Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.126 November/05/2012
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
"Hakata Light-up Walk" will be held in the evening at seven temples and one shrine along with Bayside Place Hakata, JR Hakata Station, and Canal City Hakata during November 21st to 25th. You can buy tickets at Kushida Shrine, Hakata Machiya Folk Museum, and tourist information centers in Hakata Station and in Tenjin!

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
今月21日(水)〜25日(土)の夜、博多部の8つの会場で博多ライトアップウォークが開催されます。詳細はhttp://hakata-light.jp/でご確認ください!

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
    2) Notice on Wednesday Free Health Consultations

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Regarding the 4-Type Vaccination
    2) FUKUOKA TOURIST CITY PASS
    3) Cine-la Information
    4) Fukuoka Bordeaux Wine Festival 2012
    5) Free Noh Performance at Fukuoka City Museum
    6) The World AIDS Day Event

3. News from FUKU-NET Members

    1) OISCA Autumn Harvest Festival
    2) FOSA Culture Show 2012

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) Lecture "Bonds are Beautiful, but they won't Fix the Future"
    2) Fukuoka International Culture Seminar 2012
    3) Bicycle Ride with an English Guide (Industrial Tourism)
    4) Hakata Walking Tour with English Guide
    5) Cine-Club Classique vol. 49
    6) Asia Environmental Exchange Forum
    7) Tojinmachi Walking Tour with and English Guide and Chanko-nabe Festa
    8) EUIJ Kyushu Symposium

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    Saying "I Do" in Two Different Cultures


1. News from The Fukuoka International Association
 
For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
  This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Nov. 15 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Ms. Micaela HARADA (Buenos Aires, Argentina)
              Graduate School of Social and Cultural Studies, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2) Notice on Wednesday Free Health Consultations
  Health consultations on November 7th, 14th and December 5th are cancelled due to Dr. Nishiyama's absence. We apologize for any inconvenience.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Regarding the 4-Type Vaccination
  As of November 1st, a 4-type vaccination is subsidized instead of the 3-type vaccination (DPT). Children are eligible if they have not received both the DPT and a polio vaccine.

Fee: Subsidized for eligible ages (3 months to 7 years and 5 months old)
Required number of doses: Four
Standard schedule: Administered 3 times with 20 to 56 days between each dose for children between 3 and 12 months old, and the last dose 12 to 18 months after the 3rd dose.
Where to receive: At medical institutions designated by Fukuoka City (appointments required)
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/life/vaccine/DPT-I.html (Japanese only)

2) FUKUOKA TOURIST CITY PASS
  Fukuoka City is now introducing the one-day ticket "FUKUOKA TOURIST CITY PASS" as a pilot program for foreign tourists to use unlimited public transportation.

Price: 800yen (Nishitetsu bus, Subway, JR, and Showa bus in the city)
         1,300yen (Nishitetsu train (until Dazaifu Station) in addition to above)
Available until: Mar. 31 (Sun.) 2013
Where to purchase:
Fukuoka Airport, Hakata Port International Terminal, Tenjin Bus Center, Nishitetsu Fukuoka (Tenjin) Station, Hakata Bus Terminal, tourist information centers in Tenjin and Hakata Station, Subway commuter pass sales counters in Tenjin and Hakata
Further information: http://yokanavi.com/access_tourist

Inquiry: Transportation System Measures Section, Housing & Urban Planning Bureau, Fukuoka City
Tel: 092-733-5405

3) Cine-la Information
  Cine-la will show a special feature program: Japanese films based on the literary works of the late Yasunari Kawabata. No English Subtitles.

Duration: Through Nov. 25 (Sun.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S.student 400yen
Further information: http://www.cinela.com/english/newsandevents.htm

Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

4) Fukuoka Bordeaux Wine Festival 2012
  In celebration of 30 years of sister city friendship, Fukuoka City has chosen six brands of Bordeaux wine as "City Wines of Fukuoka for 2012". Why not taste these wines for only 300yen per glass?

