Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.130 March/05/2013
 
English:
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
It has been two years since the Great East Japan Earthquake. Let us never forget that devastating disaster and think once again what each one of us can do for disaster prevention and restoration.

Japanese:
福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
東日本大震災発生から2年。未曾有の大災害を忘れず、今一度防災や復興支援について一人ひとりができることを考えてみましょう。


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

   1) Art Exchange Workshop Display "Commemorating 50 Years of Sister City Friendship between Fukuoka and Oakland"
   2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

   1) It's "Moving Season" in March!
   2) Japan Ceramics Fair
   3) Fukuoka Castle Cherry Blossom Festival

3. News from FUKU-NET Members

   1) Japanese Language Lessons for School Students
   2) Miswritten/Unused Postcards Wanted!

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

   1) Doll Festival in Nokonoshima
   2) Bicycle Ride with an English Guide (Genko Bulwark)
   3) Nihongo Hiroba Nogata Class Opening
   4) Cine-Club Classique vol. 51
   5) Ben Mazue Concert
   6) Take a walk in the Hakata Area!

5. Emily's Notes from the Nakagawa

   Understanding Wasei-eigo


1. News from The Fukuoka International Association
 
For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Art Exchange Workshop Display "Commemorating 50 Years of Sister City Friendship between Fukuoka and Oakland"
Paintings from a workshop held by the Oakland artists to commemorate 50 years of SisterCity Frendship between Fukuoka and Oakland are now on display at Rainbow Plaza. University and high school students from Fukuoka collaborated with the artists, so be sure to check them out!

2) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Mar. 21 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Ms. Pornthida POOSALA (Bangkok, Thailand)
Major in Bioresources Chemistry, Graduate School of Bioresource and Bioenvironmental Sciences, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) It is "Moving Season" in March!
<Address Change Procedure>
If you are a new Fukuoka City resident or you are changing addresses within the City, you must register your new address at a local ward/branch office within 14 days of your moving-in date. If you are moving to a different ward in Fukuoka City, please report this to the ward/branch office to which you move. When moving out of the city, you must report to your local ward/branch office prior to moving, and your new resident registration procedure shall be done at a municipal office in the municipality to which you move.

<Regarding Oversized Garbage, Electricity, Gas, Water, Postal Services>
Please refer to "Living in Fukuoka" on FIA website: http://www.rainbowfia.or.jp/en/living/

<Special Business Hours of Fukuoka City Waterworks Bureau>
Application to stop or start water supply will be accepted by phone on the following Sundays as well as weekdays.
Date/Time: Mar./31 (Sun.) & Apr. 7 (Sun.) 9:00 - 17:00
Customer Service Center: Tel: 092-532-1010

<Special Business Hours of Counters at Ward and Branch Offices>
In order to reduce the congestion of the moving season, various counters at ward / branch offices will be open on the following dates.
Dates/Time: Mar. 31 (Sun.) & Apr. 7 (Sun.) 10:00 - 14:00
Counters: Citizen section, Health Insurance & Pension Section, Welfare & Nursing Care Insurance Section, Child Rearing Support Section
Inquiry: Kusei-ka (Ward Administration Section), Civic Affairs Bureau, Fukuoka City
Tel: 092-711-4074    Email: kusei.CAB@city.fukuoka.lg.jp

2) Japan Ceramics Fair
You can experience making pottery as well as enjoy Japanese tea and flower arrangements using ceramics from around Japan.

Date/Time: Mar. 20 (Wed./holiday) - 24 (Sun.) 10:00 - 18:00 (-17:00 on 24th)
Venue: Marine Messe Fukuoka
Ticket: Advance 400yen, At door 500yen, free for H.S. student & under.

Inquiry: Japan Ceramics Fair in Fukuoka Executive Committee
Tel: 092-711-7605 (Weekdays 10:00 - 18:00)

3) Fukuoka Castle Cherry Blossom Festival
Why not enjoy over 1,000 cherry blossoms while immersing yourself in history at the ruins of Fukuoka Castle? Various cherry blossom-related events include a night illumination of the trees. Admission to the illumination is free, however, some of the events require a fee.

