Fukuoka International Association (FIA) Mail Magazine vol.133 June/05/2013
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
Fukuoka City revealed that its estimated population has exceeded 1.5 million as of May 1st. The population was 50,847 when Fukuoka was given city status in 1889 and exceeded one million in 1975. It has become the 6th most populated designated city after Kobe. Let's make Fukuoka an even more livable and attractive city!


福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
福岡市は5月1日時点の推計人口が150万人を突破したと発表しました。1889年に福岡市が誕生したときの人口は5万847人でしたが、1975年に100万人を突破し、政令指定都市では神戸市に次いで6番目の150万人突破となります。これからも、みんなで住みよい、魅力ある福岡にしていきましょう!


FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka International Association

    1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and Other Affiliated Organizations

    1) Cine-la Information
    2) Love Earth Cleanup
    3) Free Counseling on Working Conditions
    4) Notice about "Child Allowance"

3. News from FUKU-NET Members

    1) Brighten up Children's Futures through Stitch Work by Filipino Mothers
    2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association

4. News from Related International Organizations in Fukuoka

    1) "The Way of Zen" Events: Calling for Participants!
    2) Charles Pasi Concert
    3) Schumann Zyklus vol. 1
    4) Fukuoka Asian Film Festival 2013
    5) Join a Tour and Experience Japan for FREE!

5. Emily's Notes from the Nakagawa

    Many Japans


1. News from The Fukuoka International Association
 
For more information about this section, unless specified, please refer to FIA:
Fukuoka International Association
City Hall North Annex 5F, Tenjin 1-10-1, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL: http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture during which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka, and vision for the future.

Date: Jun. 20 (Thu.) 18:30 - 20:30
Lecturer: Mr. Mizael POH (Republic of Singapore)
            Research Student, Japanese Language and Culture Course, Kyushu University
Venue: Attaka Salon, Fukuoka International Association
* Please enter from a side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500yen, free for international students
Further information: http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) Cine-la Information
<Image Forum Festival 2013>
Duration: Jun. 5 (Wed.) - 9 (Sun.)
Fee: 800yen (single advance ticket), 1,000yen (single ticket), 2,500yen (four tickets), 4,500yen (free pass)

<The Eibun Kimura Retrospective>
Duration: Jun. 12 (Wed.) - 28 (Fri.)
Fee: Adult 600yen, H.S. & Univ. student 500yen, Elem. & J.H.S. student 400yen

<The Feudal Clan of Kuroda in Films>
Dates: Jun. 29 (Sat.) - 30 (Sun.)
Fee: Adult 500yen, H.S. & Univ. student 400yen, Elem. & J.H.S. student 300yen

No English Subtitles.
Further information: http://www.cinela.com/english/filmarc.htm
Inquiry: Fukuoka City Public Library "Cine-la"
Tel: 092-852-0608

2) Love Earth Cleanup
"Love Earth Cleanup" is a local environment beautification activity which originally started in Fukuoka in 1992. You can join it at approximately 140 places in the city. Please bring your cotton gloves, cap and towel (garbage bags will be distributed at the site).

Date/Time: Jun. 16 (Sun.) 9:00 -
* Cancellation due to rain will be announced on the website below.
Venue examples: Mishimazaki/Mitoma/Gannosu beaches in Higashi-ku, Naka River and Reisen Park in Hakata-ku, Ohori/Kego/Tenjin Chuo parks in Chuo-ku, Shiobaru-kita Park in Minami-ku, Hii River in Jonan-ku, Muromi River and Momochihama in Sawara-ku, Ikino-Matsubara beach and Odo/Nagatare Seaside parks in Nishi-ku
Further information: http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/keikaku/opinion/1.html (Japanese only)

Inquiry: Recycling-Based Society Planning Section, Environmental Bureau, Fukuoka City
Tel: 092-711-4308

3) Free Counseling on Working Conditions
An English-speaking advisor is available at the counseling counter in the Fukuoka Labour Bureau.