Duration: Through Nov. 11 (Sun.)
Venue: At about 40 restaurants in the city
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kokusaikeizai/shisei/citywine2012_and_winefestival.html

Inquiry: Fukuoka Bordeaux Wine Festival 2012 Office
Tel: 092-401-0877

5) Free Noh Performance at Fukuoka City Museum
  Along with the special exhibition "Wonderful Masks and Costumes for Noh Play", you can see a Noh performance for free! No prior reservation is required.

Date/Time: Nov. 10 (Sat.) 11:00, 13:00, 15:00 (each performance approx. 60 min.)
Venue: 1F Ground Hall, Fukuoka City Museum (No seat available)
Further information: http://museum.city.fukuoka.jp/ (details available only on Japanese page)

Inquiry: Fukuoka City Museum
Tel: 092-845-5011

6) The World AIDS Day Event
  December 1st is World AIDS Day. Its effort will provide free and anonymous HIV antibody tests over the weekend. Reservation is not required. Please note that the virus may only be detected three months after a possible infection.

Date/Time: Dec. 1 (Sat.) & 2 (Sun.) 14:00 - 15:00
Venue: Chuo Hokensho (5F AIREF, 2-5-1 Maizuru, Chuo-ku, Fukuoka)
Capacity: First 50 people per day
* The test results will be handed back after about an hour on the same day of the test.

Inquiry: AIDS Dial, Chuo Hokensho
Tel: 092-712-8391


3. News from FUKU-NET Members
 
1) OISCA Autumn Harvest Festival
  Have lots of fun watching stage performances, participating in the harvest, eating world dishes and more!

Date/Time: Nov. 10 (Sat.) 10:30 - 14:00
Venue: OISCA Nishinihon Training Center (678-1 Okasagi, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee with meal coupon: Adult 2,000yen, Children under H.S. student 1,000yen, free for infants
Further information: http://www.oiscantc.org/

Inquiry: OISCA Nishinihon Training Center
Tel: 092-803-0311    Email: oiscantc@oisca.org

2) FOSA Culture Show 2012
  Enjoy arts and cultural performances by overseas students residing and studying in Fukuoka Prefecture.

Date/Time: November 18 (Sun.) 13:00 - 16:00
Venue: Event Hall B2F, ACROS Fukuoka (1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 500yen Free for students
Further information: http://fosa.jp/

Inquiry: Fukuoka Overseas Students Association
Tel/Fax: 092-725-5663    Email: info@fosa.jp


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Lecture "Bonds are Beautiful, but they won't Fix the Future"
  Dutch writer Hans Brinckmann will talk about his thoughts on Japan after 3/11 while reading some of his poems. Advanced booking is required.

Date/Time: Nov. 8 (Thu.) 19:00
Venue: Cafe & Gallery Kubrick (1-5-14 Hakozaki, Higashi-ku, Fukuoka)
Fee: 1,500yen (incl. one drink)

Inquiry: Books Kubrick Hakozaki
Tel: 092-645-0630    Email: hakozaki@bookskubrick.jp

2) Fukuoka International Culture Seminar 2012
  With the theme "Sakubei Yamamoto and Japan's Modernization", Dr. Michael Pearson will make a keynote speech.

Date/Time: Nov. 17 (Sat.) 10:30 - 16:00
Venue: Resola NTT Yume-Tenjin Hall (2-5-55-5F Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 1,500yen, Student 1,000yen
Application deadline: Nov. 9 (Fri.)
Further information: http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuoka-unesco/

Inquiry: The Fukuoka UNESCO Association
Tel: 092-715-8768 (Weekdays 10:00 - 17:00)

3) Bicycle Ride with an English Guide (Industrial Tourism)
  Visit Asahi Breweries' beer factory and Fukuoka International Airport with a licensed English tour guide!

Date/Time: Nov. 11 (Sun.) 8:50 - 14:30
Meeting: 8:40 Fuku Chari (1F 9-35 Kamikawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka)
Fee (Insurance incl.): 4,500yen with rent-a-bicycle 3,500yen with your own bicycle
Further information:http://japankyushu.com/

Inquiry: Fuku Chari
Tel: 092-292-8889 (9:00 - 19:00 Closed on Tue.)    Email: fukuchari@gmail.com

4) Hakata Walking Tour with English Guide
  Take a walk to temples, shrines, and shopping arcades in the Hakata area! Limited to 12 people.

