Fukuoka City International Foundation Mail Magazine vol.157   5 June 2015
 
Fukuoka Rainbow Magazine provides monthly information on events and news in the Fukuoka area related to international exchange and cooperation. We hope this will encourage your activities. Information in English precedes Japanese. Also, if you wish to discontinue subscription to this mail magazine, please refer to the last page.
The rainy season has come, so how about going out to see the seasonal flowers, such as hydrangeas? You can see them at many places around town, such as the Fukuoka City Botanical Gardens, Uminonakamichi Seaside Park, Maizuru Park, the Hakozakigu Shrine Hydrangea Garden, and more. Did you know that the color of hydrangeas changes depending on the acidity of the soil?

福岡レインボーマガジンは福岡の国際交流、国際協力関係のニュースを毎月皆様にお届けします。皆様方の活動に役立てていただければ幸いです。内容は、英語、日本語の順で掲載しています。また、今後配信を希望されない方は、お手数ですが、このメールマガジンの最後にお進みください。
梅雨の時期がやってきました。この時期の花、あじさいを見に出かけてみませんか?福岡市植物園、海ノ中道海浜公園、舞鶴公園、筥崎宮あじさい苑など、たくさんの場所で鑑賞できます。あじさいの色は土の酸度によって変わるということ、ご存知でしたか?

FUKUOKA RAINBOW MAGAZINE (ENGLISH)
 
Table of Contents:

1. News from the Fukuoka City International Foundation
 1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
 2) Free Consultation Services for Foreign Nationals
 3) Subscription to Fukuoka Rainbow Magazine

2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, the Central Government, and other Affiliated Organizations
 1) The Social Security and Tax Number System "My Number"
 2) Cine-la Information
 3) Fukutabi

3. News from FUKU-NET Members
 1) Charity baseball tickets to help victims of land mines

4. News from related International Organizations in Fukuoka
 1) Hakata All Stars Big Band "Noh Theater de Jazz Night"
 2) The 29th Fukuoka Asian Film Festival

5. David's Hakata Highlights

  Drinking Water


1. News from The Fukuoka City International Foundation
 
For more information about this section, unless a contact number/email address etc. is specified, please inquire at:
Fukuoka City International Foundation
5F City Hall North Annex, 1-10-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001
Tel: 092-733-5630
URL:http://www.rainbowfia.or.jp/en

1) Foreign Student Lecture Series "My Hometown and Fukuoka"
This is a monthly lecture series in which a foreign student residing and studying in Fukuoka is invited to share information about his/her hometown and culture. Through this occasion, we can learn about the student's family, lifestyle, goals for his/her time in Fukuoka and vision for the future.

Date/Time: Jun.18 (Thu) 18:30 - 20:00
Lecturer: Mugabi Jophous (Republic of Uganda, Kampala)
Kyushu University, school of Bio resource and Bio environmental science, department of bioresource and biotechnology
Venue: Attaka Salon, Fukuoka City International Foundation
    * Please enter from the side entrance located on the east side of the building after 18:00.
Fee: 500 yen, free for international students
Further information:http://attaka-fukuoka.jp/ (in Japanese)

2) Free Consultation Services for Foreign Nationals
Rainbow Plaza offers the following consultations for free to foreign nationals residing or commuting in Fukuoka. Please refer to our website for further information as you have to make an appointment for some of the consultations.
Legal counselling: 10:30-13:30 on the first and third Saturdays of each month. Appointment is required.
Counseling on Immigration, Residency and Nationality: 13:00-16:00 every second Sunday of the month.(sign-up ends at 15:30)
Personal counseling: Mondays, Thursdays, Saturdays. Appointment is required.
Health consultation: 17:00-19:00 every Wednesday

3) Subscription to Fukuoka Rainbow Magazine
We appreciate your subscription to the Fukuoka Rainbow Magazine.
Until now, the magazine has been distributed from mailmag@mag2.com, and
e-mailnewsletter@rainbowfia.or.jp. For more convenience, it will be sent only from e-mail.newsletter@rainbowfia.or.jp after August. We are sorry to trouble you, but if you are a mag2 subscriber, please reregister your email address through the following webpage:
http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Thank you again for your understanding and cooperation.


