices as they shared the stories of their lives. I joked with them that if I hadn't interrupted to bring the group back together, they would have continued their discussions forever.
I learned a lot about the individuals that day-about what kind of sons or daughters they had been to their parents, their experiences growing up after the end of WWII, how they became as inquisitive about the world as they are. And I also learned that almost everybody is willing to share stories about their past, even with people they don't know particularly well, if you give them the opportunity.
Whether you live in a nuclear family or a multi-generational family, I believe that you can learn a lot if you are proactive about asking your family members and relatives about their lives. After seeing the success of my English conversation group, I hope to ask my grandparents many similar questions the next time I see them.
So, if you think about it, how much do you know about your family?

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  2) 福岡韓国語弁論大会出場者募集
  3) 国際交流フェスタ「地球市民どんたく2012」当日運営ボランティア募集
  4) 国際交流活動助成申請募集
  5) 雑誌リスト更新

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 外国人住民の異動届出および国民健康保険適用要件について
  2) 計画停電に関するお知らせ
  3) 「釜山・福岡大学生広報大使」の募集
  4) 日韓交流作文コンクール
  5) 外国人無料健康診断
  6) 第23回福岡アジア文化賞
  7) 福岡県アンビシャス外国留学奨学金奨学生募集

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 地雷被害者救済チャリティ野球
  2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  3) NGO入門講座
  4) チャリティヘアサロン・スネガビーク2012
  5) 福岡通訳協会入会について
  6) 国際理解・国際協力のための作品募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  2) 九州大学留学生サポートネットワーク<そら>ボランティアメンバー募集
  3) APCC25周年映画市民公開オーディション参加者募集
  4) スクラップブッキング体験教室
  5) 福岡県赤十字血液センター創立50周年記念式典・講演会
  6) 博多っ子講座
  7) 和太鼓コンサート
  8) マルディ・シネマ
  9) 日本財団アジア・フェローシップ募集
  10) 第17回「草枕」国際俳句大会作品募集
  11) JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2012
  12) 第6回かめのり賞募集
  13) 留学生による作品募集

5. エミリーの那珂川ノート

聞いて、シェアして、学んで


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:8月16日(木)18:30〜20:30
語り手:クマル・ダルメンドラさん(インド・デリー出身)
       西南学院大学
場所:アクロス福岡(福岡市中央区天神1-1-1)6F 601会議室
※通常と場所が異なります。ご注意ください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 2012年度「福岡韓国語弁論大会」出場者募集
  福岡で韓国語を勉強しているみなさん、テーマは自由です。参加してみませんか。

日時:11/25(日)14:00〜17:00
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)1F
     福岡市中央区荒戸3-3-39
対象:福岡都市圏に住むか通勤・通学する韓国語学習者。韓国滞在経験1年以上の方、過去大会での最優秀賞、特別賞受賞者及び都合3回出場者を除きます。
定員:15人(申込多数の場合、8/29公開抽選:問合せTel: 092-733-5630)
申込み:電話で詳細を確認の上、所定の申込書を8/22(必着)までに下記協会へ。

問合せ:福岡県日韓親善協会
Tel: 092-471-0904  Fax: 092-483-2677

3) 国際交流フェスタ「地球市民どんたく2012」当日運営ボランティア募集
  福岡を拠点に国際協力・交流に取り組んでいる団体が一同に会し、活動を紹介するイベント「地球市民どんたく」で、当日の運営にご協力いただける高校生〜一般の方を募集します。
NGO、国際交流、国際協力、ボランティアに興味のあるみなさん、奮ってご参加ください。

日時:11/10(土)、11(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」
活動内容:会場での来客案内など
申込締切:8/24(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/05.html

4) 国際交流活動助成申請募集
  (公財)よかトピア記念国際財団では、市民レベルの国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を推進するため、民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。平成24年度下半期(平成24年10月1日〜平成25年3月26日)に実施される事業への助成金の申請を募集します。

締切:8/31(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/news_01.html

5) 雑誌リスト更新
  レインボープラザで閲覧できる雑誌リストを更新しました。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/institution/07.html