Date/Time: Every Tuesday, 2nd and 4th Thursday of the month 9:00 - 16:00

Inquiry: Inspection Division, Fukuoka Labour Bureau (4F Fukuoka National Government Bldg. Annex, 2-11-1 Hakataeki-Higashi, Hakata-ku, Fukuoka)
Tel: 092-411-4862

4) Notice about "Child Allowance"
Those who receive "Jido-teate" (child allowance) are required to submit an application called "genkyo-todoke" every June. The form will be mailed to eligible households early this month, so please fill out and send it back by mail with required attachments by June 30.

Inquiry: Fukuoka City Jido-teate Call Center (only in Japanese)
Tel: 092-711-2201 (Weekdays 9:30 - 17:30, Mondays - 20:00 until Oct. 31)
* "Jido-teate" will be provided to those who are taking care of children of Junior High School age and younger. If you are a new applicant, please apply at the Child Rearing Support Section of your ward office within 15 days after your child's birth or of moving in to your residence.


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Brighten up Children's Futures through Stitch Work by Filipino Mothers
Stitch works by a group in the Philippines will be displayed for sale. A part of the profit will be spent for children's education in that area.

Date/Time: Jun. 8 (Sat.) & 9 (Sun.) 11:00 - 17:00
Venue: Rental Space "shizuku" (2-5-14 Omiya, Chuo-ku, Fukuoka)

Inquiry: NPO Salt Payatas
Tel: 092-939-3633

2) Film Viewing by the Fukuoka Italy-Japan Association
This is a free monthly movie-viewing event. Limited to the first 120 visitors. No reservation is required.

"Storia di ragazzi edi ragazze" ('89, 91min.)
Date/Time: Jun. 17 (Mon.) 19:00

"La resa dei conti" ('68, 90min.)
Date/Time: Jul. 1 (Mon.) 19:00

Venue: Ajibi Hall (8F Fukuoka Asian Art Museum)

Inquiry: The Fukuoka Italy-Japan Association
Tel: 092-476-2153


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) "The Way of Zen" Events: Calling for Participants!
Experience Zen meditation. Lessons will be conducted in English and Japanese. Limited to 6 pairs for each parent & child session, 13 individuals for each general session.

Date/Time: Jun. 8 (Sat.) & 15 (Sat.) 10:30 - 12:00 Parent & Child session, 13:00 - 14:30 or 15:00 - 16:30 General session
Venue: Japanese Garden at Ohori Park (Next to Fukuoka Art Museum)
Fee: 1,500yen for those over junior high school age, 700yen for children between 5 and elementary school age (incl. admission to the garden)
Further information: http://hearty-care.com/

Inquiry: NPO Hearty Care Foundation
Tel: 090-7388-3925   Email: hearty.npo@gmail.com

2) Charles Pasi Concert
This is the first Japan tour for new generation artist, Charles Pasi. Enjoy his special talent of singing various genres of music!

Date/Time: Jun. 20 (Thu.) 19:30
Venue: Gate's 7
Fee: Advance 3,000yen, at door 3,500yen plus 1 drink

Inquiry: French-Japanese Institute of Kyushu
Tel: 092-712-0904

3) Schumann Zyklus vol. 1
You can enjoy the ensemble presented by Polish pianist Ignacy LISIECKI and Japanese vocalist Hisako YAGI.

Date/Time: Jun. 29 (Sat.) 18:00 - 20:00
Venue: Resola NTT Yume Tenjin Hall (5F 2-5-55 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka)
Admission: 3,500yen, Advance pair ticket 6,000yen

Inquiry: LISIECKI presents SCHUMANN PROJECT Executive Committee
Tel: 092-481-8100   Email: booking.recital@gmail.com

4) Fukuoka Asian Film Festival 2013
Fukuoka's annual citizen event is welcoming it's 27th year!