2. News from Fukuoka Prefecture, Fukuoka City, Central Government and Affiliated Organizations
 
1) The Social Security and Tax Number System "My Number"
The Japanese government will adopt a Social Security and Tax Number System, called "My Number". Each resident will be notified of his/her own 12-digit individual number beginning in October 2015. The number will be used for administrative procedures for social security, taxation, and disaster response beginning in January 2016.
Further Information:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/english.html

Inquiries: My Number Call Center
Tel: 0570-20-0291 (English, Chinese, Korean, Spanish, Portuguese)
    0570-20-0178 (Japanese)
   050-3816-9405 (From IP phone)

2) Cine-la Information
<Image Forum Festival>
Japan's biggest experimental film festival.

Duration: until Jun. 7 (Sun)
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: 800 yen (single advance ticket), 1,000 yen (single ticket), 2,500 yen (four tickets), 4,500 yen (free pass)
Further Information:http://www.cinela.com/schedule/jsch276iff2015if.html (in Japanese)

<Tanko no Kioku>
A collection of Japanese films on coal mines will be presented without English subtitles.

Duration: Jun. 10 (Wed)‐Jul.12 (Sun)
Venue: Fukuoka City Public Library Movie Hall Cine-la (3-7-1 Momochihama, Sawara-ku, Fukuoka)
Fee: Adult 600 yen, H.S. & Univ. student 500 yen, Elem. & J.H.S. student 400yen
Further Information:http://www.cinela.com/schedule/jsch276ttankonokioku.html (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka City Public Library Cine-la
Tel: 092-852-0600

3) Fukutabi
Fukutabi is a program that helps you learn a lot about the charms of Fukuoka through experience and exploratory tours. You will find a variety of relaxed and enjoyable programs and tours.

Website:http://yokanavi.com/eg/fukutabi/index

Inquires about programs: Ask each organizer or reservation agent
Inquires about Fukutabi: Fukuoka City Fukutabi Office inside Fukuoka Convention & Visitors Bureau
Tel: 092-733-5050


3. News from FUKU-NET Members
 
1) Charity baseball tickets to help victims of land mines
Charity by Cambodia Mines-remove Campaign (CMC). You can purchase a reserved "A"seat at a price lower than normal, and 500 yen will be donated to CMC.

Applicable matches: Jul. 1 (Wed), Jul. 2 (Thu) Fukuoka Softbank Hawks vs Saitama Seibu Lions
Fee: 2,500 yen (reserved "A" seat)
Closing Date: Jun. 19 (Fri)
Further Information:http://cmc-net.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Cambodia Mines-remove Campaign (CMC)
Tel: 092-833-7575 E-mail: cmc5963@gmail.com


4. News from International Related Organizations in Fukuoka
 
1) Hakata All Stars Big Band "Noh Theater de Jazz Night"
Unique jazz concert at Noh Theater, by "Hakata All Stars Big Band" with a vocalist, which is well known in the West Japan.

Date: Jun. 19 (Fri) 19:00 (doors open at 18:30)
Venue: Ohori Park Noh Theater (1-5, Ohori Park, Chuo-ku, Fukuoka City)
Fee: Non-allocated seating 3,000 yen , On-the-day tickets 3,500 yen, 1 drink included
Further Information:http://www.ohori-nougaku.jp/lineup/date/2015/06 (in Japanese)

Inquiries: M &M or Ohori Park Noh Theater
Tel: M&M 092-751-8257/Ohori Park Noh Theater 092-715-2155

2) The 29th Fukuoka Asian Film Festival
The latest and most talked about Asian films from Korea, China, Taipei, Nepal, and so on, will be screened all at once.

Duration: Jul. 3 (Fri) - Jul. 12 (Sun) (Total 4 days)
Venue: Jul.3 (Fri) -Jul. 5 (Sun) Nishitetsu Hall (Solaria Stage Bldg. 6F, 2-11-3, Tenjin)
     Jul. 12 (Sun) Institut Francais du Japon -Kyushu (Bld. F, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka City)
Fee: Advance 1,400 yen, At door 1,800 yen, Univ. student 1,500 yen, H.S., J.H.S. student & Senior 1,000 yen, 5 films ticket 6,000 yen,
10 films ticket 10,000 yen
Further Information:http://asianfilm.tank.jp/ (in Japanese)

Inquiries: Fukuoka Asian Film Festival Executive Committee
Tel: 092-733-0904  Email: faff@gol.com