Duration: Mar. 26 (Tue. ) - Apr. 7 (Sun.)    Night Illumination starts from Mar. 28 (Thu.)
Information Center Hours: Weekdays 12:00 - 22:00    Weekends 11:00 - 22:00
Further information: http://saku-hana.jp (in Japanese)

Inquiry: Fukuoka Castle Sakura Festival Planning Committee Office
Tel: 092-711-4424 (Weekdays 8:45 - 18:00)


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Japanese Language Lessons for School Students
Intensive lessson will be provided by the professional certified Japanese teacher as well as fun events with college students volunteers! Limited to 20 children. Prior reservation is required.

Date/Time: Every Saturday 12:00 - 17:00 (Spring holiday from Mar. 30)
Venue: Fukuoka YWCA (2-8-15 Maizuru, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 500yen for registration

Inquiry: Fukuoka YWCA
Tel: 092-741-9251    Email: fukuoka@fukuoka.ywca.or.jp

2) Miswritten/Unused Postcards Wanted!
Miswritten/unused postcards are being collected to support land-mine removal efforts in Cambodia. With the money from three postcards, 1 square meter field of land mines will be removed. Please mail or bring miswritten/unused postcards to the address below.
Further information: http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiry: Cambodia Mines-remove Campain
Address: Rm. #702 1-7-10 Nishijin, Sawara-ku Fukuoka 〒814-0002
Tel: 092-833-7575


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Doll Festival in Nokonoshima
A set of dolls will be displayed until the middle of March, and free Kimono rental and dressing service for girls is available on the weekends (reservation is required). You must pay dmission fee to the Island Park.

Inquiry: Nokonoshima Island Park
Tel: 092-881-2494

2) Bicycle Ride with an English Guide (Genko Bulwark)
Follow the Kamakura Samurai story in the tour with a licensed English tour guide! Limited to 12 people.

Date/Time: Mar. 10 (Sun.) 9:30 - 15:30 * Will be cancelled in the case of rain.
Meeting Place: Fuku Chari (1F 9-35 Kamikawabata-machi, Hakata-ku, Fukuoka) at 9:15
Fee (Insurance incl.): 4,500yen with rent-a-bicycle    3,500yen with your own bicycle
* Additional cost required for lunch (about 1,000yen)
Application Deadline: Mar. 9 (Sat.)

Inquiry: Fuku Chari
Tel: 092-292-8889 (9:00 - 19:00 Closed on Tue.)     Email: fukuchari@gmail.com

3) Nihongo Hiroba Nogata Class Opening
A Japanese language class is starting in Nogata! Students can exchange information and interact with local residents and volunteers while learning Japanese. Please feel free to join!

Date/Time: Every Monday (excluding 5th Monday of the month) 10:00 - 11:30
Venue: Nogata Danjo Kyodo Sankaku Center Emikuru (7-20 Tsuda-machi, Nogata)
Cost: 300yen/month

Inquiry: r33may@hotmail.com (Contact person: Kido)

4) Cine-Club Classique vol. 51
A masterpiece movie will be screened with a lecture.

"Das Cabinet des Dr. Caligari" ('20, 50min.)
Date/Time: Mar. 16 (Sat.) 13:00, 16:00
Venue: 5F Hall French-Japanese Institute of Kyushu (2-12-6 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Fee: 1,000yen advance, 1,300yen at door
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

Inquiry: Office Nouvelle Vague
Tel: 092-733-0949    Email: faff@gol.com

5) Ben Mazue Concert
New generation artist, Ben Mazue will perform for the first time in Fukuoka!