Schedule/Venue:
   Jul. 5 (Fri.) - 7 (Sun.) Nishitetsu Hall (6F Solaria Stage)
   Jul. 12 (Fri.) - 14 (Sun.) 5F Hall, French-Japanese Institute of Kyushu (Subway Akasaka Station No. 3 Exit)
Fee: Advance 1,400yen, at door 1,800yen, Univ. student 1,500yen, H.S., J.H.S. student & Senior 1,000yen, 5 films ticket 6,000yen, 10 films ticket 10,000yen
Further information: http://www2.gol.com/users/faff/faff.html

Inquiry: Fukuoka Asian Film Festival Executive Committee
Tel: 092-733-0904   Email: faff@gol.com

5) Join a Tour and Experience Japan for FREE!
Japan Travel Center, a London based travel agency, is looking for someone who would like to join a day tour within Kyushu for free. In return, you would be required to write a report and your review will be published on our websites and social networks.

Eligible Applicant: A native English speaker who has no food allergies and is new to Japan (preferably someone who has been in Japan for less than 6 months)

Inquiry: Japan Travel Center, Affinity Fukuoka Office
Tel: 092-474-2766   Email: nakahata@affinity-japan.com


5. Emily's Notes from the Nakagawa
 
Many Japans

A few weeks ago, my parents came to visit me here in Fukuoka. They also visited me five years ago when I was studying abroad, and together we explored Osaka, Tokyo, and Kyoto. This time, however, was their first visit to Kyushu and western Japan. We traveled to Mount Aso and Kumamoto Castle, Hiroshima and Miyajima, and Nagasaki, and I also introduced them to Fukuoka City, where I've lived the past (nearly) four years. I'd been to all of these places previously, some of them numerous times, but it was a new experience seeing them alongside my parents.
Things that have become commonplace to me, like bus engines being turned off instead of idling at stop lights, paying respect at Shinto shrines, and the regular use of cash over credit, were new to them. When I go somewhere new, I am often the one to ask countless questions about local foods, customs, and daily living-but this time, I was the "local" answering the questions. This made me reflect on the cultural and regional knowledge I've gained in these four years, and I admit it made me proud to share this wonderful place with my parents, who have traditionally been the ones to teach me many things about the world. In the end, we had a wonderful time together, and they were incredibly happy to have experienced this part of Japan.
After my parents left, my next task was to guide two high school students from the United States around Fukuoka. Although I had just been to many of the same places with my parents, sharing it with these two young ladies was an entirely different experience. Both have had a keen interest in Japan since they were young, but this was their first time visiting Japan, so FINALLY they were able to experience the country firsthand.
These two bright young women are of course very fascinated with Japanese history and traditional culture, but also love many aspects of Japanese fashion and pop culture. It was an honor and pleasure to be able to help them have a great first experience in Japan. I saw so much of my own high school-age self in them, and I hope they continue to follow their interests. Seeing them so eager to absorb new things, I feel that I made the right decision in pursuing my own Japan-related interests.
My most recent visitor was an American friend who does similar work to mine in Morioka, Iwate Prefecture. I had the chance to visit her up north last summer, and I loved learning about everything there (I made it to 80 bowls of "wanko soba", just to let you know). Likewise, she was excited about learning about Fukuoka, and indulged me as I pointed out details about the city's history, traditions, and food. We discussed our individual Japan experiences, and there was never a dull moment as we compared and contrasted the "Japan" we each knew.
It was a whirlwind month of visitors, but there's nothing better than being able to share what you love with people who are interested to learn. I realize that even within this "small" island country, there are so many different "Japans" to experience, which makes every day here an enriching experience.

Emily Rosenberg



福岡レインボーマガジン (日本語)
 
目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  1) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
  2) 国際交流活動助成申請募集

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報

  1) シネラ情報
  2) Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト「走れメロス」
  3) 福岡学生職業センター
  4) 「日本語ボランティア養成講座・研修会実施業務」受託者募集
  5) グローバル・ウイング2013参加者募集
  6) 労働条件に関する無料相談
  7) 児童手当を受給している方へ
  8) 地域国際化推進活動支援事業

3. FUKU-NET団体からの情報

  1) 講演会「7カ国語で話そう。」
  2) 子ども達の未来を創るフィリピンママの手ししゅう展
  3) カンボジア児童養護施設での職業訓練報告会
  4) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
  5) 国連講演会
  6) ハワイのオリガミ講座 in English
  7) 福岡日伊協会映画鑑賞会
  8) 日中韓友好児童絵画展の作品を募集
  9) 夏休みカンボジアスタディツアー参加者募集
  10) ケニヤスタディツアー
  11) カナダフレンドシップ大使募集