5. David's Hakata Highlights
 
Drinking Water

I drink a lot of tap water every day. Each morning I have a cup of tea and a cup of tap water too. I usually ride my bike to work and drink at least half of my 750mL bottle of tap water by the time I arrive at my office. I will fill up this bottle with tap water usually two or three times before the end of the day, and I'll probably drink at least another litre every evening. Just regular tap water, as it is.
Every now and then, one of my colleagues will say something about my tap water-drinking habits. It's usually something along the lines of "Eh, you drink tap water?" or "Doesn't it smell?" I didn't drink the tap water when I went to Southeast Asia, nor did I do so in some of the other countries I have visited, but here in Fukuoka it tastes fine. I don't understand why so many people seem to have reservations about it. Was there some drinking water scandal in the past that I don't know about?
I did a little research and found out that Fukuoka City's tap water is tested in 51 different categories every month, and the results are publicly available. This is apparently stricter than the standards for bottled mineral water. But still, there seem to be so many people who just won't drink tap water.
An article from my hometown's local newspaper about tap water and water bottles caught my eye recently. According to government-commissioned research, 66% of 1000 local respondents always or generally choose tap water and 64% carry water bottles most days. To me this is not a surprising number, but compared to Japan, I would guess that it is much higher.
I had never thought that I drink much more water than other people until I came to Japan. I may be imagining it, but at the gym I go to here in Fukuoka, there are people who don't seem to want to go near the bubbler, even if they've just spent 30 minutes on a treadmill. I'm pretty sure I'm the only person in my office who regularly drinks from a water bottle. Sometimes I worry that they're not getting enough fluids from other sources.
Often when I go to lunch with colleagues, I might have to call the staff over two or three times to top up my water (why are the cups always so small?), while the people I'm eating with don't even take a sip of their drinks. I might add that I'm not making a conscious effort to drink a lot, I just drink water when I feel thirsty. Actually, it really doesn't feel like I am drinking that much.
Am I just imagining it all?

David Smith




福岡レインボーマガジン (日本語)

目次:

1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ
 1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
 2) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集
 3) 外国人のための無料相談
 4) メルマガ登録について

2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 1) マイナンバー制度について
 2) 第18回「福岡県青年の翼」団員募集
 3) シネラ「イメージフォーラム・フェスティバル2015」「炭鉱の記憶」
 4) 博多っ子講座
 5) 「アミカス☆記念祭2015」企画グループ募集
 6) 九州アジア観光アイランド特区ガイド育成研修 受講生募集
 7) 第28回 初心者のための九州フランス語コンクール

3. FUKU-NET団体からの情報
 1) 福岡国際関係団体連絡会 (FUKU-NET) 第154回連絡会 一般公開講座 参加者募集
 2) JICAデスク福岡からのお知らせ
 3) 国連講演会
 4) 福岡青少年国際交流キャンプ2015
 5) 地雷被害者救済チャリティ 野球チケット
 6) アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)グローバルブリッジリーダートレーニングキャンプ2015 参加者募集

4. その他福岡地域の国際交流団体からの情報
 1) EUIJ九州 市民講座
 2) 博多オールスターズビッグバンド 能楽堂de ジャズナイト
 3) 外国人と共に生きる社会づくりオープンセミナー
 4) 第29回福岡アジア映画祭2015

5. デイビッドの博多ハイライト

  飲み水



1. 福岡よかトピア国際交流財団からのお知らせ

  特に記載している以外の問合せ・申込は下記へ。
  福岡よかトピア国際交流財団
  〒810-0001福岡市中央区天神1丁目10-1 北別館5階
  Tel:092-733-5630
  URL: http://www.rainbowfia.or.jp

1) 外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」
福岡で学ぶ外国人学生に、ふるさとの街の歴史や生活、家族のこと、来福の経緯や今後の夢などを話してもらい、市民に外国人学生への理解と支援の輪を広げる事を目的としています。

日時:6/18(木) 18:30~20:00
語り手:ムカビ ジョファス (ウガンダ・カンパラ出身)
     九州大学大学院農学部
場所:あったかサロン(福岡市役所北別館5階)
    ※18:00以降は正面玄関が閉鎖されますので東側の通用口よりお入りください。
参加費:一般500円 外国人学生無料
詳細はこちら:http://attaka-fukuoka.jp/