Date/Time: Mar. 17 (Sun.) 19:30
Venue: Tiempo Hall (3F, 1-15-11 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka)
Ticket: Advance 2,500yen *The purchase of a drink ticket (Charge: 500yen) is necessary.
Further information: http://www.institutfrancais.jp/kyushu/

Inquiry: French Institute of Japan - Kyushu
Tel: 092-712-0904 (Tue. - Sat. 10:00 - 13:00, 14:00 - 19:00 (Sat. -18:00))

6) Take a walk in the Hakata Area!
SOZOX Travel Design offers various programs in which you can enjoy taking a walk in the Hakata area.
Further information: http://walks.japankyushu.com/

Inquiry: SOZOX Travel Design
Tel: 092-292-7694, 080-4310-4173    Email: info@sozox.jp


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Understanding Wasei-eigo

After delving into loan words in my last column, I though it would be interesting to continue along a similar language-related topic by discussing "wasei-eigo" or "Japanglish" and examining some frequently used terms. The four-character Japanese word "wasei-eigo" itself literally means "Japanese-made English". So how do "wasei-eigo" terms differ from loan words?
As discussed last month, loan words are those that have been borrowed from other languages and fit into the Japanese syllabary. For the most part, loan words retain much of the sound and meaning of the original word. Like loan words, wasei-eigo terms are constructed of words that appear in English. However, their meanings differ from the original English, such that they do not translate back from the Japanese into English. This is somewhat difficult to explain out of context, so let's look at some examples.
One of the most well-known wasei-eigo terms is "salaryman", meaning a white collar worker. While putting the words "salary" and "man" put together to mean "someone who earns a salary" seems to make sense based on the English meaning, it is not an actual work in English. If you were to use salaryman in English, it would not translate?in other words, the English speaker would not understand it to mean a salaried worker.
A wasei-eigo term that I find particularly interesting is "handle-keeper". You see this term often at restaurants, where the menu will sometimes read "Handle-keepers receive one soft drink on the house." At first, I didn't have any idea what a handle-keeper could possibly be. What does someone who keeps handles get a free soft drink? Well, the meaning of "handle-keeper" in Japanese is what we refer to as a designated driver in English-someone who chooses not to drink alcohol so they can get their drinking friends home safely at the end of the night. There's a good reason to offer that person a free non-alcoholic beverage!
If you think about it, "handle-keeper" is really quite a clever term-it means someone who is able to keep a firm, sober hand on the steering wheel. Unfortunately, it doesn't translate in English, but it's a good term to know in Japanese.
Japanese speakers of English sometimes don't realize that wasei-eigo terms aren't actual terms in English and use them in English conversation, only to find that their meaning does not translate. Several books on the market in Japan address the issue of "mistaken" or "embarrassing" wasei-eigo terms. While it is interesting to analyze the use of wasei-eigo and educational to know where their origins lie, I think it is also important to realize that wasei-eigo terms are used very frequently and have become an important vocabulary set in the Japanese language.
So, even if they sound a little funny to native English speakers, us non-native learners of Japanese have to study up and learn to use them properly!

Emily Rosenberg


Japanese:
福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1)  「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
  2) ホストファミリー登録説明会参加者募集
  3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  4) 福岡・USオークランド姉妹都市締結50周年記念芸術交流ワークショップ作品展示

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) 3月は引越のシーズンです!
  2) 内閣府青年国際交流事業参加青年募集
  3) こくさいひろば情報
  4) 福岡城さくらまつり
  5) 外国人による日本語弁論大会出場者募集中!
  6) 福岡県警察からのお知らせ

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  2) NGO入門講座
  3) 福岡YWCA日本語教師養成講座
  4) JICAデスク福岡からのお知らせ

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 「日本語ひろば直方」開校
  2) わくわく交流会 with 留学生
  3) 第51回クラシック・シネクラブ
  4) 元寇サイクリングツアー
  5) ベン・マズエコンサート
  6) 記録映像作家岡本淳氏座談会&上映会
  7) 「ミャンマーの現状と今後について」
  8) 第24回三・一文化祭
  9) EU研修旅行報告会
  10) 第27回福岡アジア映画祭2013 ボランティア募集!