4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報

  1) 「バレンタイン一揆」上映会&トーク
  2) 「禅の道」イベント参加者募集!
  3) 第9回福岡インターナショナル・ギフト・ショー
  4) EUIJ九州市民講座「未来を描くヨーロッパ」
  5) 第27回福岡アジア映画祭2013
  6) 韓国留学説明会
  7) 博多っ子講座
  8) 「ハングルの誕生」講演会
  9) 生活の中のポジャギと組紐展
  10) 将棋を見て楽しむ茶話会
  11) 世界の女性に学ぶ外国語教室

5. エミリーの那珂川ノート

   様々な「日本」


1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5F
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生が語るふるさとの街と福岡
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6/20(木)18:30~20:30
講師:ミゼル・ポーさん(シンガポール共和国出身)
    九州大学日本語・日本文化研修コース
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 国際交流活動助成申請募集
(公財)よかトピア記念国際財団では、市民の国際交流を支援し、福岡都市圏の国際化を推進するため、民間団体の国際交流事業に対して「国際交流活動助成」を行っています。平成25年度下半期(平成25年10月1日~平成26年3月20日)に実施される事業への助成金の申請を募集します。

申請期間:7/1(月)~7/31(水)
※今年度から申請期間が1ヶ月早くなっていますので、ご注意ください。
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/citizen/news_01.html


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) シネラ情報
<イメージフォーラムフェスティバル2012>
期間:6/5(水)~9(日)
観覧料:800円(前売1回券)、1,000円(1回券)、2,500円(4回券)、4,500円(フリーパス券)

<木村栄文レトロスペクティブ>
期間:6/12(水)~28(金)
観覧料:大人600円、高校・大学生500円 小中学生400円

<映画の中の黒田藩>
期間:6/29(土)~30(日)
観覧料:大人500円、高校・大学生400円 小中学生300円

詳細はこちら:http://www.cinela.com/
問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

2) Fukuoka in Asia 舞台芸術創造発信プロジェクト「走れメロス」
福岡から国内外へ舞台芸術作品を発信するプロジェクト。今年は、香港で上演予定の「走れメロス」をご覧いただけます(日本語セリフ・中国語字幕にて上演)。

日時:6/7(金)19:00、6/8(土)13:00 & 18:00、6/9(日)13:00(6/8(土)夜公演以外は公演後アフタートークがあります)
場所:南市民センター文化ホール(福岡市南区塩原2-8-2)
料金:前売一般2,000円、大学生1,000円(以上当日500円増)、前売親子ペア(一般+大学生以下)2,500円(南区民および外国人割引あり)

問合せ:福岡市文化芸術振興財団
Tel: 092-263-6265

3) 福岡学生職業センター
<留学生就職ガイダンス>
下記就職フェア参加のための事前セミナー。要予約。
日時:6/12(水)、14(金)、19(水)16:00~18:00
場所:福岡学生職業センター(福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィスビル12F)

<留学生就職フェアin Fukuoka>
2014年3月卒業予定の留学生を対象とした就職面談会。参加企業35社程度予定。入場無料、予約不要。
日時:6/21(金)12:00~16:00 受付10:30~15:30
場所:エルガーラ8階大ホール・7階多目的ホール(福岡市中央区天神1-4-2)
※センター未登録の方は、外国人登録証および学生証を持参してください。当日は履歴書が必要です。

詳細はこちら:http://fukuoka-young.jsite.mhlw.go.jp/
問合せ:福岡学生職業センター
Tel: 092-714-1556

4) 「日本語ボランティア養成講座・研修会実施業務」受託者募集
日本語ボランティア養成講座と研修会実施業務を受託する民間ボランティア団体等を募集します。募集要項は下記ウェブサイトまたは福岡市総務企画局国際部国際企画課(市役所本庁8F)にて配布しています。