2) 「留学生から学ぶ外国語教室」受講生追加募集
5月に開講した「留学生から学ぶ外国語教室」は、講師である留学生との交流を通じて、言葉だけではなく各国と地域の文化や社会などについて学んでいただける教室です。6月末まで、韓国語、中国語、広東語、アラビア語、カンボジア語、ベンガル語、ポルトガル語、ミャンマー語などの追加募集をしています。追加募集は先着順に受け付け、定員になり次第募集を終了します。
詳細はこちら:http://www.asia-kotoba.net

問合せ: 留学生から学ぶ外国語教室事務局
E-mail: gaikokugo@asia-kotoba.net

3) 外国人のための無料相談
レインボープラザでは、外国人向けに下記の相談会を無料で行っております。予約が必要なものもありますので、詳細はホームページで確認してください。
法律相談(要予約) 毎月第1・第3土曜日 10:30~13:30(1枠45分×4枠)
入国・在留・国籍に関する相談 毎月第2日曜日 13:00~16:00
心理カウンセリング(要予約) 月曜・木曜・土曜
健康相談 毎週水曜日 17:00~19:00

4) メルマガ登録について
福岡レインボーマガジンのご購読ありがとうございます。
現在、まぐまぐ!とblaynメールで配信しておりますが、7月にblaynメールに完全移行する予定です。ついては、まぐまぐ!での読者の皆様にはお手数ではありますが、下記登録フォームから再度ご登録いただきますよう、よろしくお願いします。
http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/


2. 福岡県、福岡市、国等からの情報
 
1) マイナンバー制度について
今年度10月から、住民表を有する国民一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。また、マイナンバーは中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます。マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
詳細はこちら:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

問合せ:マイナンバーコールセンター
Tel: 0570-20-0178(IP電話等でつながらない場合は050-3816-9405)
外国語対応(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)は0570-20-0291

2) 第18回「福岡県青年の翼」団員募集
福岡県では、国際的な視野を備え、地域で活躍する青年リーダーの育成を目指しています。あなたも、青年の翼に参加し、自分の可能性を広げてみませんか?

海外研修期間:11/8(日)~11/15(日) (全体研修期間は平成27年9月上旬~平成28年3月中旬)
参加負担金:社会人 110,000円、学生 90,000円
応募締切:6/26(金) 当日消印有効
訪問国(訪問都市):ミャンマー (ヤンゴン)、タイ (バンコク)
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/globalwing2015.html

問合せ:福岡県青年の翼実行委員会(福岡県新社会推進部青少年課内)
Tel: 092-643-3386

3) シネラ「イメージフォーラム・フェスティバル2015」「炭鉱の記憶」
「イメージフォーラム・フェスティバル2015」
日本と世界の最新映像を上映する日本最大の実験映像の祭典。日本国内5ヶ所で開催されます。
期間:6/7(日)まで
場所:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道3-7-1)
観覧料:当日1回券 1,000円、前売り1回券800円、4回券2,500円、フリーパス 4,500円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch276iff2015if.html

「炭鉱の記憶」
福岡市博物館「山本作兵衛の世界」に併せて炭鉱を描いた映画を特集。
期間:6/10(水)~7/12(日)
場所:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道3-7-1)
観覧料:一般600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円
詳細はこちら:http://www.cinela.com/schedule/jsch276ttankonokioku.html

問合せ:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
Tel: 092-852-0600

4) 博多っ子講座
博多のまちおこし団体「はかた部ランド協議会」が年間8回にわたって行う講座の第2回目が行われます。

日時:6/27(土) 15:00~17:00
場所:博多小学校 表現の舞台(博多区奈良屋町1-38)
テーマ:祇園祭と博多祇園山笠
講師: 伊藤 幸司 氏(九州大学准教授)
参加費:1,000円(全会通しは6,000円)
詳細はこちら:http://www.city.fukuoka.lg.jp/hakataku/t-shinko/charm/hakatakkokouza2015.html

問合せ:はかたランド協議会事務局
Tel: 092-291-2466

5) 「アミカス☆記念祭2015」企画グループ募集
「アミカス記念祭」は、開館記念日である11月2日を祝し、毎年11月に開催しているイベントです。この記念祭を盛り上げてくれる企画グループを募集しています。募集は「発表・展示部門」、「HAPPY CAFE部門」の2部門です。