5. エミリーの那珂川ノート

   和製英語を理解すること



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生募集
福岡市、福岡よかトピア国際交流財団とアジア太平洋こども会議・イン福岡が共催する留学生外国語教室実行委員会事務局では、5月から始まる「留学生から学ぶ外国語教室」の受講生を募集しています。中国語・韓国語などアジア言語を中心に約19言語の30教室を開催予定。

申込締切:3/8(金)※申込用紙はホームページからもダウンロードできます。
場所:福岡学生交流会館(福岡市博多区店屋町4-1)
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ:留学生外国語教室実行委員会事務局
Tel: 092-734-7700  E-mail: gogaku@apcc.gr.jp

2) ホストファミリー登録説明会参加者募集
ホームステイやホームビジットに関心を持ち、ボランティアで外国人に日本生活を体験する機会を提供していただける福岡都市圏の日本人家庭を募集します。

日時:3/17(日)14 :00〜15 :00
場所:レインボープラザ会議室
申込方法:住所、氏名、電話、参加人数を電話、FAXまたはEmailでレインボープラザへ。詳しい案内をお送りします。
申込締切:3/10(日)

詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/02.html

3) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:3/21(木)18:30〜20:30
語り手:プーサラ・ポーンティダさん(タイ・バンコク出身)
九州大学大学院生物資源環境科学府生物資源化学専攻
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

4) 福岡・USオークランド姉妹都市締結50周年記念芸術交流ワークショップ作品展示
福岡・USオークランド姉妹都市締結50周年を記念して、オークランドのアーティストが開催した絵画作成のワークショップに、福岡市の大学生・高校生が参加してアーティストと共同で作成した作品を、レインボープラザに展示しています。是非ご覧ください。


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) 3月は引越のシーズンです!
引っ越しの際には様々な手続きが必要になります。以下の一覧で漏れがないようにご確認ください。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shicho/koho/life/seikatsu-guide/hikkoshi.html

<住所変更手続きについて>
外国人の方が福岡市外から福岡市内に住所が変わった場合や福岡市内で引越しをした場合は、14日以内にお住まいのある区役所・出張所に届出を行わなければなりません。福岡市内での異動で区をまたぐ場合は、新しい住所の区役所・出張所に届出してください。福岡市内から市外へ引越しする場合は、引越しの前にお住まいの区役所・出張所に転出届の提出が必要となります。転入の届出は引越し先の市区町村に出してください。

<ごみ出し、電気・ガス・水道、郵便などの手続きについて>
福岡よかトピア国際交流財団のウェブサイトの「リビングイン福岡」http://www.rainbowfia.or.jp/living/をご参照ください。

<福岡市水道局休日受付>
下記の日曜日にも水道の使用中止および開始の届けを電話で受け付けています。
日時:3/31(日)、4/7(日)9:00〜17:00
お客様センターTel: 092-532-1010

<福岡市区役所・出張所休日開庁>
3月、4月は例年区役所の窓口が混雑しますので、下記の通り日曜日に窓口を開庁します。
日時:3/31(日)、4/7(日)10:00〜14:00
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/kusei/life/kaityou.html
問合せ:福岡市市民局区政課
Tel: 092-711-4074  Email: kusei.CAB@city.fukuoka.lg.jp

2) 内閣府青年国際交流事業参加青年募集
日本と世界各国の青年の交流を通して、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を養う機会を提供しています。

締切:3/19(火)必着
詳細はこちら:http://www.cao.go.jp/koryu/index.html

問合せ:福岡県新社会推進部青少年課育成係
Tel: 092-643-3387

3) こくさいひろば情報
いずれも場所はこくさいひろば(アクロス福岡2F)、要申込です。
<災害通訳・翻訳ボランティア研修会>
日時:3/17(日)14:00〜16:00
定員:50名
参加費:無料

<こくさいひろばカフェVol. 14 ネパール、内モンゴル>
日時:3/24(日)14:00〜16:00
参加費:無料(賛助会員)、300円(一般)

詳細はこちら:http://www.kokusaihiroba.or.jp/
問合せ:(財)福岡県国際交流センター こくさいひろば
Tel: 092-725-9200