募集要項の配布:6/10(月)まで
応募期間:6/11(火)~17(月)
詳細はこちら:www.city.fukuoka.lg.jp/soki/kokusai/business/nihongoborantjiayouseikouza.html

問合せ:福岡市総務企画局国際部国際企画課
Tel: 092-711-4022
※なお、「質問書」による質問の受付は終了していますのでご了承ください。

5) グローバル・ウイング2013参加者募集
県内青年をアジア諸国へ派遣し、リーダーを育成する「グローバル・ウイング2013(第16回福岡県青年の翼)の参加者を募集します。定員24名。

応募資格:県内在住の満18歳以上35歳以下の人(平成25年4月1日現在)
研修期間:9月上旬~3月中旬
海外訪問:11/10(日)~17(日)
訪問国:ベトナム、シンガポール
負担金:9万9千円(別途県内研修交通費、旅行傷害保険料など個人負担経費あり)
申込締切:6/26(水)消印有効
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e05/globalwing2013.html

問合せ:福岡県新社会推進部青少年課
Tel: 092-643-3386

6) 労働条件に関する無料相談
福岡労働局では外国人労働者相談コーナーにて、英語で労働条件に関する相談を受け付けています。

日時:毎週火曜および第2・4木曜 9:00~16:00

問合せ:福岡労働局労働基準部監督課(福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館4階)
Tel: 092-411-4862

7) 児童手当を受給している方へ
児童手当を受給している人は、毎年6月に現況届の提出が必要です。現況届は6月上旬に郵便で届きますので、必要事項を記入して添付書類と共に6月30日までに返送してください。

問合せ:市児童手当コールセンター
Tel: 092-711-2201(平日9:30~17:30、月曜のみ~20:00。10/31(木)まで)
※児童手当は中学校修了までの児童を養育している方に支給されます。出生や転入で新たに受給する人は、15日以内にお住まいの区役所の子育て支援課の窓口で申請してください。

8) 地域国際化推進活動支援事業
(公財)福岡県国際交流センターの助成事業が新しくなりました。県内に活動基盤を置く民間団体の活動を支援します。

詳細はこちら:https://www.kokusaihiroba.or.jp/request/grant.html

問合せ:(公財)福岡県国際交流センター
Tel: 092-725-9200


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 講演会「7カ国語で話そう。」
多言語を身につけながら世界の人達との交流を広げる活動を32年間続けている一般財団法人「ヒッポファミリークラブ」が講演会を開催します。参加無料。

日時・場所:
   6/7(金)10:30~12:30、19:00~21:00 アクロス福岡(福岡市中央区天神1-1-1)
   6/8(土)14:00~16:00 クローバープラザ(春日市原町3-1-7)
詳細はこちら:http://hfcw.jp

問合せ:ヒッポファミリークラブ
Tel: 0120-557-761

2) 子ども達の未来を創るフィリピンママの手ししゅう展
利益の一部を子ども達の教育支援として使っている、フィリピン・パヤタス地域の刺しゅうグループによる愛情あふれる作品の展示・販売を行います。

日時:6/8(土)・9(日)11:00~17:00
場所:貸空間shizuku(福岡市中央区大宮2-5-14)

問合せ:(特活)ソルト・パヤタス
Tel: 092-939-3633

3) カンボジア児童養護施設での職業訓練報告会
カンボジアで児童養護施設のブランド商品の販売を企画し、製品化までを指導された井口史子さんにお話いただき、商品も紹介します。

日時:6/8(土)16:00~
場所:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」セミナールーム(福岡市中央区大名2-6-46福岡市立成年センター5F)

問合せ:(特活)明日のカンボジアを考える会
Tel: 092-851-2001

4) NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡ボランティア登録説明会
年間を通じて活動していただくボランティアの登録説明会を開催します。要申込。

日時・場所:
   6/9(日)14:00 西日本新聞会館9F 1号会議室
   6/13(木)18:30 福岡市役所本庁3F 302会議室
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/