問合せ:レインボープラザ
Tel : 092-733-2220


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 外国人住民の異動届出および国民健康保険適用要件について
  先月外国人住民の方に関する法律が施行され、外国人住民に住民票が作成されました。
現在「外国人登録証明書」をお持ちの方は、一定期間は現在お持ちの証明書が「みなし在留カード」として使用可能ですので、すぐに新しいカードに切り替える必要はありません。外国人の方が福岡市外から福岡市内に住所が変わった場合や福岡市内で引越しをした場合は、14日以内にお住まいのある区役所・出張所に届出を行わなければなりません。福岡市内での異動で区をまたぐ場合は、新しい住所の区役所・出張所に届出してください。福岡市内から市外へ引越しする場合は、引越しの前にお住まいの区役所・出張所に転出届の提出が必要となります。転入の届出は引越し先の市区町村に出してください。
また、国民健康保険の適用要件が変わり、これまで国民健康保険が適用される外国人は在留期間が1年以上の人でしたが、在留期間が3ヶ月を超える人が国民健康保険の適用対象となります。新たに適用対象となる方はお住まいの区役所・出張所への届出が必要です。
詳細はこちら:
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/life/gaikokujin-jyumin-ido.html
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kokuho/

2) 計画停電に関するお知らせ
  九州電力は緊急時に備えた計画停電の詳細を発表しました。九州を60グループに分割し、供給がゼロになる見通しになる場合のみ、2時間前に広報車などでお知らせした上で計画停電が実施されます。

期間:お盆を除く9/7(土)までの平日8:30〜21:00
     各グループ原則1日1回、最長2時間程度
グループ分けおよびスケジュール:今月上旬までにダイレクトメールが届くほか、九州電力のウェブサイトでも検索できます。
詳細はこちら:http://www.kyuden.co.jp/

問合せ:臨時受付センター
Tel: 0120-187333(平日9:00〜20:00)
※各営業所では電話受付を24時間行います。

※福岡市では、環境省が提唱する新しい節電法「クールシェア」を始めました。詳細はhttp://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/life/coolshare_fukuoka_top.htmlでご確認ください。

3) 「釜山・福岡大学生広報大使」の募集
  福岡市と釜山広域市が共同で取り組む観光プロジェクト「釜山・福岡アジアゲートウェイ」で両市の交流促進ならびに双方の情報発信の役割を担う「釜山・福岡大学生広報大使」を募集します。

募集人数:5名
応募締切:8/31(金)必着

詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/shukyaku/charm/20110822.html

問合せ:福岡市経済観光文化局観光コンベンション部観光戦略課事業推進係
Tel: 092-711-4353 Email: kankosenryaku.EPB@city.fukuoka.lg.jp

4) 日韓交流作文コンクール
  次世代を担う両国の若者を対象に、互いへ伝えたい想いを綴った作文を募集します。

応募部門:学生部門(大学生・短大生・専門学校生など)高校生部門、中学生部門
応募締切:9/1(土)
詳細はこちら:http://www.koreanculture.jp/

問合せ:駐日本国大韓民国大使館
Tel: 03-3357-5970(平日10〜17時)

5) 外国人無料健康診断
  健診機会のない在住外国人を対象にした健康診断を無料で実施します。予約不要。

期間:9/3(月)〜28(金)土日祝除く
受付時間:8:30〜11:30、13:30〜15:00
場所:福岡結核予防センター(福岡市中央区大名2-4-7)
健診項目:問診、身体測定、診察、血圧測定、検尿、血液検査、胸部X線検査

問合せ:福岡市保健福祉局保健予防課
Tel: 092-711-4270

6) 第23回福岡アジア文化賞
  授賞式と市民フォーラムへの参加申し込みを受け付けています(申込期限:9/3(月))。
詳細はこちら:http://fukuoka-prize.org/

問合せ:福岡アジア文化賞公式行事受付係
Tel: 0120-259-666(10:00〜18:00)

7) 福岡県アンビシャス外国留学奨学金奨学生募集
  平成25年度に外国の大学への留学を目指す福岡県の高校生を対象に、奨学生を募集します。

締切:9/14(金)17:00必着
詳細はこちら:http://www.ambitious.pref.fukuoka.jp/

問合せ:福岡県青少年アンビシャス運動推進室(福岡県庁5F)
Tel: 092-643-3615(平日の9:00〜17:00)


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 地雷被害者救済チャリティ野球
  福岡ソフトバンクホークスを応援して、カンボジアの地雷撤去、地雷被害者救済を支援しましょう!