4) 福岡城さくらまつり
福岡城址で歴史を感じながら、約1,000本の桜を愛でませんか。様々なイベントや夜間ライトアップもあります。入園無料(一部イベントなどは有料)。

期間:3/26(火)〜4/7(日) ライトアップ期間:3/28(木)から
インフォメーション開設時間:平日12:00〜22:00、土日11:00〜22:00
詳細はこちら:http://saku-hana.jp

問合せ:福岡城さくらまつり実行委員会事務局
Tel: 092-711-4424(平日8:45〜18:00)

5) 外国人による日本語弁論大会出場者募集中!
あなたの見た日本、感じた世界を日本語で表現してみませんか?多くの国/地域の方々のご応募をお待ちしています。

開催日時:6/8(土)13:00
場所:北九州芸術劇場「大ホール」(リバーウォーク北九州内)
出場申込締切:4/16(火)
詳細はこちら:http://www.iec-nichibei.or.jp/iec04_2.html

問合せ:一般財団法人国際教育振興会
Tel: 03-3359-9620(平日9:00〜17:00)

6) 福岡県警察からのお知らせ
福岡県警察では、警察官(専門捜査官)を募集しています。

試験区分:語学(北京語)
受付期間:4/1(月)〜22(月)
第一次試験日:5/5(日)
受験資格:年齢および資格要件あり、日本国籍を有する者
受験案内配布場所:県内各警察署、レインボープラザ
詳細はこちら:http://www.police.pref.fukuoka.jp/

問合せ:福岡県警察本部警務課採用センター
Tel: 092-622-0700


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。
日時:3/7(木)18:30、3/20(水・祝)14:00、4/5(金)18:30
場所:福岡市役所北別館5F APCC事務局
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

2) NGO入門講座
国際協力のはじめ方、関わり方が分かる、福岡NGOネットワークによる毎年恒例の講座。原則毎月最終土曜日に開催しています。内容はどの月も同じの1回完結型。要申込。参加費300円。

日時:3/30(土)14:00〜16:00
場所:福岡市NPOボランティア交流センター5F 「あすみん」打ち合わせコーナー

問合せ:NGO福岡ネットワーク
Tel: 092-405-9870  Email: funn@mbk.nifty.com

3) 福岡YWCA日本語教師養成講座
20歳以上で日本語教育に意欲のある方を募集しています(定員30名)。説明会もあります(無料、要予約)。

期間:2012年5月〜2013年8月(1年3カ月、420時間)
講習日時:毎週水曜19:00〜20:30、土曜10:00〜15:30※実習や集中講義など変更の可能性もあり
受講費:520,500円
定期説明会:3/30、4/6、4/20 16:00〜17:00
修了生体験談を含む特別説明会:3/16、4/13 16:00〜17:30

問合せ:福岡YWCA
Tel: 092-741-9251

4) JICAデスク福岡からのお知らせ
<平成25年度JICAボランティア春募集「体験談&説明会」開催>
平成25年度JICAボランティア春募集が4月1日(月)から5月13日(月)まで行われます。体験談&説明会も開催されます。
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

青年海外協力隊(応募資格:満20歳〜満39歳 日本国籍の方)
日時/場所:4/6(土)18:30/アクロス福岡7F大会議室
          4/11(木)18:30、4/19(金)18:30/博多バスターミナル9F大ホール

シニア海外ボランティア(応募資格:満40歳〜満69歳 日本国籍の方)
日時/場所:4/6(土)18:30/アクロス福岡2Fセミナー室2
         4/11(木)18:30/博多バスターミナル9F3・4ホール
         4/19(金)18:30/博多バスターミナル9F5ホール

<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!青年海外協力隊事業への理解を深め応募のきっかけとしてください。
日時:3/21(木)19:00〜21:00
場所:特定非営利活動法人九州海外協力協会 (JR博多駅から徒歩10分)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
日時:毎週木曜日11:00〜17:00(スケジュールは変更になることがあります。事前予約していただくと確実です。)
場所:レインボープラザ
相談員:古賀 知美(元青年海外協力隊員・キルギス共和国派遣)

問合せ:JICAデスク福岡((公財)福岡よかトピア国際交流財団内)
Tel: 092-733-5638  Email: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 「日本語ひろば直方」開校
直方市に日本語教室がスタートします!日本語を学びながら、地域ボランティアや住民の方たちと情報交換・交流ができる場です、お気軽にご参加ください!