問合せ:NPOアジア太平洋こども会議・イン福岡
Tel: 092-734-7700  Email: info@apcc.gr.jp

5) 国連講演会
「国際社会の経済の潮流と日本」というテーマで開催します。参加無料、要事前申込。

日時:6/11(火)13:00~14:30
場所:福岡女子大学図書館1F視聴覚室(福岡市東区香住ヶ丘1-1-1)
講師:外務省経済局国際経済課長 永井 克郎 氏
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115   Email: UNAJ-fukuoka@nifty.com

6) ハワイのオリガミ講座 in English
日本のオリガミとは違ったハワイのオリガミの折り方を英語で習ってみませんか?定員先着10名。

日時:6/14(金)14:00~15:00
場所:福岡YMCA天神校5F(福岡市中央区天神3-4-7)
参加費:700円(お菓子・飲み物込み)
詳細はこちら:http://www.fukuoka-ymca.or.jp/

問合せ:(財)福岡YMCA
Tel: 092-781-7410


7) 福岡日伊協会映画鑑賞
毎月開催している無料の上映会です。先着120名。直接会場へお越しください。

「いつか見た風景」('89、91分)
日時:6/17(月)19:00

「リー・ヴァン・クリーフの復讐のガンマン」('68、90分)
日時:7/1(月)19:00

場所:あじびホール(福岡アジア美術館8F)
詳細はこちら:http://www.ncbank.co.jp/chiiki_shakaikoken/index.html

問合せ:福岡日伊協会
Tel: 092-476-2153

8) 日中韓友好児童絵画展の作品を募集
画題、画材は自由です。サイズは四つ切り画用紙。1人1作品。入選作品は福岡アジア美術館、東京、中国上海で展示します。

対象者:主に県内の幼稚園・保育園児、小学生
申込要領:作品裏に応募事項と画題を書いて下記問合せ先へ郵送
締切:6/19(必着)
詳細はこちら:http://www.bellpo.com/

問合せ:社会教育団体ベルポ会
Tel: 092-441-8059 〒812-0857 博多区西月隈3-8-11-812

9) 夏休みカンボジアスタディツアー参加者募集
カンボジアで長年活動してきたNGO現地駐在員が同行し、内戦による地雷被害の現状について学んだり、カンボジアの若者たちと交流します。アンコールワットも観光します。

日程:8/7~12、8/25~30、9/1~6、9/8~13
料金:138,800円~(別途自己負担経費あり)
説明会日時:6/29(土)13:00~14:30 ※要申込
説明会場所:プロミス天神お客様サービスプラザ(福岡市中央区天神2-11-1)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン
Tel: 092-833-7575   Email: cmc5963@gmail.com

10) ケニヤスタディツアー
サファリと国連ハビタット本部表敬訪問、キベラスラムなどを見学する予定です。

日程:9/13(金)~9/22(日)
費用:280,000円(予定。ビザ取得料、黄熱病予防注射代など含まず)
申込締切:6/30(日)

問合せ:ハビタット福岡市民の会
Tel: 090-6770-2481   Email: muta@ktarn.or.jp

11) カナダフレンドシップ大使募集
多文化主義と自然保護に代表されるカナダで、英語研修を通して友情を築きます。小学5年生以上対象、定員20名。

日程:7/25(木)~8/8(木)
場所:ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市、リッチモンド市
料金:327,000円
申込締切:7/1(月)

問合せ:カナダ友好協会
Tel: 090-1518-3031   Fax: 092-934-3553   Email: canada@mba.nifty.ne.jp


4. その他福岡地域の国際交流団体等からの情報
 
1) 「バレンタイン一揆」上映会&トーク
ガーナのカカオ畑で児童労働の問題と出会い、悩み、闘った日本の女の子たちを描いたドキュメンタリー映画の上映と、現地の人たちと活動を行ってきたスタッフによるトークショーです。

日時:6/8(土)11:00~12:45、14:00~16:15
場所:アクロス福岡2Fセミナー室II(福岡市中央区天神1-1-1)
参加費:前売・学生800円、当日1,000円、中学生500円、小学生以下無料