日時:9/11(火)〜13(木)18:00 ソフトバンクVS東北楽天
場所:福岡ヤフードーム
料金:A指定席引換券¥2,500

詳細はこちら:http://cmc-net.jp/
問合せ:カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7575  Email: cmc5963@gmail.com

2) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  毎月開催している無料の上映会です。先着120名。直接会場へお越しください。

「ああ結婚」('64、102分)
日時:8/7(火)19:00
会場:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

3) NGO入門講座
  国際協力のはじめ方、関わり方が分かる、福岡NGOネットワークによる毎年恒例の講座。原則毎月最終土曜日に開催しています。内容はどの月も同じの1回完結型。要申込。参加費300円。

日時:8/25(土)14:00〜16:00
場所:福岡市NPOボランティア交流センター5F 「あすみん」打ち合わせコーナー

問合せ:NGO福岡ネットワーク
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

4) チャリティヘアサロン・スネガビーク2012
  プロの美容師さんに髪を切ってもらい、その収益がチェルノブイリ原発事故および東日本大震災で被害を受けた方々への支援にあてられます。イベントボランティアも募集しています。

日時:8/27(月)10:00〜15:00
場所:大村美容ファッション専門学校オムニス・スタジオ(福岡市中央区大名2-1-35 Tryent山崎ビル2F)
料金:1,500円
詳細はこちら:http://www.cher9.to/

問合せ:チェルノブイリ医療支援ネットワーク
Tel/Fax: 092-944-3841  Email: jimu@cher9.to

5) 福岡通訳協会入会について
  入会試験の申し込み受付中。

締切:8/31(金)
試験日時:11/18(日)13:30〜
詳細はこちら:http://www.fia-2004.com/

問合せ:福岡通訳協会
Tel/Fax: 092-944-5860  Email: egg1@tkg.bbiq.jp

6) 国際理解・国際協力のための作品募集
  高校生の主張コンクールおよび全国中学生作文コンテストの作品を募集しています。

応募締切:高校生の主張コンクール 9/5(水)、中学生作文コンテスト9/7(金)
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel:092-713-8115


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 九州大学ホームビジットホストファミリー募集
  九州大学では、学部レベルの留学生を対象とした外国人短期留学コースを実施しています。このプログラムに参加する留学生に日本家庭を体験し、日本理解を深めてもらうことを目的としてホームビジットを引き受けてくださるご家庭を募集しています。
詳細はこちら:http://www.isc.kyushu-u.ac.jp/intlweb/

問合せ:九州大学国際部留学生課JTW担当
Tel: 092-642-7351  FAX: 092-642-2144  Email: intlr-jtw@jimu.kyushu-u.ac.jp

2) 九州大学留学生サポートネットワーク<そら>ボランティアメンバー募集
  留学生あるいは国際交流に熱意と興味をお持ちの方で、以下の説明会を受講し、月1回(木曜日午後7時)のミーティングに参加できる18歳以上の方を募集します。特に井尻寮(福岡市南区井尻)での日本語交流活動(火曜日夜)に参加できる方を歓迎します。年会費2,000円(資料代、通信費として)。

説明会日時:8/9(木)19:00〜21:00
場所:九州大学留学生センター分室(福岡市東区箱崎6-10-1)
     迷いますので、九大HPの地図をプリントアウトしてください。
申込:solanet@jcom.home.ne.jp

3) APCC25周年映画市民公開オーディション参加者募集
  来年25周年を迎える市民レベルの草の根交流事業を行うNPOアジア太平洋子ども会議・イン福岡(APCC)が、映画出演者のオーディションを開催します。制作、サポートに携わるボランティアスタッフも募集しています。