日程:11/7(土)、11/8(日)
募集締切:6/20(土)
詳細はこちら:http://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/news/article.php?storyid=356

問合せ:福岡市男女共同参画推進センターアミカス
Tel: 092-526-3755

6) 「九州アジア観光アイランド特区ガイド育成研修」 受講生募集
この研修は、九州7県と福岡市、(一社)九州観光推進機構が、総合特別区域法に基づき指定を受けた「九州アジア観光アイランド総合特区」を活用し、アジアからの観光客を増や通訳ガイド(特区ガイド)を共同で育成するものです。 研修を修了し、九州独自の口述試験に合格後、「特区ガイド」として福岡県知事の登録を受けることにより、通訳案内士の国家資格を持たずとも、九州域内で有償の通訳案内を行うことができるようになります。
以下は福岡県および福岡市の情報です。

研修期間:9/1(火)~9/18(金)
口述試験日:9/25(金)
応募締切:6/18(木)
対象言語:中国語、韓国語、タイ語
募集人数:60名
詳細はこちら:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/27tokkugaidobosyu.html

問合せ:九州特区ガイド研修事務局
Tel: 0570-032-109 E-mail: kyushu-tokku@kys.jtb.jp

7) 第28回 初心者のための九州フランス語コンクール
フランス語初心者向けのスピーチコンクール。優勝者には福岡-パリ往復航空券が送られます。

日程:7/5(日)
会場:アンスティチュ・フランセ九州(福岡市中央区大名2-12-6 ビルF)
応募締切:6/27(土)
詳細はこちら:http://www.institutfrancais.jp/kyushu/apprendre/concours-debutants-2015/

問合せ:アンスティチュ・フランセ九州(担当:木原)
Tel: 092-712-0904 E-mail: mika.kihara@institutfrancais.jp


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) 福岡国際関係団体連絡会(FUKU-NET)第154回連絡会 一般公開講座 参加者募集
留学生数名をパネリストに迎え、留学生のふるさとのイスラム文化等について話を聞き、多様な価値観について考えるパネルディスカッションを開催します。一般の方もご参加いただける一般公開講座となっております。パネルディスカッション終了後には、簡単なお茶とお菓子を準備して、参加者の皆さんと自由に交流ができる情報交換カフェ(交流会)の時間もありますので、お誘いあわせのうえ、奮ってご参加ください。

講演テーマ:「留学生から見るイスラム文化~多様な価値観を認め合うために~」
開催日時:6/25(木) 18:30~21:00
会場:福岡よかトピア国際交流財団 大会議室 (福岡市中央区天神1丁目10番1号 福岡市役所北別館5階)
申込締切:6/19(金)
詳細はこちら:http://www.rainbowfia.or.jp/fukunet/

問合せ:(公財)福岡よかトピア国際交流財団内 FUKU-NET事務局
TEL:092-733-5630

2) JICAデスク福岡からのお知らせ
<国際協力連続セミナー(第2回)@福岡>
世界で頑張る(頑張ってきた)日本人について広くの人に知っていただくことを目的としています。 最前線で活動している人の話からの学びは、それぞれが活動をする(始める)きっかけとなります。 また、各回ゲストの話の後に、テーマに即したワークショップを実施しますので、国際理解教育、ESD、開 発教育、キャリア教育などで活きるファシリテーションの手法を学ぶ場としても是非ご活用ください。申込みは先着で、定員になり次第締め切らせていただきます。

テーマ:環境問題について。―インドネシアで活きる、福岡の廃棄物処理技術
日時:6/21(日) 9:30~11:30
会場:アクロス福岡2F セミナー室2 (福岡市中央区天神1-1-1)
講師:辰巳素子
詳細はこちら:http://www.jica.go.jp/kyushu/event/2015/ku57pq00000e658u.html

<協力隊ナビ>
青年海外協力隊経験者と語ろう!
日時:6/17(水)19:00~21:00
場所:九州海外協力協会 (福岡市博多区博多駅前3-10-34 Mビル3号館2F AB号室)