Date/Time: Nov. 11 (Fri.), 18 (Sun.), 30 (Fri.), Dec. 4 (Tue.) & 6 (Thu.) 10:00 - 12:00
Meeting Place: Tourist Information Center in JR Hakata Station
Fee: 1,000yen
Further information: http://japankyushu.com/

Inquiry: SOZOX Travel Design
Tel: 080-4310-4173, 090-3323-0533    Email: info@sozox.jp

5) Cine-Club Classique vol. 49
  A masterpiece movie will be screened with a lecture.

"La Melodie en Sous-sol" ('63, 112min.)
Date/Time: Nov. 17 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: 5F Hall French-Japanese Institute of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 1,000yen advance, 1,300yen at door
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

Inquiry: Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0944    Email: faff@gol.com

6) Asia Environmental Exchange Forum
  You can exchange up-to-date information regarding environmental policy and business in ASEAN countries and India and discuss the possibility of environmental cooperation with Japan with panelists from Hanoi (Vietnam), Bangkok (Thailand), and Delhi (India). Simultaneous interpretation between English and Japanese available. Free of charge, but reservation is required (Capacity: 150 people).

Date/Time: Nov. 20 (Tue.) 13:00 -
Venue: 4F International Conference Hall, ACROS Fukuoka (1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
* An exchange meeting will be held from 17:45 at the saloon on the 8th floor of ACROS Fukuoka. Free of charge, but reservation is required.

Application: Kyushu Regional Office, Inter Group Corp.
Tel: 092-712-9530    Fax: 092-712-9533    Email: regist-k@intergroup.co.jp

7) Tojinmachi Walking Tour with and English Guide and Chanko-nabe Festa
  Enjoy not only talking with sumo wrestlers but also eating "chanko-nabe" cooked by them! Limited to 10 people.

Date/Time: Nov. 27 (Tue.) 15:00 - 17:30
Meeting Place: In front of Kantokan in Tojinmachi Shopping Arcade at 14:45 (1 minute on foot from No. 4 exit at Tojinmachi Subway Sta.)
Fee: 1,000yen with one bowl of Chanko
Further information: http://yokanavi.com/jp/fukutabi/program_detail/926

Inquiry: Mr. Tanaka
Mob: 080-4310-4173    Email: tanaka@sozox.jp

8) EUIJ Kyushu Symposium
  A lecture in English by Mr. Tomas Kaberger, Former Director General of the Swedish Energy Agency and Executive Board Chair, Japan Renewable Energy Foundation.

Date/Time: Dec. 4 (Tue.) 18:30 - 20:00
Venue: 1F Arena Hall, ACROS Fukuoka (1-1-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Application deadline: Nov. 20 (Tue.)

Further information: http://www.euij-kyushu.com/jp/home/


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Saying "I Do" in Two Different Cultures

Here comes the bride, all dressed in… what? A dress resembling an enormous pink cupcake? I was shocked the first time I saw an advertisement for a wedding planning company in Japan, with a model wearing a dress that I, personally, would be more likely to associate with a beauty pageant than a wedding. At that point, I didn't understand the nature of Japanese wedding trends, but since I've learned a lot, mostly from friends who have attended weddings of Japanese friends and colleagues (I myself have not yet been to one). I came to realize that in Japan, it is common during western-style weddings for a bride to change out of her white wedding dress into a colorful, decorative ball gown for part of the reception, and that sometimes a bride will go through several such wardrobe changes. Recently, I had an interesting time discussing American wedding customs with some of my coworkers at a lunchtime English conversation session. They were as surprised by particular American customs as I was by some in Japan!
One custom not found in Japan but that is considered a very important aspect in American weddings is having a group of bridesmaids and groomsmen participate in the ceremony. Typically, they are the bride and groom's best friends or close siblings. Bridesmaids are often required to wear matching dresses and are escorted down the aisle by tuxedo-clad groomsmen immediately before the bride makes her entrance. A bride will often select her very best friend or closest female relative (such as a sister or cousin) to be her "Maid of Honor", who walks down the aisle right before the bride enters and stands closest to the bride when she makes her vows. The groom will select a "Best Man"-likewise a best friend or male relative-who escorts the Maid of Honor and stands closest to the groom when he makes his vows. Now that I think about it, I wonder how this custom began…
At Japanese weddings, it is customary to present a monetary gift of anywhere from 20,000 to 100,000 yen, depending on one's age and relationship to the bride or groom. These days, at least from what I hear, guests are given the opportunity to select a sort of "participation gift" from a catalogue of goods, which is mailed to them following the wedding. The concept of bestowing gifts for weddings exists in America too, but is rather different from that in Japan. Close relatives often give monetary gifts to the bridal couple, but friends and other family members are usually expected to give the couple some sort of item as a gift. In recent years, it has become popular for a couple to create a registry of items that they want (kitchen appliances and utensils, house wares, etc.) at a particular department store. Wedding-goers can use the internet to search for registered items that have not been purchased by other guests yet. Gifts are directly delivered to the bridal couple, which saves the guests the hassle of having to go out and purchase something and running the risk of buying something the couple has already received. In my opinion this system is very efficient, but a bit impersonal.
Wedding customs (some surprising and unusual, depending on your own background) are different all around the world. But the simple joyful purpose for having them-to celebrate two people beginning a life together-is the same no matter where you go.