オーディション応募締切:8/17(金)
詳細はこちら:http://www.apcc-film.com/

問合せ:NPOアジア太平洋子ども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700

4) スクラップブッキング体験教室
  お気に入りの写真を飾りつける新しいクラフトに挑戦してみませんか。写真(L判)を8〜10枚ご持参ください(旅行や家族など、できるだけ同じテーマ、同じ時に写した写真)。

日時:8/23(木)午前の部10:30〜12:30、午後の部13:30〜15:30
場所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
    (福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン・リバレインオフィス10F)
費用:はじめてコース1,500円、スペシャルコース3,000円(材料費込み)
定員:午前の部・午後の部各20名(定員になり次第申込を終了します)
申込締切:8/22(水)

問合せ:NPO法人グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-283-8880  Fax: 092-283-8883  Email: support@npo-global.jp

5) 福岡県赤十字血液センター創立50周年記念式典・講演会
  記念式典後の記念講演で、ペシャワール会現地代表の中村哲医師が「アフガニスタンに生命の水を」と題して講演します。入場無料。

日時:8/25(土)受付9:30、開演10:00
場所:アクロス福岡(福岡市中央区天神1-1-1)イベントホール
詳細はこちら:http://conks.jp/h24yuketsu/index.htm

問合せ:福岡県赤十字血液センター
Tel: 092-921-1400

6) 博多っ子講座
  博多部で活動するまちおこし団体「はかた部ランド協議会」が開催している、博多の歴史と文化を学ぶ毎年恒例の全8回講座の第4回です。要申込。

日時:8/25(土)15:00〜
場所:博多小学校(福岡市博多区奈良屋町1-38)
会費:1,000円/回
内容:博多ことば遊び・博多なぞなぞ
講師:岡部定一郎氏(博多古謡那能津会会長)

問合せ:博多っ子講座事務局(西門蒲鉾本店内)
Tel: 092-291-2466  Fax: 092-271-7160  Email: saimon@mbg.nifty.com

7) 和太鼓コンサート
  和太鼓大好きなメンバーが集まってできたグループ「OTO.GATARI」による初めてのオリジナルコンサート。

日時:8/25(土)18:00
場所:博多市民センター(山王公園横)
料金:2,500円

問合せ:oto_gatari@yahoo.co.jp

8) マルディ・シネマ
  毎月恒例のフランス映画上映会。

『シュシュ、パリデビュー』(2002年、105分)
日時:8/28(火)19:00
場所:西鉄ホール(ソラリアステージ6F)
料金:一般 前売1,000円/当日1,200円 学生・60歳以上 前売800円/当日1,000円
詳細はこちら:http://www.ifj-kyushu.org/jp/

問合せ:九州日仏学館
Tel: 092-712-0904(火〜土 10:00〜13:00、14:00〜19:00(土は18:00まで))
Email: info@ifj-kyushu.org

9) 日本財団アジア・フェローシップ募集
  日本財団アジア・フェローシップではインドネシア・マレーシア・フィリピン・タイで実施する研究や交流活動、専門分野での活動を最長12ヶ月間支援します。

申請書提出締切:8/31(金)
詳細はこちら:http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/api/

問合せ:京都大学東南アジア研究所APIフェローシップ事務局
Tel: 075-753-7348

10) 第17回「草枕」国際俳句大会作品募集
  俳句の部(一般部門、ジュニア部門、外国語部門)と俳画の部で作品を受け付けています。
詳細はこちら:http://kusamakura-haiku.jp/

問合せ:「草枕」国際俳句大会実行委員会事務局
Tel: 096-328-2039

11) JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2012
  「これからの日本、これからの世界―私たちができること―」をテーマにあなたの想いを伝えてください。

応募締切:9/14(金)当日消印有効
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/hiroba/index.html

問合せ:(公社)青年海外協力教会内「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2012」係
Tel: 03-3556-5926