問合せ:ACE福岡グループ
Tel: 092-863-2460   Email: fukuoka.ace@gmail.com

2) 「禅の道」イベント参加者募集!
坐禅を組み、静けさの中で自然の様々な音に耳を澄ましてみませんか?各回定員親子の部6組12名、一般の部13名。

日時:6/8(土)、15(土)親子の部10:30~12:00、一般の部13:00~14:30、15:00~16:30
場所:大濠公園日本庭園(福岡市美術館横)
参加費:中学生以上1,500円、5歳から小学生まで700円(日本庭園入園料含む)
詳細はこちら:http://hearty-care.com/

問合せ:NPO法人ハーティーケア基金
Tel: 090-7388-3925   Email: hearty.npo@gmail.com

3) 第9回福岡インターナショナル・ギフト・ショー
九州最大のパーソナルギフトと生活雑貨の見本市。美と健康をテーマにした「第2回福岡国際ビューティー・ショー2012」も同時開催。

一般解放デー:6/12(水)10:00~17:00
場所:マリンメッセ福岡(福岡市博多区沖浜町7-1)
入場料:中学生以上500円(ウェブサイトにあるアンケートを持参すると無料)
詳細はこちら:http://www.giftshow.co.jp/figs/

問合せ:株式会社ビジネスガイド社
Tel: 03-3843-9901

4) EUIJ九州市民講座「未来を描くヨーロッパ」
今日のEUとヨーロッパの現状を知り、将来を展望する市民公開講座。受講料無料。当日参加可。

日時:6/15、22、29、7/6 13:00~15:00
場所:福岡女子大学(福岡市東区香住ヶ丘1-1-1)
詳細はこちら:http://www.euij-kyushu.com/jp/home/index.html

問合せ:福岡女子大学地域連携センター
Tel: 092-661-2411

5) 第27回福岡アジア映画祭2013
<プレイベント>
東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市出身の大学生が被災者の生の声をまとめたドキュメンタリー映画。

日時:6/15(土)13:00、16:00
場所:アンスティチュ・フランセ九州5Fホール(地下鉄・赤坂駅3番出口)
会費:前売\1,000、当日\1,300

<映画祭>
今年で27年目を迎える、ボランティアの手で企画・運営されている恒例の市民イベントです。

日程・会場:
   7/5(金)~7/7(日)西鉄ホール(ソラリアステージビル6F)
   7/12(金)~7/14(日)アンスティチュ・フランセ九州5Fホール
料金:前売1,400円、当日一般1,800円・大学生1,500円、中高校生およびシニア1,000円、5作品券6,000円、10作品券10,000円

詳細はこちら:http://www2.gol.com/users/faff/faff.html
問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0904   Email: faff@gol.com

6) 韓国留学説明会
ビザ関係、学校の最新情報、現地生活情報などについて詳しく説明します。個別相談も受けます。要申込。

日時:6/16(日)14:00~16:00
場所:都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)
詳細はこちら:http://www.kankoku-ryugaku.net/

問合せ:日韓友好協会
Tel: 03-3805-5664   Email: info@kankoku-ryugaku.net

7) 博多っ子講座
博多部で活動するまちおこし団体「はかた部ランド協議会」が開催している、博多の歴史と文化を学ぶ全8回講座の第2回です。当日受付可。

内容:円覚寺の由来、歴史について
講師:龍淵秀海氏(円覚寺住職)
日時:6/22(土)15:00~
場所:円覚寺(福岡市博多区御供所町3-11)
会費:全回通し6,000円(各回ごとの参加は1回につき1,000円)

問合せ:博多っ子講座事務局(西門蒲鉾本店内)
Tel: 092-291-2466

8) 「ハングルの誕生」講演会
福岡韓国商工会議所第33期定期総会の記念講演会です。入場無料。

講師:野間秀樹氏(国際教養大学客員教授)
日時:6/25(火)17:00~
場所:八仙閣本店(福岡市博多区博多駅東2-7-27)

問合せ:福岡韓国商工会議所
Tel: 092-414-3014

9) 生活の中のポジャギと組紐展
韓国の伝統文化であるポジャギと組紐を多くの方に知っていただくための作品展です。入場無料。ワンコイン体験レッスンも準備しています。

日時:6/27(木)~7/2(火)10:00~20:00(最終日は~17:00)
場所:福岡アジア美術館交流ギャラリー(リバレインセンタービル8F)
ワンコイン体験レッスン日時:6/27、29、30 10:00~12:00、13:00~15:00(各回先着10名、ポジャギと組みひもが交互にあります。)

問合せ:生活の中のポジャギ&組紐展実行委員会
Tel: 0948-43-8300   Email: info@sofa-pj.com

10) 将棋を見て楽しむ茶話会
台湾茶・料理を楽しみながら日本古来から伝わる「中将棋」に触れてみませんか?