<JICA国際協力相談コーナー>
JICAボランティアや国際協力に関する相談全般を受け付けます。
相談をご希望の方は事前にご予約ください。

問合せ:JICAデスク福岡
相談員:糀(元青年海外協力隊員・ミクロネシア派遣)
相談場所:レインボープラザ
Tel: 092-733-5638 E-mail: jicadpd-desk-fukuokashi@jica.go.jp

3) 国連講演会
「貧困撲滅に向けた国連70年の歩みとこれから」というテーマで開催します。参加無料、要事前申込。

日時:6/11(木) 14:40~16:10
場所:福岡女子大学地域連携センターセミナー室2(福岡市東区香住ケ丘1-1-1)
講師:近藤 哲生 氏 国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所
詳細はこちら:http://www.bunkakyokai.org/unaj-fukuoka/lecture.html

問合せ:日本国際連合協会福岡県本部
Tel: 092-713-8115  E-mail: unaj-fukuoka@nifty.com

4) 福岡青少年国際交流キャンプ2015
様々な国から来た留学生とキャンプを通して交流しましょう。

日程:7/11(土)~7/12(日)
会場:宗像グローバルアリーナ(福岡県宗像市)
対象:小学5年生~高校3年生および年齢該当者
参加費:小学生10,000円、中学生以上13,000円
募集締切:6/14(日)
詳細はこちら:http://www.afs.or.jp/afscamps/afscamp_fukuoka/

問合せ:公益財団法人AFS日本協会 福岡学生部「AFS福岡青少年国際交流キャンプ」係
E-mail: fukuoka-camp@afs.or.jp

5) 地雷被害者救済チャリティ 野球チケット
(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン(CMC)によるチャリティ。A指定席を通常価格よりも安く購入でき、なおかつ500円がCMCに寄付されます。

対象試合:7/1(水)、7/2(木) 福岡ソフトバンクホークス vs 埼玉西武ライオンズ
料金: A席指定 2,500円 
申込締切:6/19(金)
詳細はこちら:http://cmc-net.jp/

問合せ:(財)カンボジア地雷撤去キャンペーン事務局
Tel: 092-833-7575 E-mail: cmc5963@gmail.com

6) アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)グローバルブリッジリーダー
トレーニングキャンプ2015 参加者募集。 同世代の世界の若者と1泊2日の協働活動体験を通じてグローバル対応力を高めましょう。

日程:7/11(土) 14:00~7/12(日) 15:00
参加費用:9,000円
会場:グローバルアリーナ(宗像市吉留46-1)
募集締切:6/10 (水)
詳細はこちら:http://www.apcc.gr.jp/cms/news/archives/269

問合せ:アジア太平洋こども会議・イン福岡(APCC)
担当:ブリッジクラブ国際組織 松尾
Tel: 092-734-7700 E-mail: info@bcio.org


3. FUKU-NET団体からの情報
 
1) EUIJ九州市民講座
「多様性の中の統合-成熟社会の諸相」をテーマにEUIJ九州が全4回にわたり市民講座を開催します。受講料無料。事前に申し込みが必要です。

日時:6/9(火)、6/16(火)、6/23(火)、6/30(火)の全4回、各19:00~20:30
会場:JR博多シティ会議室 10階大会議室(福岡市博多区博多駅中央街1-1)

問合せ:EUIJ九州事務局
Tel: 092-642-4433 E-mail: event@euij-kyushu.com

2) 博多オールスターズビッグバンド 能楽堂de ジャズナイト
西日本を代表する「博多オールスターズビッグバンド」とヴォーカリストをゲストに迎え、ジャズを能楽堂で聴くユニークなイベントです。

日時:6/19(金) 19:00開演(18:30開場)
会場:大濠公園能楽堂(福岡市中央区大濠公園1-5)

料金:全席自由3,000円(当日 3,500円)、1ドリンク付き
詳細はこちら:http://www.ohori-nougaku.jp/lineup/date/2015/06

問合せ:エムアンドエムまたは大濠公園能楽堂
Tel: 092-751-8257(エムアンドエム)、092-715-2155(大濠公園能楽堂)

3) 外国人と共に生きる社会づくりオープンセミナー
外国人留学生をはじめとする海外人材の活用にあたり必要な入国管理局へ申請する就労・在留資格等について、基本的な知識や留意点を紹介。事前に予約が必要です。無料。

日時:6/26(金) 10:30~12:00
会場:こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F)
申込み締切:6/19(金)