12) 第6回かめのり賞募集
  かめのり賞は、交換留学、文化・スポーツの青少年交流、語学教育など、日本とアジア・オセアニアの相互理解の増進に草の根で貢献している方々の活動を顕彰します。

締切:9/14(金)必着
詳細はこちら:http://www.kamenori.jp/kamenorishou.html

問合せ:かめのり財団「かめのり賞」係
Tel: 03-3234-1694  Email: info@kamenori.jp

13) 留学生による作品募集
  1952創刊の香港紙が出資する中国および香港特別行政区政府公認のメディアWorld Commercial Network (WCN) 香港が、JAPANチャンネル開設に先立ち、8月8日にKYUSHUチャンネルを公開します。このサイトの留学生支援コーナーに掲載する、九州在住の留学生により中国語で書かれた小説や4コマ漫画などの読み物を募集しています。
詳細はこちら:http://www.hkcd.com.hk/

問合せ:株式会社ワイズアップ
Tel: 092-715-7225  Email: kaku@wiseup.co.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
聞いて、シェアして、学んで

核家族に育った。父の家族からは車で8時間、母の家族からは10時間離れていた。1年に1、2回くらい家族4人で車に乗って、遠くに住んでいる親戚に会いに行った。祖父母、おじおば、いとこ達との再会はいつも幸せだったけど、時間はいつも速く過ぎた。私のこの状況は特に一般的なアメリカの家族というわけではないけど、祖父母やほかの親戚から遠く離れて育った知り合いは結構多い。
少し前まで、3世代以上同居世帯は日本で一般的だった。最近変わりつつあるけど、私が会った日本人の若者の中で、両親と祖父母と同居している人が多い。家族のしきたりに従ったり、毎日一緒に食事をしたり、お互いに支えあうネットワークを作ったりしている、親戚達と過ごせる時間がたくさんある人を、ある意味では、うらやましく感じる。その一方で、大家族にはあまりプライバシーがないだろうと思う。核家族でも、3世代以上同居世帯でも、良い点と悪い点がある。
私は、ちょっとだけしか親戚に会っていないから、みんなのことをあまりよく知る機会がなかったように感じる。祖父母の若い時の話のほとんどは、本人からではなく両親から聞いた。3世代以上同居世帯に暮らしている人はこういう人生の話を聞く機会がもっとあるのかしら。みんなはどのくらい親戚のことを知っているのか?それに、家族の歴史のことなどをどのくらい分かっているのか?と疑問に思う。
日本では、高齢者に彼らの経験について聞くことが失礼かどうかはよく分からないけど、寿命が長い日本人の高齢者は、過去を学ぶにはかけがえのない資源である。
最近、毎月1回参加しているボランティアガイドの英会話クラスで実験を行った。退職者の参加者は国際交流が大好きで、英語でのチャレンジも怖がらない。「人生で最初のはっきりした記憶は何?」「趣味は何?」「年を取ることについてどう思う?」のような"人生のインタビュー"の質問リストを渡し、パートナーをインタビューしてもらって、発見した面白いことをみんなでシェアしてもらった。最初は、どのように進めればいいか、みんな混乱したようだった。とてもプライベートなことを聞く質問もあって、いつも話している人にインタビューしないように私が組み合わせを作った。けど、パートナーに質問を聞き出したら、人生の話をシェアしている声で部屋がいっぱいになった。私がインタビューの終了を呼びかけなかったら、みんなは永遠に話し合っていたでしょう、と私は冗談を言った。
あの日、グループの中の一人一人について、たくさんのことを学んだ。例えば、両親に対して、彼らがどのような娘・息子だったか。第二次世界大戦後の生活の状態。世界を知りたがる今の自分になった成り行き。多くの人が、よく知らない人とでも、機会さえあれば、自分の話を喜んでシェアすることも学んだ。
核家族の一員でも、3世代以上同居世帯の一員でも、家族のメンバーや親戚に積極的に聞いてみたらたくさん学べると思う。英会話クラスでの成功を見たら、同じような質問を次回祖父母に会う時に聞きたくなってきた。
みんなも考えてみたら?自分の家族のこと、どのくらい知っているのかしら?

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/