Emily Rosenberg



Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2012」開催!
  2) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  3) 福岡韓国語弁論大会開催
  4) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 福岡ツーリストシティパス
  2) シネラ「川端康成・原作映画特集」
  3) 福岡・ボルドーワイン祭り2012
  4) 博物館で「能楽」パフォーマンス!
  5) 世界エイズデーイベント「HIV抗体検査」
  6) ハビタットひろば第11回「スリランカでの活動」
  7) 留学体験談ひろば「アジアへ行こう!」

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 第4回オイスカ収穫感謝祭・秋
  2) 第340回国連講演会
  3) APCCからのお知らせ
  4) 第14期NGOカレッジ
  5) 福岡県留学生文化ショー2012
  6) 英国式おもてなしレッスン

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) トークイベント「絆から変革へ」
  2) 九州大学韓国研究センター県民講座
  3) 福岡国際文化セミナー2012
  4) 自転車英会話ツアー(産業観光編)
  5) EUIJ九州イベント
  6) カナダ留学フェア2012秋
  7) 医療通訳入門 移住女性への暴力と支援−医療通訳場面を含む−
  8) 第49回クラシック・シネクラブ
  9) アジア環境交流フォーラム
  10) 医療通訳ボランティア養成講座
  11) 外国人留学生進路支援「福岡プラザ」
  12) クリスマスを彩るオーナメント作り

5. エミリーの那珂川ノート

  違う文化で「誓います」を言うこと


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 国際協力フェスタ「地球市民どんたく2012」開催!
  地元福岡で国際協力・国際交流活動を行っているNGOなどが一堂に会して、活動紹介を行うイベント「地球市民どんたく」を開催します。当日は、写真・パネルの展示やワークショップでの参加団体の日頃の活動紹介、景品の当たるスタンプラリー、フェアトレード製品の販売、アジアやアフリカなどの民族衣装の着付け体験コーナーなどもあり、身近なところから始められる国際協力・国際交流について理解を深めることのできるイベントです。入場無料、予約不要ですので、奮ってご来場ください。

日時:11/10(土)、11(日)11:00〜17:00
場所:アクロス福岡2F 「交流ギャラリー」「セミナー室」
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/05.htmlまたはhttp://chikyushimin.jimdo.com/

2) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:11/15(木)18:30〜20:30
語り手:原田ミカエラさん(アルゼンチン・ブエノスアイレス出身)
     九州大学大学院比較社会文化学府
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

3) 福岡韓国語弁論大会開催
  福岡都市圏の韓国語学習者9名による自由なテーマの韓国語による弁論大会です。来場者の方に景品が当たる抽選会も行います。参加無料。

日時:11/25(日)14:00〜17:00
場所:福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)1階ホール(福岡市中央区荒戸3-3-39)

問合せ:福岡県日韓親善協会
Tel: 092-471-0904(平日9:00〜17:00)

4) 外国人のための無料健康相談お休みのお知らせ
  毎週水曜日に開催している健康相談は、11月7日、14日、12月5日は医師不在のためお休みです。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 福岡ツーリストシティパス
  福岡市は外国人旅行者を対象に市内公共交通1日フリー乗車券「福岡ツーリストシティパス」の社会実験を実施しています。