問合せ:特定非営業活動法人グローバルライフサポートセンター
Tel: 092-283-8891 E-mail: support@npo-global.jp

4) 第29回福岡アジア映画祭2015
韓国、中国、台湾、ネパール、日本など、アジアから最新の話題映画を一挙上映!
ゲスト作品については上映後、質疑応答が行われます。

期間:7/3(金)~7/12(日) (計4日間)
会場:7/3(金)~7/5(日) 天神・西鉄ソラリアホール(ソラリアステージビル6F)
   7/12(日) アンスティチュ・フランセ九州
料金:前売り1,400円(1作品券)、6,000円(5作品)、10,000円(10作品券)
   当日 一般 1,800円、大学生 1,500円、中学生・高校生・シニア60才以上1,000円
詳細はこちら:http://asianfilm.tank.jp/

問合せ:福岡アジア映画祭実行委員会
Tel: 092-733-0949 E-mail: faff@gol.com


5. デイビッドの博多ハイライト

飲み水

僕は毎日、水道水をたくさん飲んでいます。毎朝、紅茶1杯と水道水1杯飲みます。自転車で通勤しているので、職場に着くまでに750mlの水筒の半分以上を飲みます。そして職場で一日3~4回ぐらい、水筒に水道水を満たして、家に帰ったらまた1リットルぐらいを飲みます。いつも水道水をそのまま飲みます。
たまに同僚に水道水を飲むことについて声をかけられます。「え、水道水飲むの?」あるいは「臭くないの?」というふうに聞かれます。東南アジアに行ったときや他の国にいたときも水道水は飲んでいませんでしたが、福岡なら安心して飲んでいます。味も問題ありません。飲むのを嫌がる人がたくさんいることが理解しにくいです。(以前水道水に関するスキャンダルとかありました?)
少し調べてみたら、福岡市の水道水は51項目の検査を毎月受けていて、結果は公開されていることが分かりました。これはペットボトルの水の基準より厳しいそうです。それでも、水道水を飲まない人が多いようです。
この前、僕の地元の新聞に水道水と水筒に関する記事が載っていました。政府が委託した調査によれば、1000人の回答者の66%はいつも、または日常的に水道水を飲み、64%は普段マイボトルを持ち歩きしているそうです。僕にとって納得できる数字だと思いますが、日本ならこんな高い数字にならないだろうと思います。
日本に来るまで、自分が水をたくさん飲んでいると思ったことがありませんでした。私の妄想かもしれませんが、僕が通っているジムには水飲み器に近づきたくなさそうな人もいます。ランニングマシンを30分も使った後でも使いません。そして僕の職場にはマイボトルを使っている人は僕だけだと思います。同僚の皆さんが水分補給できているか心配するくらいです。
一緒に昼ごはんを食べるときに、僕はウェイターを何回か呼んでお水を注いでもらう(コップを大きくしてほしい!)のに、他の人は全く飲まないこともあります。ちなみに意識してたくさん飲むように頑張っている訳でもなく、ただ喉が渇いたときにお水を飲みます。自分がたくさん飲んでいるとは思いません。
全てが僕の妄想なのかな?

デイビッド・スミス



How to put your information in the Fukuoka Rainbow Magazine
This mail magazine is created to provide its readers with information regarding international exchange in the Fukuoka area. Those who wish to submit information to this magazine, please click here.
Fukuoka Rainbow Magazine Registration/Cancellation Details
Go to http://www.rainbowfia.or.jp/en/mailmagazine/
Fukuoka Rainbow Magazine
Published by Fukuoka City International Foundation "Rainbow Plaza"
8F IMS Bldg. 1-7-11 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka City 810-0001
Tel: 092-733-2220   URL: http://www.rainbowfia.or.jp/
福岡レインボーマガジンに情報を掲載する方法
このメールマガジンは、福岡地域の国際交流情報の提供を目的としたものです。
情報の掲載をご希望の方は、こちらをクリックして下さい。
福岡レインボーマガジンの配信の申込/中止について
こちらから http://www.rainbowfia.or.jp/mailmagazine/
福岡レインボーマガジン
発行: 公益財団法人 福岡よかトピア国際交流財団 レインボープラザ
   810-0001福岡市中央区天神1-7-11イムズビル8階
   Tel: 092-733-2220  URL: http://www.rainbowfia.or.jp/