日時:7/6(土)19:00~
場所:台湾家庭料理「迦南地(カナンチ)」(福岡市南区大橋2-12-12 1F)
参加費:1,000円(食事、中国茶、茶葉のお土産込み)

問合せ:「五棋の会」福岡
Tel: 090-6632-3917   Email: b_rose_committee@yahoo.co.jp

11) 世界の女性に学ぶ外国語教室
英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ロシア語、スペイン語、インドネシア語、タイ語を開講します。随時受付。

費用:入会金5,000円、グループレッスン月謝8,000円
場所:福岡市中央区天神4-9-12 光ビル7階
詳細はこちら:http://www.geocities.jp/empower_f/

問合せ:女性エンパワーメントセンター福岡
Tel/Fax: 092-738-0138   Email: empower_f@ybb.ne.jp


5. エミリーの那珂川ノート
 
様々な「日本」

数週間前に両親が福岡に来た。両親は、私が京都に留学していた5年前にも来日して、一緒に大阪と東京と京都を旅行したが、今回初めて九州・西日本に来た。阿蘇山や熊本城、広島市や宮島、長崎市へ行って、そしてこの4年間住んできた福岡市も紹介してあげた。私はこの全部の場所に既に行ったことはあったけど、両親と一緒に行くと全く新しい経験になった。
バスのアイドリング・ストップ、神社での祈り方、クレジットカードの代わりに現金を使うことなど、私にとって日常茶飯事になってきたことは、両親にとって新しくて面白かった。私は新しいところに行くといつも、現地の食べ物や習慣、日常生活ついて地元の人にたくさん質問するけど、今回は私が「地元の人」で、たくさんの質問に答える立場だった。この4年間に身につけた文化的・地域的な知識を生かすことができて、今まで世界のたくさんのことを教えてくれた両親と、この素敵な場所で一緒に過ごせて非常に幸せだった。
両親が帰ってすぐ後、アメリカのオークランドから福岡を訪問しにきた2人の女子高校生を案内する仕事が入った。つい最近両親と一緒に行った同じ場所に何箇所か連れて行ったけど、この2人と一緒に行くと違う経験になった。2人は小さいころから日本に興味を持って、初めて日本に来られることになって、大好きな国をやっと自分の目で確かめることができた。日本の歴史や伝統的な文化にももちろん興味を持っている2人は、日本のファッションやポップカルチャーも大好き。彼女たちの素晴らしい初めての日本での経験をお手伝いすることができて、楽しくて光栄だった。2人に高校時代の自分を見るような思いがして、これからも日本に対する興味を追求してほしいと思った。新しいことを熱心に吸収したがっている姿を見て、私自身の「日本への興味を追求する」という決断は正解だったと思った。
一番最近の来福者は岩手県盛岡市で私と同じような仕事をしているアメリカ人の友達。去年の夏東北に彼女に会いに行って、現地のことを学ぶのがとても楽しかった。(ちなみに、わんこそばを80個も食べた。)同じく、彼女は福岡のことを学ぶことを楽しみにしていて、福岡市の歴史、伝統、食べ物のことを私に詳しく説明させてくれた。2人でお互いの日本での経験について話し合って、2人が知っている「日本」を比較対照してみると時間はあっという間に過ぎた。
お客さんいっぱいの1ヶ月だったけど、いろいろなことを学びたい人に自分が好きなことを教えることは何よりの楽しみだね。この「小さな」島国でも、様々な「日本」が経験できるから、本当にここでの毎日が充実していると気付いた。

エミリー・ローゼンバーグ



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8F
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/