価格:800円(福岡市内の西鉄バス、地下鉄、JRおよび昭和バス)
    1,300円(上記+西鉄電車(太宰府駅まで))
販売期間:2013年3月31日(日)
販売箇所:福岡空港、博多港国際ターミナル、天神観光案内所、天神バスセンター、西鉄福岡(天神)駅、博多駅総合案内所、
       博多バスターミナル、地下鉄定期券うりば(天神・博多)
詳細はこちら:http://yokanavi.com/access_tourist

問合せ:福岡市交通施策推進課
Tel: 092-733-5405

2) シネラ「川端康成・原作映画特集」
  日本を代表する文豪である川端康成原作野映画化作品の特集。

期間:〜11/25(日)
観覧料:大人600円 高校・大学生500円 小中学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

3) 福岡・ボルドーワイン祭り2012
  福岡市ではフランス・ボルドー市との姉妹都市締結30周年を迎え、両市の友好関係を表した「シティワイン福岡2012」を決定しました。このワインを1杯300円で楽しめるイベントを開催します。

日時:〜11/11(日)
場所:福岡市内の飲食店約40店舗
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kokusaikeizai/shisei/citywine2012_and_winefestival.html

問合せ:福岡・ボルドーワイン祭り2012事務局
Tel: 092-401-0877

4) 博物館で「能楽」パフォーマンス!
  福岡市博物館で開催中の特別企画展「能のかたち NIPPON 美の玉手箱」のイベントとして、博物館で「能楽」を披露します。解説付きです。無料、申込不要。

日時:11/10(土)11:00、13:00、15:00(各回60分程度)
場所:福岡市博物館1階グランドホール ※座席はありません
詳細はこちら:http://museum.city.fukuoka.jp/

問合せ:福岡市博物館
Tel: 092-845-5011

5) 世界エイズデーイベント「HIV抗体検査」
  12月1日は世界エイズデーです。無料匿名、予約不要の即日エイズ検査を実施します。正確な結果を得るためには、感染の可能性のある日から3ヶ月経っていることが必要です。

日時:12/1(土)、2(日)14:00〜15:00
場所:中央保健所(福岡市中央舞鶴2-5-1 あいれふ5F)
定員:各先着50名
※結果は検査(採血)の約1時間後に直接本人にお渡しします

問合せ:中央保健所エイズダイヤル
Tel: 092-712-8391

6) ハビタットひろば第11回「スリランカでの活動」
  国連ハビタット福岡本部の深澤良信上級人間居住専門官が、スリランカにおいて現在実施している国連ハビタット事業の概要と成果について語ります。定員50名程度。入場無料、要申込。

日時:12/1(土)18:30〜19:30
場所:アクロス福岡3F「こくさいひろば」
詳細はこちら:http://www.fukuoka.unhabitat.org/info/event/2012/jp-0009.html

問合せ:国連ハビタット福岡本部
Tel: 092-724-7121

7) 留学体験談ひろば「アジアへ行こう!」
  留学経験者による体験談と駐福岡大韓民国総領事館および駐福岡中華人民共和国総領事館による留学に関する情報提供。参加無料、要申込。

日時:12/2(日)14:00〜
場所:アクロス福岡3F こくさいひろば
詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/

問合せ:(財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 第4回オイスカ収穫感謝祭・秋
  ステージイベント、収穫体験、研修生が作った無農薬野菜販売など楽しいイベントがいっぱいです!