日時:毎週月曜日(第5月曜除く)10:00〜11:30
場所:直方市男女共同参画センターえみくる(直方市津田町7-20)
料金:月300円

問合せ:0949-35-3362(おだ)または r33may@hotmail.com(きど)

2) わくわく交流会 with 留学生
小学生を対象とした留学生との交流会。大濠公園で環境教育や国際理解教育などを楽しく行います。当日はコップ付きの水筒に入れた飲み物を持参してください。

日時:3/10(日)10:30〜13:00(雨天決行)
受付:10:15 大濠公園内スターバックス前
参加費:300円(保険代、お茶菓子代含む)
詳細はこちら:http://www.j-en.org/

問合せ:NPO法人 人財共育センターEN
Tel: 080-3912-6091(担当:岩崎)  FAX: 092-511-1605  Email: info@j-en.org

3) 第51回クラシック・シネクラブ
映画史に残る名作映画をトーク付きで見ましょう。

「ガリガリ博士」('20、50分)
日時:3/16(土)13:00、16:00
場所:アンスティチュ・フランセ九州5F多目的ホール(福岡市中央区大名2-12-6)
料金:前売1,000円、当日1,300円
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/nv.html

問合せ:オフィス・ヌーヴェルヴァーグ
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com

4) 元寇サイクリングツアー
福岡市の元寇防塁などを自転車で巡ります。定員12名。

日時:3/17(日)9:30〜15:30 雨天中止
集合場所:福チャリ(福岡市博多区上川端9-35)9:15
料金(保険代込み):自転車レンタル4,500円、自転車持ち込み3,500円(昼食代予算別途1,000円程度)
申込締切:3/16(土)

問合せ:福チャリ
Tel: 092-292-8889(9:00〜19:00 火曜定休)  Email: fukuchari@gmail.com

5) ベン・マズエコンサート
シャンソン、ソウル、ヒップホップを縦断しながら、自分の歌詞の世界を充実させてきた新星アーティストによるコンサート。

日時:3/17(日)19:30
場所:ティエンポ・ホール(福岡市中央区大名1-15-11 3F)
料金:前売り一般2,500円 要ワンドリンクオーダー(500円)
詳細はこちら:http://www.institutfrancais.jp/kyushu/

問合せ:アンスティチュ・フランセ九州
Tel: 092-712-0904 (火〜土 10:00〜13:00、14:00〜19:00(土は18:00まで))

6) 記録映像作家岡本淳氏座談会&上映会
自ら移民となり小型ビデオカメラを手に、様々な立場のブラジル日系移民の姿を記録する日本人ドキュメンタリー映像作家が来日!イベント終了後交流会(要予約)もあります。

日時:3/20(水・祝)18:00
場所:ティエンポ・ホール(福岡市中央区大名1-15-11 3F)
料金:前売1,500円 当日2,000円 イベント+交流会セット券3,000円 交流会のみ2,000円

問合せ:ラテン文化センター ティエンポ
Tel: 092-762-4100

7) 「ミャンマーの現状と今後について」
西日本国際財団が、アジア貢献賞のフォローアップイベントとしてセミナーを開催します。国際移住機関(IMO)タイ事務所勤務の伊藤路子氏とアジア貢献賞第11回受賞者宮下亮善氏が変化するミャンマーの現状と未来について語ります。

日時:3/22(金)18:30〜20:30
場所:(株)NBCリサーチ&コンサルティングセミナールーム(博多区下川端町2-1 博多座・西銀ビル13F)
申込方法:氏名、電話番号をFAXまたはEmailで下記まで(3/21(木)締切)