日時:11/10(土)10:30〜14:00
場所:オイスカ西日本研修センター(福岡市早良区小笠木678-1)
食事券付き入場料:大人2,000円、高校生以下1,000円、幼児無料
詳細はこちら:http://www.oiscantc.org/

問合せ:オイスカ西日本研修センター
Tel: 092-803-0311  Email: oiscantc@oisca.org


2) 第340回国連講演会
  「TTP(環太平洋パートナーシップ)協定交渉について」というテーマで開催します。参加無料。

日時:11/15(木)13:30〜15:00
場所:西南学院大学チャペル(福岡市早良区西新6-2-92)
講演者:外務省経済局経済連携課 事務官 菊間 梓 氏
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  Email: UNAJ-fukuoka@nifty.com

3) APCCからのお知らせ
  <第25回ボランティア登録説明会>
日時:11/17(土)14:00〜
場所:福岡市役所北別館5F APCC事務局

<春休み海外ホームスティチャレンジプログラム参加者募集>
団員(小学4年生〜中学3年生)および高校生リーダー説明会
日時:11/18(日)10:30〜12:00
場所:あいれふ9F 大研修室(福岡市中央区舞鶴2-5-1)

引率者(大学生以上)説明会
日時:11/18(日)13:30〜14:30
場所:福岡市役所北別館5F APCC事務局

詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/
問合せ:アジア太平洋子ども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

4) 第14期NGOカレッジ
  国際協力やNGOの活動について理解を深めることを目的とした市民講座です。定員各回40名(先着順)。

日時:11/17(土)14:00〜17:00、11/18(日)13:00〜17:00
場所:リファレンス駅東ビル K会議室(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
受講料:1回 一般2,000円、FUNN会員・学生1,500円
     全回 一般3,500円、FUNN会員・学生2,500円

詳細はこちら:http://funn.npgo.jp/
問合せ:NGO福岡ネットワーク(FUNN)
Tel/Fax: 092-405-9870 (祝日を除く火〜土 13:00〜18:00)  Email: funn@mbk.nifty.com

5) 福岡県留学生文化ショー2012
  世界中の踊りや音楽やファッションなどを楽しみませんか?異国の芸術や文化などの理解を深めませんか?

日時:11/18(日)13:00〜16:00
場所:アクロス福岡イベントホールB2F(福岡市中央区天神1-1-1)
入場料:一般500円、学生無料
詳細はこちら:http://fosa.jp/

問合せ:福岡県留学生会
Tel/Fax: 092-725-5663  Email: info@fosa.jp

6) 英国式おもてなしレッスン
  アロマセラピーとアロマオイルを用いた手軽なお掃除方法を紹介します。定員25名(先着順)。

日時:11/28(水)14:00〜16:00
場所:西日本シティ銀行大名支店 アルファ天神出張所4Fセミナールーム
会費:会員1,500円、非会員2,000円(材料費込)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日英協会事務局
Tel: 092-476-2155  Email: fjbs.event@castle.ocn.ne.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) トークイベント「絆から変革へ」
  オランダ人著述家ハンス・ブリンクマンが、自作の詩の朗読を交えながらポスト3.11の日本を語る。使用言語英語、邦訳付。要予約。

日時:11/8(木)19:00〜
場所:カフェ&ギャラリー・キューブリック(福岡市東区箱崎1-5-14)
料金:1,500円(ワンドリンク付)

問合せ:ブックスキューブリック箱崎店
Tel: 092-645-0630  Email: hakozaki@bookskubrick.jp

2) 九州大学韓国研究センター県民講座
  韓国の歴史・文化を理解する講座です。入場無料、申込不要。

日時:11/10(土)13:00〜16:30
場所:アクロス福岡3Fこくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1)
詳細はこちら:http://rcks.isc.kyushu-u.ac.jp/

問合せ:九州大学韓国研究センター
Tel: 092-642-4358

3) 福岡国際文化セミナー2012
  2011年5月に日本で初めてユネスコの世界記憶遺産に登録された山本作兵衛の炭鉱画が持つ今日的意義や筑豊の炭坑を通して見た日本の近代化について多角的に考察します。

日時:11/17(土)10:30〜16:00
場所:レソラNTT夢天神ホール(福岡市中央092-715-8768区天神2-5-55-5F)
参加費:一般1,500円、学生1,000円
申込締切:11/9(金)
詳細はこちら:http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukuoka-unesco/

問合せ:福岡ユネスコ協会
Tel: 092-715-8768(平日10〜17時)

4) 自転車英会話ツアー(産業観光編)
  日本語禁止の英会話ツアーです。自転車でアサヒビール工場、福岡空港を巡りながら英会話を勉強しよう!定員10名。

日時:11/11(日)8:50〜14:30
集合:8:40 福チャリ(福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘1F)
料金(保険代込):レンタル4,500円 持込み3,500円
詳細はこちら:http://fukuchari.com/

問合せ:福チャリ
Tel: 092-292-8889(9:00〜19:00 火曜休み)

5) EUIJ九州イベント
  <欧州のビジネス環境の変化と欧州企業のトルコ市場戦略事例>
日時:11/14(水)13:00〜15:00
場所:九州大学箱崎キャンパス 経済学部棟6F大会議室
講師:田中晋JETROブリュッセル事務所次長
申込締切:11/12(月)

問合せ:九州大学大学院経済学研究院 教授 岩田健治
Tel/Fax: 092-642-4451  Email: iwata@en.kyushu-u.ac.jp

<今、そして将来世代のための効率的エネルギー>
日時:12/4(火)18:30〜20:00
場所:アクロス福岡1F円形ホール(福岡市中央区天神1-1-1)
講演者:トーマス・コーベリエル自然エネルギー財団理事長、スウェーデン・エネルギー庁元長官
言語:英語(日英同時通訳あり)
申込締切:11/20(火)

詳細はこちら:http://www.euij-kyushu.com/jp/home/

6) カナダ留学フェア2012秋
  小・中・高校、語学学校、カレッジ、大学やワーキングホリデーなど目的に応じたカナダの学校を見つけるチャンスです!カナダの教育機関がブースに手日本語で個別相談に応じます。

日時:11/13(火)15:00〜20:00
場所:アクロス福岡7F(福岡市中央区天神1-1-1)
詳細はこちら:www.canada-ryugaku-fair.com

問合せ:tokyo.education@international.gc.ca

7) 医療通訳入門 移住女性への暴力と支援−医療通訳場面を含む−
  移住女性の支援や通訳ボランティアに興味のある方を対象にした無料公開講座です。定員50名(先着順)。

日時:11/17(土)10:30〜16:30
場所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス 2階視聴覚室(福岡市南区高宮3-3-1)
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/empower_f/

問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
Tel/Fax: 092-738-0138  Email: empower456@hotmail.co.jp

8) 第49回クラシック・シネクラブ
  映画史に残る名作映画をトーク付きで見ましょう。

「地下室のメロディー」(’63、112分)
日時:11/17(土)13:00、16:00
場所:アンスティチュ・フランセ九州5F多目的ホール(福岡市中央区大名2-12-6)
料金:前売1,000円、当日1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

問合せ:オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0944  Email: faff@gol.com

9) アジア環境交流フォーラム
  ベトナム・ハノイ市、タイ・バンコク都、インド・デリー州からパネリストを迎え、アセアン・インドの環境政策と環境ビジネスに関する最新情報を交換し、日本との環境協力の可能性を議論します。日英同時通訳あり。入場無料、要申込(定員150名)。

日時:11/20(火)13:00〜
場所:アクロス福岡4F国際会議場(福岡市中央区天神1-1-1)
※17:45〜アクロス福岡8Fサロンにて会費無料、要申込の交流会があります。

お申込:株式会社インターグループ九州支社
Tel: 092-712-9530  Fax: 092-712-9533  Email: regist-k@intergroup.co.jp

10) 医療通訳ボランティア養成講座
  海外から受診を希望する外国人及び在住外国人が福岡県内の医療機関において受診する際に、通訳していただく方を募集します。受講料無料、定員20名。応募条件および筆記試験、面接があります。

講座日程:1/14(月)、1/22(火)10:30〜15:30に福岡市内で開講する基礎講座に続き、全5回のフォローアップ研修を予定
募集期間:11/22(木)まで
申込方法:氏名、連絡先、対応言語およびレベル、通訳としての経験などを下記センターまで
詳細はこちら:http://globalstaff.blog119.fc2.com/

問合せ:福岡アジア医療サポートセンター
Tel: 092-283-8168

11) 外国人留学生進路支援「福岡プラザ」
  <日本語おしゃべり交流会>
外国人学生と日本人ボランティアが気軽におしゃべりする会です。参加費無料、定員12名(要予約)。
日時:毎月第4水曜日(11/28)14:30〜16:30