問合せ:(公財)西日本国際財団「アジア貢献賞フォローアップセミナー」係
Tel: 092-476-2154  Fax: 092-476-2634  Email: nckokusaizaidan@gmail.com

8) 第24回三・一文化祭
在日コリアンと地域住民が共に創り出す多文化交流のイベントです。参加無料。

日時:3/24(日)11:30〜15:30
場所:福岡市立千代小学校体育館(福岡市博多区東公園8-1)
詳細はこちら:http://ameblo.jp/sillakangsoo/

問合せ:三・一文化祭実行委員会
Tel/Fax: 092-621-8824、092-571-1133

9) EU研修旅行報告会
EUIJ九州 (European Union Institute in Japan, Kyushu) を構成する3大学の学生が、記念すべき第1回のEU研修旅行で得た成果を発表します。要申込。

日時:3/27(水)14:00〜15:30
場所:こくさいひろば(アクロス福岡3F)

問合せ:EUIJ九州事務局
Tel: 092-642-4433  Email: event@euij-kyushu.com

10) 第27回福岡アジア映画祭2013 ボランティア募集!
6/28(金)〜7/7(日)に開催の「福岡アジア映画祭」のボランティアを募集しています。
詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会 担当:今村
Tel: 092-733-0949  Email: faff@gol.com


5. エミリーの那珂川ノート
 
和製英語を理解すること

前回のコラムで外来語について書いたから、今回和製英語についていくつかの例を見てみることは面白いかもしれないと思った。「和製英語」という言葉自体は「日本で創造された英語」という意味を持つけど、和製英語は外来語とどう違うでしょうか?
先月書いたように、外来語は他の言語から入って来て日本語のかな表に合わせた言葉である。ほとんどの外来語は語源の音や意味を保っている。和製英語には英語の語源があるけど、よく由来の言葉と違う意味を持っていて、英語としては通じない。少し説明しにくいので、例を見て考えよう。
よく知られた和製英語の言葉と言えば、やはり「給料で生活する人」という意味を持つ「サラリーマン」。元の英語の言葉salary(給料)とman(人)を組み合わせた「サラリーマン」は、英語でも通じると思ってしまうかもしれないけど、実際に英語の言葉ではない。英語で「サラリーマン」を使っても、通じない。つまり、英語を話す人は「給料を稼ぐ人」という意味だとは思わない。
私にとって特に面白い和製英語の言葉は「ハンドルキーパー」。レストランで時々見る言葉で、「ハンドルキーパーにソフトドリンク一杯サービスを実施しています」とメニューに書いてある場合もある。この言葉を初めて見た時、一体どういう意味があるか想像もつかなかった。ハンドルをキープする人は何故一杯のソフトドリンクを無料にもらえるの?と思った。実際、日本語の「ハンドルキーパー」は英語でいうと「指名ドライバー」またはdesignated driver。お酒を飲んでいる友達を無事に送ってあげるためにアルコールを飲まないと選択する人。そんな人には、一杯のソフトドリンクが無料で提供されてもいいよね!考えてみれば、素面でハンドルをしっかり握る人の「ハンドルキーパー」は本当に賢く作られた言葉である。日本語で知っておくとよい言葉だけど、残念ながら、これも英語としては通じない。
英語を話す日本人の中で、和製英語の言葉は英語では通じないことを知らない人もいて、英会話で和製英語を使おうとした時に、通じないことに気付く。「間違った」とか「恥ずかしい」和製英語のエピソードについての本は結構ある。和製英語の使い方を分析したり、語源を学んだりすることも楽しいけど、和製英語が日本語でよく使われる大事なボキャブラリーになってきたことを理解する事も大切だと思う。英語のネイティブスピーカーにとって、和製英語は少しおかしく聞こえるかもしれないけど、日本語を勉強している人は和製英語のちゃんとした使い方をしっかり学ばなければならない!

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/