<アルバイトのためのマナー講習>
ビジネスマナーの基本トレーニングを行います。参加費500円、定員15名(要予約)。
日時:毎月第一金曜日(12/7)15:00〜16:30

場所:環日中ビジネスサポート株式会社(福岡市博多区博多駅前2-12-26)福岡Dビル1F
詳細はこちら:http://fukuokaplaza.com/
問合せ:環日中ビジネスサポート株式会社
Tel: 092-403-6508(平日10:00〜16:00)

12) クリスマスを彩るオーナメント作り
  木の実やスパイスをブリヨンと呼ばれるワイヤーで飾るドイツスタイルのクラフト、ザルツブルガーゲシェンクのテクニックでクリスマスオーナメントを作ってみませんか?

日時:12/3(月)10:30〜12:00
場所:福岡女学院サテライト(福岡市中央区天神2-8-38協和ビル9F)
参加費:3,500円(受講料2,000円+材料費1,500円)
詳細はこちら:http://www3.fukujo.ac.jp/

問合せ:福岡女学院サテライト
Tel: 092-725-2718


5. エミリーの那珂川ノート
 
違う文化で「誓います」を言うこと

花嫁がやってきた!でも、何を着ているのか?!大きなピンク色のカップケーキのようなドレスなの?初めて日本で結婚式の企画会社の広告を見た時、花嫁のモデルが白じゃなくて美人コンテストで見るようなドレスを着ていることに驚いた。その頃、日本の結婚式に関するトレンドは何も分からな かったけど、最近は特に、日本の結婚式に出席した友達から聞いて、いろんなことを分かるようになってきた(私はまだ日本の結婚式に出席したことはないから)。日本の西洋式の披露宴では、花嫁が白いドレスからカラフルなドレスに何回か着替えるのがかなり普通だということに気付いた。最近、同僚とのランチ英会話で、アメリカの結婚式の習慣について話したら、私が日本の結婚式の習慣に驚いたのと同じように、みんなはあるアメリカの結婚式の習慣にびっくりした!
日本の結婚式では見ないけど、アメリカで大切な一つの習慣は式に参加するブライドメイドとグルームズメンがいるということ。一般的に、このブライドメイドとグルームズメンは新郎新婦の親友かとても仲がいい親戚である。ブライドメイドはおそろいのドレスを着て、花嫁が結婚式場に入る直前にタキシードを着ている グルームズメンに付き添われてバージンロードを歩く。花嫁は一番仲のいい親友か親しい親戚(姉・妹・いとこみたいな人)をよく「メイド・オブ・オナー」として選ぶ。メイド・オブ・オナーは入場の時花嫁の前を歩いて、カップルが結婚の誓いを交わす時に花嫁のすぐ後ろに立つ。花婿も「ベスト・マン」という、同じような一番仲のいい親友か親しい親戚を選ぶ。ベスト・マンも花婿をエスコートして、誓いの時は花婿のすぐ後ろに立つ。今、このことについて考えてみたら、この習慣はどこから来たかが気になってきた...
日本の結婚式では、自分の年齢や新郎新婦との関係によって2万〜10万円のご祝儀を手渡すのが普通。私が聞いたところでは、最近の結婚式では、参加者は式の後配送してもらえるいわゆる「引き出物」をカタログから選ぶらしい。結婚式のギフトに関してアメリカにも最近のトレンドもあるけど、日本のとはまた違う。新郎新婦に近い親戚はお金をあげることが多いけど、友達や他の親戚は何らかの物を贈ることを期待されている。最近は、新郎新婦がデパートで自分たちの欲しいもの(例えば、キッチン家電や生活用品など)の「登録リスト」を作るのが人気になってきた。結婚式の参加者はインターネットで他の参加者がまだ購入していないものを検索できる。贈り物は直接新郎新婦に配送されるから、他の人が同じものを贈ったことを心配せず、外に買い物に行かなくてもいい。私の意見では、これはとても効率的なシステムであると同時に、ちょっと非個性的。
結婚式の習慣(自分の背景によってビックリするのも、変わったのもある)は世界中どこに行っても違う。しかし、2人が一緒に人生を作り始めるから式をあげるというシンプルでうれしい結婚式の意義はどこに行っても同じでしょう。

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
    810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
    Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/